悩んで解決!ゴールドの結婚指輪が良い奥様&プラチナが良い旦那様

オーダーメイドの結婚指輪、ジュエリーコウキ
日本伝統技法の鍛造で結婚指輪を手作りします

オーダーメイドの結婚指輪は全国各地に沢山ありますが
鍛造という技術で作るオーダーメイドの結婚指輪は全国
を探してもほとんど存在しない希少価値の高い結婚指輪。

鍛造(たんぞう)という日本伝統技法でリングを作ります
鍛えて造る指輪という事で鍛造リングと言われています。

一般的なオーダーメイドといえばロウ材から指輪の原型
になる型を作って溶かした地金を型に流して作る製法や
セミオーダーのようにデザインを選ぶタイプが主流です。

しかしジュエリーコウキで二代目の私がする製法は鍛造
鍛えて造るという事から鍛冶作業で鍛錬をして作ります
鍛冶で鍛錬された指輪は密度が濃くなり頑丈になります。

 

こんにちは(゚Д゚)ノ

ジュエリーコウキ2代目で宝飾職人の池田と申します
職人歴は28年で鍛造を継承している職人の1人です。

鍛造は昔からの技術を受け継いだ宝飾職人しか作れず
全国でも鍛造を継承した宝飾職人は極めて少人数です。

市場全ての結婚指輪の中で、鍛造のオーダーメイドで
作った結婚指輪は僅か1%未満しか存在しないんです。

鍛造オーダーメイドの指輪をブログで発信しています
鍛造の制作工程や鍛造の結婚指輪をご紹介しています。

ジュエリー職人

指輪作りもブログ更新も私がしております(^-^)

結婚指輪の専門店という事で結婚指輪に関する記事を
書いていますしお客様の体験談もご紹介しております。

先輩カップルさんの結婚指輪にまつわるエピソードを
募集してブログにアップしておりますので結婚指輪に
関する為になる有益な情報を発信をするのが目的です。

先輩カップルさんの実体験を投稿して頂いているので
これから結婚指輪の購入を考えているカップルさんに
参考になるような内容だと思いますのでご覧ください。

※当店で購入されていない方の体験談を募集しました
全国各地のカップルさんの話を聞きたかったからです。

 

本日は、神奈川県T様から投稿を頂いたエピソードです

ご投稿を頂いた方は結婚指輪の素材をゴールドにするか
プラチナにするかで二人でかなり考えて悩んだそうです。

というのも旦那様は、結婚指輪の素材はプラチナが良い、
奥様は結婚指輪の素材はゴールドが良いという事でした。

結婚指輪のデザインで悩む前の段階、指輪の素材で悩む
経験をした奥様からの結婚指輪選びのエピソードです。

それでは神奈川県T様のエピソードをご覧くださいませ。

=================================

 

題名

【ゴールドとプラチナのコンビで解決】

 

投稿者 神奈川県T様

 

結婚指輪はゴールド系が良かった自分と、
シンプルなプラチナの指輪が良かった夫。

その二人でお店を見ていましたが、
なかなかどちらもの希望が通るような

私がゴールドで彼がプラチナの
結婚指輪は見つかりませんでした。

そんな時にふとデート中に目に入ってきたペアリングが、
結果的に私たちの選んだ結婚指輪になりました。

ピンクゴールドとプラチナ、
真ん中から二つの素材が絡み合うようにして

捻れあったデザインが好みの違う二人が
一つの家族を作り上げていく象徴のように思えて、

すぐに店員さんに頼んで
ショーケースから出していただきました。
貴金属にはあまり興味のない夫もそのデザインを大絶賛!

【ピンクゴールドとプラチナのコンビ】

表面上は甘めのデザインですが、
捻れた部分を手のひら側に持ってくることもできて、

その場合は非常にシンプルな
プラチナのリングのように見えます。

仕事の時もこれなら全く恥ずかしくないと
夫も太鼓判を押してくれました。

やはり夫婦になるのなら仕事中も指輪をしていて欲しい、
けれどもやはり私の好みを通すと夫には甘すぎて
恥ずかしいかも…と悩んでいたのですが、

このようなデザインもあるのだと知って
嬉しく思ったのを覚えています。

サイズを測ってオーダーを頼み、
裏には二人の結婚記念日と○→○という
二人のイニシャルも刻んでもらいました。

 

リングのサイズが小さいと
刻印の文字数に制限がある

しかしここで一つ残念なことが…!

本当は裏には互いの名前を刻みたかったのですが、
サイズが七号であったため(サイズが小さい)
文字の刻める場所がとても小さかったのです。

おまけに正面は捻れたデザインで、
刻めるのは背面のフラットな部分だけ。

誕生石を入れてくれるサービスもありましたが、
余計に場所がなくなってしまうため
泣く泣くイニシャルのみで諦めました。

結局外すことの方が少なかったので
入れなくて正解だったと今は思うのですが、

もし互いの名前をフルで入れたいとかどうしても
裏に入れたい石があるなどのこだわりがある方は、
裏面にどれだけフリーの場所があるかは重要かもしれません。

 

結婚指輪をリバーシブル
で使うことも出来ます

しかし結果的には大満足です!
正面は細身かつ優美なデザインですが、裏にすればシンプル。

結婚式や式典など、ドレスアップする場面では
夫も捻れた方を正面にしています。

男性は輝くアクセサリーをあまりしないので、
指輪がメインのアクセサリーになって良いのだそうです。

男性の肌にピンクゴールドは合わないかな?とも思ったのですが、
プラチナが隣にあると却って互いを映えさせてくれるので
アクセントになってとても似合っています。

婚約指輪は別で選んだので
正面にダイヤなどの輝石は入れなかったけれど、

紐が捩れたようなデザインがファッショナブルなので人から
「ファッションリングなのかと思った!」と言われて
結婚指輪だと気付かれないことすらありました。

街中でつけていても服装から浮かず、
かといって地味すぎもせず、

家事をしていてもふとした拍子にお気に入りの
指輪が目に入るので、とても満足しています。

 

【二人の希望を両方叶えた結婚指輪で良かった】

やっぱり諦めないでどちらもが
気にいるデザインを選んで良かった!

私だけの好みや夫だけの好みで押し通していたら
やはり不満が溜まったかもしれませんが、

互いに互いの希望が叶うように
色々とお店を回った時間も含めて、
この結婚指輪にして良かったと思えます。

生まれた子供もキラキラしているのに惹かれるようで、
何かとこの指輪を「綺麗だね」と言って嵌めたがっています。

一生に一度選ぶものですか
ら互いの希望がぶつかることもあると思いますが、

どちらかの希望だけではなく二人の希望を両方叶えることで
新たなデザインが見つかることもあるのだなぁと思いました。

そろそろ結婚して十年が経とうとしていますが、
二人で悩んで悩んで見つけた結婚指輪は
今も夫婦の象徴として互いの指にはまっています。

本当にこの指輪にして良かったな〜と思います。

 

【プロポーズエピソード】

良い人がいるからどうかと
勧めてくれた友人の紹介で出会い、

年齢のこともあって初めから結婚を
前提で付き合った私たち夫婦ですが、

やはり一生に一度しかないのだから、
結婚するにあたっては女として一度あなたに

しっかりとプロポーズをしてほしい、
と夫に頼んでプロポーズはしてもらいました。

趣味も性格も合い、付き合ってからもアツアツというより
のんびりまったりとしたら私たちでしたので、

結婚といっても今までの生活の延長線上の
ものになるのは分かっていましたから、
ケジメとしてお願いしたかったのです。

そういうことの場所にこだわる方ではないので
当時住んでいた私の自宅で、少し豪華な夕食の後に

「結婚してください」

と言ってもらっただけのものでしたが、
照れ屋で言葉を選ぶのが苦手な夫の精一杯の
言葉だと感じてとても嬉しかったのを覚えています。

 

愛情表現が多い人なので夫は今も
しょっちゅう愛していると伝えてくれますが、

あの時の少し照れたような声と表情は
やはり結婚前のあの時にしか見られなかったと思うので、
やはりしてもらって良かったなぁと今も思います。

互いの年齢の差もあってやや古風な考え方をする夫が
「色々とあると思うけどこれからは自分と一緒に生きてください」
と言うのは私が想像するよりも重い台詞であったと思います。

家族を背負う、一緒に生きていくという重み、
そして面と向かってそれを伝えてくれた夫の勇気と覚悟を
表情や言葉の端から感じることができました。

ホテルのレストランで名前を呼ばれて
スポットライトを浴びてプロポーズされただとか、

一緒に泊まったホテルの部屋に花束が届いて
それとともに…などの素晴らしいエピソードを
教えてくれる友人もいましたが、

私にとってはこのなんでもない日にしてもらった、
ぽつりと呟いてもらった夫の言葉が
最高のプロポーズであったと思います。

お城の前で床に跪いて指輪の箱を開けてくれるような
プロポーズに憧れがないわけではないですが、

そちらはこの後に待っている銀婚式や金婚式にね、
と取らぬ狸のなんとやらで、今から夫婦で話しています。

あの日に約束した私たちの未来がどうなったかを、
その時にまた二人で笑いながら確認できたらいいと思います。

 

【プロポーズ後のエピソード】

プロポーズをしてもらってからは結婚式の準備と
新居の準備とお互いの仕事の調整と…
と目まぐるしい毎日でした。

皆さんそうかもしれませんが、やはり苗字を
変えることになった私の側の負担も大きく、

もっとゆっくり時間をとってこなせれば
良かったなぁと今としては思います。

結婚式は神式でしたので、衣装選びも難航しました。

白無垢から着替えるのか、色打ち掛けは掛け替えるか、
ウエディングドレスに着替えるタイミングは…
と決めることは沢山あります。

夫は紋付きからお色直しのタイミングで
タキシードに着替えるだけでしたので、
そちらの楽さが羨ましくもあり、選べる楽しみもあり。

母や義母、周りの人の意見も
聞きながら衣装を決めていきました。

やはり年配の方が出席されると着物を希望されるようで、
お婆ちゃんのためにこれを着ようと決めた衣装もありました。

結婚式は自分たちが旅立つのと同時に
お世話になった方に感謝をする場でもありますから、

やはり周りの意見は聞ける範囲で
聞くべきだと個人的には思います。

結局その瞬間はカメラとビデオの中にしか残らないので、
悔いのないよう、そして何度も見返して
楽しめるようにして衣装を決めました。

 

今でも家に写真が貼ってありますが、
悩みながら決めた衣装や、

時間のない中で互いに一つ一つ決めていった装花や
テーブルセットなども良い思い出になっています。

夫にとって最大のイベントは
私の家族への挨拶だったかもしれませんが、

こちらも和気藹々とした
雰囲気のままに滞りなく行えました。

結婚式をした神社には中に少々豪華なレストランがあり、
そこで両家の紹介をしたのですが、

子供が生まれてからはお宮参りや七五三もその神社で行い、
そのレストランで両家ともに食事をするのが慣わしになっています。

こういうことができるのは、神社と結婚式場が
セットになっている建物の利点かなぁと思います。

桜が美しいので時期にはその神社に花見にもいきますが、
たまにその日に結婚式が行われていることもあり、

あの日の自分たちのようにしずしずと
歩いている花嫁さんを子供と見ながら、
なんとも言えない幸福感に包まれています。

夫も同じことを思うようで、いつもあの日
写真を撮ったのと同じ鳥居で家族写真を撮っています。

 

沢山の先輩カップルさんの結婚指輪をご紹介しております
こちらからご覧頂けます→私達の結婚指輪をブログで紹介

 

=================================

結婚指輪や結婚に関わる体験談ありがとうございました

一生ずっと指に着けていくことになる結婚指輪ですので
デザインよりも素材で悩むのは当然かもしれませんよね。

結婚指輪の定番素材といえばプラチナかゴールドですが
作り手の感覚からの比率ではプラチナのほうが多いです
28年間、宝飾職人として結婚指輪を作り続けた感触です。

しかしゴールドも人気ですし甲乙つけがたいのが本音で
結局の所は、お客様の好みの素材で作るのがベストです。

今回、ご投稿をして頂いた方のエピソードはプラチナと
ゴールドのコンビで解決しましたがデメリットがあって
メンテナンスが効きにくいというデメリットがあります。

まず、プラチナとゴールドは素材が全くの別物なんです

どちらも高価な地金というところは共通しておりますが、
性質が全く異なっていてプラチナの融点は約1770度
ゴールドが溶ける融点は約1000度、差が凄いですね。

融点が違うということは=溶ける温度が違うになります
サイズ直しをするときにリングを溶接しても融点が倍も
違うのでゴールドが先に溶けてしまうということ(汗)

そのような理由からコンビリングのサイズ直しは不可能
と表示をしているメーカーが多いのも事実なんですよね
サイズを変える場合はリング自体を変える事も多いです。

他にも素材の硬さや粘りも違うので歪んできたりします
強引に違う地金同士をくっつけると不具合がでるんです
ですので私はゴールドとプラチナのコンビは作りません。

その代わり当店ではコンビは作りませんが2本のリング
で素材を変えて作る事をしておりますし推奨しています。

もともと男性と女性で素材に迷っているならば自分達が
作りたい素材で作れば解決しますしサイズ直しも出来て
同じ素材ならばメンテナンスがほとんどが効くので安心!

実際に当店では男性と女性でプラチナとゴールド素材で
結婚指輪を別々の素材で作ることもよくあります(^-^)

他にもプラチナはプラチナでも純プラチナを使ったり
金は金でも純金で作ることもありますのでご覧下さい!
clic → 純プラチナと純金で鍛造の結婚指輪を制作

ジュエリーコウキ 2代目、池田潤

=================================

お気軽に私、池田までお問い合わせをしてください(^ω^)

こちらの「お問い合わせ」からか、もしくはメールで
j_kouki_ring@yahoo.co.jp 宛てまでお願いいたします。

私が作る鍛造の結婚指輪の一覧は→コチラ

○電話番号 0258-27-1771 10時~17時まで対応しています
○メールアドレス j_kouki_ring@yahoo.co.jp 24時間OK
〒940-2003 新潟県長岡市渡場町2-7 株式会社ジュエリーコウキ

=================================

鍛造で作る結婚指輪はごく稀で、希少価値のある結婚指輪
世界中の全ての結婚指輪のうち鍛造で作られた結婚指輪は
1%未満と言われるほど鍛造の結婚指輪は少ないんですよ。

その理由は、鍛造の指輪は地金を金槌で叩いて炎で焼いて
じっくりと時間をかけて地金密度を上げていくという製法
熟練された技術や知識を持った職人のみしか作れない技法
鍛造の指輪を作る為の専門工具や機材など設備も必要な為。

伝統工芸と言われる鍛造の指輪は日本の宝だと思いますが
受け継ぐ職人が激減しており鍛造の指輪は衰退しています
だからこそ鍛造技術を受け継いだ私が広めたいと思います。

指輪作りの制作ブログをご覧頂いて鍛造技術に納得をして
私の結婚指輪をご購入して頂けると作り手として幸せです。

=================================

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA