親子ペアリングに大注目!母と娘だけのお揃いの指輪~世界に1つだけ

指輪の手作りオーダー専門店ジュエリーコウキ
鍛造という伝統技法で指輪を手作りしています

こんにちは (゚Д゚)ノ

ジュエリーコウキの二代目で、宝飾職人の池田です
新潟県長岡市の自社工房で私が手作りをしています。

当店は日本伝統技法の1つ、鍛造(たんぞう)という
製法で結婚指輪や家族リングなどの指輪を1つ1つ
手作りをしている老舗のジュエリーショップです!

鍛造とは、指輪の素材となるプラチナやゴールドを
鍛冶作業で鍛錬しながら作るという伝統技法の1つ
鍛えられた指輪は密度が濃く全ての面で強いんです。

上の画像のように、親子リングの素材となるプラチナ
を真っ赤にしてハンマーで叩いて鍛え上げて作ります。

このような製法で作れる所は全国でもほんの一部です
そして鍛造製法を極めた宝飾職人も一部しかいません
ちなみに私、池田も先代から鍛造を継承した1人です。

【親子リング】

さて、前回のブログ記事で親子ペアリング制作の前編
を詳しく書きました 今回はその工程の続きになります。

参考として前回の記事 → 親子ペアリング制作 前編

幅が2ミリの細い親子ペアリングを手作りしています
親子リングのデザインはミル打ちが入るデザインです。

親子リングの素材となるプラチナを鍛冶で鍛錬をして
地金塊からリングの形になるまでの工程を書きました。

そして後半のこの記事では親子ペアリングが完成する
までを書きましたので最後までご覧くださいませ(^-^)

 

【親子ペアリング】

親子リングの前編の記事ではプラチナを叩いて焼いて
締めて密度を上げながらリングの形に手作りしました
リングの形になったらヤスリでの彫金作業をしました。

1つの同じプラチナから2つの親子リングを作ります
親子それぞれの指輪から絆や愛情を感じられますよね
何処にいてもいつでも一緒!愛情たっぷりな感覚です。

そして家族リングの形になった側面にミルの仮打ちを
する所までご紹介させていただきました(写真を参照)
この続きからになりますので、完成までご覧ください!

DSCN0947

ミル打ち 仮打ちで位置を決める

この仮打ちは、手作業で1つ1つ側面に入れる作業で
本番打ち(金槌で深く打ち込む)の位置を決める為の
下書きというか設計図となる大切な工程となります。

ミル打ちの球体の大きさや、間隔を均等にして入れて
なおかつミル打ちが両側面に一周ピッタリと隙間なく
入るように玉の大きさを計算しながら仮打ちをします。

DSCN0963

ミル打ちのポイントは配置

ミル打ちの球体が親子リングの側面に、ほぼ隙間なく
繋がって入るのが理想なので打ち込まれるミル打ちの

大きさを計算しながら側面のど真ん中にバランスよく
ミルが入るように1つ1つ仮打ちをしていくのがコツ。

ほぼ隙間なくミルの球体を繋げれいれるのがポイント
拡大すると分かりますがコンマ単位で隙間があります。

DSCN0964

親子リングの側面の半分まで入りました

1つ入れては間隔と位置の様子、1つ入れては間隔と
位置の様子を見ながら仮打ちをすることが大切です。

ミル打ちのポイントは、球体の位置と間隔になります
小さい1粒1粒のミル打ちを綺麗に並べる事が超重要。

地道で地味な作業ですがリング側面に隙間なく綺麗に
ミルを繋げて入れる為にはミルとミルの配置を均等に
計算しながら入れる事がとっても重要になってきます。

DSCN0970

仮打ちの「ほぼ隙間」に秘密あり

余談ですが、仮打ちの画像をよく見ると分かりますが
ミルとミルの間に少しだけ隙間があるのが分かります

さっきも説明をしたのですが「ほぼ隙間ないように」
ほぼ隙間がない=隙間が少しだけあるということです。

これは本番で打ち込む時にミルタガネを金槌で叩いて
深く打ち込むのですが、深くプラチナにミルタガネが

刺さって入っていくので仮打ちのミルの大きさよりも
ひとまわり大きくなるので微妙な隙間が必要なんです。

仮打ちの段階でキッチキチの隙間ゼロにしてしまうと
本番で打ち込んだ時にミルが重なってしまうからです。

DSCN0980

残り1つのミル打ちを入れるスペース

計算しながら指先の感覚で1つ1つ手打ち(仮打ち)を
する事で、ここまでピッタリに打ち込む事ができます。

丁度、ミル1つ分の空間が開いていますが計算通りに
丁寧に入れていくと最後の1つがピッタリ収まります。

球体のサイズ計算を間違ったり間隔がずれてしまうと
ミルの隙間が広くなったり逆に狭くなったりするので
ミル打ちを計算通りに入れるというのは難しいんです。

仮打ちがあってこそ本番打ちなので集中力を切らさず
1つ1つ丁寧にミル鏨を打ち込む事が大切なんですね
仮打ち無しで本番で打ち込む怖さが分かったと思いますw

DSCN0979

親子ペアリング 仮打ちが完了!

親子ペアリングの全部の側面に、ミル打ちの仮打ちが
綺麗に一周、繋がってバランスよく打ち込まれました。

均一な間隔、均一な配置、まだ仮打ちの状態ですが
すごく綺麗に配置されたのが画像で確認ができますね。

親子リングはママと娘さんということで2本あります
という事は、指輪の側面は全部で4面という事なので
残り3面ある指輪の側面も同じように仮打ちをします。

DSCN0982

ミル打ち 本番打ち

親子ペアリングの2本の側面、合計4面ある側面の
全部に綺麗にミル打ちの仮打ちを入れる事ができたら
いよいよミルタガネで深くハンマーで打ち込みます!

上の画像の右半分が強くハンマーで打ち込んだミル
左半分は仮打ちのまま。比べるとここまで違うんです。

ハンマーで強くタガネを打ち込むと、仮打ちの球体が
立体的にドームのように浮き上がって出てくるんです。

DSCN0983

同じ力加減で打ち込む

鏨をハンマーで叩いてリングの側面のミルが出来ます
深く打ち込むので仮打ちの時より少し大きくなります。

しかし深く打ち込むと言っても、力を入れ過ぎるのも
ミル打ちにとっても危険な行為なんですよね(;´Д`)

ミル打ちの球体が小さくなり過ぎるのと同時に・・・
穴が深すぎて、窪んだ穴にしか見えなくなってしまい
それがミルなのか穴なのか分からなくなります(汗)

なので均等な力でミルを金槌で打ち込んでいくことが
重要になりますし、同じ大きさと膨らみを出す為には
ほぼ同じ力加減で全てミル打ちをする必要があります。

DSCN0985

親子ペアリング ミル打ち完了

ミル打ちが2本の親子ペアリングの側面に(計4面あり)
どの側面を見てもバランスよく綺麗に打ち込まれました。

2本のペアリングになるのでデザインを合わせるように
彫金作業もミル打ち作業も、2本同時に行っております。

これでミルタガネでミル打ちを親子リングに打ち込む
本打ち作業は終わりとなります。次の工程へと進みます。

DSCN0989

指輪の着け心地の良さは1番重要

親子リングに限らず指輪は、着け心地の良さが重要です
デザインが良くても着け心地が悪いと自然にストレスが
溜まっていって、指輪を着けたくなくなってきます(汗)

そこで親子ペアリングの内側を丸く削って滑らかにして
指の形に合うようにしてリングの着け心地を良くします。

一般的な指輪よりもかなり細い極細の親子リングですが
いくら細い極細の2ミリといっても指輪の内側は平です
滑らかにする為に指の形に合わせて丸く楕円形にします。

楕円形に仕上げる事で、細い極細の親子ペアリングでも
滑らかになって違和感なく気持ちよく指に着けられます。

DSCN0987

指輪の表面を平に削ってフラットに

親子ペアリングの表面はハンマーで叩いた打痕のまま
そしてミル打ちを側面に打ち込んだので、若干ですが
親子リングの表面がしゃくれています(軽い凹の状態)

この現象は、指輪の両側面をハンマーで叩いてミルを
打ち込んだ衝撃で指輪の表面が歪んでしまうという事。

そこでフラットな平打ちリングのデザインにする為に
親子ペアリングの表面を平に削って整えて仕上げます。

DSCN0991

親子ペアリングに誕生石

ご依頼を頂いた親子ペアリングには誕生石が入ります
片側の指輪は表に誕生石、もう片側は指輪の内側です
親子で誕生石を入れる位置を変えたデザインなんです。

ちなみに!偶然に今回の親子ペアリングのお客様は
お母さんと娘さんが何と同じ誕生石のガーネットです
親子で同じ誕生石というのも仲良しでいいですね(^-^)

天然のガーネットなので、色がどうしても少し違って
いますが、なるべく似たような色を探して入れました
ペアで使う場合、天然石は色を合わせるのが大変です。

DSCN0992

四点留め という石留めの方法

ガーネットは、親子リングの表面に入っても内側に
入ってもどちらも綺麗に大きく見えるようにしました
誕生石が大きく見えるように小さい爪4本での石留め。

他にも「伏せ込み」などの石留め方法はあるのですが
地金で埋め込むタイプになると宝石が小さく見えます
宝石の大きさをそのまま魅せるには小さい爪がGOOD

誕生石の四点留めの作業が終わったら仕上げ作業です
いくつもの仕上げの工程がありますが、まず最初は
耐水性の紙ヤスリで小傷を消していく作業になります。

DSCN0993

プラチナリングの傷を徹底的に消す

鍛造と彫金で最初から最後までこだわっていますので
どうしてもハンマーで叩いた衝撃の打痕が残ります。

さらに、ヤスリで削ったキズが残ってしまいますので
耐水性の紙ヤスリで擦るように小傷を消していきます。

なぜ、耐水性の紙ヤスリを使用しているのか?

その理由は、水をつけてプラチナリングを擦る事で
水と研磨砂が混ざってキズの奥まで浸透するからです
キズの奥から研磨するような感じになるので消えます。

DSCN0997

シリコンポインターで更に滑らかに

耐水性の紙ヤスリで仕上げ作業が終われば次の工程へ

リュータ機というペン型の機材を使って仕上げます
歯医者さんが歯を治療する時に使う感じの機材です。

リュータ機の先っちょにシリコンポインターという
カチカチの磨きゴムを使い、高速回転で回しながら
プラチナの表面を磨いていく工具です(写真を参照)

茶色い硬いゴムのシリコンポインターで小傷を取り
青色の柔らかいシリコンポインターで磨き上げます。

DSCN0998

磨きを続けるとプラチナが光沢に

耐水性の紙ヤスリからのシリコンポインター攻撃で
プラチナリングの小傷は綺麗に消えて輝いてきます。

おさらいで工程を順番に見ていくと荒い仕上げから
耐水性の紙ヤスリでプラチナからキズを消していき
リューターで磨いていくという流れになっています。

プラチナの色が変化しているのが工程を見ていくと
分かりますが、磨く度にプラチナが光沢になります。

そして最終的にヘラ棒という工具で磨いていきます
この作業は研磨ゴムで磨いた後、更に磨くのですが
ヘラ掛けという作業で光沢から鏡面に仕上げる工程。

DSCN0999

プラチナリングのヘラ掛け

ヘラ棒を握りしめてプラチナリングの全面に力強く
押し付けながら、そして滑らせながら磨いていきます。

プラチナリングの全面なので内側も側面のミル打ちも
すべてヘラ掛けで磨いてピカピカに輝かせていきます
このヘラ掛け作業で鏡面に仕上げていくんです(^-^)

ヘラ掛け作業が終われば、今度こそ最後の磨き作業
バフ掛けという磨き作業で全ての工程が完了します
ヘラ掛けで鏡面に仕上げてバフ掛けで鏡面が増します。

DSCN1000

バフ掛け(ばふがけ)

バフという専用の磨き布で親子ペアリングの全面を
隅から隅までガッツリと磨きあげるバフ掛けをします

ペン型機材のリューターの先端に装着するバフバーも
ありますが、バフ機という大きな機械で回るの円盤の
硬い布で最終的にはガンガン磨いていくんです(^ω^)

リュータ機にセットをして使う小さいバフの場合は、
パワーより細かい繊細な部分を磨くのに適しています
当店のバフ掛けは、小型も大型も使い分けて磨きます。

DSCN0363

グラインダータイプの強い
バフ掛けで仕上げて完成です

エンジンを搭載している訳ではなくモーターですが
このバフ機はエンジンなんじゃないのか?と感じる
程の凄まじい回転力を生み出す機械なので注意が必要!

リングを、高速回転している円盤布に直接あてるので
高温が発するので火傷をしないようにしながらの作業
指輪が持てないくらいに凄まじく熱くなるので要注意。

そして超音波洗浄機でバフの汚れを落とせば完成です
ピカピカに光った親子ペアリングが出来上がりました!

DSCN1001

娘と母のお揃いの親子リング

鍛造製法で作り上げた親子リングが完成いたしました!
鍛造という日本伝統技法で作り上げた家族リングです

鍛冶で締めて鍛えられたプラチナで作ったリングです
頑丈で強くて変形にしくくキズも付きにくい指輪です
親子の深くて強い絆にピッタリの親子リングですよね!

見た目も、鏡のように周りの景色を親子ペアリングに
映し出すくらいの鏡面仕上げで親子の将来も輝きます
色んな意味を込めて、宝飾職人の私が手作りしました。

DSCN1002

親子リング=親子でする指輪

こちらの作ったミル打ちが魅力的な親子ペアリングは
お母さんと娘さんで身につける大切な親子リングです
同じ1つのプラチナから生み出す二人の親子リング。

今回は、母と娘の親子ペアリングでしたが、たとえば
母と息子でも、父と娘、父と息子でも親子ペアリング
ペアでなく家族全員でするのがファミリーリングです。

ご家族、色々な想いがあって親子リングのご依頼です
制作する側の私も、真心をこめて丁寧に制作致します
それが制作者の責任だと思いますので妥協はしません!

ご依頼をされた東京のお客様には本当に感謝致します
ご依頼を頂きまして誠にありがとうございました(^-^)

そうそう、こちらの親子ペアリングはすでに完成して
お客様のお手元に無事に届いたとの事で、お客様から
メールのご返信を頂いたんですがメール内容が感動(涙)
凄く嬉しかったので記事の最後ですがご紹介致します。

=================================

株式会社ジュエリー皇妃・池田様

お世話になっております。
本日、親子ペアリングが届きました。
とても素敵に仕上がっていて感激です。
製作途中の写真を拝見しながら、娘と一緒に楽しみに待っていました。

ママ友に話をすると、すごく羨ましがられました。
やはり、皆、子どもの1歳のお祝いにと、
一度は親子ペアリングの製作を考えるようです。
ですが、なかなか現実にならず…実際、私もそうでしたが、
今回、お願いしてよかったです。

娘との絆がいっそう強まった気がします。
この度は、問い合わせのときから、細かい希望に至るまで、
受け入れていただき、誠にありがとうございました。

 

お仕事のお問い合わせやご依頼は→コチラ

私が作る鍛造の結婚指輪の一覧は→コチラ

メールやお電話でもご対応しております
○電話番号 0258-27-1771 10時~17時まで対応しています
○メールアドレス j_kouki_ring@yahoo.co.jp 24時間OK
〒940-2003 新潟県長岡市渡場町2-7 株式会社ジュエリーコウキ

=================================

鍛造で作る結婚指輪は、ごく稀で希少価値のある結婚指輪
世界中の全てのジュエリーのうち鍛造で作られたリングは
5パーセント未満と言われるほど鍛造リングは少ないです

その理由は、鍛造リングは地金を金槌で叩いて炎で焼いて
じっくりと時間をかけて地金密度を上げていくという製法
熟練された技術や知識を持った職人のみしか作れない技法
鍛造リングを作る為の専門工具や機材など設備も必要な為

伝統工芸と言われる鍛造リングは日本の宝だと思いますが
受け継ぐ職人が激減しており鍛造リングは衰退しています
だからこそ鍛造技術を受け継いだ私が広めたいと思います

指輪作りの制作日記をご覧頂いて、鍛造技術に納得をして
私の結婚指輪をご購入して頂けると作り手として幸せです。

お気軽にお問い合わせOKですよ(^ω^)
こちらの「お問い合わせ」もしくはメールで
j_kouki_ring@yahoo.co.jp までお願い致します。

結婚指輪の一覧です → ジュエリーコウキ 結婚指輪の一覧
==================================

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA