Pt950 プラチナ結婚指輪 ウェーブ&ダイヤ | 大阪M様 口コミ情報

鍛造 結婚指輪の専門店ジュエリーコウキ
新潟県長岡市の工房で職人が手作りします

手作りと言っている結婚指輪は全国に沢山ありますが
鍛造という技術で作る手作りの結婚指輪は全国各地を
探してもほとんど存在しない希少価値の高い結婚指輪。

鍛造(たんぞう)という日本伝統技法で指輪を作ります
鍛えて造る指輪ですので鍛造リングと言われています。

一般的に手作りの指輪といえばロウから指輪の原型に
なる型を作って溶かした地金を型に流して作る製法や
セミオーダーのようにデザインを選ぶものが主流です。

しかしジュエリーコウキ2代目の私がする製法は鍛造
鍛えて造るという意味から鍛冶で鍛錬をして作ります
鍛冶で鍛錬した指輪は密度が濃くなり頑丈になります。

 

こんにちは(゚Д゚)ノ

ジュエリーコウキ2代目で宝飾職人の池田と申します
職人歴は29年で鍛造を継承している職人の1人です。

鍛造は昔からの技術を受け継いだ宝飾職人しか作れず
全国でも鍛造を継承した宝飾職人は極めて少人数です。

市場全ての結婚指輪の中で、鍛造のオーダーメイドで
作った結婚指輪は僅か1%未満しか存在しないんです。

鍛造オーダーメイドの指輪をブログで発信しています
鍛造の制作工程や鍛造の結婚指輪をご紹介しています。

ジュエリー職人

先輩カップルさんの体験談、口コミです

結婚指輪の専門店という事で結婚指輪に関する記事を
書いていますしお客様の体験談もご紹介しております。

先輩カップルさんの結婚指輪にまつわるエピソードを
募集してブログにアップしておりますので結婚指輪に
関する為になる有益な情報を発信をするのが目的です。

先輩カップルさんの実体験を投稿して頂いているので
これから結婚指輪の購入を考えているカップルさんに
参考になるような内容だと思いますのでご覧ください。

※当店で購入されていない方の体験談を募集しました
全国各地のカップルさんの話を聞きたかったからです。

 


大阪府M様 女性の方からご投稿を頂いたエピソード

ご投稿を頂いた方の結婚指輪の素材はプラチナです
リングのデザインはウェーブにダイヤが入ってます

プラチナといえばpt900で作るのが定番で一般的です
しかし今回はpt950という純度が濃いプラチナの指輪

大阪府M様の口コミのエピソードをご覧下さいませ

=================================

 

題名

【Pt950 結婚指輪 ウェーブにダイヤ入り】

 

投稿者 大阪府 M様 女性

 

【結婚指輪を選んだときのエピソード】

結婚する日のギリギリに焦って
買いに行ったことを覚えています。

旦那が結婚指輪はすぐにもらえると
思っていて悠長に構えていたので、

私がせかしてギリギリに買いに
行くことになってしまいました。

そのため、実際に結婚指輪を見に
行ったときは一気にたくさんの
ブランドを回ることになり大変でした。

指輪は、海外ブランドも含め
3件ほど回った後に最後に入った店舗で、

今までのブランドではおすすめされなかった
ウェーブタイプの指輪を付けてみて
とても気に入って即購入しました。

そのブランドでは様々な形状の指輪があって、
すべての指輪を試させてもらえて
とても楽しかったです。

また、店員さんの対応がとても
丁寧で楽しく選べたのでよかったです。

もともとこのブランドでは買う予定はなく
一応見るだけ見ようと思って

入った店舗だったのですが、
今は入ってよかったなと思います。

ウェーブタイプ 細めの結婚指輪

【pt950 細めのウェーブ結婚指輪】

ウェーブタイプの細めの指輪で、
指の付け根のアーチに沿った形をしています。

そのためストレートタイプのものよりも
指が長く綺麗に見えるという利点があります。
私は、その点が気に入っています。

また、小さいダイヤが5つ入っていて、
どこから見てもとてもキラキラして
綺麗に光るところも気に入っています。

 

【指輪選びの決め手】

最後に一応見ておこうと入った日本のブランドで
ウェーブタイプをおすすめされて
一目惚れしたことが指輪選びの決め手です。

最初に海外の有名ブランドばかり見ていて、
その時にはストレートで太めの指輪が多く、
少し無骨だなあと思っていました。

その店舗でウェーブタイプの指輪を付けてみて
指がとても綺麗に見えて購入を決めました。

 

【pt950リングにダイヤ有り】

指輪には小さな5個のダイヤがリングを
斜めに横切るようについています。

そのような指輪を選んだ理由としては、
もともとダイヤのついた指輪がよくて

探していた時に5個のダイヤが
ついたものをお勧めされたからです。

上から見たときだけでなく側面から
見ても綺麗なダイヤを見ることができ、
1つ1つが小さいので上品でとても気に入りました。

どこから見てもきれいに輝く小ぶりな
ダイヤがとてもかわいらしいものです。

結婚指輪のデザインとしては、
色はシルバーで細めのシルエットです。

形がウェーブのタイプで、5個の小さな
ダイヤモンドが指輪を横切る形でついています。

とても繊細なつくりでこの指輪を作るのは
とても難しいんだろうなという印象です。

 

【pt950 結婚指輪の予算と価格】

予算は20万から30万円ほど
と思いながら買いに行きました。

このぐらいの金額を用意しておけば、
選択肢がたくさんあって、
指輪を選ぶのも楽しくなると思います。

最終的に私達が購入したものは、
男性用が11万円、女性用が12万円で
合わせて23万円ほどのものです。

価格も高くなく、想定していた金額よりも安く
購入することができたのでとても満足しています。

 

【pt950 結婚指輪のサイズ選び】

サイズ選びに関してはサイズを確認できる
シンプルな指輪を基本的にはどこの
ブランドも持っているはずなので、

色々と付けてみてきちんと
確認しておいた方がいいと思います。

私が購入したブランドでは、あとで太ったり
痩せたりしたために指の太さが変わって、

指輪のサイズが変わっても無料で
サイズ変更もしてもらえるらしいです。

実際にサイズ変更に行ったことはありませんが、
交換してもらえる点はとても良いと思いました。

 

【結婚指輪の素材はPt950】

私の結婚指輪の材質はプラチナで、
Pt950という種類のものです。

Pt950とは純度95%を
満たしたプラチナのことです。

この基準はプラチナギルドインターナショナル
という国際的な広報機関が定めています。

海外の高級ブランドでも
よく用いられているらしいですよ。

メリットとしては、pt900よりも
金属アレルギーになりにくいということです。

その一方で、柔らかい素材であるため、
傷がつきやすく加工がしにくいという
デメリットがあります。

確かに、pt950の指輪を付けて過ごしていると、
小さな傷が目立つなあと思うこともあります。

また、最初は光沢があったのに対し、
最近は少しくすんできたようにも思います。

 

【pt950 結婚指輪は鋳造】

私が購入したpt950の指輪の
製造方法は鋳造製法です。

鋳造製法とは金属材料を融点以上の温度に熱して
液体にしたものを型に流し込んで作る製法です。

美しい曲線のあるデザイン性のあるものや
繊細な作りの指輪に適した製法です。

他にも鍛造製法という製造方法もありますが、
この方法は私が購入したウェーブタイプには
向かない難しい製法らしいです。

 

【pt950 結婚指輪の刻印】

pt950の指輪の内側に結婚した年月日と
小さなピンクダイヤを入れました。

字体やダイヤモンドの色も選べたので、
二人で話し合って刻印内容を決めるのも
楽しかったです。

指輪をいつも付けているので
刻印をあまり見ることはありませんが、

たまに指輪を外して見ることで結婚した時の
ことを思い出してニヤニヤするのも楽しいです。

 

【pt950 結婚指輪の納期】

ブランドの公式サイトでは、
納期が3週間から1か月ほどと書いています。

実際に、私たちが指輪を買ったときも、
届くまでちょうど3週間ほどかかりました。

受け取りのときには、担当の方からの
メッセージカードや写真を撮るときのための
ポストカードももらえてとても嬉しかったです。

 

【pt950 結婚指輪を実際に着けた感想】

ブランドの販売店で実際に
指輪を付けてみて指輪を決定したので、

なんとなく付けたときの
イメージはできていましたが、

実際に届いて家で自分だけの
指輪をつけたときは感動しました。

私は本当に結婚したんだな
と思ったのはこの時だったと思います。

pt950の指輪を付けた状態で
日常生活を過ごしてみた感想としては、

華美な装飾のない私の指輪は
特に生活の邪魔になることはないです。

いつも指輪を付けない方は最初のうちは
多少違和感があるかもしれませんが、
数日で慣れます。

ただ、重たいものを持ったり、
精密機器を作ったりする仕事をしている
人にとっては少し邪魔かもしれないです。

持っているものに傷がつくことがあるので、
外しておいたほうが無難です。

 

【今現在のpt950結婚指輪の状態】

まだ購入して1年ちょっとしか経っていませんが、
日常生活を送っているうちに少しずつ
小さな傷がついてくすんできています。

購入したお店にもっていけば、
その日のうちに磨いてきれいな状態で
帰ってくるらしいのですが、

この傷が結婚生活とともに増えていっているのが、
結婚生活の証みたいで嬉しくて
持って行ったことはないです。

これからも私たちが死ぬまでずっと傷が
増えていくんだろうなと今から楽しみです。

 

【これから結婚指輪を購入される方へ】

私のように直前になって焦らなくていいように
指輪の購入は余裕をもって
買いに行くことをお勧めします。

ゆっくり色んなブランドを回って
自分たちに合った指輪を決めてください。

もともと購入する予定ではなかったブランドや
個人店で運命的な出会いをするかもしれません。

また、夫婦2人でしっかりと話し合って
結婚指輪を決めたほうがいいと思います。

これからの夫婦生活では、
話し合いをすることがとても大切になってきます。

最初からどちらか片方だけの
意見で決めるようにしていたら、

今後も話し合いをする機会は
どんどん減っていくと思います。

これから仲良く過ごしていくためにも
最初の指輪選びからしっかりと話し合って
二人ともが納得したものを購入してください。

 

沢山の先輩カップルさんの結婚指輪をご紹介しております
こちらからご覧頂けます→私達の結婚指輪をブログで紹介

当店、ジュエリーコウキの口コミ情報は→コチラ

私が作るジュエリーコウキの鍛造の結婚指輪の一覧は→コチラ

=================================

ジュエリーコウキの【鍛造の結婚指輪】に関しては
お気軽に私、池田までお問い合わせをして下さい(^ω^)

こちらの「お問い合わせ」からか、もしくはメールで
j_kouki_ring@yahoo.co.jp 宛てまでお願いいたします。

ネット販売はコチラから→ジュエリーコウキ ヤフーショップ

○電話番号 0258-27-1771 電話は10時~16時まで対応可能
○メールアドレス j_kouki_ring@yahoo.co.jp 24時間OK
〒940-2003 新潟県長岡市渡場町2-7 株式会社ジュエリーコウキ

=================================

鍛造で作る結婚指輪はごく稀で、希少価値のある結婚指輪

世界中の全ての結婚指輪のうち鍛造で作られた結婚指輪は
1%未満と言われるほど鍛造の結婚指輪は少ないんですよ。

その理由は、鍛造の指輪は地金を金槌で叩いて炎で焼いて
じっくりと時間をかけて地金密度を上げていくという製法

熟練された技術や知識を持った職人のみしか作れない技法
鍛造の指輪を作る為の専門工具や機材など設備も必要な為。

伝統工芸と言われる鍛造の指輪は日本の宝だと思いますが
受け継ぐ職人が激減しており鍛造の指輪は衰退しています
だからこそ鍛造技術を受け継いだ私が広めたいと思います。

指輪作りの制作ブログをご覧頂いて鍛造技術に納得をして
私の結婚指輪をご購入して頂けると作り手として幸せです。

=================================

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA