私達の結婚指輪は個性的!周りと被らない指輪のお気に入りポイント

結婚指輪の手作り専門店、ジュエリーコウキ
日本伝統技法の1つ、鍛造で結婚指輪を制作

鍛造(たんぞう)という日本の伝統技術で結婚指輪を制作
鍛えて造る指輪という意味で鍛造指輪と言われています。

ちなみに出来合いの既製品の結婚指輪は鋳造(ちゅうぞう)
という製法でリングの原型の型に溶かした地金を流して
固めて作る大量生産で、市場の99%がこの製法なんです。

手作りと言っている店でもロウワックスを削って指輪の
原型を作っている店がほとんどでこれも鋳造に入ります。

市場の残り1%以下が鍛造で 宝飾職人が鍛冶で作ります
直接地金(プラチナやゴールド)を鍛えて削って作ります。

手間をかけて鍛冶で鍛練する事で地金の密度が増します
密度が上がった指輪は変形しにくく結婚指輪に最適です。

 

こんにちは(゚Д゚)ノ

ジュエリーコウキ2代目で宝飾職人の池田と申します
職人歴は27年で鍛造を継承している職人の1人です。

鍛造は昔からの技術を受け継いだ宝飾職人しか作れず
全国でも鍛造を継承した宝飾職人は凄く少ないんです。

鍛造で手作りした鍛造指輪をブログで発信しています
鍛造指輪の制作工程や鍛造結婚指輪を紹介しています。

ジュエリー職人

指輪作りもブログ更新も私がしております(^-^)

結婚指輪の専門店という事で結婚指輪に関する記事を
書いていますしお客様の体験談もご紹介しております。

先輩カップルさんの結婚指輪にまつわるエピソードを
募集してブログにアップしておりますので結婚指輪に
関する為になる有益な情報を発信をするのが目的です。

先輩カップルさんの実体験を投稿して頂いているので
これから結婚指輪の購入を考えているカップルさんに
参考になるような内容だと思いますのでご覧ください。

※当店で購入をされていない方の体験談も含まれます

 

本日は、東京都N様から投稿を頂いたエピソードです

こちらの方の好みの結婚指輪は、柔らかい感じよりも
少し尖ったクールな感じで個性的なものが理想でした。

一般的に結婚指輪と言えば、1番よく出て人気なのは
シンプルで付け心地が良くて、ずっと着けていられる
デザインの結婚指輪ですが個性的なご依頼も頂きます。

個性的といっても個性は様々ですので幅広くなります
選んだ方の好みや、センスでデザインは違いますよね
そこで今回、どうやって選んだかを教えて頂きました。

それでは東京都N様のエピソードをご覧くださいませ。

=================================

 

題名

【個性的な結婚指輪】

 

投稿者 東京都N様

 

私たちの結婚指輪は、
某ブランドの結婚指輪です。

この結婚指輪にした理由は、
見た目だとてもタイプだったからです。

婚約指輪にダイヤモンドが大きく入っているため、
結婚指輪は石のないシンプルなものを選びたかったのと、

人とあまり被らないデザインのものにしたかったのと、
一番は主人の指輪とまるっきり同じものをつけたかったからです。

結婚指輪を選ぶ際に訪れたのは、
デパートの指輪フロアです。

ブランドのこだわりは全くなかったので、
片っ端から様々な結婚指輪をみて回りました。

 

【クールな結婚指輪が好み】

私自身はシンプルな服装や持ち物が多いので、
柔らかい感じよりも少し尖ったクールなアイテムが好みでした。

デパートに行く前に結婚指輪の形など
イメージをある程度固めてはいましたが、

主人には多くの選択肢を与えたかったので
特に相談はせず色々な物をみて回りました。

実は目星をつけていたこの某ブランドの結婚指輪、
実際見てみるとはとてもシンプルでクールな印象でした。

個性的な結婚指輪

【周りとかぶらない結婚指輪】

周りでかぶることもなく
少しエッジもきいているので私はこれだな、と思い
主人に尋ねると同じ意見だったのですぐに決まりました。

シンプルではありますが、
細かく縦に線が入っているので、

角度によって輝きを見せるのでシンプルでもあり、
ファッショナブルであるのはお気に入りのポイントです。

 

【結婚指輪 お気に入りポイント】

また、幅も太さもちょうどよく他のアクセサリーを
していてもしっかり存在感はありつつ、
邪魔をしない作りなのも好きなポイントです。

クールな印象が夫婦共々気に入っている理由です。

結婚指輪に石は付いていないので
ずっとつけていても気になることもないですし、

指輪自体に凹凸があるので
傷が目立ちにくいのもポイントです。
とても気に入っている結婚指輪です。

女性にはシンプルすぎるという印象も受けますが、
私は他にもアクセサリーや服装などに邪魔しない

素敵なデザインなので全体的に
引き締めてくれるこの指輪はとてもお気に入りです。

 

【結婚指輪の素材はシルバー】

デザインまではすんなり決まりましたが、
思わぬ落とし穴がありました。

それは私がとてもカラーで迷ってしまったことです
結果的には二人ともホワイトシルバーの指輪にしました。

私は最後までゴールドにするかとても悩みましたが、
長年つけるもの、年老いてから似合い続けるもの、と考えると、
シルバーの方が肌馴染みがいいと思ったので、シルバーにしました。

歳をとって手がしわしわになった時のイメージをして
それでもつけてて輝くのはシルバーだなと思ったからです。

 

【SNSで結婚指輪をリサーチ】

結婚指輪を決める際は、SNSなどをたくさん見て
どんなデザインがいいか前もってかなりリサーチをしました。

そのおかげで割とすんなりと
実店舗で決めることができました。

結婚指輪探しのデートもとても楽しかったので、
ゆっくりデパートで探すのもとてもおすすめです。

いつもはなかなか高くて手にすることのできない
指輪まではめさせてもらったり、

とてもラグジュアリーな空間を夫婦で楽しむことができたので、
それもとてもいい思い出です。

結婚指輪を決定、購入後は、
名前の印字や取り寄せなどがあったので、
実際に受け取ったのは1.2ヶ月後くらいでした。

 

【結婚指輪は結婚式当日まで開封せず】

私たち夫婦は、
結婚指輪を受け取った後もすぐには開封せず、
結婚式当日まではしませんでした。

結婚指輪のサイズ感の確認や前撮りの為に
一時的には結婚指輪をはめたこともありましたが、
結婚式当日までのお楽しみにしました。

買ってなかなか出せないのはもどかしかったですが、
結婚式当日にはめたことで夫婦になった実感を
改めて感じることができたのでよかったです。

 

【結婚指輪は男性の意見も大事】

結婚指輪を選ぶ過程で大事だったことは、
女性の意見よりも男性の意見の方が
第三者目線でよかったことです。

私は婚約指輪ももらっていたので、
結婚指輪は主人の意見を尊重しようと思っていたので
それが今回よかったポイントだと思っています。

長い月日をする結婚指輪なので、
その時の流行りやその時の気分で買うよりも

タイムレスに愛用できるものを、
タイムレスに好きでいられる条件を
考えながら選ぶことが大事だと思いました。

 

【プロポーズエピソード】

私たち夫婦は、
学生時代から7年ほど付き合っていました。

プロポーズをもらったのは社会人4年目の
付き合って7年目の記念日でした。

実はそろそろあるのではないかと
そわそわした気持ちでいたので、

実際にプロポーズを受けた時は
とても嬉しかったのを覚えています。

プロポーズのシチュエーションや
婚約指輪のデザインも含め、

ある程度の理想は主人に話していたので、
それ通りにプロポーズをしてくれました。

主人なりに色々と考えてくれたことは
とても嬉しく今でもとてもいい思い出です。

学生からの付き合いで付き合いも長いため、
周りにはいつ結婚するの?などとても

プレッシャーをかけられていたこともあり、
嬉しいと同時にホッとしたことも覚えています。

 

プロポーズ当日は、珍しく主人は緊張していたようで、
会話が少し少なかったのは今でも覚えています。

プロポーズは、とても気になっていた
おしゃれなレストランの個室で、

デザートのプレートと一緒に
花束と一緒に婚約指輪をいただきました。

この先こんな嬉しいことはないだろうと
思うくらいとても嬉しい気持ちになりました。

主人はいつもは淡白な人で感情を
あまり出さない人間ですが相当緊張していたようで、
それも良い思い出です。

それからはずっと婚約指輪をつけて眺めていました
いつもキラキラとしている婚約指輪を見ると、

プロポーズされたときの気持ちを思い出すので
いつも新鮮な気持ちになれます。

この婚約指輪のようにいつまでも
輝き続ける夫婦でいたいと思いました。

 

【プロポーズ後のエピソード】

プロポーズをされた後は、
割とゆっくりとことを進めていきました。

まずはお互いの両親への報告、
一年以内に籍を入れてそのあと同棲を始めました。

その後、プロポーズから一年後から
結婚指輪を探し始めました。

それと同時くらいの時期に
結婚式場を探すデートを重ねました。

そもそも結婚式や結婚指輪へのこだわりがあまり
なかった主人と、とてもこだわりがあった私本人とで、

価値観や方向性などをゆっくりと時間をかけながら
話したりすり合わせを行なっていたので、
プロポーズからかなり時間をかけながら進めていました。

結婚指輪は私、本人の中でイメージは
できていたので割とすぐに決定できました。

主人ともセンスが似ている部分もあったので
結婚指輪はすぐ決定しましたが、
結婚式場は5.6箇所廻りました。

 

式をあげたい時期を大まかに決めていましたが、
なかなか式場が決まらず少し焦った部分もありました。

式場が決まったのは、
式当日の4ヶ月前どかなり急でした。

もっと前もってゆっくりと時間をかけて
式場探しをするべきと思いました。

準備期間を考慮し、
早めに見学検討準備を行うことをお勧めします。

仕事をしながらの準備はとても大変で
なんども夫婦でぶつかりましたが
今となってはとても良い思い出です。

当日は今までにないくらい
とても良い一日を過ごすことができ、
今でもとても良い思い出です。

それから結婚式が落ち着いて
少したってから新婚旅行を検討をはじめ

結婚式から3ヶ月ほどたってからヨーロッパ周遊の
新婚旅行に行けたのもとても思い出に残っています。

 

他にも沢山の先輩カップルさんの結婚指輪をご紹介
こちらからご覧頂けます→先輩カップルの結婚指輪

 

=================================

結婚指輪やプロポーズエピソードありがとうございました

個性的な結婚指輪を選ぶ方は少ないのですが、あえて人と
被らないデザインの結婚指輪を選ぶという方も多いです。

基本的に個性的な結婚指輪は、個性が強いので敬遠されて
しまいがちですが周りと被りにくいというメリットがある
ので周りと同じのが嫌な人には個性的なものはお勧めです。

ただ、歳を重ねてから個性的な結婚指輪が苦手になる恐れ
もありますので年代に左右されないないシンプルな指輪が
1番人気があり1番売れているというのも事実になります。

また、個性的な結婚指輪というのは個性的なデザインです
個性的かつ複雑になるとメンテナンス全般(サイズ直し等)
が効かない指輪もありますので注意が必要になってきます。

今回、ご投稿を頂いた方の結婚指輪も個性的になりますが
結婚指輪の素材がシルバーということで更にメンテナンス
が効かないのでデザインの他にも材質にも注意が必要です。

当店は日本伝統技法の鍛造で作る結婚指輪がメインですが
指輪に使用する材質はプラチナとゴールドのみにしてます。

シルバーはメンテナンスが効かないので作っておりません
そしてシルバーは変色もしますので指輪が黒ずんできます。

金属アレルギーの方はシルバーに反応をしてアレルギーが
出やすい材質になりますので材質選びは慎重にしましょう
指輪の作り手からすると結婚指輪はプラチナがベストです!

ジュエリーコウキ 2代目、池田潤

=================================

お気軽に私、池田までお問い合わせをしてください(^ω^)

こちらの「お問い合わせ」からか、もしくはメールで
j_kouki_ring@yahoo.co.jp 宛てまでお願いいたします。

私が作る鍛造の結婚指輪の一覧は→コチラ

○電話番号 0258-27-1771 10時~17時まで対応しています
○メールアドレス j_kouki_ring@yahoo.co.jp 24時間OK
〒940-2003 新潟県長岡市渡場町2-7 株式会社ジュエリーコウキ

=================================

鍛造で作る結婚指輪はごく稀で、希少価値のある結婚指輪
世界中の全ての結婚指輪のうち鍛造で作られた結婚指輪は
1%未満と言われるほど鍛造の結婚指輪は少ないんですよ。

その理由は、鍛造の指輪は地金を金槌で叩いて炎で焼いて
じっくりと時間をかけて地金密度を上げていくという製法
熟練された技術や知識を持った職人のみしか作れない技法
鍛造の指輪を作る為の専門工具や機材など設備も必要な為。

伝統工芸と言われる鍛造の指輪は日本の宝だと思いますが
受け継ぐ職人が激減しており鍛造の指輪は衰退しています
だからこそ鍛造技術を受け継いだ私が広めたいと思います。

指輪作りの制作ブログをご覧頂いて鍛造技術に納得をして
私の結婚指輪をご購入して頂けると作り手として幸せです。

=================================

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA