プラチナ結婚指輪 一粒ダイヤがシンプル | 石川県M様 口コミ情報

鍛造 結婚指輪の専門店ジュエリーコウキ
新潟県長岡市の工房で職人が手作りします

手作りと言っている結婚指輪は全国に沢山ありますが
鍛造という技術で作る手作りの結婚指輪は全国各地を
探してもほとんど存在しない希少価値の高い結婚指輪。

鍛造(たんぞう)という日本伝統技法で指輪を作ります
鍛えて造る指輪ですので鍛造リングと言われています。

一般的に手作りの指輪といえばロウから指輪の原型に
なる型を作って溶かした地金を型に流して作る製法や
セミオーダーのようにデザインを選ぶものが主流です。

しかしジュエリーコウキ2代目の私がする製法は鍛造
鍛えて造るという意味から鍛冶で鍛錬をして作ります
鍛冶で鍛錬した指輪は密度が濃くなり頑丈になります。

 

こんにちは(゚Д゚)ノ

ジュエリーコウキ2代目で宝飾職人の池田と申します
職人歴は29年で鍛造を継承している職人の1人です。

鍛造は昔からの技術を受け継いだ宝飾職人しか作れず
全国でも鍛造を継承した宝飾職人は極めて少人数です。

市場全ての結婚指輪の中で、鍛造のオーダーメイドで
作った結婚指輪は僅か1%未満しか存在しないんです。

鍛造オーダーメイドの指輪をブログで発信しています
鍛造の制作工程や鍛造の結婚指輪をご紹介しています。

ジュエリー職人

先輩カップルさんの体験談、口コミです

結婚指輪の専門店という事で結婚指輪に関する記事を
書いていますしお客様の体験談もご紹介しております。

先輩カップルさんの結婚指輪にまつわるエピソードを
募集してブログにアップしておりますので結婚指輪に
関する為になる有益な情報を発信をするのが目的です。

先輩カップルさんの実体験を投稿して頂いているので
これから結婚指輪の購入を考えているカップルさんに
参考になるような内容だと思いますのでご覧ください。

※当店で購入されていない方の体験談を募集しました
全国各地のカップルさんの話を聞きたかったからです。

 


石川県M様 女性の方からご投稿を頂いたエピソード

ご投稿を頂いた方の結婚指輪の素材はプラチナです
シンプルな丸い結婚指輪で一粒ダイヤが入ってます。

リングの幅は少し太めで細いラインが入っています
ラインというよりもリングの真ん中が凸になってて
両縁が一段下がっていて凸にダイヤが入っています。

石川県M様の口コミのエピソードをご覧下さいませ

=================================

 

題名

【シンプルな丸い結婚指輪 一粒ダイヤ入り】

 

投稿者 石川県 M様 女性

 

【結婚指輪を選んだときのエピソード】

私の結婚指輪は、20代の頃ふらっと入った
老舗宝石店のオーナーさん一押しの指輪です。

その宝石店は、創業100年を超える老舗で
オーナーさんは3代目のようでした。

その頃、美術専門学校生だった私は、
友達3人とピアスを開けに行きました。

そこで、早速ピアスを開けて
ムーンストーンのピアスを購入しました。

大阪の繁華街から少し外れたその宝石店は
童話の中から出て来たような小さなお店でしたが、

品の良い作りで私のお気に入りになりました
それからのご縁なので、30年近くになります。

オーナーさんは、数ある結婚指輪の中から
私に似合いそうなものを、
ピックアップして出してくれました。

そうそう買い換えるものではないから、
時間をかけて、ゆっくり選ぶと良いわよと、

お店の奥の部屋に通してくれて
焦らずのんびりと楽しく選ばせてくれました。

 

【質の良い一粒ダイヤを使った結婚指輪】

気に入っている点は、シンプルなデザインと
質の良い一粒ダイヤを使っているところ、

指輪の内側に魔除けの
サファイアが入っているところです。

結婚のジンクス、サムシングフォーを
取り入れているようでした。

シンプルなので、お料理をしていても、
お掃除をしても一切引っかかることがありません。

指に馴染んで、身体の一部のようになっています。
プラチナ素材なので、程よい光沢と肌の色に
溶け込んでいて違和感がありません。

結婚指輪 シンプル プラチナ 一粒ダイヤ

【購入した結婚指輪の少し残念な点】

少し残念な点は、主人が仕事の都合で
結婚指輪が出来ないことです。

指輪を作る段階から、
出来ないことが分かっていたので

主人の分は、プラチナ素材ではなく、
安めのシルバーで作りました。

結婚式の指輪交換には、
なくてはならなかったので苦肉の策でした。

主人の結婚指輪は、
結婚式で一度はめただけで、
タンスの肥やしになっています。

シルバー製なので、時間が経つと
黒く黒ずんで残念な見た目になっています。

 

【指輪選びの決め手になったポイント】

派手すぎず、地味すぎず、
ちょうど良い感じでした。

旅行や、友達とお出かけなどに付けるなら
もっとデザインが凝ったものでも
良いかと思いましたがやはり日常生活が大事です。

高価なものなので、飽きて他のものに
目移りしても、そうそう買えません。

飽きはこないけど、愛せるものでという
レベルを求めました。

そして、私は手が小さいほうなので
指輪ばかりが目立つことのないように、
自分に寄り添ってくれるような指輪を探しました。

 

【結婚指輪に一粒ダイヤ】

ダイヤは3つ入っているもの、
小さなものが5つほど入っているもの
いくつかサンプルは拝見しました。

確かに、数が多い方がキラキラと
光ってダイヤらしく美しいのですが

どこか自己主張が強く、
私の性格には合わない気がしました。
かといって、ダイヤのない指輪も寂しすぎます。

宝石店のオーナーさんが、
せっかくだから一粒くらいダイヤを
入れては?と提案して下さいました。

その代わり、その一粒は特に質の良いものに
こだわって作りましょうと言われました。

なるほど、そういう作り方もあるのだと、
さすがプロだなと思いました。

ダイヤがたくさんついている方が、
値は張りますし、売上にもなります。

それでも、商売優先ではなくて、
あくまでお客様の納得いく指輪を

提供するという姿勢に、このお店の
オーナーに相談して良かったと思いました。

 

【丸い指輪のフォルムに細いライン】

指輪のデザインは丸みの帯びたフォルムに
両端には0.1mmほどの細いラインが入っています。

そのラインがあるから、
ともすると野暮ったくなりがちな
デザインも、引き締まって見えます。

そしてラインの中央にキッチリと、
ダイヤがはまっています。

素人なので、ダイヤの質の良し悪しは
イマイチ分からないのですが、

黄色味のある電気の下に来たときは、
それは見事な光を放ちます。

ギラギラした光ではなく、
吸い込むようなキラキラした光り方です。
つい、うっとりと眺めてしまいます。

一度、光っているところを友達に見られたのですが、
すごくキレイに光ってるねと、誉めて貰えました。
個人的には、完璧なデザインだと自負しています。

 

【結婚指輪の予算と価格】

指輪の価格は(けっこう前になりますが)
私のプラチナダイヤ入りが8万円ほど
主人のシルバーの指輪が4万円ほどでした。

ダイヤは私の方しか入れておりません。
シルバーでも結婚指輪はお高めだなと思いました。

【結婚指輪のサイズ選び】

サイズ選びは、宝石店に出向き
キッチリ採寸してもらいました。

ところが、主人の方が仕事の都合でどうしても来店できず
指に糸を巻いて、ざっくりと家で測って注文しました。

結婚式ではめるだけから良いだろうと思ったからです。
それが間違いの元でした。

いざ作ってみると、大きすぎて指からすり抜けます。
さすがに、結婚式だけと言っても恰好が悪すぎます。

泣く泣く、宝石店で相談すると、
家の近くの宝石店で良いから選ぶ振りをして、
測って貰いなさいとアドバイスされました。

アドバイス通り、近所の商店街の宝石店で、
結婚指輪を探している振りをして測ってもらい、
後日結果をオーナーに伝えました。

 

【男性用がシルバーで女性用がプラチナ】

指輪の素材は、主人がシルバーで
私がプラチナです。

私はアレルギー体質なので、
18金のピアスをして
かぶれたことがありました。

それがけっこう酷くて、
皮膚科に通う羽目になりました。

そこで、プラチナのピアスに変えると、
体質に合ったのか
全くかぶれなかったので安心しました。

一度アレルギーを起こすと、
クセになるようなので注意が必要です。

毎日指に付けるものなので、
アレルギー対策は大事だと思います。

これから結婚指輪を作る人、
特にアレルギー体質の人は金属アレルギーの
検査をされたほうが良いかもしれません。

私にとっては、安心安全なプラチナ素材は、
今でもアレルギーは出ておりません。

 

【結婚指輪の刻印】

指輪の刻印は、主人から私へという意味と
結婚記念日を入れて貰いました。

もう少し、言葉を入れたかったのですが
あまり入れすぎても不細工だろうと思い、
無難なところでまとめました。

【結婚指輪の納期とメンテナンス】

指輪の納期は、3週間ほどだったと思います。
主人だけサイズを作り直したので、
10日ほどプラスだったと思います。

指輪のメンテナンスは、特にしていません。
ただ、家事雑事、特に料理と洗い物の影響か、

指輪の内側に小さなゴミが
入っているような汚れが付きます。
定期的に柔らかい布で、優しく拭くようにしています。

 

【結婚指輪を実際に着けた感想】

出来あがった結婚指輪をしたときは、
背筋が伸びるような気持ちになりました。

これから、親元を離れて主人と二人で
人生を築いていく。

そういう気持ちが指輪をすることにより、
より一層覚悟が出来ました。

指輪は約束であり、お守りであり、
道しるべでもあるような気がします。

8年ほど付けていますが、
もともと傷の目立たない作りなので
さほど劣化したようには思えません

 

【これから結婚指輪を購入される方へ】

結婚指輪は、人生の門出の記念のアイテムです。

結婚はゴールではなくスタートと言われますが
生活をしていると、本当にそうだなと思います。

夫となる人と、何件もお店を巡って吟味して
これだという指輪を見つけるのも良いし、

私のように行きつけの宝石店で
作ってもらうのも有りだと思います。

アクセサリーは、どこか
お守りのような役目があると思います。

結婚生活でつまずいたとき、
左手の薬指に光る指輪を目にすると、

結婚生活を始めたときの気持ちが蘇り、
また新たな第一歩を踏み出せると思います。

これから結婚する幸せなお二人に、
良い結婚指輪が見つかりますように。

 

沢山の先輩カップルさんの結婚指輪をご紹介しております
こちらからご覧頂けます→私達の結婚指輪をブログで紹介

当店、ジュエリーコウキの口コミ情報は→コチラ

私が作るジュエリーコウキの鍛造の結婚指輪の一覧は→コチラ

=================================

ジュエリーコウキの【鍛造の結婚指輪】に関しては
お気軽に私、池田までお問い合わせをして下さい(^ω^)

こちらの「お問い合わせ」からか、もしくはメールで
j_kouki_ring@yahoo.co.jp 宛てまでお願いいたします。

ネット販売はコチラから→ジュエリーコウキ ヤフーショップ

○電話番号 0258-27-1771 電話は10時~16時まで対応可能
○メールアドレス j_kouki_ring@yahoo.co.jp 24時間OK
〒940-2003 新潟県長岡市渡場町2-7 株式会社ジュエリーコウキ

=================================

鍛造で作る結婚指輪はごく稀で、希少価値のある結婚指輪

世界中の全ての結婚指輪のうち鍛造で作られた結婚指輪は
1%未満と言われるほど鍛造の結婚指輪は少ないんですよ。

その理由は、鍛造の指輪は地金を金槌で叩いて炎で焼いて
じっくりと時間をかけて地金密度を上げていくという製法

熟練された技術や知識を持った職人のみしか作れない技法
鍛造の指輪を作る為の専門工具や機材など設備も必要な為。

伝統工芸と言われる鍛造の指輪は日本の宝だと思いますが
受け継ぐ職人が激減しており鍛造の指輪は衰退しています
だからこそ鍛造技術を受け継いだ私が広めたいと思います。

指輪作りの制作ブログをご覧頂いて鍛造技術に納得をして
私の結婚指輪をご購入して頂けると作り手として幸せです。

=================================

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA