大学の同級生と結婚!結婚指輪はティアラのようなデザイン-ダイヤ入り

手作り結婚指輪の宝石店、ジュエリーコウキ
新潟県長岡市の手作りのジュエリーショップ

ジュエリーコウキは新潟県長岡市にある店舗&工房で
日本伝統技の1つ鍛造という製法で結婚指輪を手作り
鍛造で手作りをしている宝石店は全国でも一握りです。

鍛造(たんぞう)とは結婚指輪の地金となるプラチナや
ゴールドをハンマーで叩いて鍛えながら造る製法です
鍛えて造るという意味から鍛造と呼ばれる伝統の指輪。

鍛造は昔から伝わる職人技で、鍛造技術を受け継いだ
ジュエリー職人しか作る事ができない職人の指輪です
機械で大量生産する既製品の指輪とは全くの別物です。

 

こんにちは(゚Д゚)ノ

ジュエリーコウキ2代目でジュエリー職人の池田です
職人歴は26年で鍛造を継承している職人の1人です。

鍛造で手作りする結婚指輪をブログで発信しています
他に鍛造製法の工程や、鍛造の魅力を発信しています。

ジュエリー職人

指輪作りもブログ更新も私がしております(^-^)

結婚指輪の専門店ということで、結婚に関する記事も
書いていますしお客様の体験談もご紹介しております。

結婚に興味を持って頂きたいので結婚にまつわる話し
例えば、プロポーズエピソードの内容を紹介をしたり
プロポーズ後の入籍や式場選びや指輪選び、などなど。

先輩カップルさんの実体験を投稿して頂いているので
これから結婚を考えているカップルさん達にも参考に
なるような内容だと思いますので楽しんでご覧下さい。

 

本日は、福岡県 A様から投稿を頂いたエピソードです

大学の同級生と結婚したというエピソードになります
この同級生という響きが甘酸っぱい響きで良いですねw

私の周りにも高校の同級生と結婚をした友達がいます
後輩には中学校の同級生と結婚をした人もいますので
同級生と結婚したという話しはよく聞きますね(^-^)

と言っても、実際には自分の周りではその位ですので
意外と同級生同士で結婚をするのは少ないかもですね。

それでは早速、福岡県A様のプロポーズエピソードを
ご紹介いたしますので最後まで宜しくお願い致します!

=================================

 

題名

【大学の同級生と結婚】

投稿者 福岡県 A様

 

大学時代の同級生だった彼とは
卒業後に仲良くなりました。

在学中も友達として付き合いはありましたが
卒業間際にそれぞれ交際していた相手と別れ、
独り者同士で飲むようになり、告白されました。

付き合い始めた頃は、
彼が実家暮らし、私が一人暮らしだったので、
彼が私の家に通う形で一緒に過ごしていました。

やがて彼が転勤して一人暮らしを始めてからは、
私が家事を手伝うために彼の家に通いました。

お互い休みが合わないので、
ゆっくり過ごせるのは月に数回、
デートにもなかなか出掛けられない状況でした。

 

彼と私の家は車で1時間の距離にあり、
私が仕事をしながら通うのが大変だったので、

彼は仕事を辞めて
一緒に住んで欲しいと言ってくれていましたが、
私は人の少ない職場のため辞めにくく、

また、たまに会いに行っても
彼は一人で遊びに行ってしまうこともあったので、

「本当に一緒に住みたいの?仕事やめてこっちに
来ても一人になっちゃうんじゃないの?」と不安でした。

仕事が一段落し、「そろそろプロポーズしてくれるなら
仕事は辞めよう、でもずるずる付き合い続けるだけなら
将来のことも考えて、別れることも考えよう」
と思っていた矢先に彼から旅行に誘われました。

 

【旅行先でプロポーズ】

無理してスケジュールを調整しないと
行けなかったので渋っていると、

「どうしても!お願い!」と
頼まれたのでなんとか日程を確保しました。

旅行先の旅館で夕食を食べているときに、
彼が「見せたいものがある」と部屋の金庫を開け、
中から指輪の箱を取り出しました。

「箱パカ」

「俺と結婚してください」

シンプルな言葉でしたが、
すごく嬉しかったです。

この人は真剣に私たちの将来を考えてくれてるんだ
というのが確認できて安心しました
彼を信じて待っていて良かったなと思いました。

 

【福岡県A様の結婚指輪】

婚約指輪は夫が選んで贈ってくれましたが、
結婚指輪は2人で選ぼうということで
一緒にジュエリーショップに行きました。

夫が婚約指輪を買ったときに対応してくれた
店員さんが夫のことを覚えていて、

「あの婚約指輪に合わせるなら、これがいいですよ」
とおすすめの結婚指輪のデザインを勧めてくれました。

あまりアクセサリーに詳しくなく
指輪のデザインにこだわりもなかったため
勧められた結婚指輪をそのまま選びました。

結婚指輪 ティアラ

【ティアラに見える結婚指輪】

結婚指輪は傷つきにくい素材のもので、
私の指輪にはティアラのように
見える小さいダイヤと飾りがついていました。

ティアラに憧れのある私は
そのデザインがすぐに好きになりました。

夫の結婚指輪は
男物なので装飾が少ないものでしたが、

「俺の方めちゃくちゃシンプルじゃない?
そっちの方が綺麗でいいな」と言っていました。

 

【夫は指が太く、指輪のサイズも大きい】

夫は指が太いので、
指輪のサイズも特注しなければならないほどで、
私の結婚指輪と比べると3倍ほどサイズが違いました。

「このサイズの指輪は珍しいですよ」と言われたので
2人で「もし落としても、サイズが珍しいものなら
見つかりやすいかもしれないね」という話をしました。

結婚指輪が届いて以降、
2人ともずっと指輪をつけています

親からは「ちょっと満足したら外すものなのに、
いつまでも付けてるなんてすごいね」と言われましたが、

2人とも結婚指輪をした手が
好きなのでいついかなるときも付けています。

皿洗いをしているとき、お風呂に入っているとき、
指に光る指輪を見ては未だににやにやしてしまいます。

夫と「結婚指輪をつけてるからには既婚者なんだから
気軽によその人と遊んだらだめだよ」
と言い合いながら笑っています。

そういうところに責任を
負わなければならなくなったことにも、
結婚したんだなということが実感できます。

結婚指輪 ティアラ

【プロポーズ後のエピソード】

旅行から帰ってきて、
両家の両親にあいさつに行くことにしました。

夫の実家に行ったときには、
リビングに通されて早々、夫が

「この前プロポーズしてきた
で、オッケーしてもらえた」
と座るより前にあっさり報告して、

ご両親も「よかったね、おめでとう」
と受け入れてくださいました。

お義父さんは夫にそっくりの顔をしていて、
話し方もどことなく似ていました。

お義母さんもおっとりとしていて、
とても優しい方でした。

器量がよいわけでもなく
仕事も近々辞めるような頼りない私でしたが、
温かく迎え入れてもらえてよかったです。

私の両親にあいさつに行ったときは、
夕食後にあらたまって「娘さんと結婚させてください。
絶対幸せにします。」と堂々とあいさつしてくれました。

父は大笑いしながら、「そんな娘でもよければ
どうぞもらっていってください」と言い、

母は私が結婚するのを楽しみにしてくれていたので、
嬉し泣きしていました
どちらの家にも受け入れてもらえて嬉しかったです。

 

【運命の仏滅】

婚姻届を提出するとき、
2人とも特に日付にこだわりがなかったので

休みが合ったときに出したのですが、
その日が仏滅でした。

そのあと調べてみたら、
プロポーズされた日も仏滅でした。

結婚式の日取りが決まるのは
しばらく後の話になったのですが、
ちょうどいい日取りの日が仏滅でした。

狙ったわけではないのに
あらゆる節目が仏滅になるのは、
運命なんだと思います。

私たち夫婦にとっては、
仏滅と言えばおめでたい日、
という認識になりそうです。

 

他にも沢山の方々のプロポーズエピソードをご紹介
こちらからご覧頂けます→プロポーズエピソード集

 

=================================

福岡県 A様のプロポーズエピソードをご紹介いたしました

結婚までの体験談をご投稿頂いてありがとう御座いました
大学生の時に友達関係でその後に恋愛、結婚は素敵ですね。

そして今回、ご投稿を頂いたこちらの方は結婚指輪を毎日
外さないで付けっぱなしとのことですが本当の事を言えば
結婚指輪は毎日のように外したほうが衛生的でお勧めです。

まず、指輪を毎日付けているということは日常生活の中で
必ず指輪に水や汗などの水分が溜まりますがこれが問題で
雑菌の溜まり場となって衛生的に凄く良くないんです(汗)

いくら石鹸で手を洗っているといっても、指輪の中までは
綺麗にすることが出来ませんし雑菌は残って溜まっていき
そんな手で料理をすると雑菌を食べていることもあります。

料理人が調理をしているときに指輪をしているのを見ると
私はどんなに凄い料理でもテンションが下がりゲンナリw

指輪を外すと”指がふやけて”いる事はよくありませんか?
この現象は指輪に水が溜まって時間が経っている証拠です

という事で、結婚指輪は適度に外して洗う事がベストです
水洗いでも構わないので綺麗に洗ってから乾かしましょう
宝石が入っていない場合は天日干しも効果的ですよ(^-^)

ジュエリーコウキ 2代目、池田潤

=================================

鍛造で作る結婚指輪は、ごく稀で希少価値のある結婚指輪
世界中の全てのジュエリーのうち鍛造で作られたリングは
5パーセント未満と言われるほど鍛造リングは少ないです

その理由は、鍛造リングは地金を金槌で叩いて炎で焼いて
じっくりと時間をかけて地金密度を上げていくという製法
熟練された技術や知識を持った職人のみしか作れない技法
鍛造リングを作る為の専門工具や機材など設備も必要な為

伝統工芸と言われる鍛造リングは日本の宝だと思いますが
受け継ぐ職人が激減しており鍛造リングは衰退しています
だからこそ鍛造技術を受け継いだ私が広めたいと思います

指輪作りの制作日記をご覧頂いて、鍛造技術に納得をして
私の結婚指輪をご購入して頂けると作り手として幸せです。

お気軽にお問い合わせOKですよ(^ω^)
こちらの「お問い合わせ」もしくはメールで
j_kouki_ring@yahoo.co.jp までお願い致します。

結婚指輪の一覧です → ジュエリーコウキ 結婚指輪の一覧
=================================

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA