【唯一無二の結婚指輪】同じ1つの素材から2つの結婚指輪を作る

鍛造の結婚指輪の専門店ジュエリーコウキ
新潟県長岡市の工房で職人が手作りします

手作りと言っている結婚指輪は全国に沢山ありますが
鍛造という技術で作る手作りの結婚指輪は全国各地を
探してもほとんど存在しない希少価値の高い結婚指輪。

鍛造(たんぞう)という日本伝統技法で指輪を作ります
鍛えて造る指輪ですので鍛造リングと言われています。

一般的に手作りの指輪といえばロウから指輪の原型に
なる型を作って溶かした地金を型に流して作る製法や
セミオーダーのようにデザインを選ぶものが主流です。

しかしジュエリーコウキ2代目の私がする製法は鍛造
鍛えて造るという意味から鍛冶で鍛錬をして作ります
鍛冶で鍛錬した指輪は密度が濃くなり頑丈になります。

 

こんにちは(゚Д゚)ノ

ジュエリーコウキ2代目で宝飾職人の池田と申します
職人歴は29年で鍛造を継承している職人の1人です。

鍛造は昔からの技術を受け継いだ宝飾職人しか作れず
全国でも鍛造を継承した宝飾職人は極めて少人数です。

市場全ての結婚指輪の中で、鍛造のオーダーメイドで
作った結婚指輪は僅か1%未満しか存在しないんです。

鍛造オーダーメイドの指輪をブログで発信しています
鍛造の制作工程や鍛造の結婚指輪をご紹介しています。

ジュエリー職人

指輪作りもブログ更新も私がしております(^-^)

結婚指輪の専門店という事で結婚指輪に関する記事を
書いていますしお客様の体験談もご紹介しております。

先輩カップルさんの結婚指輪にまつわるエピソードを
募集してブログにアップしておりますので結婚指輪に
関する為になる有益な情報を発信をするのが目的です。

先輩カップルさんの実体験を投稿して頂いているので
これから結婚指輪の購入を考えているカップルさんに
参考になるような内容だと思いますのでご覧ください。

※当店で購入されていない方の体験談を募集しました
全国各地のカップルさんの話を聞きたかったからです。

 

本日は、大阪府A様から投稿を頂いたエピソードです

ご投稿を頂いたこちらの方の結婚指輪は唯一無二です
デザインはシンプルですが製法が珍しいという事です。

当店は鍛造という日本の伝統技法で作っておりますが
それに似た製法で色違いの薄い地金を重ねて叩き上げ
伸ばして板にしてリングの形状にするという手順です。

購入をした結婚指輪がどのように選ばれたのかなどや
指輪選びのエピソードなどを詳しく教えて頂きました。

それでは大阪府A様のエピソードをご覧くださいませ。

=================================

 

題名

【世界に1つだけ~唯一無二の結婚指輪】

 

投稿者 大阪府A様

 

【購入した結婚指輪の気に入っている点】

こちらの指輪は木目をイメージして金属板から
作成されるので世界にただ1つの模様になります。

1枚の板から2つの指輪を作成するため、
いつまでも繋がっている雰囲気になります。

一番気に入っている点は、
シンプルだけれどもうっすら木目の模様があり、
「世界に1つだけの指輪」であるといった点です。

そのほかにも、気に入っている点が3点あります。

①和の要素も洋の要素も融合している点
②定期的にクリーニング可能な点
③指輪の中に誕生石を入れることができる点

結婚指輪 唯一無二

【和の要素も洋の要素も融合】

まず、①の「和の要素も洋の要素も融合している点」ですが、
木目と聞くと和のイメージが強いように思いますが、

木目の付け方と指輪のデザインを組み合わせることで、
ラグジュアリーな見た目に変えることもできます。

イカツイ形から優しいイメージのものまで
様々な指輪を作ることができます。

重視した点は、着物にも合うし、ドレスにも合う、
また普段身につけていても邪魔にならない
シンプルな形状を意識しました。

その辺りのカスタマイズも無限にできるので、
出来上がるまでの打ち合わせでとても悩みました。

 

【定期的にクリーニングが可能】

②の「定期的にクリーニング可能な点」ですが、
店まで足を運ぶのは・・・
と初めの方は思っておりましたが、

指輪がきれいになることよりも、
店を訪れることで8年が経過した今でも

当時の思い出が蘇って懐かしい思いに浸れるところです。
(新しいアクセサリーも欲しくなってしまいますが・・・笑)

【指輪の中に誕生石を入れられる】

③の「指輪の中に誕生石を入れることができる点」
については、私たちは互いの指輪の内部に
お互いの誕生石をそれぞれ相互に入れております。

ほとんど見る機会はないですが、クリーニング等で
外した際に確認すると当時の思い出が蘇ってきます。

 

【購入した結婚指輪の少し残念な点】

①本当にどんなイメージになるかは
出来上がるまでわかりませんので、

もしかすると当初のイメージから
かけ離れてしまう可能性もあります。

イメージ通りを希望する方には
あまりお勧めできないかもしれません。。。

②オーダーメイドであることから
有名ブランド並みに高額です。
予算と相談していただければと思います。

【指輪の製法】

何枚にも重ねた金属を職人が気持ちを込めて
何度もたたいたり、ひねったりして、
二人だけの模様を生み出していきます。

オーダーメイドなので
二人が選んだ色でも雰囲気は異なります。

また、職人の一点物になりますので二度と同じ模様が
生まれることのない世界に一つだけのリングです。

 

【指輪選びのポイント】

結婚指輪は値段が高額なものも多いですが、
やはり特別なものです。

結婚して8年以上経った今でも
「自分の左指に20万円」という意識はいつもあります。笑

年々、色褪せていく部分もあります。
(クリーニングでも取りきれない)

しかし、
その変化を見るもの自分達家族が過ごしてきた
日々を共に過ごしている感じがして感慨深いです。

「高額な指輪だからいいもの」ではなく、
やはり、「お互いが本気で気に入ったもの」
を購入するべきだと思います。

私たちは、お店からプロポーズ用に
婚約指輪をレンタルさせていただき、

プロポーズ後に、返却とともに気に入ったデザインを
一緒に選びました。(店だけは決めていました)

「気に入ったデザイン」にしようとすると、
値段が跳ねあがることもありましたが、

一生に一度の買い物だと思って、
本気で気に入ったものにしました。

その後家を購入し、指輪以上に
一生に一度の高い買い物になりました。笑

 

【結婚指輪の価格】

私たちは婚約指輪+結婚指輪(2人分)で約100万円
(婚約指輪:約50万 結婚指輪約20万×2)でした。

婚約指輪は、冠婚葬祭の時くらいしか
つける機会はありませんが、
こちらも付けるたびに当時を思い出します。

365日身につける結婚指輪ですので、
「二人が気に入ったもの」を
最優先していただければ幸いです。

また、どの指輪にしようか迷ったら、
とりあえず有名なブランド・・・
という選択はおすすめできません。

個人的には、「世界に1つだけ」であったり
「特別なデザイン」などの同じものが
なかなか手に入らないものがおすすめです。
(無くしたら大変ですが・・・)

 

【現在の結婚指輪】

結婚指輪を購入から8年経過した今でも、
1年に1回のメンテナンスをしていることもあり、
きれいです。

デザインもシンプルなものにしたので
どんな服装にも合います。

たまに、大きめの指輪をしている方もいらっしゃいますが、
私は、何でもあう細めの指輪にして正解だったと思っております。

 

【プロポーズのエピソード】

プロポーズの1年前、デートをしていた際に
何気なく目に入った指輪があり「これがいいね」
と話しておりました。

それを彼が覚えてくれていて、
ホテルでディナーをした際にスイートルームに案内され、

突然、「あなたを一生幸せにします。結婚してください」
とプロポーズされました。

その際に、手渡されたのが、1年前に「これがいい」
といっていたブランドの婚約指輪でした。

プロポーズ用にお店からレンタルを
させていただいたもので形はした後に、

翌日二人でお店に行って、
どんな婚約指輪にするか一緒に選びました。

いろんな写真を見て
めちゃくちゃ迷いましたが、楽しかったです。

 

婚約指輪を選んだ後に、二人でつける
結婚指輪も一緒に選んでいきました。

同じ板から分けて2人分の
結婚指輪を作っていただきました。

指輪が完成するまでが本当にドキドキで
毎日楽しみでたまりませんでした。

世界に1つしかない指輪なので、
本当に今でも大切に身につけております。

しかし、たまに、
机や角にぶつけてしまったりして、
指輪に傷がついてしまうこともあります。

でも、1年に1回のメンテナンスをすることで
ほとんど傷は目立たなくなりますし、
磨いていただくので新品のような状態になります。

一生に1度の大切なアクセサリーです。
大切に使ってはいますが、どうしても
ずっとつけているので傷も付きます。

結婚5年目の時には、
同じ店でピアスを買ってもらいました。

10年目は何をくれるのかな??笑
ちょっと期待しております。

 

【プロポーズ後のエピソード】

プロポーズ後は、二人でお店に行って、
一緒に指輪の構成を考えました。

彼が「シンプルなデザインがいい」とのことだったので、
イメージを持ちながら、木目のデザインや
色合いなどを調整しました。数回お店には通いました。

指輪とは関係ないですが、
プロポーズ後は二人で旅行に行きました。

新婚旅行とは別でいきなり出かけました。笑
山陰地方に行っていろいろなところを巡りました。

その後、彼の実家に行ってご挨拶しました。
彼のご両親は快く受け入れてくださり、
本当に嬉しかったです。

彼の実家への挨拶が終わった後は、
私の方の実家に行って挨拶しました。
彼はとても緊張しておりました。笑

 

彼は、仕事でも人前で
話したりする仕事が多いのですが、

普段は全く緊張しないのに、後にも先にも
この時が一番緊張したといっております。(笑)

私の実家では、母が初めに出てきて、即答で
「こちらこそよろしくお願いいたします。」でした。

その後、父が帰宅し、
「うん。OK」と返事をしたので、
思わず私は吹き出してしまいました。(笑)

そんなこんなで、その年度末に
無事に結婚式を挙げることができました。

現在は、2人の子どもに恵まれて、
毎日、育児や家事と大変ですが、
私は専業主婦をしております。

自分の子どもたちが結婚するときは、
できたら同じブランドの指輪を
選んでくれたらいいなと思っております。

1枚の板からできたアクセサリーって本当にいいです。
気持ちの問題かもしれませんが、本当にいいです。

 

沢山の先輩カップルさんの結婚指輪をご紹介しております
こちらからご覧頂けます→私達の結婚指輪をブログで紹介

私が作るジュエリーコウキの鍛造の結婚指輪の一覧は→コチラ

=================================

結婚指輪や結婚に関わる体験談ありがとうございました

どうやって結婚指輪を選んでいったのかをエピソードで
詳しく教えて頂きましてありがとうございましたm(__)m

職人さんが手作りで作るという唯一無二の結婚指輪です
製法としては叩くので鍛造に似ていますが流れとしては
色が違う地金板を重ねて叩く事によって杢目に見えます。

ただ色違いの異なる地金を重ねているのでメンテナンス
に凄く難しいというのが最大のポイントになってきます
特に溶接を必要とするサイズ直しなどは厳しいですよね。

当店、ジュエリーコウキで私が指輪を作っている鍛造と
いう製法は日本の伝統技法で代々受け継がれた伝統技術。

今回のような別々の異なる地金を重ねて作るのではなく
1つのプラチナ、1つのゴールドなど1つの素材を鍛冶
で鍛錬しながら密度を高めながら作るので頑丈なんです。

今回の記事のように1つの同じ地金から2つの結婚指輪
を作っていきますので同じように唯一無二の指輪ですし

一種類の地金のみなのでサイズ直しなどのメンテナンス
にも問題なく対応できますので安心して着けられますね
私、池田が作る本物の鍛造の結婚指輪もお勧めです(^-^)

ジュエリーコウキ 2代目、池田潤

=================================

お気軽に私、池田までお問い合わせをしてください(^ω^)

こちらの「お問い合わせ」からか、もしくはメールで
j_kouki_ring@yahoo.co.jp 宛てまでお願いいたします。

ネット販売はコチラから→ジュエリーコウキ ヤフーショップ

○電話番号 0258-27-1771 電話は10時~16時まで対応可能
○メールアドレス j_kouki_ring@yahoo.co.jp 24時間OK
〒940-2003 新潟県長岡市渡場町2-7 株式会社ジュエリーコウキ

=================================

鍛造で作る結婚指輪はごく稀で、希少価値のある結婚指輪
世界中の全ての結婚指輪のうち鍛造で作られた結婚指輪は
1%未満と言われるほど鍛造の結婚指輪は少ないんですよ。

その理由は、鍛造の指輪は地金を金槌で叩いて炎で焼いて
じっくりと時間をかけて地金密度を上げていくという製法
熟練された技術や知識を持った職人のみしか作れない技法
鍛造の指輪を作る為の専門工具や機材など設備も必要な為。

伝統工芸と言われる鍛造の指輪は日本の宝だと思いますが
受け継ぐ職人が激減しており鍛造の指輪は衰退しています
だからこそ鍛造技術を受け継いだ私が広めたいと思います。

指輪作りの制作ブログをご覧頂いて鍛造技術に納得をして
私の結婚指輪をご購入して頂けると作り手として幸せです。

=================================

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA