指が短いので指が長く見える結婚指輪が理想!でもV字は嫌なんです

オーダーメイドの結婚指輪、ジュエリーコウキ
日本伝統技法の鍛造で結婚指輪を手作りします

オーダーメイドの結婚指輪は全国各地に沢山ありますが
鍛造という技術で作るオーダーメイドの結婚指輪は全国
を探してもほとんど存在しない希少価値の高い結婚指輪。

鍛造(たんぞう)という日本伝統技法でリングを作ります
鍛えて造る指輪という事で鍛造リングと言われています。

一般的なオーダーメイドといえばロウ材から指輪の原型
になる型を作って溶かした地金を型に流して作る製法や
セミオーダーのようにデザインを選ぶタイプが主流です。

しかしジュエリーコウキで二代目の私がする製法は鍛造
鍛えて造るという事から鍛冶作業で鍛錬をして作ります
鍛冶で鍛錬された指輪は密度が濃くなり頑丈になります。

 

こんにちは(゚Д゚)ノ

ジュエリーコウキ2代目で宝飾職人の池田と申します
職人歴は28年で鍛造を継承している職人の1人です。

鍛造は昔からの技術を受け継いだ宝飾職人しか作れず
全国でも鍛造を継承した宝飾職人は極めて少人数です。

市場全ての結婚指輪の中で、鍛造のオーダーメイドで
作った結婚指輪は僅か1%未満しか存在しないんです。

鍛造オーダーメイドの指輪をブログで発信しています
鍛造の制作工程や鍛造の結婚指輪をご紹介しています。

ジュエリー職人

指輪作りもブログ更新も私がしております(^-^)

結婚指輪の専門店という事で結婚指輪に関する記事を
書いていますしお客様の体験談もご紹介しております。

先輩カップルさんの結婚指輪にまつわるエピソードを
募集してブログにアップしておりますので結婚指輪に
関する為になる有益な情報を発信をするのが目的です。

先輩カップルさんの実体験を投稿して頂いているので
これから結婚指輪の購入を考えているカップルさんに
参考になるような内容だと思いますのでご覧ください。

※当店で購入されていない方の体験談を募集しました
全国各地のカップルさんの話を聞きたかったからです。

 

本日は、大阪府H様から投稿を頂いたエピソードです

体験談を投稿された方は、指が短いので自分の短い指
にも似合う結婚指輪が1番のポイントだったそうです。

指が長く見える&魅せれるとなると有名な指輪の形が
V字というリングセンターがVになったデザインです
V字は指が長く見えると昔から言われていて定番の形。

実際にこちらの方はV字の結婚指輪を指に着けてみて
しっくりこなくて違和感を感じてV字以外のリングで
短い指に似合うリングを探したというエピソードです。

体験談の他にも記事の最後に宝飾職人としてプロから
見た短い指に似合うリングをお伝えしたいと思います。

それでは大阪府H様のエピソードをご覧くださいませ。

=================================

 

題名

【指が長く見える結婚指輪が欲しい】

 

投稿者 大阪府H様

 

彼氏の駐在がきっかけで
結婚がトントン拍子で決まりました。

お付き合いも長かったので、周りから
たくさん祝福してもらえて幸せだったのですが、

一つ問題点が…!
彼氏に貯金があまりなかったのです。(50万円程度)

結婚式・指輪購入等
結婚イベントが貯金の時間なく迫った私たちは
大急ぎで準備を進めました。

彼氏は一生に一度のことだから、
婚約指輪と結婚指輪を買いたい!と言ってくれましたが

私は婚約指輪を我慢して、満足のいく
(予算を考えずに)指輪を選びたい!と説得し

婚約指輪はなしで、結婚指輪を満足いくものを
購入しようということになりました。

 

【婚約指輪の予算を結婚指輪に】

婚約指輪がいらないとなると、
入籍までに結婚指輪のみ購入すればいいので
少し時間に余裕が出てきました。

なので、彼と式場の見学や、
式場打ち合わせ、デートのたびに

ブライダルリングショップを
ウィンドウショッピングする日々になりました。

本当にたくさんのブランド
(20店舗ぐらい?)を訪れ、試しつけをしました。

でも、どのショップの指輪もあまりしっくりこず…
というのも、既存品はどこのブランドも似たり寄ったりで、

ダイヤの輝きが違うといわれても同じように見えてきて、
何がどういいのかわからなくなってしまったのです。

 

【フルオーダーの結婚指輪も素敵】

そんなときに某SNSを見ていた時に出ていた広告が、
現在の結婚指輪の店舗です。

・デザイナーと相談しながらフルオーダー可能
・指輪の中のイニシャルも、デザイナーと相談可能
・指輪の中のデザインには、好きな絵を入れることも可能

↑の広告を見て、これだ!!!と思いました。
今思えば運命の出会いだったと思います。

早速彼と相談に行きました。
外観も内観も本当に私好みで、
かわいいを連呼してしまっていました。

そんな私たちの担当になってくださった
販売員さんも、素敵な人でした。

沢山他店を見て結婚指輪の
理想のイメージが固まっていた私たちは、

「こんな結婚指輪が欲しいんです!」と、
勢いよくお願いしました。

 

結婚指輪の1番の理想は
指が長く見えるデザイン

・指が短いのがコンプレックスなので、
指が長く見えるデザイン希望

・でもV字型のリングを付けると、
手から浮いた印象に感じた

・V字型かつ真ん中のみひねっているデザインは、
手が長く見えて気に入ったが、

指輪のインパクトが強く感じたので、
もう少し控えめな華奢なデザインがいいと思った

・でも婚約指輪がないぶんダイヤはキラキラつけたい!

・私にしかわからないかわいいデザインがあれば尚良し

こんな私達の勢い強い、
こだわり強すぎてうっとおしい話を、

うっとおしい顔一つせず、にこにこ聞いてくださり、
「多分これが好きだと思います」と、
自信たっぷりでもってきてくださったリングがありました。

 

【V字ではなくて華奢でストレート】

・ストレートタイプですが、
真ん中でひねりのあるデザイン

・ひねっている部分が指先側に、
ダイヤを敷き詰めている

・でも、華奢な細めのデザインなので、
指輪のインパクトはそこまで強くない

・「リボン」と呼ばれるデザインで、
ダイヤの敷詰めの端が、リボンのようになっている

「そうです!!!好きです!!!」とピッタリのリング。

結婚指輪

予約時はフルオーダーで、世界に一つの
リングを相談したいと思っていたのですが、

そのリングを見た瞬間一目ぼれしてしまい、
既製品にしました。

フルオーダーにするつもりが
既製品になったので、予算が浮いた私達。

その分ダイヤのランクを上げて、
指輪の中にも誕生石を入れて、

かつデザイナーさんに指輪の名前である「リボン」を
モチーフとした私達のイニシャルと、

結婚記念日を掘っていただきました
それでも予算内に落ち着きました。

今も私の左手で光っているこの結婚指輪が、
運命の出会いを果たした指輪だってことが、私の自慢です。
いつまでも大切に使っていきたいと思います。

 

【プロポーズエピソード】

婚約指輪はいらないから、
バラの花束を用意して、
形式だったプロポーズをしてもらいたい。

実は、プロポーズより先に、
彼の3年間の中国駐在が決まりました。

そのため、その話をされたときに、
結婚してついてきてほしいといわれ、
了承していたのですが、

結婚準備に進むにあたり、
夢だったプロポーズだけは
おろそかにされたくありませんでした。

やっぱり、大好きな人に
準備してもらってプロポーズされたいですからね。

電話で、「駐在決まってもた!中国ついてきて!」
では許せませんでした。笑

私のお願い通りに彼はしてくれました。

ふたりの記念日の日、「どこに行くか内緒だよ!」と
当日までお店を教えてくれませんでした。

「何料理?プロポーズされる?」と当日までドキドキしました。
プロポーズの予感がしていた私は、2キロダイエットまでして楽しみにしていました。

そして当日。彼について行ってみると、
夜景の見えるレストランを予約してくれていました。
イタリアンのコース料理を準備してくれていた彼。

コースの最後にお店の人が、デザートの
ケーキとバラの花束を持ってきてくれました。

デザートのケーキには、
「記念日おめでとう!」の文字。

バラの花束は嬉しかったし、
ケーキもうれしかったけど、

「あれ?これだけ?プロポーズはまた今度?」
と困惑してしまいました。

そんなとき、彼がタブレット端末を取り出して、
「見てほしい動画があるんだ」と言われました。

「んんん???」と思いながら一緒に見ていたところ、
今まで一緒に過ごしてきた日々の
写真がたくさん出てくるムービーでした。

BGMは115万キロのフィルム。
二人の大好きな曲なので、
イントロが流れた瞬間から涙してしまいました。

そのムービーが終わってから、
無事プロポーズしてくれました。

ありきたりな言葉でも、
大切な人にいわれたらこんなにも
うれしいものかと実感し、とても感動的な瞬間でした。

もちろん返事はオッケー。
その翌日から式場選びと指輪えらびに精を出しました。笑

ちなみに、このムービーのBGMで
使用された115万キロのフィルムですが、

二人の思い出の曲として、
結婚式のプロフィールムービーに使用しました。

思い出が増えていくって
幸せなことだなぁと実感した瞬間でした。
彼と家族になれて本当によかったです!

【プロポーズ後のエピソード】

挙式当日に入籍 にあこがれを持っていた私。

駐在決定により、バタバタと入籍準備を
進めなければならなくなってしまったため

可能なことは私の憧れに合わせようと、
彼が努めてくれていました。
そのため、挙式当日の朝に入籍することになりました。

また、挙式当日に入籍する日は、
特別感のある日付にしたいと思っていました。

大安にする?それとも記念日にする?

ただいい日付を選んでいたら、
中国渡航日が来てしまうので、
選り好みしすぎるわけにもいかず…。

そんな私たちがえらんだ日が、
バレンタインデーでした。

(式場が開いていた かつ
日曜日だったので、ゲストもお呼びできました)

しかし、会社の寮に住んでいた彼は、
入籍後でないと寮から出ることはできません。

早く入籍を済ませて一緒に
暮らしたいと思ったこともありましたが、

彼が私の憧れのために、急いで入籍は避けたい!
と断固して貫いてくれたので、
挙式日まで別々に暮らしていました。

別々に暮らしているので、挙式準備が苦労しました。

一緒に住んでさえいれば、
カタログを一緒に見たり、

毎晩話し合ったりできるのに。
何度もむず痒い気持ちになりました。

その中でも、私たちの選んだ式場は、
式場で引き出物等を購入しないといけないのですが

その代わりに種類がたくさんあり、
カタログ10冊ほどありました。

そのカタログを一緒に見ながら選びたいのですが、
どちらかの家にしか置けず。

重いカタログを持ち歩いて、
カフェで長時間話し合いました。

引き出物だけでなく、その他結婚式準備も、
全て持ち込みでカフェでしました。

荷物が多いことと時間が
限られてしまうことがとても不便でしたが、

「来週までにお互いにこれについて調べよう!」
「これについてどっちがいいか来週まで持ち帰りで考えよう!」

と、宿題感覚で毎週やることをピックアップして、
彼と共有できたのが楽しい思い出です。

社会人になって、コーヒーひとつでカフェで
長時間居座ることなんてないと思っていたので

学生時代の恋愛のように感じて、
ピュアな気持ちになれました。

そうして一生懸命準備したかいあり、
バレンタイン当日の入籍も、挙式もうまくいきました!
イベントが一気に押し寄せる、とても楽しい一日でした♪

 

沢山の先輩カップルさんの結婚指輪をご紹介しております
こちらからご覧頂けます→私達の結婚指輪をブログで紹介

 

=================================

結婚指輪や結婚に関わる体験談ありがとうございました

ブログは短い指に似合う指輪というエピソードでしたが
指輪を実際に作っている宝飾職人として私の考えですが、

指が短い長いに関わらず、まずは自分が好きな結婚指輪
をして欲しいというのが作り手としての1番の考えです。

指が短いから~とか、指が長いから~とか、他にも太い
指や細い指など指の形や長さは人それぞれなので自分が
1番着けたい指輪が良いという前提での話しになります。

自分が気に入ったデザインが1番お勧めですと前置きを
しての短い指と相性の良いデザインはV字が定番ですが
V字は曲がっているので好き嫌いがあると思っています。

しかも指の形によっては関節は丁度良くても指の根元は
細くて緩い場合がとても多いので指輪が回ってしまって
指の反対側にVが来たりするので大変なんですよね(汗)

そこでお勧めは細くて華奢な形が合いますので体験談を
投稿して頂いた方の判断は正解だったと思います(^-^)

リングが細い方がシンプルに目立たないというのが理由
幅広リングは目立ちますし指の長さが短く見えるんです
ただやはり1番好きな指輪をするのが絶対おすすめです。

ジュエリーコウキ 2代目、池田潤

=================================

お気軽に私、池田までお問い合わせをしてください(^ω^)

こちらの「お問い合わせ」からか、もしくはメールで
j_kouki_ring@yahoo.co.jp 宛てまでお願いいたします。

私が作る鍛造の結婚指輪の一覧は→コチラ

○電話番号 0258-27-1771 10時~17時まで対応しています
○メールアドレス j_kouki_ring@yahoo.co.jp 24時間OK
〒940-2003 新潟県長岡市渡場町2-7 株式会社ジュエリーコウキ

=================================

鍛造で作る結婚指輪はごく稀で、希少価値のある結婚指輪
世界中の全ての結婚指輪のうち鍛造で作られた結婚指輪は
1%未満と言われるほど鍛造の結婚指輪は少ないんですよ。

その理由は、鍛造の指輪は地金を金槌で叩いて炎で焼いて
じっくりと時間をかけて地金密度を上げていくという製法
熟練された技術や知識を持った職人のみしか作れない技法
鍛造の指輪を作る為の専門工具や機材など設備も必要な為。

伝統工芸と言われる鍛造の指輪は日本の宝だと思いますが
受け継ぐ職人が激減しており鍛造の指輪は衰退しています
だからこそ鍛造技術を受け継いだ私が広めたいと思います。

指輪作りの制作ブログをご覧頂いて鍛造技術に納得をして
私の結婚指輪をご購入して頂けると作り手として幸せです。

=================================

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA