マリッジリングはオリジナリティ優先!他の人と被らないのが魅力

鍛造マリッジリング専門店ジュエリーコウキ
新潟県長岡市の工房で職人が手作りをします

手作りと言っている結婚指輪は全国に沢山ありますが
鍛造という技術で作る手作りの結婚指輪は全国各地を
探してもほとんど存在しない希少価値の高い結婚指輪。

鍛造(たんぞう)という日本伝統技法で指輪を作ります
鍛えて造る指輪ですので鍛造リングと言われています。

一般的に手作りの指輪といえばロウから指輪の原型に
なる型を作って溶かした地金を型に流して作る製法や
セミオーダーのようにデザインを選ぶものが主流です。

しかしジュエリーコウキ2代目の私がする製法は鍛造
鍛えて造るという意味から鍛冶で鍛錬をして作ります
鍛冶で鍛錬した指輪は密度が濃くなり頑丈になります。

 

こんにちは(゚Д゚)ノ

ジュエリーコウキ2代目で宝飾職人の池田と申します
職人歴は29年で鍛造を継承している職人の1人です。

鍛造は昔からの技術を受け継いだ宝飾職人しか作れず
全国でも鍛造を継承した宝飾職人は極めて少人数です。

市場全ての結婚指輪の中で、鍛造のオーダーメイドで
作った結婚指輪は僅か1%未満しか存在しないんです。

鍛造オーダーメイドの指輪をブログで発信しています
鍛造の制作工程や鍛造の結婚指輪をご紹介しています。

ジュエリー職人

指輪作りもブログ更新も私がしております(^-^)

結婚指輪の専門店という事で結婚指輪に関する記事を
書いていますしお客様の体験談もご紹介しております。

先輩カップルさんの結婚指輪にまつわるエピソードを
募集してブログにアップしておりますので結婚指輪に
関する為になる有益な情報を発信をするのが目的です。

先輩カップルさんの実体験を投稿して頂いているので
これから結婚指輪の購入を考えているカップルさんに
参考になるような内容だと思いますのでご覧ください。

※当店で購入されていない方の体験談を募集しました
全国各地のカップルさんの話を聞きたかったからです。

 

本日は東京都O様(男性)から投稿を頂いたエピソード

ご投稿を頂いた方の結婚指輪はホワイトゴールドです
オリジナリティのあるデザインのほうが人と被らない
ので珍しいハニカムリングのデザインにしたそうです。

ちなみにデザインも素材もメーカーも男性用と女性用
で異なるそうですが、お互いの好みで良いと思います
ご投稿者様は男性なので男性目線での記事になります。

それでは東京都O様のエピソードをご覧くださいませ。

=================================

 

題名

【男性目線でのマリッジリング選び】

 

投稿者 東京都 O様 男性

 

私は昨年再婚をした男性です。

よってマリッジリングは不本意ながら
2本選んだことになりますが、

この記事では男性目線での男性のマリッジリングの
選び方についてご紹介してみたいと思います。

これから男性パートナーとマリッジリングを
選ぶ女性の方にも参考になれば幸いです。

私の1度目の結婚は30歳の時でした。

当時の私は、マリッジリングの
デザインには一切拘りが無く、

前妻が購入した指輪と似たようなシンプルな
曲線デザインの指輪を当時の妻が選んだので、

私には選択権も無く、特に疑問を
持つことも無く彼女の選択を受け入れました。

ただ、正直に言えば、特段個性も無く、
拘りの無いデザインの指輪には面白みは無く、

単に結婚したという責任感でマリッジリングを
嵌めていたに過ぎなかったと思います。

結婚後の数年はその指輪を真面目に嵌めていましたが、
その後は金属アレルギーだなんだと言って、

次第にマリッジリングを嵌めないことの方が
多かったことを思い出します。

そんな結婚生活は上手くいかずに、
数年後には性格の不一致などもあり
結局離婚することになってしまいました。

今思えば、当時の私は指輪どころか
アクセサリーを身につけたりしたことも無く、

マリッジリング選びは結婚のための面倒な
1作業でしかありませんでした。

当然、マリッジリングのデザインや
ブランドにも関心は無く、

お店と指輪を前妻が選んでくれて、
それはそれで楽をしたな、タスクの1つが消えたな、
くらいの気持ちしか持っていなかったのだと思います。

一方で、上司や先輩が個性的なデザインの
マリッジリングを嵌めているのを見ると、

内心センスが良い指輪だな、
羨ましいなと思ったこともあり、

男性にとってのマリッジリング選びも
存外に大切なことなんだなと思い、
後悔したこともありました。

さて離婚後にご縁があり、
1年前に今の妻と再婚することになりました。

前回のマリッジリング選定の苦い経緯もあったため、
今回はペアリングではなく、自分でデザインを選ばせて
欲しいということを真っ先に相談してみることにしました。

妻は快く同意してくれました。
ただ、そうは言っても、指輪のブランドくらいは

一緒にしましょうねということになり、
数週間にわたり銀座や渋谷のお店を何度もハシゴしました。

私も今回はそういったプロセスを
彼女と一緒に楽しんでいたと思います。

 

【人と被らないオリジナルのマリッジリング】

今回のマリッジリング選定で私がこだわったポイントは、
「他の男性と被らないオリジナリティのある結婚指輪」
という点でした。

シンプルで飽きのこない、
斬新なデザインは無いかなあ…。

と漠然と考えていたところ、
C社のこのハニカムリングに出会い、
すっかり虜になってしまいました。

マリッジリング ハニカムリング

【マリッジリングはハニカムリング】

フランス起源のC社の指輪であればと、
フランス滞在経験のある彼女も大賛成してくれて、

デザインとしての統一性はありませんが、
妻は妻で好きなデザインの指輪を選びました。

 

【マリッジリングの素材】

素材はホワイトゴールド製で色はシルバーです。

デザインはミツバチの巣をモチーフにした
幾何学的な六角形ハニカム模様です。

マリッジリングとしての見た目は斬新ですが、
実はトラディッショナルなデザインであり、

ナポレオンや王室御用達だったという
ストーリー性を持っていたのも気に入りました。

同じハニカムデザインで、男性向けに
用意された太めの指輪もあったのですが、

男性サイズですと私には少し
自己主張が強すぎると感じました。

女性向けではありますが、
細いリングの控え目で華奢な輝きの方が
上品に感じ、そちらを選択しました。

 

【指輪にダイヤ無し~その理由】

この指輪にはダイヤはありません。

シークレットダイヤが内側に隠されているデザインや、
表面にダイヤが施されたデザインもありましたが、

その分サイズが太くなってしまったり、
私には少し派手に思えたので、
ダイヤ無しの細いシンプルなリングを選びました。

ポリッシュ仕上げによる六角形の輝きだけでも、
十分な存在感を感じております。

 

【マリッジリングの予算と価格】

私の指輪の想定価格は10万円程度でしたので、
ほぼ想定通りでした。

一方で、妻には2連リングを所望され、
価格は2つで80万円を超え、私のリングを
加えると100万円弱になってしまいました。

想定予算としてはせいぜい高くて
50万円くらいの予算かなと高を括っていたのに、
完全にオーバーしてしまいました。

とは言え初婚の妻には喜んでもらいたいし、
私は再婚なので披露宴を挙げてあげられないなどの

負い目もあって、つべこべ言わずに妻が
希望しているデザインを差し上げることにしました。

妻には私の指輪の費用を出してもらい、
気持ちのバランスを取りました。

 

【ハニカムリングの気に入っている点】

ハニカムデザインの指輪については、
マリッジリングとして男性が嵌めている例は少ないようで、
今のところ誰かと被るということはありません。

デザイン面では、いろいろな角度から
ミラーポリッシュの光の輝きを放ってくれるので、

それを眺めているだけでも楽しく、
飽きが来ないのも気に入っています。

加えて、ブライトリングなどのシルバー系の
光沢あるポリッシュ仕上げの腕時計や、

GSHOCKでもシルバーのメタルベゼルの
時計と一緒につけることで、

この指輪のデザインがより一層映えて見えますので、
そこがとても気に入ってます。

また、このハニカムリングには異なる地金で
出来たカラーバリエーションがあるため、

異なる色のリングを買い足し、
重ねづけをすることができる唯一無二の指輪です。
今後歳を重ねてからの私の密かな楽しみになっています。

 

【ハニカムリングの残念な点】

この指輪の欠点としては、360度全てギザギザなので
ゴシゴシ顔を洗ったりすると皮膚を傷つけてしまう事です。

最初のうちは何度か気づかずに顔を擦ってしまいましたが、
今はだいぶ慣れたのでそんなこともなくなりました。

また、ホワイトゴールド製ですので数年すると
変色する可能性があると言われています。

【マリッジリングの刻印】

フランス製の指輪であり、
彼女がフランス滞在経験もあることから、

フランス語で「lien eternite」 (永遠の絆という意味)
という文字とお互いのイニシャルを刻印しました。

 

【マリッジリングの納期】

私と彼女の指輪のサイズで、
都内に在庫が無いものもあったのですが、
国内での取り寄せと刻印込みで約1ヶ月後の納品でした。

国内在庫が切れている場合は、
もっと時間がかかると言われました

【長く着けてみた今現在の指輪の状態】

ホワイトゴールド製ですので、プラチナと比べ
変色する可能性があると言われていましたが、
1年たった今の時点ではそれほど変化はないように思えます。

 

【これからマリッジリングを購入される方へ】

結婚指輪を2度つけることになった私から
男性の方へ申し上げたいことは、

長い結婚生活なので、
奥さんとお揃いのデザインかどうかよりも、

ご自身が納得出来る、センスの良いデザインを
優先して選ぶことをお勧めします。

せっかく日々嵌めるものなら、
テンションが上がるデザインの方がハッピーですし、
仕事に行くのも楽しくなります。

この記事をたまたま読んで頂いている女性の方も、
パートナーの男性にとっては
きっと初めての指輪選びとなりますので、

女性目線でのペアデザインに拘ることなく、
男性が遠慮していないか、

本当はどんなデザインが良いと思っているのか、
しっかり深掘りして選択肢を増やしてあげて
頂きたいと切に思います。

 

例えば時計好きの男性であれば、
時計を購入する際は徹底的に比較検討し、

自分に相応しいブランドなのか、
デザインなのかを考えて決めていると思います。

マリッジリングは時計と同様に、
男性に許されている数少ないアクセサリーです。

マリッジリングも時計を選ぶ時と同じ
情熱と基準を持って選んで頂ければと思います。

男性のマリッジリングの選び方の1つの方法として、
時計好きの方であればお気に入りの時計との
相性を考えてみるというやり方があると思います。

女性から婚約指輪のお返しとして
時計をプレゼントされる場合も、
マリッジリングとの相性を考えてあげると良いと思います

時計との相性の合わせ方ですが、
時計の色、素材や表面仕上げと
指輪のデザインを合わせるやり方もありますし、

時計と指輪のブランドを
統一するというやり方もあります。

時計にゴールドやブラックなどの差し色が入っていれば、
同一のカラーを持つ2色のコンビリングと
あわせるとセンスが良く個性的だと思います。

私が愛用している時計はベゼルがシルバー色で、
ギザギザのデザインが施されているため、
シルバーのハニカムデザインとの相性が抜群に良いです。

長い結婚生活です。男性ご自身が気持ちよく、
楽しい結婚生活を送れるデザインを是非探してみてください。

 

沢山の先輩カップルさんの結婚指輪をご紹介しております
こちらからご覧頂けます→私達の結婚指輪をブログで紹介

私が作るジュエリーコウキの鍛造の結婚指輪の一覧は→コチラ

=================================

どうやって結婚指輪を選んでいったのかをエピソードで
詳しく教えて頂きましてありがとうございましたm(__)m

記事のご投稿者様が男性ということもあって男性目線で
マリッジリング選びのエピソードを教えて頂きました。

人と被らない個性的なマリッジリングは魅力的ですよね
今回の記事でご紹介をして頂いたハニカムリングも凄く
個性的で他の人とは確かに被らないかもなと思いました。

ただ、教えて頂いたハニカムリングのマイナスポイント
で顔を洗うと傷だらけになるというのが衝撃でした(汗)

確かに、ハニカムの角が飛び出ているので怖いですよね
顔を洗う時だけではなく色々な場面で気を付けて指輪を
着けていないと怖いというか、危ないかなと思いました。

当店ではハニカムリングは作っていないですが仮にもし
ハニカムを作るにしても試行錯誤が必用だと感じました。

私は指輪を作る宝飾職人ですので着け心地が良い指輪や
使い勝手の良い指輪を作ることを1番に考えております。

ですので個性的なデザインを求めるにしても使い勝手が
良くて着け心地の良い安心できる指輪をお勧め致します。

ジュエリーコウキ 2代目、池田潤

=================================

お気軽に私、池田までお問い合わせをしてください(^ω^)

こちらの「お問い合わせ」からか、もしくはメールで
j_kouki_ring@yahoo.co.jp 宛てまでお願いいたします。

ネット販売はコチラから→ジュエリーコウキ ヤフーショップ

○電話番号 0258-27-1771 電話は10時~16時まで対応可能
○メールアドレス j_kouki_ring@yahoo.co.jp 24時間OK
〒940-2003 新潟県長岡市渡場町2-7 株式会社ジュエリーコウキ

=================================

鍛造で作る結婚指輪はごく稀で、希少価値のある結婚指輪
世界中の全ての結婚指輪のうち鍛造で作られた結婚指輪は
1%未満と言われるほど鍛造の結婚指輪は少ないんですよ。

その理由は、鍛造の指輪は地金を金槌で叩いて炎で焼いて
じっくりと時間をかけて地金密度を上げていくという製法
熟練された技術や知識を持った職人のみしか作れない技法
鍛造の指輪を作る為の専門工具や機材など設備も必要な為。

伝統工芸と言われる鍛造の指輪は日本の宝だと思いますが
受け継ぐ職人が激減しており鍛造の指輪は衰退しています
だからこそ鍛造技術を受け継いだ私が広めたいと思います。

指輪作りの制作ブログをご覧頂いて鍛造技術に納得をして
私の結婚指輪をご購入して頂けると作り手として幸せです。

=================================

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA