結婚指輪を個性的に作る【鍛造がお勧め】珍しい製法で人と被らない

オーダーメイドの結婚指輪、ジュエリーコウキ
日本伝統技法の鍛造で結婚指輪を手作りします

オーダーメイドの結婚指輪は全国各地に沢山ありますが
鍛造という技術で作るオーダーメイドの結婚指輪は全国
を探してもほとんど存在しない希少価値の高い結婚指輪。

鍛造(たんぞう)という日本伝統技法でリングを作ります
鍛えて造る指輪という事で鍛造リングと言われています。

一般的なオーダーメイドといえばロウ材から指輪の原型
になる型を作って溶かした地金を型に流して作る製法や
セミオーダーのようにデザインを選ぶタイプが主流です。

しかしジュエリーコウキで二代目の私がする製法は鍛造
鍛えて造るという事から鍛冶作業で鍛錬をして作ります
鍛冶で鍛錬された指輪は密度が濃くなり頑丈になります。

 

こんにちは(゚Д゚)ノ

ジュエリーコウキ2代目で宝飾職人の池田と申します
職人歴は28年で鍛造を継承している職人の1人です。

鍛造は昔からの技術を受け継いだ宝飾職人しか作れず
全国でも鍛造を継承した宝飾職人は極めて少人数です。

市場全ての結婚指輪の中で、鍛造のオーダーメイドで
作った結婚指輪は僅か1%未満しか存在しないんです。

鍛造オーダーメイドの指輪をブログで発信しています
鍛造の制作工程や鍛造の結婚指輪をご紹介しています。

ジュエリー職人

指輪作りもブログ更新も私がしております(^-^)

結婚指輪の専門店という事で結婚指輪に関する記事を
書いていますしお客様の体験談もご紹介しております。

先輩カップルさんの結婚指輪にまつわるエピソードを
募集してブログにアップしておりますので結婚指輪に
関する為になる有益な情報を発信をするのが目的です。

先輩カップルさんの実体験を投稿して頂いているので
これから結婚指輪の購入を考えているカップルさんに
参考になるような内容だと思いますのでご覧ください。

※当店で購入されていない方の体験談を募集しました
全国各地のカップルさんの話を聞きたかったからです。

 

本日は、兵庫県N様から投稿を頂いたエピソードです

ご投稿をして下さったこちらの方の結婚指輪を選んだ
ポイントは「自分達らしさ、人と被らないで個性的」
このポイントを重視をして結婚指輪を探したそうです。

そして選んだ結婚指輪が個性的で珍しかったそうです
まずデザインが珍しくて人と同じではなく被らない事
更に指輪の製法が鍛造という珍しい製法という事です。

何と鍛造(たんぞう)ということで気になりますね~
というのも私、池田が作る製法も鍛造だからなんです。

他のお店の鍛造がどんな感じなのかが同業者としては
気になりますし鍛造という言葉が出るのは嬉しいです。

それでは兵庫県N様のエピソードをご覧くださいませ。

=================================

 

題名

【製法とデザインが個性的な結婚指輪】

 

投稿者 兵庫県N様

 

私たちが結婚指輪を選ぶ上で、
一番重要視したのは、自分らしさです。

よく見かける結婚指輪は、
細いプラチナが多いですよね。

最近だと女性側の指輪には
小さいダイアモンドが定番。

しかし、せっかくなので少し高くても、
自分たちを表現できる結婚指輪が良い。

何か特別な意味を持たせることができるような、
結婚指輪を購入したいと思っていました。

結婚指輪 個性的

【個性的で面白い結婚指輪】

選んだ結婚指輪は、知恵の輪のように
2つの指輪が1つの指輪のように結合するデザイン。

リングの上のカットの部分が、
お互いの指輪にスルリとハマります。

とても珍しいデザインで、
一目見たときから、気に入りました。

同じような他の指輪だと噛み合わず、
2人の指輪だけが噛み合うように
職人さんが作ってくれます。

素材は18金、色はローズ系です。
結婚指輪として買いましたが、
ファッションにも合うように選びました。

 

結婚指輪の幅の太さと
表面の仕上げを選べる

結婚指輪の太さも選ぶことができました。

私たちは、太さ4ミリを選びました
他には2ミリと、6ミリがあったかと思います。

4ミリは細すぎず、太すぎずの
デザインでちょうど良かったです。

結婚指輪の表面の仕上げも、選ぶことができました。
私たちは、ナチュラルに傷が入ったものを選びました。
他には、ピカピカのグロス加工のものもありました。

結婚指輪の表面の仕上げに関しては、
経年劣化を楽しむデザインになっています。

ナチュラルに傷が入ったものは、ピカピカに。
ピカピカなものは、傷が入っていくデザインです。

形あるものは、変化します。
夫婦も同じで、その関係性や想いは変化していくと思います。
変化をすることを楽しむ「経年劣化」に共感しました。

 

【鍛造の結婚指輪】

また、鍛造という製法で作られているもので、
リングの強度が大変強いのだそうです。

店員さんには「金属を叩いて密度を高める感じ」
と紹介してくれました。

セミオーダー方式の、完全受注生産。
海外で職人さんが、一から作ってくれます。
注文から到着まで、約2カ月かかりました。

待った分、自分たちがオーダーした
結婚指輪を見ることができるのが、とても楽しみでした。

選んだデザインは少し派手かなとも思いました。
夫は、仕事に行くときに必ず着けて行くと言っていました。

スーツに合わせると浮くような色は嫌だったのです。
しかし、完成した指輪はとても肌に馴染み、自然な雰囲気でした。

 

【鍛造の結婚指輪の金額】

金額はセットで300,000円くらいだったと思います。

直営店で買うよりも、百貨店でブライダルクラブに
入会して購入した方が、10%安かったです。

結婚指輪の内側に、刻印をしていただきました。

結婚記念日と私の指輪には
「夫のイニシャル to 私のイニシャル」

夫の指輪には
「私のイニシャル to 夫のイニシャル」です。

この指輪を付けていると、かなり珍しがられます。
そして得意げに、2つの指輪を1つに繋げて見せます。
ちなみに、婚約指輪も同じブランドで注文しました。

この指輪のデメリットを言うならば、値段でしょうか。
今はインターネットでかなりお安く購入できる時代です。

結婚するに当たって、結婚式や新居など、
お金がいくらあっても足りません。
しかし、お値段以上の価値を感じています。

 

【結婚指輪のサイズ直しが難しい】

あとは、この指輪の知恵の輪のような特有のデザイン故、
サイズ直しをするときは、2つの指輪セットで
お願いしなければならないところです。

夫の指輪のサイズ直しを頼むとき、
私の指輪も一時手放さなければなりません。
これは、噛み合う部分の調整のためだそうです。

今は結婚して半年が経過し、
表面のナチュラル仕上げが、
少しずつピカピカになっています。

まだまだこの先長いですが、この指輪を見ながら、
2人の歩んできた時間に想いを馳せながら
語り合うのが、楽しいひとときです。

一生で一度のお買いもの。じっくり話し合って、
こだわりのある結婚指輪を購入すれば、
夫婦仲も深まると思います。

 

 

【プロポーズエピソード】

プロポーズのタイミングは、少し変わっていました。
結婚が決まった後に、プロポーズされました。

私たちは、付き合いが長く、10年以上。
私の仕事のタイミングで、突然同棲することになりました。

彼が「同棲するならお父さんに挨拶したい」と言ってくれました。
私は「それなら、入籍はいつ?」と
聞いたことがきっかけで、結婚することになりました。

そして彼が私の父に挨拶してくれ、
結婚することが決まりました。

結婚が決まってからは、婚約指輪と結婚指輪探し、
顔合わせをどうするか、結婚式をどうするか
という話を具体的に進めていきました。

婚約指輪は、私が元々
欲しかったものを購入してくれました。

お店に何度も足を運んで、
沢山説明を受け、こだわりの婚約指輪を注文。

大体2カ月ほどかかるとのことで、
3カ月後の私の誕生日前に、
一緒に取りに行く約束をしていました。

丁度注文から2カ月経った頃
お店から連絡がありました。

「制作に遅れが出ています。もう1カ月くらい、
かかりそうです」とのことでした。

海外で職人さんが作ってくれるセミオーダーだったので、
遅れるのは見越して早めに注文していました。
しかし、1カ月も遅れるのは想定外でした。

 

結局、誕生日までに結婚指輪を
受け取ることができず、誕生日を迎えました。

その日は、ショッピングデートをして、
夜は食事の予定でした。
珍しく彼が予約してくれました。

どんなお店かは聞かされてなかったのですが、
到着してびっくり。

山の上にある、夜景が見えるレストラン。
雰囲気の良いカップルだらけ。

私は「こうゆうことろでプロポーズとか
やってそうだよね」と言いました。
その後自分がプロポーズされるとも知らずに。

食事はイタリアン。
食べたことないような美味しくて、
手の込んだものばかり。そして、最後のデザート。

珍しく、彼がお手洗いと言って席を外しました。
なかなか戻って来ません。

「お腹痛いのかな」と心配していると、店員さんが
「デザートは別室でどうぞ」と私を迎えに来ました。
通された部屋に、彼が花束を持って立っていました。

「結婚してくだい」と言われました。

私は想像もしてなかったので驚きましたが、
「宜しくお願いします」と答えました。
そして、彼が婚約指輪を私に渡しました。

今頃海外で職人さんが作ってくれているはずの婚約指輪。
聞くと、彼が何度もお店に電話して急いでもらったそうです。

誕生日の2日前に日本に到着し、
すぐに取りに行ってくれたそうです。

 

【プロポーズ後のエピソード】

プロポーズ後は、
婚約指輪を眺めながら毎日を過ごしました。

3カ月も待ったので、
その分指輪を手にしたときの感動はひとしお。
その後は結婚指輪を注文し、無事到着。

前から進めていた、両家顔合わせ会は
プロポーズの1カ月後に行いました。

両親だけでなく、
兄弟や甥っ子姪っ子などにも参加してもらい、
ワイワイ楽しい時間となりました。

また、「両家顔合わせのしおり」
を私が作って、皆に配りました。

内容は、2人や参加者のプロフィール、
今後の結婚式やハネムーンの予定など。
そのしおりを見ながら、皆楽しんでくれました。

顔合わせ会の会場は、
結婚式を挙げる場所でお願いしました。

食事会の後は、そのまま式場見学会。
両親に会場を見てもらって、
安心して結婚式に望めるよう心がけました。

その後は同棲開始。

 

結婚式の準備は、招待状や引き出物、衣装やお料理。

決めることが沢山あって、
正直パンクしそうになりましたが、
夫がブレーキをかけてくれました。

結婚式の準備だけでは息が詰まるので、
カフェやデートに誘ってくれました。
彼が休みの日は、式の準備を2人で頑張りました。

引き出物は結婚式場のカタログからではなく、
自分たちで選びました。

遠方からのゲストが多かったため、
地域色を出したいと考えたからです。
一つ一つを楽しみながら、準備しました。

コロナ禍で、直前の欠席連絡などがあり、
少しバタバタしましたが、
無事に挙式と披露宴を執り行うことができました。

挙式の指輪交換では、前日のアルコールのせいか、
なかなか指輪がハマらずに焦りました。

当たり前かもしれませんが、
結婚式の前日はお酒は控えたほうが良さそうです。

披露宴中は司会者の方が
「とても珍しい指輪だから」と、
結婚指輪の紹介をしてくれました。

結婚式後は、軽く2次会をしました。

結婚式の緊張感から解き放たれ、
皆ワイワイと盛り上がっていました。

結婚式から2カ月後くらいに、
カメラマンから写真のデータと、ムービーが届きました。

写真撮影は皆頼むかも知れませんが、
ムービーは頼まない方もいると思います。
しかし、ムービーは予算に入れておいた方が良いと思います。

皆が話している雰囲気や、
笑いが起こった瞬間などが記録されており、
かなり面白くて感動します。

今はひと段落し、落ち着いた生活を送っています。
今から結婚する皆様が、
楽しんで結婚準備ができることを願います。

 

沢山の先輩カップルさんの結婚指輪をご紹介しております
こちらからご覧頂けます→私達の結婚指輪をブログで紹介

 

=================================

結婚指輪や結婚に関わる体験談ありがとうございました

本当に人と被らない個性的なデザインの結婚指輪でした
2本のリングの一箇所を合わせられるというデザインは
多いのですが知恵の輪みたいな合わせ方は珍しいですね。

そしてリングを作る製法が鍛造という事で注目しました
当店も昔からの鍛造技術を受け継いできた専門店なので
他でしている鍛造がどんなものかが知りたかったんです。

ご投稿をして頂いた記事を読むと日本で作っているので
はなくて、海外で作っているということが分かりました
これは機械で圧縮して指輪を作る圧縮製法だと思います。

私が師匠から継承している鍛造は鍛冶で作っていきます
ハンマーで地金を叩いて打って鍛錬をしていく手法です。

じっくりと手間暇をかけて鍛冶作業で鍛え上げることで
地金の巣が抜けて密度が高まるので頑丈になるんですね
これは日本伝統技術の1つになる伝統工芸になるんです。

昔から受け継がれてきた伝統技術で作り上げられる指輪
は全国でも凄く少ないので個性的な指輪が作れます(^-^)

ジュエリーコウキ 2代目、池田潤

=================================

お気軽に私、池田までお問い合わせをしてください(^ω^)

こちらの「お問い合わせ」からか、もしくはメールで
j_kouki_ring@yahoo.co.jp 宛てまでお願いいたします。

私が作る鍛造の結婚指輪の一覧は→コチラ

○電話番号 0258-27-1771 10時~17時まで対応しています
○メールアドレス j_kouki_ring@yahoo.co.jp 24時間OK
〒940-2003 新潟県長岡市渡場町2-7 株式会社ジュエリーコウキ

=================================

鍛造で作る結婚指輪はごく稀で、希少価値のある結婚指輪
世界中の全ての結婚指輪のうち鍛造で作られた結婚指輪は
1%未満と言われるほど鍛造の結婚指輪は少ないんですよ。

その理由は、鍛造の指輪は地金を金槌で叩いて炎で焼いて
じっくりと時間をかけて地金密度を上げていくという製法
熟練された技術や知識を持った職人のみしか作れない技法
鍛造の指輪を作る為の専門工具や機材など設備も必要な為。

伝統工芸と言われる鍛造の指輪は日本の宝だと思いますが
受け継ぐ職人が激減しており鍛造の指輪は衰退しています
だからこそ鍛造技術を受け継いだ私が広めたいと思います。

指輪作りの制作ブログをご覧頂いて鍛造技術に納得をして
私の結婚指輪をご購入して頂けると作り手として幸せです。

=================================

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA