手作り 結婚指輪 彫金【プラチナ鍛造】彫金工房で職人が指輪を作る

手作り結婚指輪の宝石専門店、ジュエリーコウキ
彫金と鍛造で手作りをする結婚指輪の製造販売店

伝統技法の鍛造とハイレベルな彫金で指輪を作ります
鍛造(たんぞう)とは、リングの素材となるプラチナや
ゴールドをハンマーで叩いて鍛錬する鍛冶で作る技法。

昔から伝わる伝統技法なので鍛造を継承した宝飾職人
しか作ることができない製法で全国でもごく僅かです
そしてハイレベルな彫金技術で指輪を作っていきます。

こんにちは (゚Д゚)ノ

ジュエリーコウキ2代目で宝飾職人の池田といいます
指輪を作り続けて29年、鍛造を受け継いだ1人です。

鍛冶と金物の町で有名な、新潟県長岡市の自社工房で
私が1つ1つ鍛造で結婚指輪を手作りしております!

手作りで結婚指輪を彫金

本日ブログでご紹介をする指輪は彫金で作る結婚指輪
鍛造で作り上げたリングをベースにしてヤスリで削る
彫金で結婚指輪のデザインを手作りするという事です。

最近、流行っているロウワックスを削る彫金ではなく
プラチナを直接ヤスリで削って作る本物の彫金の指輪
伝統技法の鍛造とハイレベルな彫金の最強コラボです!

 

ご紹介をする彫金の結婚指輪は東京のお客様から
ご依頼を頂きました!誠にありがとうございます。

ジュエリーコウキは新潟県にありますが全国各地から
ご依頼を頂いておりまして本当に感謝しております。

まずは、完成した手作り結婚指輪をご覧くださいませ
こちらのデザインと鍛造と彫金で手作りしていきます
全国でも数少ない鍛造と彫金の結婚指輪をご覧下さい!

結婚指輪 彫金

プラチナの指輪を彫金

これぞ彫金!と言わんばかりの彫金で作ったデザイン
様々な種類のヤスリを使って彫金作業をした結婚指輪。

プラチナを直接、削って形にしているのでまるで岩石
のような力強さと、クリスタルのような美しさが同期。

プラチナの仕上げ方も独特で、彫金の跡を残しながら
仕上げるという荒仕上げという彫金技術を使いました。

レディースのプラチナリングの幅の太さは3ミリです
そして、メンズのプラチナリングの幅の太さは4ミリ
こちらの結婚指輪が出来上がるまでをご覧ください!

 

続きを読む

K18鍛造 細い結婚指輪【珍しい荒削り仕上げ】指輪を重ねるとハート

結婚指輪の手作りをする宝石店・ジュエリーコウキ
当店2代目で指輪作りの職人でもある私の制作日記

結婚指輪の手作りは人気でとっても流行っておりますが
ジュエリーコウキで手作りする結婚指輪は全て鍛造です
鍛造(たんぞう)と言って鍛えて造る伝統工芸なんです

一般的によくある手作り結婚指輪の店はキャスト製法で
ロウワックスというロウ材で結婚指輪の原型を作ります

という事は原型となる指輪の型を作っているという事で
実際に金やプラチナなどの地金で作っていないんですね
作った原型に溶かした地金を流して指輪にする製法です

ジュエリーコウキでは地金を直接使って指輪を作ります
昔から日本に伝わる鍛冶と彫金で指輪を作るという事で
正真正銘の手作りの結婚指輪という事になります(^-^)

鍛造製法で制作をした指輪のメリットや制作方法などは
後で詳しく説明をいたしますが、まずはこれから鍛造で
手作りをする結婚指輪のデザインをご覧ください(^-^)

下記の画像の結婚指輪を”鍛造と彫金”の技術で作ります
細目でシンプルな結婚指輪でストレートな甲丸デザイン

そして2つの指輪を重ねるとハートの模様が浮き出ます
仕上げ方にも特徴があって荒削りで制作をする荒仕上げ
職人技が詰め込まれた本物の手作り結婚指輪です(^-^)

【k18 ゴールドの結婚指輪】

k18 結婚指輪 ハート

k18 ゴールド 結婚指輪の作り方

日本伝統技法の1つ、鍛造で手作りをしていく結婚指輪

本物の鍛造は、先代から鍛造技術を継承してきた宝飾職人
しか作れません。私は先代の父から鍛造を受け継ぎました。

k18イエローゴールドを素材とした鍛造の手作り結婚指輪の
制作の流れを”作り手”として徹底解説をしていきますので、
記事の最後(完成)までどうぞ宜しくお願い致します(^-^)

 

続きを読む

平打ち結婚指輪の作り方【宝飾職人が本気で制作】レア荒削りPTリング

手作り結婚指輪の専門店、ジュエリーコウキです
同店二代目で宝飾職人の私が書く指輪作りブログ

多くの方にジュエリーコウキのブログを見て頂きまして
めっちゃ嬉しいです!本当にありがとうございます(^-^)

新潟県の長岡市にある田舎の小さな宝石店だというのに
ブログにコメントを頂いたり、お問い合わせを頂いたり
結婚指輪の制作のご依頼を頂いたりと感謝感激です(涙)

ジュエリーを作る最高峰の技術で伝統技法である鍛造を
多くの方々に知って頂くために鍛造を発信しています
鍛造を受け継いだ宝飾職人は全国でも少なくなっていて
絶滅の危機なので、受け継いだ私が発信を頑張ります!

本日は平打ちの指輪をメインにした結婚指輪をご紹介

平打ちリングといえば、昔から定番で実にシンプルです
フラットな指輪なので好き嫌いが少なく人気の形ですね。

平打ちの結婚指輪を私が作るのですが、普通の平打ちで
はなくてプラチナを荒く削って作る珍しい平打ちです。

形はシンプルな平打ちですが見た目が少し変わっていて
光沢でもなく艶消しでもない削ったナチュラルなリング
工房で私が手作りするからこそ可能なアートな指輪です。

結婚指輪 平打ち

こちらがプラチナを荒く削って
作り上げた結婚指輪になります。

デザインに限らずプラチナリングといえば、ピカピカに
光った鏡面のイメージが強いと思いますが画像のように
彫金作業を工夫する事でプラチナの別の表情が見えます。

光沢仕上げや艶消し仕上げの他にも、プラチナの魅力が
まだまだあるよという事を知って頂きたくて作りました
それでは、こちらの結婚指輪の制作工程をアップします。

続きを読む

カラーダイヤの結婚指輪の作り方!カラーダイヤモンドの意味と価値

手作りジュエリーの専門店、ジュエリーコウキ
2代目の私、池田が書く指輪作りのブログです

新潟県長岡市にある宝石店ですが、自社工房を
完備しておりハンドメイドを専門とする宝石店

一般的なジュエリーショップとは内容が違って
既製品のジュエリー(製品)を販売するだけの
宝石店ではなくて、私と父が1つ1つ手作りを
したジュエリーにこだわって販売をしています

※宝石店ですので真珠(パール)や他の貴金属
も展示販売をしておりますが、メインはやはり
手作りで作る結婚です(結婚指輪が多いです)

※リフォーム&リメイクや修理もしております

 

本日、ご紹介をさせていただくのは結婚指輪です
ブルーダイヤを使って結婚指輪を手作りします!

【カラーダイヤのルースを使用】

カラーダイヤモンドという色のついたダイヤを
プラチナの結婚指輪に埋め込んで制作をします

カラーダイヤモンドのカラーは色々ありますが、
本日ご紹介をする結婚指輪に使うカラーダイヤは
青空のような色、スカイブルーというダイヤです。

 

ジュエリーコウキでリングを手作りする時は
リングの素材となる地金(プラチナやゴールド)
を鍛えて造る鍛造(たんぞう)という製法です

結婚指輪を作るのに必要な地金(プラチナ)を
計算して酸素バーナーで溶かし1つの塊にして
その塊から2つの結婚指輪を誕生させるんです!

同じ素材から誕生する結婚指輪、素敵過ぎます
お互いのリングから絆や愛情を感じられますね
まずは、鍛造制作をしている画像をご覧ください。

プラチナの鍛造作業 プラチナの強度を高める

溶かした真っ赤なプラチナを金槌で叩き上げて
炎でナマして(焼き上げて)素材を鍛えぬきます

地金を絞める(しめる)とも言われていますが
聴きなれた言葉では鍛冶(かじ)とも言います

手作りと言っているだけあって、完全手作りで
1から結婚指輪を作っていくという事です(^ω^)

プラチナの塊を金槌で何度も何度も叩き上げて
炎でナマして、その繰り返し作業でプラチナの
密度が増していき粘り強くなり強度が増します
これが鍛造リングの最大のメリットとなります!

続きを読む