鍛造の結婚指輪 プラチナ手作り!細身でシンプルな細め2.3ミリ幅

結婚指輪を手作りする宝石店、ジュエリーコウキ
日本伝統技法の鍛造で作る鍛造リング専門店です

鍛造リングとは、指輪の素材となるプラチナやゴールドを
ハンマーで叩いて鍛える鍛冶で密度を上げながら作る製法。

鍛造は日本伝統技法で、昔から代々受け継がれてきた技で
特殊な宝飾技術ですので全国的に鍛造リングは希少な指輪。

鍛造は伝統技法ですので継承した宝飾職人しか作れません
お蔭様で全国各地から鍛造リングのご依頼を頂いています。

私、池田は当店二代目で宝飾職人として29年しています
師匠である父から鍛造技術を受け継ぎ鍛造を守っています
新潟県長岡市の自社工房で私が鍛造リングを作っています。

ジュエリー職人

本日、ご紹介をさせて頂きます鍛造の結婚指輪は
同じ新潟県に住む友達からのご依頼です(*´Д`)

本当に友達からの結婚指輪のご依頼って嬉しくて、
保育園、小学校、中学校、高校、専門学校とあって

すべての友達から結婚指輪を作って頂いたという(涙)
本当にありがたくてずっと大切にしたい友達の縁です!

それで友達のプラチナの結婚指輪を手作りいたしますが
今回は結婚指輪とペアリングを一緒にした記念のリング

このペアリングが今後、結婚指輪になるということで
あえて結婚指輪としてご紹介をさせて頂きます(^ω^)

 

【細身でシンプル プラチナ結婚指輪】

ペアリング(結婚指輪)詳細なデータとなりますが
○ペアリングの幅が2本ともに2.3ミリの細身タイプ
○ペアリングの厚みが2本ともに1.7ミリの厚みです

○指輪のデザインはシンプルな甲丸をベースとして
センター部分にワンポイントでハート彫りが入ります
2つの結婚指輪が重なると1つのハートになります♡

細身でシンプルなデザインですが、厚みが結構あるので
見た目よりもボリューミーな着け心地が体感できますね。

DSCN1823

【鍛造 プラチナ結婚指輪 作り方】

ペアのリングは2人分を作るのに必要になるプラチナを
溶解してから金槌で鍛冶作業をして育てながら作ります

その様子もお伝えしたいのですが時間がないので(汗)
分かりやすいように動画で鍛冶作業をご紹介いたします
この動画を見て頂ければ作業の内容が詳しく分かります

Youtube動画 → プラチナの溶解からの鍛冶作業の様子

続きを読む

ペアの結婚指輪を合わせると 頭文字のイニシャルになるデザイン

鍛造の結婚指輪の専門店ジュエリーコウキ
工房で1つ1つ鍛造で指輪を手作りします

鍛造(たんぞう)という製法は日本の伝統技法の1つ
鍛えて造るという意味で鍛錬しながら指輪を作ります。

この技術は昔から受け継がれてきた日本の伝統技術で
代々鍛造技術を継承してきた宝飾職人しか作れません。

近年、鍛造という製法が注目されて鍛造の結婚指輪が
増えてきましたがほとんどは鍛造ではなく鍛造風です
鍛造に似せて作る鍛造風は本物の鍛造と全く違います。

例えばですが機械で地金をプレスして圧縮をする製法
こちらは機械で圧縮をする圧縮リングで違う鍛造です
昔から伝わる本物の鍛造は鍛冶で職人が手作りします。

ちなみに本物の鍛造で手作りをした結婚指輪は全体の
結婚指輪の1%未満しか存在しない特別なリングです
当店は全国でも数少ない本物の鍛造リング専門店です。

ジュエリー職人

こんにちは (*´Д`)

当店ジュエリーコウキの二代目で宝飾職人歴29年です。

私、池田が師匠である父から代々受け継がれてきた鍛造
という技術を継承して工房で1つ1つ手作りしています。

鍛造とは画像のように金槌で地金を叩いて鍛える鍛冶で
手間をかけながら指輪を手作りしていくという製法です。

鍛冶で鍛錬をされた指輪は、密度が増して強靭な指輪に
育ちますので変形や歪みや傷や衝撃に耐えられるんです
鍛えて造る指輪という意味で「鍛造リング」と言います。

 

本日、ご紹介をさせて頂く鍛造の結婚指輪は
福岡県のお客様からのご依頼となります(^ω^)
ネットショップからのご注文ありがとう御座います

基本はメールでの打ち合わせでOKなのですが
ご丁寧に何回もお電話まで頂いて嬉しかったです!
さて、肝心の結婚指輪のデザインですがお洒落です

 

【イニシャルの結婚指輪】

お客様お二人のお名前のイニシャル(アルファベット)
を2文字使って組み合わせるプラチナの鍛造の結婚指輪

文字の説明では説明しきれないのでw
すでに完成しているイニシャルの結婚指輪をご覧下さい。

DSCN2425

アルファベットのイニシャル
2文字をプラチナ結婚指輪に

男性の頭文字hと、女性の頭文字aのイニシャルを
組み合わせたデザインで、2つの指輪が重なるとha
が浮き上がるお洒落なマリッジリングなんです(^ω^)

ちなみにhaは、アルファベットの小文字を使って
躍動感のある変形文字を考えてデザインさせて頂きました

お客様からのご要望でお客様がデザインしたイニシャルを
デザインに取り入れて指輪を作る事も問題なく可能ですが
文字が細かすぎると溶接時に溶けるので単純化がベストです

どうしても細かい文字や模様を入れたい場合は今回のような
リングの表面に溶接をする方法ではなくてシンプルな平打ち
の表面にレーザー刻印で彫ればどんな文字も模様も可能です。

続きを読む

Pt900 鍛造リング 大きいサイズ 30号以上も作れます!矢絣柄デザイン

鍛造の結婚指輪の専門店ジュエリーコウキ
工房で1つ1つ鍛造で指輪を手作りします

鍛造(たんぞう)という製法は日本の伝統技法の1つ
鍛えて造るという意味で鍛錬しながら指輪を作ります。

この技術は昔から受け継がれてきた日本の伝統技術で
代々鍛造技術を継承してきた宝飾職人しか作れません。

近年、鍛造という製法が注目されて鍛造の結婚指輪が
増えてきましたがほとんどは鍛造ではなく鍛造風です
鍛造に似せて作る鍛造風は本物の鍛造と全く違います。

例えばですが機械で地金をプレスして圧縮をする製法
こちらは機械で圧縮をする圧縮リングで違う鍛造です
昔から伝わる本物の鍛造は鍛冶で職人が手作りします。

ちなみに本物の鍛造で手作りをした結婚指輪は全体の
結婚指輪の1%未満しか存在しない特別なリングです
当店は全国でも数少ない本物の鍛造リング専門店です。

ジュエリー職人

こんにちは (*´Д`)

当店ジュエリーコウキの二代目で宝飾職人歴29年です。

私、池田が師匠である父から代々受け継がれてきた鍛造
という技術を継承して工房で1つ1つ手作りしています。

鍛造とは画像のように金槌で地金を叩いて鍛える鍛冶で
手間をかけながら指輪を手作りしていくという製法です。

鍛冶で鍛錬をされた指輪は、密度が増して強靭な指輪に
育ちますので変形や歪みや傷や衝撃に耐えられるんです
鍛えて造る指輪という意味で「鍛造リング」と言います。

 

鍛造リング 大きいサイズでも作れます

本日は、サイズの超大きい結婚指輪の制作風景になります
その作る結婚指輪のサイズは何と33号\(^o^)/ワオ

しかし安心して下さい、当店では問題なく作れますよ!
新潟県の長岡市に自社工房がありますので大丈夫です!

リング サイズ 大きい

リングのサイズ 30号以上は規格外

ちなみにサイズが33号の指輪の大きさはこんな感じです
まだ制作途中なのでデザインはないですが大きさを見て下さい
めっちゃ大きいですね(汗)自分の指だと2本以上入りますね。

指輪の種類に限らず、指のサイズを計る道具をサイズゲージと
呼ぶのですが一般的なサイズゲージは1号~30号までなんです

ジュエリーショップや、宝石店ですら一般的には1号~30号の
サイズゲージを使用しているお店がほとんどだと思って下さい

この理由は、日本人の指のサイズは1~30までで収まるという
事でこのサイズゲージの大きさに設定されているからなんですね

作り手の私のイメージだと20号を超えると大きいサイズですね
逆に1号以下の小さい指輪も作ります(ベビーリングがほとんど)

リングゲージ

こちらが指のサイズを計れる
サイズゲージ (リングゲージ)

既製品の指輪や結婚指輪では1号前後の小さいスモールサイズや
30号前後までの大きなサイズに対応していない場合が多いです

ですので既製品で気に入った結婚指輪や、他の指輪などあったら
30号まで作れるかスタッフさんに聞いた方が間違いないですね

そして手作りだから30号以上のサイズでも作れる訳なんですが
いくら手作りだからと言っても大きいサイズに対応できる工具が
ないと作る事はできません(汗)道具があれば作れるということ

その工具も特殊で全ての手作り専門店にある訳ではございません
なので指が規格外の大きさの場合、まずお問い合わせをした方が
お店で対応できるのかどうか確かめた方が間違いないと思います。

続きを読む

海の波をイメージした夏色の結婚指輪!ウェーブ×ダイヤ=波しぶき

鍛造の結婚指輪の専門店ジュエリーコウキ
工房で1つ1つ鍛造で指輪を手作りします

鍛造(たんぞう)という製法は日本の伝統技法の1つ
鍛えて造るという意味で鍛錬しながら指輪を作ります。

この技術は昔から受け継がれてきた日本の伝統技術で
代々鍛造技術を継承してきた宝飾職人しか作れません。

近年、鍛造という製法が注目されて鍛造の結婚指輪が
増えてきましたがほとんどは鍛造ではなく鍛造風です
鍛造に似せて作る鍛造風は本物の鍛造と全く違います。

例えばですが機械で地金をプレスして圧縮をする製法
こちらは機械で圧縮をする圧縮リングで違う鍛造です
昔から伝わる本物の鍛造は鍛冶で職人が手作りします。

ちなみに本物の鍛造で手作りをした結婚指輪は全体の
結婚指輪の1%未満しか存在しない特別なリングです
当店は全国でも数少ない本物の鍛造リング専門店です。

ジュエリー職人

こんにちは (*´Д`)

当店ジュエリーコウキの二代目で宝飾職人歴29年です。

私、池田が師匠である父から代々受け継がれてきた鍛造
という技術を継承して工房で1つ1つ手作りしています。

鍛造とは画像のように金槌で地金を叩いて鍛える鍛冶で
手間をかけながら指輪を手作りしていくという製法です。

鍛冶で鍛錬をされた指輪は、密度が増して強靭な指輪に
育ちますので変形や歪みや傷や衝撃に耐えられるんです
鍛えて造る指輪という意味で「鍛造リング」と言います。

 

夏にピッタリ!海をイメージした結婚指輪

本日ご紹介させて頂く結婚指輪は素敵ですね~
福岡県のお客様からのインターネット通販でご注文を
いただきまして鍛造の結婚指輪を手作りさせて頂きます

手作りをさせて頂く鍛造の結婚指輪のデザインですが、
夏色を感じる事のできるサマーマリッジリングです
日本語に直訳すると夏の結婚指輪(そのまんまですw)

サマーといっても夏限定という訳じゃありませんw
春夏秋冬どの季節でもバッチリですよ(^ω^)

夏が好きなご夫婦、夏に想い出のあるカップルさん
夏の海、波をモチーフにしたプラチナの結婚指輪です

どんな結婚指輪のデザインなのか気になりますよね~
OK分かりました!出来上がった結婚指輪をご覧下さい

結婚指輪 海

夏をイメージした海の波デザインの結婚指輪

マリッジリングのトップデザインに注目して下さい!
夏の海や、夏の爽やかな波をモチーフに制作しました

男性のマリッジリングはシンプルにプラチナのみで表現
女性のマリッジリングは小さいダイヤをグラデーションで
埋め込んでキラキラした波しぶきをイメージして作りました

こちらの結婚指輪が出来上がるまでの制作工程を記事に
させて頂きますので楽しみながらご覧下さいませ(^ω^)

 

続きを読む

和風の結婚指輪×鍛造ブランド店の職人が手作り!桜の和彫りが綺麗

結婚指輪を手作りで作る宝石店、ジュエリーコウキ
日本伝統技法の鍛造(たんぞう)で作る鍛造の専門店

鍛造リングとは、指輪の素材となるプラチナやゴールドを
ハンマーで叩いて鍛える鍛冶で密度を上げながら作る製法。

鍛造は日本伝統技法で、昔から代々受け継がれてきた技で
特殊な宝飾技術ですので全国的に鍛造リングは希少な指輪
お蔭様で全国各地から鍛造リングのご依頼を頂いています。

私、池田は当店二代目で宝飾職人として29年しています
師匠である父から鍛造技術を受け継ぎ鍛造を守っています
新潟県長岡市の自社工房で私が鍛造リングを作っています。

ジュエリー職人

和彫り 和風の結婚指輪

彫りには代表的な洋彫りと和彫りの二種類があります
本日、ご紹介させていただくのは和彫りでございます

その中で和彫りと言えば花柄が有名ですが
「桜の和彫り」をご紹介したいと思います(^ω^)
鏨(タガネ)で彫りあげる手彫りなので躍動感があります

手彫りは彫り師の腕がめちゃくちゃ問われる職人技です!
同じ模様を彫っても彫り師によって力強さ、繊細さ、躍動感、
見た目が全然違いますので自分好みの彫りを見つけましょう。

 

【桜の和彫り 和風の結婚指輪】

私は自宅の庭にも桜の木があるくらいに、桜が大好きなので
桜のモチーフの結婚指輪を作る事がけっこうあるんですよね
子供の頃から慣れ親しんだ桜。自分は花の中で1番好きです。

桜の和彫りのイメージを写真で見てすぐ分かるように
すでに完成している鍛造の結婚指輪の画像をアップしますね
こちらの写真が、桜の和彫りをしたプラチナの結婚指輪です。

指輪 和風 和彫り

とっても綺麗に彫りあげた桜の花が力強くて印象的ですね
どのような造り方、彫り方でこのような和彫りになるのか
制作工程を細かくアップしましたのでお楽しみ下さい(^ω^)

和彫りの話しばかりをしていましたが、彫り以外の所でも
超こだわって妥協は一切なし!1つ1つの工程が凄いんです
これこそ超こだわった「鍛造の結婚指輪」だと見せつけますw

桜の和彫りで和風×鍛造プラチナ結婚指輪

○結婚指輪のベースとなる地金(プラチナ)を
金槌で叩いて地金を鍛え上げて作る鍛造(たんぞう)

○鍛造で造り上げた結婚指輪をヤスリで削って
リングのデザインを作り出していく彫金(ちょうきん)

○結婚指輪の表面をタガネで絵を書くように彫刻していく
桜の和彫りという大きくわけて3段階の工程をご紹介します

 

続きを読む

結婚指輪 平均サイズは?小さめ6号 大きめ28号 プラチナ鍛造 製造工程

結婚指輪の手作り専門店、ジュエリーコウキです
鍛造という日本伝統技法で手作りをする結婚指輪

鍛造(たんぞう)とは結婚指輪の材質となるプラチナや
ゴールドを金槌で叩いて鍛錬しながら作る製法の事です
日本伝統技法の1つで継承した宝飾職人しか作れません。

当店2代目で宝飾職人歴29年の私、池田も鍛造製法を
受け継いだ数少ない宝飾職人の1人になります(゚Д゚)ノ ハイ

巷では、ロウワックスを削って指輪の原型を作る製法を
手作りといって流行っていますが、私が継承した製法は

ロウワックスの原型作りではなくリングの地金を使って
地金からリングを作り出す本物の手作りの結婚指輪です。

ジュエリー職人

画像に写っているオッサンが私、池田ですw

画像のように、鍛冶で結婚指輪を作るプロフェッショナル
全国でも数少ない鍛造で結婚指輪を手作りする宝石店です
ちなみに、こちらのブログも私が更新しております(^-^)

本日のブログも結婚指輪の制作工程をお伝えしていきます
結婚指輪のデザインは、V字のデザインでミル打ちです
結婚指輪のサイズに特徴があって、作り応えがありますよ。

結婚指輪 男性用のサイズが大きめ
結婚指輪 女性用のサイズが小さめ

基本的に結婚指輪は同じデザインが2つなのでサイズに
よってデザインの間隔が変わるのでセンスが問われます

普通の平均的なサイズの場合は、特にデザインの間隔を
あまり神経質に考えなくても大丈夫ですが、今回の場合
メンズとレディースで指輪のサイズが、かなり違います。

どのくらいサイズが違うのかが気になると思いますので
サイズの大きさが分かる画像を先にアップします(^-^)

結婚指輪 大きめ 小さめ

結婚指輪のサイズ感 大きめ、小さめ

メンズの結婚指輪にレディースの結婚指輪がスッポリと
入ってしまうほどで指輪サイズがここまで違っています。

参考として結婚指輪が、どのくらいのサイズかというと
メンズが28号サイズで、レディースが6号サイズです。

当店の場合ですが、よく作る結婚指輪のサイズの平均は
メンズが15号前後、レディースが9号前後が多いです
こちらの平均サイズと比べるとサイズが結構違いますね。

結婚指輪のサイズが大きくても、小さくても付け心地は
とっても重要になりますのでジャストサイズに作ります!

ちょうどいいサイズで、ストレスが無く結婚指輪を毎日
身につけていたいと思う付け心地の良い指輪を作ります
それでは早速、結婚指輪の制作工程をご覧くださいませ。

 

続きを読む

結婚指輪 幅 夫婦ペアで違う【鍛造 製造工程】男5.5mm幅×女3.5mm幅

新潟県長岡市に小さな店と工房を構えている
手作り結婚指輪の専門店・ジュエリーコウキ

ジュエリーコウキ2代目の私、池田が書く制作日記
日々の鍛造リング作成の事をブログに書いています
指輪を作る宝飾職人として長いキャリアがあります

他店とは違った職人目線でブログを書いております
鍛造ジュエリーを作りながらデジカメで撮影をして

製造工程を書いていますので他では真似が出来ない
切り口で製造記事を書いて公開しています(^ω^)

ジュエリー職人

手作りをしている鍛造の結婚指輪のご紹介です
新潟県長岡市のお客様からご依頼で作成中です
ご注文をいただきましてありがとう御座います

小さい宝石店ですが、小さい工房にて1つ1つ
丹精をこめてハンドメイドのみで作り上げます
こだわりの指輪作りの作業の流れをご覧下さい

手作りをしている結婚指輪の完成がコチラ
すでに出来上がっているので公開をします

結婚指輪 夫婦で幅が違う

【夫婦で幅が違う結婚指輪】

結婚指輪のデザインはシンプルな平打ちリング
シンプル&ストレートのフラットなフォルムです

男性が5.5mmという幅広タイプの平打ちリングで
そして女性が3.5mmの少し狭い平打ちリングです

男女で結婚指輪が2mmの幅の違いがありますので
バランスを考えて作る事が最大のポイントですね

平打ちリングの側面にミル打ちが入っていますが
全部の作業を1回の記事にすると超長くなるので
今回の記事では平打ちリングになるまでをご紹介。

次回の記事はミル打ちの作業工程をご紹介します
記事を2回に分けて書きますのでお願い致します。

 

続きを読む

【Pt900】鍛造 結婚指輪を手作り!夫婦でペアじゃない違うデザイン

手作り結婚指輪の宝石店、ジュエリーコウキ
新潟県長岡市にある鍛造ジュエリーショップ

ジュエリーコウキ2代目の私、池田が書くブログです
リング作成が生活の一部というリング作りマニアですw

もちろん鍛造リングで食べているのでプロの宝飾職人
仕事でも仕事外でもジュエリーをよく作り愛してます

宝飾職人として経験が豊富なので普通の人とは違った
切り口でリング作成をこと細かくアップしていきます!
趣味で書いているのではなく本気で書いています(^-^)

ジュエリー職人

【結婚指輪 夫婦で違うデザイン】

夫婦で別々の違うデザインで結婚指輪を作ります
メンズとレディースで甲丸のフォルムを変えます。

結婚指輪のデザインは、シンプルなデザインです
甲丸(こうまる)と言われてシンプルで人気です。

メンズはストレートタイプの普通の甲丸タイプで
レディースはV字の甲丸で、リング幅も違います。

 

ジュエリーコウキで作る指輪は鍛造

鍛造(たんぞう)と言いますが、その言葉の通り
鍛えながら造るから鍛造、指輪なので鍛造リング。

順を追って説明しますが、まずはプラチナの溶解
地金類(プラチナやゴールドやシルバーなど)を
溶かす作業の事を、業界では溶解作業と言います。

こちらの画像がプラチナを溶かしている様子です
ジュエリーコウキで作る指輪は全てここからです。

結婚指輪は2本分のペアリングですので2本分の
リングを作るのに必要なプラチナを用意して溶解。

プラチナ 溶解

プラチナの結婚指輪
鍛造の製造工程です

熔解したプラチナの塊をじっくりと鍛え上げます
ちなみに溶かしたプラチナの塊は結婚指輪を作る
為に必要な重量なんです(2本分のリングの重さ)

熔解をする前に、これから作る結婚指輪のサイズや
幅や高さ、またデザインなど計算して割り出します
そして必要な重量が確定したら熔解をするんですね。

続きを読む

結婚指輪 鍛造と鋳造の違い【鍛造 製造工程】最大のメリットは頑丈

新潟県長岡市にある手作り結婚指輪の専門店
ジュエリーコウキの2代目、池田と申します

普通の宝石店とは違って日本伝統技法の鍛造で
鍛造ジュエリーを制作販売している宝石店です

新潟県長岡市に小さい店舗と工房を構えており
鍛造の結婚指輪をメインとして手作りをして
おりますが他のジュエリーも制作しております

ジュエリー職人(ジュエリー作家)のキャリアが
かなり長いので他店では公開できないような鍛造で
リングを作る工程などの情報を記事にしていきます。

ジュエリー職人

早速、指輪作りの記事を書きたいと思います
今回は鍛造の結婚指輪の製造工程になります

鍛造リングの詳しい説明はあとでしますが、
まずはプラチナを溶かす動画からご覧ください
滅多に見れない作業の様子だと思います(^ω^)

続きを読む

ヘアライン×ゴールド結婚指輪【鍛造】シンプルな平打ちと相性抜群

鍛造の結婚指輪の専門店ジュエリーコウキです
工房で1つ1つ鍛造で結婚指輪を手作りします

鍛造(たんぞう)という製法は日本の伝統技法の1つ
鍛えて造るという意味で鍛錬しながら指輪を作ります。

この技術は昔から受け継がれてきた日本の伝統技術で
代々鍛造技術を継承してきた宝飾職人しか作れません。

近年、鍛造という製法が注目されて鍛造の結婚指輪が
増えてきましたがほとんどは鍛造ではなく鍛造風です
鍛造に似せて作る鍛造風は本物の鍛造と全く違います。

ちなみに本物の鍛造で手作りをした結婚指輪は全体の
結婚指輪の1%未満しか存在しない特別なリングです
当店は全国でも数少ない本物の鍛造リング専門店です。

ジュエリー職人

こんにちは(゚Д゚)ノ 池田と申します

私はジュエリーコウキの二代目で宝飾職人歴28年です

私、池田が師匠である父から代々受け継がれてきた鍛造
という技術を継承して工房で1つ1つ手作りしています。

鍛造とは画像のように金槌で地金を叩いて鍛える鍛冶で
手間をかけながら指輪を手作りしていくという製法です。

鍛冶で鍛錬をされた指輪は、密度が増して強靭な指輪に
育ちますので変形や歪みや傷や衝撃に耐えられるんです
鍛えて造る指輪という意味で「鍛造リング」と言います。

 

【ゴールドの結婚指輪にヘアライン】

本日のブログでご紹介をする指輪は鍛造の結婚指輪です
指輪の素材は k18イエローゴールドを使って作りました。

そして指輪の仕上げ方はヘアラインですが何と手作業で
ヘアラインを入れていくという贅沢なヘアライン仕上げ。

一般的な市販の既製品はヘアラインは機械で入れますが
手作業で細かいヘアラインを入れるのは難易度が高くて
更に鍛造で作られた指輪に手作業のヘアラインは激レア!

まず出来上がった鍛造ゴールドの結婚指輪をご覧下さい
これが手作業で丁寧に入れた究極のヘアライン加工です。

結婚指輪 ヘアライン

【ヘアライン 結婚指輪】

イエローゴールドを鍛錬しながら作った鍛造の結婚指輪
そこに手作業でヘアラインを丁寧に入れたデザインです。

機械ではなく手作業で入れたヘアラインは繊細で美しく
人の手で入れたヘアラインは温もりを感じられます(^-^)

指輪の幅は男性用と女性用で違います(同じにも出来ます)

男性用が3.5ミリ幅で、女性用が2.5ミリ幅で制作
それでは、鍛造の結婚指輪が完成するまでをご覧下さい!

 

続きを読む