手作りマリッジリングのメリット&デメリット!体験者エピソード

鍛造マリッジリング専門店ジュエリーコウキ
新潟県長岡市の工房で職人が手作りをします

手作りと言っている結婚指輪は全国に沢山ありますが
鍛造という技術で作る手作りの結婚指輪は全国各地を
探してもほとんど存在しない希少価値の高い結婚指輪。

鍛造(たんぞう)という日本伝統技法で指輪を作ります
鍛えて造る指輪ですので鍛造リングと言われています。

一般的に手作りの指輪といえばロウから指輪の原型に
なる型を作って溶かした地金を型に流して作る製法や
セミオーダーのようにデザインを選ぶものが主流です。

しかしジュエリーコウキ2代目の私がする製法は鍛造
鍛えて造るという意味から鍛冶で鍛錬をして作ります
鍛冶で鍛錬した指輪は密度が濃くなり頑丈になります。

 

こんにちは(゚Д゚)ノ

ジュエリーコウキ2代目で宝飾職人の池田と申します
職人歴は29年で鍛造を継承している職人の1人です。

鍛造は昔からの技術を受け継いだ宝飾職人しか作れず
全国でも鍛造を継承した宝飾職人は極めて少人数です。

市場全ての結婚指輪の中で、鍛造のオーダーメイドで
作った結婚指輪は僅か1%未満しか存在しないんです。

鍛造オーダーメイドの指輪をブログで発信しています
鍛造の制作工程や鍛造の結婚指輪をご紹介しています。

ジュエリー職人

指輪作りもブログ更新も私がしております(^-^)

結婚指輪の専門店という事で結婚指輪に関する記事を
書いていますしお客様の体験談もご紹介しております。

先輩カップルさんの結婚指輪にまつわるエピソードを
募集してブログにアップしておりますので結婚指輪に
関する為になる有益な情報を発信をするのが目的です。

先輩カップルさんの実体験を投稿して頂いているので
これから結婚指輪の購入を考えているカップルさんに
参考になるような内容だと思いますのでご覧ください。

※当店で購入されていない方の体験談を募集しました
全国各地のカップルさんの話を聞きたかったからです。

 


千葉県A様、女性の方から投稿を頂いたエピソードです

ご投稿を頂いた方のマリッジリングは手作りになります
しかもお二人で一緒に手作りをしたマリッジリングです。

近年、手作りマリッジリングは流行っていて大人気です
オリジナルなので世界に1つというのが人気の理由です。

手作りのほとんどが鋳造(ちゅうぞう)という製法です
ワックス製法ともいってロウ材をヤスリで削って指輪の
形を作って、それが原型の型となって地金を流して制作。

柔らかいロウ材なので誰でも削って作られるという内容
市場で手作り指輪と説明している店のほぼほぼこの製法。

当店のように鍛造という日本伝統技法で作る指輪は地金
を直接使って鍛冶や彫金をするのでほぼほぼ無いんです
先代から鍛造を継承した熟練された職人しか作れません。

今回の手作りマリッジリングの記事をご投稿して頂いた
方はロウ材を削って原型を作るワックスの鋳造製法です。

ワックス製法で手作りをしたマリッジリングのメリット、
デメリットを超詳しく教えて頂きましたのでご覧下さい
これから二人で手作りを考えている方に有益な情報です。

それでは千葉県A様のエピソードをご覧ください(^-^)

=================================

 

題名

【二人で作った手作りマリッジリング】

 

投稿者 千葉県 A様 女性

 

2年ほど付き合っていた彼にプロポーズしてもらい、
結婚することが決まったので、彼と2人で
マリッジリングを探し始めることになりました。

ちょうどその頃、友人が某ブランドで
マリッジリングを購入していて、

SNSにリングの写真を載せていたり、
購入した際の話を色々と聞いていたので
素敵だなと思っていました。

なんとなく漠然とマリッジリングといえば、
ブランドのものでダイヤがついていて…と
イメージしていましたし、

ブランドのリングに憧れもあったので、
初めは彼と実際にブランドジュエリー店に
足を運んで見に行ったり、

ネットからどんなブランドの
どんなマリッジリングがあるのか
ということを情報収集していました。

しかし、色んなリングがありすぎて目移りしてしまうし、
2人の趣味の合う納得のいくリングが
なかなか見つからなくて迷っていました。

そんな時に、テレビで有名タレントの方が
リングを手作りすることができるお店で、

マリッジリングを作ったということを知った彼が、
「手作りリングはどうかな」と私に提案してくれました。

 

【手作りマリッジリング】

それに私も賛成して、自分たちで
マリッジリングを作ろうということになりました。

もともと、服をリメイクしたり、
DIYで家具を作ったりと作ることが
好きな私たちだったので、

作る過程も楽しみたいと思ったのと、
世界で1つしかない特別感のあるそんな
マリッジリングが欲しいと思ったからです。

都内にある手作りマリッジリングが
作れる工房のあるお店をネットで探し、
予約をした上で行ってみることにしました。

彼と2人でドキドキしながら行ってみると小さくて、
こじんまりとした工房でしたが、

さすが都心というようなおしゃれで
高級感に包まれた雰囲気のあるお店でした。

お店の方々もみんなセンスが良く、
温かい笑顔で私たちを出迎えてくれました。

 

【手作りマリッジリングの流れ】

まずはお店の方からリング作りの説明や
作業の流れを一通り聞き、
打ち合わせをしていきました。

打ち合わせでは、
自分たちの指のサイズの測定をしたり、

リングの金属種類やデザインを
サンプルの中から選んでいきます。

どんな刻印にするか、石をつけるか、つけないか、
石の数など細かいところまで決めていきます。

金属の種類はプラチナ、ホワイトゴールド、
イエローゴールド、ピンクゴールド、

シャンパンゴールド、ライムゴールド、
チタンの中から選べました。

マリッジリング 手作り

女性用がピンクゴールド
男性用がイエローゴールド

私は女性らしいピンクが好みだったので
ピンクゴールドにしました。

彼はキラキラして綺麗な仕上がりになる
イエローゴールドを選びました。

デザインもストレートなシンプルなタイプから
ねじれているものや、2つのリングをくっつけると

1つの形になる個性的なものまで幅広く、
様々なデザインがありました。

2人で悩んだのですが、私は細身のリングで、
彼は私よりは太めのリングに、

そしてこの先長く毎日つけていくものなので、
デザインは飽きのこないシンプルなストレートの
マリッジリングにすることに決まりました。

想像を膨らませながら、悩みながら2人で
デザインを決めていくのもまた楽しい時間でした。

 

2人で手作りするマリッジリング
ロウ材を削って作るワックス製法

お店の方と確認した後、早速作り始めていきます。

お店の方に教えてもらいながら、
ヤスリを使ってリングのもとになるロウ材を
好みの太さになるまで削っていきます。

こんなプラスチックみたいなものが
リングになるなんて知らなかったので、驚きました。

私たちは、「夫婦でお互いのリングを作って交換しよう」
ということになり、私は彼の分を、
彼は私の分を作っていきました。

強く削りすぎるとロウ材が割れてしまうので
強すぎず、弱すぎず力加減を調節しながら
削っていかなくてはいけませんでした。

初めてで、細かく繊細なその作業は難しいものでしたが、
2人での初めての共同作業に、出来上がりを楽しみに
しながら作っていきました。

 

【手作りマリッジリング 2~3時間の作業】

作業時間は、打ち合わせ時間を入れて
2、3時間ほどだったと思います。

作っている間は、彼と話をしながら
デート感覚で楽しく、あっという間な時間でした。

その時間は、私たち一組だけで他の方はいなかったので、
ゆったりと落ち着いて、気兼ねなく作業することが
できた点も良かったと思います。

作業中にはお店の方が、私たちの携帯を使って
作業している姿を写真におさめてくれていました。

あとで2人で写真を見ながら振り返ることもできましたし、
結婚式に流す映像にも使えたので、
そんなサービスも嬉しかったです。

最終作業である溶接や焼き上げは、
お店の方がやってくれるので、

その日には持ち帰ることはできませんでしたが、
2人で「こうがいいかな」「ああがいいかな」と

悩みながらデザインを決めていく時間も含めて
作っていく過程を味わい、初めての体験ができて、
とても充実した時間を過ごすことができました。

 

【手作りマリッジリング価格と納期】

価格は、金属の重量によって変わっていくので
男性用の方が少し高く37825円、女性用は34799円でした。

それに刻印と宝石がオプションとなり、
刻印がプラス2000円、宝石は1つ6000円となり、
ペアリングで合計税込みで95.714円でした。

高価な値段のものよりも思い出になるものを、
という私たちの思いと予算的にもおさまっていました。

完成したものは、後日送られてくるのですが、
納期は1ヶ月ほどでした。

わくわくしながら待っていると、自宅に約1ヶ月後
しっかりとしたかわいい箱に入って届きました。

開けた瞬間、並んだ2つのリングがかわいくて
「わぁ、かわいい~」と思わず声がこぼれました。

2人で作った日のことが一気によみがえってきて、
嬉しさも倍増しました。

実際に出来上がったものを見てみると、
やはり普段のリングとは格別に違っていて、
特別感のあるリングだなと感じました。

 

【マリッジリングに刻印と誕生石】

打ち合わせの時に伝えていた刻印は、
リングの内側に私と彼のイニシャルと
入籍予定の年月日がしっかりと刻まれていました。

またマリッジリングの刻印の間には、
彼と私の誕生石であるペリドットと
エメラルドの宝石がそれぞれに入っていました。

こちらも私のリングには彼の誕生石が、
彼のリングには私の誕生石を埋め込み式で
マリッジリングに入れてもらいました。

マリッジリングの内側に入っているので、
リングをはめている時には見えませんし、

周りには気づかれませんが、私たちだけの
隠れたお気に入りポイントとなりました。

私の方には、リングの外側にも小さなメレダイヤを
1つ埋め込むような形で入れてもらいました。

指につけてみると、ちょうどいい細さで
ピンクゴールドの色合いもかわいかったです。

普段は、リングは圧迫感があって、
あまりつけることが好きではないのですが、

細身のリングにしたのでつけていてもそんなに気にならず、
何より「これから彼と結婚するんだなぁ」という実感が
沸いてきて幸せな瞬間でもありました。

 

【マリッジリングの傷が味になる】

マリッジリングをつけ始めて、
5年ほど経ち外すこともほとんどないので、

よく見ると傷はついてしまっていますが、
結婚してからの苦楽を共にしたそのリングを見ていると、

様々な思い出がつまっていて、
傷も今では味となっているなと感じます。

宝石は石を埋め込む形で入れてもらっていたので、
石が取れてしまったり、引っかかることもなく、

小さい子どもが産まれた今となっても
安心してつけることができているので、
このデザインにして良かったと実感しました。

 

【手作りマリッジリングのメリット】

実際に手作りリングを作ってみて感じたメリットは、
自分たちもリング作りに携わることで、

より思い出深く愛着のある
マリッジリングになることだと思います。

そして、リングのデザインや太さ、
石の種類や数など自分たちの好みに合わせた
自由度のあるマリッジリングが作れるということです。

また、ブランドもののリングに比べると
リーズナブルに購入することができることだと思います。

 

【手作りマリッジリングのデメリット】

反対にデメリットとしては、打ち合わせや制作、
納期までに時間がかかることだと思います。

物作りが好きではない人からしたら、
手間がかかり面倒に感じることと思います。

これからマリッジリングを
購入する方へ伝えたいことは、

夫婦2人の結びつきを示す大切なものなので、
末長くつけていられる納得のいくリングを
2人で一緒に楽しみながら選んでほしいなということです。

マリッジリングを購入する際には、ブランド力や価格、
デザインなど重要視する決め手となるポイントは、

人それぞれ違うと思いますが、個人的には
手作りマリッジリングを是非おすすめしたいです。

世界で1つのオンリーワンな
マリッジリングになりますし、

写真を見ながらいつか産まれる
子どもたちと一緒に話をして、

振り替えることができたら、
それはとても素敵なことだなと感じます。

そしてきっとそのマリッジリングを見る度に、
結婚当初を思い出して初心の頃の気持ちに戻れたり、
幸せな気持ちになれると思います。

素敵なマリッジリングに巡りあえますように。
以上が私のマリッジリングを作った時のエピソードでした。

 

 

沢山の先輩カップルさんの結婚指輪をご紹介しております
こちらからご覧頂けます→私達の結婚指輪をブログで紹介

私が作るジュエリーコウキの鍛造の結婚指輪の一覧は→コチラ

=================================

どうやって結婚指輪を選んでいったのかをエピソードで
詳しく教えて頂きましてありがとうございましたm(__)m

ロウ材を削ってリングの原型を手作りするマリッジリング
ロウ材は柔らかいので初めての方でも慣れてくるとロウ材
をサクサク削れるようになるので二人で楽しめます(^-^)

マリッジリングの原型を手作りする訳ですが二人で色々と
考えながら作るので素敵な想い出になるのでお勧めですね
世界に1つのマリッジリング、二人の共同作業、素敵です。

当店がしている製法が鍛造(たんぞう)という伝統技法で
同じ手作りでも原型を作るのではなく地金自体を鍛冶作業
で刀を作るようにハンマーで打ちながらリングを作ります。

流石に伝統技法なので熟練された技術が必要ですし鍛冶や
彫金で作り上げるのでお客様が怪我をされてしまう可能性
も高いので二人で手作りということは出来ない製法ですが、

先代の父から受け継いだ鍛造技術には自信がありますので
もし鍛造の手作りマリッジリングのご依頼がありましたら
当店の二代目の私、池田が全力で手作りをさせて頂きます!

ジュエリーコウキ 2代目、池田潤

=================================

お気軽に私、池田までお問い合わせをしてください(^ω^)

こちらの「お問い合わせ」からか、もしくはメールで
j_kouki_ring@yahoo.co.jp 宛てまでお願いいたします。

ネット販売はコチラから→ジュエリーコウキ ヤフーショップ

○電話番号 0258-27-1771 電話は10時~16時まで対応可能
○メールアドレス j_kouki_ring@yahoo.co.jp 24時間OK
〒940-2003 新潟県長岡市渡場町2-7 株式会社ジュエリーコウキ

=================================

鍛造で作る結婚指輪はごく稀で、希少価値のある結婚指輪
世界中の全ての結婚指輪のうち鍛造で作られた結婚指輪は
1%未満と言われるほど鍛造の結婚指輪は少ないんですよ。

その理由は、鍛造の指輪は地金を金槌で叩いて炎で焼いて
じっくりと時間をかけて地金密度を上げていくという製法
熟練された技術や知識を持った職人のみしか作れない技法
鍛造の指輪を作る為の専門工具や機材など設備も必要な為。

伝統工芸と言われる鍛造の指輪は日本の宝だと思いますが
受け継ぐ職人が激減しており鍛造の指輪は衰退しています
だからこそ鍛造技術を受け継いだ私が広めたいと思います。

指輪作りの制作ブログをご覧頂いて鍛造技術に納得をして
私の結婚指輪をご購入して頂けると作り手として幸せです。

=================================

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA