結婚指輪が邪魔 (涙) 邪魔になるデザインの特徴は-引っかかりが多い

結婚指輪の手作り専門店、ジュエリーコウキ
日本伝統技法の1つ、鍛造で結婚指輪を制作

鍛造(たんぞう)という日本の伝統技術で結婚指輪を制作
鍛えて造る指輪という意味で鍛造指輪と言われています。

ちなみに出来合いの既製品の結婚指輪は鋳造(ちゅうぞう)
という製法でリングの原型の型に溶かした地金を流して
固めて作る大量生産で、市場の99%がこの製法なんです。

手作りと言っている店でもロウワックスを削って指輪の
原型を作っている店がほとんどでこれも鋳造に入ります。

市場の残り1%以下が鍛造で 宝飾職人が鍛冶で作ります
直接地金(プラチナやゴールド)を鍛えて削って作ります。

手間をかけて鍛冶で鍛練する事で地金の密度が増します
密度が上がった指輪は変形しにくく結婚指輪に最適です。

 

こんにちは(゚Д゚)ノ

ジュエリーコウキ2代目で宝飾職人の池田と申します
職人歴は27年で鍛造を継承している職人の1人です。

鍛造は昔からの技術を受け継いだ宝飾職人しか作れず
全国でも鍛造を継承した宝飾職人は凄く少ないんです。

鍛造で手作りした鍛造指輪をブログで発信しています
鍛造指輪の制作工程や鍛造結婚指輪を紹介しています。

ジュエリー職人

指輪作りもブログ更新も私がしております(^-^)

結婚指輪の専門店という事で結婚指輪に関する記事を
書いていますしお客様の体験談もご紹介しております。

先輩カップルさんの結婚指輪にまつわるエピソードを
募集してブログにアップしておりますので結婚指輪に
関する為になる有益な情報を発信をするのが目的です。

先輩カップルさんの実体験を投稿して頂いているので
これから結婚指輪の購入を考えているカップルさんに
参考になるような内容だと思いますのでご覧ください。

※当店で購入をされていない方の体験談も含まれます

 

本日は、愛知県H様から投稿を頂いたエピソードです

ご投稿を頂いた方は、人と同じ結婚指輪のデザインを
したくないのでオリジナルの結婚指輪にしたそうです。

その作ったオリジナルのデザインの結婚指輪の画像を
見せて頂いたのですが、がっつりピンボケという(汗)
ピンボケをしていてハッキリとデザインは見えませんw

しかしシルエットは何となくボヤけて見えていますが
羽根のような突起が見えるので結婚指輪というよりも
ファッションリングのようなデザインだと思います。

ただ、このデザインが後々大変だったということです
突起などの凹凸が強く出ているので引っかかったりで
邪魔になので普段は指輪をしていないそうです(汗)

しかもその指輪を身につけていると痛いそうなんです
邪魔で痛い・・・結婚指輪としては致命的になります
これから結婚指輪を考えている方には参考になります。

それでは愛知県H様のエピソードをご覧くださいませ。

=================================

 

題名

【オリジナルの結婚指輪を作った感想】

 

投稿者 愛知県H様

 

私の結婚指輪は世界で1つだけの
オンリーワンの結婚指輪です。

私は結婚指輪について自分だけのオリジナルの
結婚指輪が欲しいとずっと思っていました。

私はこだわりが強く他の人と
一緒というのがほんとに嫌な人間です。

他の人とものがかぶると凄く嫌な気分になるし
自分だけちょっと違ったものが欲しいなと
いう感情がすごく湧いてきます。

それを私のパートナーは分かっているので
既製品の物ではなくてオリジナルの
指輪を用意してくれました。

 

【オリジナルデザインの結婚指輪】

この結婚指輪のデザインは
2人で話をしてて決めました。

もともと婚約指輪をもらっていてその婚約指輪に
あう感じのものを作りたいと思っていました。

まずはデザインを1番重視しました。

そのデザインと言うのも人とは少し違う結婚指輪に
したかったのでシンプルなものではなくて
デザイン性のあるものにしたいと思っていました。

私は常夏が好きなので
ハワイっぽいものをイメージして

ハワイアンジュエリーのような
デザインの結婚指輪にしようと考えました。

 

【ハワイアンジュエリー風の結婚指輪】

地元のフルオーダーのジュエリー屋さんに行って
とにかく何回もデザイン画を書いてもらいました。

そして行き着いたデザインがこのヴィヴィオでした
画像がピンボケしていて分かりづらくてすいません(汗)

結婚指輪 オンリーワン

この結婚指輪は2人の個性が
とても詰まっていると思います。

そして私のこのハワイアンジュエリーに合うように
パートナーの指輪もハワイアンポークデザインの
あるものにしました。

そして素材にもこだわりました
ただ単に金ではなく何十年もずっと持てるように
とすごく高価なもので作りました。

予算はかなりオーバーしてしまいましたが
とてもいい結婚指輪ができたと私は思っています。

 

【結婚指輪 デザインのポイント】

この指輪のデザインですが一番のポイントは
ハワイアンぽいと言うところなのですが

葉っぱと木の実がデザインされているような感じで
心地よいカーブと後は婚約指輪と重ね付けできるようにと
婚約指輪に合わせてその形を彩ったものです。

このデザインに行き着くまでは
かなり試行錯誤しました。

どうしてもその婚約指輪に形がそぐわないので
その形が合うようにデザインしていくのが
とても難しかったです。

後は私のほうの結婚指輪だけではなくて
この指輪に合ったパートナーの結婚指輪も
同じような形にしなければいけなかったのが難しかったです。

男の人はやはりシンプルな結婚指輪の方が良いようで
あまりデザイン性のあるものだと嫌だと言っていたので

シンプルかつそしてデザイン性のあるものと言うのを
テーマにパートナーの方の結婚指輪はデザインしました。

 

【この結婚指輪の欠点は邪魔になる】

この結婚指輪の欠点としては
やはり普段からつけるにはすごくもったいないと言う事と

普段からいつも着けているとやはり家事や
仕事をするのに少し邪魔になると言うことです。

初めから想像はしていたのですが
すごくデザイン性があるので
何かにすぐひっかかったりとかしてしまう私。

手元が重要な家事とかについては
結婚指輪がすごく邪魔になって
外して家事をするということが多かったです。

そして外す機会が多くなったので今では常に結婚指輪を
つけていなくて出かけるときだけつけるようになりました。

 

【邪魔になる以外に痛みを感じる】

その方が痛みが少ないので良いのですが
せっかく高いお金を出して買ったので

本当なら毎日つけたいのですが
長い間飾ることも多々あります。

パートナーに至ってはやはり仕事にすごく邪魔
になると言うことでほとんど使えなくなりました。

出かける時にも忘れてしまい
結婚指輪をつけることの方がほんとに少ないです。

ですが、ここまでこだわって作った
結婚指輪なので後悔は全くないですが、

やはりシンプルで使いやすいものが結婚指輪には
向いているのかなというのが実感しました。

なので10年ぐらい経ったらシンプルで使いやすい
結婚指輪を安いお金で作りたいなと考えています。

そして出かける時だけこのデザインのある結婚指輪を
一緒につけていけばいいんではないかなと思っています。

 

【プロポーズエピソード】

私のプロポーズのエピソードは
付き合ってすごく長かったと言うこともあって
いつ結婚するか?になっていました。

しかし10年が経って
ようやくその日がやってきました。

10年間の間にいろいろなところに行った
思い出があるのでその中の1番の
思い出の場所でプロポーズをしてくれました。

そのプロポーズの場所は私の住んでいる所から
250キロぐらい離れた場所にあるのですが
そのプロポーズをするためだけに車でそこまで行きました。

私は何も知らずただ旅行に
行くもんだと思っていました。

しかし夜になり食事を済ませたら今まで行った中の
一番の夜景の綺麗な場所に連れて行かれました。

そこでプロポーズをされたのですが
イルミネーションのあるところで

シチュエーションとしてはすごく良かったのですが
やはり周りには人がたくさんいて
すごく注目されているような感じがしました。

 

その時はとてもとても恥ずかしくて
周りを見ることができなかったのですが

今思うとあそこまでのことできるなんて
一生のうちにいちどしかないので
それはそれでよかったのかなあと今では思っています。

もともと私はみんなに注目されるのが
あまり好きではないので

あの状況でのプロポーズは正直嫌で
仕方がなかったのですが
相手の方の気持ちはとても伝わってきました。

10年以上も付き合っていたので
もうこのまま結婚しないのかと思っていたし

結婚するとしてもプロポーズなんて言うものはなく
ただなんとなく結婚するのかと思っていたので
とてもうれしかったです。

 

【プロポーズ後のエピソード】

プロポーズ後エピソードとしては
プロポーズをされて
私はよろしくお願いしますと返事をしました。

とにかく付き合いが長かったので、周囲の人たちは
みんないつ結婚するのかと思っていたようで
結婚の報告をした時も誰も驚くこともなかったです。

その後、皆に報告が終わり
結婚式もやることになりました
その結婚式がまたすごく大変でした。

こだわりの強い私は皆と同じ結婚式は
したくないと思っていたので結婚式場を
探すことからすごく時間を費やしました。

付き合いが長かったこともあったので
急いで式を挙げると言うこともなかったので

とにかく自分が納得の行く場所で妥協を許さず満足の
いく結婚式を挙げるように2人で作り上げていきました。

 

周りのみんなは結婚式を早く上げて欲しいと
言っていたので少し急かされたりしていたのですが

そこはもう割り切って納得のいくものを
作り上げたいと言う一心で時間がかかっても
いいのでとにかく凝ったものをつくりました。

皆は半分呆れていたのですが
その当日を迎えた時は、

みんな今まで見ないとても良い結婚式だったと
言ってくれてこんな結婚式は見たことないって
言われたのがとても嬉しかったです。

その後、普通に結婚をして結婚生活をしていますが
結婚式にかけた時間と費用はすごいものでしたが

一生に1度のことなので
ここまでやり切って良かったなぁと本当に思っています。

これからもずっとここまでやった事は
良い思い出として残っていくのではないかと思っています。

 

他にも沢山の先輩カップルさんの結婚指輪をご紹介
こちらからご覧頂けます→先輩カップルの結婚指輪

 

=================================

結婚指輪やプロポーズエピソードありがとうございました

ご投稿を頂いた方は、結婚指輪をオリジナルで作ったけど
邪魔になるし痛いので普段は着けていないという事でした。

見せて頂いた指輪の画像がピンボケでぼやけて見えますが
ぼやけて見ても突起物の凹凸が分かるほどのレベルでした。

さすがにここまで凹凸が激しいデザインになると邪魔です
引っかかりがあるのは当然だし指に当たって痛いはずです。

指輪を身に着ける本人が邪魔に感じるほどの結婚指輪なら
もし小さい子供がいたら危ないので考えたほうがいいです。

他の人と絶対被らないオリジナルのデザインを求めるのも
私も作り手なので気持ちは分からないこともないのですが
さすがに結婚指輪としては無理があるなと思いました(汗)

結婚指輪にオリジナリティーを求めるのは良いと思います
しかし前提として普段使いする結婚指輪という事を考えて

着け心地の良さ、普段使いできる邪魔にならないデザイン
を考えながらオリジナリティーを求めたほうがいいですね。

ちなみに付け心地がよく日常生活でも安心して付けられる
指輪というのは凹凸や突起がない引っ掛かりがない形です
引っかかりがある指輪は結婚指輪としては向いていません。

どうしてもオリジナリティーを求めたいのならデザインを
考えてから指輪を作るプロに聞いたほうが間違いないです!

ジュエリーコウキ 2代目、池田潤

=================================

お気軽に私、池田までお問い合わせをしてください(^ω^)

こちらの「お問い合わせ」からか、もしくはメールで
j_kouki_ring@yahoo.co.jp 宛てまでお願いいたします。

「LINEで問い合わせをしたいです」という声も頂くように
なりましたので私、池田潤の LINEのID をお知らせします

LINE ID junikeda12  ユーザーネーム 池田じゅん

 

私が作る鍛造の結婚指輪の一覧は→コチラ

○電話番号 0258-27-1771 10時~17時まで対応しています
○メールアドレス j_kouki_ring@yahoo.co.jp 24時間OK
〒940-2003 新潟県長岡市渡場町2-7 株式会社ジュエリーコウキ

=================================

鍛造で作る結婚指輪はごく稀で、希少価値のある結婚指輪
世界中の全ての結婚指輪のうち鍛造で作られた結婚指輪は
1%未満と言われるほど鍛造の結婚指輪は少ないんですよ。

その理由は、鍛造の指輪は地金を金槌で叩いて炎で焼いて
じっくりと時間をかけて地金密度を上げていくという製法
熟練された技術や知識を持った職人のみしか作れない技法
鍛造の指輪を作る為の専門工具や機材など設備も必要な為。

伝統工芸と言われる鍛造の指輪は日本の宝だと思いますが
受け継ぐ職人が激減しており鍛造の指輪は衰退しています
だからこそ鍛造技術を受け継いだ私が広めたいと思います。

指輪作りの制作ブログをご覧頂いて鍛造技術に納得をして
私の結婚指輪をご購入して頂けると作り手として幸せです。

=================================

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA