結婚指輪?いらないと彼に言われた(涙) 絶対後悔するから彼を説得!

オーダーメイドの結婚指輪、ジュエリーコウキ
日本伝統技法の鍛造で結婚指輪を手作りします

オーダーメイドの結婚指輪は全国各地に沢山ありますが
鍛造という技術で作るオーダーメイドの結婚指輪は全国
を探してもほとんど存在しない希少価値の高い結婚指輪。

鍛造(たんぞう)という日本伝統技法でリングを作ります
鍛えて造る指輪という事で鍛造リングと言われています。

一般的なオーダーメイドといえばロウ材から指輪の原型
になる型を作って溶かした地金を型に流して作る製法や
セミオーダーのようにデザインを選ぶタイプが主流です。

しかしジュエリーコウキで二代目の私がする製法は鍛造
鍛えて造るという事から鍛冶作業で鍛錬をして作ります
鍛冶で鍛錬された指輪は密度が濃くなり頑丈になります。

 

こんにちは(゚Д゚)ノ

ジュエリーコウキ2代目で宝飾職人の池田と申します
職人歴は28年で鍛造を継承している職人の1人です。

鍛造は昔からの技術を受け継いだ宝飾職人しか作れず
全国でも鍛造を継承した宝飾職人は極めて少人数です。

市場全ての結婚指輪の中で、鍛造のオーダーメイドで
作った結婚指輪は僅か1%未満しか存在しないんです。

鍛造オーダーメイドの指輪をブログで発信しています
鍛造の制作工程や鍛造の結婚指輪をご紹介しています。

ジュエリー職人

指輪作りもブログ更新も私がしております(^-^)

結婚指輪の専門店という事で結婚指輪に関する記事を
書いていますしお客様の体験談もご紹介しております。

先輩カップルさんの結婚指輪にまつわるエピソードを
募集してブログにアップしておりますので結婚指輪に
関する為になる有益な情報を発信をするのが目的です。

先輩カップルさんの実体験を投稿して頂いているので
これから結婚指輪の購入を考えているカップルさんに
参考になるような内容だと思いますのでご覧ください。

※当店で購入されていない方の体験談を募集しました
全国各地のカップルさんの話を聞きたかったからです。

 

本日は、北海道R様から投稿を頂いたエピソードです

ご投稿を頂いた北海道のR様は、結婚をする彼からの
衝撃の一言に腰が抜けそうになるくらいの衝撃を受け
ショックだったそうです(その言葉は結婚指輪いる?)

結婚指輪と婚約指輪は、女性にとって凄く重要になる
結婚を形として感じられる大切な大切な指輪なんです
特に夫婦で身に着ける結婚指輪は尚更のことなんです。

男性側がどういう考えで、どういう意味で言ったのか
気になりますが最終的に結婚指輪を購入したそうです!

それでは北海道R様のエピソードをご覧くださいませ。

=================================

 

題名

彼が「結婚指輪いらない?」
腰が抜けそうになるくらいの衝撃

 

投稿者 北海道R様

 

私が結婚指輪に憧れを持ったのは幼少期です。

物心ついた時から、
母が素敵なゴールドの指輪をしていたので
同じものを付けたい!と幼いながらに思っており、

結婚したら絶対に素敵な指輪をしたい!
漠然とそう思っていました。

ファッションで指輪をつけるのも好きなので、
独身のうちから「こんな指輪つけたいなー」
などといった妄想をするのも好きでした。

 

【彼の衝撃の言葉】

ですが、今の主人と出会って
結婚指輪の話題になった時に、

「結婚指輪?、いらないんじゃない?」
という衝撃的な発言をされたのです。

結婚指輪に憧れが強かった私は、
腰が抜けそうになるくらい衝撃を受けました。

落ち着いて理由を聞くと、
「男が指輪をするのはかっこ悪いんじゃない?」
という訳の分からない理由でした。

確かに、彼は付き合っている頃から
アクセサリーはしないタイプで、

プレゼントもしたことがなかったので
余計指輪を付けることに抵抗があったのだと思います。

 

【彼が気に入ってくれる結婚指輪探し】

わたしはとにかく彼にも
付けてもらえるような指輪探しを始めました。

周りの友人に情報収集をしたり、
インターネットで調べたり、

変かもしれませんが
1人で店舗に行ったこともあります。

男性にもつけてもらいやすい
シンプルなデザインはどうか、

ファッション感覚でつけやすいゴールドにしようか、
毎日、結婚指輪のことを考えていましたが、
憧れが強かったので苦ではありませんでした。

彼の両親を巻き込んで
説得をしてもらったこともあります。

 

【私が結婚指輪に憧れる理由】

そこまでしてどうして
結婚指輪をしたかったのかというと、

やはり憧れが強かったのと、
辛いことがあっても結婚指輪を見れば

「彼がついてる!」と思って
頑張れるのではないかと思っていたからです。

いろいろなデザインの結婚指輪を
探しているうちに見つけたのが今の結婚指輪です。

幸いにも住んでいる家の近くに店舗があったので、
気の乗らない主人を引っ張って見に行くことにしました。

はじめは乗り気じゃなかった主人ですが、
店員さんが状況を理解してくださっていたので、

いろいろな指輪をはめて下さり試しているうちに
「俺はやっぱりこっちかな?色はどうする?
シルバー?ゴールド?」なんて話も飛び出しました。

 

【譲れない結婚指輪のポイント2点】

わたしが譲りたくなかったポイントは、
家事に支障がないこと、
ゴツゴツしているデザインではないこと。

その二点だけは譲れなかったので、
主人が嫌がらずにつけられる結婚指輪と、

私が譲れないポイントを店員さんに話し、
結婚指輪を探してもらいました。

結婚指輪 プラチナ シンプル

【とてもシンプルな結婚指輪に決定】

この結婚指輪に決めた決定打は、
シンプルなデザインであること。

ダイヤが飛び出ておらず、
家事に支障がないこと
そして予算内だったこと。

この三つが上手く噛み合ったので私が一番最初に
見つけたこの結婚指輪を購入することになりました。

サイズを合わせていただいて
1ヶ月後取りに行くことになり、

その間もワクワクが止まらず、
自分の手にはめられた指輪の写真を毎日眺めていました。

実際に受け取って、
そのまま持ち帰るのかと思いきや、

店の中で「付けていきたいので
箱開けても良いですか?」という主人。

思わず笑ってしまいました。
あんなに渋っていたのにも関わらず、

今では毎日つけてくれていますし、
メンテナンスの提案までしてくれました。

結婚指輪にはお互いのイニシャルと、
結婚記念日を彫刻したので今でも良く見返しています。

 

あのドキドキからもう何年経ったのか〜
と懐かしく思えるので、
購入した日付を入れてみるのも良いかもしれません。

結婚指輪というのは、結婚したら必ず
全員が付けるもの、という認識でしたが、
主人のように最初は抵抗がある男性もいるようです。

ですが、自分たちがお気に入りの結婚指輪に
出会えれば主人のように気に入って
付けてくれるようになると思います。

決して安い買い物ではないので、
これから結婚指輪探しをされる方は

よくお互いに話し合って、
素敵な結婚指輪と出会って欲しいです。

 

【プロポーズエピソード】

プロポーズをされたのは、車の中でした。

当時社内恋愛をしていた私たちは、
仕事が夜20時くらいに終わり、

ご飯を食べに行く約束をしていたので、
近くのチェーン店の回転寿司を食べました。

付き合って長かったので、
そこまでお洒落な格好もしておらず、

満腹になった私は助手席でリラックスしていたのですが、
家に着いて車から降りようとしたところで引き止められました。

普段しないような真剣な表情をしている彼に、
「まさか別れ話?」なんて思ってしまったくらい
ただならぬ雰囲気が漂っていたのを覚えています。

 

とりあえず開けかけていた車のドアを一旦閉めて、
彼の方を見ると「よし!結婚するか!」と急に言われました。

びっくりしすぎて涙したのを覚えています
返事は、確か「うん!!」と言ったような気がします。

本当は、お洒落なレストランで指輪の箱をパカっと開けて
プロポーズをしてほしかったなーなんて思いましたが、

考えてみれば回転寿司に行きたい!と粘ったのは私で、
彼はフレンチを食べに行きたがっていたので、そこで
プロポーズをしてくれようとしていたのかもしれません。

まさかプロポーズをされるなんて思ってもいなかったので、
回転寿司をチョイスしてしまい彼には申し訳なく思いました。

ですが、実は告白されたのも、
一度別れを告げたのも、車の中でした。

私たちらしいといえば私たちらしいですし、
後日ゆっくり自分の好きな婚約指輪を
見にいかせてもらえたので良かったかなーと思います。

 

【プロポーズ後のエピソード】

プロポーズをされてから、
実は彼が転職をすることになりました。

理由は、私と将来生まれてくる子供のために
安定した仕事に就きたいといった理由でした。

転職するのには何度も試験を
受けたり大変なことも多かったのですが、
これからの未来のために頑張る姿に感動しました。

無事彼が転職をして、私も仕事を辞めて
2人で新たな土地で暮らすことになりました。

新たな土地で生活をするのは不安でしたが、
一緒に美味しいご飯屋さんを開拓するのが
楽しくてしょうがありませんでした。

結婚式は、身内だけで行いました。

生まれ育ったところがお互い同じなので、
そこの神社で神前式という形で念願の白無垢を着ました。

白無垢に、素敵な結婚指輪が光って
とても満足したのを覚えています。

 

そのあとすぐ新婚旅行にハワイへ出かけました。

ツーリングが趣味なので、ハワイを北から南へ
バイクで駆け抜けたのが良い思い出です。

また、食べることも大好きなので
ハワイの美味しい食べ物を
たくさん食べたくて1日5食くらい食べていました。

おかげでお互い体重が
3キロほど増えたのが良い思い出です。

昨年子宝に恵まれ、
可愛い男の子が誕生したのですが、

色んなものに興味を示す時期なようで
私が普段している結婚指輪をいつも
舐めようとするので少し困っています。

妊娠中は指が浮腫んでしまうため、
少しだけ結婚指輪を外したのですが、

今やっと体重が戻ったので
またお気に入りの結婚指輪をつけています。

これから一軒家を建てる予定で
毎日バタバタと過ごしていますが、
あのプロポーズから毎日楽しい日々を過ごしています。

 

沢山の先輩カップルさんの結婚指輪をご紹介しております
こちらからご覧頂けます→私達の結婚指輪をブログで紹介

 

=================================

結婚指輪やプロポーズエピソードありがとうございます

彼の言葉「結婚指輪?、いらないんじゃない?」という
衝撃的な発言をされて腰が抜けそうな衝撃を受けた彼女。

彼がどんな意味でその衝撃の言葉を言ったのかというと
「男が指輪をするのはかっこ悪いんじゃない?」という
訳の分からない理由でした。というショッキングな考え。

これは確かにショックですよね(汗)もっと重要な理由
があれば(例えば金属アレルギーだとか仕事の都合など)

それでも仕事の時だけ結婚指輪を外せば良いわけで・・・
お金が理由だとしても分割や安いものもある訳ですし・・

金属アレルギーだったとしても金属アレルギーに対応を
している素材の結婚指輪も実際にある訳ですし・・・

どんな理由だとしても結婚指輪は必要だと思いますよ~

私は指輪を作っている宝飾職人ですが結婚指輪のご依頼
を受けて制作をしてお客様にお渡しをすると凄く喜んで
頂きますし感謝の手紙もよく頂くので感動が伝わります。

結婚指輪の意味は、指輪から感じられる二人の絆や愛情、
更に結婚というものを形にできるのが結婚指輪なんです
なので結婚指輪は絶対にして頂きたいのが私の想いです。

ジュエリーコウキ 2代目、池田潤

=================================

お気軽に私、池田までお問い合わせをしてください(^ω^)

こちらの「お問い合わせ」からか、もしくはメールで
j_kouki_ring@yahoo.co.jp 宛てまでお願いいたします。

私が作る鍛造の結婚指輪の一覧は→コチラ

○電話番号 0258-27-1771 10時~17時まで対応しています
○メールアドレス j_kouki_ring@yahoo.co.jp 24時間OK
〒940-2003 新潟県長岡市渡場町2-7 株式会社ジュエリーコウキ

=================================

鍛造で作る結婚指輪はごく稀で、希少価値のある結婚指輪
世界中の全ての結婚指輪のうち鍛造で作られた結婚指輪は
1%未満と言われるほど鍛造の結婚指輪は少ないんですよ。

その理由は、鍛造の指輪は地金を金槌で叩いて炎で焼いて
じっくりと時間をかけて地金密度を上げていくという製法
熟練された技術や知識を持った職人のみしか作れない技法
鍛造の指輪を作る為の専門工具や機材など設備も必要な為。

伝統工芸と言われる鍛造の指輪は日本の宝だと思いますが
受け継ぐ職人が激減しており鍛造の指輪は衰退しています
だからこそ鍛造技術を受け継いだ私が広めたいと思います。

指輪作りの制作ブログをご覧頂いて鍛造技術に納得をして
私の結婚指輪をご購入して頂けると作り手として幸せです。

=================================

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA