マリッジリング サイズの計り方~浮腫まない午後がベスト!

鍛造マリッジリング専門店ジュエリーコウキ
新潟県長岡市の工房で職人が手作りをします

手作りと言っている結婚指輪は全国に沢山ありますが
鍛造という技術で作る手作りの結婚指輪は全国各地を
探してもほとんど存在しない希少価値の高い結婚指輪。

鍛造(たんぞう)という日本伝統技法で指輪を作ります
鍛えて造る指輪ですので鍛造リングと言われています。

一般的に手作りの指輪といえばロウから指輪の原型に
なる型を作って溶かした地金を型に流して作る製法や
セミオーダーのようにデザインを選ぶものが主流です。

しかしジュエリーコウキ2代目の私がする製法は鍛造
鍛えて造るという意味から鍛冶で鍛錬をして作ります
鍛冶で鍛錬した指輪は密度が濃くなり頑丈になります。

 

こんにちは(゚Д゚)ノ

ジュエリーコウキ2代目で宝飾職人の池田と申します
職人歴は29年で鍛造を継承している職人の1人です。

鍛造は昔からの技術を受け継いだ宝飾職人しか作れず
全国でも鍛造を継承した宝飾職人は極めて少人数です。

市場全ての結婚指輪の中で、鍛造のオーダーメイドで
作った結婚指輪は僅か1%未満しか存在しないんです。

鍛造オーダーメイドの指輪をブログで発信しています
鍛造の制作工程や鍛造の結婚指輪をご紹介しています。

ジュエリー職人

指輪作りもブログ更新も私がしております(^-^)

結婚指輪の専門店という事で結婚指輪に関する記事を
書いていますしお客様の体験談もご紹介しております。

先輩カップルさんの結婚指輪にまつわるエピソードを
募集してブログにアップしておりますので結婚指輪に
関する為になる有益な情報を発信をするのが目的です。

先輩カップルさんの実体験を投稿して頂いているので
これから結婚指輪の購入を考えているカップルさんに
参考になるような内容だと思いますのでご覧ください。

※当店で購入されていない方の体験談を募集しました
全国各地のカップルさんの話を聞きたかったからです。

 


岐阜県 O様 女性から投稿を頂いたエピソードです

ご投稿を頂いた方のマリッジリングの素材はシルバーと
ピンクゴールドで男性用と女性用で素材が違うそうです。

そしてマリッジリングのサイズ選びで苦労をしたそうで
サイズを計った時のエピソード内容が多くなっています。

これからマリッジリングをご購入されるカップルさんで
サイズに悩んでいる方に為になる有益な情報だと思います。

それでは岐阜県O様のエピソードをご覧ください(^-^)

=================================

 

題名

【マリッジリングのサイズ選びは慎重に】

 

投稿者 岐阜県 O様 女性

 

もともとマリッジリングに強いこだわりや
思いがある方ではありませんでした。

ですが結婚をした1つの区切りとしてマリッジリングを
2人でつけようと話し合って決めたのが最初です。

お店は取りに行きやすい場所にある所がいいなと思って
いたのでショッピングモールの中にあるお店で探しました。

そこなら他のお店とすぐ比較する事もできますし、
その場所で全て完了できるのが便利だったからです。

予算は2人分で10万円以内にしていました。

なぜかというとそもそもブランドに
あまり興味がないのでそこにお金をあんまり
かける必要がないかなと2人が思っていたからです。

お店にあるのはピンからキリまでで、
見せていただいたのはその予算をはるかに下回る
ものでしたので実際にかかったのは2人合わせて5万円ほど。

指輪を選ぶ時にペアの指輪を出される事がほとんどですが
(マリッジリングなので2つで1つみたいな意味だと思います)

今はそれぞれが好きなものをつける方も
いらっしゃるというのを聞きました。

なので2人で話し合って「ブランドは揃えて
それぞれが好きなものをつけよう」と決めました。

マリッジリング ピンクゴールド

【女性用の指輪はピンクゴールド】

私は婚約指輪でもらった指輪とは違う色のもの
(婚約指輪はシルバーでした)が欲しかったので
カラーはゴールド系にしようと考えていました。

ですがゴールドだとギラギラした感じがしたので
ちょっとイメージとは違うなと悩んでいたら、

今女性に人気なピンクゴールドのカラーを
お店の方に教えて頂いて早速見せて頂くことに。

ゴールドにうっすらピンク要素が入っているので
ギラギラ感がないですし指に付けた感じが
綺麗だったのでカラーはピンクゴールドに決定。

 

【小さいダイヤを指輪に埋め込む】

リングはよく見る「立て爪タイプ」
(例:1粒のダイアモンドを数本の爪で留めたデザイン)は

確かにとても綺麗ですが
私生活につけるのは正直不便そうです。

なぜかというと日常生活でダイアモンドが
服や何かに引っかかる事が多いです。

よっぽどないとは思いますがあまりにも何度も
引っ掛けるとダイアが爪から取れてしまう場合もあると。

私はお仕事の内容上、普段からリングをつけることが
できなかったので余計とつけ慣れていない指に

ダイアモンドを気にして生活しなきゃいけないのは
どうなんだろうなと思ってしまいました。

見る分には綺麗な「立て爪タイプ」のリングですが
実用性としてはちょっと付けにくそうだったので
やめておきました。

ダイアモンドがどうしても指輪にないと
嫌だったわけではないですが、

やっぱりさっぱりダイアモンドはあってもいいなと
思ったので「埋め込みタイプ」のものでリングを探しました。

「埋め込みタイプ」は名前の通り
ダイアモンドが埋め込んであるので

「立て爪タイプ」のようにひっかかったりなどを
気にしなくてもいいのがいいなと思いました。

リングの幅があんまり広いのはリング自体が
ゴツく見えてしまうので細めの幅を選んでいたので
必然的にダイアモンド自体も割と小粒なものに。

ですが小粒だけど数を埋める事でリングを
動かした時にキラキラ光るのがとても綺麗で素敵でした。

 

【男性用の指輪はシルバー】

旦那さんはお仕事に支障がないように
シンプルなシルバーのリングを選びました。

男性が選ぶタイプのものはサラッとシンプルなので
付けていて嫌味がないのでとても気に入っています。

リングの幅はあんまり細すぎると華奢に
見えてしまうのでちょっと太めのもの選びました。

 

【指輪のサイズ選びのポイントは午後】

もちろんリングを買う際には
指のサイズを調べてもらう必要があります。

私たちは午前中にお店にお邪魔しましたが
本当は午後〜夕方が1番ベストだと言われました。

朝よりも夕方あたりだと指が浮腫んだりしますよね。
朝のサイズで測ってしまうともし夕方当たりになると

浮腫んでリングがギチギチで
きつくなってしまう可能性があると。

でも逆に言えば浮腫んだ指のサイズで合わせてしまうと
浮腫がないリングが緩くなってしまう可能性もあると。

指の感じは人それぞれですがリングのサイズは
お店に伺った時間に合わせて少しサバを読んだ方が
いい場合もあると思います。

あと人によっては「関節が太いけど指が細い人」も
いるのでそういう人は「関節」で合わせた方がいいそうです。
じゃないとリングが入らないですよね。

お店はちゃんとサイズを調べてくれるので、
気になる事がある時はその都度相談するのをおすすめします。

 

【5.5号の特殊なサイズ】

あと商品によっては自分のサイズがない場合もあります。
私は既製品ではあんまりない5,5号という微妙なサイズ
だったのでそれが既製品であるものを探すのも大変でした。

なので気になるものがあってもサイズ展開が自分の指に
合うものがそもそもない場合があるので要注意!

基本的には既製品のサイズで問題ないはずですが,
極端に指の細い人なんかはその事も
お店の方に相談するのがいいと思います。

奇跡的にお店に自分たちの欲しいリングのサイズが
あったので実際に指に付けさせてもらいイメージを固めます。

リングはショーケースの中で見ているものと、
実際に自分の指につけるのとではだいぶ違いますよ。

「ショーケースでは可愛いと思ったのに
いざ付けてみるとちょっとイメージが違うかも」
なんてこともしばしば。

なので気になるリングはサイズがちゃんと
ある場合は色々付けさせて頂いた方がいいと思います。

実際にお店の方もそのように言っていたので間違いない!
納得するまでマリッジリングを探す為には
自分の指に付けて確かめるのが1番です。

 

【マリッジリングに刻印】

それぞれマリッジリングを決めてから
「リングの内側に刻印ができますがどうしますか?」
とお店の方に言われました。

私が行ったお店は購入すると
無料で刻印ができるというものでした。
入れれるのは「数字」「英語」で10文字以内。

他の方は刻印をされる場合はなにを入れているのかなと思い、
お店の方に聞いてみたところ「2人それぞれのイニシャル」

「結婚記念日」「お互いのリングにお互いの名前」
など様々で特に決まりはないそうです。

もちろん刻印をされない方もいるそうですが、
基本的にはほぼ全員がリングに刻印をするそうです。

私たちは「結婚記念日」「それぞれのイニシャル」
を入れてもらうことにしました。

2人の為だけのリングなのでこういった
オリジナルな要素があると特別な感じがしますよね。

 

【マリッジリングの納期】

一通りのことが決め終わってから
リングがいつ頂けるのかのお話になりました。

私たちはリングに刻印もすることにしていたので
注文から納品までが約1週間くらいとの事。

これが一般的かどうかは分かりませんが
私たちの場合はそうでした。

なので結婚式などを控えている方は余裕を持って
マリッジリングを作りにいったほうがいいと思います。

実際に注文をしてから1週間後くらいに
お店から連絡をいただきましたが、

リングのフィッティングがあるので
必ず2人でお店に来るように言われていました。
なので2人の予定も合わせて動く必要がありますよ。

フィッティングしてリングの付け心地やリング自体に
何も問題がなければそのまま受け取る事ができますが、

「思ってるよりもキツくて指に入らない」
「なんだかリングがゆるくてスポスポ抜けちゃう感じがする」
など問題がある場合も稀にあります。

なのでその場合はまたリングを調節しなくてはいけないので
その分、余分に時間がかかるのことも。

ほとんどが問題ないと思いますがごく稀に
そういうお客様がいらっしゃいますと言っていたので
マリッジリングは余裕を持って作ることをオススメします。

私たちはフィッティングをした時になにも問題がなかったので
そのままマリッジリングを受け取ることができました。

 

【マリッジリング選びのポイント】

実際にマリッジリングを作って思ったのは
「ポイントを抑えること」だと思います。

・ブランドにこだわりがあるのか

・どんなタイプのリングが欲しいのか

・予算がどれだけなのか

・どうしても譲れないものは何か

・2人の予定は合わせられるのか

・いつまでにマリッジリングが必要なのか

・どのお店がいいのか

もちろん2人が必要なのものなので
2人できちんと話し合っていくべきだと思います。

マリッジリングは気軽に購入できるものではないので
余計と2人がどこを大事にしたいのかを
きちんと決めていく必要があります。

私たちの場合は「予算が10万円以内」と
絶対に外せないポイントを重視して選びましたが

2人が特に外せないポイントが
どこなのかを決める事をおすすめします。

2人に温度差があると決めるのが結構難しいですし、
実際に周りの人でマリッジリングを購入するのに
大変だった方もいらっしゃいましたよ。

周りがどうこうではなく、
2人が2人の為のマリッジリングを選ぶので
ぜひそこはきちんと話し合って決めるのがいいと思います!

マリッジリングを購入してから6年が経ちますが
やっぱりマリッジリングはいつ見ても素敵。
ぜひ2人の思い出づくりとしてもおすすめしたいです。

 

沢山の先輩カップルさんの結婚指輪をご紹介しております
こちらからご覧頂けます→私達の結婚指輪をブログで紹介

私が作るジュエリーコウキの鍛造の結婚指輪の一覧は→コチラ

=================================

どうやって結婚指輪を選んでいったのかをエピソードで
詳しく教えて頂きましてありがとうございましたm(__)m

マリッジリングのサイズ選びは難しいと思う方も多いと
思いますが、指輪を鍛造で手作りをしている私、池田の
プロとしてのサイズ選びのポイントをお伝えいたします。

まずサイズを計る時間帯ですがご投稿をして頂いた方が
おっしゃるように午後にサイズを計るのがベストですね。

どうして午後にサイズを計るのが良いのかというと指に
浮腫みが1番出にくい時間帯であるのが理由になります。

特に1番指が安定していると思うのが13時~16時頃
昼食を食べてある程度時間が経過していることがベスト。

逆にこの時間帯はサイズを計るのを辞めたほうが良いと
思うのは「浮腫みが出やすい時間帯」で夜とか朝ですね。

浮腫みに関しては個人差もありますのでご自身で浮腫み
を感じている場合はサイズを計るのはお勧めできません。

これは私、池田の指の浮腫み具合ですが夜にお酒を呑む
と早朝は浮腫んでいることが多いのでお酒を呑まれる方
は呑んでいる時間帯や早朝は避けた方が良いと思います。

ジュエリーコウキ 2代目、池田潤

=================================

お気軽に私、池田までお問い合わせをしてください(^ω^)

こちらの「お問い合わせ」からか、もしくはメールで
j_kouki_ring@yahoo.co.jp 宛てまでお願いいたします。

ネット販売はコチラから→ジュエリーコウキ ヤフーショップ

○電話番号 0258-27-1771 電話は10時~16時まで対応可能
○メールアドレス j_kouki_ring@yahoo.co.jp 24時間OK
〒940-2003 新潟県長岡市渡場町2-7 株式会社ジュエリーコウキ

=================================

鍛造で作る結婚指輪はごく稀で、希少価値のある結婚指輪
世界中の全ての結婚指輪のうち鍛造で作られた結婚指輪は
1%未満と言われるほど鍛造の結婚指輪は少ないんですよ。

その理由は、鍛造の指輪は地金を金槌で叩いて炎で焼いて
じっくりと時間をかけて地金密度を上げていくという製法
熟練された技術や知識を持った職人のみしか作れない技法
鍛造の指輪を作る為の専門工具や機材など設備も必要な為。

伝統工芸と言われる鍛造の指輪は日本の宝だと思いますが
受け継ぐ職人が激減しており鍛造の指輪は衰退しています
だからこそ鍛造技術を受け継いだ私が広めたいと思います。

指輪作りの制作ブログをご覧頂いて鍛造技術に納得をして
私の結婚指輪をご購入して頂けると作り手として幸せです。

=================================

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA