結婚指輪をすると痒くなる(汗)金属アレルギー対応の指輪の選び方!

オーダーメイドの結婚指輪、ジュエリーコウキ
日本伝統技法の鍛造で結婚指輪を手作りします

オーダーメイドの結婚指輪は全国各地に沢山ありますが
鍛造という技術で作るオーダーメイドの結婚指輪は全国
を探してもほとんど存在しない希少価値の高い結婚指輪。

鍛造(たんぞう)という日本伝統技法でリングを作ります
鍛えて造る指輪という事で鍛造リングと言われています。

一般的なオーダーメイドといえばロウ材から指輪の原型
になる型を作って溶かした地金を型に流して作る製法や
セミオーダーのようにデザインを選ぶタイプが主流です。

しかしジュエリーコウキで二代目の私がする製法は鍛造
鍛えて造るという事から鍛冶作業で鍛錬をして作ります
鍛冶で鍛錬された指輪は密度が濃くなり頑丈になります。

 

こんにちは(゚Д゚)ノ

ジュエリーコウキ2代目で宝飾職人の池田と申します
職人歴は28年で鍛造を継承している職人の1人です。

鍛造は昔からの技術を受け継いだ宝飾職人しか作れず
全国でも鍛造を継承した宝飾職人は極めて少人数です。

市場全ての結婚指輪の中で、鍛造のオーダーメイドで
作った結婚指輪は僅か1%未満しか存在しないんです。

鍛造オーダーメイドの指輪をブログで発信しています
鍛造の制作工程や鍛造の結婚指輪をご紹介しています。

ジュエリー職人

指輪作りもブログ更新も私がしております(^-^)

結婚指輪の専門店という事で結婚指輪に関する記事を
書いていますしお客様の体験談もご紹介しております。

先輩カップルさんの結婚指輪にまつわるエピソードを
募集してブログにアップしておりますので結婚指輪に
関する為になる有益な情報を発信をするのが目的です。

先輩カップルさんの実体験を投稿して頂いているので
これから結婚指輪の購入を考えているカップルさんに
参考になるような内容だと思いますのでご覧ください。

※当店で購入されていない方の体験談を募集しました
全国各地のカップルさんの話を聞きたかったからです。

 

本日は、茨城県A様から投稿を頂いたエピソードです

いつもは女性からエピソードのご投稿が多いのですが
今回の結婚エピソードのご投稿は男性からになります。

男性目線でのエピソードになるので女性から見るのと
違う感覚かもしれないので面白いかと思います(^-^)

そして結婚指輪は毎日するので邪魔にならないで素朴
なシンプルなデザインの結婚指輪を探したそうです。

また、こちらの男性は金属アレルギーだということで
指輪をしているとその部分が痒くなる事があるそうで

記事の最後にアレルギーに向いている指輪のデザイン
そして指輪の素材について私が書きたいと思います。

それでは茨城県A様のエピソードをご覧くださいませ。

=================================

 

題名

【結婚指輪で気になる事は金属アレルギー】

 

投稿者 茨城県A様

 

結婚指輪の購入に関しては
私たち夫婦の考え方は完全に一致しており、

普段から毎日するものなので、
何かの作業をするにも邪魔にならない素朴なものを選びました。

結果的にはまあまあリーズナブルな指輪を購入しましたが、
価格に惑わされて高めの指輪を購入するよりもよかったと思います。

プロポーズをした次の日に
二人で色々な結婚指輪を見て回ったのですが、

当時指輪を見に行く前は、ジュエリーショップにすら
ほとんど入ったことも無かったので知りませんでしたが、

『素朴なデザイン』と言っても、店によっても全く異なり、
ものすごく種類があることを知りました。

一生ものなので、多少気に入った指輪があっても一旦保留にし、
結局ほぼ丸一日かけて10店ぐらい見に行きました。

 

【結婚指輪の大切さ】

結婚指輪をしていることよりも、
結婚指輪を選んでいた時の方が
本当に楽しくて幸せな気分だったと思います。

『結婚指輪を買う』という結果よりもその過程が
大事なんだなぁ、ということを改めて感じた一日でした。

とは言っても、『結婚指輪を買う』
という結果ももちろん大事だと思います。

指輪をし始めた直後は、夫婦でよく見せ合ったり、
常に自分の指に嵌めてある指輪が気になり
よく触ったりもしていました。

また、外を歩いているだけで
常に周りの人に注目されているような気もしました。

 

結婚している大半の夫婦は
結婚指輪をしているかと思いますが、

なんとなく自慢したくなるような感覚にも襲われ、
正直自分がこんなに浮かれるようになるとは
思ってもみませんでした。

指輪をする前は、指輪をしていると
なんとなく窮屈なイメージもありましたが、
慣れてしまえばそんなこともありませんでした。

結婚後しばらくすると、結婚指輪をすることに
慣れてしまいあまり見ることもなくなってしまいますが、

何かあった際にふと指輪を見た時に、
やはり夫婦なんだなぁと実感することができます。

私たち夫婦は二人ともお酒を飲まないのですが、
結婚記念日にはふざけて指輪で乾杯!などをしたり、

棚の奥にしまってあるほとんど顔を出すことのなくなった
婚約指輪を引っ張り出してきてもう一度眺めたりもします。

 

【婚約指輪は結婚指輪の後に購入】

ちなみに私はプロポーズの時には
婚約指輪は購入しませんでした。

サプライズや感動も大事かとは思いますが、
やはり本人に気に入ったものを選んでほしかったためです。

結果的にプロポーズ後にまず
結婚指輪を一緒に買いに行くことになったのですが、

それからしばらくしてやっぱり婚約指輪も欲しいとねだられ、
後日婚約指輪を購入しに行きました。

アクセサリーなどはほとんど付けない奥さんですが、
婚約指輪だけは特別な想いがあったようです。

婚約指輪は小さなダイヤ付きの少し豪華なものを購入しましたが、
結婚指輪よりも喜んでいたような気がします。

 

【金属アレルギーで指輪をすると痒くなる】

一つ失敗談としては、私はこの時初めて結婚指輪をしたので、
試しに指に嵌めてみた時にキツくてうまく外せませんでした。

店員さんが私に合うサイズを選んでくれてはいたのですが、
後で痛くなったり、少し太った時に外れなくなるのが
怖かったため、少し大きめのサイズに変更しました。

結果、慣れてくると簡単に外せるようになり、
乾燥して手がツルツルになっているような時は、

手を振っただけで外れそうになったこともあり、
とても後悔しています。

万が一外にいる時に指輪が外れてどこかに転がって
行ってしまったらなんてことを想像すると・・・恐ろしいです。

もう一つこれは言っても仕方のない事ですが、
私は乾燥肌でアレルギー持ちなので、
指輪をしている場所が痒くなることがよくあります。

いずれにしても、ほんの少しのマイナス面はあったとしても、
結婚指輪は普段夫婦が常にしている唯一のペアアイテムで、
やはりしているだけでも気持ちが全然違います。

今こうして書き物をしている時もまた指輪を見ては
当時のことを思い出しながら少しにやけています。

結婚指輪と婚約指輪

【プロポーズのエピソード】

私たち夫婦は2015年の
大みそかに正式に交際を始めました。

元々一に遊んだり旅行する仲だったのですが、
この年の大みそかに旅行先で告白をして
交際することになりました。

それからは恋人として
以前と同じようにご飯を食べに行ったり
旅行に行ったりして順調に交際を続けてきたのですが、

結婚を意識してというわけではありませんが、
後に職場が偶然近くになったのをきっかけに、
交際してから約2年後に同棲を始めました。

同棲後も特に大きな喧嘩もなく、
それからさらに1年後の交際ちょうど3年目に
プロポーズをすることを決意しました。

忘れもしない2018年の大みそか、
彼女が家に帰ってきたところで
サプライズプロポーズを計画していたのですが・・

なんと、元々お酒もほとんど飲まず、
夜遅く帰ってくることすら一度もなかった彼女が、

奇跡的にその日に限って友達に誘われ
お酒を飲みに行ってしまいました。

普段からお互いにあまり相手の交友関係には
干渉はしないようにしていたので、

この日だけ早く帰ってくるよう催促するのも不自然と思い、
私は家で緊張しながら待って待って待ち尽くして、
ようやく彼女が帰宅した時にはすでに24時を回っていました。

ちょうど3年目のこの日にロマンチックにプロポーズするはずが、
この夜遊び女のせいで人生で一度きりの計画が狂った!
と今では笑い話になっています。

これが私の3年と1日目のプロポーズです。

 

プロポーズに準備したのは、
花束と思い出の写真を入れた電子アルバムと
手作りの交際期間の思い出をすべて記した日記の3点です。

その周りにバラの花びらを散らして、
彼女が部屋に入った瞬間に見える場所に置き、
私は隠れて待っていました。

跪いて婚約指輪を渡すのが
テレビや雑誌でよく見る光景ですが、

彼女の指のサイズが分からなかったこともありますが、
彼女自身が気に入った婚約指輪を選んでほしいと思って
あえて事前には購入しませんでした。

彼女も少しプロポーズを待っていたような感じで、
無事OKをもらいました。

彼女は普段あまりお洒落をしたり、
ネックレスやピアスなどもほとんどせず、

キレイな花や植物は好きなのですが、
雑貨や置物にもほとんど興味がなく、
電子アルバムも電気代が無駄だと後に撤去したぐらいです。

そんな彼女が結婚指輪だけはものすごい
こだわりがあったことが後で分かってすごく意外でした。

プロポーズした2019年の元旦の朝方は、夜通しでずっと
どこでどんな結婚指輪を購入するか話をしていました。

 

【プロポーズ後のエピソード】

プロポーズ成功後、2019年の正月早々
二人がまず向かったのはジュエリーショップでした。

私たちは元々結婚式を挙げるつもりがなかったため、
そのまま結婚指輪を購入しに行きました。

婚約指輪もプロポーズの時に
購入しておらず後付けでの購入となったため、

プロポーズ後に2回指輪を買いに行くことになりましたが、
指輪を選んでいた時の彼女が今まで見た中で
一番幸せそうに見えました。

ただ、婚約指輪はほとんどする機会がなく、
すぐに棚の奥へしまわれてしまうことになりましたが。。

プロポーズをした後は
何をしても本当に新鮮に感じました。

実際に入籍したのは3ヶ月ぐらい後ですが、
プロポーズ後は感覚的にはすでに
夫婦になった気分になりましたし、

周りからもなんとなく顔つきが
夫っぽくなったと言われました。

逆に私の場合は、婚姻届けを提出した実際の
『結婚日』はあまり自覚がありませんでした。

しかしこれから夫婦になると思うと、
なぜか交際当初に行った場所等にもう一度行きたくなり、

一番最初にデートした場所や、一番最初に
一緒にご飯を食べたレストラン等にも行きました。

プロポーズ前と後だとなんとなく感じが違いますし、
会話も当時の思い出話をしたり、
将来のことや子供の話をするようになりました。

 

また、交際中に海外旅行に行ったことがあるのですが、
新婚旅行の国内旅行のほうが圧倒的にハッピー度数が異なります。

時々周りから『夫婦ですか?』と聞かれた時に、
『そうです』ではなく『新婚です』と答えるのは
おそらく新婚さんあるあるだと思います。

ちなみに私たちは幸いにも両家共に
両親からの反対等は一切なかったので、
スムーズに結婚することができました。

交際時にも挨拶には行っていましたので
相手の両親とも面識はありましたが、

よくよく考えてみれば、(後々私にも娘ができるのですが)
初対面で『娘さんを下さい』などと言われたら
相手の男を殴りたくなる父親の気持ちがよく分かります。

結婚式に関しても、
私たちは夫婦の意見が一致していましたが、

特に奥さんやそのご両親の本心を
もっと聞くべきだったかなと後になって思いました。

ただ、ウェディングドレス等を着て
写真館や海辺などで記念撮影はしており、

こちらは奥さんのご両親にも
喜んでもらえたので良かったと思います。

後になって思ったことは、
自分がプロポーズした時の動画も
撮っておけばよかったような気がしています。

正直ビシッと決められなかった部分がありましたので、
プロポーズ後もなんとなくずっとひっかかっていました。
客観的に見たらどう映っているのかすごく気になります。。

 

沢山の先輩カップルさんの結婚指輪をご紹介しております
こちらからご覧頂けます→私達の結婚指輪をブログで紹介

 

=================================

結婚指輪や結婚に関わる体験談ありがとうございました

金属アレルギーに悩んでいる方は結構いらっしゃいます
一昔前よりも金属アレルギーという言葉も良く聞きます。

しかし、一昔前の実情がよく分からなかっただけで実は
金属アレルギーの方は昔から多いのだと思っております。

というのも自分は指輪を作っている宝飾職人を28年間
しておりますが、アレルギーで指輪を諦めていましたが
結婚指輪を諦めなくても何か良いご提案はありますか?
というご相談を結構多く定期的に頂いていたんですよね。

そこで金属アレルギーの方でも安心して出来る結婚指輪
についてですが1番のポイントは素材だと断言致します
デザインも関係してきますが「素材」これに尽きます。

結婚指輪に1番多く使われている素材がプラチナ900
そしてk18ゴールドになりますがどちらも割り金が含ま
れているのでそれがアレルギーと密接な関係になります。

プラチナ900にはパラジウムが10%含まれています
k18ゴールドは銀と銅が合わせて25%含まれています
この割り金が金属アレルギーの原因になってくるんです。

ということは単純に割り金の含まれていない純プラチナ
そして純金(k24)を指輪の素材に使えばいいんです(^-^)

ほとんどの金属アレルギーの方は、純プラチナか純金を
素材として結婚指輪を作れば反応がでないので安心です。

しかし!金属アレルギーの方の中で極稀に純プラチナや
純金でアレルギー反応がでる方がいらっしゃいますので、

純プラチナが駄目なら純金を試して、純金が駄目ならば
純プラチナを試してみる。そうするとどちらかは大丈夫
という事が今までの経験では多いので諦めないで下さい!

また前もって専門の病院で金属アレルギーの検査をする
と何の素材にアレルギー反応をするのか分かりますので
その結果を見て結婚指輪の素材を選ぶのもお勧めですね。

ジュエリーコウキ 2代目、池田潤

=================================

お気軽に私、池田までお問い合わせをしてください(^ω^)

こちらの「お問い合わせ」からか、もしくはメールで
j_kouki_ring@yahoo.co.jp 宛てまでお願いいたします。

私が作る鍛造の結婚指輪の一覧は→コチラ

○電話番号 0258-27-1771 10時~17時まで対応しています
○メールアドレス j_kouki_ring@yahoo.co.jp 24時間OK
〒940-2003 新潟県長岡市渡場町2-7 株式会社ジュエリーコウキ

=================================

鍛造で作る結婚指輪はごく稀で、希少価値のある結婚指輪
世界中の全ての結婚指輪のうち鍛造で作られた結婚指輪は
1%未満と言われるほど鍛造の結婚指輪は少ないんですよ。

その理由は、鍛造の指輪は地金を金槌で叩いて炎で焼いて
じっくりと時間をかけて地金密度を上げていくという製法
熟練された技術や知識を持った職人のみしか作れない技法
鍛造の指輪を作る為の専門工具や機材など設備も必要な為。

伝統工芸と言われる鍛造の指輪は日本の宝だと思いますが
受け継ぐ職人が激減しており鍛造の指輪は衰退しています
だからこそ鍛造技術を受け継いだ私が広めたいと思います。

指輪作りの制作ブログをご覧頂いて鍛造技術に納得をして
私の結婚指輪をご購入して頂けると作り手として幸せです。

=================================

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA