Pt950 ハードプラチナ 結婚指輪がエタニティ | 東京I様 口コミ情報

鍛造 結婚指輪の専門店ジュエリーコウキ
新潟県長岡市の工房で職人が手作りします

手作りと言っている結婚指輪は全国に沢山ありますが
鍛造という技術で作る手作りの結婚指輪は全国各地を
探してもほとんど存在しない希少価値の高い結婚指輪。

鍛造(たんぞう)という日本伝統技法で指輪を作ります
鍛えて造る指輪ですので鍛造リングと言われています。

一般的に手作りの指輪といえばロウから指輪の原型に
なる型を作って溶かした地金を型に流して作る製法や
セミオーダーのようにデザインを選ぶものが主流です。

しかしジュエリーコウキ2代目の私がする製法は鍛造
鍛えて造るという意味から鍛冶で鍛錬をして作ります
鍛冶で鍛錬した指輪は密度が濃くなり頑丈になります。

 

こんにちは(゚Д゚)ノ

ジュエリーコウキ2代目で宝飾職人の池田と申します
職人歴は29年で鍛造を継承している職人の1人です。

鍛造は昔からの技術を受け継いだ宝飾職人しか作れず
全国でも鍛造を継承した宝飾職人は極めて少人数です。

市場全ての結婚指輪の中で、鍛造のオーダーメイドで
作った結婚指輪は僅か1%未満しか存在しないんです。

鍛造オーダーメイドの指輪をブログで発信しています
鍛造の制作工程や鍛造の結婚指輪をご紹介しています。

ジュエリー職人

先輩カップルさんの体験談、口コミです

結婚指輪の専門店という事で結婚指輪に関する記事を
書いていますしお客様の体験談もご紹介しております。

先輩カップルさんの結婚指輪にまつわるエピソードを
募集してブログにアップしておりますので結婚指輪に
関する為になる有益な情報を発信をするのが目的です。

先輩カップルさんの実体験を投稿して頂いているので
これから結婚指輪の購入を考えているカップルさんに
参考になるような内容だと思いますのでご覧ください。

※当店で購入されていない方の体験談を募集しました
全国各地のカップルさんの話を聞きたかったからです。

 


東京I様 女性の方からご投稿を頂いたエピソード

ご投稿を頂いた方の結婚指輪の素材はプラチナです
Pt950 ハードプラチナという頑丈な種類のプラチナ

結婚指輪のデザインは、小さいダイヤを散りばめた
曲線フォルムにダイヤのエタニティが結婚指輪です

東京都I様の口コミのエピソードをご覧下さいませ

=================================

 

題名

【Pt950 曲線エタニティリングの結婚指輪】

 

投稿者 東京I様 女性

 

ジュエリーショップを訪れたきっかけは
婚約指輪を見るためでした。

しかし、そのときに見せていただいたのが、
婚約指輪と結婚指輪を合わせてつけることで
一つの形になるというものでした。

それぞれの指輪にお花の名前がついていて、
大きな花になるようなイメージが持てたため、
一緒に購入することになったのがきっかけでした。

あらゆる種類のものを装着すると、
すべてがよく見えたことを覚えています。

そのなかでも店員さんがおっしゃった
「長く愛せるもの」と言った言葉を覚えています。

派手な様相が好きではない私。
その言葉を聞いて、

小さなダイヤが散りばめられた結婚指輪、
その上につけることでさりげなく咲く
花のようなダイヤの婚約指輪に決めました。

夫はもっと大きなダイヤがいいと
何度も言っていましたが、
私の希望を優先させていただきました。

六年経って、それでよかったと心から思えます。
長く愛せるものになっているからです。

エタニティリング 曲線

【曲線のエタニティリング】

お気に入りのポイントは美しい曲線に
散りばめられたダイヤが柔らかな光で輝くところです。

普段つけていると「上品だね」
と褒め言葉をいただきます。
私はそれがとても嬉しいです。

残念なポイントを一つあげるなら、
ダイヤが散りばめられた範囲が
小さかったことかなと思います。

つけていてダイヤがない部分が見えるので、
派手になるわけではないので、
そこは範囲を広げた方が良かったかなと思います。

 

【結婚指輪の決め手は日本ブランド】

結婚指輪を買うにあたって、
たくさんのブランド店を回りましたが、

一番の決め手となったのは日本ブランドであること、
四季に由来していた名前が美しかったことです。

すべての結婚指輪に由来があり、
その由来からも選んだことを覚えています。

さすが日本の職人と感心しました。
その特別感が好きだったのだと思います。

また、私が好きな芸能人の方が、私が購入した
ブランドと同じだったことも大きかったと思います。

憧れの夫婦のようになれたら、
その想いもありました。

 

【指輪の予算は 2つで何と100万円】

予算は結婚指輪、婚約指輪を
合わせて100万だったと思います。

夫は見栄っ張りの部分もあるので、
あまり口うるさくは言われませんでした。

唯一口出して言ったのはダイヤの大きさだけでした。
そして、実際は全て合わせて60万ほどでした。

リングケースの陶器は繊細で
壊れやすいと思いましたが、
その分、大切にすることができています。

物を大切にする日本人の心を伝える陶器の
リングケースという思いがとても素敵だと思いました。

結婚指輪・婚約指輪は一生ものの大切なものですから、
こちらのケースにしてよかったと今でも深く思います。

その陶器を包むのが桐箱なのですが、
それを締める縄も美しく、
大変感銘を受ける一つの作品のようでした。

 

【職人が作る繊細な技術】

このブランドの特徴なのが、
細部にわたる細やかな技術だと思っています。

その一つがダイヤモンドの正面に現れる正方形です。
これは、誠実さ、素直さ、正直さ、
を表していると言います。

これらのこだわりにも似た部分が
美しさを際立たせてくれました。

熟練の職人によるパーフェクトな仕上げ
というだけあって、つけ心地はとても良いです。

 

結婚指輪の素材 Pt950ハードプラチナ

指輪の素材はハードプラチナを選択しました。

色合いが好きだったこと、長く使える
美しいものを基準にこちらを選択しました。

ハードプラチナPt950は希少性の高い
プラチナを95%使用しており、

プラチナの白く美しい輝きを最大限に引き出すため、
95%の純度にこだわったそうです。

さらには残りの5%は独自の配合で、
一般的なプラチナよりも硬度が高いと聞き、
こちらの一択でした。

刻印はお互いのイニシャルだけ掘りました。

あまり目にすることは少ないですが、
何気なく外して見たとき、口元が緩んでしまいます。

小さなことですが、ほっこりとした幸せな
気分を味わっている自分を客観的に見ると、
これはして良かったなと思うオプションです。

 

【指輪の納期とメンテナンス】

結婚よりもずいぶんと早めに制作したので、
はっきりとした納期は覚えていません。

夫の短期海外赴任などもあったので、
取りに伺ったのは3ヶ月ほど先だったでしょうか。

それでも、二人で取りに伺ったというのが、
一番の思い出となっております。

結婚指輪のメンテナンスは日常的な
ものは無料となっているので、
海外赴任前後にうかがわせていただきました。

大変、丁寧に対応してくださり、
ここで購入して良かったと改めて思える瞬間でした。

 

【結婚指輪がエタニティリングで大満足】

結婚指輪を実際につけてみて、
散りばめられたダイヤが美しいと思います。

ダイヤなしのリングだけのものに
しなくてよかったと思います。

婚約指輪はイベントごとのときにしか
セットリングにしてつけないので、

結婚指輪だけのときが多い分、
ダイヤの美しさを足してよかったと思います。

服装がシンプルだからか、
指輪が映えると友人には言われます。

また、リングの細さも
ちょうど良いと思うこのごろです。

太すぎず、細すぎず、日本人女性の
手にちょうど良いサイズ感だと思いました。

長くつけていますが、外したときに
拭き取るというお手入れでだけで、
今も最初と変わらない美しさを保っています。

主人は普段つけない人なのでメンテナンスをしていません。
ですが、私のものと変わらない美しさを持っています。

 

【結婚指輪を購入される方にメッセージ】

これから結婚指輪を購入される方に
メッセージを送るとしたら
「長く愛せるもの」という言葉でしょうか。

どれもこれも美しくて
目移りしていしまうと思いますが、

これからの夫婦としてどうありたいのか、
どういう自分になっているのか、
そのときどれをつけているだろうか、

そんなことを考えると、
指輪選びがさらに楽しくなりますよ。

そして、結婚指輪を購入するときは、
結婚式の準備や両家挨拶の前と、
あれこれと忙しい時期かと思います。

ですが、ちょっと立ち止まって購入するときの
二人のヒストリーを大切にされてください。

不思議な話ですが、ふっと静かに
結婚指輪を見たときに思い出すのは、
指輪を購入するまでに奔走したことなのです。

そのときの思い出が喧嘩だったり、
意地の張り合いだったり、という友人もいます。

それっていずれは笑い話にもなるかも
しれませんが、ちょっぴり残念な気もするのです。

購入のために指輪を見ていたとき、
本当に揉めている人がいて、

それも少しだけ思い出すのですが、
苦笑いになってしまうんです。

できることなら、
幸せな思い出にして欲しいと思います。

 

金額の問題もお店で揉めないこと、
これは大事だと思います。

口には出さないけど、何となく、
雰囲気が悪い、なんて嫌ですから。

いくらぐらいか、それはきちんと
明確にしておいた方が良いかと思います。

これは友人や、購入のときに
見た人を見ていて思ったことです。

あとは「長く愛せるもの」を選ぶことです。

少しだけ特徴的なデザインがあるものって
すごく魅力的に感じる私なのですが、
そういうデザインにしなくて良かったなと心から思います。

なぜなら、今はそういうデザインに
全く興味を示さないからです。

人間って不思議なもので、好みが変わります。
落ち着くというのが正しい表現か分かりませんが、
本当に穏やかになります。

人間思った方向に進むと言いますから、
どんな女性になりたいのか、想像しながら見てください。

だからこそ「長く愛せるもの」を選択してくださいね。
そこにあなただけのヒストリーがあれば、
愛するものになります。

これだ!と思う結婚指輪をお二人で探してください。
あなたの結婚指輪にまつわるヒストリーが輝かしく、
美しいものになりますように。心から願っております。

 

沢山の先輩カップルさんの結婚指輪をご紹介しております
こちらからご覧頂けます→私達の結婚指輪をブログで紹介

当店、ジュエリーコウキの口コミ情報は→コチラ

私が作るジュエリーコウキの鍛造の結婚指輪の一覧は→コチラ

=================================

ジュエリーコウキの【鍛造の結婚指輪】に関しては
お気軽に私、池田までお問い合わせをして下さい(^ω^)

こちらの「お問い合わせ」からか、もしくはメールで
j_kouki_ring@yahoo.co.jp 宛てまでお願いいたします。

ネット販売はコチラから→ジュエリーコウキ ヤフーショップ

○電話番号 0258-27-1771 電話は10時~16時まで対応可能
○メールアドレス j_kouki_ring@yahoo.co.jp 24時間OK
〒940-2003 新潟県長岡市渡場町2-7 株式会社ジュエリーコウキ

=================================

鍛造で作る結婚指輪はごく稀で、希少価値のある結婚指輪

世界中の全ての結婚指輪のうち鍛造で作られた結婚指輪は
1%未満と言われるほど鍛造の結婚指輪は少ないんですよ。

その理由は、鍛造の指輪は地金を金槌で叩いて炎で焼いて
じっくりと時間をかけて地金密度を上げていくという製法

熟練された技術や知識を持った職人のみしか作れない技法
鍛造の指輪を作る為の専門工具や機材など設備も必要な為。

伝統工芸と言われる鍛造の指輪は日本の宝だと思いますが
受け継ぐ職人が激減しており鍛造の指輪は衰退しています
だからこそ鍛造技術を受け継いだ私が広めたいと思います。

指輪作りの制作ブログをご覧頂いて鍛造技術に納得をして
私の結婚指輪をご購入して頂けると作り手として幸せです。

=================================

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA