箱パカは女性が憧れのプロポーズ!中身はダイヤの指輪!長野県H様の体験談

手作り結婚指輪の宝石店、ジュエリーコウキ
新潟県長岡市の手作りのジュエリーショップ

ジュエリーコウキは新潟県長岡市にある店舗&工房で
日本伝統技の1つ鍛造という製法で結婚指輪を手作り
鍛造で手作りをしている宝石店は全国でも一握りです。

鍛造(たんぞう)とは結婚指輪の地金となるプラチナや
ゴールドをハンマーで叩いて鍛えながら造る製法です
鍛えて造るという意味から鍛造と呼ばれる伝統の指輪。

鍛造は昔から伝わる職人技で、鍛造技術を受け継いだ
ジュエリー職人しか作る事ができない職人の指輪です
機械で大量生産する既製品の指輪とは全くの別物です。

 

こんにちは(゚Д゚)ノ

ジュエリーコウキ2代目でジュエリー職人の池田です
職人歴は26年で鍛造を継承している職人の1人です。

鍛造で手作りする結婚指輪をブログで発信しています
他に鍛造製法の工程や、鍛造の魅力を発信しています。

ジュエリー職人

指輪作りもブログ更新も私がしております(^-^)

結婚指輪の専門店ということで、結婚に関する記事も
書いていますしお客様の体験談もご紹介しております。

結婚に興味を持って頂きたいので結婚にまつわる話し
例えば、プロポーズエピソードの内容を紹介をしたり
プロポーズ後の入籍や式場選びや指輪選び、などなど。

先輩カップルさんの実体験を投稿して頂いているので
これから結婚を考えているカップルさん達にも参考に
なるような内容だと思いますので楽しんでご覧下さい。

 

本日は、長野県H様から投稿を頂いたエピソードです

こちらの方は、箱パカにとっても憧れているんですが
自分がそうなった時にプロポーズは箱パカだったのか!
実際にどうだったかエピソードを投稿して頂きました。

ちなみに箱パカとは、男性がプロポーズをするときに
指輪が入った箱をパカッ!って開けてダイヤの指輪を
彼女に見せながらプロポーズをすることを言います。

箱パカは今も昔も定番で人気のプロポーズのやり方で
ドラマでよく箱パカのプロポーズをしていますよね~

昔は箱パカとは言いませんでしたが今は箱パカですね
響きがアルパカに似ていますが意味は全然違いますよw

=================================

 

題名

【憧れの箱パカ&ダイヤの指輪】

投稿者 長野県H様

 

プロポーズを受けた日は、
二人で長野県の観光名所でデートをしていました。

あいにくの雨でしたが、特にトラブルものなく
悪い印象にいなるものはなにもありませんでした。

雨の中でしたが、
久しぶりに行きたいね。

といった二人の思い出の場所で
彼からプロポーズをうけました。

 

【箱パカは憧れのプロポーズ】

女性のプロポーズのあこがれと言えば、
やっぱりドラマで見るような箱パカをしてもらって、

バラの花束なんかをわたされて
「結婚しよう」だなあなんてずっと思っていたのですが
やっぱり予想(理想)どおりにはいかないものですね(笑)

彼は指輪を用意してくれていましたが、
肝心の憧れの箱パカは私の前でなく
すでに箱パカは開けられた状態でいてw

花束も、あったらさらにうれしいなあ
なんて思っていた手紙も特になく(笑)
「結婚しよう」と照れ笑いで言ってくれました。

もちろん、大好きなかれからのプロポーズなんて
本当にうれしくてたまらなかったのですが、

あとあとやっぱり自分の理想がでてきて、こういう
箱パカのプロポーズがよかったなあと伝えてしました(笑)

 

【出会った場所でプロポーズ】

しかしあれ?と
少し拍子抜けしたプロポーズではありましたが、

今日はこんな天気の中だったけど、
どうしてもこの場所でプロポーズをしたかったんだ
と彼は話してくれました。

俺らふたりはこの場所から始まった、
いつでもこの場所が起点となっていたし、

おかげでいまこうして結婚を受け入れてもらえた
ずっと前からここに来ることは決めていたんだよ、
と話してくれました。

プロポーズを受けた女性は自然と涙があふれて、
ドラマみたいに泣けるものだと思っていましたが
実際私はなけず、ありがとう~!と笑顔で終わりました。

しかしこの言葉をきいてからは涙があふれ、
ありがとうと深く彼に感謝しました。

 

【長野県H様の婚約指輪】

婚約指輪はなくてもいいよと言っていましたが
本当の気持ちを言えば婚約指輪があったら
とても嬉しかったのでお願いをしました。

最近は結婚が決まってから
婚約指輪を一緒に見に行ったり、

ダイヤモンドだけ購入してプロポーズ、
そのあと一緒に婚約指輪のオーダーを
宝石店にしにいくカップルも多いとききます。

 

【箱パカにダイヤの指輪が理想】

しかし私はやっぱり箱パカがみたいのと、
いつも彼からもらうプレゼントのセンスは
とてもよく信頼があったので、

婚約指輪のデザインは一切私に知らせず、
指輪もタイミングもすべて彼にお任せしました。

一応、こんなのデザインの
婚約指輪が好きというのはつたえました。

私が伝えた要望としては、
ブランドにこだわりはないから
あまり高いダイヤの指輪はいらない、

ダイヤモンドの背が低いものがいい
(リングの上に飛び出しているものは素敵ですが、
どうしても服やまわりのものにひっかかるのが気になるため)

 

指輪のアームはほそめで華奢
ラウンドがいいという事です

我ながら沢山注文を出したなあと思いますが、
彼なりに一生懸命覚えて探してくれたようです
そして頂いたのがこちらのダイヤの指輪でした。

【ダイヤの背が低くて華奢なデザイン】

ピンクダイヤ 婚約指輪

こちらは私の要望通りダイヤモンドの背が低く
華奢でアームの一部のようについているため、

存在感はありつつも全く邪魔になったりしないので、
良く選んでくれたなあと思いました。

【天然のピンクダイヤを使用】

また彼一押しのパートは、
ピンクダイヤモンドがついているところです。

近年ピンクダイヤモンドの価値は大変上がっており、
希少価値が付くとのことで、十分手にできるいまのうちに

私の好きなピンクのダイヤモンドを
プレゼントしておきたいと思ってくれたようです。

またアームも絶妙なウェーブになっており、
指になじみ、指が長く見えて大変きれいです。

 

【プロポーズ後のエピソード】

プロポーズをうけてから私も彼も両親に伝え、
顔合わせや挨拶などの準備を
進めなければならなかったのですが

互いの両親、また両親同士もまったく
あったことがなく初対面だったため、

私も彼もなかなか言い出せず、
互いが両親に報告したのは一か月後くらいでした(笑)

まず、プロポーズをうけたこと、
ダイヤの指輪をすでに頂いていることをつたえ、

私の両親に結婚の意思があることと
ふたりの気持ちを認めてほしいことをはなしました。

もともとわけあって反対されていた私たちで
そのころには認めてくれてはいましたが

そのような過去があったために、
結構認めてほしいと話をするのは緊張しました・・。

 

【お互いの両親に結婚の挨拶】

そしてまず彼と話をするから
挨拶に来もらおうといことになり、
彼と私の両親が対面しました。

両親には彼の誠意ある挨拶と
お願いのおかげ合って認めてもらうことができ、
私も彼の両親に挨拶に行きました。

彼の両親は大変フランクな方で、
ずっと応援していたから二人がこうして

結婚することがとても嬉しいといってくれて
私もとても嬉しかったのを覚えています。

またそのあと、一か月後くらいには
両家そろっての顔合わせを執り行いました。

私の両親が結婚するとなれば結納式を必ず
執り行ってほしいと要望をだしていたので、

このときは結納や結納金などのおはなしはなく、
単純に初対面なので食事をしました。

ダイヤの指輪のお披露目もし、
彼との結婚をみんなに正式に認めて頂ける
良い機会となりとても嬉しかったです。

 

他にも沢山の方々のプロポーズエピソードをご紹介
こちらからご覧頂けます→プロポーズエピソード集

 

=================================

長野県 H様のプロポーズエピソードをご紹介いたしました

実際のプロポーズは、憧れの箱パカではなかったんですねw
箱を取り出したときに既に箱パカだったとか`。*:`( ゚д゚*)ブッ!
ちょっとエピソードが面白くて噴き出してしまいましたw

ジュエリーコウキで結婚指輪や婚約指輪を作って頂いた方
には箱パカができる専用のケースに指輪を入れてお渡しを
しておりますので、安心して箱パカをして頂けます(゚Д゚)ノ

そして箱パカの中身となる1番重要になる婚約指輪ですが
やはり今も昔もダイヤモンドの指輪が定番で1番人気です
婚約指輪の90%以上がダイヤの指輪と言ってもいいです。

ダイヤの指輪といっても値段もデザインも様々あります

昔はダイヤの指輪といえば給料の三ヵ月分と言われていて
ダイヤメーカーのテレビCMから流行った言葉だったんです
しかもこの時代はバブルで好景気の時代だったんですね~

今は、給料の何ヵ月分とかではなくて、お客様のご予算や
好きなデザインで婚約指輪を選ぶお客様がほとんどですね
その中でも好き嫌いが出にくいシンプルなものが人気です。

ジュエリーコウキ 2代目、池田潤

=================================

鍛造で作る結婚指輪は、ごく稀で希少価値のある結婚指輪
世界中の全てのジュエリーのうち鍛造で作られたリングは
5パーセント未満と言われるほど鍛造リングは少ないです

その理由は、鍛造リングは地金を金槌で叩いて炎で焼いて
じっくりと時間をかけて地金密度を上げていくという製法
熟練された技術や知識を持った職人のみしか作れない技法
鍛造リングを作る為の専門工具や機材など設備も必要な為

伝統工芸と言われる鍛造リングは日本の宝だと思いますが
受け継ぐ職人が激減しており鍛造リングは衰退しています
だからこそ鍛造技術を受け継いだ私が広めたいと思います

指輪作りの制作日記をご覧頂いて、鍛造技術に納得をして
私の結婚指輪をご購入して頂けると作り手として幸せです。

お気軽にお問い合わせOKですよ(^ω^)
こちらの「お問い合わせ」もしくはメールで
j_kouki_ring@yahoo.co.jp までお願い致します。

結婚指輪の一覧です → ジュエリーコウキ 結婚指輪の一覧
=================================

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA