プリンセスカット-エタニティリングの弱点!ダイヤの角が欠けやすい

オーダーメイドの結婚指輪、ジュエリーコウキ
日本伝統技法の鍛造で結婚指輪を手作りします

オーダーメイドの結婚指輪は全国各地に沢山ありますが
鍛造という技術で作るオーダーメイドの結婚指輪は全国
を探してもほとんど存在しない希少価値の高い結婚指輪。

鍛造(たんぞう)という日本伝統技法でリングを作ります
鍛えて造る指輪という事で鍛造リングと言われています。

一般的なオーダーメイドといえばロウ材から指輪の原型
になる型を作って溶かした地金を型に流して作る製法や
セミオーダーのようにデザインを選ぶタイプが主流です。

しかしジュエリーコウキで二代目の私がする製法は鍛造
鍛えて造るという事から鍛冶作業で鍛錬をして作ります
鍛冶で鍛錬された指輪は密度が濃くなり頑丈になります。

 

こんにちは(゚Д゚)ノ

ジュエリーコウキ2代目で宝飾職人の池田と申します
職人歴は28年で鍛造を継承している職人の1人です。

鍛造は昔からの技術を受け継いだ宝飾職人しか作れず
全国でも鍛造を継承した宝飾職人は極めて少人数です。

市場全ての結婚指輪の中で、鍛造のオーダーメイドで
作った結婚指輪は僅か1%未満しか存在しないんです。

鍛造オーダーメイドの指輪をブログで発信しています
鍛造の制作工程や鍛造の結婚指輪をご紹介しています。

ジュエリー職人

指輪作りもブログ更新も私がしております(^-^)

結婚指輪の専門店という事で結婚指輪に関する記事を
書いていますしお客様の体験談もご紹介しております。

先輩カップルさんの結婚指輪にまつわるエピソードを
募集してブログにアップしておりますので結婚指輪に
関する為になる有益な情報を発信をするのが目的です。

先輩カップルさんの実体験を投稿して頂いているので
これから結婚指輪の購入を考えているカップルさんに
参考になるような内容だと思いますのでご覧ください。

※当店で購入されていない方の体験談を募集しました
全国各地のカップルさんの話を聞きたかったからです。

 

本日は、長崎県S様から投稿を頂いたエピソードです

プリンセスカットのフルエタニティリングに憧れてて
結婚をする時は絶対に結婚指輪はプリンセスカットの
フルエタニティリングにする!と決めていたそうです。

プリンセスカットとは四角いカットをしたルースです
一般的にはダイヤといえばラウンドブリリアントです
ラウンドブリリアントは丸い代表的なダイヤの形です。

プリンセスカットは四角形ですので角が4つあります
その4つの角が欠けやすくてデリケートなカットです。

結婚指輪は日常生活で毎日するリングになりますので
ダイヤの心配をしながらという事になってしまうので

葛藤もあると思いますが、憧れのプリンセスカットの
フルエタニティリングに決めたというエピソードです

それでは長崎県S様のエピソードをご覧くださいませ。

=================================

 

題名

【憧れプリンセスカットのエタニティリング】

 

投稿者 長崎県S様

 

私はずっとプリンセスカットの
フルエタニティリングに憧れてきました。

高校生の時にアメリカ留学していましたが、
そこのホストマザーが同じような指輪をしていたからです。

その頃から「あなたに相応しいダイヤを買ってくれるような
旦那様を見つけるのよ!ダイヤをケチるような男は結婚を
してからもケチに決まってるんだから!」とよく言われたものです。

ホストファザーはホストマザーにぞっこんで。

裕福な家庭だったというのもありますが、
誕生日やクリスマス、記念日には必ずアクセサリーを
プレゼントするような素敵なお父さんでした。

思春期の多感な時期にそんなやりとりをずっと見てきた私、
やっぱり結婚指輪にはホストマザーのような
フルエタニティリングが欲しいという憧れが
どんどん強くなっていったのです。

 

【プリンセスカットのダイヤモンド】

しかもダイヤは絶対にプリンセスカット!
ラウンドブリリアントも素敵だと思ったのですが、

丸だとどうしてもレールの間のすき間に、
ゴミやホコリが入ってしまいそうな気がしたりして。

主人との結婚が決まり、
結婚指輪選びをしようとなったタイミングで
主人が言ってくれた一言が今でも忘れられません。

「結婚指輪はエタニティリングがいいんだよね、
本当に気に入るエタニティリングを探そうね」って。

過去に私がホストマザーの話や、
ホストマザーがしていた指輪の話を何回もしてきたので、
ちゃんとその話を覚えてくれていたことに感激しました!

友達には「この年齢でフルエタニティって
贅沢じゃない?ハーフでもいいんじゃないの?」
なんて言われたりもしたのですが。

 

ハーフエタニティリングより
フルエタニティリングが好き!

そのことについてもホストマザーが
過去に話してくれたことが頭に残っていて。

「指輪はくるくる回るものなのよ。ハーフだとダイヤが
見えている面が内側に回っちゃうことも多いわ。

それに、半分だけなんてケチなこと言わないで、
どーんとフルがいいわよね、やっぱり。
旦那の愛はフルじゃないと!」

そんなホストマザーの言葉が脳裏に残っていて、
やっぱりフルエタニティリングがいいなって
そこはこだわらせてもらいました。

あともうひとつのこだわりは、
直接店舗で現物が見られること。

これから一生身に着けていく大切な結婚指輪なのに、
ネット通販は嫌だなと思って調べまくりました。

 

【プリンセスカットのエタニティリングは少ない】

フルエタニティリングってどうしても
ブリリアントカットのものが多くて、
プリンセスカットってすごく少ないんですよね。

いろいろ調べた結果、
職人さんが一人でやっている小さな工房を見つけました
私のサイズでフルエタニティリングを注文する感じです。

実際の店舗にお邪魔し、
フルエタニティリングのサンプルを見せてもらうと、

すき間なくダイヤでびっしり埋め尽くされた
フルエタニティリングがとても素敵で
一気に惚れ込んでしまいました。

そこのお店が気に入った理由は、
そこで買った物ならば永久的に
クリーニングや修理をしてもらえるということ。

作ってくれた人の顔がわかること、
何かあればいつでも直してくれることが
安心材料につながったと思います。

エタニティ プリンセスカット

【主人の結婚指輪はシンプル】

私はエタニティリングですが、
主人はプラチナのシンプルなリングを
同じお店で購入しました。

完全にお揃いというわけではないですが、
同じ職人さんが真心を込めて作ってくださった
リングを主人も私もとても気に入っています。

結婚指輪を今はしていないなんて友人も周りにはいますが、
主人や私はずっと結婚指輪を身に着けたままなので。

自分の好きな物、絶対に譲れない
こだわりを追求してよかったなと本当に思います。

結婚して18年たちますが、今でも私の薬指でキラキラと輝く
フルエタニティリングを見てはうっとりしています。

「それ素敵な指輪ね!高そう!」って褒められることも多く、
このプリンセスカットのエタニティリングを選んで大満足です。

エンゲージリングを重ねて付けるとさらに
ゴージャス感が増すので、その点もとてもお気に入りです。

 

【プロポーズエピソード】

主人と私は付き合っている頃から
かなりマメに記念日を祝っていました。

なぜかと言うと、お互いそれまで
付き合った人とあまり長続きしなかったから。

「付き合い記念日が一年ごとだと
それを祝う前に別れちゃったりするかもね?」

私の前に付き合った人の最高記録が
半年なんて言う主人のその一言に、

「じゃ毎月付き合い記念日を祝おう!」
ということになりました。

毎月24日は記念日で、ケーキでお祝いしたり、
主人がお花を買ってきてくれたりしていました。

そこから一年たち、二年たっても
その習慣は続いていたのですが。

節目の記念日にはちょっと高級な
レストランでお食事をしたりしていました。

 

それは三年目の付き合い記念日のことです。

銀座にあるお洒落なレストランに行こうと
仕事帰りに待ち合わせをしていました
誰もが知っているあの銀座の交差点です。

私の方が早く着き、「まだかなー?」
なんてケータイを見た瞬間。

目の前にバラの大きな花束が差し出され、
「結婚しよう!」と彼が大きな声で言ってくれました。

金曜日18時の銀座です。

もちろん周りには多くの人がいて、
それを聞いた人達が一斉に振り返ったので

嬉しいのと同時に、
ちょっと恥ずかしかったのをよく覚えています。

OLさんらしきグループから
「きゃー!」って声が聞こえたり、

外国人の二人連れが口笛を吹いたり、
思わず顔が真っ赤になってしまいました。

主人も恥ずかしがり屋だし、
そんな目立つようなことが得意なタイプでもないので、

きっと相当頑張ってくれたんだと思います
一生忘れられないプロポーズとなりました。

息子達に「パパがこんなプロポーズしてくれたんだよ」
なんて話すと、「えーマジでー?」なんて笑われましたが、
一生に一度の機会ですしね。

 

【プロポーズ後のエピソード】

主人がプレゼントしてくれた花束を抱え、
レストランに行ってそれはそれは美味しいディナーをいただきました。

「今日は特別なデザートプレートを用意してもらってるんだよね」

主人がそう言うのでとても楽しみにしていると
「ご婚約おめでとうございます!」と

チョコレートで書かれたデザートプレートが
運ばれてきて、これまたびっくり。

私が絶対に断らないって自信があったようです
スタッフさんに写真を撮ってもらい、
本当に素敵なプロポーズでした。

それ以降は、お互いの両親に結婚の報告をしたり、
式場見学や日取りの決定など
一気に慌ただしくなっていきました。

二人とも仕事をしながらだったので、
かなり忙しくて私はちょっぴり痩せちゃいました。

でも結婚準備がとにかく楽しくて、
自分の結婚準備を進行形でまとめて
ホームページを開設するほどに。

 

ネット上の掲示板で同じ式場で結婚式を挙げる人や
結婚式の日取りが近い人と仲良くなり、

情報交換したり、一緒にドレス選びに
行ったりするほどにもなりました。

「ここまでこだわってるんだから
結婚雑誌に取材に来てもらったら?」という
ブライダル友の言葉をきっかけにとある雑誌に応募をし。

結婚式当日には本当に雑誌専属カメラマンさんが
取材に来てくれて、巻頭ページを飾らせてもらいました!

結婚指輪も結婚式もとことんこだわって、
良い思い出になったなぁと今では懐かしく思います。

私の面倒臭いこだわりに主人が一緒になって
楽しんでくれるような人でよかったです。

今でも友人が「あの時の結婚式は、
本当に忘れられないよね」って言ってくれるので、

ゲストの皆様にもたくさん楽しんでもらえるよう
こだわってよかったなってすごく思います
結婚して18年たっても、主人とは仲良しです!

 

沢山の先輩カップルさんの結婚指輪をご紹介しております
こちらからご覧頂けます→私達の結婚指輪をブログで紹介

 

=================================

結婚指輪や結婚に関わる体験談ありがとうございました

プリンセスカットのエタニティリングとなると珍しくて
四角形のダイヤを並べて敷き詰めたデザインになるので
作るのにも難しくてメンテナンスなどにも難しいんです。

それと1番の弱点は「ダイヤの角」プリンセスカットは
ダイヤの角がビシッ!と尖っているので欠けやすいので
日常生活で毎日したい結婚指輪となると向いていません。

普段使いで毎日するということは指輪にダメージが蓄積
するのでプリンセスカットの角が欠けるリスクがあって
もしダイヤの角が欠けた場合、簡単に交換ができません。

プリンセスカットのダイヤの場合のほとんどが伏せ込み
やレール留めといった地金に埋め込む石留めになるので
爪留めのように簡単に本体から外す事が出来ないんです。

一般的なラウンドブリリアントカットの丸いダイヤは
ハーフエタニティリングの場合はサイズ直しは出来ます
しかしプリンセスカットはサイズ直しも難しいんですね

※フルエタニティリングの場合どちらも不可になります

ここまではプリンセスカットの弱点というかデメリット
をお伝えいたしましたがラウンドブリリアントカットに
はない魅力もプリンセスカットのダイヤにはあります。

エタニティリングにした場合、四角形のダイヤですので
ピッタリと隙間なく並べることができるので美しいです。

丸いラウンドブリリアントカットの場合は、ピッタリに
繋げて並べて入れても ○と○ の間の上下に地金が出ます
私はその地金を利用して共有爪にするので目立ちません。

そしてカットによるダイヤモンドの輝きの違い方ですが
ラウンドブリリアントカットはギラギラと輝き放ちます
輝きの美しさを1番魅せるようにしたカットだからです。

そしてプリンセスカットの場合はキラキラと輝きます
モザイク模様のように細かく繊細に上品に輝くのが特徴。

輝きの強さで言ったらラウンドブリリアントカットです
上品な輝きで言ったらプリンセスカットということです
どちらもダイヤモンドのカットによって魅力は違います。

ちなみに私が作る場合は結婚指輪としての機能やメンテ
にも力を入れているのでラウンドブリリアントカットの
ダイヤモンドをメインで指輪を作っておりますm(__)m

ジュエリーコウキ 2代目、池田潤

=================================

お気軽に私、池田までお問い合わせをしてください(^ω^)

こちらの「お問い合わせ」からか、もしくはメールで
j_kouki_ring@yahoo.co.jp 宛てまでお願いいたします。

私が作る鍛造の結婚指輪の一覧は→コチラ

○電話番号 0258-27-1771 10時~17時まで対応しています
○メールアドレス j_kouki_ring@yahoo.co.jp 24時間OK
〒940-2003 新潟県長岡市渡場町2-7 株式会社ジュエリーコウキ

=================================

鍛造で作る結婚指輪はごく稀で、希少価値のある結婚指輪
世界中の全ての結婚指輪のうち鍛造で作られた結婚指輪は
1%未満と言われるほど鍛造の結婚指輪は少ないんですよ。

その理由は、鍛造の指輪は地金を金槌で叩いて炎で焼いて
じっくりと時間をかけて地金密度を上げていくという製法
熟練された技術や知識を持った職人のみしか作れない技法
鍛造の指輪を作る為の専門工具や機材など設備も必要な為。

伝統工芸と言われる鍛造の指輪は日本の宝だと思いますが
受け継ぐ職人が激減しており鍛造の指輪は衰退しています
だからこそ鍛造技術を受け継いだ私が広めたいと思います。

指輪作りの制作ブログをご覧頂いて鍛造技術に納得をして
私の結婚指輪をご購入して頂けると作り手として幸せです。

=================================

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA