翡翠(Jade)意味とパワーと効果 | 翡翠の硬玉と軟玉の見分け方は難しい

手作りアクセサリーの専門店、ジュエリーコウキです
新潟県長岡市の自社工房でコツコツと手作りをします。

宝飾職人歴25年で当店2代目の私、池田が書くブログです
すべて手作りでジュエリーやアクセサリーを作っています。

代々伝わる技術、鍛造(たんぞう)という技法で指輪を制作
指輪の素材となる地金を鍛冶で鍛錬しながら作る製法です。

鍛造を継承した宝飾職人は全国でも少ないので鍛造という
技法をもっと世の中に広めたくて活動をしています(^-^)

私が書いてるこのブログは、主に鍛造の事を書いています
鍛造リングの紹介や、鍛造のやり方、鍛造リフォームなど
鍛造にまつわる記事が大半ですが、石の事も書いています。

 

仕事柄アクセサリーを作っていると宝石を素材で使います
数えきれないほどの宝石を見てきたのでパワーストーンも
気がついたら大好きになっていて趣味で収集もしています。

今日の記事はパワーストーンについて書きたいと思います
翡翠(ひすい)という宝石で、新潟県の糸魚川でも採れます
私も新潟県人ですので糸魚川で翡翠を探してみたいですね。

今回の記事では、翡翠に関しての情報を書いておりますが
翡翠の勾玉を持っているお客様からのお話しを聞いており
翡翠にまつわるエピソードやヒストリーをご紹介致します
それでは記事の最後までよろしくお願いいたします(^-^)

=================================

 

ジェイド(Jade)は翡翠の総称
翡翠は硬玉と軟玉があります。

日本や中国で古くから親しまれている
翡翠は、実のところ2種類あります。

硬玉(ジュダイト)と軟玉(ネフライト)であり
石の見た目は酷似しているものの、

高度の違いもあれば全く異なる鉱物のため、
価値の高い硬玉(ジュダイト)を区別するために
本翡翠と呼ぶことがあります。

肉眼での区別は、
硬玉である粒状結晶(ジュダイト)であるか
軟玉である繊維結晶(ネフライト)であるかですが、
宝石学の知識や化学分析が必要とされ、
困難と言われています。

パワーストーンとしての価値は、
厳密に区別が付けられていませんが、
硬玉である本翡翠の方が使用方法として歴史は感じられます。

 

【翡翠の意味と歴史】

翡翠はかつて王族や貴族のステータスを表す宝石でした
日本の翡翠産出の歴史は古く、縄文時代にまで遡ります。

中国(東洋)やインカ帝国(中南米)において人気の合った石です。

「豊穣・生命・再生」をもたらす
神聖な石として大切にされてきました。

翡翠の名前の由来は、
翡翠(カワセミ)の羽根の色を連想することから
中国で名付けられ、日本に伝わってきました。

古い時代の中国では神秘的な霊性があると信じられ
金より高い価値を持つ玉(ギョク)として、
神や皇帝との結びつきが強く、
五徳(仁・義・礼・智・信)を高めるとされ、
富豪は正妻に翡翠を、第二夫人にはダイヤを贈っていました。

ネイティブインディアンは、
翡翠に彫刻を施して聖なる護符としています。

Jadeの語源は、スペイン語の“腹痛の石”。

スペイン人がメキシコで腰痛に効くと信じられていた
翡翠を持ち帰り、フランスを経由して
英語圏に持ち込まれた際に変化しました。

【翡翠の効果・効能】

洞察力・忍耐力を養う、人徳を与え、
友情と幸運を引き寄せる、成功と繁栄、
トラブル回避、自己実現・成長。

腎臓の治療に効果があると考えられています。

【翡翠の種類・カラー】

最も価値の高い翡翠は、半透明で
深いエメラルドグリーン(インペリアルジェード)です。

淡いグリーンや黄色、ピンク、
白色、黒色までカラーは豊富です。

【翡翠の産地】

硬玉(ジュダイト)の産地は、
世界でも限られた地域でのみ産出されます。

ミャンマー・グアマテラ・カリフォルニア・ロシア、
日本では新潟県の糸魚川で産出される翡翠が有名です。

【翡翠のお手入れ】

硬玉(ジュダイト)、軟玉(ネフライト)共に
水や紫外線に比較的強く、クラスターやセージ、
短時間の流水、日光での浄化が可能ですが、
塩は変質を招くため注意が必要です。

【翡翠の石言葉】
人徳・成功・成長・純粋・平穏・不老長寿

 

お客様の翡翠のエピソード
をご紹介をさせて頂きます。

20年位前に、
アメリカのニューエイジカルチャーの流行があり
それと共に日本でおそらく一般化という意味で
初めてのパワーストーンブームがありました。

ファッションビルの一角にも
専門店をいくつか見かけましたが、

洋服と一緒にショウケースの中に石が
置かれて売られていたこともありました
当時はヒーリングクリスタルがメインでした。

ブームが終焉近くなった頃に、天然石のアクセサリーや
天然石のグッズ等が増えて行ったような覚えがあります
翡翠の勾玉(まがたま)はその様な折に、店頭で購入しました。

翡翠 勾玉

翡翠の勾玉を選んだのは、
子供の頃感じていた憧れの感情です。

古代遺跡の土中から発掘される宝物の代表が翡翠の
勾玉であり、何とも古代ロマンを感じさせるグッズでした。

大人になると、しっかり埋葬品としての知識がつくため
勾玉をたとえアクセサリー目的といえども首にかけて
いたりすれば、ちょっと引かれてしまう呪術的な形です。

勾玉の形は、世界的に見て日本と朝鮮の一部の地域でしか
発掘されておらず、その由来には、魚、胎児、腎臓
(を取りだし乾燥させると深い緑色の勾玉形になる)
獣牙説があり、プリミティブに近い呪術的なイメージを持っています。

 

当時でも勾玉を購入するのは
少々気恥しかったのですが、

一つくらい持っていたいという、
子供の頃欲しかったという気持ちにより、
気負いなく買いやすいお値段の物を選びました。

見た目で石のグレードが低いのはなんとなく
わかったものの、こだわりはあまり感じませんでした。

産地の記憶はあいまいですが、
安い物だけにミャンマーやビルマなど
国外のアジア地域であったことは覚えています。

もっと綺麗なグリーンの物が欲しかったのですが、
コレクション感覚だったため
その後冷めてしまうとずっと放置していました。

翡翠

久しぶりに手にした翡翠の勾玉は、
やはりちょっとつまらない物でしたが、
アクセサリーのパーツとして面白く感じました。

日本人にとって呪術的な畏怖を感じる勾玉ですが、
美保岐玉(みほぎだま)等を見ると驚くほど
色彩や形のセンスが素晴らしくうっとりするものです。

ちなみに、私が購入した翡翠は、
硬玉(ジュダイト)なのでしょうか
それとも軟玉(ネフライト)なのでしょうか。

 

専門店の回答によると、

1.光に透かして気泡が見えたり、
ビビットで色むらがないのは人工樹脂とあります。

購入した時代的にこのような模造品はまだ作られて
いなかった頃であり、見た目的にも大丈夫のようです。

2.翡翠は熱伝導率が高いため、
触ると耐熱が奪われ他の石に比べてひんやりした感じがし、
それを応用したのが翡翠器の杯であるとされています。

触るとヒンヤリします!クリスタルとは違う触感です。
しかし、ジュダイトとネフライトを触り比べてみないと分かりません。
産地的にジュダイトの可能性が高いと推測されます。

3.翡翠同士をぶつけ合うと、高く澄んだ
キンッという音がする…2つないため確かめられません!

 

日本の国石は、翡翠に定められています。

なんと、2016年に定められた
まだ新しい国石で、それまでは水晶でした。

どちらも日本で産出する石です。
それを知った途端にいつものように後悔しました。
買える時はなるべく良い物を買っておきましょう…。

 

=================================

お話しを聞かせて頂いてありがとうございました(^-^)

当店でも翡翠の指輪や、ペンダントを扱っております
翡翠の金額はピンキリで良い物は深緑色の濃い緑色です
金額の高い翡翠のジュエリーは何十万もする高級石です。

同じ緑の宝石でもエメラルドの透明度のある緑とは違い
何とも独特な緑、色が積み重なってできたような奥深く
地球の緑を感じされてくれるエネルギーを感じる緑です。

新潟の糸魚川で翡翠がとれることが有名ですが、自分は
まだ一度も行ったことがないのでどんな所で採れるのか
ドライブがてらに一度は寄ってみたいと思っています!

翡翠の原石とかも生で見てみたいですし探してみたいw
普通の人が行って許可とか必要なのか分かりませんが、
翡翠が採れる環境とかも勉強として知っておきたいです。

自分は宝飾職人になって25年になりますが、自分で
採った石でアクセサリーを作った経験がまだ無いので
いつか自分で石を見つけてアクセサリーを作りたいです!

鍛造で作る結婚指輪は、ごく稀で希少価値のある結婚指輪
世界中の全てのジュエリーのうち鍛造で作られたリングは
5パーセント未満と言われるほど鍛造リングは少ないです

その理由は、鍛造リングは地金を金槌で叩いて炎で焼いて
じっくりと時間をかけて地金密度を上げていくという製法
熟練された技術や知識を持った職人のみしか作れない技法
鍛造リングを作る為の専門工具や機材など設備も必要な為

伝統工芸と言われる鍛造リングは日本の宝だと思いますが
受け継ぐ職人が激減しており鍛造リングは衰退しています
だからこそ鍛造技術を受け継いだ私が広めたいと思います

指輪作りの制作日記をご覧頂いて、鍛造技術に納得をして
私の結婚指輪をご購入して頂けると作り手として幸せです。

お気軽にお問い合わせOKですよ(^ω^)
こちらの「お問い合わせ」もしくはメールで
j_kouki_ring@yahoo.co.jp までお願い致します。

結婚指輪の一覧です → ジュエリーコウキ 結婚指輪の一覧
=================================

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA