純プラチナ結婚指輪 柔らかくて強度が必要!鍛造リングが断然お勧め

手作り結婚指輪の専門店、ジュエリーコウキ
日本の伝統技法の鍛造で結婚指輪を作ります

日本伝統技法の鍛造という製法で指輪を手作り致します
鍛えて造るという意味から鍛造(たんぞう)といいます。

鍛造は古来から受け継がれてきた宝飾職人の技術なので
鍛造技術を継承した宝飾職人しか作ることができません。

時代と共に鍛造技術を継承した宝飾職人が減っています
市場全体の1%以下しか鍛造で作った指輪は存在しません。

鍛造と説明をしている店は全国多々あるのが現状ですが
圧縮だったり一部鍛造だったり鍛造風が蔓延しています
当店のような正式な鍛造は全国でも極めて少ないんです。

 

こんにちは(゚Д゚)ノ

ジュエリーコウキ2代目で宝飾職人の池田と申します
職人歴は27年で鍛造を継承している職人の1人です。

私は二代目になりますが初代になる私の師匠は父です
父は東京で師匠のもとで長年修業をして継承しました
そして故郷の長岡に戻って鍛造専門店を開業しました。

父の技術を受け継いだ私が鍛造で指輪を作り上げます
正真正銘の本物の鍛造で作る結婚指輪をご覧ください!

ジュエリー職人

鍛造で作り上げた鍛造指輪をブログで発信しています
日本の伝統技法で本物の鍛造を発信するのが目的です。

他店では真似ができない鍛造製法の制作工程を細かく
紹介する事で他店の鍛造とはレベルが違うという事が
ハッキリと分かると思いますので是非、ご覧ください!

早速、ブログで鍛造で作る結婚指輪を紹介いたします
今回のブログで制作工程を紹介する鍛造の結婚指輪は
すでに完成しておりますので画像をご覧くださいませ。

【純プラチナで作る結婚指輪】

結婚指輪 純プラチナ

純プラチナを鍛造で制作した結婚指輪

結婚指輪のフォルムは定番の甲丸リングで仕上げ方は
荒仕上げ(あらしあげ)という粗く仕上げる技法です。

プラチナと言えばピカピカに光ったものが定番ですが
プラチナの別の魅力を演出した渋くて美しい結婚指輪。

純プラチナは混ざりけが一切ないプラチナで柔らかく
変形や歪みやすくてリングには向いていないのですが

鍛造製法のメインとなる鍛冶で鍛錬をしながら作ると
プラチナが頑丈になるのでリングとしても使えます!

 

純プラチナとプラチナ999 比較

純プラチナとプラチナ999の違いは何だと思いますか?
プラチナは純度によって数字の表記が変わってきます。

ジュエリーに1番多く使われてるプラチナがpt900で
他にpt850,pt950,pt1000など様々な種類があります
で、今回の純プラチナはpt1000と表記されています。

プラチナ999とは純プラチナのプラチナ1000
に最も近い純度の高いプラチナという事になります
そして純プラチナは純度がMAXの純粋なプラチナ。

 

純プラチナの刻印

純プラチナ=プラチナ1000という事になります

ここからの解釈は会社やメーカーなどで変わりますが
当店の場合 プラチナ999はpt999の刻印を打ちます。

実は、プラチナ999の中でもプラチナ999.5と
いう純度が極限まで上がる表記のプラチナがあります!

その場合、当店ではpt999の刻印を使わずにpt1000の
刻印を使っています。その理由はプラチナ1000は
プラチナ999.5の純度があれば1000扱いです。

今現在の技術で、純金のように純度が100%という
プラチナが存在しないということで、プラチナ999
よりもプラチナ999.5が最も純度が高いんですね!

ということで、プラチナ表記の刻印を打ち込む場合は
プラチナ999はpt999 プラチナ999.5はpt1000
と区別をして当店では刻印を打ち込んでおります(^-^)

純プラチナ=プラチナ1000という事になります

 

続きを読む

結婚指輪を彫金で手作り!人気のプラチナ-彫金で作った指輪が美しい!

手作り結婚指輪の宝石専門店、ジュエリーコウキ
彫金と鍛造で手作りをする結婚指輪の製造販売店

伝統技法の鍛造とハイレベルな彫金で指輪を作ります
鍛造(たんぞう)とは、リングの素材となるプラチナや
ゴールドをハンマーで叩いて鍛錬する鍛冶で作る技法。

昔から伝わる伝統技法なので鍛造を継承した宝飾職人
しか作ることができない製法で全国でもごく僅かです
そしてハイレベルな彫金技術で指輪を作っていきます。

こんにちは (゚Д゚)ノ

ジュエリーコウキ2代目で宝飾職人の池田といいます
指輪を作り続けて26年、鍛造を受け継いだ1人です。

鍛冶と金物の町で有名な、新潟県長岡市の自社工房で
私と師匠の父の2人だけで1つ1つ手作りしています。

ジュエリー職人

手作りで結婚指輪を彫金

本日ブログでご紹介をする指輪は彫金で作る結婚指輪
鍛造で作り上げたリングをベースにしてヤスリで削る
彫金で結婚指輪のデザインを手作りするという事です。

最近、流行っているロウワックスを削る彫金ではなく
プラチナを直接ヤスリで削って作る本物の彫金の指輪
伝統技法の鍛造とハイレベルな彫金の最強コラボです!

 

ご紹介をする彫金の結婚指輪は東京のお客様から
ご依頼を頂きました!誠にありがとうございます。

ジュエリーコウキは新潟県にありますが全国各地から
ご依頼を頂いておりまして本当に感謝しております。

まずは、完成した手作り結婚指輪をご覧くださいませ
こちらのデザインと鍛造と彫金で手作りしていきます
全国でも数少ない鍛造と彫金の結婚指輪をご覧下さい!

結婚指輪 彫金

プラチナの指輪を彫金

これぞ彫金!と言わんばかりの彫金で作ったデザイン
様々な種類のヤスリを使って彫金作業をした結婚指輪。

プラチナを直接、削って形にしているのでまるで岩石
のような力強さと、クリスタルのような美しさが同期。

プラチナの仕上げ方も独特で、彫金の跡を残しながら
仕上げるという荒仕上げという彫金技術を使いました。

レディースのプラチナリングの幅の太さは3ミリです
そして、メンズのプラチナリングの幅の太さは4ミリ
こちらの結婚指輪が出来上がるまでをご覧ください!

 

続きを読む

【感動】純金の結婚指輪-鍛造で手作り!金属アレルギーでも大丈夫

鍛造で結婚指輪を手作りをするジュエリーコウキ
鍛冶と金物の町、新潟で作る正真正銘の鍛造です

新潟県長岡市の自社工房でジュエリーコウキの二代目
宝飾職人歴26年の私、池田が丹精を込めて作ります。

鍛造(たんぞう)とは、指輪の地金となるゴールドや
プラチナを鍛冶作業で鍛錬しながら作る伝統技法です
難易度が高いハイレベルな技術なので全国でも極僅か。

昔から日本で受け継がれている伝統技法の1つなので
鍛造の技術を継承した一部の宝飾職人しか作れません
当店二代目の私、池田潤も鍛造を継承した職人の1人。

【純金リングの結婚指輪】

本日のブログは鍛造で手作りをする純金の結婚指輪の
作り方を分かりやすく書いていこうかと思います(^-^)

地金を鍛えて造る指輪だから鍛造リングと言われます
そしてリングの地金が純金になりますので純金リング
鍛造で手作りをする純金リング=純金の結婚指輪です。

ご紹介をする純金の結婚指輪はすでに完成しています
まずは完成をした結婚指輪がどんなものかご覧下さい。

結婚指輪 純金

【結婚指輪を純金で作る】

イメージ的に金というとキラキラに光った黄金の色を
イメージする人が圧倒的に多いかと思っておりますが
画像を見て「おおお!」と思った人も多いはずです!

これは「荒仕上げ」という技法で作った結婚指輪です
作り方は後で説明をしますが、普通と違う、他の人と
違った結婚指輪を探している人にはピッタリですよね!

基本的に純金の結婚指輪は全国的にも珍しくなります
というのも 純金はk24と言いますが混じり気が無くて
とても柔らかい材質なので結婚指輪に向かないんです。

傷が付きやすくて変形しやすいので毎日する事になる
結婚指輪には明らかに向いていないのが現状なんです。

しかし!地金を鍛える鍛造なら純金の強度を上げる事
が出来るので結婚指輪としても使う事が出来るんです
しかも金属アレルギーの方でも安心して着けられます。

【金属アレルギー対応】

何故、金属アレルギーの方でも安心して着けられるか
記事の最初で詳しくご説明をさせていただきますので
もう少々お待ち下さい。まずは指輪作りのスタート!

 

続きを読む

平打ち結婚指輪の作り方【宝飾職人が本気で制作】レア荒削りPTリング

手作り結婚指輪の専門店、ジュエリーコウキです
同店二代目で宝飾職人の私が書く指輪作りブログ

多くの方にジュエリーコウキのブログを見て頂きまして
めっちゃ嬉しいです!本当にありがとうございます(^-^)

新潟県の長岡市にある田舎の小さな宝石店だというのに
ブログにコメントを頂いたり、お問い合わせを頂いたり
結婚指輪の制作のご依頼を頂いたりと感謝感激です(涙)

ジュエリーを作る最高峰の技術で伝統技法である鍛造を
多くの方々に知って頂くために鍛造を発信しています
鍛造を受け継いだ宝飾職人は全国でも少なくなっていて
絶滅の危機なので、受け継いだ私が発信を頑張ります!

本日は平打ちの指輪をメインにした結婚指輪をご紹介

平打ちリングといえば、昔から定番で実にシンプルです
フラットな指輪なので好き嫌いが少なく人気の形ですね。

平打ちの結婚指輪を私が作るのですが、普通の平打ちで
はなくてプラチナを荒く削って作る珍しい平打ちです。

形はシンプルな平打ちですが見た目が少し変わっていて
光沢でもなく艶消しでもない削ったナチュラルなリング
工房で私が手作りするからこそ可能なアートな指輪です。

結婚指輪 平打ち

こちらがプラチナを荒く削って
作り上げた結婚指輪になります。

デザインに限らずプラチナリングといえば、ピカピカに
光った鏡面のイメージが強いと思いますが画像のように
彫金作業を工夫する事でプラチナの別の表情が見えます。

光沢仕上げや艶消し仕上げの他にも、プラチナの魅力が
まだまだあるよという事を知って頂きたくて作りました
それでは、こちらの結婚指輪の制作工程をアップします。

続きを読む

結婚指輪を荒削りで作ったら格好いい!斬新すぎるプラチナ甲丸リング

結婚指輪を手作りする宝石店、ジュエリーコウキです
新潟県長岡市にある店舗&工房で指輪を手作りします

当店二代目の私、池田が書く手作り結婚指輪のブログです
私が手作りをした結婚指輪の紹介や、制作工程を書きます
販売だけをしている宝石店とは違って記事が専門的な内容。

というのも、手作りといっても様々な種類があるのですが
例えばロウワックスを削って指輪の原型を作る製造方法や
銀細工のような粘土を使う方法、またパーツの組み合わせ
などの簡単なものまで手作りと言っても色々とあるんです。

ジュエリーコウキの手作りとは、これらとは全然違います
鍛造(たんぞう)といって日本伝統技法で指輪を作ります。

結婚指輪の素材となるプラチナやゴールドを鍛冶で鍛えて
造るという技術を受け継いだ一部の職人しか作れませんし
他の手作りとは違って、全国でも限られた専門職なんです。

 

ついつい鍛造製法の話しで熱く語ってしまいましたがw
本日のブログでは鍛造で作る結婚指輪の紹介をいたします。

手作りをした結婚指輪のデザインですが超シンプルな形で
今も昔も人気で定番の甲丸(こうまる)と言われる形です
丸くて優しいフォルムなので付け心地も良いですね(^-^)

しかし、私が作るので普通の甲丸リングではありません!
職人歴25年、ちょっと違った甲丸を提案させて頂きます
それは「荒仕上げ」という荒く削って仕上げたやり方です。

プラチナを荒く削って
手作りした甲丸リング

結婚指輪 荒削り

プラチナという素材の別の一面を魅せています

一般的にはプラチナの指輪といえばピカピカに光った指輪
または、ワンポイントで艶消しをするくらいが常識ですが
画像のように荒く仕上げる方法も手作りなら出来るんです。

あまり見た事のないプラチナの違う魅力を引き出しました
荒く削りそのまま仕上げるだけでは完成度は低いんですが

荒く削った後、アブラメという細かい目のヤスリで削って
向き(彫金跡)を一定にを整えると画像のようになります
光沢でも艶消しでもない他にはないアートなプラチナです。

本日の記事では、アートな荒仕上げの結婚指輪の作り方を
画像を交えて詳しく書きますので最後までご覧ください!

続きを読む

K18YG 細い結婚指輪を手作り【荒削り甲丸リング】指輪を重ねるとハート♡

結婚指輪の手作りをする宝石店・ジュエリーコウキ
当店2代目で指輪作りの職人でもある私の制作日記

結婚指輪の手作りは人気でとっても流行っておりますが
ジュエリーコウキで手作りする結婚指輪は全て鍛造です
鍛造(たんぞう)と言って鍛えて造る伝統工芸なんです

一般的によくある手作り結婚指輪の店はキャスト製法で
ロウワックスというロウ材で結婚指輪の原型を作ります

という事は原型となる指輪の型を作っているという事で
実際に金やプラチナなどの地金で作っていないんですね
作った原型に溶かした地金を流して指輪にする製法です

ジュエリーコウキでは地金を直接使って指輪を作ります
昔から日本に伝わる鍛冶と彫金で指輪を作るという事で
正真正銘の手作りの結婚指輪という事になります(^-^)

指輪作りの職人

鍛造製法で制作をした指輪のメリットや制作方法などは
後で詳しく説明をいたしますが、まずはこれから手作り
をする結婚指輪のデザインをご覧くださいませ(^-^)

下記の画像の結婚指輪を”鍛造と彫金”の技術で作ります
細目でシンプルな結婚指輪でストレートな甲丸デザイン

そして2つの指輪を重ねるとハートの模様が浮き出ます
仕上げ方にも特徴があって荒削りで制作をする荒仕上げ
職人技が詰め込まれた本物の手作り結婚指輪です(^-^)

結婚指輪 ハート

k18 結婚指輪の作り方

k18イエローゴールドを素材としたハンドメイド結婚指輪の
制作の流れを”作り手”として徹底解説をしていきますので
記事の最後(完成)までどうぞ宜しくお願い致します(^-^)

続きを読む

V字 結婚指輪を手作り【渋く光ってお洒落・荒仕上げ】アンティークな感じが

ハンドメイドジュエリー専門店の2代目です
ジュエリーコウキの池田と申します(^ω^)

本日も結婚指輪作りの記事を更新いたします
いつものように手作り結婚指輪をご紹介です
幸せのお手伝いができる仕事に感謝感激(涙)

3月も後半~春のブライダルシーズン真っ只中
手作りの結婚指輪が、とにかく大混雑中ですw
スケジュール満タンで一ヵ月先まで結婚指輪の
造りが詰まっておりお客様には大感謝です(*´ω`*)

新潟県長岡市にあるジュエリーコウキの店舗より
明らかにネットショップの方が忙しい状況ですw
今回ご紹介させて頂く指輪は静岡県のお客様です
日本全国からご依頼を頂いて職人冥利に尽きます!

幸せだなぁ~
僕は結婚指輪を作っている時が1番幸せなんだ
加山雄三さんの歌詞と同じような気持ちですねw

 

さて、
本日ご紹介をさせて頂く手作り結婚指輪は

Vデザインの手作り結婚指輪
プラチナを粗くした荒仕上げ
アンティークな感じが可愛い♪

プラチナリングを荒く仕上げる方法なのですが
ただ荒くするのではなく、光りながら荒いんです

ヤスリで削って表現しますが、面の出し方方があり
綺麗に仕上がるとアンティーク調が表現できます
説明では難しいので完成した結婚指輪をご覧ください。

ピカピカな光沢でもなく、艶のない艶消しでもなく
荒く仕上げているのにキラキラとしたプラチナリング
とっても不思議ですが、当店では荒仕上げと言います

こちらの写真の結婚指輪の制作工程をお伝え致します
どうやって指輪になっていくのか楽しみですね(^ω^)

 

続きを読む

全面つや無しの結婚指輪【全面マットは極めて珍しい】プラチナ幅広&肉厚

いつもご観覧を頂きありがとう御座います
新潟県長岡市の宝石店で、結婚指輪を手作りで
制作しているジュエリーコウキの2代目、池田です

本日、ご紹介する手作り結婚指輪は重量感があります
とにかく見た目がボリューム満点の結婚指輪なんです
しかも素材がプラチナ、更にボリューミーに感じますねw

結婚指輪の幅は何と7.0ミリの幅の極太
指輪の肉厚(高さ)も2.2ミリという分厚さ
そして結婚指輪の全面がマット加工の荒仕上げという

インパクト満点!
ごっつい結婚指輪なんです(*´Д`)

 

そんなファンキーな結婚指輪のご依頼主様は
千葉県から当店までご来店を頂きましたK様!
遠方からわざわざ本当にありがとう御座いました<(_ _)>

すでにこちらの凄い指輪は完成しておりますので
完成したワイルドで重厚感のある結婚指輪をどうぞ!

dscn3390

極太! 幅広! 肉厚! 重厚感! 重量感!

結婚指輪の全面がマット仕上げでワイルドですね
指輪の内側、外側、側面と全てがマット仕上げなんです

そしてマット加工を隅々まで良く見て下さい!
何と指輪の表面、側面、内面と艶消しの種類が違います
のちほど制作工程で、詳しく艶消しの流れを書きますが

●表面が荒い目の紙ヤスリで仕上げた「荒仕上げ」
●側面がダイヤを使ってキラキラ光る「ダイヤマット」
●内面が細かい目の紙ヤスリで仕上げた「紙ヤスリ仕上げ」

プラチナリングの面によって、ここまで仕上げ方を変える
というのは珍しいですので、仕上げていて面白かったです
今回の手作り結婚指輪も、作り応えが超ありました(*´Д`)

 

続きを読む

結婚指輪-日本の鍛造 結婚指輪が凄い!彫金で擦り出す究極の荒仕上げ

結婚指輪を鍛造で手作りをするジュエリーコウキ
本物の鍛造結婚指輪の製造販売をしている会社です

鍛冶と金物の町、新潟県長岡市の自社工房で鍛造製法で
1つ1つ結婚指輪を手作りをしている本物の鍛造リング

ジュエリーコウキの2代目で宝飾職人歴26年の池田です
日本の鍛造技術は世界でもトップレベルの最高峰です
私、池田潤も鍛造技術を受け継いでいる宝飾職人の一人。

こんにちわ (゚Д゚)ノ

鍛造(たんぞう)とは、結婚指輪の地金となるプラチナや
ゴールドを金槌で叩いて鍛錬をする鍛冶で作る手法です
日本伝統技法で昔から受け継がれている技術の1つです。

鍛造は難易度が凄く高いハイレベルな技術ということで
継承している宝飾職人は、全国でも一部の職人のみです
修業期間も数十年とかかる為に絶滅危機という現状です。

鍛造という素晴らしい伝統技法をもっと知って頂くため
ブログやSNSで鍛造の素晴らしさを発信しております
鍛冶と金物の本場、新潟で作る鍛造結婚指輪は最強です!

 

鍛造と彫金で作る結婚指輪

それでは鍛造で手作りをする鍛造結婚指輪がどうやって
作られていくかを書いていきますのでご覧くださいませ。

まず、結婚指輪のデザインは”荒仕上げ”というデザイン
リングの素材のプラチナをヤスリで仕上げるという手法。

彫金でプラチナリングを擦り出しながら手作をりします
艶消しのマットでもなく、ピカピカに光る光沢でもなく
独特な雰囲気がある荒仕上げの工程をご覧くださいませ。

まずは、荒仕上げとはこんな感じの仕上げ方ですよ~と
分かりやすいように画像を1枚アップさせて頂きました。

DSCN1027

上の画像が荒仕上げという仕上げ方

画像のような感じでプラチナリングを仕上げていきます
ピカピカに光っている定番のプラチナとは全く違います
どちらかと言えばザラザラとした質感でお洒落なタイプ。

仕上げの他にV字ラインの入ったV曲線のデザインです
そして女性のリングにはダイヤモンドが埋め込まれます。

こちらの鍛造結婚指輪がどのような工程で作られるのか
それでは早速、お伝えしますので完成までご覧ください。

 

続きを読む

Sカーブリングのマリッジリングを手作り~プラチナで粗く作る荒仕上げ

手作りのマリッジリングの専門店・ジュエリーコウキ
当店2代目の私がプロとして書く指輪作りの日記です

結婚指輪の手作り制作が人気で今とても流行っていますが
完全なハンドメイドで結婚指輪を作る宝石店は少ないです

手作りと宣伝をしているジュエリーショップのほとんどは
ロウワックスを削り原型を作って地金を流し込む鋳造方法

鋳造(ちゅうぞう)とは、予め用意をした原型に溶かした
地金を流し込んで固めて作ったもので一般的な店で並んで
いる指輪は鋳造です(世の中にある指輪の95%の割合)

しかし当店、ジュエリーコウキで手作りをする結婚指輪は
鍛造(たんぞう)と言われる日本伝統技法で作る指輪です

地金を直接、叩いて鍛えて削って彫って作る完全な手作り
正真正銘のハンドメイドです(世の中にある指輪の5%)

指輪を作る職人

写真は2代目の私、池田ですが鍛造の職人歴は25年です
鍛造は長い時間をかけて師匠から受け継がれる伝統技術で
新潟県の長岡市にある宝石店&工房で昔から作っています

鍛造で作り上げるマリッジリングは本当に珍しいんですよ
昔から受け継がれた技術、知識、設備がないと作れない為
全国でも鍛造リングが作れる専門店はごく一部なんですね

という理由があるので、田舎の小さなジュエリーショップ
でも全国のお客様からご依頼を頂けて本当に嬉しいですね
絶滅危機の鍛造製法ですが後世に残したいので頑張ります!

 

プラチナを荒く仕上げて指輪を作る
Sカーブのマリッジリングをご紹介

前回でこちらのSカーブのマリッジリングの制作工程の
前半を書きましたので今回はその続きの記事になります

前の記事で鍛造製法の指輪の作り方や、鍛造のメリット
鍛造の仕組みなど細かく解説していますのでご覧下さい

前回の記事はコチラ→Sカーブリングの作り方・曲げ方

マリッジリング 彫金

前回の記事でSに曲げたリングをヤスリで彫金する最初の
制作風景をお伝えしましたが、更に続きの彫金の様子です

マリッジリングが完成するまでを記事にしていきますので
記事の最後までお付き合いを頂ければと思います(^ω^)

続きを読む