産後 指輪 いつからつける?入らない場合はサイズ直し | 神奈川県F様 口コミ

鍛造 結婚指輪の専門店ジュエリーコウキ
新潟県長岡市の工房で職人が手作りします

手作りと言っている結婚指輪は全国に沢山ありますが
鍛造という技術で作る手作りの結婚指輪は全国各地を
探してもほとんど存在しない希少価値の高い結婚指輪。

鍛造(たんぞう)という日本伝統技法で指輪を作ります
鍛えて造る指輪ですので鍛造リングと言われています。

一般的に手作りの指輪といえばロウから指輪の原型に
なる型を作って溶かした地金を型に流して作る製法や
セミオーダーのようにデザインを選ぶものが主流です。

しかしジュエリーコウキ2代目の私がする製法は鍛造
鍛えて造るという意味から鍛冶で鍛錬をして作ります
鍛冶で鍛錬した指輪は密度が濃くなり頑丈になります。

 

こんにちは(゚Д゚)ノ

ジュエリーコウキ2代目で宝飾職人の池田と申します
職人歴は30年で鍛造を継承している職人の1人です。

鍛造は昔からの技術を受け継いだ宝飾職人しか作れず
全国でも鍛造を継承した宝飾職人は極めて少人数です。

市場全ての結婚指輪の中で、鍛造のオーダーメイドで
作った結婚指輪は僅か1%未満しか存在しないんです。

鍛造オーダーメイドの指輪をブログで発信しています
鍛造の制作工程や鍛造の結婚指輪をご紹介しています。

ジュエリー職人

先輩カップルさんの体験談、口コミです

結婚指輪の専門店という事で結婚指輪に関する記事を
書いていますしお客様の体験談もご紹介しております。

先輩カップルさんの結婚指輪にまつわるエピソードを
募集してブログにアップしておりますので結婚指輪に
関する為になる有益な情報を発信をするのが目的です。

先輩カップルさんの実体験を投稿して頂いているので
これから結婚指輪の購入を考えているカップルさんに
参考になるような内容だと思いますのでご覧ください。

※当店で購入されていない方の体験談を募集しました
全国各地のカップルさんの話を聞きたかったからです。

 


神奈川県 女性 F様からご投稿を頂いたエピソード

ご投稿を頂いた方の結婚指輪の素材はプラチナです
毎日着けたいのでシンプルでストレートのデザイン

結婚指輪を毎日着けて11年が経過したそうですが
産後に指輪が入らなくなりサイズ直しをしたそうで、

その時のエピソードもこれから指輪を購入する方が
安心して着けられるように詳しく教えて頂きました。

神奈川県F様の口コミエピソードをご覧下さいませ

=================================

 

題名

【結婚指輪 長くつけられるデザインはシンプル】

 

投稿者 神奈川県 F様 女性

 

11年前に結婚した時に、夫と一緒に
お店へ行って結婚指輪を購入しました。

たくさんのブランドがあり、とても迷ったのですが、
お互い毎日つけ続けたいという希望は合っていたので、

普段つけていても目立ちすぎない
シンプルなものを選びました。

ただ、自分たちでは特別感を感じたかったので、
内側に結婚月の石を小さくでしたが入れてもらうのと、

お互いのイニシャルをリングの
内側に入れてもらうサービスを頼みました。

結婚指輪を購入してからは、
ほとんど毎日つけっぱなしにしています。

結婚指輪 プラチナ シンプル

【結婚指輪 毎日つけっぱなし】

最初の方はお皿洗いの時など傷ついたら
もったいないからと一時的に外すことはあったのですが、

そのままつけ忘れてしまうことがあったので
最初の数回で取り外すのはやめました。
なので、お皿を洗う時もつけっぱなしでやっています。

ただ、出産の時は病院から事前に指輪を
とっておくように言われていたため、
出産前から家に帰るまではしばらく外していました。

今までずっとつけていたものを外すと、
手元が寂しく見えましたし、
なんとなく違和感もありました。

でも外して内側を見る機会がほとんどなかったので、
外した時に石とイニシャルを見て、

こんなこと入れてもらってたんだと
懐かしい気持ちになりました。

たまには外して内側を見るのもいいものだなと、
その時見ながらほっこりしたのを覚えています。

出産し入院生活を終えてから、
再度指輪をつけるとまた新たな気持ちになれました。
またすぐに慣れて、体の一部みたいになるんですけどね。

 

産後に太って結婚指輪が入らない

ただ、ちょっとしたハプニングがあり、
出産後に太ってしまい結婚指輪がキツくなり
強引に入れないと入らなくなってしまいました。

血が止まるほどではないのですが、
指輪は回らずちょっと締め付けられている感じでした

結婚指輪を買う時に、お店の方に
指が太くなって入らなくなることは
あるのか質問したことがあります。

その時は、指の太さはそんなに
変わらないと言われました。

ただ、サイズ調整は出来るから、
その時は持ってきて欲しいと言われていました。

指の太さはそんなに変わらないようですが、
だいぶ体重が増えて体型が変わってしまうと
指も太くなるんだとその時実感して落ち込みました。

 

【指輪が入らないのでサイズ直し】

でも毎日つけ続けたいという気持ちは
変わらなかったため、落ち込んでても仕方ないので、
結婚指輪のサイズ直しをしてもらうことにしました。

サイズ直しをしたのは結婚指輪を
購入してから6年くらいたっていました。

その間、磨くこともクリーニングも
全くしていませんでした。

久しぶりにお店へ行って、
お店に並んでいる結婚指輪たちが
光り輝いていたことに驚きました。

たしかに、私たちが購入した時も
指輪は光り輝いていた気がしますが、

その時のわたしの指輪は
傷がいっぱいついてくすんでいました。

とりあえず結婚指輪のサイズ交換を
依頼して後日取りに行くことになりました。

数日後に再度お店を訪れて、サイズ直しが
完了した結婚指輪を見てとても驚きました。

結婚指輪を変えたわけではないのに、
すごく光り輝いていたのです。

 

【指輪のサイズ直しとクリーニング】

細かい傷は取れないけれど、
クリーニングをしてくれたそうです。

クリーニングをしてくれただけで、
全く別物にしたのではないかと思うくらい、

すごくきれいになっていました。
あの時はとても感動しました。

もちろんサイズ直しもしっかりやってくれており、
結婚指輪はわたしの指に
ピッタリになってくれていました。

もちろん結婚指輪のサイズ直しと
クリーニングだけなので、

内側の石とイニシャルもかわらず、
ちゃんと残っていました。

帰りながら今までと違って、
光り輝いている結婚指輪を見ながら、
電車の中でニヤニヤしてしまうくらい嬉しかったです。

家に帰ってから夫の指輪をあらためて見てみると、
以前のわたしの結婚指輪と同じように、
くすんでいるのに気がつきました。

なので夫にクリーニングをすることで、
こんなにもきれいになるんだと熱く語って、
クリーニングすることを熱くおすすめしました。

夫は別にそんなに変わらない気も
するとは言っていましたが、

わたしの熱い思いが伝わったのか、あまりに
勢いがすごいので仕方なくなのかはわかりませんが、
クリーニングすることに同意してくれました。

数日後にわたしが預かって、
夫の結婚指輪もクリーニングを
してもらうことにしました。

夫の結婚指輪のクリーニングも終わり、
夫にその結婚指輪を見せるとクリーニング前と
全然違うとすごく驚いて、喜んでいました。

お互いの結婚指輪をじっくり見ることはないけれど、
自分がつけている結婚指輪は
なんとなく毎日見ているので、

わたしの結婚指輪がきれいになったのは
そんなに気がつかなかったけれど、

自分がつけていた結婚指輪の
変化には気がついたようです。

夫もやっぱりわたしと同じように、
クリーニングされて光り輝いた
結婚指輪を見てニヤニヤしていました。

普段つけていて慣れてくると気にしていないけれど、
結婚指輪がきれいになると
嬉しいんだなと見ていて思いました。

 

そんな感動を感じていても毎日の仕事や育児で
結婚指輪は身体の一部になってしまっていくので、
結局傷ついてくすんでいってしまっています。

定期的にクリーニングへ持って行ったり、
自分で磨くとまた違うのかもしれませんが、

日々の生活が続くとすっかり
忘れてしまうのが現実です。

でも、傷ついてくすんでいても
そんな嫌な気持ちはしないです。

つけているのが当たり前になっているので、
気にならないのが1番なのですが、

それ以外にたまに指輪を見た時に、
結婚してだいぶ経ったんだなと
あらためて感じることもできるからです。

本当はサイズ直しをせずに、ずっと細いまま
使い続けたい気持ちもあったのですが、

お店に行く機会が出来たので、
悪いことだけじゃないなと思いました。

ちなみに夫はサイズ直しせずにずっと同じ
サイズをつけ続けることは出来ています。

わたしもダイエットに励んでいますが、
指のサイズは太くなっても
なかなか細くならないと実感しています。

あとは、たまに結婚指輪の内側を見てみると、
新婚当時に結婚指輪を選んだ時のことを
思い出すことができるので、

たまには結婚指輪を外して
内側を見ることもおすすめです。

ケンカした時とかちょっとイラっとしたときに、
優しい気持ちになれるかもしれないです。

 

そして、たまにクリーニングを
することもおすすめします。

けっして傷ついてちょっと
くすんでいる結婚指輪が悪いわけではないし、

味があっていいなと思う時もあるのですが、
クリーニングをしてもらって久しぶりに
光り輝いている結婚指輪をみると、

新婚当時の結婚指輪を思い出せるし、
見ていて新鮮な気持ちになれます。

わたしも夫もきれいになった
結婚指輪を見て、お互いニヤニヤしていました。

今はその後、クリーニングへ行っていないし
自分でも磨いていないので、

また傷も増えているし以前よりも
くすんでいるかもしれません。

毎日見ているので、正直
気がつかないのが現実なのですが。

多分、クリーニングの光り輝いた感じではないので、
そろそろまたクリーニングして、
あの感動をもう一度感じたいなとは思っています。

毎日、結婚指輪をつけていると
身体の一部みたいになって、
じっくり見ることはないのですが、

あらためて見てみると結婚指輪を
買ってよかったなと思います。

これからも結婚指輪を大事にしていって、
おじいちゃん、あばあちゃんになるまで
ずっとつけ続けていけたらいいなと思っています。

そして、気がついた時には、内側を見て新婚当時に
結婚指輪を選んだ日を思い出して行きたいと思います。

 

沢山の先輩カップルさんの結婚指輪をご紹介しております
こちらからご覧頂けます→私達の結婚指輪をブログで紹介

当店、ジュエリーコウキの口コミ情報は→コチラ

私が作るジュエリーコウキの鍛造の結婚指輪の一覧は→コチラ

=================================

ジュエリーコウキの【鍛造の結婚指輪】に関しては
お気軽に私、池田までお問い合わせをして下さい(^ω^)

こちらの「お問い合わせ」からか、もしくはメールで
j_kouki_ring@yahoo.co.jp 宛てまでお願いいたします。

ネット販売はコチラから→ジュエリーコウキ ヤフーショップ

○電話番号 0258-27-1771 電話は10時~16時まで対応可能
○メールアドレス j_kouki_ring@yahoo.co.jp 24時間OK
〒940-2003 新潟県長岡市渡場町2-7 株式会社ジュエリーコウキ

=================================

鍛造で作る結婚指輪はごく稀で、希少価値のある結婚指輪

世界中の全ての結婚指輪のうち鍛造で作られた結婚指輪は
1%未満と言われるほど鍛造の結婚指輪は少ないんですよ。

その理由は、鍛造の指輪は地金を金槌で叩いて炎で焼いて
じっくりと時間をかけて地金密度を上げていくという製法

熟練された技術や知識を持った職人のみしか作れない技法
鍛造の指輪を作る為の専門工具や機材など設備も必要な為。

伝統工芸と言われる鍛造の指輪は日本の宝だと思いますが
受け継ぐ職人が激減しており鍛造の指輪は衰退しています
だからこそ鍛造技術を受け継いだ私が広めたいと思います。

指輪作りの制作ブログをご覧頂いて鍛造技術に納得をして
私の結婚指輪をご購入して頂けると作り手として幸せです。

=================================

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA