妊娠中の結婚指輪 サイズの選び方!むくみで入らない&抜けなくなる

オーダーメイドの結婚指輪、ジュエリーコウキ
日本伝統技法の鍛造で結婚指輪を手作りします

オーダーメイドの結婚指輪は全国各地に沢山ありますが
鍛造という技術で作るオーダーメイドの結婚指輪は全国
を探してもほとんど存在しない希少価値の高い結婚指輪。

鍛造(たんぞう)という日本伝統技法でリングを作ります
鍛えて造る指輪という事で鍛造リングと言われています。

一般的なオーダーメイドといえばロウ材から指輪の原型
になる型を作って溶かした地金を型に流して作る製法や
セミオーダーのようにデザインを選ぶタイプが主流です。

しかしジュエリーコウキで二代目の私がする製法は鍛造
鍛えて造るという事から鍛冶作業で鍛錬をして作ります
鍛冶で鍛錬された指輪は密度が濃くなり頑丈になります。

 

こんにちは(゚Д゚)ノ

ジュエリーコウキ2代目で宝飾職人の池田と申します
職人歴は28年で鍛造を継承している職人の1人です。

鍛造は昔からの技術を受け継いだ宝飾職人しか作れず
全国でも鍛造を継承した宝飾職人は極めて少人数です。

市場全ての結婚指輪の中で、鍛造のオーダーメイドで
作った結婚指輪は僅か1%未満しか存在しないんです。

鍛造オーダーメイドの指輪をブログで発信しています
鍛造の制作工程や鍛造の結婚指輪をご紹介しています。

ジュエリー職人

指輪作りもブログ更新も私がしております(^-^)

結婚指輪の専門店という事で結婚指輪に関する記事を
書いていますしお客様の体験談もご紹介しております。

先輩カップルさんの結婚指輪にまつわるエピソードを
募集してブログにアップしておりますので結婚指輪に
関する為になる有益な情報を発信をするのが目的です。

先輩カップルさんの実体験を投稿して頂いているので
これから結婚指輪の購入を考えているカップルさんに
参考になるような内容だと思いますのでご覧ください。

※当店で購入されていない方の体験談を募集しました
全国各地のカップルさんの話を聞きたかったからです。

 

本日は、神奈川県S様から投稿を頂いたエピソードです

ご投稿を頂いたこちらの方は妊娠中に結婚指輪の購入
するタイミングになったというエピソードになります。

妊娠中「指が浮腫んでしまう」という方が多いですので
指輪のサイズ選びは難しくて凄く慎重になったそうです
今、妊娠中で指輪を探している方には気になりますよね。

むくんでいると指輪が抜けなくなったり入らなくなった
という話しも良く聞きますので記事の後半は指輪作りの
宝飾職人としての私のアドバイスも書きたいと思います。

それでは神奈川県S様のエピソードをご覧くださいませ。

=================================

 

題名

【妊娠中に結婚指輪を購入した体験談】

 

投稿者 神奈川県S様

 

知人の紹介の店で購入を決めました。
当初頭の中では「シンプルなデザインがいいな」
とざっくりとしたイメージで来店。

すると、自分の想像してたより多くのデザインがあり、
一気にデザイン迷子状態になりました。

シンプルといってもフープの形や細さ等も様々で
それに加えてカラーもあり気になるものを
眺めるだけで軽く1時間は経っていたと思います。

担当してくれたスタッフさんは、
まずは形から決めていきましょうと
3種類の指輪を目の前に並べてくれました。

 

【指輪の形はストレート、ウェーブ、V字】

一般的な形のストレート、
波打つ形のウェーブ、
そして重ね付けにおすすめのV字型。

この3種類のストレート、ウェーブ、V字が
指輪のベースとなるフォルムの形だそうです。

アクセサリーには疎く、ストレート型しか
見たことがなかったためウェーブや
V字のデザインがとても新鮮に感じました。

写真で見ると少し個性的に感じて自分では
あまり選ばなかったかなと感じていましたが

実際につけてみると私の場合はウェーブをつけた時、
ストレート型よりも指が華奢に見え、

このような発見も実際に着用しないと
分からない気づきだなと驚きました。

 

【指輪の形の次はデザイン】

指輪の形が決まると、次はデザインに移りました。

シンプルが良いと思っていたので石は無くてもいいし、
あったとしてもさりげなく小さく一粒でいいかなと
思っていました。

しかし石の飾り方も種類が沢山あり、
またまた迷子に。

その時、スタッフさんに
「遠くから見ると石が無いように見えるけれど、
光が当たるとキラッと手元で光るのもさりげない

おしゃれとしてオススメですね」という一言をもらい、
自分の中でその提案が突き刺さりました。

選んだのはライン上に細かく石が施されたデザインで、
先程の提案の通り上品に手元で光る指輪に
一目惚れしている状態でした。

結婚指輪 妊娠中のサイズ選び

 

【指輪の素材はプラチナ】

最後はカラーの選択をし、
1番自分の肌に馴染んだプラチナに決定しました。

プラチナは頑丈で傷にも強く、
汗等でも変色しないものから
「一生使うもの」としてオススメされました。

毎日付けるものだからこそプラチナの性質は
結婚指輪には大変オススメだと言われ、

実際毎日家事で水仕事等を行なっていますが
綺麗な輝きを保ったままです。

 

【妊娠中のサイズ選びは重要】

また、当時私は妊娠6ヶ月頃で
体も少し浮腫が気になる時期でした。
妊娠中の指輪のサイズ選びは凄く悩みました(汗)

指輪のサイズはその時点では8号だったので、
本来から7号の可能性がありサイズをどうするか悩みました。

しかし出産後にサイズ変更を
無料で行えると教えていただき、
8号のまま作ってもらうことにしました。

実際出産後は浮腫も治まり指輪がゆるくなって
しまったので購入したお店に再度持っていき、
サイズ変更を快く受けてもらえました。

ちなみにこの妊娠中のサイズ選びは
自分にとって1番衝撃だった出来事で、

自分が思ってるよりも小さいサイズが
実は本来のサイズだと言われたことでした。

実際、自分ではめようとした時「少し小さいかも」
と思ったものもスタッフさんが慣れた手つきでハマると
びっくりするくらいピッタリとハマり驚きました。

きついのは嫌だと少し余裕あるサイズで選んでしまうと
不意に抜けてなくなってしまう事案がとても多いみたいなので、
抜けないかな?くらいピッタリなものの方が良いみたいです。

ただ、仕事上つけたり外したりが多い職種に付いている人は
少し余裕をもったサイズの方がいいかもとアドバイスをもらいました。

 

【プロのアドバイスは大切】

そして最終的に決めたデザインを改めて見てみると、
最初に自分が想像していたデザインとかなり差があり

やはりプロと相談しながら試着を繰り返して
決めた方が納得感が凄まじかったです。

もしかしたら自分だけで決めていたら
「あっちの方がよかったかな」という後悔が
もしかしたら生まれていたかもと感じます。

購入して2年近く経ちますが心から納得して
買ったものなので今でもふと眺めると
「かわいいなあ」と思うくらいお気に入りです。

ちなみに、最初は結婚指輪の購入を
「なんでもいいよ〜」と言ってあまり
興味を持っていなかった旦那さんでしたが、

直近で私の指輪選びを見ていて触発されたのか、
私が決める頃に「自分のもカスタムとかしてみたいなあ」
と意欲を見せてくれたことには驚きました。

せっかくなので旦那さんのデザインにも
少し手を加えてオリジナリティを出し、
少しオプションとして一部をマット加工にしました。

 

【結婚指輪の価格と納期】

その他にも指輪の裏には2人のイニシャルと
入籍日を掘ってもらいデザインを完成させました。
加工代込みで、価格は夫婦合わせて約28万円でした。

購入から手元に届くまではだいたい1ヶ月程で、
サイズ変更をお願いした際も、
同じく1ヶ月程で行って貰えました。

結婚指輪を買う前は正直、
購入についてはあまり考えていませんでした。

しかし指輪を買ったことで自分が
「この人と夫婦になれたんだ」

という実感を得ることができ、
値段以上に大切なものをもらえたような気がします。

 

【プロポーズのエピソード】

付き合って半年後に彼の転勤が決まりました。

互いの休日が合うのは週に1回
あるかないかの状態で遠距離恋愛になると、

会える日はほぼないんじゃないかと思い
意を決して彼についていくことにしました。

この時点で結婚について話を
していたかというとそんなことも全くなく、

純粋に離れたくないという気持ちが強く
今思うとこの行動力には自分自身も驚きました。

親にも事後報告のように説明し、
反対されるかなと思いましたが

「我慢して遠距離になって別れた方が後悔するでしょ」
と背中を押す形で応援してくれました。

実際一緒に暮らし始めて、
軽くは将来の話などする様にはなったものの、

彼はしっかり言葉で「結婚しよう」などを
伝えてくるタイプではないと思っていたので
このままゆるく入籍するのかなあくらいの気持ちでいました。

 

ある日、会社の後輩と仕事のミーティングが
あると言われ休日出勤して行った彼。

時々休日に会社に行くのは見ていたので、
今日も帰りも遅くなるかもなと考えながら
私は夜ご飯を作ってのんびり待っていました。

すると夕方頃にバタバタと
玄関に走り込んでくる音が響き、

驚いて目をやるとそこには目を輝かせながら
にんまりと笑っている彼の姿がありました。

そして手には小さな箱が握られており、
近づいてくると「おまたせ」と片膝をつきながら
指輪を差し出してくれました。

照れ隠しなのか、わざとオーバーリアクションで
王子のモノマネをしている彼の姿を見て
最初は爆笑していた私でしたが、

慣れないサプライズをしてくれたその気持ちが
嬉しくてじわじわと泣いてしまいました。

婚約指輪は自分でオーダーメイドで作ってもらった様で、
デザインを決めるまで3回お店に通ったそうです。

煌びやかなお店に慣れない様子で最初入る時は店の前で
20分は彷徨いていたと笑いながら伝えられました。

彼の渾身のサプライズの結果私の顔面は
笑顔と涙でぐちゃぐちゃになりましたが、
過去1番いい顔をしていたと思います。

 

【プロポーズ後のエピソード】

プロポーズの後、彼から婚約指輪ができるまで
ドキドキが止まらなかったと伝えられました。

もう少しで婚約指輪が完成するかな
というタイミングで私が妊娠をし、

これからのためにお金が
必要だと思うから指輪はいらないかなと
言った時は動揺が止まらなかったと言っていた彼。

しかし彼の中では、お金がかかったとしても
自分の中で人生をかけるけじめとしてプレゼントを
することは決めていたようで、

私が婚約指輪いらない発言をした時「そうなんだ〜」
という不自然な返答になってしまったそうです。

まだかまだかと完成を待ち、
ついに婚約指輪を受け取る日にスタッフさんから

プレゼント用に綺麗に模様があしらわれた
ボックスをもらっていたのですが、

はやくプレゼントをしたいあまりに
家に着く前に移し替えるのを忘れていた様で、

通常の箱のままプレゼントしてしまったことが
唯一の後悔だと言っていました。

 

ちなみにプロポーズの言葉は「おまたせ」
だったのですがこの日だけのわがままとして

「結婚してくださいって言って欲しいな」と伝えると
「そういうキャラじゃないって分かってるでしょ」

と言いながらもすごい小さい声で「結婚しよう」
と言いながら婚約指輪をはめてくれました。

その時に婚約指輪のサイズがぶかぶかで
「指輪のサイズを探ろうとしたけど
うまくいかなかったから確実に入るサイズにした」

とあえて大きめで作り、
サイズを直しにいくタイミングで
一緒に結婚指輪を選びに行こうという話になりました。

この流れはスタッフさんと一緒に考えた様で、
わざと大きめのサイズでプレゼントしたら

サイズ直しの口実で自然と結婚指輪選びに
誘えるよとアドバイスを受けたそうです。

このアドバイスをもらう前に、
私の指輪のサイズを探るために
どうするかを友人と話し合っていた彼は、

最終的にはネットで指輪のサイズを測る機械を
私が寝ている時に指にはめて調べようとしていた
という話を聞いて爆笑してしまいました。

このエピソードは両家の顔合わせの食事会で披露され、
同じく家族に爆笑されていました。

 

沢山の先輩カップルさんの結婚指輪をご紹介しております
こちらからご覧頂けます→私達の結婚指輪をブログで紹介

私が作るジュエリーコウキの鍛造の結婚指輪の一覧は→コチラ

=================================

結婚指輪や結婚に関わる体験談ありがとうございました

妊娠中の結婚指輪のサイズ選びは難しいと思います(汗)
私は指輪を長年作っている宝飾職人ですが妊娠中という
のは人それぞれで個人差もあるから難しいという事です。

指が浮腫みやすい人、むくみと一言で言ってもサイズが
結構変わってくる方、そんなに変わらない方など様々で
中には指が全然むくまないという方もいらっしゃいます。

指輪の作り手のアドバイスとしては、指が浮腫んでいる
状態というのは個人差があって判断しにくいというのが
本音ですので出産後に落ち着いてからがベストなんです。

しかし日程が決まっていて絶対に結婚指輪が必要という
場合は今現在の指の状態でサイズを決めると良いですね。

後々サイズ直しも必要になる場合もありますのでお店の
スタッフさんにサイズ直しが可能な指輪なのかどうかを

予め確かめた上でデザインを決めるというのが安心です
中にはサイズ直しが不可能なデザインもありますので(汗)

ジュエリーコウキ 2代目、池田潤

=================================

お気軽に私、池田までお問い合わせをしてください(^ω^)

こちらの「お問い合わせ」からか、もしくはメールで
j_kouki_ring@yahoo.co.jp 宛てまでお願いいたします。

「LINEで問い合わせをしたいです」という声も頂くので
ジュエリーコウキ2代目、私のラインIDをお知らせします

ライン ID junikeda12  ユーザーネーム 池田じゅん

○電話番号 0258-27-1771 10時~17時まで対応しています
○メールアドレス j_kouki_ring@yahoo.co.jp 24時間OK
〒940-2003 新潟県長岡市渡場町2-7 株式会社ジュエリーコウキ

=================================

鍛造で作る結婚指輪はごく稀で、希少価値のある結婚指輪
世界中の全ての結婚指輪のうち鍛造で作られた結婚指輪は
1%未満と言われるほど鍛造の結婚指輪は少ないんですよ。

その理由は、鍛造の指輪は地金を金槌で叩いて炎で焼いて
じっくりと時間をかけて地金密度を上げていくという製法
熟練された技術や知識を持った職人のみしか作れない技法
鍛造の指輪を作る為の専門工具や機材など設備も必要な為。

伝統工芸と言われる鍛造の指輪は日本の宝だと思いますが
受け継ぐ職人が激減しており鍛造の指輪は衰退しています
だからこそ鍛造技術を受け継いだ私が広めたいと思います。

指輪作りの制作ブログをご覧頂いて鍛造技術に納得をして
私の結婚指輪をご購入して頂けると作り手として幸せです。

=================================

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA