手作り結婚指輪と手作り結婚式!手作りウエディングを予定の人に必見!

結婚指輪の手作り工房、ジュエリーコウキです
新潟県長岡市の工房で結婚指輪を手作りします

ジュエリーコウキは、日本伝統技法の1つ鍛造という
製法で1つ1つの結婚指輪を工房で手作りしています。

鍛造(たんぞう)とは鍛えて造るという意味になります
指輪の素材となるプラチナやゴールドの地金を鍛えて
作っていく指輪で、鍛造指輪や鍛造リングといいます。

鍛造指輪は伝統技法ですので、技術を代々受け継いだ
宝飾職人しか作ることのできない特別な指輪なんです
全国で本物の鍛造指輪を作る工房は極めて少ないです。

 

こんにちは(゚Д゚)ノ

ジュエリーコウキ2代目でジュエリー職人の池田です
職人歴は26年で鍛造を継承している職人の1人です。

鍛造で手作りする結婚指輪をブログで発信しています
他に鍛造製法の工程や、鍛造の魅力を発信しています。

ジュエリー職人

指輪作りもブログ更新も私がしております(^-^)

結婚指輪の専門店ということで、結婚に関する記事も
書いていますしお客様の体験談もご紹介しております。

結婚に興味を持って頂きたいので結婚にまつわる話し
例えば、プロポーズエピソードの内容を紹介をしたり
プロポーズ後の入籍や式場選びや指輪選び、などなど。

先輩カップルさんの実体験を投稿して頂いているので
これから結婚を考えているカップルさん達にも参考に
なるような内容だと思いますので楽しんでご覧下さい。

 

本日は、徳島県 T様から投稿を頂いたエピソードです

クリスマスに感動的なプロポーズを受けた方の体験談
結婚式場で開催しているクリスマスディナーのときに
スタッフさんから協力して頂いてのプロポーズです!

スタッフさんを巻き込んでのプロポーズは大掛かりに
なりますが、演出もできて流行っているみたいですよ
まるでドラマの主人公のようなので記憶に残りますね。

そして、手作りにこだわって結婚指輪から結婚式まで
なるべく自分達の好みでということですので手作りに
こだわりたいカップルさんには参考になると思います!

それでは記事の最後まで宜しくお願い致しますm(__)m

=================================

 

題名

【手作り結婚式&手作り結婚指輪】

投稿者 徳島県 T様

 

彼にクリスマスディナーに誘われた私
もう3度目の、共に過ごすクリスマスイヴ。

その年は結婚式場で開催された
クリスマスディナーに連れて行ってくれました。

美味しいごはんを頂き、
楽しい時間を過ごし、私は幸せでした
いつまでもこんな日々が続けばいいなと思っていました。

食事もひと段落した頃、お手洗いに立つ彼を
見送りながら私はコーヒーを飲み干しました。

今日はこれから
どこへ連れて行ってくれるのだろう。

そんなことを考えていると、
スタッフの方に少しお時間よろしいですかといわれ
どこかへ連れていかれました。

 

【結婚式場でまさかのプロポーズ】

彼も戻ってきていないのに…
そう思いながらついていくと、

そこはチャペルからつながる大階段
普段はフラワーシャワーを行うであろうガゼボでした。

そして、そこには大きなバラの
花束を持った彼が立っています。

まさか…
そう思いながら近づいていくと、

バラの花束に隠れていた指輪の箱が
彼の手に握られていることに気づきました。

ゆっくりと、
緊張した面持ちで話し始める彼
出会いから今までの思い出を語ってくれました。

 

【薔薇の花束と婚約指輪】

そして「これからもたくさんの思い出を
一緒につくっていこう。結婚してください」
そう言われ、婚約指輪を渡されました。

もちろん、返事は
「はい、よろしくお願いします」
思わず涙が溢れました。

そして、その瞬間、
私はフラワーシャワーに包まれました。

結婚式場のスタッフさんが
駆け寄ってきてくれたのです。

彼は普段サプライズをするような人ではありません
きっと、結婚式場のスタッフさんに
相談するだけでも恥ずかしかっただろうし、

一生懸命考えてくれたんだなと思うと、
感謝の気持ちでいっぱいです。

とても驚いたけど
人生の思い出に残る最高のプロポーズでした。

 

【徳島県T様の結婚指輪】

婚約指輪は、
彼が1人で選んでくれました
結婚指輪は2人で手作りしました。

当初は、結婚指輪を手作り
するなんて考えてもいなくて、
普通に指輪屋さんをめぐっていました。

しかし、
たくさんの結婚指輪を見る中で

気づいたことは、
私のイメージと彼のイメージがあわないこと。

 

【二人の結婚指輪の好みが違う】

どうすれば良いのかを話し合いました。

たくさんの結婚指輪を見て、
結婚指輪ならどんな夢を詰め込みたいのか、

どんな完成イメージなのか?使う指輪の素材は?
指輪の色遣いは?指輪の形は?と決めていきました。

それに近い結婚指輪を探そうということで
デッサンを持ち歩き、たくさんのお店で相談しましたが、
どうしても私たちのイメージ通りの結婚指輪に出会えません。

なぜなら、
結婚指輪はそのほとんどがペアリングであり、
私と彼のデザインのイメージがかなり違うからです。

このままでは、結婚指輪ではなく、
1人1人が別々のデザインの指輪を購入して、
それを結婚指輪として使うしか方法はありませんでした。

しかし、色々選んでいく中で
結婚指輪を手作りすることができることがわかりました。

 

お互い好きなデザインで
結婚指輪を手作りできる

それなら、2人それぞれの
イメージ通りの結婚指輪ができるし、
作る過程も良い思い出になるのでは。

そう考えた私たちは、
結婚指輪を手作りすることに決めました。

結婚式の準備もあり、
結婚指輪を作るのはかなり大変な作業でした。

仕事の休みのたびに職人さんに会い、
カウンセリング相談してもらい、
いよいよ作り始めてからも迷う日々。

こんなことなら結婚指輪選びを
継続して購入した方が早かったのでは?
とケンカしたこともありました。

 

しかし、出来上がった結婚指輪は2人だけのものです。

結婚式の準備で忙しかったあの日々は
本当に大変でしたが、今となってはそれも良い思い出です。

結婚指輪 手作り

【結婚式も手作り】

プロポーズ後は、もちろんプロポーズを受けた
あの結婚式場で結婚式を挙げることにしました。

あの時、フラワーシャワーで私たちと同じ思い出を
共有してくださった結婚式場のスタッフの皆さんと一緒に。

プランナーさん、ドレスコーディネーターさん、
サービスマンの方々に支えられ、1つ1つ考えて

1つ1つ形にしていく手作りのような結婚式
私たちは幸せな結婚式を挙げることができました。

ゲストの方々にも喜んでいただくことができて、
結婚式場のスタッフさんには感謝しかありません。

また、心配していた結婚指輪の
耐久性も今のところ問題なく、
いつも変わらず私の指で光ってくれています。

結婚生活は大変なこともあるけれど、
結婚指輪を見ていると、あの時の幸せな気持ちと、

結婚する時のあの決意、そして結婚式当日の
皆に祝福された良い思い出がよみがえってきます。

 

【結婚式を挙げたカップルは離婚率が低い】

結婚式を挙げない、という人もいるけれど、
結婚式を挙げなかったカップルは、
結婚式を挙げたカップルより、
離婚率があがるという統計があるそうですね。

結婚指輪を手作りで作ったり、
結婚式の準備をするのは本当に大変だったけれど、

あの時の大変さを共に分かち合い、共有し、
乗り越えたからそこ、今の二人があると考えると、
その統計にも納得がいくような気がします。

プロポーズを受けた時が、私にとって何の
心配もいらない幸せな瞬間だったと思いますが、

その後の苦労を共に乗り越えた
私たち夫婦には、強い絆ができました
本当の家族になったのだと思います。

だからこそ、プロポーズは恥ずかしいとか、
結婚式はあげないとか、ペアリングのままで
結婚指輪はいらないなんていうカップルさんがいたら、
私ちちのエピソードを参考にしてもらえたらと思います。

 

他にも沢山の方々のプロポーズエピソードをご紹介
こちらからご覧頂けます→プロポーズエピソード集

 

=================================

徳島県 T様のプロポーズエピソードをご紹介いたしました

手作りのウエディングにこだわったカップルさんの体験談
でしたが私が結婚指輪のご依頼を頂いたお客様のお話しで

やはり手作りにこだわっていてウエディングドレスまでを
手作りしたという方もいらっしゃってびっくりしましたw

手作りという言葉にも幅があって、色々と手伝って貰って
手作りという方と、ガチンコで自分で手作りをするという
とことん自分でするパターンの2つに分かれますね(^-^)

今回、ご投稿を頂いた方は結婚指輪を手作りで制作をした
という事ですが、工房に通って自分達で作ったという事は
ロウ材を削るキャスト製造という原型作りでの手作りです。

近年、手作り結婚指輪はとても人気で流行っておりますが
そのほとんどがキャスト製法というロウワックスで指輪の
原型を作るというパターンの手作りで手作りは手作りでも
原型を作るので地金その物を使って作ってはいないんです。

説明が難しいですが、削りやすいロウ材をヤスリで削って
指輪の形にして原型にして、その原型に溶かしたプラチナ
やゴールドを流して固めて指輪を作るという製法なんです。

私が手作りで作っている製法は鍛造という伝統技法の1つ
ロウワックスで原型を作るのとは、全く製法が異なります。

プラチナやゴールドなどの地金を鍛冶作業で鍛錬しながら
指輪の形に作り上げて、直接その地金を削ったり彫ります
鍛えられた地金は密度も増して強いので衝撃にも強いです。

難易度の高い技術を継承した宝飾職人しか作れないんです

そのような理由から、一般のお客様には作る事が出来ない
のでプロの宝飾職人が手作りをさせて頂きますので何度も
ご来店を頂かなくてもOK(ネットの場合はご来店不要です)
本物の手作り結婚指輪を是非、手にして頂きたいです(^-^)

ジュエリーコウキ 2代目、池田潤

=================================

鍛造で作る結婚指輪は、ごく稀で希少価値のある結婚指輪
世界中の全てのジュエリーのうち鍛造で作られたリングは
5パーセント未満と言われるほど鍛造リングは少ないです

その理由は、鍛造リングは地金を金槌で叩いて炎で焼いて
じっくりと時間をかけて地金密度を上げていくという製法
熟練された技術や知識を持った職人のみしか作れない技法
鍛造リングを作る為の専門工具や機材など設備も必要な為

伝統工芸と言われる鍛造リングは日本の宝だと思いますが
受け継ぐ職人が激減しており鍛造リングは衰退しています
だからこそ鍛造技術を受け継いだ私が広めたいと思います

指輪作りの制作日記をご覧頂いて、鍛造技術に納得をして
私の結婚指輪をご購入して頂けると作り手として幸せです。

お気軽にお問い合わせOKですよ(^ω^)
こちらの「お問い合わせ」もしくはメールで
j_kouki_ring@yahoo.co.jp までお願い致します。

結婚指輪の一覧です → ジュエリーコウキ 結婚指輪の一覧
=================================

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA