ウェーブのマリッジリング メリット→小さい短い指も長細く見える

鍛造マリッジリング専門店ジュエリーコウキ
新潟県長岡市の工房で職人が手作りをします

手作りと言っている結婚指輪は全国に沢山ありますが
鍛造という技術で作る手作りの結婚指輪は全国各地を
探してもほとんど存在しない希少価値の高い結婚指輪。

鍛造(たんぞう)という日本伝統技法で指輪を作ります
鍛えて造る指輪ですので鍛造リングと言われています。

一般的に手作りの指輪といえばロウから指輪の原型に
なる型を作って溶かした地金を型に流して作る製法や
セミオーダーのようにデザインを選ぶものが主流です。

しかしジュエリーコウキ2代目の私がする製法は鍛造
鍛えて造るという意味から鍛冶で鍛錬をして作ります
鍛冶で鍛錬した指輪は密度が濃くなり頑丈になります。

 

こんにちは(゚Д゚)ノ

ジュエリーコウキ2代目で宝飾職人の池田と申します
職人歴は29年で鍛造を継承している職人の1人です。

鍛造は昔からの技術を受け継いだ宝飾職人しか作れず
全国でも鍛造を継承した宝飾職人は極めて少人数です。

市場全ての結婚指輪の中で、鍛造のオーダーメイドで
作った結婚指輪は僅か1%未満しか存在しないんです。

鍛造オーダーメイドの指輪をブログで発信しています
鍛造の制作工程や鍛造の結婚指輪をご紹介しています。

ジュエリー職人

指輪作りもブログ更新も私がしております(^-^)

結婚指輪の専門店という事で結婚指輪に関する記事を
書いていますしお客様の体験談もご紹介しております。

先輩カップルさんの結婚指輪にまつわるエピソードを
募集してブログにアップしておりますので結婚指輪に
関する為になる有益な情報を発信をするのが目的です。

先輩カップルさんの実体験を投稿して頂いているので
これから結婚指輪の購入を考えているカップルさんに
参考になるような内容だと思いますのでご覧ください。

※当店で購入されていない方の体験談を募集しました
全国各地のカップルさんの話を聞きたかったからです。

 


佐賀県I様、女性の方から投稿を頂いたエピソードです

ご投稿を頂いた方のマリッジリングの素材はプラチナで
S字ウェーブをしたウェーブデザインのマリッジリング。

ウェーブデザインを選んだポイントなど聞かせて頂いて
実際に指輪を着けてみたウェーブデザインのメリットや
それにまつわるエピソードや体験談を教えて頂きました。

それでは佐賀県I様のエピソードをご覧ください(^-^)

=================================

 

題名

【ウェーブしたマリッジリングの魅力】

 

投稿者 佐賀県 I様 女性

 

マリッジリングは一生に一度のお買い物です。

また結婚生活においても、住宅や車の
次くらい高額な買い物の一つです。

マリッジリングを購入できるお店はたくさんあり、
それぞれの特徴も様々です。
そしてマリッジリングのデザインの種類も沢山あります。

どんなマリッジリングを選べばいいか、
迷ってしまいましたが、この先何十年と
着けるものになるので後悔もしたくありませでした。

しかし夫婦二人ともに指輪を含めた
アクセサリーを身に着ける習慣がなかったので、
何も分からない状態からのスタートでした。

「どんなブランドやデザインがあるのか?」
「指輪は高額そうだが、いくら位するものなのか?」

「どこで買えば良いのか?」等、
考えて決める必要があるものが沢山ありました。

 

【マリッジリングの予算】

たくさんある選択肢がある中で、
まず私達がマリッジリングを選ぶ際に
一番に話し合い決めたことは予算でした。

ネット等で調べてみると30代の平均購入額が
30万だったのでマリッジリングの予算は
二人で30万にすることをまず最初に決めました。

私達の場合は婚約指輪は買わなかったので、
主人がマリッジリング代を全額負担してくれました。

次に結婚指輪を選ぶ際に悩んだのがお店選びでした。
マリッジリングのお店は沢山あります。

マリッジリング専門店から
大型ショピングセンターに入ってるカジュアルなお店、
個人のお店まで数多くあります。

ほとんど知識がなかったので、
たくさんの店舗がある中どこで購入して
良いか分からず何店舗かお店をまわりました。

お店の中には「売りたい」気持ちが最優先のお店も多く、
ワクワクするはずのマリッジリング選びが
全然楽しくないお店も多くありました。

高額な買い物になるので気持ちよく
買い物ができるお店で購入したいと思いました。

そして何店舗が回った中で1番丁寧で接客が
良かったお店で指輪選びをする事に決めました。

 

【アフターサービスが充実】

アフターサービスが充実しており、
サイズ直し1回無料やクリーニング、

格安で修理できる等の
アフターサービスも決めての一つになりました。

お店を決定してから本格的に
マリッジリング探しが始まりました。

お店のショーケースの中には色々な種類の
指輪が置いてました。全部綺麗で可愛くて迷いました。

 

【マリッジリングはウェーブ】

沢山のデザインがある中、
まず絞ったのは指輪のデザインでした。

指輪のデザインを大きく分けると
「ストレート」「ウェーブ」「V字」と
大きく3つの種類がありました。

3種類のデザインを実際につけてみてその中で
自分の指が1番綺麗に見える「ウェーブ」を選びました。

女性の左手薬指は小指に向かって
左下がりになっているので、

ストレートやV字のデザインだと
指輪が斜めに傾いてしまいますが、

ウェーブだと綺麗に馴染んでくれるので、
指が細長く綺麗に見えます。

昔からコンプレックスだった小さくて短い指も
長細くスッキリ見せる事ができるので、

ウェーブのデザインに決定しました。
関節の太い主人の指にも似合ってました。

 

ウェーブデザインでも
沢山の選択肢があった

しかしウェーブデザインのマリッジリングと
決めてからも沢山の選択肢がありました。

ウェーブデザインには、
ダイヤが1石ついてるシンプルなものから、

人と被らない凝ったデザインの華やかな指輪まで
バリエーションが豊富にありました。

ウェーブデザインのマリッジリングを選ぶ際に、
長年愛用するのだから歳を重ねても身に着けやすく、

流行りや廃りのなく飽きのこない
ウェーブデザインにしようと考えてました。

そのため比較的シンプルなデザインのウェーブの
マリッジリング指輪から試着していきました。

しかし実際に試着してみるとシンプルすぎるデザインや
ダイヤの石数が少ない指輪は物足りませんでした。

 

【ウェーブのマリッジリングにダイヤ】

主人も「せっかくの結婚指輪だからもっと
キラキラした方が可愛い」と言っていたので
ダイヤが多めについてるものを何個か試着してみました。

やはりダイヤが沢山付いてると
可愛くワクワクするのは女心でしょうか。

お店にあるウェーブデザインをほぼ全部
試着させてもらい最終的に2つまで絞りました。

一つ目は、デザイン自体はシンプルなものでしたが、
際までダイヤが入っており派手すぎず
上品で華やかさがある指輪でした。

どの角度から見てもキラキラしており、
見るたびに嬉しくなる指輪でした。

二つ目は一つ目と比べて人と被らない
派手目なデザインの指輪でした。

何件か店舗を回った中でも見たことないデザインで、
他の人と違ったデザインが良かったです。

この2つのウェーブデザインに絞ってから、
そこからなかなか決めれませんでした。

 

ずっと悩んでると店員さんからアドバイスを貰いました。
そのアドバイスとは「人からどう見えるか」を
確認した方が良いとの事でした。

自分の目線だけではなく人からの目線で
見てみると違うとの事だったので、

人から見える目線の位置で鏡合わせをしてみました。
すると一つ目の指輪のデザインの方がしっくりしました。

主人も「こっちの方が可愛い」と言って
くれたことも背中を押してくれました。

好きな人から可愛いと褒めてもらえるものの方が
気持ちが嬉しくなるので一つ目の結婚指輪に決定しました。

また24時間着けるので、仕事に支障なく日常生活において
着けやすいデザインであったことも理由の一つでした。

1年以上着けてますが、このデザインに後悔は一切なく、
あの時の選択は正しかったと思います。

マリッジリング ウェーブ

【マリッジリングの素材を決める】

次に決めたのはデザインの素材、色を絞りました。

マリッジリングはプラチナのシルバーが多いですが、
ピンクゴールド等のお洒落な指輪も
数多くとりあつかいがありました。

決めたデザインの指輪もプラチナか
ピンクゴールドを選ぶ事ができました。

ピンクゴールドは人と被らずに可愛く、
肌に馴染む色で、様々なジャンルの
ファッションとも合わせやすいと思いプラチナと迷いました。

しかし主人が鉄工関係の仕事をしており、
仕事上油を扱うことが多いので、耐久性が気になりまりした。

ピンクゴールドはプラチナに比べると耐久性が弱く、
色が褪せるのが早い恐れがあるとの
店員さんのアドバイスを受け、

耐久性に優れ、長く使用していても変色や
変形が起こりにくいプラチナに決定しました。

また夫婦共に金属アレルギーを持っていたので、
金属アレルギーが起こりにくいことも決めての一つでした。

この先何十年着けることを考えると
プラチナにして良かったと感じてます。

最後に長く着けるものなので、
何度もつけ心地を確認しました。

 

【マリッジリングのサイズ】

マリッジリングのサイズを選ぶ時は難しかったです。

8号でも入るけど指にお肉がのり不恰好でした。
そのため少し余裕のある9号を選びました。

また試着の際はサイズ感を確認すると同時に、
指輪を着けたままで手を軽く振ったり、
握ったり広げたりするなど動かして、

指当たりの感じや指輪の重さが気にならないか、
違和感がないか何度も確認しました。

何十年も毎日身につけるものなので指輪を
着けることが億劫にならないように慎重に確認しました。

指を着け始め1年以上が経とうしてますが、
デザインに飽きることもない上に

日常生活に何も支障はありません。
今だに指輪を見るととても幸せな気持ちになります。

 

【ゆるかった指輪のサイズに後悔】

しかし一点だけ少し後悔している点があります。
それはサイズの問題です。

私達が指輪を選び、サイズを測ったのが夏の時期でした。
しかし冬になると指輪が緩く抜けないか心配になりました。

また指輪が回るのでいちいちダイヤを
上にするポジションに直さないといけません。

体重が大きく変わったわけではないので
不思議に思い調べてみると、

夏は「気温の暑さや気圧の低下によって
血管の拡張やむくみ」が原因で
指輪をきつく感じるみたいです。

逆に冬は「気温の寒さで血管が細くなるので
指が細くなる」の指輪が緩く感じるみたいでした。

また、冬は夏に比べて乾燥をするので手の水分が
少なくなるので指輪が動きやすくなるみたいです。

購入前にこの知識があれば0.5号小さく
作れば良かったと少し後悔してます。

しかし実際に日常生活における動作で
マリッジリングが抜けることはありません。
サイズ以外には後悔する点はありません。

 

私達のマリッジリング選びは
半年という長い時間をかかりました。
長くかかった理由は夫婦の休日が全く合わなかった為です。

仕事もお互いに残業ばかりで平日も休日も
一緒に行く時間がありませんでした。
その為各自の休日に下調べに店舗に足を運ぶ事もありました。

目星をつけて帰ってから二人で話す時間も楽しかったです。
そしてやっと休日が合った日に
二人で買いに行くことができました。

マリッジリングを店舗で注文し刻印等を掘ってもらい、
だいたい1ヶ月程度で手元に届きました。

実際に届いてマリッジリングを
着けた時の嬉しい気持ちは今でも覚えてます。

マリッジリングは一生に一度の高額な買い物なので、
マリッジリング選びはとても大変でしたが、

同時に「あーだ、こーだ」と選んでる時間は
とても楽しく幸せな時間でした。

女の子の子どもが居ますが、子どもが大きくなったら、
マリッジリング選びの思い出話とともに自慢したいと思います。

 

沢山の先輩カップルさんの結婚指輪をご紹介しております
こちらからご覧頂けます→私達の結婚指輪をブログで紹介

私が作るジュエリーコウキの鍛造の結婚指輪の一覧は→コチラ

=================================

どうやって結婚指輪を選んでいったのかをエピソードで
詳しく教えて頂きましてありがとうございましたm(__)m

画像のウェーブデザインのマリッジリングは素敵でした
シンプルなウェーブデザインも着けやすくて良いですが
ダイヤを入れたウェーブデザインも華やかで良いですね!

ウェーブといえば代表的なウェーブの曲がり方は2種類
あってV字とS字の曲がり方が1番多いウェーブの曲線
記事をご投稿をして下さった方のウェーブはS字の曲線。

小さくて短い指が細長く見えたので決めたということで
実際にウェーブデザインは曲線に目がいくので目の錯覚
で指が長く見えたり細く見えたりすると言われています。

ウェーブはV字とS字の2曲線が圧倒的に多い形ですが

他にも様々な曲線が存在しますのでウェーブデザインに
したい方は実際に着けてどう見えるのかを確かめてから
納得をしてからご購入をすることをお勧めしております。

ジュエリーコウキ 2代目、池田潤

=================================

お気軽に私、池田までお問い合わせをしてください(^ω^)

こちらの「お問い合わせ」からか、もしくはメールで
j_kouki_ring@yahoo.co.jp 宛てまでお願いいたします。

ネット販売はコチラから→ジュエリーコウキ ヤフーショップ

○電話番号 0258-27-1771 電話は10時~16時まで対応可能
○メールアドレス j_kouki_ring@yahoo.co.jp 24時間OK
〒940-2003 新潟県長岡市渡場町2-7 株式会社ジュエリーコウキ

=================================

鍛造で作る結婚指輪はごく稀で、希少価値のある結婚指輪
世界中の全ての結婚指輪のうち鍛造で作られた結婚指輪は
1%未満と言われるほど鍛造の結婚指輪は少ないんですよ。

その理由は、鍛造の指輪は地金を金槌で叩いて炎で焼いて
じっくりと時間をかけて地金密度を上げていくという製法
熟練された技術や知識を持った職人のみしか作れない技法
鍛造の指輪を作る為の専門工具や機材など設備も必要な為。

伝統工芸と言われる鍛造の指輪は日本の宝だと思いますが
受け継ぐ職人が激減しており鍛造の指輪は衰退しています
だからこそ鍛造技術を受け継いだ私が広めたいと思います。

指輪作りの制作ブログをご覧頂いて鍛造技術に納得をして
私の結婚指輪をご購入して頂けると作り手として幸せです。

=================================

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA