【感動】職人が作るシルバーリングの作り方~鍛造の極太シルバーリング

鍛造リングの宝石店 ジュエリーコウキです
今回の指輪作りの記事はシルバーリングです

当店では基本的にシルバーリングは作りません
プラチナかゴールドのみで作る鍛造リングです
結婚指輪や婚約指輪がメインの宝石店の為です

※鍛造(たんぞう)とは鍛えて作る伝統技法
のちほど鍛造の詳しい内容を書きます(^ω^)

基本的にはシルバーリングは作っていませんが
ごく稀にシルバーリングを作る事もあるんです

お客様からどうしてもとお願いされた場合のみ
なので店頭にSILVER製品は展示はしていません

 

今回のシルバーリングはお客様からどうしても
SILVERが大好きで、結婚指輪として指にしたい
という事で珍しくシルバーリングを作りました!

何と東京のお客様です。新潟の長岡にある小さな
当店をネットで探して見つけて頂きました(涙)
断る理由なんてありません!頑張って作ります!

シルバーリングのデザインもインパクト満点

リングの幅の太さが規格外の11mmもあるんです!
リングの肉厚も規格外の約3mm 重厚感が凄い凄い

そして希少価値のある鍛造製法で作るという指輪
金槌で叩いた槌目模様に凄くこだわった逸品です。

シルバーリング 極太 幅広

シルバーリングを手作り

こちらのシルバーリングをどうやって作るのか
鍛造リングとは、いったいどういう製法なのか
気になる事がいっぱいあるかと思います(^ω^)

プロの職人としてコツコツと
鍛造リングを作り続けて25年

ジュエリーコウキ2代目の私、池田が作り方を
惜しげもなく公開をしていきたいと思います!
それでは記事の最後まで宜しくお願い致します。

 

続きを読む

必見!渾身の鍛造k18リング!叩き出した甲丸が美しすぎる金の指輪

鍛造指輪の専門店ジュエリーコウキです
当店二代目の私、池田が書く指輪作り日記です

鍛造で作ったk18リングをご紹介いたします
k18イエローゴールドで指輪を手作りしました

ほぼ毎日、鍛造リングを作っておりますが
今回のk18鍛造指輪は終始、金槌で叩きました

※のちほど鍛造について詳しく説明をします

普通は、金槌で叩いてヤスリで削る彫金作業で
指輪の形を作りますが今回はほぼ金槌のみです
手間は凄くかかりますが綺麗な形になりました!

k18鍛造リング

キラキラとした綺麗な槌目指輪(つちめ)

※槌目とは金槌で叩いた時に出る天然の模様
日本伝統工芸で昔から愛される模様なんですよ

そして丸い指輪のフォルムをを甲丸(こうまる)
と呼ぶのですが、先程お伝えしたように金槌で
叩いて甲丸の形状を作りましたので超レアです!

こちらの指輪 k18yg(18金イエローゴールド)が
完成するまでを書きますので宜しくお願致します

 

続きを読む

レアな太い指輪が欲しい人必見! 槌目で作るプラチナ超極太 幅11ミリ・平甲丸リング

ハンドメイドリング専門店、ジュエリーコウキ
2代目の池田です(^ω^)本日もよろしくです!

本日ご紹介をする指輪は物凄いですよw
手作り結婚指輪専門店なので、いつもは結婚指輪の
制作風景をご紹介しておりますが今回は単品の指輪
一言で今回の指輪のデザインをお伝えするとしたら

指輪の太さが極太11ミリ!
マット加工の鎚目がインパクト満点!
ハンマーで叩いて造るレアな鍛造リング

レアと言いましたが、その理由は11ミリも幅がある
プラチナリングは一般の店、ジュエリーショップには
ほとんど展示されていません(展示というかナイ!)

この手の極端な指輪は、規格外のサイズという事で
宝石店では、ほぼ出回りません(既製品では難しい)

インターネットで検索しても11ミリのリングで
プラチナ製で検索しても、ほぼヒットしません(汗)
それに加えて鍛造で平甲丸で鎚目となると・・・w

 

しかし手作りなら話は別!規格外でも何でもOK!
いや~今回の指輪作りも燃えて萌えますな( *´艸`)
こんな珍しいレアな指輪を作れる技術と設備に感謝!

そして、こんなにもワクワクする指輪作りの
ご依頼を下さりました埼玉県のお客様に感謝です
ご購入を頂き本当にありがとう御座いました<(_ _)>

すでに指輪は完成しておりますので
勿体ぶらないで写真を公開します(゚Д゚)ノ

11ミリ幅のプラチナリングです

インパクトがあるプラチナリングでしょ!
太さだけではなく、肉厚も2.2ミリもあります
重量も重くて約20グラムのモンスターリングです

そして金槌で何万回も叩きまくった鍛造リング
平甲丸デザインのフォルムとなっておりますが、
削って出した形状ではなく、金槌で角を段階的に
叩いて落としながら出した曲線なんですよ(^ω^)

 

続きを読む

槌目の手作り指輪・作り方 【鍛造の極み】 伝統工芸・ハイレベルな鍛冶技術

ブログを見て頂いてありがとう御座います
ジュエリーを作って23年になる職人のブログです
そんな私はジュエリーコウキの2代目、池田です(^ω^)

今日も指輪の制作記事をがっつり書き上げます
がっつり作った指輪の制作風景ををがっつり記事にする
自作の指輪を自分で全国へ配信、作り手として最高です!

私はこのジュエリー業界に入って23年になります
ジュエリー作家(職人)になって23年になります
現在年齢は43歳ですが生涯現役を目指して修業の毎日

おそらく職人は、一生修業や勉強が続くんだと思います
職人の世界って本当にヤバイくらいに深すぎますよね
これで良いという到達点がないのでロマンを感じますw

そんな私の得意分野は、鍛造(たんぞう)の指輪
まあ23年も職人をしているので、何でも作れますが
鍛造の工程は衝撃と勢いがあって大好きなんです(*´Д`)

金槌をガンガン叩く音、衝撃音や熱気がたまりません
なんていうかテンションが上がって祭りみたいで楽しいw

よく考えてみると、自分は師匠である親父から厳しく
叩き上げられ鍛えられて、鍛造の技を身につけました
自分自身が鍛造人間だと思います(人造人間みたいw)

 

続きを読む

鎚目の鬼極太ゴールドリング 【職人手作り・1点物】 18金・鍛造の指輪

株式会社ジュエリーコウキの池田です
いつもブログを見て頂きありがとう御座います

さて本日、ご紹介する指輪はハンパありませんw
何がハンパないかというと、見た目がハンパない!
制作工程もハンパない!そんなハンパない金の指輪ですw

そんなハンパないご依頼主様は「須田さん」です!
とっても仲良くさせて頂いているリアル友達です(*´Д`)

前の記事で、凄すぎる極太プラチナ印台リングの
制作風景のブログ記事を書きましたが、その方ですw
詳しくは前のブログを参照 → 須田さんの印台リング

 

前のプラチナ印台制作もインパクト満点で凄かったですが
今回のイエローゴールド(18金)の指輪もまた凄いです!

須田さんの指輪の好みが、極太(幅広)で肉厚が厚くて
重くて(重量感)そして鍛造にこだわった指輪なんです
そんな須田さん好みのゴッツくて、ファンキーな指輪を
作れるのは感性が似ている自分しかいないと思います(*´Д`)

さて、記事タイトルを鬼極太ゴールドリングと書きましたが
「普通の極太や幅広い」で表現できないレベルの幅なので
あえて太さを強調しての「鬼極太」と言わせて頂きましたw

だって、金の指輪の幅が約12ミリもあるんです!
しかも肉厚が約2.7ミリもあり重量が約25グラム
説明してもイメージが沸かないと思いますので写真をw

超極太で重量感と重厚感のある金の指輪です

dscn4318

鎚目が効いてインパクトが凄いですw

これだけボリュームのあるゴールドリングに鎚目模様
圧倒的な存在感をプンプン醸し出す金の鬼極太リングです

こちらの鬼極太のゴールドリングの制作工程となります
作り応え&見応えがある記事ですので楽しんで下さい(*´Д`)

 

続きを読む

槌目の印台リング 【圧倒的な重量感&重厚感】 超インパクト!プラチナ60gの鍛造リング

いつもご観覧を頂きありがとう御座います
新潟県長岡市の宝石店で、結婚指輪を手作りで
制作しているジュエリーコウキの2代目、池田です

今回、ご紹介する指輪は半端ないです(*´Д`)
これはもう一般的な指輪と次元の違う指輪ですなw
どんな形の指輪かというと「印台」の指輪なんです

まず初めに、今日の指輪は結婚指輪ではないのですが
当店のブログのカテゴリーがブライダル関連しかないので
今回は結婚指輪のカテゴリーに入ってしまっておりますが
結婚指輪ではなく印台リングですのでご了承ください<(_ _)>

さて、今回制作をさせて頂いた特注の印台リングですが
とにかく見た目の重厚感も、実際の重量感もハンパないw

印台リングのレベルを超えた
超印台リングとも言ってもOKですw

 

ご依頼を頂いた方は地元で仲良くさせて頂いている友達で
人として男として職人として尊敬している憧れの存在です!
中学生の子供同士も同級生なので家族でお世話になってます

何より器がデカイw 自分と比べると自分がどんなに小さい事かw
少しでも近づけるように頑張りますよ須田さん!(名前出てるしw)

プロのジュエリー制作の仕事をして今年で23年経ちますが
23年間の中で俺が作った指輪の中で1本としては断トツに重いw

ブログの題名に60グラムと書きましたが、最終的な重さは
約45グラムですが最初から作ると60グラム必要なんです
60グラムのプラチナの塊から叩き出して削って作りました!

うちは結婚指輪の制作をメインとしているので、ここまで重い
指輪を作る機会が少ないのもあるかと思いますが楽しかったです
たまには、こういう骨のある指輪作りも大歓迎ですね(*´Д`)

 

すでに完成しておりますので完成した写真を見て下さい!
スペシャルな印台の指輪です(ゴツ過ぎて凄いですw)

印台に使用されたプラチナの重量も凄いのですが、
印台リングに打ち付けられた「打ち出し」も迫力満点!

印台リングの側面と、中側以外の全ての見える面に
打ち出しを何度も何度も重ねて打ち付けているんですよね

DSCN3213

これはもう指輪というよりもプラチナの塊みたいw
超印台と表現したのが分かるかとおもいます(*´Д`)

ちなみに印台リングは他の呼び名でカレッジリングや
シールリング、シグネットリングとも呼ばれていますが、
日本ではこの形を印台(いんだい)として昔から呼ばれており
平な部分を判子・印鑑として使っていた人も多かったんですね

 

続きを読む

ハンドメイドの結婚指輪~男性はシンプル平打ち&女性は槌目に桜の花

いつもご観覧を頂きありがとう御座います
新潟県長岡市の宝石店で、結婚指輪を手作りで
制作しているジュエリーコウキの2代目、池田です

本日、ご紹介させて頂く結婚指輪は男女で違います
男性がシンプルな平打ちタイプの結婚指輪で、女性が
槌目をベースとした桜の打ち出しタイプのデザインです

どちらもプラチナリングの幅が3.5ミリです
リングの幅が統一されているのでデザインが違っても
ベースが平打ちという事もあり見た目はバッチリです!

 

さて、さっそく結婚指輪の作り方をお伝えします
完全ハンドメイド、手作りのみで作る結婚指輪!

私が作る結婚指輪はプラチナを溶かす所から始まります
2人分(2本分)に必要なプラチナを溶解(ようかい)します

プラチナが溶ける融点は約1770度と言われており
その融点以上の火力がないと溶けません(当然ですがw)
ですので、火力の超強い酸素バーナーの炎で溶かします

DSCN2493

1つの同じプラチナの塊から2つの指輪を作ります
同じプラチナから結婚指輪が誕生したら最高ですよね
その為に2本分に必要なプラチナを溶かすんです(*´Д`)

 

続きを読む

槌目のお勧め結婚指輪【動画・画像あり】深い鎚目が魅力的! プラチナ鍛造1点物

いつもご観覧を頂きましてありがとう御座います
株式会社ジュエリーコウキの2代目、池田です(^ω^)

本日ご紹介させていただく結婚指輪は凄いですよ~
鎚目(つちめ)の結婚指輪の制作工程をお伝えしますが
何が凄いって、超叩きまくった鍛造の結婚指輪だからです!

もちろん私がハンドメイドで作る結婚指輪は全てが鍛造ですが
今回の鍛造は最初から最後まで鍛造でまとめあげた逸品なんです

結婚指輪で人気のある槌目模様ですが、一般的な大きさよりも
細かく深く、繊細な槌目模様となりますので注目度も高いです
しかも金槌の打ち込み方によって、槌目模様が違ってきますので
同じように作っても事実上の1点物といえる槌目の結婚指輪です

結婚指輪の幅も男性と女性で大幅に違うというデザインで、
男性が5.0ミリ幅、女性が3.0ミリ幅というインパクト
分かりやすいように完成した結婚指輪の画像を先にアップします

DSCN1943

長野県のお客様からご依頼をいただき制作させて頂きました
ご依頼をいただきまして誠にありがとう御座いました<(_ _)>

こちらの鍛造にこだわった槌目模様の結婚指輪が完成するまでの
制作工程をアップしましたので楽しんで見て頂ければ嬉しいです♪

 

続きを読む

浅い槌目の結婚指輪【シンプルな槌目に注目!】鍛造 結婚指輪の魅力

鍛造リングの専門店・ジュエリーコウキ
2代目の私、池田が書く指輪作り日記です

プロとして指輪の作り方を徹底的に書きます
手作りで1つ1つ造りあげる鍛造リングです
結婚指輪がメインなので鍛造の結婚指輪です

※鍛造リングとは、この文字を読んだ通りで
鍛えながらリングを作る事を意味しています
のちほど詳しく鍛造の意味を書きます(^ω^)

本日、ご紹介をさせて頂く記事の内容ですが
槌目の結婚指輪(槌目のマリッジリング)です
※槌目とは金槌で叩いた時に出る模様の事です

槌目のペアリング

槌目模様にも様々なタイプの模様がありますが
今回の結婚指輪に入れる槌目は浅いタイプです

ハンマーの大きさや形、叩く力の入れ具合など
様々な要因が重なって槌目の模様は生まれます

今回は浅い槌目の結婚指輪の作り方を書きます
記事の最後までどうぞよろしくお願い致します。

 

続きを読む