結婚指輪はペアじゃない別デザイン!お互い好きなデザインで作ろう!

結婚指輪の手作り専門店、ジュエリーコウキ
日本伝統技法の1つ、鍛造で結婚指輪を制作

鍛造(たんぞう)という日本の伝統技術で結婚指輪を制作
鍛えて造る指輪という意味で鍛造指輪と言われています。

ちなみに出来合いの既製品の結婚指輪は鋳造(ちゅうぞう)
という製法でリングの原型の型に溶かした地金を流して
固めて作る大量生産で、市場の99%がこの製法なんです。

手作りと言っている店でもロウワックスを削って指輪の
原型を作っている店がほとんどでこれも鋳造に入ります。

市場の残り1%以下が鍛造で 宝飾職人が鍛冶で作ります
直接地金(プラチナやゴールド)を鍛えて削って作ります。

手間をかけて鍛冶で鍛練する事で地金の密度が増します
密度が上がった指輪は変形しにくく結婚指輪に最適です。

 

こんにちは(゚Д゚)ノ

ジュエリーコウキ2代目で宝飾職人の池田と申します
職人歴は27年で鍛造を継承している職人の1人です。

鍛造は昔からの技術を受け継いだ宝飾職人しか作れず
全国でも鍛造を継承した宝飾職人は凄く少ないんです。

鍛造で手作りした鍛造指輪をブログで発信しています
鍛造指輪の制作工程や鍛造結婚指輪を紹介しています。

ジュエリー職人

指輪作りもブログ更新も私がしております(^-^)

結婚指輪の専門店という事で結婚指輪に関する記事を
書いていますしお客様の体験談もご紹介しております。

先輩カップルさんの結婚指輪にまつわるエピソードを
募集してブログにアップしておりますので結婚指輪に
関する為になる有益な情報を発信をするのが目的です。

先輩カップルさんの実体験を投稿して頂いているので
これから結婚指輪の購入を考えているカップルさんに
参考になるような内容だと思いますのでご覧ください。

※当店で購入をされていない方の体験談も含まれます

 

本日は、東京都R様から投稿を頂いたエピソードです

ご投稿をして頂いた方の結婚指輪を選ぶポイントは
ずっと付けっぱなしにできる結婚指輪だそうです!

そしてもう1つは日本人の指に合う日本のブランド
海外のブランドは大雑把なデザインや作りが多いので
繊細な日本人の指に合う日本のブランドという事です。

また、結婚指輪のデザインもペアじゃない別デザイン
で女性と男性で別々のデザインにしたいとの事でした。

結婚指輪といえば、男女で同じデザインが主流ですが
ペアでも別々のデザインにする方もいらっしゃいます
お互いに好きなデザインで指輪を作るのも有りですね。

それでは東京都R様のエピソードをご覧くださいませ。

=================================

 

題名

【繊細な日本人の指に合うのは日本の結婚指輪】

 

投稿者 東京都R様

 

結婚指輪の前に少しだけ、
私の婚約指輪についてご紹介します。

私は婚約指輪に指輪の土台に反面ダイアが
ついているデザインを買ってもらいました。

その為、はじめは結婚指輪も
婚約指輪のようにダイアがついていて、

キラキラとしたより
豪華なものがよいかと考えていました。

というのも、当初私が勤務していた
会社の先輩が結婚した際に、

オーダーメイドで作ってもらったという指輪は
土台に全面にダイアがビッシリと入っていて、
本当に素敵で、それに憧れていました。

そのため私は自分も結婚指輪は
同じようなものがいいなと漠然と思っていました。

 

冒頭に明記したように、
婚約指輪は海外ブランドを色々とみた結果、
ティファニーのものを購入してもらいました。

結婚指輪については同じティファニーの種類で、
指輪全面にダイアが敷き詰められているものがあり、

それをはじめは希望していたのですが、
主人と話し合い、結婚指輪は婚約指輪とは違い、

日常生活で普段使いするものだし、
どんな時でも付けていて欲しいという主人の想いもあり、

よりシンプルで落ち着きのある
デザインを探すことにしました。

 

【落ち着きのある結婚指輪】

そこで1つの案に浮かんだのが、
真珠ブランドのMIKIMOTOです。

なぜ、ミキモトかというと
主人が三重県出身ということと、

日本のジュエリーを日本人として、
結婚指輪として身につけたいという想いから、
選択肢に入りました。

それでも結婚指輪の場合でも
他の有名海外ブランドも試しにいったのですが、

海外ブランドの指輪は少しデザインがごつくて、
私の小さい手にはあまり似合わなかったのです。

 

【日本人向けの結婚指輪】

ミキモトは日本人向けに作られているのか、
デザインが華奢なものが多く、海外ブランドの
結婚指輪と比べて線が細めな印象を受けました。

そして、やはりどんな時でも着けられる、
シーンと服装を選ばない指輪ということで、
結果的にミキモトに決まりました。

結婚指輪は購入したのは
当時住んでいた市内の百貨店でした。

同じブランドなら、結婚指輪は
どこの店舗でも同じ商品だと思いますが、

この人から買いたいなと思えるような感じのよい
店員さんに出会えたこともよかったと思っています。

 

【結婚指輪のデザインは別デザイン】

また、デザインは主人と私では同じにはせずに、
各々が好きなデザインを選びました。

主人の結婚指輪はシンプルなつるっとしたもの、
私は指輪の外側にミルが細かく打ってあるものを選びました。

1つだけ一緒にオーダーしたのは結婚指輪の
裏側に入籍した年月日を入れてもらったことです
名前は恥ずかしい気持ちがするので入れませんでした。

結婚指輪の価格は2つとも8万以下、
たしか合計で16万~17万円ほどだったと思っています。

結婚指輪 プラチナ

【ずっと付けっぱなしの結婚指輪】

今では料理をするときにも
ずっとつけっぱなしにしているので、
結婚指輪はシンプルなものでよかったと思っています。

全面にダイアがびっしりとついている指輪も
少し心残りではありますが、結婚指輪を選ぶ際に、

主人がが何年かに一度は買い替えもいいんじゃない?
とも言ってくれたので、そういう考えもあるのかと思い、
いろんな結婚指輪を試せるといいなと思っています。

結婚指輪はシンプルだけども、丁寧なデザイン、
そして普段使いが出来るものが一番良いと思います。

数ある結婚指輪の中からお気に入りの
1つを選ぶのはとてもわくわくするものでした。

 

結婚指輪選びのポイントは
価格と普段使いのしやすさ

結婚指輪を選ぶ際に重視したポイントは
価格と普段使いのしやすさです。

当初は婚約指輪のように石がたくさん付いたものや、
少しだけ石が付いているものも検討していましたが、

結婚指輪は日常生活ででもずっと付けていたいですし、
シーンや服装を選ばずに付けられるものにしようとしました。

指輪選びの際には海外ブランドから
国内ブランドまで色々と見ました。

主人の地元は三重県なので、
三重に拠点があり世界に誇る日本の真珠ブランド、
MIKIMOTOの結婚指輪にすることになりました。

 

【プロポーズエピソード】

私は20代後半で結婚しましたが、
彼と付き合いを始めていて
2年半が経とうとしていました。

私は自分の人生計画があるし、
この人ならいいなと思ったので
結婚したいなと考えていました。

そんなある日、
私のせっかちな性格も相まって、

「私のことをどう思っているのか、
結婚する気はあるのか?もしないなら
あまり時間がないから関係を考えたい」
といった内容のことを電話で彼に伝えました。

当時は遠距離中だったこともあり、
不穏な空気になってしまったのですが、
その翌日は彼が私の家に来てくれる日でした。

 

翌日、彼は、
私がお昼にカレーライスをつくる予定だったので、
カレーの材料を持って、家に来てくれました。

玄関で彼を迎え、
昨日の感情的なもの言いを彼に謝りました。

すると、彼が思いついたように
スーパーの袋を床において、
私に「結婚しよっか」と言ってくれたのです。

私は自然と涙が出てきてしまいました
私はお化粧もせずに部屋着のままのメガネ姿でしたが、
その一言にとても胸が熱くなりました。

当時はクリスマス前でしたので、
本当はそれまで待とうと

彼なりに思っていたらしいのですが、
少し早くなってしまったようです。

まさか賃貸マンションの玄関で人生の大切な節目を
迎えると思っていなかったですが、今では良い思い出です。

 

【プロポーズ後のエピソード】

プロポーズの後は二人で話をして、
仲直りをしました。

その後、お昼を食べて、夕方までゆっくりした後に
クリスマスツリーのライトアップを見るために、
都心へ向かいました。

クリスマスツリーを見る前に、いくつか試しに
婚約指輪を見に行ってみようということになり、

ティファニー、カルティエ、ブルガリなど
主要海外ブランドの店舗を見て回りました。

私は婚約指輪を片手にプロポーズを
されることを憧れていたのですが、

彼は本人が気に入ったものを
買ってあげたいと考えてくれていたので、

プロポーズの時には婚約指輪がなかったので、
婚約指輪を一緒に見ることになりました。

 

その日はいくつかの婚約指輪をみて
興奮気味になりながら、クリスマスの
イルミネーションの前で一緒に写真を撮り、
夕食をレストランでとり、帰宅しました。

その数日後、最終的に婚約指輪を決めて、
サイズ調整も終えて手元に届き家に戻ってきた日には、

形だけですが、ずっと憧れていた、
婚約指輪を差し出して片足ついて
プロポーズするという恰好を彼にやってもらいました。

プロポーズを終えて婚約のことを
両親や姉妹、会社の人に報告すると
皆とても喜んでくれたのを覚えています。

入籍までの期間は一緒に住む家をみたり、
これからはじまる新しい生活について
色々と思いを巡らせていました。

 

他にも沢山の先輩カップルさんの結婚指輪をご紹介
こちらからご覧頂けます→先輩カップルの結婚指輪

 

=================================

東京都R様のプロポーズエピソードをご紹介いたしました

日本人は日本のブランドと相性がいいというのはあります

海外の方は、指が太い(ごつい)方が多いという理由なのか
それとも指の長さや形が違うのかセンスが違っているのか

そこら辺のことは詳しくは分かりませんが確かにゴツくて
派手なデザインが多いのも事実ですので不思議ですよね~

ちなみに当店は日本伝統技法の鍛造製法で作る専門店です
昔から受け継がれてきた鍛造という技術で指輪を作ります。

作っているのは当店二代目の私、池田で宝飾職人歴27年
のバリバリの職人で父が師匠で鍛造技術を受け継ぎました。

もちろん私は日本人ですので私のこの指に合うように指輪
を作っているので間違いなく日本人に合う結婚指輪です!
指輪の内側を丸くする内甲丸で作るので付け心地はグッド。

今回、ご投稿を頂いた方は、結婚指輪が男性と女性で別々
のデザインで結婚指輪を決めたとおっしゃっていましたが、

当店でも別々のデザインで結婚指輪を作れますし、他店と
違うのは1つの同じ地金から2つの結婚指輪を作ってます
同じ地金から作る結婚指輪は絆やLOVEを指輪から感じます。

また、鍛造で作った結婚指輪は密度が濃くて頑丈ですので
指輪の変形や歪み傷や凹みにも強いので結婚指輪にお勧め。

日本伝統技法の鍛造製法は日本の最高技術で作る指輪です
日本人の和の心を感じられる指輪、それが鍛造の指輪です!

ジュエリーコウキ 2代目、池田潤

=================================

お気軽に私、池田までお問い合わせをしてください(^ω^)

こちらの「お問い合わせ」からか、もしくはメールで
j_kouki_ring@yahoo.co.jp 宛てまでお願いいたします。

私が作る鍛造の結婚指輪の一覧は→コチラ

○電話番号 0258-27-1771 10時~17時まで対応しています
○メールアドレス j_kouki_ring@yahoo.co.jp 24時間OK
〒940-2003 新潟県長岡市渡場町2-7 株式会社ジュエリーコウキ

=================================

鍛造で作る結婚指輪はごく稀で、希少価値のある結婚指輪
世界中の全ての結婚指輪のうち鍛造で作られた結婚指輪は
1%未満と言われるほど鍛造の結婚指輪は少ないんですよ。

その理由は、鍛造の指輪は地金を金槌で叩いて炎で焼いて
じっくりと時間をかけて地金密度を上げていくという製法
熟練された技術や知識を持った職人のみしか作れない技法
鍛造の指輪を作る為の専門工具や機材など設備も必要な為。

伝統工芸と言われる鍛造の指輪は日本の宝だと思いますが
受け継ぐ職人が激減しており鍛造の指輪は衰退しています
だからこそ鍛造技術を受け継いだ私が広めたいと思います。

指輪作りの制作ブログをご覧頂いて鍛造技術に納得をして
私の結婚指輪をご購入して頂けると作り手として幸せです。

=================================

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA