ウェーブのセットリング 結婚指輪と婚約指輪 | 宮城県Y様 口コミ

鍛造 結婚指輪の専門店ジュエリーコウキ
新潟県長岡市の工房で職人が手作りします

手作りと言っている結婚指輪は全国に沢山ありますが
鍛造という技術で作る手作りの結婚指輪は全国各地を
探してもほとんど存在しない希少価値の高い結婚指輪。

鍛造(たんぞう)という日本伝統技法で指輪を作ります
鍛えて造る指輪ですので鍛造リングと言われています。

一般的に手作りの指輪といえばロウから指輪の原型に
なる型を作って溶かした地金を型に流して作る製法や
セミオーダーのようにデザインを選ぶものが主流です。

しかしジュエリーコウキ2代目の私がする製法は鍛造
鍛えて造るという意味から鍛冶で鍛錬をして作ります
鍛冶で鍛錬した指輪は密度が濃くなり頑丈になります。

 

こんにちは(゚Д゚)ノ

ジュエリーコウキ2代目で宝飾職人の池田と申します
職人歴は29年で鍛造を継承している職人の1人です。

鍛造は昔からの技術を受け継いだ宝飾職人しか作れず
全国でも鍛造を継承した宝飾職人は極めて少人数です。

市場全ての結婚指輪の中で、鍛造のオーダーメイドで
作った結婚指輪は僅か1%未満しか存在しないんです。

鍛造オーダーメイドの指輪をブログで発信しています
鍛造の制作工程や鍛造の結婚指輪をご紹介しています。

ジュエリー職人

先輩カップルさんの体験談、口コミです

結婚指輪の専門店という事で結婚指輪に関する記事を
書いていますしお客様の体験談もご紹介しております。

先輩カップルさんの結婚指輪にまつわるエピソードを
募集してブログにアップしておりますので結婚指輪に
関する為になる有益な情報を発信をするのが目的です。

先輩カップルさんの実体験を投稿して頂いているので
これから結婚指輪の購入を考えているカップルさんに
参考になるような内容だと思いますのでご覧ください。

※当店で購入されていない方の体験談を募集しました
全国各地のカップルさんの話を聞きたかったからです。

 


宮城県Y様 女性の方からご投稿を頂いたエピソード

ご投稿を頂いた方の結婚指輪の素材はプラチナです
ダイヤの婚約指輪もプラチナ製でセットリングです

同じブランドのセットリングという事でデザインも
ぴったり2本のリングが重なるウェーブのデザイン

宮城県Y様の口コミのエピソードをご覧下さいませ

=================================

 

題名

【結婚指輪と婚約指輪の曲線セットリング】

 

投稿者 宮城県 Y様 女性

 

結婚指輪を選んだ当時、私は特にお気に入りの
ブランドもデザインも石の希望もありませんでした。

現在では分かりますが、
当時の私は無知だったんです。

結婚指輪や婚約指輪をする機会も、
どう言ったことが自分にとって
大切かなんて考えていませんでした。

指輪をもらい、結婚し、3人の娘を産み、
妹達の結婚式に参列し、現在は長女はもう
法律的には結婚できる年齢になりました。

そこで自分の結婚指輪と婚約指輪を見返してみると、
嬉しいことに当時のわたしを上手に誘導してくれた
お店のスタッフさんの気持ちがわかります。

 

【指輪の素材はプラチナ】

まずは素材、プラチナを選びました。
現在の日本で婚約指輪はプラチナが
オーソドックスでしょう。

しかし、当時の私はなんと
シルバーを提案しようとしていました・・・。
相手のお財布を傷めたくなかったのも1つの原因です。

また、結婚式まで日がなく、
とにかく急いで指輪を決めなければ!!

間に合わせなければ!!とかなり
焦っていたこともあります。

しかし、一回り以上年下の女性に結婚指輪でそこまで
気を遣わせてしまっていることに通常なら男性側は
恥ずかしく感じてしまうものですよね・・・。

しかも、一生身につけるもの。
自分も身につけるもの。

あるていどは女性側にも、親族側にも、
友人・知人にも、気を張りたい、
見栄を張りたいところでもあるでしょう。

慌てて、比較的手に入れやすい価格帯の
ものをスタッフさんがお薦めしてくれました・・・。

今、思い返せばスタッフの女性は
相当慌てていたと思います。

 

またデザインですが、自分が着用する「自分の指輪」
を選んでいる感覚しかありませんでした。

自分の指と自分の指輪ばかり眺めて、
2種類までは絞ったものの、
1つに決められないでいました。

しかし、スタッフさんの
「相手にはどちらの指輪をして欲しいですか?」

の一言で気づくことができました。
確かに自分が着用する結婚指輪です。

しかし、結婚相手も一緒に着用する指輪なんです。
多分、いや絶対にずっと二人で
着用していくものなんです。

「自分がつけたい指輪」はもちろんですが、
相手にはどんなものをつけて欲しいか、
相手にはどんなものが似合うかも大切です。

結果、相手が指輪をつけている
指を見て即決してしまいました・・・・。

悩んでいる時って、自分の好きなものと
似合うものに囚われてしまって、
相手のことに気付けなくなっているんですね。

 

【ダイヤの透明度やカットを重視】

結果、婚約指輪は少し存在感のある石を使ったもの。
とは言っても、石自体は大きなものは選んでいません。
私は、透明度やカットで選びました。

お値段はもちろんなのですが、店頭で大きめの
石の指輪を試着させて頂いたのですが・・・・
どうしても日本人の指に合わない・・・。

私自身、肌が黄色人種特有の黄色い肌なのもあり、
プラチナの色味に大きな石は合いませんでした・・・。

手とのバランスがかなり悪く、
血色や肌色も悪く見えてしまいました。

指輪自体のデザインや、石の大きさって、
価格にも満足感にも大きく影響します。

でも、それを着用する本人の
手とのバランスが崩れてしまっては、
本人も指輪も可愛そうだと感じています。

日本での結婚指輪・婚約指輪は
プラチナがオーソドックスです。

でも、そういった観点からすると、あえて
少数派のゴールドを選ぶのも良いかも知れません。

女性の肌が日焼け肌だったり、
屋外の仕事をしている方だったり、

黄色味の強い肌色の場合は、
もしかしたらゴールドの方が似合うかも知れません。

婚約指輪 結婚指輪 セットリング ウェーブ

【結婚指輪に小さな複数のダイヤ】

婚約指輪とは反対に、結婚指輪は小さな
石が数個並んでいるデザインを選んでいます。
そして、少し流線形でひねりの入ったものです。

購入当時、私はデザインは
直線的なものが好きでした。

それは指輪のようなものだけではなく、
広告や写真等も同じでした。

そのため、指輪を選ぶ際も最初は直線的な
ものばかりを試着していました・・・。

しかし、どうしても私の指に嵌めると、
指が分断されたように見えて短く見えてしまいます。

綺麗な指輪をはめて綺麗に見えるはずの指先が、
太く!短く!見えてしまう・・・。

なぜだろう?購入当時、私は今より
10キログラム以上痩せていました。

BMIも痩せ気味をずっとキープしていました。
それなのにびっくりするほどに指が太い!!

仕方なく、指輪自体のデザインとしては未知の
領域だった流れるような流線形のデザインを
はめたところ・・・びっくり!!しました。

さっきと指の長さが違う・・・
(様に見える)のです。

もちろん私の指の長さや太さは一般的なものです。
しかし、直線的なデザインと流線的なデザインで
指の長さは違って見えます!!

この時ほぼ初めて柔らかい
デザインの指輪を購入しました。

 

【滑らかなデザインの結婚指輪】

あと、滑らかなデザインだと、
生活していて引っかかりにくいと思います。

結婚指輪を選ぶ時って幸せで、夢見心地で、
わざわざ現実に戻りたくはありませんよね。
でも、式の後に始まるのは現実の生活です!!

引っかかりやすかったり、傷つきやすかったり、
若い頃しか着用できないデザイン
(今はお直し等もありますが)だと、

そのうちしまったままになりかねませんし、
ずっと着用していてストレスにならない
デザインは重要です。

 

【指輪の裏側に刻印】

そして、結婚指輪にも婚約指輪にも
裏側にイニシャルが彫ってあります。

片方には相手からのメッセージ
(もちろん簡単なものですが)が刻印されています。

裏側はいつも見えるものではありませんし、
わざわざ人に見せるものでもありません。

しかし、時々目に入ってほっこりできる、
改めて相手と一緒に過ごせる喜びを感じるところです。

残念なことに、私の相手は、
お店側が用意していたいくつかの
例文の中からサラッと選んでいました・・・。

ほぼ悩まずにスタッフの方に勧められた
ものをそのまま決めていました・・・。

折角ですので、男性の方は
恥ずかしい気持ちもわかりますが、
ここはちゃんと考えて決めてください。

それだけで、不完全でも女性側は指輪を
見るたびに幸せな気持ちになりますし、
男性側は女性側を幸せな気持ちにしてあげられます。

ここまで、自分の婚約指輪と結婚指輪を
振り返ってきましたが、指輪選びで大切なことは、

「石」「ブランド」「デザイン」「価格」
と色々とありますが、そこに一つ付け足したいです。
それは「指輪を選んだエピソード」です。

 

誰と選んだか、どう言った経緯で選んだか、
どういったやりとりがあったか、もちろん
どういったスタッフの方が対応してくれたか・・・。

ずっと憧れていたお店で、
奮発した指輪を購入したとしても、

スタッフの方とのやりとりが寂しいものだったら、
将来思い返した時も寂しく、悲しい結婚指輪の
思い出になってしまうかも知れない・・・。

選ぶときの相手とのやりとりがほとんど無かったら、
結婚指輪なんて意味のないものに
なってしまうかも知れない・・・。

もしかしたら、何を選ぶかよりも
思い出すことは多いかも知れないです。

石も、ブランドも価格も
上を見ればキリがありません。

世界的に有名なブランドだって今の日本では
現物を見ることもお店に行くこともできます。

きっと楽しい思い出になってくれるはず。
でもそれだけだと、
あなたと相手じゃなくてもできるんですよね。

好きなものを勝手に選ぶだけなら、
お店のスタッフなんていないのも同じです。

失礼なスタッフであれば、結婚指輪の思い出も
嫌な思い出で溢れてしまうこともあるでしょう。

そういった石でもデザインでも価格であっても、
二人で選んだ(直感含めて)ものであれば

二人の結婚指輪であることに
変わりはなかったと思います。
当時のスタッフさんには感謝を伝えたいです。

 

沢山の先輩カップルさんの結婚指輪をご紹介しております
こちらからご覧頂けます→私達の結婚指輪をブログで紹介

当店、ジュエリーコウキの口コミ情報は→コチラ

私が作るジュエリーコウキの鍛造の結婚指輪の一覧は→コチラ

=================================

ジュエリーコウキの【鍛造の結婚指輪】に関しては
お気軽に私、池田までお問い合わせをして下さい(^ω^)

こちらの「お問い合わせ」からか、もしくはメールで
j_kouki_ring@yahoo.co.jp 宛てまでお願いいたします。

ネット販売はコチラから→ジュエリーコウキ ヤフーショップ

○電話番号 0258-27-1771 電話は10時~16時まで対応可能
○メールアドレス j_kouki_ring@yahoo.co.jp 24時間OK
〒940-2003 新潟県長岡市渡場町2-7 株式会社ジュエリーコウキ

=================================

鍛造で作る結婚指輪はごく稀で、希少価値のある結婚指輪

世界中の全ての結婚指輪のうち鍛造で作られた結婚指輪は
1%未満と言われるほど鍛造の結婚指輪は少ないんですよ。

その理由は、鍛造の指輪は地金を金槌で叩いて炎で焼いて
じっくりと時間をかけて地金密度を上げていくという製法

熟練された技術や知識を持った職人のみしか作れない技法
鍛造の指輪を作る為の専門工具や機材など設備も必要な為。

伝統工芸と言われる鍛造の指輪は日本の宝だと思いますが
受け継ぐ職人が激減しており鍛造の指輪は衰退しています
だからこそ鍛造技術を受け継いだ私が広めたいと思います。

指輪作りの制作ブログをご覧頂いて鍛造技術に納得をして
私の結婚指輪をご購入して頂けると作り手として幸せです。

=================================

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA