【女性必見】男と女-結婚と結婚指輪の価値観の違いと理想を生告白!

結婚指輪の手作り専門店、ジュエリーコウキ
日本伝統技法の1つ、鍛造で結婚指輪を制作

鍛造(たんぞう)という日本の伝統技術で結婚指輪を制作
鍛えて造る指輪という意味で鍛造指輪と言われています。

ちなみに出来合いの既製品の結婚指輪は鋳造(ちゅうぞう)
という製法でリングの原型の型に溶かした地金を流して
固めて作る大量生産で、市場の99%以上がこの製法です。

手作りと言っている店でもロウワックスを削って指輪の
原型を作っている店がほとんどでこれも鋳造に入ります。

市場の残り1%以下が鍛造で 宝飾職人が鍛冶で作ります
直接地金(プラチナやゴールド)を鍛えて削って作ります。

手間をかけて鍛冶で鍛練する事で地金の密度が増します
密度が上がった指輪は変形しにくく結婚指輪に最適です。

 

こんにちは(゚Д゚)ノ

ジュエリーコウキ2代目で宝飾職人の池田と申します
職人歴は28年で鍛造を継承している職人の1人です。

鍛造は昔からの技術を受け継いだ宝飾職人しか作れず
全国でも鍛造を継承した宝飾職人は凄く少ないんです。

鍛造で手作りした鍛造指輪をブログで発信しています
鍛造指輪の制作工程や鍛造結婚指輪を紹介しています。

ジュエリー職人

指輪作りもブログ更新も私がしております(^-^)

結婚指輪の専門店という事で結婚指輪に関する記事を
書いていますしお客様の体験談もご紹介しております。

先輩カップルさんの結婚指輪にまつわるエピソードを
募集してブログにアップしておりますので結婚指輪に
関する為になる有益な情報を発信をするのが目的です。

先輩カップルさんの実体験を投稿して頂いているので
これから結婚指輪の購入を考えているカップルさんに
参考になるような内容だと思いますのでご覧ください。

※当店で購入されていない方の体験談を募集しました
全国各地のカップルさんの話を聞きたかったからです。

 

本日は、静岡県H様から投稿を頂いたエピソードです

体験談のご投稿を頂いた静岡県のH様は男性です(^-^)

という事で男性目線で結婚指輪の選び方をお伺いして
他に男性目線でのプロポーズなども教えて頂きました。

結婚や結婚指輪に対する考え方や価値観、こだわりの
ポイントなど今回は男性目線で語って頂きましたので
女性からみて「男ってそうなんだ~」という内容です。

もちろん個人差が当然ありますし人それぞれですので
あくまで参考としてご覧頂ければと思っております!

それでは静岡県H様のエピソードをご覧くださいませ。

=================================

 

題名

【一生に一度!大切な結婚指輪の選び方】

 

投稿者 静岡県H様

 

紆余曲折を経て、結婚を誓った2人が
一生に一度しか買う(選ぶ)ことのない
大切な買い物が結婚指輪です。

多くの方にとって人生の中でも最も長く
愛用するアクセサリーのひとつではないかと思います。

そんなBIGイベント、
「結婚指輪の選定」にあたって、

私が個人的に大切だと思った
ポイントを皆様にご紹介させていただきます。

 

【結婚指輪選びのポイント】

やはり、なんといっても
「2人で話し合って納得のいくものを購入すること」
が一番大切ではないかなと思います。

基本的に結婚指輪を選ぶ際は、奥様が主導になって、
結婚指輪を決めるご家庭が多い印象ですが、
旦那様にとっても一生に一度の買い物になります。

長く使うものだからこそ、デザインや値段だけでなく、
「着用した時の着け心地」と「購入後のサポート」は
重要な点だと感じました。

その辺を含めて購入を検討することをおすすめいたします。

 

【結婚指輪の魅力】

私自身が感じる結婚指輪の魅力は、指輪が目に入ると、
「ふとした瞬間に結婚式のことを思い出す」ことです。

一緒に生活を共にする時間が増えれば、
恋人から次第に家族に変わっていくのではないかと思います。

時には意見のすれ違いから喧嘩や口論に
発展することもあるかと思いますが、

そんな時にふと結婚指輪が目に入ると、
結婚式で必ず幸せにしようと誓った決意などが思い返されます。

過去を振り返り、今の現状を是正するような
効果もあるのかなと感じています。

あと、これは結婚指輪に限らず
アクセサリー全般に言えることかもしれませんが、

もし自身が納得した指輪を購入できたのならば、
毎日少しいい気分で過ごせるかもしれませんね。

 

【結婚指輪の価格】

婚約指輪に比べると
結婚指輪は全般的にリーズナブルです。

世界的に有名なジュエリーブランドの指輪でも
結婚指輪であれば皆さんの手の届かない価格帯では
ないかと思いますので、いろいろなブランドに
目を通してみるのがいいかもしれません。

【結婚指輪の特徴】

私が選んだ指輪の特徴は、まずは色味です。

日本人はシルバーやプラチナの指輪を
選ぶ方は圧倒的に多い印象ですが、

私個人的には結婚指輪の歴史を
大切にしたいなと思ったため

結婚指輪の起源を調べてみたところ、
起源は諸説あるようですが、

金の指輪を海に投げ入れたのが始まり
というエピソードに惹かれたため、
ゴールド系の指輪を選びました。

海外ではゴールドが主流の国も少なくないようです。

 

【結婚指輪のお気に入りポイント】

前述のとおりゴールド系の結婚指輪に
しようと思って各ブランドを探しましたが、

いざ着用してみるとなかなか
肌馴染みするゴールドが見つかりませんでした。

しかし、ようやく巡り合ったのが
ピングゴールド色の結婚指輪です。

他の結婚指輪に比べると
かなり太目でインパクトがあります。

「年を重ねれば重ねるほど魅力が増すような指輪」
だなあと思っていて、非常に気に入っています。

 

【結婚指輪は何を重視して選んだ】

私はデザインよりもブランドの歴史
などに魅力を感じるタイプですので、

「ジュエリーブランドとしての重厚感」
(数々の名だたる賞を受賞してきたという実績)

「指輪のデザインとネーミングに込められた
ブランドからのメッセージ」が重視して決めました。

結婚指輪にはコンセプトを
設けられているものが数多くありますので、

デザインはもちろんですが、
ブランドからのメッセージに目を向けてみると

後悔のない満足のいく買い物が
できるのではないかなと思います。

もちろん、価格も大切な要素だとは思いますが
一生に一度ということで価格よりもご自身が
大切にされたいものを選ばれるのがよろしいかと思います。

ちなみにこちらが私たちの選んだ結婚指輪です
ピンボケしてすいませんがピンクゴールドです

ピンクゴールド 結婚指輪

【プロポーズエピソード】

交際から5年程度でプロポーズをしました。

女性のプロポーズについて
インターネットで調べてみると、
女性は以外と女の子なんだなという印象を受けました(笑)

「跪いて指輪を渡してほしい!」とか、
「薔薇の花束と一緒にプロポーズされたい!」
みたいな意見が多くて、

女性は「私は特別」だとか「私は大切にされている」
のが大げさなくらい伝わるのが
好きなのかもしれないなと感じました。

しかしながら、調べてみたのはいいものの、
いざ自分に置き換えると、
どうも対応できそうなタスクがないなと。

跪いてのプロポーズやバラと一緒にプロポーズなんて、
イケてる男性がやるもので根が暗い私のような
タイプにはかなりハードルが高いものばかりでした。(笑)

個人的な意見ですが男性って何気ない日常の中で
ぽろっと「結婚しよう」
みたいなのがいいと思ってる人多くないですか?

私はなるべく目立たずに(人目につかずに)
喜ばせる方法を検討した結果、ちょうど近々
記念日で数泊旅行に行く予定があったので

「旅先のホテルに花束を用意してもらい
観光から帰ると花束が用意してあってそこでプロポーズ」
することにしました。結局ベタですね(笑)

 

観光を楽しんで、美味しい食事、
美味しいお酒を楽しんでホテルから戻ってきましたが、
帰り道は気が気じゃありません(笑)

彼女といてあんなに緊張することは
今後ないかもしれないなと思います。

緊張しながらもお酒のチカラもあり、
無事にプロポーズ。

考えていた言葉とは違う言葉が
出てくるから不思議でした。

ああ、そうか、そういうことを心の奥で
思っていたんだなと自分でも不思議な気持ちになりました。

 

【プロポーズ後のエピソード】

あっという間に旅行が終わり、
ご両親に挨拶をすることになりました。

お付き合いしているときから
何度か実家にはお邪魔していましたが、

いざ結婚のご挨拶となると
緊張がいつもの比ではありません笑

ご家族との関係はお母さんをはじめとする女性陣とは
そこそこ良好な関係を築けているなあと思っていましたが、
問題はお父さん・・・私とは正反対で厳格な方です。

人として素晴らしい方ですがイマイチ
打ち解けることができていませんでした(いまだに緊張します)

いざ、ご報告に伺いましたが、手の震えが止まらず、
大好きなお酒の味も分かりませんでした。

しかし、勇気を振り絞り、
震える声で結婚させてください。
と伝えたところ無事に結婚をご承諾いただきました。

これまで大切に育てた来られた娘さんを
お嫁にいただくって改めて責任を感じました。

 

その後、一息ついたら結婚式の準備が始まります。

女性と違い、男性は結婚式に対して
憧れがある方が圧倒的に少ないことと思います。

その温度差からもめるカップルが多いと聞いていたので、
彼女任せにするのではなくなるべく2人で
いろいろな準備をしようと心に決めました。

2人で話合い「神より身近な人に誓いたい」との思いから、
人前式形式で執り行いましたが満足しています。

準備は大変でしたが振り返ってみると
あっという間でした。

当日を迎えて、結婚式を終えた感想は、
「え。もう終わり?なんか忙しすぎてよくわかんないぞ。」
って感じでした(笑)

でも結婚式は規模関わらず
素敵なものだなとやってよかったなと思っています。

結婚指輪を目にするたびに忘れてはいけない気持ちを
思い出せるので結婚式と結婚指輪は素敵なものだなと感じています。

 

沢山の先輩カップルさんの結婚指輪をご紹介しております
こちらからご覧頂けます→私達の結婚指輪をブログで紹介

 

=================================

結婚指輪やプロポーズエピソードありがとうございました

男性目線で結婚指輪を選んだポイント、またプロポーズや
理想の結婚式などの体験談を色々と教えて頂きました(^-^)

特に結婚指輪を選ぶポイントは凄くこだわっていましたね
一生に一度の結婚指輪ということで結婚指輪のストーリー、
また素材やデザインなど様々なポイントが多くありました。

もちろん全ての男性がこういった考えや価値観、理想など
違っていますのであくまで参考として頂ければと思います。

女性から見て、こだわりすぎて面倒くさいな~と思う方も
いらっしゃるかもしれませんが、二人で考えてポイントを
1つ1つ出して理想を煮詰めていくのも良いと思いますね
二人の理想の結婚指輪に出会えるように応援しております!

余談になりますが、自分は指輪の作り手側になりますので
私の理想の結婚指輪をお伝えすると何といっても結婚指輪
は普段使いするので着け心地にこだわったほうが良いです!

どんなにデザインが良くてもストーリーがよくても指輪の
着け心地が悪いとストレスが溜まり付けたくなくなります
なので私が1番お勧めするポイントは着け心地の良さです。

ジュエリーコウキ 2代目、池田潤

=================================

お気軽に私、池田までお問い合わせをしてください(^ω^)

こちらの「お問い合わせ」からか、もしくはメールで
j_kouki_ring@yahoo.co.jp 宛てまでお願いいたします。

私が作る鍛造の結婚指輪の一覧は→コチラ

○電話番号 0258-27-1771 10時~17時まで対応しています
○メールアドレス j_kouki_ring@yahoo.co.jp 24時間OK
〒940-2003 新潟県長岡市渡場町2-7 株式会社ジュエリーコウキ

=================================

鍛造で作る結婚指輪はごく稀で、希少価値のある結婚指輪
世界中の全ての結婚指輪のうち鍛造で作られた結婚指輪は
1%未満と言われるほど鍛造の結婚指輪は少ないんですよ。

その理由は、鍛造の指輪は地金を金槌で叩いて炎で焼いて
じっくりと時間をかけて地金密度を上げていくという製法
熟練された技術や知識を持った職人のみしか作れない技法
鍛造の指輪を作る為の専門工具や機材など設備も必要な為。

伝統工芸と言われる鍛造の指輪は日本の宝だと思いますが
受け継ぐ職人が激減しており鍛造の指輪は衰退しています
だからこそ鍛造技術を受け継いだ私が広めたいと思います。

指輪作りの制作ブログをご覧頂いて鍛造技術に納得をして
私の結婚指輪をご購入して頂けると作り手として幸せです。

=================================

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA