結婚指輪選びのコツ!沢山の指輪を見過ぎても迷って決まらない (汗)

オーダーメイドの結婚指輪、ジュエリーコウキ
日本伝統技法の鍛造で結婚指輪を手作りします

オーダーメイドの結婚指輪は全国各地に沢山ありますが
鍛造という技術で作るオーダーメイドの結婚指輪は全国
を探してもほとんど存在しない希少価値の高い結婚指輪。

鍛造(たんぞう)という日本伝統技法でリングを作ります
鍛えて造る指輪という事で鍛造リングと言われています。

一般的なオーダーメイドといえばロウ材から指輪の原型
になる型を作って溶かした地金を型に流して作る製法や
セミオーダーのようにデザインを選ぶタイプが主流です。

しかしジュエリーコウキで二代目の私がする製法は鍛造
鍛えて造るという事から鍛冶作業で鍛錬をして作ります
鍛冶で鍛錬された指輪は密度が濃くなり頑丈になります。

 

こんにちは(゚Д゚)ノ

ジュエリーコウキ2代目で宝飾職人の池田と申します
職人歴は28年で鍛造を継承している職人の1人です。

鍛造は昔からの技術を受け継いだ宝飾職人しか作れず
全国でも鍛造を継承した宝飾職人は極めて少人数です。

市場全ての結婚指輪の中で、鍛造のオーダーメイドで
作った結婚指輪は僅か1%未満しか存在しないんです。

鍛造オーダーメイドの指輪をブログで発信しています
鍛造の制作工程や鍛造の結婚指輪をご紹介しています。

ジュエリー職人

指輪作りもブログ更新も私がしております(^-^)

結婚指輪の専門店という事で結婚指輪に関する記事を
書いていますしお客様の体験談もご紹介しております。

先輩カップルさんの結婚指輪にまつわるエピソードを
募集してブログにアップしておりますので結婚指輪に
関する為になる有益な情報を発信をするのが目的です。

先輩カップルさんの実体験を投稿して頂いているので
これから結婚指輪の購入を考えているカップルさんに
参考になるような内容だと思いますのでご覧ください。

※当店で購入されていない方の体験談を募集しました
全国各地のカップルさんの話を聞きたかったからです。

 

本日は、千葉県S様から投稿を頂いたエピソードです

ご投稿を頂いた方は「結婚指輪は人と被りたくない」
というのをポイントにして自分達らしい結婚指輪とは
一体何だろう?という事を話し合って選んだそうです。

というのも最初は沢山のジュエリーショップを回って
指輪を見たそうですが「見れば見るほど決まらない」
という現象に陥ったそうで落ち着いて考えたそうです。

確かに何も考えなくてジュエリーショップを回っても
これだ!という指輪に出会うの方が難しいと思います
ある程度、選ぶ基準を決めたほうがスムーズですよね。

それでは千葉県S様のエピソードをご覧くださいませ。

=================================

 

題名

【自分達らしい結婚指輪の見つけ方】

 

投稿者 千葉県S様

 

結婚が決まってから、初めてふたりで
選んだのが「結婚指輪」でした。

結婚生活は選択の連続
初めての共同作業とは、
まさにこのことだったかもしれません。

最終的に私たちが大切にしたのは、
【時間をかけて、自分たちが本当に
大切にしたいものを見つけ出すこと】でした。

 

【指輪は他の人と被らないように】

私たちの結婚指輪は「ゴールド」がアクセント。

一般的なプラチナをベースにしていますが、
ラインにさりげなくゴールドが入っています。

その理由は「自分たちらしい指輪にしたい」
というこだわりがあったからでした。

長くつけるものだからこそ、
他のひととは被りたくない。とは言え、
この結論に至るまでには、時間がかかりました。

 

【結婚指輪を見過ぎるのも決まらない】

初めは「いろんなお店を見に行って、
たくさんの指輪を見てみよう」と張り切っていました。

しかし、この考え方が意外にも落とし穴。

見れば見るほど、どの結婚指輪も
素敵に感じてしまって候補が絞れません。

一生に一度だからこそ、たくさんの
候補のなかから絞っていきたい。
でも、見すぎても決めきれない…。

そんなときに夫が、
「一度時間を置いて、寝かせてみよう!
本当に好きなデザインや重視したいことが
わかるかもしれない」と言ってくれたのです。

憧れの外国系ブランドを身につけてみたい。
婚約指輪と同じブランドも気になる。

しかし、その結婚指輪を、ふたり一緒に
長く身につけることを考えると、

本当に重視すべきものは
ブランドではないことに気づきました。

 

【なるべく同じデザインの指輪がいい】

結婚デザインも、
とにかくたくさんの種類がありますが、
男女で同じものがなかなかありません。

私たちとしては、ダイヤモンドの有無の違いはあれど、
なるべく同じデザインがいいという思いもありました。

そこから、「自分たちらしい指輪にしたい」
というこだわりが見えてきました。

こうして2カ月ほど時間をかけ、
じっくりと考えたうえで、実際の店舗に足を運んだのです。

専門の知識は、
お店の方に伺って仕入れていきました。

 

【指に合った指輪選び】

意外だったのは、人間にも「水かき」があること。
個人差があり、薬指の両側の水かきの段差によって、
どんな指輪が似合うかが変わるというのです。

私はこの水かきの段差が深く、
普通のストレートリングだとナナメになってしまうため、
もともと興味のあったウェーブ系の指輪を勧められました。

また、指の関節の太さも重要なポイント。

私は女性にしては関節がしっかりしているほうで、
逆に夫は男性のわりにすらっとした指です。

私は基準より少しだけ太めに、
夫は基準より少しだけ細めの作りにしました。

雑誌やネットで見つける情報も大事ですが、
実際に試着してみたり、専門の方に説明していただくことが、
やはりベストな選択への近道だと実感しました。

 

【ゴールドのラインが重要】

いくつかのお店を見るなかで、
指輪の素材にはプラチナだけでなく、
ゴールドもあるということを知りました。

”らしさ”
を取り入れたいと思っていた私たちにとって、

ゴールドが重要だった理由があります。
それは、入籍日が七夕だったこと。

天の川を意識したゴールドのラインの
指輪に出会って、「これだ!」と感じました。

結婚指輪 ゴールドのライン

【天の川を意識した結婚指輪】

男性の指輪にはゴールドの展開は多くないですが、
最終的に決めたお店では取り扱いがあり、
運命すら感じたほどです。

「結婚指輪=プラチナ」
という固定概念に縛られなかったのは、

本当に自分たちが大切にしたいものを
意識できていたからだと思います。

熟考のおかげもあり、
できあがった結婚指輪は大満足の仕上がり。

入籍から時間が経った今でも、
見るたびに嬉しくなります。

私たちは入籍後も遠距離が長く続いたため、
結婚指輪が心の支えでした。

ちょっとつらい気持ちのときにも、
相手と繋がっている気がして、
まるでお守りのような存在です。

もちろん今でも、そんな風に感じます。
大好きな相手と、時間をかけて選んだ指輪。

常に一緒に身につけていられるものがあることが、
今でもとても嬉しいです。

 

【プロポーズのエピソード】

夫と出会ったのは、アルバイト先です。

当時大学1年生だった私にとって、
大学院2年生だった夫は5歳も年上。

それまでの人生では、
出会ってこなかった大人の男性に、
頼もしさを感じていたことを思い出します。

最初は業務の話をする程度でしたが、
お互いに吹奏楽部出身だということが
わかってからは意気投合。

仕事終わりに休憩室で
プライベートな話もするようになり、
いつの間にかふたりで出かけるようになっていました。

アルバイト先には他にも、
気さくに話しかけてくれる先輩は
たくさんいらっしゃいましたが、

私の話を一生けん命聞いてくれる夫には、
すぐに惹かれていきました。

あとから聞いた話では、
そんな私の気持ちは言葉にせずともバレていたようです。

お付き合いは5年ほど続きました。
プロポーズは5年目の冬。

「1泊できる用意をしてきて!」と言われ、
何も知らされないまま案内された場所は、
夜景の美しい高層ホテル。

そのなかでも特に夜景が綺麗に見える
最上階のお部屋が予約されていました。

クリスマスの時期でもあったので、
クリスマスプレゼントだと勝手に解釈していた私ですが、
差し出されたのは婚約指輪。

「結婚してください」という、
ストレートな言葉が胸に響きました。

予想外でしたが、迷いはありませんでした。
そのとき見た夜景は、
人生で見たどんな景色より印象に残っています。

 

実はプロポーズまでの間には、
夫の海外転勤を含む長い遠距離恋愛がありました。

電車に乗って会える距離に住んでいた時期のほうが、
短かったと言っても過言ではありません。

特に海を挟んでの遠距離恋愛は、
時差があるためにメッセージのやり取りも1日3通程度。

当時大学生だった私にとっては、
周りが特に恋愛を楽しんでいた時期だったために、
寂しい思いをしました。

それでも、今も仲良く一緒にいられるのは、
遠距離恋愛を経験したからこそだと思っています。

同じ時間を同じ屋根の下で過ごせることは、
当時に比べると奇跡のような出来事です。

大げさかもしれませんが、当たり前の毎日が
私にとってはすごくかけがえのないもの。
そんな風に思えるのは、遠距離恋愛のおかげです。

見えない相手を思い、
時にひとりで悩む。

苦しい時間も長かったですが、
その時間があったからこそ、
今の一瞬一瞬を大切にできているのだと思います。

長いお付き合いが続いていくなかで、
忘れてしまいがちな「相手を思う気持ち」。

そこにいてくれて当たり前ではないのだということが、
私たちの夫婦生活を支える大きな基盤になっています。

 

【プロポーズ後のエピソード】

プロポーズ後、
大きなイベントだったのはやはり結婚式です。

印象的なエピソードが2つあります。

1つは、私たちの共通の趣味である、
音楽を取り入れた披露宴にできたこと。

私も夫も、長く吹奏楽を続けてきたので、
楽器の演奏をしたい!という強い希望がありました。

私の仲間たちが快く引き受けてくれ、
アンサンブル(同じ楽器での小さな単位の演奏)
を余興に組み込むことが叶いました。

演奏できるのはもちろんのこと、
学生時代のように集まって練習を
することがとにかく楽しかったです。

ああでもない、
こうでもないとみんなで議論しながら、
目標の音楽に近づけていく喜び。

それはまさに、学生時代に戻ったような感覚です。
自分の価値観を作ってくれた仲間たちとの時間は、
本当にかけがえのないものでした。

結婚式は、これまで
お世話になった方に感謝を伝える1日。

その準備の段階でも、
これまでの出会いに感謝できる瞬間があるなんて、
自分はなんて幸せ者なのだろうと感じました。

練習の甲斐あって、当日の演奏は大成功。
会場中を巻き込んだ盛り上がりになりました。

たくさんの演奏会を経験してきましたが、
こんなにも心が温かくなる本番は、
初めてだったと思います。

 

そして2つ目のエピソードは、
家族への感謝の気持ちを再確認できたことです。

結婚式にあたっては、
これまでのおいたちが関わってきます。

私たちは、披露宴中に上映する
プロフィールムービーを作成するため、
それぞれの実家に足を運びました。

よく、友人たちからは
「昔の写真やエピソードがなくて困った!」

なんて話を聞きましたが、
ありがたいことに私たちは真逆でした。

見ても見ても終わらないくらいの
アルバムや、ビデオの数々。

お義母さんからは、夫が小さい頃のエピソードを
仔細に聞かせていただくことができました。

なかでも印象的だったのは
「こうやって大きくなって、
幸せに暮らしてくれることが
子育ての一番のご褒美なのよね」という言葉。

胸をぐっとつかまれる、
説得力のある言葉でした。

本当に愛情たっぷりに育てられ、
たくさんの成長の瞬間を見守ってきた
お義母さんだからこその言葉です。

この言葉こそが、
【結婚は、ゴールではなく、スタート】
と言われる理由なのかもしれません。

こうして愛情を注いでくれた家族や、
大切な人たちとの出会いのバトンを、

ふたりで受け取って生きていくことが、
「結婚」なのだと感じています。

幸せにならなきゃと意気込む必要はないですが、
幸せであることが恩返しなのだと信じて、
これからも変わらず一緒に暮らしていければと思っています。

 

沢山の先輩カップルさんの結婚指輪をご紹介しております
こちらからご覧頂けます→私達の結婚指輪をブログで紹介

私が作るジュエリーコウキの鍛造の結婚指輪の一覧は→コチラ

=================================

結婚指輪や結婚に関わる体験談ありがとうございました

ご投稿を頂いたこちらの方は結婚指輪を選ぶポイントを
何も決めないで沢山のジュエリーショップに足を運んで
結婚指輪を見たそうですが、逆に迷って困ったそうです。

確かに何か良いのか分からない状態で沢山の結婚指輪を
見ても何が良いのか何が欲しいのか分からないと思います。

様々なデザインを見て回るのも良いと思いますがやはり
結婚指輪に何を求めるのかポイントがあれば違います!
そのポイント、こだわりにに合わせて探せるからですね。

直接、沢山のジュエリーショップに足を運ぶのも良いと
思いますが、今の時代どのお店もホームページやSNS
など力を入れていますので情報が沢山得る事ができます。

全国のジュエリーショップをインターネットで見る事が
出来る素晴らしい時代ですので沢山みたほうが良いです
その中で自分達に合った指輪を探すというのがコツです!

ジュエリーコウキ 2代目、池田潤

=================================

お気軽に私、池田までお問い合わせをしてください(^ω^)

こちらの「お問い合わせ」からか、もしくはメールで
j_kouki_ring@yahoo.co.jp 宛てまでお願いいたします。

「LINEで問い合わせをしたいです」という声も頂くので
ジュエリーコウキ2代目、私のラインIDをお知らせします

ライン ID junikeda12  ユーザーネーム 池田じゅん

○電話番号 0258-27-1771 10時~17時まで対応しています
○メールアドレス j_kouki_ring@yahoo.co.jp 24時間OK
〒940-2003 新潟県長岡市渡場町2-7 株式会社ジュエリーコウキ

=================================

鍛造で作る結婚指輪はごく稀で、希少価値のある結婚指輪
世界中の全ての結婚指輪のうち鍛造で作られた結婚指輪は
1%未満と言われるほど鍛造の結婚指輪は少ないんですよ。

その理由は、鍛造の指輪は地金を金槌で叩いて炎で焼いて
じっくりと時間をかけて地金密度を上げていくという製法
熟練された技術や知識を持った職人のみしか作れない技法
鍛造の指輪を作る為の専門工具や機材など設備も必要な為。

伝統工芸と言われる鍛造の指輪は日本の宝だと思いますが
受け継ぐ職人が激減しており鍛造の指輪は衰退しています
だからこそ鍛造技術を受け継いだ私が広めたいと思います。

指輪作りの制作ブログをご覧頂いて鍛造技術に納得をして
私の結婚指輪をご購入して頂けると作り手として幸せです。

=================================

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA