鍛造ゴールドの結婚指輪【強靭なリング】金槌で打つ槌目が美しい!

鍛造の結婚指輪の専門店ジュエリーコウキです
ゴールドとプラチナで鍛造リングを制作します

鍛造(たんぞう)という製法は日本の伝統技法の1つ
鍛えて造るという意味で鍛錬しながら指輪を作ります。

この技術は昔から受け継がれてきた日本の伝統技術で
代々鍛造技術を継承してきた宝飾職人しか作れません。

近年、鍛造という製法が注目されて鍛造の結婚指輪が
増えてきましたがほとんどは鍛造ではなく鍛造風です
鍛造に似せて作る鍛造風は本物の鍛造と全く違います。

ちなみに本物の鍛造で手作りをした結婚指輪は全体の
結婚指輪の1%未満しか存在しない特別なリングです
当店は全国でも数少ない本物の鍛造リング専門店です。

ジュエリーコウキ

こんにちは (*´Д`)

アラフィフに足を踏み入れた宝飾職人の池田と申しますw
当店ジュエリーコウキの二代目で宝飾職人歴28年です。

私、池田が師匠である父から代々受け継がれてきた鍛造
という技術を継承して工房で1つ1つ手作りしています。

鍛造とは画像のように金槌で地金を叩いて鍛える鍛冶で
手間をかけながら指輪を手作りしていくという製法です
素材はゴールドとプラチナの2種類のみにこだわります。

鍛造 リング ゴールド

【鍛造のゴールド結婚指輪】

ゴールドを鍛造で作った本物の結婚指輪を紹介します!

冒頭にもお伝えしましたが鍛造は日本伝統技法の1つで
正真正銘の鍛造とは師匠から弟子へと代々受け継がれて
きた伝統技術で独学で真似て作れるものではありません。

師匠のもとで何十年も修業をして受け継がれる技術です
しかし近年、鍛造が注目されてきてから鍛造風が物凄く
増えてきたという悲しい現象が起きているんです(涙)

鍛造風で作った結婚指輪でも堂々と鍛造といって販売を
している店が多々ありますので皆さん注意してください。

私は本物の鍛造技術を継承している宝飾職人の1人です
これこそ本物!真似ができるものならしてみればいいさ
という自信と信念を持って制作工程を隠さず出します!

鍛造のゴールド結婚指輪の制作工程を細かく書きますが
その前に、手作りをした鍛造の結婚指輪をご紹介します。

鍛造 結婚指輪 ゴールド

槌目の種類は、縦目の槌目

これが1つ1つ私が手打ちをした鍛造の槌目リングです
金槌で叩き上げて作られた槌目も凄い雰囲気を感じます。

槌目(つちめ)とは金槌で叩いた打痕を仕上げた模様で
槌目模様も日本伝統模様の1つなので和を感じられます。

槌目は金槌の大きさや形、重さや打ち込む角度や力加減
すべてが一致してできる唯一無二の模様ということです。

今回の槌目は平の金槌を使い浅い平の槌目を打ちました
縦長槌目や縦目槌目と呼ばれている種類の槌目模様です
こちらの鍛造のゴールド結婚指輪の作り方を公開します!

 

続きを読む

鍛造プラチナ結婚指輪-作り方【感動】幅広7mm 太い指輪に白い槌目

鍛造の結婚指輪の専門店ジュエリーコウキです
自社工房で1つ1つ鍛造で指輪を手作りします

鍛造(たんぞう)という製法は日本の伝統技法の1つ
鍛えて造るという意味で鍛錬しながら指輪を作ります。

この技術は昔から受け継がれてきた日本の伝統技術で
代々鍛造技術を継承してきた宝飾職人しか作れません。

近年、鍛造という製法が注目されて鍛造の結婚指輪が
増えてきましたがほとんどは鍛造ではなく鍛造風です
鍛造に似せて作る鍛造風は本物の鍛造と全く違います。

ちなみに本物の鍛造で手作りをした結婚指輪は全体の
結婚指輪の1%未満しか存在しない特別なリングです
当店は全国でも数少ない本物の鍛造リング専門店です。

ジュエリーコウキ

こんにちは (*´Д`)

アラフィフに足を踏み入れた宝飾職人の池田と申しますw
当店ジュエリーコウキの二代目で宝飾職人歴28年です。

私、池田が師匠である父から代々受け継がれてきた鍛造
という技術を継承して工房で1つ1つ手作りしています。

鍛造とは画像のように金槌で地金を叩いて鍛える鍛冶で
手間をかけながら指輪を手作りしていくという製法です。

ジュエリーコウキ

【鍛造のプラチナ結婚指輪】

プラチナを鍛造で作った本物の結婚指輪を紹介します!

冒頭にもお伝えしましたが鍛造は日本伝統技法の1つで
正真正銘の鍛造とは師匠から弟子へと代々受け継がれて
きた伝統技術で独学で真似て作れるものではありません。

師匠のもとで何十年も修業をして受け継がれる技術です
しかし近年、鍛造が注目されてきてから鍛造風が物凄く
増えてきたという悲しい現象が起きているんです(涙)

鍛造風で作った結婚指輪でも堂々と鍛造といって販売を
している店が多々ありますので皆さん注意してください。

私は本物の鍛造技術を継承している宝飾職人の1人です
これこそ本物!真似ができるものならしてみればいいさ
という自信と信念を持って制作工程を隠さず出します!

鍛造のプラチナ結婚指輪の制作工程を細かく書きますが
その前に、手作りをした鍛造の結婚指輪をご紹介します。

鍛造 結婚指輪 プラチナ

艶消しの槌目で仕上げた
プラチナ鍛造の結婚指輪

どうですか!指輪からオーラを放っているのを感じます
しかもビンビンに感じられる圧倒的なオーラを感じます。

金槌で叩き上げて作られた槌目も凄い雰囲気を感じます
槌目(つちめ)とは金槌で叩いた打痕を仕上げた模様で
槌目模様も日本伝統模様の1つなので和を感じられます。

槌目は金槌の大きさや形、重さや打ち込む角度や力加減
すべてが一致してできる唯一無二の模様ということです。

今回の槌目は平の金槌を使い浅い平の槌目を打ちました
艶消しにすることで繊細で浅い槌目の凹凸が浮き出ます
こちらの鍛造のプラチナ結婚指輪の作り方を公開します!

 

続きを読む

新潟で結婚指輪を手作りするならドラマに出たジュエリーコウキ!テレビや全国紙で取材された鍛造の宝石店

新潟の手作り結婚指輪の専門店ジュエリーコウキ
日本伝統技法の1つ、鍛造で結婚指輪を作ります

鍛造(たんぞう)という日本の伝統技術で結婚指輪を制作
鍛えて造る指輪という意味で鍛造指輪と言われています。

ちなみに出来合いの既製品の結婚指輪は鋳造(ちゅうぞう)
という製法でリングの原型の型に溶かした地金を流して
固めて作る大量生産で、市場の99%以上がこの製法です。

手作りと言っている店でもロウワックスを削って指輪の
原型を作っている店がほとんどでこれも鋳造に入ります。

市場の残り1%以下が鍛造で 宝飾職人が鍛冶で作ります
直接地金(プラチナやゴールド)を鍛えて削って作ります。

手間をかけて鍛冶で鍛練する事で地金の密度が増します
密度が上がった指輪は変形しにくく結婚指輪に最適です。

 

こんにちは(゚Д゚)ノ

ジュエリーコウキ2代目で宝飾職人の池田と申します
職人歴は28年で鍛造を継承している職人の1人です。

鍛造は昔からの技術を受け継いだ宝飾職人しか作れず
全国でも鍛造を継承した宝飾職人は凄く少ないんです。

鍛造で手作りした鍛造指輪をブログで発信しています
鍛造指輪の制作工程や鍛造結婚指輪を紹介しています。

私が鍛造で手作りをした指輪がドラマに使われました
他にも、NHKさんや全国誌からの取材も頂きました

注目して頂いて感謝です!それほど本物の鍛造製法は
少ないのでオファーを頂きましたのでご紹介しますね。

こちらをクリックして頂ければTVドラマに使われた
鍛造の結婚指輪の撮影秘話を詳しくご覧頂けます(^^)

日テレドラマ「知らなくていいコト」

ジュエリー職人

【新潟で鍛造の結婚指輪を手作りできる】

鍛造で作り上げた鍛造指輪をブログで発信しています
日本の伝統技法で本物の鍛造を発信するのが目的です。

他店では真似ができない鍛造製法の制作工程を細かく
紹介する事で他店の鍛造とはレベルが違うという事が
ハッキリと分かると思いますので是非、ご覧ください!

鍛造が注目されるようになってから鍛造風というのが
全国で増えて目立つようになってきましたが鍛造風と
いうのは本物の鍛造ではないのでお気をつけください!

 

続きを読む

24金の結婚指輪 (ペアリング) 手作りの技術と強度が凄い!日本の鍛造ブランドがコレ!

手作り結婚指輪の専門店、ジュエリーコウキ
日本の伝統技法の鍛造で結婚指輪を作ります

日本伝統技法の鍛造という製法で指輪を手作り致します
鍛えて造るという意味から鍛造(たんぞう)といいます。

鍛造は古来から受け継がれてきた宝飾職人の技術なので
鍛造技術を継承した宝飾職人しか作ることができません。

時代と共に鍛造技術を継承した宝飾職人が減っています
市場全体の1%以下しか鍛造で作った指輪は存在しません。

鍛造と説明をしている店は全国多々あるのが現状ですが
圧縮だったり一部鍛造だったり鍛造風が蔓延しています
当店のような正式な鍛造は全国でも極めて少ないんです。

 

こんにちは(゚Д゚)ノ

ジュエリーコウキ2代目で宝飾職人の池田と申します
職人歴は28年で鍛造を継承している職人の1人です。

私は二代目になりますが初代になる私の師匠は父です
父は東京で師匠のもとで長年修業をして継承しました
故郷の新潟の長岡に戻って鍛造専門店を開業しました。

父の技術を受け継いだ私が鍛造で指輪を作り上げます
正真正銘の本物の鍛造で作る結婚指輪をご覧ください!

ジュエリー職人

鍛造で作り上げた鍛造指輪をブログで発信しています
日本の伝統技法で本物の鍛造を発信するのが目的です。

他店では真似ができない鍛造製法の制作工程を細かく
紹介する事で他店の鍛造とはレベルが違うという事が
ハッキリと分かると思いますので是非、ご覧ください!

鍛造が注目されるようになってから鍛造風というのが
全国で増えて目立つようになってきましたが鍛造風と
いうのは本物の鍛造ではないのでお気をつけください!

早速、ブログで鍛造で作る結婚指輪を紹介いたします
今回のブログで制作工程を紹介する鍛造の結婚指輪は
すでに完成しておりますので画像をご覧くださいませ。

【結婚指輪を24金で制作】

結婚指輪 24金

どうですか!味わい深い雰囲気が出ている結婚指輪です

表面の凹凸は槌目(つちめ)という日本の伝統模様です
槌目は金槌で叩いた打痕で美しい槌目は技術が必要です。

ゴールドと言えばピッカピカに光ったものが定番ですが
画像のようにマットの艶消しに仕上げるのも美しいです!

24金は純度MAXなので黄金(おうごん)の色なんです
黄金色(こがねいろ)とも呼ばれていて普通の金よりも
濃い色が特徴で、鏡面にしても艶消しにしても綺麗です!

 

24金の結婚指輪を作るなら
日本の鍛造ブランドが安心!

日本伝統技法で日本伝統模様の槌目で仕上げてあります
製法も鍛造で日本伝統技法なので日本の技術が集結です!

24金は金の純度が1番高い混ざりけ無しの純粋な金です
ということで24金は凄く柔らかい金という事になります
柔らか過ぎるのでリングには向いてません(変形や歪み)

しかし日本の職人の技術力は凄いです!柔らかい24金も
じっくりと時間をかけて鍛造で作ると頑丈になるんです!

24金が強く頑丈になる細かい理由は後で説明をしますが
日本の鍛造という製法は世界でも尊敬されている製法で
正真正銘の鍛造は本当に少ないので希少価値が高いです。

ちなみに当店ジュエリーコウキは鍛造を継承しています
鍛造ブランドのジュエリーコウキが作る指輪は本物です!

続きを読む

結婚指輪-槌目の完成度がエグイ!職人手打ちの槌目模様が美しい!

ご観覧を頂きましてありがとう御座います
鍛造の結婚指輪の専門店 ジュエリーコウキ
当店2代目で宝飾職人の池田と申します(^-^)

本日ご紹介させていただく結婚指輪は凄いですよ~
鎚目(つちめ)の結婚指輪の制作工程をお伝えするのですが

何が凄いって、何千、何万と金槌で叩きまくる鍛冶作業で
作り上げる正真正銘の本物の鍛造の結婚指輪だからです!

鍛造風(一部鍛造や圧縮など)は沢山ありますが本物の鍛造は
全てのリングの中でも1%未満と言われるほどのシェア率です
本物の鍛造は先代から技術を継承した宝飾職人しか作れません

もちろん私がハンドメイドで作る結婚指輪は全てが鍛造ですが
今回の鍛造は最初から最後まで鍛造でまとめあげた逸品なんです

【結婚指輪 槌目】

結婚指輪で人気のある槌目模様ですが、一般的な大きさよりも
細かく深く、繊細な槌目模様となりますので注目度も高いです
しかも金槌の打ち込み方によって、槌目模様が違ってきますので
同じように作っても事実上の1点物といえる槌目の結婚指輪です

結婚指輪の幅も男性と女性で大幅に違うというデザインで、
男性が5.0ミリ幅、女性が3.0ミリ幅というインパクト
分かりやすいように完成した結婚指輪の画像を先にアップします

【結婚指輪のプラチナに槌目模様】

DSCN1943

長野県のお客様からご依頼をいただき制作させて頂きました
当店、ジュエリーコウキは新潟県長岡市にある宝石店ですが

日本伝統技法の鍛造を親子代々で継承している本物ですので
全国各地から鍛造の結婚指輪のご依頼を沢山頂いております
ご依頼をいただきまして誠にありがとう御座いましたm(__)m

こちらの鍛造にこだわった槌目模様の結婚指輪が完成するまでの
制作工程をアップしましたので楽しんで見て頂ければ嬉しいです

 

【槌目の結婚指輪 作り方】

完成した結婚指輪の写真を見ていただけると分かるかと思いますが
とっても深くて細かく繊細な槌目がガッツリと打ち込まれております

一般的な槌目模様はもっと大雑把?というか模様が広いんですが
今回の槌目は繊細さを出したくて何度も細かく深く打ち込みました
よく作っている槌目よりも何倍も時間をかけて打ち込んだ作品です

そしてブログのカテゴリーで打ち出しのカテゴリーに入れましたが
工程は似ていますが打ち出しとは違います。違うんですが見た目が
打ち出し模様に似ているので打ち出しカテゴリーとさせて頂きました

すごく簡単に槌目と打ち出しの2つの手法を説明すると
槌目は金槌で打ち込んだ模様、打ち出しはタガネで打ち込んだ模様
ざっくりとした簡単な説明になってしまいましたが完璧な説明ですw

 

続きを読む

プラチナ999 結婚指輪は傷が付きやすい!鍛造で強度を上げれば安心!

手作り結婚指輪の専門店、ジュエリーコウキ
日本の伝統技法の鍛造で結婚指輪を作ります

日本伝統技法の鍛造という製法で指輪を手作り致します
鍛えて造るという意味から鍛造(たんぞう)といいます。

鍛造は古来から受け継がれてきた宝飾職人の技術なので
鍛造技術を継承した宝飾職人しか作ることができません。

時代と共に鍛造技術を継承した宝飾職人が減っています
市場全体の1%以下しか鍛造で作った指輪は存在しません。

鍛造と説明をしている店は全国多々あるのが現状ですが
圧縮だったり一部鍛造だったり鍛造風が蔓延しています
当店のような正式な鍛造は全国でも極めて少ないんです。

 

こんにちは(゚Д゚)ノ

ジュエリーコウキ2代目で宝飾職人の池田と申します
職人歴は27年で鍛造を継承している職人の1人です。

私は二代目になりますが初代になる私の師匠は父です
父は東京で師匠のもとで長年修業をして継承しました
そして故郷の長岡に戻って鍛造専門店を開業しました。

父の技術を受け継いだ私が鍛造で指輪を作り上げます
正真正銘の本物の鍛造で作る結婚指輪をご覧ください!

ジュエリー職人

鍛造で作り上げた鍛造指輪をブログで発信しています
日本の伝統技法で本物の鍛造を発信するのが目的です。

他店では真似ができない鍛造製法の制作工程を細かく
紹介する事で他店の鍛造とはレベルが違うという事が
ハッキリと分かると思いますので是非、ご覧ください!

早速、ブログで鍛造で作る結婚指輪を紹介いたします
今回のブログで制作工程を紹介する鍛造の結婚指輪は
すでに完成しておりますので画像をご覧くださいませ。

【プラチナ999で作る結婚指輪】

プラチナ999 結婚指輪

プラチナ999を使って鍛造制作をした結婚指輪です

指輪のフォルムは定番の甲丸リングで、全面に槌目を
打ち込んで、つや消しで仕上げたデザインになります。

プラチナ999はとても柔らかいプラチナになるので
変形や歪みやすくてリングには向いていないのですが

鍛造製法のメインとなる鍛冶で鍛錬をしながら作ると
プラチナが頑丈になるのでリングとしても使えます!

 

プラチナ999とは?

プラチナ999と聞いて、何?思う方は多いと思います
プラチナは純度によって数字の表記が変わってきます。

ジュエリーに1番多く使われてるプラチナがpt900で
他にpt850,pt950,pt1000など様々な種類があります
で、今回のプラチナ999はpt999と表記されています。

プラチナ999とは純プラチナのプラチナ1000
に最も近い純度の高いプラチナという事になります。

 

プラチナ999の刻印

ここからの解釈は会社やメーカーなどで変わりますが
当店の場合 プラチナ999はpt999の刻印を打ちます。

あれ?普通では?と思う方もいらっしゃると思います
実は、プラチナ999の中でもプラチナ999.5と
いう純度が極限まで上がる表記のプラチナがあります!

その場合、当店ではpt999の刻印を使わずにpt1000の
刻印を使っています。その理由はプラチナ1000と
表記されていても、実際はプラチナ1000以下で
プラチナ999.5以上という事になるからなんです。

今現在の技術で、純金のように純度が100%という
プラチナが存在しないということで、プラチナ999
よりもプラチナ999.5が最も純度が高いんですね!

ということで、プラチナ表記の刻印を打ち込む場合は
プラチナ999はpt999 プラチナ999.5はpt1000
と区別をして当店では刻印を打ち込んでおります(^-^)

 

続きを読む

結婚指輪を普段使いなら鍛造がお勧め!変形しずらく傷つきにくい

結婚指輪を鍛造で作る専門店、ジュエリーコウキ
新潟県長岡市の工房で宝飾職人が鍛造で作ります

鍛造(たんぞう)とは日本の伝統技法の1つになります
鍛えて造るという意味から鍛造といわれリングの地金
を鍛冶で鍛錬しながら作るので鍛造リングといいます。

刀職人さんが刀を作る時にハンマーでカンカン叩いて
伸ばして鍛えて造りますが、その指輪バージョンです
ハンマーで叩かれた指輪は密度が増し頑丈になります。

しかし鍛造製法は、昔から代々受け継がれた宝飾職人
しか作ることができない伝統技術なので鍛造リングは
全国でも凄く少なくて市場の2%しかない特別な製法。

宝飾職人

こんにちわ(゚Д゚)ノ

ジュエリーコウキの代表で二代目宝飾職人の池田です
初代宝飾職人は父で父から鍛造技術を受け継ぎました。

上画像に写っている鍛冶をしているおっさんが私ですw
私は宝飾職人歴27年!親子二代で工房で作ってます
三姉妹の父なのでいずれ誰か鍛造を継いでほしいです!

鍛造は伝統技法なので継承者が本当にすくないんです
ですので鍛造製法を多くの方々に知って頂きたいので
鍛造リングの作り方をブログにアップして発信します!

 

【普段使いができる結婚指輪】

本日のブログで紹介をする鍛造リングは結婚指輪です
指輪の素材はプラチナで、指輪のデザインは槌目です。

普段使いができるように頑丈なデザインをチョイス!
丈夫なデザインが槌目で、これも日本伝統模様の1つ。

槌目(つちめ)とは、金槌で叩いて出す模様になります
鍛造も槌目も日本伝統技法で和を感じられる指輪です。

鍛造の指輪は頑丈で強い特徴を持つので、毎日できて
普段使いもできて安心して付けられる最強の製法です
既に鍛造の結婚指輪は完成していますのでご覧下さい。

結婚指輪 普段使い お勧め

【普段用に使える結婚指輪です】

普段用に使えてインパクトがあるデザインの結婚指輪!
繊細で美しいのに頑丈で力強いというのが槌目の特徴。

金槌で叩いて打ち出して凹凸を出すので槌目といって
叩いて模様を作っていくので槌目模様自体が頑丈です

普段用に毎日付けて頂いても全く問題ありません(^-^)
結婚指輪を普段、毎日したい人には凄くお勧めですね。

結婚指輪 普段用

【毎日つけられる結婚指輪】

普段用に結婚指輪を毎日着けたい!という人に鍛造と
槌目の結婚指輪は凄くおすすめで理由は強いからです。

鍛造の基本作業は鍛冶作業になるのでハンマーで指輪
を叩いて作るので強いんです(詳細は後ほど説明します)
槌目もハンマーで出すのでとにかく頑丈になるんです。

毎日、結婚指輪を普段使いしても全く問題ありません
変形しにくく歪みにくく傷も凹みも付きにくいんです
普段使いができる鍛造の結婚指輪の制作工程をどうぞ!

 

続きを読む

華麗!レディースの太い指輪!幅広10mmかっこいいゴールドリング

鍛造リングのブランド・ジュエリーコウキ
レディースの指輪を鍛造で手作りをします

ジュエリーコウキは新潟県長岡市にある自社工房で
伝統技法の鍛造という鍛冶の技術で指輪を作ります
鍛造リングを作る宝石店の鍛造ブランドになります

鍛造(たんぞう)とは、指輪の地金となるプラチナや
ゴールドを鍛冶作業で鍛えながら造る伝統技術です
鍛冶で刀を作る刀職人さんと同じような工程の製法。

伝統技術というだけあって昔から代々受け継がれた
鍛造を継承した宝飾職人のみ作ることができません
専門設備も必要なので全国でも極僅かな専門店です。

ジュエリー職人

こんにちわ(゚Д゚)ノ

ジュエリーコウキの二代目で、宝飾職人の池田です
ジュエリー職人とも言いますが職人歴は27年です。

師匠である父から伝統技術の鍛造を継承しています
親子二人、宝飾職人として鍛造リングを制作します。

本日、ご紹介をする鍛造リングはレディースの指輪
幅が10ミリもあって平甲丸&槌目で仕上げました。

栃木県A様からのご依頼で制作をさせて頂きました
凄まじいインパクトなのでまずは画像をご覧下さい!

指輪 レディース 太い

【レディース 太めの指輪】

太めの指輪ではなく確実に太いレディースの指輪ですw

基本的にレディースの指輪で幅広いものは少ないので
こんなに太くて槌目で仕上げた指輪は既製品では皆無
手作りで作るからこそ規格外の大きさに対応できます。

指輪の太さは驚愕の10ミリ!指輪の形状は平甲丸で
1番肉厚の部分で2.7ミりもあって重さもあります。

太くて幅広いレディースのリングを探している方には
一目惚れをするようなオーラを放っていると思いますw

 

【レディースの指輪 素材はゴールド】

ゴールドには純度と色の種類が何パターンかあります

まず純度、k24の純金が1番純度が高いゴールドです
ということは割り金が入っていないので1番高いです。

一般的に金に入れる割り金はシルバーと銅が定番です
純金に割り金を入れて溶かすことで純度が変わります

金にはk22,k20,k18があってk18が市場で1番多い金、
k18は固くて頑丈なので使い勝手も良いということと
細工や加工がしやすいのでジュエリーに向いています。

k24の純金の純度がマックスでk22,k20,k18になれば
金の純度が下がっていくので金額も下がっていきます。

しかし!金の相場自体が高い推移で動いていますので
k18でレディースの太い重い指輪ならば高くなります
ということは純度が上がればさらに高くなってきます。

 

【レディースの指輪 ゴールドの種類】

鍛造リングで作れる素材はプラチナかゴールドですが
今回のレディースリングの素材はk18イエローゴールド

金の純度の説明をしましたが今度は金の色になります
私が鍛造で手作りする鍛造リングはイエローゴールド
レディース、メンズに限らずイエローゴールドで制作。

金の色はイエローゴールドの他にホワイトゴールドや
ピンクゴールド等がありますが、割り金に使う地金が
違うので鍛冶で鍛えると耐えられなくて割れるんです。

ひび割れや、金の変色などの不具合が多々ありますし
サイズ直しなどのメンテナンスも不可能なので当店は
安心して使えてメンテも可能なイエローゴールドのみ
で鍛造の指輪、レディースリングを作っているんです。

続きを読む

超絶かっこいいメンズの指輪!リング幅広12ミリ-鍛造ハイブランド

鍛造リングのハイブランド・ジュエリーコウキ
日本伝統技法の1つ、鍛造で指輪を作る専門店

ジュエリーコウキは新潟県長岡市にある自社工房で
伝統技法の鍛造という鍛冶の技術で指輪を作ります。

鍛造(たんぞう)とは、指輪の地金となるプラチナや
ゴールドを鍛冶作業で鍛えながら造る伝統技術です
鍛冶で刀を作る刀職人さんと同じような工程の製法。

伝統技術というだけあって昔から代々受け継がれた
鍛造を継承した宝飾職人のみ作ることができません。

ジュエリー職人

こんにちわ(゚Д゚)ノ

ジュエリーコウキの二代目で、宝飾職人の池田です
ジュエリー職人とも言いますが職人歴は27年です。

師匠である父から伝統技術の鍛造を継承しています
親子二人、宝飾職人として鍛造リングを制作します。

さて、本日ご紹介をする鍛造リングはメンズの指輪
幅が12ミリもある超極太幅で槌目で仕上げました。

神奈川県のM様からのご依頼で制作をいたしました
凄まじいインパクトなのでまずは画像をご覧下さい!

太い指輪 メンズ

【メンズの太い指輪】

どうですか!この圧倒的なインパクト!半端ないわw

メンズの指輪で幅広で太いデザインは多々ありますが
ここまで太くて槌目で仕上げた指輪は無いと思います!

指輪の太さは驚愕の12ミリ!指輪の形状は平甲丸で
1番肉厚の部分で2.8ミりもあって重さもあります。

重量感と重厚感があるメンズリングで平甲丸リングで
深い鎚目でガンガン叩いて作りあげた鍛造リングです!

メンズ 指輪 幅広

【幅広リング メンズ】

メンズの幅広い指輪は世の中に沢山あると思いますが
ここまで太いインパクト満点の幅広いリングとなると
特注品となり鍛造の手作りでしか作れないと思います!

リングの形状は平甲丸、平打ちと甲丸の中間の形です
その平甲丸に満遍なく槌目模様を打ち込んであります
ハンマーで1つ1つ手打ちで打つ本物の槌目模様です。

幅広リングの素材はプラチナで、たっぷり使って制作
プラチナ1000でも950でも900でも好みで制作できます。

指輪 メンズ 太い

メンズ鍛造リングのハイブランド
ジュエリーコウキが手作りします

鍛造リングのブランドとして有名なジュエリーコウキ
日テレのドラマでも使われた老舗鍛造リングの専門店
鍛冶と金物の町で有名な新潟で鍛造リングを作ります。

鍛造リングとは鍛えて造る指輪という意味になります
プラチナを鍛冶で鍛錬しながら作るので強く育ちます。

リングが変形しにくく歪みにくい密度の濃い指輪です
メンズの指輪は、力みが入って変形しやすいのですが
鍛造ならメンズの指輪でも安心して毎日付けられます!

それでは今回の半端ない超極太幅広のメンズリングが
どうやって作られていったのか制作工程をご覧下さい!

続きを読む

k24 純金の結婚指輪を通販!鍛造ブランドの工房で作る純金リング

手作り結婚指輪の専門店、ジュエリーコウキ
鍛造という伝統技法で指輪を手作り致します

鍛造(たんぞう)とは、日本の伝統技法の1つです
鍛えて造るという文字通りに鍛えて指輪を作ります
伝統技術なので鍛造を継承した職人しか作れません。

金床という鍛冶台に指輪の元になる地金を乗せて
ハンマーでカンカン叩く鍛冶作業で作り上げます!
本物の鍛造を継承している工房は全国で極僅かです。

ジュエリー職人

こんにちわ(゚Д゚)ノ

ジュエリーコウキの2代目で宝飾職人の池田です
宝飾職人歴27年で先代から鍛造を受け継ぎました
私、池田が工房で1つ1つ指輪を手作りしています。

本日は k24純金の結婚指輪をご紹介します

純金の結婚指輪がどうやって作られていくのか?
出来合いの既製品ではなくて、伝統技術の鍛造で
作りあげる純金の結婚指輪の制作工程はレアです!

市場で約1%しかないと言われている純金の鍛造
なぜ稀少なのか記事を読んで頂ければ分かります。

 

結婚指輪を純金で作る

結婚指輪の素材で1番多いのがプラチナになります
次に多い素材が k18のイエローゴールドになります。

k24の純金が素材の結婚指輪はほとんどありません

その理由は純金が柔らかすぎて指輪に向かないため
指輪が歪むし傷や凹みが付くので指輪に向きません。

k24の純金には不純物が入っていないので柔らかく
k18になるとシルバーや銅などが含まれるので硬く
指輪が歪みにくく傷や凹みも付きにくくなります。

という事は、結婚指輪を純金で作るということは
純金の柔らかさを強く丈夫にする必要があります
どうすればいいのか?その答えが「鍛造で作る」

まずは鍛造で手作りした結婚指輪をご覧下さい!

結婚指輪 純金

鍛造と槌目のk24結婚指輪

一般的にk24の純金リングといえばピカピカに光った
光沢の仕上げ方が圧倒的に多くて今も昔も定番で多い
仕上げですが、私が今回ご紹介をする純金は違います。

槌目という模様で、ハンマーで叩いた打撃跡の凹凸を
整えながら模様にしたのが槌目という模様になります。

ハンマーで叩いて打ち込んで作る模様なので全く同じ
模様は存在しない唯一無二の模様で日本伝統技術です
鍛造も槌目も日本伝統技術という和を愛したデザイン。

ハンマーで叩いた出すナチュラルな凹凸と色ですので
光沢でなくナチュラルな艶消しのような面になります
光沢の純金も素敵ですが槌目の純金も奥深くなります!

 

鍛造ブランドのジュエリーコウキ
工房で純金の結婚指輪を作ります

画像でご紹介をした鍛造で手作りする純金の結婚指輪
鍛冶と金物の町で有名な新潟県にある鍛造ブランドの
ジュエリーコウキが作る鍛造の結婚指輪の制作工程!

新潟県長岡市にある工房で1つ1つ作っていますので
その工程をこれから詳しくアップしていきたいと思い
ますので記事の最後まで宜しくお願い致します(^-^)

 

続きを読む