オーダーメイド結婚指輪「職人と打ち合わせが出来る店」が断然お勧め

オーダーメイドの結婚指輪、ジュエリーコウキ
日本伝統技法の鍛造で結婚指輪を手作りします

オーダーメイドの結婚指輪は全国各地に沢山ありますが
鍛造という技術で作るオーダーメイドの結婚指輪は全国
を探してもほとんど存在しない希少価値の高い結婚指輪。

鍛造(たんぞう)という日本伝統技法でリングを作ります
鍛えて造る指輪という事で鍛造リングと言われています。

一般的なオーダーメイドといえばロウ材から指輪の原型
になる型を作って溶かした地金を型に流して作る製法や
セミオーダーのようにデザインを選ぶタイプが主流です。

しかしジュエリーコウキで二代目の私がする製法は鍛造
鍛えて造るという事から鍛冶作業で鍛錬をして作ります
鍛冶で鍛錬された指輪は密度が濃くなり頑丈になります。

 

こんにちは(゚Д゚)ノ

ジュエリーコウキ2代目で宝飾職人の池田と申します
職人歴は28年で鍛造を継承している職人の1人です。

鍛造は昔からの技術を受け継いだ宝飾職人しか作れず
全国でも鍛造を継承した宝飾職人は極めて少人数です。

市場全ての結婚指輪の中で、鍛造のオーダーメイドで
作った結婚指輪は僅か1%未満しか存在しないんです。

鍛造オーダーメイドの指輪をブログで発信しています
鍛造の制作工程や鍛造の結婚指輪をご紹介しています。

ジュエリー職人

指輪作りもブログ更新も私がしております(^-^)

結婚指輪の専門店という事で結婚指輪に関する記事を
書いていますしお客様の体験談もご紹介しております。

先輩カップルさんの結婚指輪にまつわるエピソードを
募集してブログにアップしておりますので結婚指輪に
関する為になる有益な情報を発信をするのが目的です。

先輩カップルさんの実体験を投稿して頂いているので
これから結婚指輪の購入を考えているカップルさんに
参考になるような内容だと思いますのでご覧ください。

※当店で購入されていない方の体験談を募集しました
全国各地のカップルさんの話を聞きたかったからです。

 

本日は、大阪府M様から投稿を頂いたエピソードです

エピソードをご投稿して頂いた方は当初「結婚指輪は
いらないかな」と思っていたそうなのですが友人から
結婚指輪は夫婦の絆と言われて購入を決めたそうです。

そして二人で考えて決めた結婚指輪は「フルオーダー」
フルオーダーメイドというと打ち合わせが面倒だとか
金額が高いんじゃないかとイメージがあると思います。

ただオーダーメイドの金額や制作の流れは店によって
全然違ってきますので何とも言えないのが実情ですが、

こちらの体験談は当店ではないのですが当店も鍛造と
いう製法のオーダーメイドなので他のフルオーダーが
どんな感じなのか気になるので興味深く拝見しました。

それでは大阪府M様のエピソードをご覧くださいませ。

=================================

 

題名

【世界に2つだけのオリジナル結婚指輪】

 

投稿者 大阪府M様

 

私も主人も指輪や
アクセサリーをつける習慣はなかったので、
最初は結婚指輪はいらないかなと思っていました。

ですが友達から「毎日結婚指輪をつけてると
愛着が湧いてくるし夫婦の絆になるよ」と言われて、

確かに絆は目に見えないものだけど
「結婚指輪」という形で身に着けておけるのは
とても良いと思って購入することにしました。

あまり予算はなかったのですが、
「どうせなら世界に2つだけのオリジナルなものが欲しい」

「流行りや人気商品ではなく、
自分たちがずっと愛し続けられるような
結婚指輪が欲しい」と思うようになりました。

色々調べたところ、指輪のデザインや刻印を
オリジナルでしてもらえるお店を見つけました。

最初は漠然としたイメージしかなかったのですが、
2人でお店に行くと販売員さんは私たちの好みや、

趣味などいろいろな角度からヒアリングをしてくれ、
いくつかの結婚指輪のデザインを提示してくれました。

そのデザインから「もう少しここをこんな風にして」
などの要望を取り入れて形にしてもらいました。

 

【結婚指輪にハートを彫りたい】

また刻印については少しこだわりがありました
イニシャルだけでなく、2つの結婚指輪を重ねた時に
3重のハートが現れるような刻印にしたいと思っていました。

1つ目のハートが私たち夫婦、
2つ目のハートが私たち夫婦の家族、
そして3つのハートが友人などの大切な人達です。

このデザインは私たち夫婦を家族や友人たちが
見守り包んでくれているというイメージでした。

ですが結婚指輪の幅を考えると
3重にするのはなかなか難しいとのことでした。

しかし私はどうしてもそのデザインに
こだわりがあったのでそれを伝えると、

販売員さんは職人さんと掛け合ってくれて
なんとかそれを実現させてくれました。

結婚指輪 オーダーメイド

指輪の表面にハートを
3重に刻んだデザイン

それぞれのハートの重なる幅は
ほぼ1ミリぐらいしかないほどですが、
しっかり3つのハートが刻まれていました。

販売員さんも仰っていましたが、
それはかなり高い技術を持つ
職人さんでないとできないらしく、

そのお店でもその職人さん1人だけが
刻印できるもので他のお店ではなかなか
難しいだろうとのことでした。

私たちの願いをかなえてくれた
職人さんにはとても感謝していますし、

私たちの願いを何とか実現できないかと掛け合ってくれ、
また私たちの好みをいろんな角度からヒアリングして
引き出してくれた販売員さんにもお礼の気持ちでいっぱいです。

低予算にも関わらず簡単に断らずに
私たちにしっかり向き合ってくれて嬉しかったです。

おかげでその結婚指輪は
私たちが当初思い描いていたような
「世界に2つしかない特別な結婚指輪」になりました。

 

【結婚指輪の素材はプラチナ】

材質はプラチナで作りましたが、
初めてその指輪をはめた時の指輪の輝きと

なんだかくすぐったいような浮足立つような、
何とも言えない幸福感は昨日のことのように覚えています。

結婚指輪は今ではしっかり
私の指になじんで身体の一部になっています。

私と同じように年を重ねて落ち着いた色合いに
なってきた指輪をなんだか誇らしくも思います。

また結婚してからは主人が大きな病気になったり
(現在は治療して回復済み)

親が倒れたり大変なこともたくさんありましたが、
夫婦で乗り越えてきたのを
指輪はずっと見守ってくれていました。

 

【結婚指輪は夫婦の絆の証】

たしかに結婚指輪は
「私たち夫婦の見えない絆を体現するもの」
になってくれていると思います。

これから先もまた大変なことがあったり
ケンカしたりすると思いますが、

指輪を見ればきっと「大丈夫」と
思えて乗り越えていけると信じています。

「指輪はいらない」と思う人もいるでしょう。
私もそうでした。

ですが結婚指輪は友達が以前私に言ってくれたように
「毎日つけてると愛着が湧いてくる、
夫婦の絆になるもの」だと思います。

迷っている人もいらないと思っている人もぜひ
「世界に2つしかない指輪」を作られてはどうでしょうか。

 

【プロポーズエピソード】

出会いは旅サークルでした。
主人はムードメーカータイプでかなり面白い人で、

最初は友達として仲良くしていました。
友達グループで遊びに行ったりもしていました。

しばらく会わない時期があり、
半年後ぐらいに再会した際に変わった私を見て
好きになってくれたとのことでした。

ずっと友達だったので最初は戸惑いがありましたが、
付き合ってみるととても大切にしてくれて

「結婚するならこんな人がいいな」
と思うようになりました。

それからすぐに主人が住んでいた
アパートを出ることになり、

そのまま私のマンションに来て
同棲することになりました。

付き合っていた期間は6年と長く、
その間をほぼ同棲していたためどちらかというと
すでに家族とか夫婦のような感覚になっていました。

周りから「いつ結婚するの?」
と何度も言われていたのですが、

当時は私もいろいろな活動をしていて
やりたいことがたくさんあったため
同棲生活をしながらも独身を満喫していました。

 

そして私が20代最後の頃、
主人がある資格を取るために
国家試験を受験することになりました。

それはかなり難易度が高く、
なかなか合格するのが難しい試験でした。

ちなみにその前の年に同じ試験を受けたのですが、
わずか数点で落ちてしまっていました。

その試験を再受験するにあたり、
主人の中では決意があったようでした。

主人が母親に電話をすると、
「今度国家試験受けるから。そしてもしそれに
受かったらMちゃんと結婚するから」と言っていました。

まだ私に直接プロポーズを
してくれていなかったので驚きました。

ですがもっとびっくりするのは、
自分の母親には結婚宣言をしておきながら、

私には結婚式までちゃんとした
正式なプロポーズがなかったということです。

ただ結婚はするんだなという
自分の中ですんなり納得はできていたため、

プロポーズをすっ飛ばして、
結婚式の会場はどうするか、ドレスはどんなものが良いか、

結婚指輪は買うのかどうか等、
結婚に向けての話し合いはしっかり行っていきました。

周りから「それだけ付き合ってて
プロポーズなかったの?」とか

「プロポーズなくてどうやって結婚するの?」
と驚かれたり笑われたりしましたが、
この形が自分たちらしいなと思ったりもしています。

 

【プロポーズ後のエピソード】

正式なプロポーズはなかったのですが、
結婚が決まった後は主人が私の実家に挨拶に来ました。

私たちの住んでいたところは関西でしたが、
九州の実家まで2人で揃って緊張しながら行きました。

両親は何度か関西に遊びに来たことがあったため、
そのたびに主人と会わせており、
挨拶の日が初めてということではありませんでした。

ですがやはり結婚のあいさつというのは緊張するようで、
横で見ていてその緊張が伝わってくるようでした。

そして古典的だとは思うのですが、改まって
「お嬢さんを僕にください」と言ってくれました。

プロポーズはちゃんとしたものがなかったけれど
親へのあいさつはしっかりしてくれた主人に感動しました。

そして父が「娘をやる。だから二人で協力してやりなさい。
決して別れるようなことがあってはいけないよ」と言っていました。

私は内心「『ください』とか『あげる』とか
私はモノじゃないのよ」と思いつつも、

なんだか心がポカポカするようで、
「あぁ、これでこの人と本当の夫婦になるんだなぁ」
と思ったのを覚えています。

 

そして別の日に私の実家で結納を行いました。

結納には主人の両親も来てもらい、
和やかに食事と歓談をしました。

印象的だったのは、
当時実家では犬を飼っていたのですが、

別室に入れておいた犬が勝手に
結納を行っている部屋に入ってくると、

主人と主人の母、そして主人の父に
順番に挨拶して回っていたことです。

それぞれの隣に座ってじっと目を見つめ、
「Mちゃんをお願いしますね」と言っていたようでした。

知らない人は怖がるような犬だったので、
そんな行動を起こした犬にびっくりしてしまいました。

そしてお茶をいれにいった母が
座っていた座布団に座ると、

「自分も家族の一員だから参加するよ」
と言っているようでした。

そして結婚式の日、
私はサプライズを仕込んでいました。

結婚式の司会者の方に頼んで
「プロポーズをしてもらう」ように誘導してもらいました。

司会者の方は「なんでも〇〇さんはMさんに
プロポーズされてないとか。ここで皆さんの前でしっかり
プロポーズしてもらいましょう」と言ってくれました。

主人はまさかそんなサプライズが
あるとは思っていなかったらしく、

タジタジしながらも
「結婚してください」と言ってくれました。

 

沢山の先輩カップルさんの結婚指輪をご紹介しております
こちらからご覧頂けます→私達の結婚指輪をブログで紹介

 

=================================

結婚指輪や結婚に関わる体験談ありがとうございました

リングの表面に三本の重なったハートを彫るというのも
オリジナルですし意味もあって素敵だな~と思いました。

体験談を読ませて頂くとお客様と打ち合わせをする人と
と結婚指輪を作る職人さんは別々なのが分かりましたね
実際にこのようなパターンがほとんどだと思っています。

オーダーメイドの専門店でも実際に店に職人さんが在中
しているというのは全国でもかなり限られた店なんです。

というのも店と職人さんは基本的に別々の仕事ですので
職人さんは職人さんで仕事があるので契約をしている店
から依頼を受けて指輪を作っているというのがほとんど。

ですのでお客様と打ち合わせをするスタッフさんの考え
ているイメージが、お客様の考えているイメージと一致
しないとお客様が希望した指輪にならない可能性が(汗)

ここからは当店のジュエリーコウキの話しになりますが
当店は職人が在中しておりますし、その職人が私です!
私、池田はジュエリーコウキの二代目で代表取締役です。

鍛造を継承している職人歴28年のガチの宝飾職人です
その私が直接お客様と打ち合わせをしておりますので
お客様のお話しを直接お聞きすることができるので安心!

しかも普通のオーダーメイドではなくて日本伝統技法の
鍛造で私が1つ1つを手作りで指輪を制作しております
指輪を作る職人が直接打ち合わせができるのが魅力です。

ジュエリーコウキ 2代目、池田潤

=================================

お気軽に私、池田までお問い合わせをしてください(^ω^)

こちらの「お問い合わせ」からか、もしくはメールで
j_kouki_ring@yahoo.co.jp 宛てまでお願いいたします。

私が作る鍛造の結婚指輪の一覧は→コチラ

○電話番号 0258-27-1771 10時~17時まで対応しています
○メールアドレス j_kouki_ring@yahoo.co.jp 24時間OK
〒940-2003 新潟県長岡市渡場町2-7 株式会社ジュエリーコウキ

=================================

鍛造で作る結婚指輪はごく稀で、希少価値のある結婚指輪
世界中の全ての結婚指輪のうち鍛造で作られた結婚指輪は
1%未満と言われるほど鍛造の結婚指輪は少ないんですよ。

その理由は、鍛造の指輪は地金を金槌で叩いて炎で焼いて
じっくりと時間をかけて地金密度を上げていくという製法
熟練された技術や知識を持った職人のみしか作れない技法
鍛造の指輪を作る為の専門工具や機材など設備も必要な為。

伝統工芸と言われる鍛造の指輪は日本の宝だと思いますが
受け継ぐ職人が激減しており鍛造の指輪は衰退しています
だからこそ鍛造技術を受け継いだ私が広めたいと思います。

指輪作りの制作ブログをご覧頂いて鍛造技術に納得をして
私の結婚指輪をご購入して頂けると作り手として幸せです。

=================================

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA