マリッジリングに主張しないメレダイヤ!さりげなく光るのが魅力!

鍛造マリッジリング専門店ジュエリーコウキ
新潟県長岡市の工房で職人が手作りをします

手作りと言っている結婚指輪は全国に沢山ありますが
鍛造という技術で作る手作りの結婚指輪は全国各地を
探してもほとんど存在しない希少価値の高い結婚指輪。

鍛造(たんぞう)という日本伝統技法で指輪を作ります
鍛えて造る指輪ですので鍛造リングと言われています。

鍛えて造るという意味から鍛冶で鍛錬をして作ります
鍛冶で鍛錬した指輪は密度が濃くなり頑丈になります。

 

こんにちは(゚Д゚)ノ

ジュエリーコウキ2代目で宝飾職人の池田と申します
職人歴は29年で鍛造を継承している職人の1人です。

鍛造は昔からの技術を受け継いだ宝飾職人しか作れず
全国でも鍛造を継承した宝飾職人は極めて少人数です。

市場全ての結婚指輪の中で、鍛造のオーダーメイドで
作った結婚指輪は僅か1%未満しか存在しないんです。

鍛造オーダーメイドの指輪をブログで発信しています
鍛造の制作工程や鍛造の結婚指輪をご紹介しています。

ジュエリー職人

指輪作りもブログ更新も私がしております(^-^)

先輩カップルさんの結婚指輪にまつわるエピソードを
募集してブログにアップしておりますので結婚指輪に
関する為になる有益な情報を発信をするのが目的です。

先輩カップルさんの実体験を投稿して頂いているので
これから結婚指輪の購入を考えているカップルさんに
参考になるような内容だと思いますのでご覧ください。

※当店で購入されていない方の体験談を募集しました
全国各地のカップルさんの話を聞きたかったからです。

 

大阪府M様、女性の方から投稿を頂いたエピソードです

ご投稿を頂いた方のマリッジリングの素材はプラチナで
デザインはウェーブをしていてメレダイヤが付いてます。

メレダイヤとは小さなダイヤモンドのことを言いますが
さりげない小さなダイヤの輝きが綺麗で魅力だそうです。

それでは大阪府M様のエピソードをご覧ください(^-^)

=================================

 

題名

【メレダイヤが綺麗なマリッジリング】

 

投稿者 大阪府 M様 女性

 

私と主人がマリッジリングを
探し始めたのは結婚の4ヶ月ほど前でした。

かなり遅い方かもしれませんが
これには理由があり、主人はバツイチだったことと、

付き合って一年ほどで結婚を
する事になるというスピード婚だった為、
あまり時間がなかったのもあります。

既に同棲はしておりましたが、結婚してから
色々とお金が必要になるであろうことを

考えるとあまりマリッジリングに
お金をかけたくなかったのですが、

やはりマリッジリングがないのは寂しいなという事で、
けっこうギリギリの時期に買う事を決めました。

まずどのお店で買おうかという話になりましたが、
先にも書いたなるべくお金は
かけたくないという理由から、

自然とハイブランドの
高いジュエリーは候補から外れました。

ブランドだと個性がきつい気もしたので、
長くつけていられる飽きのこないものが
良いと思ったのもあります。

 

【インターネットでマリッジリングを検索】

インターネットで「マリッジリング」と
検索して色々調べていると、
ハイブランドではないですが

人気のマリッジリングのお店で
上位に出てきたショップがあったので、
まずはそこを見に行ってみる事にしました。

お店は路面店で、予約式でしたし
しっかり時間をとって販売員の方に
相談に乗っていただく事ができました。

そこはしっかりとしたマリッジリングと
エンゲージリングの専門店でしたが、

さすが専門のお店だけあってダイヤモンド
などの質にこだわっているという事でした。

プラチナやゴールドの質も良さそうでしたので、
ここがいいかなと思い始めました。
マリッジリングはシンプルで良いと思っていましたし。

 

マリッジリングにメレダイヤ

あまりゴテゴていない方が日常つけやすくて
良いだろうと思っていたのですが、

何も石がついていないのもあまりにも
寂しいなと感じたので、私のマリッジリングは
小さいメレダイヤが入ったものにしました。

主張しませんがキラキラとさりげなく
光るところが素敵で気に入っています。

また、エンゲージリングと重ね付けで
ぴったりとハマってくれる形にしたのですが、
重ね付けをするととてもオシャレで気に入っています。

他にリングを持っておらず、
おそらく今後も買うことはないと思ったので、

エンゲージリングとマリッジリングだけで
オシャレにドレスアップできるのが嬉しいです。

マリッジリング V プラチナ

【マリッジリングの予算】

予算は6万程と考えていました。
これは低い方だと思うのですが、

やはりあまりお金を使いたくなかったのと、
エンゲージリングも買いますしそこそこの値段は
するので、できるだけ安く抑えたかったのです。

ですが、結果選んだマリッジリングは80000円ほどでした。

少し予算はオーバーしましたが、
一番デザインが気に入ったのがそれだったので、

主人もそれにしなよと背中を押してくれました。
ここは妥協しなくてよかったのかなと思います。

 

【ダイヤは有り派、無し派】

マリッジリングにダイヤは有り派か
無し派かで別れると思いますが、

個人的には女性にはメレダイヤが入ったもので、
男性には無しのものがいいと思います。

やはり少しでも女性のリングは
華やかさがある方が嬉しいですから。

かといって、ある程度の大きさがある
ダイヤが付いたものを選ぶと、
どうしても取り扱いに気を使うと思います。

そうするとお出かけの時や特別な
時にしかつけなくなってしまったり、

もしくはお出かけの時でさえ傷ついたりするのが
怖くて軽々しくつけられなくなってしまうかと思いますが、

せっかくのマリッジリングが
それでは少し悲しいと思うのです。

私は指輪をもらったら、その時から
ずっとマリッジリングをつけていたかったですし、

そうする事で結婚する幸せを噛み締めたかったので、
日常つけやすいメレダイヤというのは
すごく良かったです。正解でした。

 

【マリッジリングのサイズ選び】

サイズなのですが、私の買ったお店のリングは
2回までお直しができるという事でした。

普段リングをつけませんし、きついとしんどい気がして
普通につけられる感じのサイズにしてしまったのですが、

なんと出来上がってきてつけたところゆるゆるで
早速サイズ直しをする羽目になってしまいました。

このおかげで、もしかしたら結婚式に
間に合わないかも?という危機になりましたし、

既に一度お直しをしたのでもうあと一回しか
お直しができないようになってしまいました。

ですから、少しキツイかな?くらいで
合わせてもよかったかな?と思います。

結婚して子供を産んだりすると
太ってしまう女性は多いですが、

おそらくほとんどの女性が結婚当初より
その後の方が太る傾向にあると思うのですが、
それでも指って加齢と共に痩せていくと思うんです。

加齢だけでなく、水仕事をしたりする事で指が
乾燥していってシワシワになっていく事が多いですし、

指はのちのち細くなる!
と思っておいた方が賢明な気もします。

 

【マリッジリングの刻印】

マリッジリングに刻印は入れてもらいました。
私の場合は2人の名前です。○○ to ○○という感じです。

その他には、結婚する日を入れるとか、
婚約した日を入れるとか、

LOVE Forever のように
メッセージを入れる事もできたのですが、

結婚式の日がまだハッキリと決まっていなかったので
日にちを入れる事はできませんでした。

あと、メッセージもどうも2人の今の気持ちに
しっくり来るものがなくて名前を入れる事にしました。

刻印を入れないという選択もありましたが、
やっぱり入れてよかったです。

せっかくの2人だけのマリッジリングなので、
世界に一つだけの特別なものなので、
もっと特別感を出したかったのです。

周りの友達の意見を聞いても
刻印は入れている人がほとんどです。

 

【マリッジリングはプラチナ】

マリッジリングの素材はプラチナです。

プラチナがおそらく最もスタンダードなのかな?
と思うくらい種類が多かったです。

本当は個人的にはゴールドが一番好きなのですが、
マリッジリングにはゴールドは選びませんでした。

その理由は、プラチナの方が
上品かなという気がしたからです。

なんかマリッジリングでゴールドは、
成金ぽいというか少し品がない感じがしちゃいました。

あと、私は色白なので色々な指輪をはめたときに、
主人も販売員さんもプラチナが一番似合う!と
言ってくれたので、プラチナに決定でした。

 

【マリッジリングの磨きサービス】

買ったショップですごく満足しているサービスが、
いつでもショップに行けば無料で
リングを磨いてくれるサービスです。

自分で磨くという几帳面なことは
とても私にはできないのでありがたいです。
ですので、家では一切メンテナンスをしていません。

本当は何かした方が良いのかもしれませんが、
知識があまりないままクリームや薬剤を使ってしまうと、

逆に傷んでしまうのではないか
という恐怖でとてもできません。

おそらくマリッジリングを磨いてくれるサービスは
多くのショップでやっていると思うのですが、

家から遠いショップや滅多に行かない
地域にあると結局行くことがなく、

せっかくのサービスも使えないので、ある程度は近くに
あるショップの方があとあとを考えると良いと思います。

 

【マリッジリングを9年着けてみて】

さて、マリッジリングを始めてつけた感想ですが、
(正確には一度サイズ直ししているので
始めてではないのですが)つけ心地もよく大満足でした。

ですが、ずっとつけておりましたので、
そのまま水仕事や仕事なんかもしていましたから、

そうするとやはり小さい傷は
たくさん付いてしまってます。

ですが、こだわったメレダイヤのおかげで
貧相なイメージになることもなく
素敵だと自分では思っております。

やはりシンプルながらも少しスパイスが
聞いたデザインにしてよかったです。

サイズなのですが、やはりこの指輪を合わせた
9年前に比べると更に指が痩せてしまい、
たまに自然に外れて落ちてしまうようになりました。

ですので、無くすのが怖くて
現在は日常はつけておらず、
特別な時だけつけるようにしています。

せっかく常時つけていたいと
思っていたのに残念なのですが、

今またサイズ直しをしても更にサイズが
変わる可能性を考えるとお直しできません。

ですが主人と2人で一生懸命考えて、
そして主人が私のために買ってくれた

この世界に一つのマリッジリングは
いつまでも私の一番のジュエリーで、
これ以外のリングは未だ欲しいとは思いませんね。

お出かけの時は必ずつけますし、
その度に結婚する前のことや

結婚するにあたって考えた色々な事を思い出して、
初心に帰って頑張らなきゃなという気持ちになります。

マリッジリングを選ぶ時はまだ
入籍する前である事が多いと思うのですが、

パートナーとたくさん話し合って
色々考えながらマリッジリングを購入する事は、
とても素敵な思い出作りになると思います。

お互いを思いやりながら素敵な
マリッジリングを選んでほしいと思います。

そしてただブランドだからとか
高いからとかいう理由だけでなく、

このリングをこんな風に付けたいな、
というイメージを持って選ぶのがおすすめです。

 

沢山の先輩カップルさんの結婚指輪をご紹介しております
こちらからご覧頂けます→私達の結婚指輪をブログで紹介

私が作るジュエリーコウキの鍛造の結婚指輪の一覧は→コチラ

=================================

どうやって結婚指輪を選んでいったのかをエピソードで
詳しく教えて頂きましてありがとうございましたm(__)m

シンプルでもワンポイントにメレダイヤは素敵ですよね
大きいダイヤも素敵ですが小さいメレダイヤもキラキラ
光りますので大きいダイヤとは別の魅力を感じますよね。

マリッジリングにダイヤを入れる派、入れない派という
お話しをよく耳にしますがこれは好みで良いと思います。

シンプルさを追及すればダイヤは必要ないと思いますし
派手にならない程度の小さいメレダイヤが良いという方、
目立つように大きめのダイヤが良いという方それぞれで、

ずっと長く身に着ける結婚指輪になるので自分に正直に
自分の好みでリングを選んだ方が後悔しないと思います。

ジュエリーコウキ 2代目、池田潤

=================================

お気軽に私、池田までお問い合わせをしてください(^ω^)

こちらの「お問い合わせ」からか、もしくはメールで
j_kouki_ring@yahoo.co.jp 宛てまでお願いいたします。

ネット販売はコチラから→ジュエリーコウキ ヤフーショップ

○電話番号 0258-27-1771 電話は10時~16時まで対応可能
○メールアドレス j_kouki_ring@yahoo.co.jp 24時間OK
〒940-2003 新潟県長岡市渡場町2-7 株式会社ジュエリーコウキ

=================================

鍛造で作る結婚指輪はごく稀で、希少価値のある結婚指輪
世界中の全ての結婚指輪のうち鍛造で作られた結婚指輪は
1%未満と言われるほど鍛造の結婚指輪は少ないんですよ。

その理由は、鍛造の指輪は地金を金槌で叩いて炎で焼いて
じっくりと時間をかけて地金密度を上げていくという製法

熟練された技術や知識を持った職人のみしか作れない技法
鍛造の指輪を作る為の専門工具や機材など設備も必要な為。

伝統工芸と言われる鍛造の指輪は日本の宝だと思いますが
受け継ぐ職人が激減しており鍛造の指輪は衰退しています
だからこそ鍛造技術を受け継いだ私が広めたいと思います。

指輪作りの制作ブログをご覧頂いて鍛造技術に納得をして
私の結婚指輪をご購入して頂けると作り手として幸せです。

=================================

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA