結婚指輪はシンプルが後悔しない!年をとっても着けれる大人の理由

オーダーメイドの結婚指輪、ジュエリーコウキ
日本伝統技法の鍛造で結婚指輪を手作りします

オーダーメイドの結婚指輪は全国各地に沢山ありますが
鍛造という技術で作るオーダーメイドの結婚指輪は全国
を探してもほとんど存在しない希少価値の高い結婚指輪。

鍛造(たんぞう)という日本伝統技法でリングを作ります
鍛えて造る指輪という事で鍛造リングと言われています。

一般的なオーダーメイドといえばロウ材から指輪の原型
になる型を作って溶かした地金を型に流して作る製法や
セミオーダーのようにデザインを選ぶタイプが主流です。

しかしジュエリーコウキで二代目の私がする製法は鍛造
鍛えて造るという事から鍛冶作業で鍛錬をして作ります
鍛冶で鍛錬された指輪は密度が濃くなり頑丈になります。

 

こんにちは(゚Д゚)ノ

ジュエリーコウキ2代目で宝飾職人の池田と申します
職人歴は28年で鍛造を継承している職人の1人です。

鍛造は昔からの技術を受け継いだ宝飾職人しか作れず
全国でも鍛造を継承した宝飾職人は極めて少人数です。

市場全ての結婚指輪の中で、鍛造のオーダーメイドで
作った結婚指輪は僅か1%未満しか存在しないんです。

鍛造オーダーメイドの指輪をブログで発信しています
鍛造の制作工程や鍛造の結婚指輪をご紹介しています。

ジュエリー職人

指輪作りもブログ更新も私がしております(^-^)

結婚指輪の専門店という事で結婚指輪に関する記事を
書いていますしお客様の体験談もご紹介しております。

先輩カップルさんの結婚指輪にまつわるエピソードを
募集してブログにアップしておりますので結婚指輪に
関する為になる有益な情報を発信をするのが目的です。

先輩カップルさんの実体験を投稿して頂いているので
これから結婚指輪の購入を考えているカップルさんに
参考になるような内容だと思いますのでご覧ください。

※当店で購入されていない方の体験談を募集しました
全国各地のカップルさんの話を聞きたかったからです。

 

本日は、新潟県T様から投稿を頂いたエピソードです

ご投稿を頂いたこちらの方は結婚指輪は一生着ける物
ということで、二人で話し合って何が大切かを考えて

歳を重ねてもずっと着けられるようにシンプルな指輪
だったら流行りに流されないという大人の考え(理由)
からシンプルな結婚指輪を探して決めたそうです(^-^)

確かに若い時に良いと思ったデザインが年を重ねると
イメージが変わって着けなくなったというエピソード
も聞きますので流行りに左右されないのは良いですね。

それでは新潟県T様のエピソードをご覧くださいませ。

=================================

 

題名

【一生身に着ける結婚指輪だからこそシンプル】

 

投稿者 新潟県T様

 

私と夫が選んだ結婚指輪は
とてもシンプルなものです。

厚みが3mm、指に嵌めた時に上から見ると
ブランド名の刻印がされており、

内側には自分たちで考えた文字を
入れられるようになっています。

ずっと付けるものだから、
一生付けるものだから・・・

と二人で色々考えましたが結局
シンプルなデザインを選ぶことにしました。

【私達の指輪はシンプルな結婚指輪】

指輪交換

結婚指輪を探しに行くまでに事前に職場の先輩に
どんな指輪を付けているのか互いに情報を得たり、
ネットで単価やデザインを見たりしていました。

私たちは新潟と埼玉で遠距離をしていた為、
買いに行ける日が決まっていたのです。

彼が関東に滞在する2日間で選び、
結婚指輪を買おうと決めました。

実際に銀座へ向かい色々なショップを回りました。

1日目だけで4件周り、たくさんの指輪を実際試着し、
店員さんに話を聞き、カタログをもらい、
気になるものは品番など控えてもらいました。

いっぺんに沢山見たからなのか二人とも疲れて、
スタバで休憩をしたのもいい思い出です。

不慣れな銀座をずっと歩き続け、
探すのも一苦労だねと二人で笑っていました。

 

【結婚指輪は二人の意見が大切】

そこで一度互いの意見を再度確認し、
ブランドを2つに絞りました。

そしてコーヒーを飲みほしてから
また2度目の散策へ・・・。
結局1日目では決めかねてしまいました。

男性もここまで必死に考えてくれるんだなぁ・・・
と感心した記憶があります。

勝手なイメージですが、指輪は女性の方が
こだわりが強いと思っていたのですが
彼はすごい必死に考えてくれていました。

 

【結婚指輪は一生身に着けるもの】

理由を聞くと「一生身に着けるものだから、
自分もちゃんと選びたい」と言っていました。

普段ご飯を食べる時も『なんでもいいよ』と
口癖にする人なのでびっくりしました。
それと同時に非常に嬉しかったのを覚えています。

1日目の夜に二人で色々と話し合った結果、
ひとつの指輪に絞ることが出来ました。
そして2日目に購入に向かいました。

さすがに、そのショップへは3度も足を運んでいます。

少し気まずいなぁと思いましたが、
対応してくださった女性のスタッフは
非常に丁寧に対応してくださいました。

選んだブランドの結婚指輪を
周りで使用している方が少なかった事と、

そのブランドは結婚指輪のイメージが少ないことで、
他と被りたくないと思っていた私たち二人にはぴったりでした。

再度指輪のサイズを選ぶ時に店員さんに
「こちらのブランドの結婚指輪は珍しいですよね?」

と伺うともともと日本国内では非常に
少ない数での仕入れだと聞きました。

サイズも現在かなり欠けていることを知り、
自分たちのサイズがあるのか不安になりました。

ところがちょうどその銀座店には
私のサイズも彼のサイズも1点ずつあったのです。
もうこれは縁だなぁと思いました。

 

【結婚指輪の内側に刻印】

結婚指輪を決定したのちに、
内側へ刻印ができることを知りました。

まったく考えていなかったので
一旦休憩を挟みながら刻印の字列を考える事にしました。

色々と好きな単語を出したり、
婚姻届けを出す日付を並べたり・・・

試行錯誤したのですが、結局シンプルな
互いのイニシャルと結婚記念日になる日付にしました。

そして店舗へ戻り、刻印の字列をお願いをし、
結婚指輪を購入をしました。

受け取りまでは3週間ほど時間がかかり、
関東に住んでいた私が一人で受け取りに行くことになりました。

結婚指輪を受け取りに行き、
家で保管をしていました。
付ける日がとても楽しみでした。

 

受け取った数日後、
私の父が病気の為他界してしまいました。

葬儀までに少し時間があり、
彼が仕事を休み会いに来てくれました。
眠っている父に指輪を見せようと言ってくれたのです。

私は泣きながら、もう目覚める事ない父の前で
彼と二人きりで指輪を見せ結婚報告と入籍する日付の事、
これから二人で支えあっていくことを報告しました。

結婚指輪は入籍するまでは
付けず大切に保管していました。

仕事終わりに新幹線に乗り、
彼の住む新潟へ向かいました。

もちろん私のカバンの中には
婚姻届けと結婚指輪が入っています。

何度か新幹線に乗ってはいたのに、
とてもドキドキしながら向かったのを覚えています。

そして次の日、
1月30日には自宅で結婚指輪を交換し、
二人で役所へ向かい、無事に婚姻しました。

最初の数週間は指輪を付けているのに慣れず、
何度も手を見てはウットリしていました。

その後は付けている事に慣れてしまうので
家事を行う時もお風呂の時も気にすることが減っていきました。

ですが、気付けば細かい傷もたくさん増えましたが
それは私が付けている年数なのだと感じれるようになりました。

シンプルなデザインにしてよかったです。
あえて傷も見えるかもしれませんが、
彼と選んだ結婚指輪は一生モノです。

 

 

【プロポーズのエピソード】

実はプロポーズの1か月前に
別れ話が出ていました。

付き合って2か月でまさかの彼が新潟へ
転勤が決まり、いきなり遠距離が始まりました。

付き合って間もないこともあり、
遠距離でも一旦は頑張ろうと決めました。

ですが、彼は知らない土地で知り合いもおらず
しばらくすると色々な事に不安を抱くようになっていました。

仕事のことだけではなく、
私の付き合いにも悩んでしまっていたのです。

そうとは知らず、
会いに行った時に彼の不安な気持ちを聞き、

まだ結婚も考えられないし
やり直すなら早い方がいいのではないか?
という事で別れを考えていると言われました。

しかも旅行中に聞かされたのです。
その時別れる事はせず、次に関東に帰るときまで
考える時間が欲しいと言われました。

約束の日は1か月後でした。

きっとフラれてしまうんだろう、
別れる為の時間を待たなければいけないのか・・・
とネガティブになっていました。

 

彼が関東に帰ってきたのは8月の後半でした。
夏季休暇で1週間の滞在でした。
そして2日目に話をしようと約束をしていたのです。

その日はランチをした後に
「じゃあ、場所を移動して話そうか」と彼が切り出しました。

私はもう終わった、
ついに別れる時がきたのかと息を飲みました。

夏の暑い日なのに、彼が選んだ場所は
埼玉スタジアム付近の公園でした。

屋根があるベンチに座りましたが、
非常に暑く、周りには誰もいません。

1か月思っていた事を話し始めた彼。
彼の気持ちを全て聞き終えた時です。

「じゃあ・・・結婚しようか」と急に言われました。

それまで完璧にフラれると思っていたので
一瞬意味が分かりませんでした。

1か月悩んだ彼は不安な気持ちで
押しつぶれそうだったのですが、
私の父が病で先が長くない事を知っていました。

そしてその父がもしいなくなってしまった時に、
私を支えられるのは自分しかいないと思ったそうです。

私を支えたい、守りたいと思えたから
結婚に踏み出してくれたのです。

その夏季休暇の間に
私の実家にも挨拶に来てくれました。

父は弱っている姿は見せたくないと言いつつも、
会ってくれ笑顔を見せてくれ、結婚を喜んでくれました。
親孝行をしてくれた彼に感謝です。

 

【プロポーズ後のエピソード】

プロポーズをしてくれた直後、
沈黙とセミの鳴き声だけが響いていました。

私は号泣してから彼に抱き着いて
プロポーズにOKをしました。

ずっとフラれると思っていたので、
まさか今日プロポーズされるとは思っていなかった!

と伝えると彼は「俺も今日、プロポーズを
するとは思ってなかった」と言いました。

本当に『じゃあ・・・結婚しようか』と言う
言葉の直前まで別れか結婚かを悩んだそうです。

そんなことってあります?!
私の中のプロポーズのイメージは事前に色々考えて、

日付やシチュエーションをしっかり
決めたうえで行われると思ってました。

本当に勢いでプロポーズをした彼が今、
隣で旦那になり、そして今では父親になっています。

ぽろっと言ったプロポーズの
言葉は一生忘れられないですし、

そのシチュエーションも今思い出しても信じられないです。
でも、彼らしいな・・・と笑い話になっています。

そんな行き当たりばったりなプロポーズだったので、
もちろん婚約指輪などもありませんでした。

ですが、結婚指輪を買いに出かけた時に
一緒に婚約時計を購入してプレゼントしてくれました。

 

プロポーズの2日後には
私の実家に挨拶に来てくれました。

病で先が長くない父は会いたくないと言いつつも、
実際に彼に会うと笑顔を見せてくれました。

お酒が大好きな父がプロポーズの報告を受けた日、
嬉しそうに「久々に酒でも飲もうかな」
と晩酌したことを母から聞きました。

本当にもう体調がすぐれなかったので、
そのお酒が父の最期の晩酌になってしまいました。

勢いでのプロポーズでしたが、
そのあとの段取りやスケジュールはとてもスムーズで
彼の行動力を見直すきっかけになりました。

さらにそのおかげで父が喜ぶ姿を見る事が出来、
母も安心することが出来、私も親孝行が出来たと思います。

悩んでいたあの時間があって、
付き合ってから半年でプロポーズ、

入籍は付き合ってちょうど1年とスピード婚
でしたがとても楽しい毎日を今も送っています。

息子も生まれた今では、いつかちょっと変わった
プロポーズの話をいつか話あげたいと思います。

 

沢山の先輩カップルさんの結婚指輪をご紹介しております
こちらからご覧頂けます→私達の結婚指輪をブログで紹介

私が作るジュエリーコウキの鍛造の結婚指輪の一覧は→コチラ

=================================

結婚指輪や結婚に関わる体験談ありがとうございました

「結婚指輪は一生着けるもの」という超重要な意味から
流行に左右されないシンプルなデザインはお勧めですね。

これから何十年とずっと着けていく大切な結婚指輪です
若い時の考えと年を重ねてからの考えも変わりますので
最初からシンプルな指輪にするのも大人でグッドですね!

1番切ないのが年を重ねたときにデザインの好みなどが
変わって着けなくなるのが1番勿体ないと思いますので
時代や年代に流されないシンプルな指輪は飽きないです。

シンプルといっても探してみると様々な指輪のデザイン
がありますのでシンプル=飾り気が無いでは絶対に無い
ですのでシンプルでも魅力的なものが沢山あります(^-^)

当店、ジュエリーコウキでもシンプルな結婚指輪をよく
作りますがシンプルでもこだわって槌目、荒仕上げなど
ここでしか味わえない物がありますのでご覧下さいませ!

ジュエリーコウキ 2代目、池田潤

=================================

お気軽に私、池田までお問い合わせをしてください(^ω^)

こちらの「お問い合わせ」からか、もしくはメールで
j_kouki_ring@yahoo.co.jp 宛てまでお願いいたします。

「LINEで問い合わせをしたいです」という声も頂くので
ジュエリーコウキ2代目、私のラインIDをお知らせします

ライン ID junikeda12  ユーザーネーム 池田じゅん

○電話番号 0258-27-1771 10時~17時まで対応しています
○メールアドレス j_kouki_ring@yahoo.co.jp 24時間OK
〒940-2003 新潟県長岡市渡場町2-7 株式会社ジュエリーコウキ

=================================

鍛造で作る結婚指輪はごく稀で、希少価値のある結婚指輪
世界中の全ての結婚指輪のうち鍛造で作られた結婚指輪は
1%未満と言われるほど鍛造の結婚指輪は少ないんですよ。

その理由は、鍛造の指輪は地金を金槌で叩いて炎で焼いて
じっくりと時間をかけて地金密度を上げていくという製法
熟練された技術や知識を持った職人のみしか作れない技法
鍛造の指輪を作る為の専門工具や機材など設備も必要な為。

伝統工芸と言われる鍛造の指輪は日本の宝だと思いますが
受け継ぐ職人が激減しており鍛造の指輪は衰退しています
だからこそ鍛造技術を受け継いだ私が広めたいと思います。

指輪作りの制作ブログをご覧頂いて鍛造技術に納得をして
私の結婚指輪をご購入して頂けると作り手として幸せです。

=================================

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA