太くて短い指に合う結婚指輪とは?着け心地を優先で選ぶ事が重要!

オーダーメイドの結婚指輪、ジュエリーコウキ
日本伝統技法の鍛造で結婚指輪を手作りします

オーダーメイドの結婚指輪は全国各地に沢山ありますが
鍛造という技術で作るオーダーメイドの結婚指輪は全国
を探してもほとんど存在しない希少価値の高い結婚指輪。

鍛造(たんぞう)という日本伝統技法でリングを作ります
鍛えて造る指輪という事で鍛造リングと言われています。

一般的なオーダーメイドといえばロウ材から指輪の原型
になる型を作って溶かした地金を型に流して作る製法や
セミオーダーのようにデザインを選ぶタイプが主流です。

しかしジュエリーコウキで二代目の私がする製法は鍛造
鍛えて造るという事から鍛冶作業で鍛錬をして作ります
鍛冶で鍛錬された指輪は密度が濃くなり頑丈になります。

 

こんにちは(゚Д゚)ノ

ジュエリーコウキ2代目で宝飾職人の池田と申します
職人歴は28年で鍛造を継承している職人の1人です。

鍛造は昔からの技術を受け継いだ宝飾職人しか作れず
全国でも鍛造を継承した宝飾職人は極めて少人数です。

市場全ての結婚指輪の中で、鍛造のオーダーメイドで
作った結婚指輪は僅か1%未満しか存在しないんです。

鍛造オーダーメイドの指輪をブログで発信しています
鍛造の制作工程や鍛造の結婚指輪をご紹介しています。

ジュエリー職人

指輪作りもブログ更新も私がしております(^-^)

結婚指輪の専門店という事で結婚指輪に関する記事を
書いていますしお客様の体験談もご紹介しております。

先輩カップルさんの結婚指輪にまつわるエピソードを
募集してブログにアップしておりますので結婚指輪に
関する為になる有益な情報を発信をするのが目的です。

先輩カップルさんの実体験を投稿して頂いているので
これから結婚指輪の購入を考えているカップルさんに
参考になるような内容だと思いますのでご覧ください。

※当店で購入されていない方の体験談を募集しました
全国各地のカップルさんの話を聞きたかったからです。

 

本日は、東京都A様から投稿を頂いたエピソードです

ご投稿をして下さった方の結婚指輪選びの条件は2つ
あって、自分の指に似合う事、ダイヤを入れる事です。

二つ目のダイヤを結婚指輪に入れたいというのは女性
はダイヤに憧れがあって人気なのでよくある事ですが、

一つ目の自分の指に似合うという意味はこちらの方は
自分の指にコンプレックスを持っているんだそうです。

どんなコンプレックスかというと指がぽちゃぽちゃで
少しだけ太くて短くて子供のような指なんだそうです。

なので結婚指輪は自分の指に合うものにしたいそうで
どんな感じで結婚指輪を選んだのか教えて頂きました。

それでは東京都A様のエピソードをご覧くださいませ。

=================================

 

題名

【短い指に似合う結婚指輪選びのポイント】

 

投稿者 東京都A様

 

結婚が決まり、
いよいよ憧れの結婚指輪の購入へ。

ずっと結婚指輪に憧れがあったものの、
ブランドにはあまり詳しくなく、

ショッピングモールに入っている
ジュエリーショップを回りました。

夫と二人、意気込んで回り始めたは良いものの、
ブライダルジュエリー専門店の独特な雰囲気の中に

足を踏み入れる気恥ずかしさがあり
なんとなくウロウロしてしまいました。

そんな中「このお店知ってる!」と
やはり定番のブランド店の前で足が止まり、
意を決して店内へ。

入ってみると店内に並ぶ指輪のきれいさに、
恥ずかしさなんてすぐに忘れてしまいました。

 

子供のような短い指に
似合う結婚指輪が良い

もともとデザインには「細身のもの」
「ダイヤがついているもの」という希望がありました。

理由としては、自分の手(指)の形に
太いリングが似合わなかったから!(泣)

私の手は指が短めな上に
もちもちな子どもの指のような見た目なので、

太めのリングをしてしまうとリングの上下に
お肉がぷよっと乗っているように感じてしまったんです。

つけ外しのできるアクセサリーといえど、
結婚指輪は毎日つけていたいと思っていたので、

実際に何種類もつけてみて自分の手が
きれいに見えるデザインにするというのも
一つの判断材料なのではないかと思います。

 

【太い結婚指輪は関節に引っかかる】

試着した際に一応、太いデザインの
結婚指輪も試着したのですが、
関節の骨だけが太い指なので、

太いものでは関節に引っかかってしまい、
着脱がしづらいということもありました。

一番大事なのは見た目だと思いますが、
結婚指輪を実際につけてみてどうなのか
というのもしっかり考えていきました。

 

【ダイヤの数が多いほど値段が高い】

そして二つ目のこだわりの
「ダイヤがついているもの」ですが、

大きな石がついているものが欲しかったわけではなく、
ちょっとしたアクセントに小さなダイヤが
ついていると嬉しいなと思っていたのです。

私は悩んで悩んで候補を二つまでに絞ったのですが、
同じ細さ、型のもので違いはダイヤが“一石”か“三石”か・・・!

一見どっちでもよいのでは?と思うのですが
一石と三石とでは値段が数万違ったため、

当時20代前半だった私の感覚では
その金額は大きな違いでした(汗)

見た目は三石の方が圧倒的にかわいいのですが、
「高いほうが欲しい」と言い出せず二つのリングを
何度も交代で試着してなかなか決まらず・・・。

そんな私を動かした決定打は夫の
「ダイヤが並んでるほうがかわいいね!似合うよ!」
という一言でした。

それまで散々自分の中だけで悩んでいたのに、
さすがは新婚パワー(笑)ですね、
夫のおかげでダイヤ三石に即決しました。

 

【夫の結婚指輪はシンプルなストレート】

夫は私のリングとペアになる細身の
飾りのついてないストレートリングに決め、
二人で合計20万ほどでした。

結婚指輪の相場の中ではもしかしたら
そんなに高くないのかもしれませんが、

夫婦の中で納得のいく買い物が
できたことが一番よかったなと思います。

結婚指輪 プラチナ シンプル

結婚指輪を決定し、いよいよ購入へ。

購入特典としてリングの内側に刻印と
小さな宝石を埋め込んでもらえるのですが、

刻印は夫婦のイニシャルを取って「〇to〇」、
宝石は誕生石などを入れる人も多いようですが、

幸せを呼ぶといわれている
ブルーダイヤモンドを入れてもらいました。

普段は着用している内側なので目立ちませんが、
ふとした時に目に入ると嬉しい気持ちになるので
ブルーダイヤモンドを入れてもらってよかったなと思います。

 

結婚指輪は日常生活で傷がつく

私たちの結婚指輪の材質は
パーフェクトプラチナと呼ばれるもので、
傷や変形に強いといわれています。

正直、普段からアクセサリーをつける習慣が
なかったので結婚指輪に傷がつくといわれても
あまりピンときていなかったのですが、

結婚指輪をつけ始めてみると日々の家事で
どんどん細かい傷が・・・!と驚いたのを覚えています。

傷と言ってもものすごく目立つものではなく
摩擦によるくもりのようなイメージですが、
気になる方はきになるのかな?と思います。

私はおおざっぱなので数年つけている間に
慣れてしまいましたが・・・(笑)

材質にもこだわって探してみるとより長く
きれいにつけられるかもしれませんね
ぜひ参考にしていただけたらと思います。

 

【プロポーズエピソード】

私達夫婦は某夢の国のテーマパークが大好きで、
プロポーズするなら絶対にここ!というスポットを
私はずっと思い描いていました。

私が思い描いていたという点でお分かりかもしれませんが、
なんとプロポーズは私(妻)からしました。

男性からのプロポーズが一般的なのかもしれませんが、
どうしてもこの人と結婚したいと思っていたので
私からプロポーズさせてもらいました。

付き合っている間も「もし結婚したら~・・・」
なんて話はでていたので、

なんとなくお互いこの人といつか結婚するのかな、
という気持ちはあったんだと思います。

そしてプロポーズ当日、某夢の国の
素敵な船の甲板でプロポーズ予定でしたが、

なんと当日行ってみると整備中で
立ち入り禁止になっていました(泣)

大慌てで第二策を考え、なんとか静かなバー風な
お店にたどり着いて“ここだ!”と決心しました。

 

「結婚してください」そのシンプルな
一言に決めていたのですが、

「あのね・・・」と切り出してから
決定打がなかなか口から出ず、
緊張しすぎてぽろっと涙が・・・。

本番には強いタイプだと思っていたのですが、
やはり人生の大一番となれば緊張するものですね。

長い時間をかけてやっと言葉をひねり出すと、
「こちらこそお願いします。」と
夫がはっきり返事をしてくれてまたうれし泣き。

私がなかなか話しだせない間に
何が言いたいかはバレバレだったようですね(笑)

男性からプロポーズする場合は婚約指輪をパカッ!
を想像しますが私の場合はどうしよう・・・と悩んだ末、

“これから同じ生活を”という意味で
オーダーメイドの財布を送りました。

結婚して数年たった今でも使ってくれていますが、
革製品にしたので味がでてきたね~と
時々二人で話しては感慨に浸っています。

計画はたくさん練ったものの、
当日はびっくりするほどバタバタ&緊張でしたが、

夫婦の数だけプロポーズがありますよね!
とポジティブに捉えています(笑)

 

【プロポーズ後のエピソード】

プロポーズの後、私(妻)側の両親に
夫があいさつに来てくれました。

少しおしゃれな料亭の一室に呼び出した時点で、
父は用件はわかっていたと思うのですが、

何にも触れずにあいさつもそこそこに
料理をいただきました。
実はこの時父と夫は初対面だったのです(笑)

今思えばお互いになんて気まずい思いを
させていたのかなと思いますが、
私も緊張していたのでそれどころではありませんでした。

私たち夫婦はいつ話を切り出せばよいのか
迷っていたのですが、なんとせっかちな父の方から

「こ、こ、これからどうするの?」とまさかのツッコミが!
すかさず夫が「結婚させてください!」と返してくれました。

父はその返答が返ってくると覚悟していたはずなのですが
「そうだよね・・・よろしくね・・・」と涙をポロリ。

「なんで泣くのー!」とみんながツッコんだものの、
実は私もそんな父を見て涙ぐんでいました。

 

幼い頃からかわいがってもらっていた自覚はありますが、
まさか泣くなんて・・・とうれしくもあり寂しくもあり、
あの日のことは忘れないと思います。

そして現在結婚して2年ほどが経ちますが、
結婚してからお互い転職や引っ越しをしたので

なんともバタバタしており結婚式や
子どもの予定はなく毎日二人でゆっくり過ごしています。

今がやっと落ち着いてきたかな・・・?
と思うのでこれから二人で結婚式や新婚旅行
(新婚と呼べるのかは謎ですが)
の計画をゆっくり立てていく予定です!

本当はどちらも結婚してすぐに
するべきだったのかもしれませんが、

二人ともマイペースなので無理せず
ゆっくりと考えていけたらと思います。

結婚はゴールではなくスタート!と
よく言いますが、本当にその通りですね。

まだまだいろんなことが待ち受けているであろう
二人の生活を楽しみに日々過ごしています。

 

沢山の先輩カップルさんの結婚指輪をご紹介しております
こちらからご覧頂けます→私達の結婚指輪をブログで紹介

 

=================================

結婚指輪や結婚に関わる体験談ありがとうございました

自分の指に合う指輪、似合う指輪を選ぶのは大切ですね
指に合うと似合うとではちょっと意味が違ってきますが、

日常生活で毎日着けたいとなれば指に合う方が重要です
似合うというのは着け心地ではなくて見た目だからです。

ご投稿をして下さったこちらの方は、指がぽちゃぽちゃ
していて短いということで細身の結婚指輪を選びました
太いと関節がきつくなるので細身が良いという事でした。

私は指輪を作っている宝飾職人なので作り手目線ですが
この考えは着け心地を優先しているので正解です(^-^)

見た目を重視して指に似合う結婚指輪を選ぶというのも
間違いではないのですが(好みもあると思いますので)
見た目よりも結婚指輪の着け心地は一生を左右されます。

どんなにデザインが気に入っていても着け心地が悪いと
毎日ずっと指輪を身に着けるのが苦痛になるんです(汗)
ですので指に1番合う指輪を選んだのは正解なんですね。

ご投稿をして下さった方はシンプルで細身の結婚指輪を
選びましたが太い結婚指輪のほうが指に合う場合もあり
ますので一概に細身だから安心ということではないので
まずは実際に着けて着け心地を確認することが重要です。

ジュエリーコウキ 2代目、池田潤

=================================

お気軽に私、池田までお問い合わせをしてください(^ω^)

こちらの「お問い合わせ」からか、もしくはメールで
j_kouki_ring@yahoo.co.jp 宛てまでお願いいたします。

私が作る鍛造の結婚指輪の一覧は→コチラ

○電話番号 0258-27-1771 10時~17時まで対応しています
○メールアドレス j_kouki_ring@yahoo.co.jp 24時間OK
〒940-2003 新潟県長岡市渡場町2-7 株式会社ジュエリーコウキ

=================================

鍛造で作る結婚指輪はごく稀で、希少価値のある結婚指輪
世界中の全ての結婚指輪のうち鍛造で作られた結婚指輪は
1%未満と言われるほど鍛造の結婚指輪は少ないんですよ。

その理由は、鍛造の指輪は地金を金槌で叩いて炎で焼いて
じっくりと時間をかけて地金密度を上げていくという製法
熟練された技術や知識を持った職人のみしか作れない技法
鍛造の指輪を作る為の専門工具や機材など設備も必要な為。

伝統工芸と言われる鍛造の指輪は日本の宝だと思いますが
受け継ぐ職人が激減しており鍛造の指輪は衰退しています
だからこそ鍛造技術を受け継いだ私が広めたいと思います。

指輪作りの制作ブログをご覧頂いて鍛造技術に納得をして
私の結婚指輪をご購入して頂けると作り手として幸せです。

=================================

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA