ピンクゴールド 指輪 リングは職人が鍛造手作り!平打ち角落とし

鍛造の結婚指輪の専門店ジュエリーコウキ
工房で1つ1つ鍛造で指輪を手作りします

鍛造(たんぞう)という製法は日本の伝統技法の1つ
鍛えて造るという意味で鍛錬しながら指輪を作ります。

この技術は昔から受け継がれてきた日本の伝統技術で
代々鍛造技術を継承してきた宝飾職人しか作れません。

近年、鍛造という製法が注目されて鍛造の結婚指輪が
増えてきましたがほとんどは鍛造ではなく鍛造風です
鍛造に似せて作る鍛造風は本物の鍛造と全く違います。

例えばですが機械で地金をプレスして圧縮をする製法
こちらは機械で圧縮をする圧縮リングで違う鍛造です
昔から伝わる本物の鍛造は鍛冶で職人が手作りします。

ちなみに本物の鍛造で手作りをした結婚指輪は全体の
結婚指輪の1%未満しか存在しない特別なリングです
当店は全国でも数少ない本物の鍛造リング専門店です。

ジュエリー職人

こんにちは (*´Д`)

当店ジュエリーコウキの二代目で宝飾職人歴29年です。

私、池田が師匠である父から代々受け継がれてきた鍛造
という技術を継承して工房で1つ1つ手作りしています。

鍛造とは画像のように金槌で地金を叩いて鍛える鍛冶で
手間をかけながら指輪を手作りしていくという製法です。

鍛冶で鍛錬をされた指輪は、密度が増して強靭な指輪に
育ちますので変形や歪みや傷や衝撃に耐えられるんです
鍛えて造る指輪という意味で「鍛造リング」と言います。

 

【ピンクゴールド 指輪 18k】

本日、ご紹介をする鍛造リングはピンクゴールドが素材

鍛造リングでピンクゴールドはとても珍しくてレアです
ネットで探しても市販の既製品ばかりだと思います(汗)
本物の日本伝統技法の鍛造となると本当に無いんですね

というのも作り手泣かせというか作るのが難しいんです
その理由はピンクゴールドは銅の配合率が多いからです。

18k ピンクゴールドとは

18kのピンクゴールドとはどんなゴールドなのかですが
ピンク色をした18kゴールドのこと(そりゃそうでしょw)

一般的な18kのイエローゴールドの配分は75%が純金で
残り25%が銀と銅で、配合率は約半々が一般的な配合率。

しかしピンクゴールドの配合率は銅が銀より多いんです
しかし配合を間違えるとピンク色が出なかったり変色を
したり作っている最中にヒビワレをしたり難しいんです。

このような理由から作り手泣かせで難しい素材なんです
市販の既製品は鋳造という機械生産ですが鍛造は手作り。

しかもサイズ直し等のメンテナンスがほとんど効かない
ので当店の場合はピンクゴールドは基本受けていません。

 

ピンクゴールドの鍛造リングは
数量限定で鍛造でお作りします

しかし!「どうしてもピンクゴールドがいいんです!」

というお客さま限定でピンクゴールドでお作り致します
その代わり、手間がかかるので約二ヶ月必要になります。

ただ金と銀と銅の配合もとても難しい(企業秘密です)
鍛造で作るのも難しい(配合が出来ても割れたりします)
このような手間が相当なので通常よりも高値になります。

メンテナンスも効きにくくて、作るのに時間がかかって
しかも値段も通常より高くなりますが、、、それでも!
ピンクゴールドで作って!となれば全力でお作りします。

前置きが長くなってしまいましたがw ご依頼を頂いて
お作りしたピンクゴールドの鍛造リングをご覧下さい!

ピンクゴールド 鍛造リング
シンプルで太め ダイヤ入り

ピンクゴールドの鍛造リングのデザインはシンプルです

少し太めの幅3.6mmの平打ちリングがベースで縁落とし、
指輪の両縁を一段落としているので厚みも分厚い2.2mm
トップにはダイヤモンドが1ピース入っているデザイン

両縁を光沢に光らせてトップは荒めのマット加工です
ピンクゴールドに荒めのマット加工をするとキラキラと
ピンク色のダイヤモンドダストのように光るのでGOOD

シンプルですがスタイリッシュでお洒落なデザインです
こちらの鍛造リングの制作過程をご覧下さいませ(^-^)

 

ピンクゴールドリング 鍛造の制作工程

素材がk18ピンクゴールドの鍛造リングは超激レアです!

日本伝統技法の鍛造というだけで凄く超レアなんですが
その素材がピンクゴールドとなれば超激レアになります。

理由は先程も少し書きましたが、ピンクゴールドは銅の
配合率が高いので、鍛造で作ろうとすると鍛冶作業中に
ヒビワレを起こしてしまう可能性がかなり高いからです。

かといって銅の含有率を下げるとピンク色が出ないので
ピンク色を保ちつつ地金配合をしないと難しいんですね
実際に配合が成功しても制作中に割れる事もあります(汗)

そのような理由から18kのピンクゴールドの鍛造リングは
どんなに探してもほとんど存在しません(作れないので)
しかし今回はどうしてもというご依頼で制作致しました!

ピンクゴールド 18k

鍛造とは鍛えて造るという意味

本物の日本伝統技法の「鍛造」は鍛冶で鍛えて造ります
鍛錬をしながらリングを造るので鍛造リングといいます。

鍛造のベースとなる鍛冶作業のやり方は、金床という台
に地金を置いてハンマーで叩いて打って締めていきます。

そして火入れをして更に叩いて打って締めていくんです
この繰り返しを何度も続けていくと地金が鍛えられます。

18k ピンクゴールド

鍛造リングは密度が高いリング

鍛造リングは鍛冶で鍛錬して作り上げますので頑丈です

鍛造リングが頑丈になる理由はピンクゴールドの密度が
高まって濃くなっていくので頑丈になっていくんですね。

鍛造のメイン作業となる鍛冶作業を何度も繰り返す事で
「打ち叩く→火入れの繰り返し」で強くなっていきます。

ピンクゴールド

ゴールドの密度が高まるメカニズム

鍛造のメカニズムはピンクゴールドに限らずプラチナや
イエローゴールドやシルバーも同じなのですが地金中に
スという巣穴の原因となる微量な空気が含まれています。

このスが巣穴の1番の原因ですので既製品は弱いんです
市販の既製品は型流しなのでスが含まれているんですね。

しかし鍛造は鍛冶で鍛え上げるので地金の粒子が絞まり
詰まってスが地金外に放出されるので密度が増すんです!

ピンクゴールド 刻印

刻印を打ち込む

リングの内側になる面に2種類の刻印を打ち込みます
1つはピンクゴールドは18金なので18k証明刻印です。

もう1つはジュエリーコウキで鍛造制作を証明をする
ジュエリーコウキのブランドロゴとなるjkの刻印です。

ピンクゴールド 指輪

リングの形に丸める

真っすぐなピンクゴールドの板をリングの形に丸めて
いく工程になりますがピンクゴールドは銅の含有率が

多いので無理に丸めたり曲げると割れたりヒビワレが
出てしまうので少しづつ無理がないように丸めます。

これがピンクゴールドを鍛造で作るのが難しい理由で
インパクトが少ない木槌を使いながら芯棒に押し当て
巻き付ける要領で地道に少しづつ丸めていくんですね。

ピンクゴールド 指輪 作り方

繋ぎ目に隙間が無いように丸める

板なのでリングの形に丸めていくと合わせ口となる
繋ぎ目ができますが繋ぎ目に隙間が開かないように

微調節を繰り返して隙間が出ないように合わせます
少しでも隙間があると溶接の時に不具合が出ます。

※不具合とは食い込んで溶けたりヒビ割れたりです

ピンクゴールド 指輪 手作り

ファイヤアアアアア-!!

18kのピンクゴールドリングの溶接作業(共付け)
ピンクゴールドリングの溶接の場面は凄くレアです。

ネットで検索をしてもイエローゴールドの溶接しか
ほぼほぼ検索結果に出てこないので凄く珍しいです。

ピンクゴールドと純金の共付け溶接は本当に難易度
が物凄く高くて出来る職人が少ないので超レアです。

ピンクゴールドリングのサイズ調整

ピンクゴールドリングのサイズを合わせていきます
芯棒にリングを入れて今度は金槌を使って叩きます。

金槌のほうがインパクト力が強いので綺麗な真円に
なりますしサイズも伸びていくので金槌を使います。

リング幅を3.6mmに削る

ピンクゴールドリングの幅を3.6mmに削り合わせます

擦り板にピンクゴールドリングを乗せて固定をして
ヤスリでリングの両側面を削って調節をしていきます。

リング幅に関してはお客様のお好みでお作りできます
ピンクゴールドでも太く作れますし逆に細くてもOK。

リングの角落とし(丸角)

ピンクゴールドリングのデザインは平打ちがベースで
角落としのデザインです(両角の丸角落としフォルム)

一般的に角落としといえば角を四角に落とすのが普通
なのですが今回は凸の角落としではなく丸い角落とし。

丸いヤスリを使って平打ちリングの角を丸く削ります
凸の角より当たりが優しくなるので着け心地もGOOD

ダイヤの位置に穴を開ける

ピンクゴールドリングにはダイヤが1ピース入ります
ダイヤモンドを入れる位置が決まったら穴を開けます。

ダイヤモンドの直径と同じ穴を開けると緩くなるので
ダイヤの直径よりも小さいドリルを使い穴を開けます。

ピンクゴールドリング 手作り

リングの内側を内甲丸に

リングの着け心地の良さは凄く重要なポイントです

着け心地が悪いとどんなに気に入ったリングでも外す
ことになってしまうので着け心地は絶対に良くします!

そこで内甲丸(うちこうまる)という形に仕上げます
丸い甲丸をリングの内側にするので内甲丸と言います。

ピンクゴールドリング k18

内甲丸のメリットは素晴らしい!

リングの内側を内甲丸にすることで指と指輪が優しく
触れ合って当たりが優しくて着け心地が良くなります。

指を曲げてもキツサや痛みなどもなくスムーズですし
水はけも良くなるので衛生的にも良くて安心できます。

ピンクゴールドリング

シリコンポイントで仕上げる

シリコンポイントという研磨ゴムでピンクゴールドの
リング隅々まで仕上げていきます(表面はマット加工)

シリコンポイントには様々な形状がありますので形や
デザインに合わせてゴムを選んで使って仕上げます。

画像は平打ちリングの丸角落とし部分を仕上げるので
丸い円盤型のシリコンポイントを選んで仕上げます。

仕上げ方はシリコンポイントをリュータという機材の
先端にセットをして高速回転で回して使っていきます。

ピンクゴールドリング 手作り

ピンクゴールドを光沢に

ピンクゴールドリングを光沢加工に仕上げていきます
シリコンポイントで磨いた部分をバフ掛けで磨きます。

バフ掛けのバフは磨き布の集まりでシリコンポイント
と同じように高速回転で回して仕上げていくんですね
シリコンポイントからバフ掛けで光沢に仕上がります。

ピンクゴールドリング マット

ピンクゴールドリング マット加工

ピンクゴールドリングの表面をマットに仕上げます

通常のツヤ消しは白くなるのですが今回は普通でなく
ダイヤの先端工具を使った荒目のマット加工なんです。

ダイヤの先端工具を高速回転で回して仕上げていくと
ピンクゴールド表面が細かく削れていくのでカットを
した面がキラキラに光る美しいマットになるんですね。

普通の艶が無いツヤ消し加工は白っぽくなるのですが
ダイヤマット加工は白くならずにキラキラと光ります
ピンクゴールドがキラキラと輝くマットは綺麗ですね!

ピンクゴールド 指輪

リングにの石留めをすれば完成!

ピンクゴールドリングの穴を開けた部分にダイヤを
埋め込めばピンクゴールドリングの完成となります!

キラキラと光るピンクゴールドのマットにダイヤも
入るのでキラキラの相乗効果で美しさが倍増ですね!

ピンクゴールドリング 肉厚

ピンクゴールドリングのリメイクが完了!

リングの厚みの分厚さが画像から伝わってきますね

一般的なリングよりも、かなり分厚いので頑丈ですし
重厚感があるので着け応えも着け心地の良さもGOOD

画像だけではなくて動く動画でも自慢の鍛造リングを
がっつり見て頂きたいのでスマホで動画撮影しました
画像では分からない指輪の魅力を動画でご覧下さい(^-^)

 

【ピンクゴールドリングの詳細】

○製造方法 鍛造(たんぞう)彫金(ちょうきん)
○使用地金 18k ピンクゴールド
○指輪の幅 3.6mm
○指輪厚さ 2.2mm
○デザイン 平打ちリング 丸角落とし
○仕上げ方 表面をマット加工、他は光沢仕上げ

私が手作りをする指輪は自慢の日本の伝統技法の1つ
鍛造製法に超こだわって1つ1つ手作りをしています。

強靭でリングが変形しにくくて日常使いでも安心して
身に着ける事ができますし鍛造リングは使い込むほど
生活で付く傷や凹みが味になっていくので魅力的です。

ピンクゴールドリング ダイヤ

全国各地からご依頼を頂いております

今回は新潟県の方でしたので当店にご来店を頂きましたが

直接ご来店を頂かなくてもメール等で打ち合わせをさせて
頂ければ全国どちらからでもご依頼を受け付けております。

打ち合わせと言っても指輪のデザインがある程度決まって
いれば指輪のサイズくらいなので簡単な打ち合わせでOK。

指輪のサイズが分からなくても指のサイズが計れるリング
ゲージを発送しておりますので全国どこでも対応できます。

ピンクゴールドリング

新潟県のF様 ありがとうございました!

ご依頼をいただいた新潟県のF様はジュエリーコウキの
フェイスブックで私が手作りをした鍛造リングや指輪の
リフォームを見て下さってご注文を頂いたんですね(^-^)

作り手として自分が作る鍛造リングやリフォームを見て
ご依頼を頂くというのは職人として本当に幸せな事です

実は今回のリフォームは通常工程でなくて特殊なんです
お客様からのご依頼で、持ち込みのイエローゴールドを
分析をしてピンクゴールドにしてリフォームをしました

地金分析は専門機関に依頼をして地金の分析ができます
例えば 純金をk18にしたり逆にk18を純金にもできます
分析費用と分析日数はかかりますが凄い事ですよね(^-^)

当店は鍛造という伝統技法を応用して指輪のリメイクの
ご依頼も受け付けております(プラチナ&ゴールドのみ)

新潟県F様から頂いたお手紙をご紹介させて頂きまして
今回の制作記事は終わりです。ありがとうございました!

===========お客様の声============

この度はお世話になりました
本日無事に受け取りました!

指にピッタリで適度な重量もあり
ステキなリングにリフォームして頂き本当に感謝です!

色々とわがまま聞いて頂き思い通りにして下さり
ありがとうございました

またご縁がありましたらよろしくお願いします(*ˊ˘ˋ*)

=============================

お仕事のお問い合わせやご依頼は→コチラ

私が作る鍛造の結婚指輪の一覧は→コチラ

ネット販売→ジュエリーコウキ ヤフーショップ

メールやお電話でもご対応しております
○電話番号 0258-27-1771 10時~16時まで対応しています
○メールアドレス j_kouki_ring@yahoo.co.jp 24時間OK
〒940-2003 新潟県長岡市渡場町2-7 株式会社ジュエリーコウキ

=============================

鍛造で作る結婚指輪は、ごく稀で希少価値のある結婚指輪
世界中の全てのジュエリーのうち鍛造で作られたリングは
1パーセント未満と言われるほど鍛造リングは少ないです

その理由は、鍛造リングは地金を金槌で叩いて炎で焼いて
じっくりと時間をかけて地金密度を上げていくという製法

熟練された技術や知識を持った職人のみしか作れない技法
鍛造リングを作る為の専門工具や機材など設備も必要な為

伝統工芸と言われる鍛造リングは日本の宝だと思いますが
受け継ぐ職人が激減しており鍛造リングは衰退しています
だからこそ鍛造技術を受け継いだ私が広めたいと思います

指輪作りの制作日記をご覧頂いて、鍛造技術に納得をして
私の結婚指輪をご購入して頂けると作り手として幸せです。

=============================

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA