ピンクゴールドのマリッジリング-日本人の肌の色に合うって本当?

鍛造マリッジリング専門店ジュエリーコウキ
新潟県長岡市の工房で職人が手作りをします

手作りと言っている結婚指輪は全国に沢山ありますが
鍛造という技術で作る手作りの結婚指輪は全国各地を
探してもほとんど存在しない希少価値の高い結婚指輪。

鍛造(たんぞう)という日本伝統技法で指輪を作ります
鍛えて造る指輪ですので鍛造リングと言われています。

一般的に手作りの指輪といえばロウから指輪の原型に
なる型を作って溶かした地金を型に流して作る製法や
セミオーダーのようにデザインを選ぶものが主流です。

しかしジュエリーコウキ2代目の私がする製法は鍛造
鍛えて造るという意味から鍛冶で鍛錬をして作ります
鍛冶で鍛錬した指輪は密度が濃くなり頑丈になります。

 

こんにちは(゚Д゚)ノ

ジュエリーコウキ2代目で宝飾職人の池田と申します
職人歴は29年で鍛造を継承している職人の1人です。

鍛造は昔からの技術を受け継いだ宝飾職人しか作れず
全国でも鍛造を継承した宝飾職人は極めて少人数です。

市場全ての結婚指輪の中で、鍛造のオーダーメイドで
作った結婚指輪は僅か1%未満しか存在しないんです。

鍛造オーダーメイドの指輪をブログで発信しています
鍛造の制作工程や鍛造の結婚指輪をご紹介しています。

ジュエリー職人

指輪作りもブログ更新も私がしております(^-^)

結婚指輪の専門店という事で結婚指輪に関する記事を
書いていますしお客様の体験談もご紹介しております。

先輩カップルさんの結婚指輪にまつわるエピソードを
募集してブログにアップしておりますので結婚指輪に
関する為になる有益な情報を発信をするのが目的です。

先輩カップルさんの実体験を投稿して頂いているので
これから結婚指輪の購入を考えているカップルさんに
参考になるような内容だと思いますのでご覧ください。

※当店で購入されていない方の体験談を募集しました
全国各地のカップルさんの話を聞きたかったからです。

 

兵庫県Y様 男性から投稿を頂いたエピソードです

ご投稿を頂いた方のマリッジリングの素材はゴールドで
定番のイエローゴールドではなくてピンクゴールドです。

あくまでご投稿を頂いた方の考えでは日本人の肌の色に
似合って馴染むのはピンクゴールドというお考えでした
それも間違いではないのですが個人差もありますね(汗)

実際に、指輪を作っているプロの私の考えになりますが
日本人に1番合うのは純金だと思います(元もこうもないw)

純金は金の純度がMAXなので他のゴールドとは違って
黄金色(おうごんいろ)~黄金色(こがねいろ)そして

山吹色(やまぶきいろ)と言われ昔から日本に愛された
金なので肌の色も含めて歴史も日本人に似合うんですね。

それでは兵庫県のY様のエピソードをご覧くださいませ。

=================================

 

題名

【肌に馴染むピンクゴールドのマリッジリング】

 

投稿者 兵庫県 Y様 男性

 

マリッジリングを選んだときのエピソードとして
個人的にはコロナ化で金を含む資源価格が
高騰している状況でもあったため、

コロナ化が収まった後にマリッジリングを
作ってもよいという考えを持っていました。

しかし、2020年中に結婚して結婚式を挙げることや
周囲のひいた反応、パートナーが結婚した証の一つとして
マリッジリングを作りたいという希望などの要因がありました。

そのため、そもそもマリッジリングを
作るのか作らないのか、なぜ作るのか?
ということをパートナーと一緒に話し合いました。

個人的にはマリッジリングは記念でしかなく
結婚をしたことを証明するための
記号程度のものだと思っていました。

しかし、マリッジリングは記念物や記号以上の
意味があり、互いの関係や親密さを可視化した

ものであるというパートナーの言葉を受け
結婚式の前に指輪を作ることにしました。

マリッジリングを作るにあたって
すでにマリッジリングを作った先輩方から
情報収集をするなどしました。

先輩方の話を聞いているうちに
マリッジリング作りが楽しみに変わり

いざお店を選んでデザインも熟考する段階になると
ワクワクしながらマリッジリングの完成イメージを
想像している自分がいました。

 

【マリッジリングはピンクゴールド】

マリッジリングの素材選びについては、
自分とパートナーも仕事の都合上
肌が焼けてしまうことが多いため、

茶色に焼けた肌でも違和感のない色味ということで
ピンクゴールドがすぐに決まりました。

ただ、海外の友人からも情報を収集し
自分たちがよく訪れる地域では
金のマリッジリングが主流だったことや

プラチナは資源として今後価値が薄れる可能性が
あるということは少しだけ考慮しました。

マリッジリングのブランドやデザインについて
指輪の色味だけすでに決まっていましたが、

それ以外の細かなデザインやブランドについて
こだわりはありませんでした。

【工房で作るマリッジリング】

お世話になった先輩がマリッジリングを作った
個人経営の工房がよかったということを聞いたので

とりあえず相談に行ったところ
工房の雰囲気や担当してくださった方の印象が
とてもよかったのでそちらでお願いすることにしました。

工房でマリッジリングを作ることを選んだことで
実際に作っていただける方の人となりを知ることができ

こういう人が作ってくれたマリッジリング
というストーリーも付与されます。

そういう点はメーカーのマリッジリングと
違うという点で気に入っています。

ブランドについてはこだわる選択肢もありましたが
お互いにあこがれのブランドというものがなく

そういうものを追求していくとマリッジリングを
めぐる暗黙でかつ言外で開催されるマウント大会に
巻き込まれるだけだと思って避けました。

 

お店は個人経営の工房だったので
時間や周囲を気にすることなく
ゆっくりと指輪を選ぶことができました。

また、素材やデザイン、石について
全く知識がなかったため、あれこれ質問をし

丁寧に答えていただき、疑問を解消したうえで
マリッジリングを選ぶことができました。

そして指輪が完成して実際に着けてみると
得も言われぬうれしいような幸福感が沸き起こり
マリッジリングを作ってよかったと思えました。

パートナーと互いに同じで素材で同じデザインの
マリッジリングをつけるというのは、

暗黙のうちに連帯感や、安心感の
醸成につながると感じました。

日常生活に指輪がなじむか心配でしたが、
1か月も過ぎたころには指になじみ
意識をしないようになりました。

マリッジリング ピンクゴールド シンプル

指輪の素材はピンクゴールド
光沢と艶消しマリッジリング

購入したマリッジリングの気に入っている点は
指輪の前後で光沢が違う点です。

前面は光沢があり、後面はつや消し加工が
施してあるので光沢はありません。

また色味もピンクゴールドにしているため
日本人の肌の色になじみます。

同業の方からは前後で違うデザインであり
指になじむ色ということで好評をもらったことも
気に入っている要因の一つでもあります。

購入したマリッジリングの残念な点はありませんが
自分が壁などによくぶつけるため
せっかくの光沢が傷で薄れてしまいます。

ただこれも使っていく上での味だと考えており
また、1年に一回はメンテナンスでクリーニングを
していただけるので特段問題視はしていません。

マリッジリング選びの決め手になったポイントは
何十年も毎日つけられることや海外へよく行くことを考慮し

イエローゴールドやプラチナのように
日本人の肌の色では浮くような色や
宝石をつけて派手さが出るようなものは避けました

また,前面と後面で光沢の有り無しを分けることで
オンの日は光沢あり、オフの日や海外では光沢なし
というように使い分けられることも使いやすいポイントです。

 

【マリッジリングにダイヤ無し】

指輪にダイヤはありません
何十年も毎日つけられることや
海外へよく行くことを念頭に置きました。

ダイヤがあると服に引っ掛かり
指輪も海外では悪目立ちする点を懸念しました。

ただ,婚約指輪は渡していないため
婚約指輪の代わりのようなものを
何かの記念日の時に送りたいと考えており

その時にはダイヤや宝石がついたものを
作りたいと考えています。

またその時には、ぜひスリランカや
ボツワナなどの宝石の産地に行ってみて

その宝石がどのように集積されているのかと
いうことも知ったうえで石選びをしたいと思います。

 

【マリッジリング デザインの詳細】

マリッジリングのデザインはシンプルに前面と後面で
光沢の有り無しを分けたのもので色味はピンクゴールドです
指輪の太さも細すぎず太すぎずというものを選びました。

マリッジリングは2人で14万円程度でした
予算を当初10万円以内で考えていましたが、

コロナ禍のさなかに作ったということもあり
金価格の高騰で予算オーバーしてしまいました。

マリッジリングの素材はピンクゴールドです
黄色人種である日本人の指の色になじむ色を意識しました。

マリッジリングの刻印は裏面に結婚記念日と
互いのイニシャルを刻印してもらいました。

イニシャルの順番については
自分の指輪の刻印はパートナーが先、
相手の指輪の刻印は自分が先という形にしました。

マリッジリングの納期は2か月程度を要しました
結婚式まで時間があったため、

余裕をもって作っていただき
結婚式2か月前に完成しました。

 

【マリッジリングのサイズ】

指輪のサイズはお互いにぴったりなものを選びました
周囲にマリッジリングがすっぽ抜けて、

なくしてしまったという話を何件か聞いたため
抜けにくいぴったりなサイズを選びました。

しかし、ぴったりなものを選んだため
結婚式の指輪交換では、

自分の指に指輪がぴったりすぎてスムーズに
装着できなかったということもありました。

指輪の製造工程については
自分たちで作ることもできましたが、

工房の方にお願いをして作ってもらいました
そのため,具体的な工程は記憶していません。

 

【メンテナンスは年に一度程度】

指輪のメンテナンスは年に一度程度です
お願いをしたお店にもっていけばいつでも無料で
メンテナンスをしてくれるのでとても助かっています。

結婚式など記念する日の前には磨いてもらってピカピカの
指輪で臨むことができるのもうれしく思っています。

マリッジリングを実際に着けた現在の感想は、
自分自身が日常で指輪を含む装飾をつけることがないため、

結婚指輪も毎日つけられるだろうかと不安でした
しかし、出来上がった指輪はとても手になじみました。

指輪をつけ始めた当初は、
壁などにぶつけることがしばしばあり

パートナーからはそのたびに睨まれていましたが
最近はぶつけても意識されることはなくなりました。

また、つけ始めて一か月は指輪が作業をしていると
引っ掛かって邪魔だと感じてすぐに外したくなりましたが、

1か月を過ぎたころにはこれが自然となり
引っ掛かっても気にならなくなりました。

長く着けてみた今現在の指輪の状態は、
壁などにいっぱいぶつけるので傷でいっぱいで
もはや前面が光沢なしといった状態です。

ただ、パートナーの指輪はいつまでたってもきれいなので
動きの荒さや丁寧さに指輪の傷つきやすさが
表れているのかと思いました。

1年に一度はメンテナンスで光沢を戻してもらえるので
毎年心機一転で新しい気持ちで指輪をつけることができます。

 

【これからマリッジリングを購入される方へ】

マリッジリングは使用シーンを想像しながらじっくり選び
気に入ったデザインで気に入ったところで
マリッジリングを買われることをお勧めします。

店頭で指輪を実際に着けてみて、
自分たち2人の肌になじむ、

生活スタイルに合うというものを選ぶことは
長くつけるうえで大事だと思います。

マリッジリングを作るうえではパートナーの
納得はかなり重要になってきます。

パートナーの意見を最大限尊重しつつ
相手任せにしないように指輪選びに必要な
情報やデザインを調べることは大事だと思います。

ただ、マリッジリングは互いの連帯や愛情を
示す形の一つでしかないと考えており、

結婚したから必ずマリッジリングを作らなければ
ならないというものでもないと考えています。

単純な憧れや慣習を理由にして
マリッジリングを作るのではなく、

つくるかつくらないか、
なぜつくるのかという根本の前提から問い直すことで

マリッジリング作りはより充実したものに
なるのではないかと考えています。

 

沢山の先輩カップルさんの結婚指輪をご紹介しております
こちらからご覧頂けます→私達の結婚指輪をブログで紹介

私が作るジュエリーコウキの鍛造の結婚指輪の一覧は→コチラ

=================================

どうやって結婚指輪を選んでいったのかをエピソードで
詳しく教えて頂きましてありがとうございましたm(__)m

ピンクゴールドのマリッジリングは日本人の肌に馴染む
という事でピンクゴールドに決めたというお話しでした。

確かにピンクゴールドのピンク色は、肌馴染みがいいと
よく聞きますがこれは肌の色や肌の質など人それぞれで、

個人差もかなりありますのでピンクゴールドは日本人の
肌に絶対に似合うとは言い切ることができないのですが
作り手の私の考えは「好きな素材が良い」という事です。

やはり自分達が1番好きな素材でリングを作ったほうが
これから長く身に着けるマリッジリングという事になる
大切なリングですので好きな素材で良いと思います(^-^)

そして記事の冒頭でも触れましたが純金は似合います!
私は純金で鍛造マリッジリングをよく作っておりますが
日本人に1番相性が良いのは純金だと感じているんです。

理由は何か?と言われても困るのですがそう感じますw
肌感覚なのか職人としての勘なのか分からないのですが
本当に似合いますし今までの方を見ても似合っています。

純金は高騰していますし高額な素材になりますが純金の
魅力は凄まじいので私が作った純金リングを見て下さい
結婚指輪の一覧から純金デザインをご覧頂けます(^-^)

私が作るジュエリーコウキの鍛造の結婚指輪の一覧は→コチラ

ジュエリーコウキ 2代目、池田潤

=================================

お気軽に私、池田までお問い合わせをしてください(^ω^)

こちらの「お問い合わせ」からか、もしくはメールで
j_kouki_ring@yahoo.co.jp 宛てまでお願いいたします。

ネット販売はコチラから→ジュエリーコウキ ヤフーショップ

○電話番号 0258-27-1771 電話は10時~16時まで対応可能
○メールアドレス j_kouki_ring@yahoo.co.jp 24時間OK
〒940-2003 新潟県長岡市渡場町2-7 株式会社ジュエリーコウキ

=================================

鍛造で作る結婚指輪はごく稀で、希少価値のある結婚指輪
世界中の全ての結婚指輪のうち鍛造で作られた結婚指輪は
1%未満と言われるほど鍛造の結婚指輪は少ないんですよ。

その理由は、鍛造の指輪は地金を金槌で叩いて炎で焼いて
じっくりと時間をかけて地金密度を上げていくという製法
熟練された技術や知識を持った職人のみしか作れない技法
鍛造の指輪を作る為の専門工具や機材など設備も必要な為。

伝統工芸と言われる鍛造の指輪は日本の宝だと思いますが
受け継ぐ職人が激減しており鍛造の指輪は衰退しています
だからこそ鍛造技術を受け継いだ私が広めたいと思います。

指輪作りの制作ブログをご覧頂いて鍛造技術に納得をして
私の結婚指輪をご購入して頂けると作り手として幸せです。

=================================

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA