ダイヤ付き 結婚指輪 注意点はサイズ!緩いとダイヤが反対側に回る

鍛造マリッジリング専門店ジュエリーコウキ
新潟県長岡市の工房で職人が手作りをします

手作りと言っている結婚指輪は全国に沢山ありますが
鍛造という技術で作る手作りの結婚指輪は全国各地を
探してもほとんど存在しない希少価値の高い結婚指輪。

鍛造(たんぞう)という日本伝統技法で指輪を作ります
鍛えて造る指輪ですので鍛造リングと言われています。

鍛えて造るという意味から鍛冶で鍛錬をして作ります
鍛冶で鍛錬した指輪は密度が濃くなり頑丈になります。

 

こんにちは(゚Д゚)ノ

ジュエリーコウキ2代目で宝飾職人の池田と申します
職人歴は29年で鍛造を継承している職人の1人です。

鍛造は昔からの技術を受け継いだ宝飾職人しか作れず
全国でも鍛造を継承した宝飾職人は極めて少人数です。

市場全ての結婚指輪の中で、鍛造のオーダーメイドで
作った結婚指輪は僅か1%未満しか存在しないんです。

鍛造オーダーメイドの指輪をブログで発信しています
鍛造の制作工程や鍛造の結婚指輪をご紹介しています。

ジュエリー職人

指輪作りもブログ更新も私がしております(^-^)

先輩カップルさんの結婚指輪にまつわるエピソードを
募集してブログにアップしておりますので結婚指輪に
関する為になる有益な情報を発信をするのが目的です。

先輩カップルさんの実体験を投稿して頂いているので
これから結婚指輪の購入を考えているカップルさんに
参考になるような内容だと思いますのでご覧ください。

※当店で購入されていない方の体験談を募集しました
全国各地のカップルさんの話を聞きたかったからです。

 

東京都A様、女性の方から投稿を頂いたエピソードです

ご投稿を頂いた方のマリッジリングの素材はプラチナで
デザインは細めのシンプルでメレダイヤが入っています。

仕事中でも着けられるように目立ち過ぎないデザインに
して目立ち過ぎないメレダイヤを入れるのが希望でした。

デザイン的には満足だったそうですが問題はサイズです
サイズが少し大きくて緩かったので指輪が回るそうです。

ダイヤが反対側の手の平に回るのが残念だったそうです
ダイヤ付きのリングはサイズ選びが重要なポイントです。

それでは東京都A様のエピソードをご覧ください(^-^)

=================================

 

題名

【ダイヤ付き結婚指輪は サイズがポイント】

 

投稿者 東京都 A様 女性

 

私が結婚したのは2年前、コロナ禍中
だったため結婚式もハネムーンも無しで、

結婚に使うお金はフォトウエディングと
結婚指輪くらいでした。

夫が「好きなものにしたらいいよ」
と言うので悩んだのですが、

結局ごく一般的な大手の
ジュエリーショップで購入することにしました。
そのお店を選んだのは、以下3点の理由からです。

 

【そのジュエリーショップを選んだ理由】

①会社の福利厚生サービスで10%OFFで買えたから

②保証が手厚かったから

③広告が多くないショップを敢えて選定

 

【結婚指輪 割引サービス】

1点目の「会社の福利厚生サービスで
10%OFFで買えた」ですが、会社の福利厚生で、
様々なものが割安で利用できるサービスを利用できました。

結婚のジャンルのところを見てみると、
結婚指輪が安く買えるショップが複数あり、

高価な買い物なのでせっかくなら
割引サービスを使おうと考えました。

女性のなかには、デートや結婚指輪などで
割引クーポンを使うのを嫌がる方もいると聞きます。

しかし、私にとって結婚=生活であり、
結婚すればお財布は一緒なので、

私にとってブランドやロマンチックさよりも
「良いものを安く」が重要でした。

「結婚指輪や結婚式の費用が高いほど離婚率が上がる」
という話もあるので見栄で選ばず、
これは今でもいい選択だったと思っています。

夫もこういう見栄より堅実派な私を見て
「結婚相手にA(私)を選んで良かった」
と言ってくれています。

 

【結婚指輪の保証】

2点目の保証ですが、
購入したジェリーショップは、

クリーニングや修理といった
アフターケアの保証が充実していました。

クリーニングは何回でも無料で、
サイズ変更も無料対応、

修理や紛失による再購入も
割安で対応してくれるとのことでした。

結婚指輪は何年も使うものであり、
私達は結婚指輪は外さずずっと

つけていようと話していたので、
保証が充実しているかは重要なポイントでした。

 

【広告が多くないショップ】

3点目の「広告が多くないショップを敢えて選定」は、
広告が多いショップはその分費用が割高になる、
と考えたためです。

私達は見栄もなくブランド志向もなかったため、
有名なブランドを買いたいという
気持ちはありませんでした。

広告費をかけていれば
その分販売価格が上がるのは当然こと。

実際、2~3社の
有名ジュエリーショップの価格帯を見ていると、
やはり似たようなデザインでも1~3割程度割高でした。

上述のとおり、私達が大切にしていたのは
「良いものを安く」なので、
いわゆる有名高級ブランドは避けることにしました。

お店に入ってから指輪を決めるまでは、
ものの30分程度だったかと思います。

私達が入店したときにいたお客さんは、
私達が退店するときもまだずっとショーケースを見ていました。

たぶん、はたから見たらまさか結婚指輪を
買いに来たとは思えないスピード感だったと思います。

私が購入したのは、
斜めにダイヤモンドの入った細見のデザインの指輪です。
購入の決め手は、以下の3点でした。

 

【マリッジリング購入の決め手】

①エンゲージリングを買わないので、
マリッジリングはダイヤ付きがいい

②仕事中でもつけていられるよう、
主張が強すぎないデザインがいい

③セットの夫の指輪のデザインがGOOD

マリッジリング 細い プラチナ

【マリッジリングはダイヤ付きがいい】

まず1点目、エンゲージリングを
買うかどうかで当初悩んだのですが、

エンゲージリングは日頃使うシーンが少ないことと、
そもそも婚約(エンゲージ)はしていないからと考え、
購入を取りやめました。

どちらかというと今買ってもらうより、
宝石がより似合う年齢になった頃(20~30年後など)、

プロポーズアゲインとして
買ってもらいたいなと考えたのです。

夫にはその旨伝え、いつか
買ってもらえることを楽しみにしています。

 

【主張が強すぎないデザインがいい】

2点目の「仕事中でもつけていられるよう、
主張が強すぎないデザインがいい」についてですが、
私は当時アパレル商社で営業として働いていました。

ダイヤは欲しいけどあまりに主張が強すぎるのは
仕事で使うものとしては良くないと思ったのです。

実際、わたしの1年前くらいに
結婚した一般職の女性が、

エタニティ(半周ぐるりとびっしり
ダイヤがついているデザイン)の

マリッジリングをつけていましたが、
職場の照明で反射してかなり目立っていました。

一般職であればオフィス内だけなので
問題ないと思うのですが、

営業の特に商談の場面では資料を指さして見せたりなど、
お客さん・同僚から手元に目線が来ることもあります。

お客さんや会社の事務職も、年上で未婚の方が多く、
その方々に変に主張の強い指輪をつけて、
嫌な目で見られたくないという気持ちもありました。

そのため、ダイヤはついているけど、
あくまで主張の少ないもの、
というバランス感覚を重視して選びました。

 

【夫の指輪とセットのデザイン】

3点目の「セットの夫の指輪のデザイン」について、
これは結婚指輪=ペアで買うものなので、

わたしのデザインが良いだけではなく、
夫のデザインが良いかも重要なポイントでした。

実は、指輪の購入の最後の決め手は、
この夫の指輪のデザインでした。

男性物で理想としていたのは、
ただのドシンプルではなく、

斜めにウェーブのラインが入っている感じの
「少しだけ」お洒落なデザインです。

しかし女性の指輪は、
割とどれも良かったのですが、

男性物は「なんだかしっくりこないなぁ・・・」
というものが多かったのです。

唯一、「これいいじゃん!」と
お互い口をそろえていったのが、選んだ指輪です。

 

夫の指輪のデザインがお互いそれがよかったので、
そのペアである私の指輪も自然と決まった、
というのが流れです。

結婚して2年経ちますが、
特に夫の指輪については今見ても
「やっぱこれにして良かったな」と感じます。

このように、結婚指輪は納得して購入しました。
おそらく今選びなおしても、
結果これを選んだのではないかな、と思います。

しかし強いて残念だったポイントを挙げるなら、
費用と使い心地・サイズが少しだけ
残念だったかなと思います。

費用は割と安めのジュエリーショップを選んだとはいえ、
その中でも高めの指輪を選んでしまったので、
少し高くつきました。

 

【マリッジリング購入費用】

私 :15万円
夫 :12万円
(ここから福利厚生サービスを利用し-10%OFF)
計 約25万円

元々の予算が、私のが12万円前後、
夫のは10万円前後で考えていたので、
2割ほど高くついてしまいました。

しかし、コロナ禍で結婚式もせず
ハネムーンも行きませんでしたので、

結婚指輪でお金をケチらず納得のいく
デザインを買えて良かったと思っています。

 

使い心地・サイズについては、
ちゃんと購入時に指輪サイズを
測ってもらって買ったのですが、

実際完成品をつけてみると、
二人とも少し大きかったのです。

外れはしないのですが、私のも夫のも
表側にデザインのついているタイプ、

(前・後ろがあるデザイン)だったのに、
サイズがゆるいので指輪が回ってしまうのが残念でした。

家事や仕事などをしてふと指輪をみると、
ダイヤの部分が裏側(手のひら側)に回ってしまっており、
ただの無地のプラチナの指輪になってしまうのです。

せっかくダイヤ付を買ったのに、
これだと意味が半減ですよね。

手のひら側にダイヤがある状態で
ものを持ったりすると、ダイヤの部分があたり、
いつか外れてしまうのでは、と思いそれも心配でした。

ジュエリーショップに相談したら、
どうしても回ってしまう、ということで、

悩んだのですが今更指輪を買いなおすわけにもいかず、
サイズ変更無料で対応してくれるところだったので、
指輪のサイズを1つ下げてみることにしました。

どうやら、実際の指輪は内側を研磨するので、
実際のサイズより少し大きく仕上がるそうです。

どおりで完成品がちょっとゆるかったのか、
とわかりました。

【サイズ変更】

私 :11号 ⇒ 10号
夫 :17号 ⇒ 16号

サイズ変更は1か月程度所要し、丁度購入から
1年くらい経ってましたのでクリーニング(無料)
も一緒にやってもらいました。

サイズを下げたことで、
外すのはかなりきついてですが、
今以前より回るのが減りました。

わたしは24時間365日
指輪を外さないのでこれでいいですが、

「自宅では指輪を外す」という方は
これだときつすぎて脱着しづらいと思います。

また、サイズ変更有料のショップで買う方は、
実際の仕上がりがリングサイズゲージで

測ったサイズ通りに上がるのか、
注意して確認した方がいいと思います。

 

最後に、マリッジリングは
数十年にわたり使い続けるものです。

購入時に納得していても、
10年後・30年後には状態が悪くなっていたり、

デザインが自分に合わなくなっていたりするかもしれない、
ということは心に留めておくといいと思います。

なので保証は大事にした方がいいと感じますし、
わたしはエンゲージリングの購入をやめて、

「20~30年後にプロポーズアゲインで、
でっかいダイヤの指輪買ってね」と言ってありますが、

そんな風に今の指輪に+αで未来の楽しみを
取っておくのもいいのではないかなと思います。

 

沢山の先輩カップルさんの結婚指輪をご紹介しております
こちらからご覧頂けます→私達の結婚指輪をブログで紹介

私が作るジュエリーコウキの鍛造の結婚指輪の一覧は→コチラ

=================================

どうやって結婚指輪を選んでいったのかをエピソードで
詳しく教えて頂きましてありがとうございましたm(__)m

ダイヤ付きデザインの結婚指輪はサイズがポイントです
投稿者様のようにサイズが大きくて緩いと必ず回ります。

ダイヤ付きのデザインと言えばほぼほぼリングトップの
センターにダイヤが入ったデザインが圧倒的に多いです。

ダイヤのサイズにもよりますがダイヤが1箇所に集中を
して入ることでリング全周の重さが必ず変わってしまい
全体の重さのバランスが一定で無くなるので回るんです。

ダイヤを指の表に合わせても気が付いたらダイヤが手の
裏側(手の平側)に回っていることはよくある話しです。

そこでサイズを選ぶポイントですが少しきつめのサイズ
を選ぶとリングが回りにくくなるのでお勧めになります。

1号単位でサイズを計る店が圧倒的に多いのが現状です
しかし当店のようにサイズを細かく指定できる店も必ず
ありますので自分の指にピッタリサイズを選びましょう!

ジュエリーコウキ 2代目、池田潤

=================================

お気軽に私、池田までお問い合わせをしてください(^ω^)

こちらの「お問い合わせ」からか、もしくはメールで
j_kouki_ring@yahoo.co.jp 宛てまでお願いいたします。

ネット販売はコチラから→ジュエリーコウキ ヤフーショップ

○電話番号 0258-27-1771 電話は10時~16時まで対応可能
○メールアドレス j_kouki_ring@yahoo.co.jp 24時間OK
〒940-2003 新潟県長岡市渡場町2-7 株式会社ジュエリーコウキ

=================================

鍛造で作る結婚指輪はごく稀で、希少価値のある結婚指輪
世界中の全ての結婚指輪のうち鍛造で作られた結婚指輪は
1%未満と言われるほど鍛造の結婚指輪は少ないんですよ。

その理由は、鍛造の指輪は地金を金槌で叩いて炎で焼いて
じっくりと時間をかけて地金密度を上げていくという製法

熟練された技術や知識を持った職人のみしか作れない技法
鍛造の指輪を作る為の専門工具や機材など設備も必要な為。

伝統工芸と言われる鍛造の指輪は日本の宝だと思いますが
受け継ぐ職人が激減しており鍛造の指輪は衰退しています
だからこそ鍛造技術を受け継いだ私が広めたいと思います。

指輪作りの制作ブログをご覧頂いて鍛造技術に納得をして
私の結婚指輪をご購入して頂けると作り手として幸せです。

=================================

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA