結婚指輪を手作り-ワックスと鍛造がある-2つの違いをブログで解説

結婚指輪の手作り専門店、ジュエリーコウキ
日本伝統技法の1つ、鍛造で結婚指輪を制作

鍛造(たんぞう)という日本の伝統技術で結婚指輪を制作
鍛えて造る指輪という意味で鍛造指輪と言われています。

ちなみに出来合いの既製品の結婚指輪は鋳造(ちゅうぞう)
という製法でリングの原型の型に溶かした地金を流して
固めて作る大量生産で、市場の99%がこの製法なんです。

手作りと言っている店でもロウワックスを削って指輪の
原型を作っている店がほとんどでこれも鋳造に入ります。

市場の残り1%以下が鍛造で 宝飾職人が鍛冶で作ります
直接地金(プラチナやゴールド)を鍛えて削って作ります。

手間をかけて鍛冶で鍛練する事で地金の密度が増します
密度が上がった指輪は変形しにくく結婚指輪に最適です。

 

こんにちは(゚Д゚)ノ

ジュエリーコウキ2代目で宝飾職人の池田と申します
職人歴は27年で鍛造を継承している職人の1人です。

鍛造は昔からの技術を受け継いだ宝飾職人しか作れず
全国でも鍛造を継承した宝飾職人は凄く少ないんです。

鍛造で手作りした鍛造指輪をブログで発信しています
鍛造指輪の制作工程や鍛造結婚指輪を紹介しています。

ジュエリー職人

指輪作りもブログ更新も私がしております(^-^)

結婚指輪の専門店という事で結婚指輪に関する記事を
書いていますしお客様の体験談もご紹介しております。

先輩カップルさんの結婚指輪にまつわるエピソードを
募集してブログにアップしておりますので結婚指輪に
関する為になる有益な情報を発信をするのが目的です。

先輩カップルさんの実体験を投稿して頂いているので
これから結婚指輪の購入を考えているカップルさんに
参考になるような内容だと思いますのでご覧ください。

※当店で購入をされていない方の体験談も含まれます

 

本日は、大阪府M様から投稿を頂いたエピソードです

こちらの方は手作りで結婚指輪を作ったというお話し
手作りと一言でいっても、色んな製法があるのですが
ご投稿を頂いた方はワックスという製法の手作りです。

手作りに製法が様々あるのですが代表的な製法は2つ
ワックス(キャスト、鋳造)と鍛造の2種類があって

ワックスというのはロウ材を削って指輪の原型となる
型を作るという製法で手作りをするのはロウ材の原型。

二人で手作りできるというのがこのワックス製法です
世の中の約99%の手作りはワックスで作る指輪です。

そして、残り1%の製法「鍛造」は日本伝統技法です
こちらは素人さんが作れるものではなく鍛造の技術を
継承してる熟練した宝飾職人しか作る事ができません。

鍛造は指輪の原型をロウ材で作るのではなく結婚指輪
の地金となるプラチナやゴールドを直接、鍛冶作業で
鍛錬をしながら指輪の形にして彫金で指輪を作ります。

今回の方は鍛造ではなくてワックスで作った指輪です
当店は鍛造専門店ですので当店のエピソードでは無い
のですがワックスの話しが聞けるので良いと思います。

それでは大阪府M様のエピソードをご覧くださいませ。

=================================

 

題名

【二人で作った手作り結婚指輪】

 

投稿者 大阪府M様

 

●結婚指輪選びのポイント

選ぶ際に、ブランド店へ見に行ったり、
手作りの指輪店を調べたりしました。

私たち夫婦は手作りできる
結婚指輪で作ることにしました。

価格帯もブランド店と比べると
お手頃になるのでポイントの1つです。

婚約指輪をブランド店で買ってもらう予定だった
ので普段身に付ける結婚指輪は手作りにしました。

なんと言っても自分たちで結婚指輪を
作るので愛着が湧くのもポイントです。

 

●手作り結婚指輪の魅力

私にとって一番の魅力は
結婚を実感ができることです。

なぜか当初は結婚指輪は
無くてもいいかなと思っていました
今思うと考えられないことですが(笑)

モノを失くしやすいし、高価なものなので
傷を付けてしまったらという不安もありました。

でもやっぱり薬指に指輪を付けていると
結婚指輪を見るたびに結婚したんだという、
目に見えたけじめにもなります。

普段アクセサリーをつけてないですが、
やはり結婚指輪をつけるとウキウキします。

 

●手作り結婚指輪の価格

夫婦二人で約20万円です。

旦那さんの方がサイズが大きいので約12万、
私のは約8万ほどでした。

●手作り結婚指輪の特徴

私は色がとてもお気に入りで
シャンパンゴールドにしました。

結婚指輪といえば日本ではプラチナが人気ですが、
欧米などではゴールドが主流のようです。

私もプラチナが絶対いいと最初は思っていたのですが、
色合わせの時にプラチナよりシャンパンゴールドの方が
自身の肌の色に合っていました。

大事な結婚指輪なので是非色んなカラーをつけて
自分に合った結婚指輪を見つけてほしいです。

また、サービスで指輪の内側ぶ刻印が可能だったので、
二人の記念日と自分の名前を入れていただきました。

 

●手作り結婚指輪のお気に入りポイント

先ほど記載している色がポイントなのと、
ダイヤが一つ付いているところがポイントです。

お店側がダイヤ3石まで
無料贈呈キャンペーンをやっておりました。

3石つけても可愛いのですが、
さりげない感じにしたかったので一石のみにしました。

また気分に合わせてダイヤが付いている面を表にしたり、
裏にして見えなくするとシンプルな指輪に見えます
自分だけでいつも楽しんでいます(笑)

旦那さんは指輪の裏側に
ダイヤを1石つけていました。

また、透明のダイヤだけではなく、
誕生日石カラーのダイヤも選べたので
ターコイズブルーのダイヤをつけていました。

甲丸 結婚指輪

●手作り結婚指輪の製法

ワックス加工(鋳造)でやすりを使いながら
希望の形・デザインを決めていきます。

スタッフの方に教えていただきながらなので
難しくはありませんでした。

そして原型が完成したあとは
職人の方にリングを鋳造していただきます。

 

●手作り結婚指輪は何を重視して選んだか

重視したのは3つあって、
価格・デザインの種類・アフターケアです。

価格に関しては、結婚って色んな事に
沢山お金がかかりますよね・・笑
新居のこと・家具家電の購入・結婚式の準備などなど。。

そんな中で結婚指輪は毎日つけるものなので
指輪に傷をつけてしまう不安もあったので、
お手頃な値段で作れたらという希望がありました。

夫婦2人で20万円ほどだったので
私たちの予算内で収めることができました。

デザインに関して、手作り工房では素材から形、
ダイヤの追加など自分の好みに合わせて
カスタマイズができるのが本当に良かったです。

 

手作り結婚指輪は世界で一つ

ブランド店ではほとんどが
既存の指輪になるかと思いますが、
手作りなので世界で一つだけのものになります。

自分たちで作った思い出もあり
とても大切なモノになりました。

アフターケアに関して、私たちが作った工房では
メンテナンスのサービスは無償であります。

また生涯保証サービスもついていました
これは凄く嬉しかったです。

指輪の太さを極力細めにしたかったのでもし、
万が一傷がついてしまうことがあっても安心できます。

またお世話になったお店でも結婚指輪以外の
指輪も作ってみたいと思っています。

周年記念に、また違うデザインの指輪を
作るのもとても素敵だなと思っています。

 

【プロポーズエピソード】

私は家でプロポーズをしてもらいました
6月中旬に二人の付き合った記念日があり今年は3年目でした。

私の希望では3年目の記念日に
入籍できたらなと彼に伝えていました
プロポーズの当日はゴールデンウイークの時でした。

いつも通り晩御飯を一緒に食べているときに、
彼がそわそわし始めました。笑

何だろうとは思いましたが、
まさかプロポーズだと思わずに大丈夫?と聞いたところ、

早く言いたくて仕方がなっかたのか急にどこからか
花束を持ってきてくれてプロポーズをしてくれました
とても嬉しかったです。

シンプルに「結婚してください」と言われました
よくプロポーズされて泣き崩れたりする人もテレビなどで
見ていたのでそういうものなのかなと漠然と思っていましたが

そわそわしている彼の姿が面白かったのもあり、
とても笑顔ではいと答えました。

 

しかも花束は彼自身が一つ一つのお花を
選んでアレンジしてくれたものでした。

また、ヒモで作った花形もお花に添えられていました
オリジナリティがあって彼らしいなと思いました。

私は皆がいる前でや派手なプロポーズよりも
二人で静かにプロポーズしてもらえる方が良かったので、

二人でその時間を過ごすことができて
感謝の気持ちでいっぱいです。

後々、ネタバレ?として話を聞いていると
普段は晩御飯後にお風呂に入るのですが、

その日はご飯前に先に
お風呂に入ってほしいと言われていました。

花束を玄関外の水道メーターの場所に隠していたみたいで、
違うなところへ移動したかったようです
とてもそれが面白かったです。

 

【プロポーズ後のエピソード】

プロポーズ後はまず、結婚指輪を選び行きました。

ブランド店も見ましたが手作りの方が
思い出にもなるということもあり、
結婚指輪は手作りにしました。

次に婚約指輪ですが、
彼は私が見て決めた方が絶対にいい!

と言ってくれたので一緒に見に行くことになりました
実際、自分で決めたかったのでとても良かったです。

そのあと、彼の両親に結婚の報告をしました。

事前に彼が伝えておいてくれたおかげで
当日はスムーズに終わり
ご両親にも喜んでいただけました。

次に私の両親に報告に行きました。

両親の顔合わせはそのあと行いました
梅田の和食料理屋でのランチです
とても和やかなムードで進みました。

 

会話の流れで、以前私が彼の両親に自身の母のことを
「母はとても努力家です。」と紹介していたのですが、

その話題になったとき、これまでのことを
思い出してか私の母が泣き出してしまい、

彼の母も「子供を育てるということはとても大変なことで、
楽しいことだけでなく苦労もあったと思う。」

「そのことを娘が分かっていてくれて、
母は努力家です。って思ってくれてることは嬉しいこと。」
と貰い泣きしていたのが印象的でした。

両親への挨拶がすんでからは、結婚式に向けて動いています。

昔から白無垢が来てみたいという希望があり、
神前式で予定しています。

コロナの影響も不安なので、
親族だけの挙式+食事会で計画しています。

たまたま他の方がキャンセルした日に予約できたのですが、
大安の日だったのでラッキーでした。

 

他にも沢山の先輩カップルさんの結婚指輪をご紹介してます
こちらからご覧頂けます→お客様の結婚指輪をブログで紹介

 

=================================

結婚指輪やプロポーズエピソードありがとうございました

手作り結婚指輪はワックスで制作というエピソードでした
ワックスはキャスト製法とも呼ばれていてロウ材を削って
指輪の原型となる型を作る作業、それがワックス加工です。

ロウ材は青いロウ材が多くて予めリングの形になっていて
ヤスリで簡単に削って形に出来る事から指輪作りの経験が
無い素人さんでも簡単に指輪の原型となる型を作れます。

ワックス加工の流れとしては指輪の原型となる型を作って
鋳造(ちゅうぞう)という製法で指輪を作っていきます。

鋳造製法の流れは、作った指輪の原型の型に溶かした地金
を流し込んで固めて作るという製法で大量生産が可能です。

注意をする点は、手作りをしたのは指輪の型という事です
しかしロウで作るので素人さんでも簡単に作れるのが魅力。

一方、鍛造(たんぞう)は指輪の原型を作るというよりも
指輪自体を手作業で1つ1つ作っていく製法で素人さんが
作れるものではありませんし職人でも作れる人は僅かです。

最近、鍛造風のお店が全国に増えていますが本物の鍛造は
昔から代々受け継いできた伝統技術になりますので本物の
鍛造指輪を手にしたい方は店選びに注意が必要になります。

当店は正真正銘の鍛造専門店です!代々受け継がれてきた
本物の正規の鍛造で作る結婚指輪は頑丈で強く粘り強くて
変形や歪み、傷や凹みに強いので結婚指輪に凄く最適です!

ジュエリーコウキ 2代目、池田潤

=================================

お気軽に私、池田までお問い合わせをしてください(^ω^)

こちらの「お問い合わせ」からか、もしくはメールで
j_kouki_ring@yahoo.co.jp 宛てまでお願いいたします。

「LINEで問い合わせをしたいです」という声も頂くように
なりましたので私、池田潤の LINEのID をお知らせします

LINE ID junikeda12  ユーザーネーム 池田じゅん

 

私が作る鍛造の結婚指輪の一覧は→コチラ

○電話番号 0258-27-1771 10時~17時まで対応しています
○メールアドレス j_kouki_ring@yahoo.co.jp 24時間OK
〒940-2003 新潟県長岡市渡場町2-7 株式会社ジュエリーコウキ

=================================

鍛造で作る結婚指輪はごく稀で、希少価値のある結婚指輪
世界中の全ての結婚指輪のうち鍛造で作られた結婚指輪は
1%未満と言われるほど鍛造の結婚指輪は少ないんですよ。

その理由は、鍛造の指輪は地金を金槌で叩いて炎で焼いて
じっくりと時間をかけて地金密度を上げていくという製法
熟練された技術や知識を持った職人のみしか作れない技法
鍛造の指輪を作る為の専門工具や機材など設備も必要な為。

伝統工芸と言われる鍛造の指輪は日本の宝だと思いますが
受け継ぐ職人が激減しており鍛造の指輪は衰退しています
だからこそ鍛造技術を受け継いだ私が広めたいと思います。

指輪作りの制作ブログをご覧頂いて鍛造技術に納得をして
私の結婚指輪をご購入して頂けると作り手として幸せです。

=================================

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA