和風テイストの結婚指輪と和装の結婚式!美しい日本の和にこだわる!

オーダーメイドの結婚指輪、ジュエリーコウキ
日本伝統技法の鍛造で結婚指輪を手作りします

オーダーメイドの結婚指輪は全国各地に沢山ありますが
鍛造という技術で作るオーダーメイドの結婚指輪は全国
を探してもほとんど存在しない希少価値の高い結婚指輪。

鍛造(たんぞう)という日本伝統技法でリングを作ります
鍛えて造る指輪という事で鍛造リングと言われています。

一般的なオーダーメイドといえばロウ材から指輪の原型
になる型を作って溶かした地金を型に流して作る製法や
セミオーダーのようにデザインを選ぶタイプが主流です。

しかしジュエリーコウキで二代目の私がする製法は鍛造
鍛えて造るという事から鍛冶作業で鍛錬をして作ります
鍛冶で鍛錬された指輪は密度が濃くなり頑丈になります。

 

こんにちは(゚Д゚)ノ

ジュエリーコウキ2代目で宝飾職人の池田と申します
職人歴は28年で鍛造を継承している職人の1人です。

鍛造は昔からの技術を受け継いだ宝飾職人しか作れず
全国でも鍛造を継承した宝飾職人は極めて少人数です。

市場全ての結婚指輪の中で、鍛造のオーダーメイドで
作った結婚指輪は僅か1%未満しか存在しないんです。

鍛造オーダーメイドの指輪をブログで発信しています
鍛造の制作工程や鍛造の結婚指輪をご紹介しています。

ジュエリー職人

指輪作りもブログ更新も私がしております(^-^)

結婚指輪の専門店という事で結婚指輪に関する記事を
書いていますしお客様の体験談もご紹介しております。

先輩カップルさんの結婚指輪にまつわるエピソードを
募集してブログにアップしておりますので結婚指輪に
関する為になる有益な情報を発信をするのが目的です。

先輩カップルさんの実体験を投稿して頂いているので
これから結婚指輪の購入を考えているカップルさんに
参考になるような内容だと思いますのでご覧ください。

※当店で購入されていない方の体験談を募集しました
全国各地のカップルさんの話を聞きたかったからです。

 

本日は、大阪府M様から投稿を頂いたエピソードです

ご投稿をして頂いた方は「和」にこだわっております
美しい日本の和!日本の伝統を結婚に取り入れました。

結婚指輪も決めたのは和風テイストのデザインですし
結婚式も和にこだわって、神社で和装だったそうです。
日本人として和にこだわっているのはとても素敵です!

それでは大阪府M様のエピソードをご覧くださいませ。

=================================

 

題名

【日本の和にこだわった結婚指輪】

 

投稿者 大阪府M様

 

もともと結婚指輪は、
いらないという考えだった旦那。
なぜなら、旦那の職種上指輪ができないから。

でも、そんなの関係ない。
旦那の都合だけで結婚指輪なしとか勘弁してほしいです。

私が結婚指輪を欲しいので絶対用意して!
っと旦那に言って買うことになりました。

【和風テイストの結婚指輪】

そして、旦那が色々調べて提案してきたブランドは、
和風テイストのデザインのジュエリーブランドでした。

初めは、「え?和風なの?…あの有名な
ところがいいんだけど…」なんておもいましたが、

そこのデザインやコンセプトは個性的なのにも関わらず、
決して目立ちすぎないデザインで、
ブランドのサイトを見たら私も気に入りました。

後日、ショップに直接行きました。
スタッフさんに、結婚指輪のことを
いろいろ相談し、購入にいたりました。

 

【結婚指輪をつけたイメージも大切】

選ぶ際にスタッフさんから言われたアドバイスが
「指輪自体のデザインだけではなく、ご自身が
つけたときのことをイメージしてください」でした。

このアドバイスがなければ、私は確実にダイヤモンドが
ちりばめられたキラキラしたものを選んでいたでしょう。

しかし、私は普段からカジュアルな服装しかしません。
キラキラなんて似合うわけがありません。

実際に色々試着した結果、選んだのは、
小さなダイヤモンドが控えめに配置された
シンプルなデザインのものです。

自分の容姿や服装と合わせて
それが一番似合っていました。

お値段は旦那と合わせて、
30万ほどと決して高級ではありませんが、
自分に似合うものなのですごく気に入っています。

 

指輪の内側に刻印と
プレシャスストーン

内側には刻印もしてもらいました。
イニシャルと、結婚記念日を刻印しました。

そしてその横にプレシャスストーンと言われる、
カラーストーン(ダイヤモンド)を一粒つけてもらいました。

どのブランドもそうだと思いますが、
指輪一つ一つにデザインに意味があるので、
それを見て選ぶのもいいと思います。

【結婚指輪のコンセプトと素材】

私が選んだ指輪のデザインのコンセプトは、
「ふたりの想いを重ねていく様子を着物にみたて、
襟元をデザインしたもの」です。まさに「和」

あと、使用されてる素材によって
お値段も代わってきますが、

私が選んだ指輪はハードプラチナで、
結婚指輪では人気の素材だそうです。

結婚指輪 和風

【リングケースも和】

リングケースも気に入っていて、
陶器のケースという珍しいデザインです。

さらに、その陶器のケースを入れるための
桐箱もついていて、まさに和なデザイン。

指輪は一つ一つ職人さんが手作りしてるそうで、
とても繊細なデザインです。

【アフターケアのサービスも大事】

そのためサイズ直しも対応してくれるそうで、
その保証は永続的なものというので、とても安心です。

さらに、ショップにいけば、宝石のゆるみチェックや
指輪磨きは無料で対応してくれるので、
いつでもピカピカの指輪がつけれます。

こういったアフターケアのサービスも一生に
一度の買い物になるであろう結婚指輪を買う上では、
とても大事なポイントかと思います。

このブランドにして良かったと思うところは、
デザインやコンセプトが個性的だったところ。

和テイストという日本人の心が込められているところ。
私にぴったりのデザインがあったところです。

 

【結婚指輪をつけれない時もある】

私も仕事の都合で指輪をつけれない時期があったり、
家事やお風呂に入る度に外したりと、

常につけることはできませんし、
旦那にいたってはほとんどつけていませんが、

年に一度の旅行のときや、記念日のデートのときなど、
特別な日は二人でつけたりするなどし、

結婚6年目の今でも、
結婚指輪に込めた気持ちは薄れていません。

結婚指輪を買ったショップのサイトにも
コンセプトが書いていましたが、
ショップに直接行って感じたブランドのこだわりや想い。

一生つける結婚指輪だからこそ、
単純なデザインや値段だけできめずに、
そういった部分も含めて参考にし購入でき良かったと思います。

 

【プロポーズのエピソード】

旦那とは高校の同級生でした。
高校の部活で、同じ空手部のメンバーとして
約3年間一緒に頑張ってきた仲間でした。

部活はよくある「男女交際禁止」だったため、
部活をしてる間は交際はしておらず、
お互いそんなつもりもありませんでした。

しかし、部活引退後、
部活がなくなり暇な時間が増えたことで、

同級生メンバーで遊ぶ機会が増え、
今の旦那と付き合うことに。

その後、それぞれ違う専門学校へ行き、
就職するなどしましたが、交際は続きました。

しかし交際が3年、4年たっても同棲や結婚の話は出ず、
今後どうするんだろうとモヤモヤしていた期間がありました。

ある日彼に「これからどうしたいの?」と言うと、
「転職するために仕事をやめて専門学校へいく」と…。

え、今さら?という気持ちでした。が、
彼の気持ちは本気で、アルバイトで学費を
補てんしながら2年間専門学校へ通いました。

その後やっと就職し、
今の職種についてるわけです。

 

やっと就職し落ち着いたと思い、
その1年後同棲をはじめました。

ちなみにこの同棲も彼からではなく、
私から言ってほぼ無理やり話を進めました。

同棲は、生活費と家事を分担するなどし、
お互い不満がでないようにルール作りを
したこともあり、とても順調でした。

しかし順調すぎて居心地が良かったのか、
今度は「結婚」の話がなかなか出ないという問題が出ました。

そして、これまた私から「結婚はどうするの?」
と話を進める形になってしまいました。

旦那はこの話をするたび「いずれするつもり」
「将来的には結婚したい」とは言うものの、
待てど暮らせどプロポーズはなく。

結果、付き合って10年という周りも
びっくりな交際期間が過ぎました。

女性の立場としては、男性側から
サプライズプロポーズをされるのが理想です。

が、こちらももう我慢の限界になり、
「もういい加減結婚するよ!でもプロポーズは
してほしいから、今年中にプロポーズすること!」と

はたしてプロポーズとして正解なやり方なのか
わからないプロポーズミッションを彼に課しました。

そして数ヵ月後、ある日の夜に彼から
「マンション前の公園にきて」とメッセージがきました。

…え、まさか、あのちっちぇ公園で…
と、心配になっていたところに、
何故か薔薇を持った彼が帰宅。

私が「公園に来てって言わなかった?」と聞くと
「思ってた以上に蚊が多くて…」と言う彼。

そして、そのまま家の中でプロポーズされました。
「僕と結婚してください」。

…ああ、ことごとくロマンチックじゃないなぁ…。
そんなことを思いつつも、不器用な彼からの
プロポーズを受けた私でした。

 

【プロポーズ後のエピソード】

プロポーズ後は、
比較的順調に話が進みました。

まず、婚姻届をいつ出すのか。
私たちは付き合った日と同じ日にすることにしました。
理由は覚えやすいから、というだけの理由です。

私の家庭も、旦那の家庭も、あまり形式ばった
行事などはあまりこだわらない家庭でしたが、

両家の顔合わせは最低限しといた方がいいと思い、
まずは顔合わせからしました。
和食の懐石が出るお店をランチで予約しました。

お父さん同士、お母さん同士、
話が弾みとてもいいお食事会になりました。

その後、新婚旅行や結婚式は
お金がかかるのであまり考えていませんでしたが、

旦那の会社から「結婚するなら、新婚旅行の日、
休みにしてあげるから早めに教えてね」と

ありがたい後押しがあったこともあり、
以前から行きたかった沖縄へ行くことになりました。

4泊5日で沖縄を大満喫。
前半は石垣島へいき、星空カヤックや
シュノーケリングなどを楽しみました。

石垣島で人気のグルメ、ジェラートやハンバーガー、
地元の人に人気の焼き肉やさんで夜ご飯を食べるなど、
グルメも楽しめました。

後半は本島に移動し、美ら海水族館へ。
その途中にあった、琉球ガラスの大きな工房へ行き、
旦那とお揃いのガラスのお皿を作りました。

お土産も沢山買い大満足。
お金はかかってしまったけど、
新婚旅行行って良かったなと思っていたら、

なんと旦那から「実は結婚のお祝いって言って
○万円親からもらっててん」と言われました。

もっと早く言え!と怒りましたが、
その金額は旅行代を余裕で上回る、
私にとっては大金の金額でした。

旦那と話し合った結果、せっかくいただいたから、
両親の思い出にもなる結婚式をしようということになりました。

 

派手な披露宴や目立つことは苦手な私。
選んだプランは、式とフォト(アルバム)
だけにすることにしました。

そして私が選んだのは、和装の式。
神前式で、その後、神社のなかで
ドレスで写真を撮るというものでした。

当日は、両家の親族のみ招待しました。
式は白無垢で、赤いダリアの生花を髪に飾りました。

式が終わったあとは、ドレスで撮影です。
私が選んだドレスはなんと真っ黒のドレス。

そして、頭はモヒカン風の
カッコいいヘアスタイルにしてもらい、
メイクもカッコいい感じにしてもらいました。

その時期は、秋で紅葉が赤く染まり、
赤と黒のコントラストがとてもキレイで
いい写真が撮れました。

その後両家で食事会をしました。
唯一、後悔したのが、この食事会です。

後付けのように食事会を決めたので、
お店を選ぶ時間がなく、プランナーさんに適当に
近くのレストランを教えてもらい選んだ場所でした。

これだけはちゃんとリサーチして
選べば良かったと思います。

 

沢山の先輩カップルさんの結婚指輪をご紹介しております
こちらからご覧頂けます→私達の結婚指輪をブログで紹介

私が作るジュエリーコウキの鍛造の結婚指輪の一覧は→コチラ

=================================

結婚指輪や結婚に関わる体験談ありがとうございました

和風テイストの結婚指輪と、神社で和装の結婚式という
和が沢山感じられる結婚指輪と結婚式のご紹介でした!

ご投稿をして頂いた方の和の結婚指輪のデザインですが
コンセプトは「ふたりの想いを重ねていく様子を着物に
みたて、襟元をデザインしたもの」というコンセプト。

なるほど、デザインの画像を見返すと確かに着物の襟元
をイメージしたような感じで和風っぽいですよね(^-^)

ここからは当店、ジュエリーコウキの話しになりますが
当店も「和」の結婚指輪がございます!しかも和風では
なくて完全なる和です。日本の伝統技法ということです。

私は指輪を作る宝飾職人ですが昔から受け継がれてきた
日本伝統技法の鍛造(たんぞう)で指輪を手作りします
デザインで和に見せるのではなく製法自体が和なんです。

そしてデザインでも和風に見せるのではなく完全な和で
日本伝統技法の槌目(つちめ)や和彫り(わぼり)です。

和彫りは鏨(たがね)という工具で桜などの花を彫って
槌目は金槌(かなづち)で打ち出していくデザインです
どちらも日本伝統技法で日本伝統模様になります(^-^)

デザインで和風に見せるのではなく製法自体が和ですし
デザインの槌目模様も和彫りも日本の和の伝統技術です
とことん本物の和にこだわりたい方は絶対にお勧めです!

ジュエリーコウキ 2代目、池田潤

=================================

お気軽に私、池田までお問い合わせをしてください(^ω^)

こちらの「お問い合わせ」からか、もしくはメールで
j_kouki_ring@yahoo.co.jp 宛てまでお願いいたします。

「LINEで問い合わせをしたいです」という声も頂くので
ジュエリーコウキ2代目、私のラインIDをお知らせします

ライン ID junikeda12  ユーザーネーム 池田じゅん

○電話番号 0258-27-1771 10時~17時まで対応しています
○メールアドレス j_kouki_ring@yahoo.co.jp 24時間OK
〒940-2003 新潟県長岡市渡場町2-7 株式会社ジュエリーコウキ

=================================

鍛造で作る結婚指輪はごく稀で、希少価値のある結婚指輪
世界中の全ての結婚指輪のうち鍛造で作られた結婚指輪は
1%未満と言われるほど鍛造の結婚指輪は少ないんですよ。

その理由は、鍛造の指輪は地金を金槌で叩いて炎で焼いて
じっくりと時間をかけて地金密度を上げていくという製法
熟練された技術や知識を持った職人のみしか作れない技法
鍛造の指輪を作る為の専門工具や機材など設備も必要な為。

伝統工芸と言われる鍛造の指輪は日本の宝だと思いますが
受け継ぐ職人が激減しており鍛造の指輪は衰退しています
だからこそ鍛造技術を受け継いだ私が広めたいと思います。

指輪作りの制作ブログをご覧頂いて鍛造技術に納得をして
私の結婚指輪をご購入して頂けると作り手として幸せです。

=================================

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA