変形ボルダーオパール 【ハンドメイド アクセサリー】 ネックレス・ペンダント加工

当ブログを見て頂きありがとう御座います
ジュエリーコウキの2代目、池田です(^ω^)

本日の手作りジュエリーは、オパールを使った
ペンダントネックレスの制作工程でございます
ネックレスというよりもペンダントヘッドですね

結婚指輪をメインで作っておりますが、基本的に
どんなジュエリーでも制作しているんですよ(*´Д`)

当WEBは手作りの結婚指輪がメインですので
結婚指輪以外の、他カテゴリがなかったですので
婚約指輪のカテゴリに記事を入れさせて貰いました
実際は指輪ではなくペンダントです。ご了承下さい

本日はボルダーオパールのペンダント加工です

 

前の記事で透明感あるウォーターオパールを使って
プラチナのペンダントネックレスを制作しましたが
今回はボルダーオパールという種類のオパールです

ちなみに前回の記事はコチラからご覧いただけます
コチラから → ウォーターオパールのペンダント加工

今回のボルダーオパールは、まず大きいですね
この前のウォーターオパールとは見た目が違います

そして何よりも形がまったく違って変形した宝石です
ここまで変形した宝石はボルダーならではです(*´Д`)

dscn3912

凄い形の変形ボルダーオパールですよね(^ω^)

そして青と緑の爽やかな色を中心にして角度によって
他の色(虹色)も出てくる質の高いボルダーオパール

かなり変形したボルダーオパールですよね
輪郭だけの変形ではなく、表面も裏面も変形しています

オパールの全ての面が凹凸した複雑な形となっているんです
こちらの変形オパールのペンダント加工をします(^ω^)
かなりの作り応えのあるジュエリーです(見た目も工程も)

 

 

何故、ボルダーオパールはこのような形をしているのか?
それは他の宝石と違って、基本的にボルダーオパールは
塊で採掘されるのではなく、鉄鉱石の隙間にあるからです

石と石の間に挟まれた宝石、ミルフィーユのような感じです
という事で綺麗な部分だけを採掘するので変形が多いんです。

dscn3913

ボルダーオパールの中枠を制作(素材はプラチナ)

まずは変形したオパールの内枠を作る事から始まります
薄く伸ばしたプラチナ板をオパールの形に合わせて
ぐにゃぐにゃ曲げて形を造っていきます(かなり難しい)

かなり変形している難しい形のボルダーオパールです
輪郭の変形もかなり激しいですが肉厚の凸凹も凄いです
輪郭もキッチリと合わせながら肉厚も合わせていきます

dscn3915

中枠にオパールを乗せた時に、隙間があると駄目です
隙間がなく、ピッタリと枠と石がくっつのが理想です

これだけ変形していると少しの隙間でも力が加わると
隙間に逃げようとして石が曲がって見える事もあります

ボルダーオパールのベースとなる土台なので隙間なく
動かないレベルのきっちりした枠を作る事が必要です

写真の中枠の内側面、斜めに削ってありますよね
これはオパールの形によって合わせて斜めに削る事で
宝石が落ち着くという事です(全ての輪郭を合わせます)

dscn3916

ペンダントの外枠作り

メインのオパールがセットされる重要な中枠が完成したら
次はデザインが入る外枠を同じようにプラチナで作ります

オパール自体が、かなりの変形なので外枠も変形が合います
外枠だけ左右対称にキッチリ造る事も出来ますが合いません

もちろん変形石でも左右対称枠でも合う場合もございますが
今回の変形オパールに限っては間違いなく変形枠が似合います
オパールの凸凹にあえて合わせるように凸凹な外枠にしました

dscn3918

ペンダントの中枠、外枠が完成

ボルダーオパール、中枠、外枠と並べてみました
メインとなるオパールと中枠の大きさは一致しています

そして外枠は遊び心を入れながらも計算しております
宝石の曲線の位置と、外枠の曲線の位置がほとんど同じ

曲線の流れを合わせる事によって全体の流れも合います
アンバランスに見える外枠ですが、実は計算しての形で
適当にぐにゃぐにゃさせている訳じゃないんです(^ω^)

dscn3919

変形オパールのペンダントが完成

中枠と外枠をロウ付け(溶接)すれば完成です
クリスマス時期で超忙しくて、現在時間がないので
磨きの様子と石留めの様子は公開ナシですがすいませんw

磨いてオパールを石留めすれば完成という事になります
中枠と外枠の空間(透かし)が全体に何ヵ所かありますが
この空間がバランスよく開いている事によって軽く感じます

大きくて変形している珍しいボルダーオパールも重々しさを
感じないでペンダントとして使って頂いてもOKなんですね!

基本的にどんな形の宝石であってもジュエリーに加工できます
ただし、加工賃は石の大きさ、変形具合、地金などによって
かなり違ってきますので、まずはご相談を頂きたいと思います
ボルダーオパールのPTペンダントヘッド加工でした(^ω^)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA