台湾の有名な【翡翠の白菜】翠玉白菜のレプリカ-お守りとして効果あり

指輪の手作り専門店、ジュエリーコウキです
当店二代目で宝飾職人の私が手作りをします

当店は、鍛造(たんぞう)という伝統技法で作ります
リングの地金を鍛えながら造るので鍛造といいます
ハンマーで地金を叩いて締めて密度を上げるんです。

ブログでは鍛造リングの紹介や、鍛造の制作工程や
素材として使うパワーストーンも紹介しております
本日の記事では、翡翠(ひすい)という宝石をご紹介。

翡翠にエピソードがある方から体験談をお聞きして
インタビュー記事として、ご紹介をさせて頂きます
それでは記事の最後までよろしくお願いいたします。

 

=================================

【翡翠】

パワーストーンというといかにも占いや開運好きな
女性が注目するものだというイメージがありますが、

そうではなく、昔から高貴な身分の人が
開運や幸運を願って身につけていたものになります。

中国や韓国の王族は昔から、かんざし、指輪といった
アクセサリーにも多くのパワーストーンを用いていて
それは歴史ドラマなどを見ても分かります。

ですが宝石に詳しい人でなければ、
どの宝石がどれくらいの価値があるのか、
どれくらい貴重なものかはわからないものです。

なので、ドラマなどを見て興味を持っても
宝石の価値というのはわかりませんでした。

けれど中国の歴史ドラマを見ていた時に、ちょうど
翡翠で出来た彫刻を本物だと思って買い付けた商人が
偽物だと分かって激怒しているシーンがあり、
お屋敷を売らなければいけないくらいの損害だと分かり、
このシーンをきっかけに翡翠がとても貴重なものだと分かりました。

 

ですが、翡翠は緑のパワーストーンで、
水晶のように透き通るような緑ではないため、
若い女性にはあまり人気がないのではないかと感じます。

ですが古来から開運、幸運を呼び寄せる石ということで
人気もあるので、数珠やブレスレットなどでは使用されています。

また、博物館などにいっても
翡翠の宝物は良く展示されています。

【故宮博物院の翠玉白菜】

有名なのが台湾の故宮博物院に展示されている
翠玉白菜ですが、これは天然の翡翠がちょうど
白菜のような色合いになっていたので、
うまく彫刻化されて、翡翠の白菜として飾られているものです。

詳しくは、故宮博物院の翠玉白菜
と検索をすれば画像が見られます。

【台湾の白菜は縁起物】

開運に良いとされている翡翠で作られた白菜ですから
縁起の良いものとして、
レプリカなどもお土産で販売されています。

例えば、
キーホルダーやストラップ
他に、ボールペンもあります。

こちらも検索をすれば出てきますので
どんな形の物なのか分かると思います。

白菜はそもそも咳止め、
冷え予防にも効果がある冬野菜ですから、
健康を願うという意味でも縁起の良い野菜です。

 

【翡翠の白菜はレプリカで買える】

そんなんな野菜を形どって作られた翠玉白菜ですから
パワーストーンに興味のある人は
一度台湾に出かけてまじかで見てみるのも良いです。

天然の翡翠の美しさにも圧倒されることでしょう。

この本物の翡翠で出来た彫刻物を購入しようとすれば
多額の金額になりますが、縁起が良いということで
手軽に買える翠玉白菜のボールペン、キーホルダー
などで縁担ぎをしてみるのも良いでしょう。

故宮博物院の翡翠の白菜が欲しい!
翠玉白菜のレプリカ-値段と買い方

台湾の故宮博物院で購入することが可能ですし
ネット販売でアマゾンなどでも購入ができます。

日本ではまだまだパワーストーンや
翡翠を身近で見る機会も少ないですが、

山や鉱物が多い中国などの大陸では
昔から宝とされているものでもあるので、
旅行に行った際には購入して手元に置いておくのもおすすめです。

 

ここからは、翡翠に魅せられた方の
エピソードのインタビュー記事です

私がパワーストーンに興味を持ったのは中国、
韓国の歴史ドラマで頻繁に石で出来た
アクセサリーが登場していることでした。

王族の人が身につけている簪や指輪には
必ずと言っていい程翡翠や大きな色の石がついていたので、

これらはヨーロッパの王族が身につけている
ダイヤモンドやルビーなどとは違った、
独特な良さを感じることができました。

もともと石には不思議な力が宿っているといわれ
それは東洋でも西洋でも共通であると思います。

ですから自分と縁のある誕生石などを
アクセサリーとして選ぶことが多いのでしょう。

昔は私もルビーやダイヤなどの
宝石類のアクセサリーに興味がありましたが、
今は中国、韓国のドラマの影響もありパワーストーンに夢中です。

指輪やブレスレットとして持ち歩くのも良いですが、
今はあえて仕事のデスクにお気に入りの翡翠を置いて、
仕事のモチベーションが上がるようにしています。

翡翠

この仕事のデスクに置いてある翡翠は
自分で取ってきたものです(画像が荒くてすいません)

昔中国や韓国に旅行に行ったときのお土産屋で
購入してきたパワーストーンもあるのですが、
昔から愛されていて高級感のある翡翠に惹かれて
今は翡翠のものに注目しています。

故宮博物院のお土産屋で購入した
白菜のレプリカは本物の翡翠は使っていないので、
これはあくまで飾りとして楽しみでデスクに置いていて
自分で取ってきた小さな翡翠を愛用しています。

 

この小さな翡翠は、
岐阜にあるパワーストーンミュージアム
ともいえる博石館で取ってきたものです。

水の中に砂利があって、
その中から自分で綺麗な石を見つけて採取し
それらは持って帰れるというプランなので、
いくつも綺麗な石が取れました。

大きなものが見つかるとみんな大喜びでした。

私が見つけたかった翡翠はほんの小さなものでしたが、
自分で見つけたものなので記念として大事に飾っています。

いくつか綺麗な石も見つかりましたが
それらも一つ一つどんな力があるのか
調べていこうと思っています。

自分の財力では大きな翡翠は
なかなか購入できそうもないですが、
お金持ちの家に翡翠などが飾ってあると、
今羨ましくも思います。

子供の頃はまったく興味のなかった天然石、
パワーストーンの展示物ですが、
こうした秘めた力に注目したり歴史を知ると

自分も所有したいという欲求がうまれ、
また購入したいとする人の気持ちも良く分かるようになりました
翡翠のアクセサリーは、まだまだ集めていきたいと思っています。

 

他にも色んな種類のパワーストーンの
効果や体験談など記事に書いています
面白いので是非、ご覧ください(^-^)

こちらから→パワーストーンの種類と効果&体験談

=================================

お話しを聞かせて頂いてありがとうございました(^-^)

私は、故宮博物院の翡翠の白菜を知りませんでした(汗)
ですので今回のインタビュー記事で初めて存在を知って
この故宮博物院の翡翠の白菜をネットで調べてみましたw

この翡翠の白菜を画像で何点も見て凄いなと思いました
翡翠の色を上手に使って白菜を表現しているんですよね。

翡翠の緑色と白色をバランス良く使い葉っぱになったり
白菜の白い部分を表現したり美しい芸術品だなと感心を
すると同時に可愛いキュートなオブジェだと思いました。

お土産として販売をしているレプリカも見てみましたが
値段が値段なので、本物の翡翠を使ってはいませんが、
キーホルダーや、レプリカの白菜も凄くキュートでした。

お守りとして持っていたり、飾っている人が多いという
のも納得するほど可愛いレプリカのアクセサリーですね。

開運のお守りとのことですが、このアクセサリーの意味
を分かっていなくても可愛いので欲しいと思いました(^-^)

鍛造で作る結婚指輪は、ごく稀で希少価値のある結婚指輪
世界中の全てのジュエリーのうち鍛造で作られたリングは
5パーセント未満と言われるほど鍛造リングは少ないです

その理由は、鍛造リングは地金を金槌で叩いて炎で焼いて
じっくりと時間をかけて地金密度を上げていくという製法
熟練された技術や知識を持った職人のみしか作れない技法
鍛造リングを作る為の専門工具や機材など設備も必要な為

伝統工芸と言われる鍛造リングは日本の宝だと思いますが
受け継ぐ職人が激減しており鍛造リングは衰退しています
だからこそ鍛造技術を受け継いだ私が広めたいと思います

指輪作りの制作日記をご覧頂いて、鍛造技術に納得をして
私の結婚指輪をご購入して頂けると作り手として幸せです。

お気軽にお問い合わせOKですよ(^ω^)
こちらの「お問い合わせ」もしくはメールで
j_kouki_ring@yahoo.co.jp までお願い致します。

結婚指輪の一覧です → ジュエリーコウキ 結婚指輪の一覧
=================================

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA