ハーフエタニティリングの作り方 【鍛造・彫金編】 傷がつきにくく強度が強い

いつもご観覧を頂きありがとう御座います
新潟県長岡市の宝石店で、結婚指輪を手作りで
制作しているジュエリーコウキの2代目、池田です

お久しぶりですw 2週間ぶりのブログの更新です(汗)
とにかく超忙しくて、鬼忙しくてPCに触れませんw
ブログに書きたい制作日記と制作写真は山程あるのに・・・
工房から一歩も出れませんが、嬉しい悲鳴だと感じてます!

8月も後半、夏が終わり秋の風を感じる今日この頃
とは言っても日中はまだまだ暑い日が続いております
体調が狂いやすい時期ですので十分に注意したいですね

というのも、秋のブライダルシーズンが始まっており
ブライダル関連のジュエリー制作が忙しくなってきて
体調を崩したら制作スケジュールに大きく関わるので
お客様の為にも店の為にも休む訳にはいきません(*´Д`)

 

さて、本日ご紹介するジュエリーはエタニティリング
ダイヤが指輪の半分入るハーフエタニティリングです

ご紹介するハーフエタニティリングのご依頼主様は
何と栃木県から新潟県の当店までお越し下さいました
めっちゃ嬉しいです!本当にありがとう御座います!

お客様のお話しによると栃木県から新潟県長岡市まで
車で片道3時間くらいだったという事です(;´Д`)
本当にわざわざお越し下さり有難う御座いました!!

3時間かけてでも手作りのハーフエタニティリングと
同じ位にイケメンの私を見たかったらしいです(嘘こけw)
まあ・・・いつかそうなるように頑張りますwww

すでに指輪は完成してお客様のお手元へありますが
制作工程はたっぷり撮影してありますのでご紹介します
完成した最強のハーフエタニティリングのお写真がコチラ

DSCN2830

めっちゃ魅力的なハーフエタニティリングです!

鍛造(たんぞう)と彫金(ちょうきん)にこだわって
最初から最後まで手作りするので、プラチナ自体に傷が
つきにくく強度が強い!粘り強いプラチナなので変形にも強い!

そしてダイヤモンドも最高クラスのルースを使っていますし
(カットが綺麗すぎてハートが見える上質なダイヤです)
指への着け心地もストレスを一切感じない最強の指輪です!

 

 

さて、ハーフエタニティリングの作り方です

当店で制作する指輪はエタニティリングに限らず
プラチナを溶解(ようかい)する所から始まります

いつもの結婚指輪を制作する時は、ペア分の2本分の
指輪を作るのに必要なプラチナを溶かして制作しますが

今回のハーフエタニティリングは婚約指輪ですので、
1本分を作るのに必要なプラチナを計算して溶解します。

DSCN2493

溶かしたプラチナの塊を叩いて鍛えます(鍛金)

溶解後のプラチナの塊を金床(角床)という台に載せて
大きな金槌でガンガン叩いてプラチナを育てていきます
じっくりと時間をかけてプラチナを鍛えぬいていきます

叩いて叩いて、炎で焼いてまた叩いて、この繰り返しの
作業をする事でプラチナが上質に育っていくんですよね
この作業を鍛金(たんきん)鍛造(たんぞう)と呼びます

皇妃-リング制作(タタキ)

エタニティリングのベース(土台)となる指輪ですので
時間をじっくりとかけてプラチナの育成を進めていきます

育成と聞くと生き物のように感じてしまいますが、
生き物を育てると同じような思いでプラチナを育てます

DSCN2520

金槌で叩けば叩くほど、炎で焼けば焼くほどプラチナが
締まっていき地金中にある「ス」と呼ばれる微粒の空気が
抜けながらプラチナの粒子が整い粘り強くなっていきます

これが鍛金(たんきん)鍛造(たんぞう)の仕組みです
刀を作る刀職人さんと似ている部分が多いと思っています

DSCN8062

鍛造作業の動画がありますので、そちらをご覧頂ければ
プラチナを鍛えて育てるってこういう事なのか~と
視覚と聴覚で分かると思いますのでご覧ください(*´Д`)

Youtube動画/プラチナの鍛冶

 

溶解したプラチナの塊を鍛金して四角く成形していくと
最終的には写真のような長い板状のプラチナになります
このプラチナ板がエタニティリングのベースとなります

丸かったプラチナの塊が叩かれて焼かれての繰り返しで
時間をかけると、このような板状になるんですね(^ω^)

DSCN2761

この状態でのサイズが幅が3.2ミリ、肉厚が2.0ミリ
実際にエタニティが完成すると幅3ミリ、肉厚1.8ミリ
となるので作業の初期は余裕を持ちながら作業をします

リングの幅や高さに余裕をもって作業をするのには
きちんとした理由があります。まだ鍛造作業は続きますし
プラチナを削る彫金(ちょうきん)という作業もあります
ロウ付けと呼ばれる溶接作業もあります(他にも多数あり)

このようにまだ先に作業工程が沢山あるのでカツカツの
状態の幅と高さで進めると、もしかしたら削りすぎた!
叩きすぎた!溶け過ぎた!などありえるからなんですね
考え方によっては指輪の保険のようなものですね(^ω^)

DSCN2763

指輪の内側になる部分に刻印を打ち込む

プラチナ板を丸めてリング状にした時に、
内側になる面に刻印を2種類、打ち込みます

1つはプラチナの地金を証明する刻印
1つは当店で手作りをした証の刻印です

DSCN2764

プラチナ板を丸めてリングにする

いよいよ板状のプラチナが丸くなります(^ω^)
丸棒という鋼の棒にプラチナ板を押し付けながら
隙間が出ないよう金槌で叩いて丸めていく作業になります

丸棒と金槌を使って丸める方法以外にも、沢山の工具が
あるので色々な丸め方があるのですが、私がしている
この丸棒と金槌を使って丸める方法は親父直伝なんです

慣れるまで丸めにくいやり方なんですが、この手法が
出来るようになるとプラチナ板に傷をつけないで丸める
事が出来るようになるんです(昔の職人はこの方法)

DSCN2765

ロウ付け(ろうずけ)

プラチナの板を丸めると端と端が合わさりますので
合わせ口ができます。この合わせ口に隙間があるとNG
合わせ口の隙間がゼロになるよう調節しながら合わせます

その合わせた隙間に薄く伸ばしたロウという地金を挟み
約1800度のバーナーの炎で溶かして溶接をするんです
この方法をロウ付けと呼びます(当店ではトモ付けです)

DSCN2768

当店のトモ付けと、普通のロウ付けの違い
一般的なロウ付けに使用されるロウは溶けやすい

融点が低いので(融点によって多数のロウがあります)
指輪が溶けませんが、トモ付けに使用するロウは何と
今現在制作しているプラチナリングの一部なんですよね

ですので指輪もロウも一緒に溶けてしまいます(;´Д`)
熟練していけば溶ける箇所も少なくなっていきますので
まずは経験で感覚を鍛えるのみ(何年もかかりますが)
習得すれば割れにくいし色あせないし最高のロウ付けです

DSCN2772

指輪のサイズを調節する

トモ付け(ロウ付け)が完了してリングが完成したら
次は完璧な円、真円になるように叩いて丸くしていきます

ハーフエタニティリングのベースになる真円が完成したら
細かく叩いて指輪のサイズを伸ばして指定サイズにします
細かく調節が可能ですので、細かいサイズ設定も可能です

普通のジュエリーショップは、1号づつのサイズ設定が
一般的なのですが手作業なので柔軟に対応できるんですね

DSCN2773

ハーフエタニティリングの幅を整える

指定されたハーフエタニティリングの幅が3.0ミリ
しかし金槌で真円からの~サイズ伸ばし作業で指輪の
幅は広がっております(写真の段階で約3.3ミリ)
ですので指輪の幅を削り、指定の幅になるように調整。

DSCN2775

エタニティリングの角を削り落とします

指輪の幅をヤスリでガツガツ削っていくと鋭利な角が
自然と出てきます。この削った時にでる角を「バリ」
と呼びますが、このバリが鋭利すぎて危険なんです

精密ヤスリで指輪全体のバリを丁寧に削り落とします
削り落とす角の角度は、触って痛くないような角です
この角が指への着け心地に影響しますので慎重に(*´Д`)

DSCN2776

ダイヤを埋め込む位置に印をします(設計図)

今回のハーフエタニティリングは、上質なダイヤモンドを
14ピース使用します(厳選された高いレベルのダイヤ)

その綺麗なダイヤモンドを埋め込む位置を決定します
スケールなど細かく計れる工具で計算しながら書きます
この設計図が綺麗にできていないと彫金作業が進みません
ですのでキッチリと計算してダイヤと爪の位置を描きます

DSCN2778

ダイヤを埋め込む「彫り留め」に進みます

設計図をプラチナリングに書きこんだら繊細な工具を使い
彫り留め(ほりどめ)という作業で削ったり彫ったりして
爪や枠などを作っていく彫刻作業にはいります(*´Д`)
エタニティリング制作の1番の見せ場の作業だと思いますw

しかーしw 続きを書きたかったのに
忙しくて記事を書く時間がないという(涙)

PCが駄目ならスマホから書けばいいじゃん!
と思う人もいると思いますが挑戦したんですが駄目w

文字が小さくて指が触れて違う文字を打ち込んだりして
記事更新が進まないしイライラしてしまうんです(;´Д`)
やっぱ自分にはバシバシとキーボードを叩く方が合ってるw

さて、すぐ工房に戻らないとなので今日はここまでにします
また後日にハーフエタニティリングの彫り留め作業の続きを
書きたいと思いますので、もうしばらくお待ち下さいませ!

 

こちらの記事の続きはコチラから
ハーフエタニティリングの作り方【彫り留め・石留め編】

 

こだわりの制作記事をご覧頂いて、制作工程に納得をしてから
私の作る結婚指輪をご購入して頂けると作り手として幸せです
結婚指輪の一覧はコチラ → ジュエリーコウキ 結婚指輪の一覧

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA