結婚指輪を作りに行く!オリジナルが魅力の手作りオーダーメイド!

結婚指輪の手作り専門店、ジュエリーコウキ
日本伝統技法の1つ、鍛造で結婚指輪を制作

鍛造(たんぞう)という日本の伝統技術で結婚指輪を制作
鍛えて造る指輪という意味で鍛造指輪と言われています。

ちなみに出来合いの既製品の結婚指輪は鋳造(ちゅうぞう)
という製法でリングの原型の型に溶かした地金を流して
固めて作る大量生産で、市場の99%がこの製法なんです。

手作りと言っている店でもロウワックスを削って指輪の
原型を作っている店がほとんどでこれも鋳造に入ります。

市場の残り1%以下が鍛造で 宝飾職人が鍛冶で作ります
直接地金(プラチナやゴールド)を鍛えて削って作ります。

手間をかけて鍛冶で鍛練する事で地金の密度が増します
密度が上がった指輪は変形しにくく結婚指輪に最適です。

 

こんにちは(゚Д゚)ノ

ジュエリーコウキ2代目で宝飾職人の池田と申します
職人歴は27年で鍛造を継承している職人の1人です。

鍛造は昔からの技術を受け継いだ宝飾職人しか作れず
全国でも鍛造を継承した宝飾職人は凄く少ないんです。

鍛造で手作りした鍛造指輪をブログで発信しています
鍛造指輪の制作工程や鍛造結婚指輪を紹介しています。

ジュエリー職人

指輪作りもブログ更新も私がしております(^-^)

結婚指輪の専門店という事で結婚指輪に関する記事を
書いていますしお客様の体験談もご紹介しております。

先輩カップルさんの結婚指輪にまつわるエピソードを
募集してブログにアップしておりますので結婚指輪に
関する為になる有益な情報を発信をするのが目的です。

先輩カップルさんの実体験を投稿して頂いているので
これから結婚指輪の購入を考えているカップルさんに
参考になるような内容だと思いますのでご覧ください。

※当店で購入をされていない方の体験談も含まれます

 

本日は、千葉県K様から投稿を頂いたエピソードです

ご投稿を頂いた方はオリジナルの結婚指輪にしたくて
オーダーメイドができるお店に作りに行ったそうです
しかも!職人さんが1つ1つ手作りをするそうですよ!

残念ながら当店のオーダーメイドの指輪ではないので
当店の体験談ではないのですが逆に他のお店のお話し
が聞けるので同業者としてどんな内容か気になりますw

手作りやオーダーメイドと言っても様々ありますので
どんなオーダーメイドの結婚指輪なのか気になりますw

それでは千葉県K様のエピソードをご覧くださいませ。

=================================

 

題名

【オリジナルの結婚指輪を作りに!】

 

投稿者 千葉県K様

 

二店舗のお店を回ってお話を聞いた結果、
わたしの強い希望で、世界にひとつだけの
結婚指輪を作ることにこだわりました。

他の人と同じ結婚指輪でも素敵だとは思いますが、
お店の方のお話を聞く中で、わたしはせっかく
一生つける物なので一点だけのものにしたいと思いました。

わたしたちが選んだ結婚指輪は、
材質を自分たちで選んで
職人さんに一つ一つ手作りしてもらった物です。

自分たちで結婚指輪を作る案も
考えたのですが、綺麗な仕上がりを見て
職人さんに作ってもらうお店にしました!

 

【職業柄、結婚指輪は付けない】

わたしたちは職業的に
普段は結婚指輪はしていません。

休日のお出かけや、大切な時に結婚指輪を
着けようと思っていたので結婚指輪の値段は
ちょっと高めでしたが値段は気にしませんでした。

数種類の金属を重ね合わせて、鍛えたり、
伸ばしたりして木目の模様が出来る指輪です。

同じ種類の金属を選んでも
同じ柄になることはないので、
世界で一つの一点ものになっています。

結婚指輪 オーダーメイド

【一つの金属の板から二つの結婚指輪】

繋がっている結婚指輪を最初に見せてもらって、
購入する二人でパキッと割る分かち合いも出来ました!
自分たちで割り、結婚指輪に割った跡が残ります。

その跡を残した加工もしてくれるので、
本当にこの二つは繋がっていたのだなと感じました。

結婚指輪ってプラチナを選ぶ方が多いと思うのですが、
わたしたちはプラチナ以外を選んでます。

周りからはプラチナにしないの?と言われましたが、
一生、結婚指輪をつけるのは自分たち自身です
自分たちが気に入っていたらそれで良いと思いました。

余談ですが、
板を長めに作ってもらって両親への贈り物、
これから生まれてくる子どもへの贈り物も作りました!

両親へはネクタイピン、ネックレスが出来ました!
両家がこれから家族になるのだとより実感できます。

 

【結婚指輪にお互いの誕生石を入れる】

旦那と相談して、
結婚指輪に文字と宝石も入れました。

自分の誕生石や、
相手の誕生石も入れられるのですごく悩みました。

悩んだ結果、
お互いにお揃いの宝石を入れたいということになり、
結婚指輪にダイヤモンドを入れました!

リングの外側に宝石がついている
デザインは女の人向けらしく、
旦那はリングの内側に宝石を入れました。

普段は結婚指輪をしないわたしたちなので、
後々宝石が外側にあるほうが自分のだとわかりやすいです!

あれ?どっちだ?ってハメなくてもわかるので
このデザインにして良かったと思いました。

 

【結婚指輪の内側に入れる文字】

次にリングの内側に入れる文字も悩みました。

漢字や、平仮名も対応してくれていたので
更に悩んでしまいました
内側で普段は見えませんが、一生の物なので。

でも二人で悩みながら相談する時間も楽しかったです。
二人だけの結婚指輪を作っているのだなと
実感できる時間になっていました。

結局ローマ字でお互いのイニシャル、
結婚記念日を入れることにしました。

イニシャルもどっちを先にするとか、
結婚記念日は日付だけにするか
西暦も入れるのかなど散々悩みました。

お店のスタッフの方にもどんな文字を
入れる方が多いのかなど聞いたり、
たくさん相談に乗って頂きました!

そのおかげで自分たちの納得できる
文字を結婚指輪に入れることが出来ました。

 

【結婚指輪の刻印は西暦とイニシャル】

記念日の西暦は旦那が数年後に
忘れてしまいそうなので、入れておくことにしました!
名前はイニシャルだけローマ字です!

たくさんの話し合い、分かち合いも経て
出来た結婚指輪は大切な物になっています。

本当に自分たちだけの一点ものにしてよかったです
分かち合う瞬間の写真や、
ムービーも大切な思い出として撮ってあります。

お店側から分かち合う瞬間の写真を
プレゼントして頂いたので、玄関に飾っています。

木目という和風なデザインになることから、
結婚指輪の箱も木製の和風のデザインでした!

中のクッションも和風で可愛いです!
今でも自宅で二つ並んだ結婚指輪を見ると幸せに思います。

 

【プロポーズエピソード】

わたしがどうしても入籍したい日があったので、
逆算してプロポーズしてくれました!

当日すでに一緒に住んでいたのですが、
旦那がホテルを予約してくれていて泊まりで出かけました。

プロポーズだからちゃんとしたかったのか、
旦那スーツでデートに来てくれました
普段とは違う特別感があって良かったです。

まず旦那の予約してくれたレストランで食事しました
雰囲気のいいレストランで素敵でした。

食べ終えてお店を出た後、少し歩きました
夜景の綺麗なとこで突然 話がある と言われました。

プロポーズがあるのはもちろん
知ってたんですが、ドキドキしました!

 

ペアーのようなデザインの時計を
わたしの腕につけてくれて、
旦那は自分の腕につけていました。

婚約指輪はいらないと
言っていたわたしのために、
時計を用意してくれたそうです。

「これから同じ時間刻んでいきたいという
意味を込めて時計にしました。」と言ってくれました。

「ずっと一緒にいてほしいです。結婚してください。」
という旦那らしいシンプルなプロポーズでした。

いざプロポーズされるとオッケーするって
決めていたのにちょっと考えちゃいますね。

本当にこの人と結婚するんだな〜って思いました
「お願いします。」とわたしが答えて無事に婚約しました!

 

【プロポーズ後のエピソード】

わたしがどうしても入籍したい日と、
旦那がプロポーズしてくれた日が
近すぎて急いで両親に報告しました。

まず母に電話で報告すると
「ちゃんとお願いしますって言ったの!!?」
と予想外の心配をされました。

次に父に電話をして報告すると
驚いたあとに「そっか、、、」寂しそうでした。

実は旦那とは付き合ってから一年も経っていなかったので、
結婚はまだ先だと思っていたようです
二人とも喜んでくれてよかったです!

旦那の両親にもすぐに報告しました。

元々旦那の両親とはよく一緒に
食事に行っていたので、快く迎えてくれました。

自分の家族、旦那の家族両方が
喜んでくれたのでわたしも嬉しかったです。

 

無事に両方の家への結婚の挨拶も済み、
入籍予定日まで日がないので
すぐに両家の顔合わせをしました。

入籍する前日に両家の顔合わせという
ハードスケジュールになってしまいました。

顔合わせをしてみて、
反対されたらどうしようかと思いました。

顔合わせの前日に
旦那と話しているとアクシデントが発生しました
旦那の戸籍が出身地にあることが判明したのです。

わたしが戸籍を出身地まで(同じ県内)
取りに行った姿を見て何とも思わなかったことに驚き、
喧嘩になりました。

幸い、旦那のお父様がマイナンバーカードで
コンビニで取ってくれて助かりました
書類の準備は早めに行ったほうがいいですね。

結婚してそろそろ一年です。

現在わたしは妊娠もしていて、
この人と結婚してよかったと思う日々を過ごしてます。

 

他にも沢山の先輩カップルさんの結婚指輪をご紹介
こちらからご覧頂けます→先輩カップルの結婚指輪

 

=================================

千葉県K様のプロポーズエピソードをご紹介いたしました

他店の手作り結婚指輪の話しを聞けるのも面白かったです
ただ疑問に思ったのが、1つの指輪を2つにパキッと割る
という表現があったのですが何だろうと疑問に思いました。

というのも当店は日本伝統技法の鍛造を正式に受け継いだ
鍛造リングの専門店なのですが、指輪を2つに割るという
工程がないのでこの工程は一体何か?凄く気になりました。

当店の場合は、地金を溶かす所から始まって溶かした地金
をハンマーで叩いて鍛錬をする鍛冶で板状まで延ばします。

そして1枚の板を2枚にカットをして結婚指輪を作ります
同じ1つの地金から結婚指輪を作るという正真正銘の製法。

これが日本伝統技法の鍛造のやり方で、これに該当しない
製法っぽいのでどんな工程で作るのか凄く興味があります。

ご投稿を頂いた方の結婚指輪の画像をよ~く見ると確かに
2つの指輪が繋がっているような部分が見えるんですよね
どうやって作ったのか職人としてとっても気になりましたw

そして注意して頂きたいのが、鍛造という製法は限られた
宝飾職人しか作る事ができません(継承した宝飾職人のみ)
鍛造と言っていても「鍛造風」の製法が山ほどあるんです!

本物の鍛造で手作りをした結婚指輪が欲しくて探している
方は本物と偽物の見分け方が難しいと思いますので要注意。

当店のように師匠がいて、工房があって細かい制作工程を
ブログにアップしているお店や工房は本物だと思います!

ジュエリーコウキ 2代目、池田潤

=================================

お気軽に私、池田までお問い合わせをしてください(^ω^)

こちらの「お問い合わせ」からか、もしくはメールで
j_kouki_ring@yahoo.co.jp 宛てまでお願いいたします。

私が作る鍛造の結婚指輪の一覧は→コチラ

○電話番号 0258-27-1771 10時~17時まで対応しています
○メールアドレス j_kouki_ring@yahoo.co.jp 24時間OK
〒940-2003 新潟県長岡市渡場町2-7 株式会社ジュエリーコウキ

=================================

鍛造で作る結婚指輪はごく稀で、希少価値のある結婚指輪
世界中の全ての結婚指輪のうち鍛造で作られた結婚指輪は
1%未満と言われるほど鍛造の結婚指輪は少ないんですよ。

その理由は、鍛造の指輪は地金を金槌で叩いて炎で焼いて
じっくりと時間をかけて地金密度を上げていくという製法
熟練された技術や知識を持った職人のみしか作れない技法
鍛造の指輪を作る為の専門工具や機材など設備も必要な為。

伝統工芸と言われる鍛造の指輪は日本の宝だと思いますが
受け継ぐ職人が激減しており鍛造の指輪は衰退しています
だからこそ鍛造技術を受け継いだ私が広めたいと思います。

指輪作りの制作ブログをご覧頂いて鍛造技術に納得をして
私の結婚指輪をご購入して頂けると作り手として幸せです。

=================================

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA