私のマリッジリングはシルバー?プラチナとの違いは?後悔しないように!

鍛造マリッジリング専門店ジュエリーコウキ
新潟県長岡市の工房で職人が手作りをします

手作りと言っている結婚指輪は全国に沢山ありますが
鍛造という技術で作る手作りの結婚指輪は全国各地を
探してもほとんど存在しない希少価値の高い結婚指輪。

鍛造(たんぞう)という日本伝統技法で指輪を作ります
鍛えて造る指輪ですので鍛造リングと言われています。

一般的に手作りの指輪といえばロウから指輪の原型に
なる型を作って溶かした地金を型に流して作る製法や
セミオーダーのようにデザインを選ぶものが主流です。

しかしジュエリーコウキ2代目の私がする製法は鍛造
鍛えて造るという意味から鍛冶で鍛錬をして作ります
鍛冶で鍛錬した指輪は密度が濃くなり頑丈になります。

 

こんにちは(゚Д゚)ノ

ジュエリーコウキ2代目で宝飾職人の池田と申します
職人歴は29年で鍛造を継承している職人の1人です。

鍛造は昔からの技術を受け継いだ宝飾職人しか作れず
全国でも鍛造を継承した宝飾職人は極めて少人数です。

市場全ての結婚指輪の中で、鍛造のオーダーメイドで
作った結婚指輪は僅か1%未満しか存在しないんです。

鍛造オーダーメイドの指輪をブログで発信しています
鍛造の制作工程や鍛造の結婚指輪をご紹介しています。

ジュエリー職人

指輪作りもブログ更新も私がしております(^-^)

結婚指輪の専門店という事で結婚指輪に関する記事を
書いていますしお客様の体験談もご紹介しております。

先輩カップルさんの結婚指輪にまつわるエピソードを
募集してブログにアップしておりますので結婚指輪に
関する為になる有益な情報を発信をするのが目的です。

先輩カップルさんの実体験を投稿して頂いているので
これから結婚指輪の購入を考えているカップルさんに
参考になるような内容だと思いますのでご覧ください。

※当店で購入されていない方の体験談を募集しました
全国各地のカップルさんの話を聞きたかったからです。

 


新潟県R様、女性の方から投稿を頂いたエピソードです

ご投稿を頂いた方のマリッジリングの素材はシルバーで
毎日ハメられるようにシンプルなリングにしたそうです。

ここで注意するポイント!以外とシルバーとプラチナの
素材の違いが分かっていない方がとても多いんですよね。

シルバーもプラチナも同じシルバー色ですが素材自体が
全くの別物ですし地金性質が違いますし値段も違います。

似たようなシルバー色でもよく見ると色が全然違います
シルバーは白いシルバーが特徴で変色をしてしまいます。

プラチナは濃いシルバーが特徴で変色の心配は無いです
※不純物が入っていたり純度が低いと変色を起こします
記事の最後でシルバーとプラチナの違いを説明致します。

それでは新潟県R様のエピソードをご覧ください(^-^)

=================================

 

題名

【ブランドのシルバー製マリッジリング】

 

投稿者 新潟県 R様 女性

 

私がマリッジリングを決めた流れについてご説明します
まず、彼と二人でジュエリーショップに行きました。

ここで大事なのが【場所】です。
なんとなく、普段よくデートする場所や、

近場のジュエリーショップに行こうと思っている方は、
もう一度検討してみて下さい。

私たちは銀座に行きました。
ブランドショップ街と言えば、東京なら銀座です。

色々な種類のジュエリーショップが
あるからということはもちろんですが、

すでにお目当てのブランドが
決まっている方にも銀座は有益です。

なぜなら、同じブランドショップでも、
仕入れられる指輪の種類が違うからです。

次に、ジュエリーショップですが、
【複数軒】行かれることをオススメします。

私たちは5軒回りました。なぜなら、
アクセサリーの知識に長けている方は別ですが、

婚約指輪や結婚指輪の購入は
初めて検討される方が多いと思います。

初めてだけれども、多分今後、
購入することのない大切な買い物です。

また、この買い物にはあまり時間がない場合が多いです。
(結納や結婚式等で使用する可能性があるため)

 

【マリッジリングの知識が必要】

そんな時有効なのが、直接お店を回ることなのです。
婚約指輪や結婚指輪は奥が深く、知識が必要です。

「リングの色」「リングの形」「石の有無」「石の質」
「お揃いにするかしないか」「アフターケアの頻度」

また、長い期間身につけることになるので、
一般のアクセサリーのようにインスピレーション
だけで決めてしまうのは危険です。

今思い浮かべるだけでもこれだけありますが、
私はこの知識をスタッフさんから教えて頂きました。

ブランド力の小さいジュエリーショップの
スタッフさんは自店で購入してもらうために、
一人一人の顧客にかなり丁寧に説明をしてくれます。

ブランド力が小さい分、扱っている指輪の質、
特に石の質が良いので、実際にマリッジリングを
たくさん見せてもらうことも勉強になるでしょう。

 

【マリッジリングのサイズ直し】

余談ですが、指輪はサイズを直すことが
できるということをご存知でしょうか。

お店によって異なるかもしれませんが、
私が聞いたお店では、指輪のサイズを下げるのは無料で、
サイズを上げるのは手間がかかるらしく有料だそうです。

その話を聞くまで、あまり関心のなさそうだった彼が、
「えっ、じゃあ指輪のサイズを決めてしまったら」

「安易に太れませんね」とスタッフさんに感想を
述べており、恥ずかしい思いをしたこと覚えています。

私の場合、複数軒で話を聞き終わったのち、
どのお店にするか決定しました。
私は、結局ブランド力でお店を決めました。

マリッジリングは一生身につけるものだし、
結局「どこの指輪にしたの?」と

聞かれることが多いだろうなと思ったので、
無難なブランドにしました。

 

【マリッジリングのアフターケア】

また、アフターケアがあるのも決め手です。

全国にショップがあり、どのショップでも
アフターケアをしてくれるのはありがたいです。
他のお店のスタッフさんにもとても感謝しています。

人生の中で、あんなにダイヤに
触れる機会はもうないと思います。

私たちでは一生手が出ない憧れの
ブラントショップにも行きました。
それ自体が良い思い出です。

【事前に話し合う事が大切】

ここまでに見ると、彼の意見を
全く聞いていないように見えますが、
その都度きちんと彼にも意思を確認しました(笑)

結婚指輪は婚約指輪と違い、ほとんどの
カップルが男性も購入すると思いますので、
遺恨が残らないように必ず男性側の意見も聞くべきです。

私たちの場合は、彼の方にアクセサリーへの関心が
あまりなかった為、すんなりお店まで決まりましたが、

男性側のこだわりが強い場合、
話し合いは難航するでしょう。

その場合でも後悔しないように、
必ず自分の意見は正直に述べた方が良いです。

 

【マリッジリングの予算】

男性側と衝突する主な原因は
金額であることが多いでしょう。

お店に行く前から事前に
話し合っておくことも難しい問題、
言いにくい問題だと思うので、

まず、実際ジュエリーショップで
指輪を見せてもらう際に、

世の中で一般的とされている額の指輪に対する
感想を自分から述べてみましょう。

例えば、平均的な額の指輪に対し
「やっぱり結構高いんだね・・・」とコメントし、
そのコメントへの反応を伺うという方法があります。

彼の方が、「うん、高いね・・・」と言うか、
「そうかな、思った程じゃなくて安心したよ」
と言うかで随分違います。

平均的な額のマリッジリングに対して、
上記のようなコメントをすることによって、

万一彼の懐事情が厳しかったとしても、
プライドが保たれるように様子を伺うことが重要です。

折角マリッジリングを決定しても会計の前に
揉めてしまうという最悪の事態を避ける為にも、
早めに様子を伺うと良いでしょう。

話がそれましたが、私たちはお店を決めたのち、
先ほど上がった「リングの色」「リングの形」「石の有無」
「お揃いにするかしないか」等を決めていきました。

まず、リングの色をシルバー、
形はカーブのない至ってシンプルなものにしました。
シンプルなものは全てお揃いだったので次の問題も解決。

 

【石有りにするか石無しにするか】

マリッジリングで最後に1番迷ったのは、
石有りにするか石無しにするかです。

石が付いているものは素敵でしたが、
家事をする際に傷つきやすいという前評判を聞いていました。

また、私の場合婚約指輪も頂いており、
そちらにダイヤがついているので、
結婚指輪にはいらないかなと迷っていました。

彼に意見を聞いても、
「うーんどっちも良いからなぁ」と参考にならず(笑)

また、中々結論が出ず、
こんなにどちらも捨てがたいのだから、

最後は値段で決めようと思ったところ、
なんと同額だったのです。

結局その場で決めることができず、
その日は終了しました。
この時点、丸一日費やしました。

それからというもの、周りの既婚者に
マリッジリングの石有りと石無しのアンケートを取り、
どちらが良いか意見を聞きました。

もちろんですが、誰も自身の
マリッジリングに後悔していなかったので、
結局決まりませんでした。

決定していない状態で再度ジュエリーショップに赴き、
もう一度現物をみて判断しようと思いました。

二つを見比べ、私は次のことを考えました。

「私が60歳になった時どちらを
身につけていたいだろうか」答えは石無しになりました。

よって、私が選んだマリッジリングは、
シンプルなシルバーです。
価格も15万程で、高くも安くもないと思います。

【マリッジリングはシンプルでシルバー】

マリッジリング シルバー

特段何の変哲もないマリッジリングですが、
私たちは(夫は特に口出しすることなく
全権は私にありましたが笑)
内側に二人の記念日と名前を掘りました。

見た目はどこにでもあるようなマリッジリングであり、
誰のか見分けがつきませんが、内側に自分のもの
という印があるところを気に入っています!

マリッジリングは、注文してから、
1ヶ月程で出来上がりました。

コロナ禍ということもあり、
普段より時間がかかるとのことでしたが、

私たちはお互いの両親の顔合わせを控えていたので、
間に合うかドキドキでした。

あんなハラハラを味あわない為にも、
結納もしくは両親顔合わせ、入籍日、結婚式等、

必要な場面といつまでにマリッジリングが
必要なのかしっかり確認した方が良いと思います。

私たちは、マリッジリングの入った袋を持って、
お店の前で記念撮影し、帰りにお気に入りの
レストランで食事をしたことを今でも覚えています。

両親の顔合わせで指輪のお披露目は行いましが、
私たちは、マリッジリングをその8ヶ月後の
結婚式で初めて身につけました。

自分がマリッジリングをはめ、
相手もはめているのをみて、

夫婦になったんだと、婚姻届を出した時より、
実感できました。

 

【結婚して3年のマリッジリング】

現在結婚3年目で、
当時ピカピカだったマリッジリングも、

今では傷も目立つようになりました。
私はこのマリッジリングにして良かったです。

普段からマリッジリングを身につけていて
重要に思うのは、ハメ心地です。

結婚し、家庭に入り、家事を今まで
以上にしなければいけなくなって、

身につけていることで
ハメ心地が悪く気になってしまうようでは、

いくら見た目が良かったとしても
外さなければなりませんし、面倒です。

そして、マリッジリングと共に過ごし、
段々傷がついていくのもまた趣があって
良いかなと感じる今日この頃です。

また、夫婦で買い物に出かけた際や、
旅行に行った際、ところどころで、

私たちのマリッジリングの
ジュエリーショップを見かけます。

時間が許す時、私たちはアフターケアを
してもらう為お店に入ります。

そして、綺麗に磨かれたマリッジリングを
再度身につけると結婚当初を思い出し、
嬉しい気持ちになるのです。

マリッジリングだけでなく、
夫婦の記念日を繰り返し、節目の時にはまた、
指輪を購入することができたら良いなと思っています。

 

沢山の先輩カップルさんの結婚指輪をご紹介しております
こちらからご覧頂けます→私達の結婚指輪をブログで紹介

私が作るジュエリーコウキの鍛造の結婚指輪の一覧は→コチラ

=================================

どうやって結婚指輪を選んでいったのかをエピソードで
詳しく教えて頂きましてありがとうございましたm(__)m

マリッジリングがシルバー色ということでしたが画像を
見るとシルバー製ではなくて、プラチナ製っぽいですね。

記事の冒頭にもお伝えいたしましたが、シルバー製品と
プラチナ製品の区別が分からない方が意外と多いんです。

ここで素材の違いをご説明をするとめちゃめちゃ長文に
なってしまいますのでネットで検索をしてみると詳しく
違いが分かります(違いというか完全に別の素材です)

一般の方では見た目のシルバー色だけでシルバー製品か
プラチナ製品か区別をするのが難しいと思いますが指輪
の内側にある刻印を見れば一発で素材が分かります(^-^)

シルバー製品ならばSILVERやsvなどの刻印になりますし
プラチナ製品ならばpt900,pt999,pt1000などptなんです。

シルバーとプラチナではプラチナのほうが圧倒的に価値
があるのでマリッジリングやジュエリーに使われていて
シルバーはシルバーアクセサリーをメインに使われます。

1番切ないのがプラチナ製品だと思っていたらシルバー
製品だったなんてこともある可能性もありますので購入
する時はスタッフに詳しく素材は何かを聞くと良いです。

有名ブランドにもなるとシルバー製品でもブランド力で
価格が高いということも珍しくありませんのでご自身で
シルバーやプラチナの知識を勉強するのも安心できます。

ちなみに当店ジュエリーコウキはシルバーは作りません
鍛造という日本伝統技法でお作りしますのでプラチナか
ゴールドしか取り扱っておりませんのでお願い致します。

ジュエリーコウキ 2代目、池田潤

=================================

お気軽に私、池田までお問い合わせをしてください(^ω^)

こちらの「お問い合わせ」からか、もしくはメールで
j_kouki_ring@yahoo.co.jp 宛てまでお願いいたします。

ネット販売はコチラから→ジュエリーコウキ ヤフーショップ

○電話番号 0258-27-1771 電話は10時~16時まで対応可能
○メールアドレス j_kouki_ring@yahoo.co.jp 24時間OK
〒940-2003 新潟県長岡市渡場町2-7 株式会社ジュエリーコウキ

=================================

鍛造で作る結婚指輪はごく稀で、希少価値のある結婚指輪
世界中の全ての結婚指輪のうち鍛造で作られた結婚指輪は
1%未満と言われるほど鍛造の結婚指輪は少ないんですよ。

その理由は、鍛造の指輪は地金を金槌で叩いて炎で焼いて
じっくりと時間をかけて地金密度を上げていくという製法
熟練された技術や知識を持った職人のみしか作れない技法
鍛造の指輪を作る為の専門工具や機材など設備も必要な為。

伝統工芸と言われる鍛造の指輪は日本の宝だと思いますが
受け継ぐ職人が激減しており鍛造の指輪は衰退しています
だからこそ鍛造技術を受け継いだ私が広めたいと思います。

指輪作りの制作ブログをご覧頂いて鍛造技術に納得をして
私の結婚指輪をご購入して頂けると作り手として幸せです。

=================================

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA