鍛造のプラチナ結婚指輪~制作過程!平打ちリングに槌目&ハート

結婚指輪を手作りする宝石店、ジュエリーコウキ
日本伝統技法の鍛造で作る鍛造リング専門店です

鍛造リングとは、指輪の素材となるプラチナやゴールドを
ハンマーで叩いて鍛える鍛冶で密度を上げながら作る製法。

鍛造は日本伝統技法で、昔から代々受け継がれてきた技で
特殊な宝飾技術ですので全国的に鍛造リングは希少な指輪。

鍛造は伝統技法ですので継承した宝飾職人しか作れません
お蔭様で全国各地から鍛造リングのご依頼を頂いています。

私、池田は当店二代目で宝飾職人として29年しています
師匠である父から鍛造技術を受け継ぎ鍛造を守っています
新潟県長岡市の自社工房で私が鍛造リングを作っています。

ジュエリー職人

【鍛造の結婚指輪】

ご紹介をさせていただく鍛造の結婚指輪の制作過程は
プラチナ(pt900) 鍛造の結婚指輪で槌目デザインです

新潟県魚沼市のお客様からのご依頼をいただきました
新潟県内でも宝石店は沢山ありますがジュエリーコウキ

を見つけて頂いて誠にありがとう御座いましたm(__)m
丹精を込めて精一杯に結婚指輪を制作させて頂きます!

プラチナ結婚指輪 鍛造 制作過程

鍛造の結婚指輪の制作過程を5項目にまとめました

(1)2本分に必要なプラチナを溶解(溶かす)
(2)鍛冶でプラチナを上質に育てる(鍛造製法)
(3)育てたプラチナを指輪の形に(指輪のベース)
(4)指輪を削ってデザインを造る(彫金作業)
(5)指輪を仕上げて更に磨いて完成(最終仕上げ)

簡単な説明ではありますが上記5項目の工程で進みます
5項目にすると短い工程に見えますが実際は長いですがw

全部の工程を細かく書くと時間的に無理がありますので
ある程度、制作工程をまとめて記事にさせて頂きました
完成をしている鍛造のプラチナ結婚指輪をご覧下さい!

鍛造 結婚指輪 プラチナ

プラチナの結婚指輪を
2つ合わせるとハート

二本の指輪を合わせるとハートになります(*´Д`)

つや消しに打ち出した槌目に光るハート&ダイヤモンド
光沢のハートと、キラキラ光るダイヤモンドが魅力的!

お二人のLOVEを感じれるキュートな結婚指輪で素敵です
作り手の自分もハッピーな気持ちで制作をいたしました
こちらのLOVEな結婚指輪が完成するまでの制作過程です

続きを読む

【Pt900】鍛造の結婚指輪 幅3.5mm 男性は平打ち&女性は桜の槌目

結婚指輪を手作りする宝石店、ジュエリーコウキ
日本伝統技法の鍛造で作る鍛造リング専門店です

鍛造リングとは、指輪の素材となるプラチナやゴールドを
ハンマーで叩いて鍛える鍛冶で密度を上げながら作る製法。

鍛造は日本伝統技法で、昔から代々受け継がれてきた技で
特殊な宝飾技術ですので全国的に鍛造リングは希少な指輪。

鍛造は伝統技法ですので継承した宝飾職人しか作れません
お蔭様で全国各地から鍛造リングのご依頼を頂いています。

私、池田は当店二代目で宝飾職人として29年しています
師匠である父から鍛造技術を受け継ぎ鍛造を守っています
新潟県長岡市の自社工房で私が鍛造リングを作っています。

ジュエリー職人

【結婚指輪のデザインが夫婦で違う】

ご紹介をさせて頂く鍛造の結婚指輪は別々のデザイン
メンズ用がシンプルな平打ちリングの鍛造の結婚指輪、

レディース用は平打ちリングをベースとしていますが
桜の打ち出すタイプの槌目加工のデザインになります。

結婚指輪の幅は夫婦で同じ3.5ミリ

どちらも鍛造の結婚指輪の幅は3.5ミリですので
リングの幅が統一されているのでデザインが違っても
ベースが平打ちという事もあり見た目はバッチリです!

DSCN2691

鍛造 プラチナ結婚指輪 作り方

早速、鍛造のプラチナ結婚指輪の作り方をお伝えします
完全ハンドメイド、手作りのみで作る鍛造の結婚指輪です

私が作る結婚指輪は、プラチナを溶かす所から始まります
2本を作るのに必要なプラチナを溶解(ようかい)します

プラチナが溶ける融点は約1770度と言われております
その融点以上の火力がないと溶けません(当然ですがw)
ですので、火力の超強い酸素バーナーの炎で溶かします。

pt900 溶解

1つの同じプラチナの塊から2つの指輪を作ります
同じプラチナから結婚指輪が誕生したら最高ですよね
その為に2本分に必要なプラチナを溶かすんです(*´Д`)

そして溶かしたプラチナを金槌で何度もガンガン叩いて
焼いていく鍛金(たんきん)作業へと進んでいきます
こうして作られる指輪を鍛造(たんぞう)と呼びます

どちらも鍛えるという言葉が入っているように
プラチナを鍛えながら強くして育てる作業という事です

詳しくは動画で紹介をしておりますのでご覧ください
コチラからどうぞ → プラチナの鍛造作業(Youtube動画)

続きを読む

【鍛造 製造工程】プラチナ結婚指輪 約3mm幅 槌目加工×ダイヤ入り

結婚指輪を手作りする宝石店、ジュエリーコウキ
日本伝統技法の鍛造で作る鍛造リング専門店です

鍛造リングとは、指輪の素材となるプラチナやゴールドを
ハンマーで叩いて鍛える鍛冶で密度を上げながら作る製法。

鍛造は日本伝統技法で、昔から代々受け継がれてきた技で
特殊な宝飾技術ですので全国的に鍛造リングは希少な指輪。

鍛造は伝統技法ですので継承した宝飾職人しか作れません
お蔭様で全国各地から鍛造リングのご依頼を頂いています。

私、池田は当店二代目で宝飾職人として29年しています
師匠である父から鍛造技術を受け継ぎ鍛造を守っています
新潟県長岡市の自社工房で私が鍛造リングを作っています。

ジュエリー職人

【結婚指輪 鍛造 製造工程】

結婚指輪を手作りで作成していきますが、日本伝統技法の
鍛造という製法で私、池田が1つ1つ作り上げていきます。

鍛造は鍛えて造ると書いて鍛造、文字通り鍛えて造ります
どうやって鍛えるのかというと鍛冶作業で鍛えていきます
手間暇がかかる製法ですが魅力満点の製造工程をご覧下さい。

鍛造 プラチナ

【プラチナ結婚指輪 製造工程】

鍛造の結婚指輪の素材はプラチナ(pt900)ですので、
まずは溶解(溶かした)プラチナを叩く鍛冶からスタート。

金床という土台の上に、真っ赤な地金を置き金槌で叩く
指輪を作るスタートの段階から叩いていく事になります!

叩く意味は、プラチナの強度を上げるという意味の他に
金槌で叩いて炎で焼いての繰り返しで地金が育つからです。

プラチナ 鍛造 リング

鍛造(たんぞう)

プラチナ自体の粒子が詰まりまとまり、それを炎で焼く
事によって詰まった粒子がリセット(解放)されていき、

また粒子を凝縮して~という手間のかかる繰り返し作業で
地金がびっくりするほど粘り強く育っていくんですね(^ω^)

この手法をとっている宝石屋さんは全国でもかなり少ないです
それは確かな技術が必要なうえに手間がかかり過ぎるからです

手間がかかるという事は流通の流れが遅くなります(儲からない)
だから既製品を販売している宝石店が圧倒的に多いんですね。

続きを読む

槌目とは?金槌で打つ跡【鍛造】結婚指輪にオリジナル 桜の槌目加工

結婚指輪を手作りで作る宝石店、ジュエリーコウキ
日本伝統技法の鍛造(たんぞう)で作る鍛造の専門店

鍛造リングとは、指輪の素材となるプラチナやゴールドを
ハンマーで叩いて鍛える鍛冶で密度を上げながら作る製法。

鍛造は日本伝統技法で、昔から代々受け継がれてきた技で
特殊な宝飾技術ですので全国的に鍛造リングは希少な指輪
お蔭様で全国各地から鍛造リングのご依頼を頂いています。

私、池田は当店二代目で宝飾職人として29年しています
師匠である父から鍛造技術を受け継ぎ鍛造を守っています
新潟県長岡市の自社工房で私が鍛造リングを作っています。

ジュエリー職人

【結婚指輪に桜の槌目加工】

ご紹介をさせていただく鍛造の結婚指輪は桜の槌目リング

大阪のお客様から制作のご依頼をいただき作っております
当店を探していただいて本当にありがとう御座いました!

前回のブログで、指輪作りの前半の工程をアップしました
本日はその続きの指輪作りとなりますのでご覧下さいませ。

前回の記事はコチラです→槌目加工の結婚指輪を制作

自作 たがね

桜の形をした鏨(たがね)を叩いて
結婚指輪に桜の花びらを打ち込む

前回の記事のおさらいになりますが桜の形をした鏨という
工具でリングの上から叩いて打ち込んで桜を作りだします。

前回の記事でも書きましたが、このタガネも自分で作って
桜の形を削り出した1つ1つ手作りして完成させた鏨です。

鋼を叩いて焼いて、削って磨いて制作した渾身の桜タガネ
この桜タガネを、槌目模様の結婚指輪に強く打ち込みます!

やり方は、桜の形に削った鏨の先端を指輪に当て固定して
鏨の根元をハンマーでガツンと強く打ち込んで凹ませます。

DSCN0766

桜の花びら1枚1枚を
リングに打つ槌目加工

前回のブログで、浅い鎚目を結婚指輪の表面に打ち付けて
ありますので、その槌目の上から桜を打ち込んでいきます。

適当に指輪に桜を打ち込んでは駄目、バランスを考えます
どの位置に花を入れればデザインになるか考えて入れます
最終的に何枚も入れる訳ですが、1枚1枚考えて入れます。

リングに入れた槌目模様が勿体ないと思うかもしれません
しかし、この槌目が下地というかベースにあるからこそ
桜の打ち出しの槌目加工に立体感が出て引き立つんですね!

続きを読む

槌目加工 手作り結婚指輪【プラチナ鍛造】桜の花びらの可愛い槌目

鍛造の手作り結婚指輪の専門店、ジュエリーコウキ
二代目で宝飾職人歴29年の私、池田の書くブログです

結婚指輪を手作りで製造販売をするジュエリーショップですが
ありがちな手作りとは一切違って、本格的な鍛造製法の専門店。

よくある手作りと言われている店は指輪の原型をロウワックス
で削って型を作っていますが私は型作りではなく指輪作りです
指輪の素材となるプラチナや金を叩いて削ってリングにします。

鍛造(たんぞう)という製法で代々師匠から受け継がれてきた技
日本の伝統技法の1つで、全国でも鍛造を扱う店は極僅かです
鍛造を受け継いだ宝飾職人しか作れないという希少な指輪です。

ジュエリー職人

さて、本日のブログは桜の結婚指輪をご紹介させて頂きます
もちろん私が1つ1つ手作りの鍛造の結婚指輪でございます。

大阪のお客様から手作り結婚指輪のご依頼を頂きました!
本当に嬉しいですね!ご依頼を頂きありがとう御座いました。

鍛造という希少な伝統技法でリングを手作りしていますので
全国各地からご依頼やお問い合わせを頂いております(^-^)
鍛造を習得した宝飾職人は少ないので生涯現役で頑張ります!

 

【桜の花をモチーフにした 槌目の結婚指輪】

桜の結婚指輪を手作りするのですが、桜の模様が普通と違い
叩いて凹ます「打ち出した槌目」という技法で桜を打ちます。

当店で人気の打ち出しがありますが、桜バージョンなんです
桜の花びらを結婚指輪に刻印したようなイメージになります。

まるで桜の花びらを指輪に押し花にしたようなデザインです
すでに指輪は完成しておりますので指輪の画像をご覧下さい。

槌目加工 結婚指輪 桜

【槌目の結婚指輪 鍛造の製造工程】

画像のような桜の花びらが指輪に打ち込まれた結婚指輪です
打ち出した槌目の桜をどうやって作るのかをご紹介致します。

まず、何といっても結婚指輪を作る上で重要な鍛造のやり方
鍛造リングは、地金を鍛錬する鍛冶作業から作っていきます。

結婚指輪は2つのリング、ペアリングという事になります
ペアリングを作るために必要となるプラチナを溶かして塊に。

溶けたプラチナ

結婚指輪の素材となるプラチナを溶解

プラチナが溶ける温度、融点は何と約1770度もあります
ドロドロに溶けるプラチナを肉眼で見ることは出来ません
いや、出来ない事もないですが目が焼けて痛くなりますw

太陽のように眩しく、溶岩のように熱いので火傷をします
溶接専用ゴーグルや眼鏡をかけて溶かす溶解作業をします
プラチナが火花になって飛び散ったりするので火傷に注意。

プラチナ 鍛造

1つの塊になったプラチナを鍛錬する

プラチナは溶けて固まって冷めると、鏡のように光ります
シルバーの銀色とは少し違って、反射度が高いんですよね
この反射度がプラチナ特有の鏡面を出せるので魅力的です。

プラチナを鍛冶で鍛錬することになりますので金床という
鉄板台にプラチナを乗せてヤットコで掴み金槌で叩きます
かなりの衝撃力になるのでしっかりとヤットコで掴みます。

金槌(ハンマー)を力強く振りかざしてプラチナを叩きます
地金をハンマーで叩き上げる事を締め上げるともいいます。

プラチナ 鍛錬

指輪を鍛えて造るから鍛造リング

鍛造リングは、地金を鍛えながら作っていきますので、
相当な手間がかかってしまいますが鍛える事が凄く重要。

なぜ地金を鍛えるのか?というと

プラチナや金などの地金を鍛冶で鍛える事で密度が増して
リングが変形しにくくなったりキズが付きにくくなります
出来合いの既製品と比べると、強度が何倍も違ってきます。

焼きなまし

地金を鍛錬することで地金が締まる

なぜプラチナや金の密度が増すのかというと、地金中には
微量な空気があるんですが、この空気が厄介でひび割れや
巣穴の原因となるので最終的には指輪の強度が弱まります。

そこで何度も何度も鍛冶作業を繰り返すことで、地金中に
含まれた微量な空気が抜けて粒子が整い締まっていきます
結果的に、地金が締まっていくことで密度が上がるんです。

鍛造リング 作り方

焼きなまし作業も、地金を締めるのに必要

繰り返して鍛冶をしていくと地金が締まり過ぎて硬くなり
金槌で叩いても反発して、跳ね返ってくるようになります。

ここまでくると締まり過ぎで、いくら叩いても締まりません
まだまだ地金密度を上げていく必要があるのでまだ締めます
そこで、炎の力を借りて締まり過ぎた地金を柔らかくします。

酸素バーナーでプラチナが真っ赤になるまで焼きなまします
焼きなましと言って、締まり過ぎた地金がほころびるんです
そうする事でまた金槌で叩いて地金を絞めることが出来ます。

鍛造リング やり方

プラチナを指輪のサイズになるように伸ばす

プラチナを「叩いて締めて焼いて」の繰り返しで伸ばします
最終的に2本の指輪を作るのに必要な長さの板に伸ばします。

男性用と女性用の2本の結婚指輪に必要なサイズの長さと、
結婚指輪の幅、厚みなども必要になるので全部を合わせます
ここまでを考えて地金を鍛錬しながら伸ばしていたんですね。

DSCN0744

長い板になった1枚のプラチナを2つに

という事は!
同じ1つのプラチナから2つの結婚指輪を生み出すという事
同じプラチナ素材から誕生する結婚指輪は絆や愛を感じます♪

このような工程は普通のジュエリーショップには出来ません
普通の出来合いは大量生産なので同じ物が沢山あるという事。

工房で私が1つ1つ指輪を作れるから可能な「強み」です
これがジュエリーコウキ鍛造の結婚指輪の魅力でもあります。

結婚指輪 手作り

結婚指輪は同じプラチナで作る
これこそが正真正銘の結婚指輪

同じプラチナを2つにしただけなので指輪の強度というか
素材の質や粘り強さも2本ともに変わりませんのご安心を。

同じプラチナから作られた結婚指輪は嬉しいですよね!
逆に嬉しくないという人は、絶対にいないと思いますよ!

お二人の愛や絆をお互いの結婚指輪から感じられるなんて
とっても素敵ですよね!実は私の結婚指輪もこの工程です
この工程で作った結婚指輪を妻は喜んでくれました(^-^)

こういう細かいこだわりを持って、真剣に真心をこめて
制作するからこそ他店にはない結婚指輪が作れるんですね。

DSCN0748

板状のプラチナを丸めてリングにします

地金の板を丸めるにあたって色々な丸め方があるんですが
私がする方法は丸棒という工具にプラチナ板をあてながら
金槌で叩いて板の全体を整えながら丸める方法をしました。

そしてプラチナを丸めると当然ですが端と端が合わさって
繋ぎ目が出ますが、繋ぎ目に隙間や空間が少しでもあると

ロウ付け(溶接)したときにヒビが入ったり、割れたりと
不具合が出る場合があるので隙間は完全0になるように!
リングに隙間が完全に無くなるまで微調整を繰り返します。

DSCN0752

共付け(ともづけ)の準備

隙間を合わせた繋ぎ目に薄く伸ばしたプラチナを挟みます
挟んだ地金と、リングの地金同士を溶かして溶接をします。

これはロウ付けの中でも高度な技術が必要な「トモ付け」
という溶接なのですが、ロウ付けよりも溶けにくいんです。

一般のロウ付けと共付けは何が違うのか簡単に説明すると
一般的なロウ付けは、溶けやすいロウという地金を挟んで
溶かしてリングを融合するのですが共付けは少し違います。

手作りをしている結婚指輪のプラチナ片を少しカットして
そのプラチナを薄く伸ばしてそれを挟み込み溶かすんです。

DSCN0754

ファイヤアアアアア-!!

共付けでプラチナリングの溶接

手作りをしている結婚指輪と同じプラチナなので相性抜群
しかも弱いプラチナではなく鍛冶で造ったプラチナなので
強度も全く同じですし、変色などの問題も一切ありません!

ただ・・・難易度が凄く高い溶接作業になってきます(汗)
結婚指輪の本体もロウ地金も、同じプラチナ同士なので
溶かした時に同時にリングもロウも溶けてしまうんですね。

共付けをしているリングの画像を見て分かると思いますが
繋ぎ目の角が少し溶けて(食い込み)が分かるかと・・・

この溶け具合を極力少なくすることが職人の腕となります
なのでロウ付けでも高度な技量が必要になってくるんです。

結婚指輪 手作り プラチナ

リングを金槌で叩いて鎚目を打ち込む

共付けが完了したら次は槌目を指輪に打ち付けていきます
桜の打ち出しを入れる前に絶対にしなくてはならない工程

※鎚目(つちめ)とは、金槌で叩いて凹凸にした模様のこと
金槌の大きさや形や、打ち込む力加減で模様が変わります
適当に叩くのではなく模様が綺麗に見えるように叩きます。

この槌目模様を軽くでもリングの下地として入れることで
桜を打ち出して入れた時に、桜がバシッ!と引き立ちます。

槌目加工 やり方

リング 槌目加工 やり方

槌目の凹凸をリングに出すには金槌が必須アイテムです
金槌にも沢山の種類が存在しますが、今回はこの3本の
大中小のハンマーでリングに槌目模様をつけていきます。

ハンマーの大きさや重さ、そして形によって槌目模様が
様々な模様に表現されていきます。金槌の特徴以外にも
打ち込む力加減、角度などによって更に模様が無限大に!

DSCN0760

【プラチナ 結婚指輪 槌目加工】

綺麗な槌目が結婚指輪に浮かび上がりました

ムラが出ないようにキッチリ槌目を結婚指輪につけたので
リングのどの面からみても味のある槌目模様が見えますね。

今回の鎚目は桜の花を目立たせる為の下地の鎚目ですので
深い鎚目ではなくて、浅い鎚目で鎚目の幅も広く打ちます
こうする事で鎚目が全面に出ないので下地として生きます。

そしていよいよ、桜の花の打ち出しを打ち込みます

通常している打ち出しの手法と、桜の打ち出しのやり方も
ほとんど同じなんですが、鏨(タガネ)が全く違います。

鏨(たがね)とは、鋼を叩いて伸ばして削って自作します
製品として販売していますがオリジナルは自作が必要です。

槌目加工 ペアリング

鏨(タガネ)という鋼の棒状のアイテムで、桜の花びらを
リングにある槌目の上から打ち込んでいく作業になります。

結婚指輪の表面上に、下地として槌目を打ってあるので
その槌目模様の上から桜の打ち出しの槌目を打ち込つ事で
槌目から桜の花が更に浮かび上がるという職人の裏技です。

桜のタガネも私が自分で作り上げたオリジナルタガネです
普通の打ち出しに使うタガネは、先端が四角形なんですが
桜の打ち出しに使うタガネの先は桜の形に作ってあります。

DSCN0762

桜の鏨でリングの表面を叩く事で
指輪の表面に桜が凹んで入ります

鏨の先端画像を見て下さい。先端の桜の花が見えますか?
桜のタガネだけで3種類を作っているので、その3本の鏨
を使い分けてリングに桜を入れることで桜に動きが出ます。

鏨自体を叩くので強度、粘り強さが絶対に必要な工具です
鏨の先端の桜をリングに当てて根元を金槌で叩く流れです。

そこで叩いて焼いて熱して鍛冶で作った強靭なタガネです
強靭なタガネの先端を彫金で削って磨いて桜を表現します。

リングに押し花のように入れるには
叩いても曲がらない強い工具が必要

試行錯誤を繰り返して何本もこだわって制作しているので
タガネの桜の大きさ、桜の輪郭、桜の膨らみが違います!

なので全てのタガネをバランスよく結婚指輪に打ち込む
事によって桜の花が舞いあがる芸術的な槌目が生まれます。

次の記事で、桜を結婚指輪に打ち込む工程をお見せします
すでに後半の記事は書いてありますので続きをご覧下さい。

作業工程の続きを読む

=================================

鍛造で作る結婚指輪は、ごく稀で希少価値のある結婚指輪
世界中の全てのジュエリーのうち鍛造で作られたリングは
1パーセント未満と言われるほど鍛造リングは少ないです

その理由は、鍛造リングは地金を金槌で叩いて炎で焼いて
じっくりと時間をかけて地金密度を上げていくという製法

熟練された技術や知識を持った職人のみしか作れない技法
鍛造リングを作る為の専門工具や機材など設備も必要な為

伝統工芸と言われる鍛造リングは日本の宝だと思いますが
受け継ぐ職人が激減しており鍛造リングは衰退しています
だからこそ鍛造技術を受け継いだ私が広めたいと思います

指輪作りの制作日記をご覧頂いて、鍛造技術に納得をして
私の結婚指輪をご購入して頂けると作り手として幸せです。

お気軽にお問い合わせOKですよ(^ω^)
こちらの「お問い合わせ」もしくはメールで
j_kouki_ring@yahoo.co.jp までお願い致します。

ネット販売はコチラから→ジュエリーコウキ ヤフーショップ

結婚指輪の一覧です → ジュエリーコウキ 結婚指輪の一覧
==================================

結婚指輪【Pt900 鍛造】製造工程!幅4ミリ 平打ちリングに槌目加工

鍛造の結婚指輪 手作り専門店 ジュエリーコウキ
新潟県長岡市にある小さな工房で私が作ります!

今、結婚指輪を手作りするという事が流行っていますね(^-^)
当店でも手作りで結婚指輪を作っていますが他とはと違います
何が他とは違うのかというと伝統技法の鍛造で指輪を作ります

よくある手作り指輪はキャスト製法(鋳造製法とも言う)です
ロウワックス(材料がロウ)でリングの原型をロウ材で作って
原型を起こして溶かしたプラチナを流して固めて作る製法です

ジュエリーコウキの場合は、ロウ材で原型を作るのではなくて
最初からプラチナを金槌で叩いてヤスリで削って指輪にします

プラチナ素材そのものから手作りで作る日本伝統工芸なんです
世の中にあるジュエリーの1%しか存在しない希少な製法です

ジュエリー職人

画像のように(写真は私、池田です)金槌でプラチナを叩いて
鍛えながら指輪を手作りする事を鍛造(たんぞう)と言います

分かりやすくいうと鍛冶ですね=鍛冶場で指輪を作るイメージ
昔から受け継がれた製造方法で代々受け継がれた職人が必須で
私は父から受け継ぎ、父は東京の師匠の所で受け継いだ技です

 

【プラチナ結婚指輪 鍛造の製造工程】

さて、本日の記事も結婚指輪の制作工程をアップします(^-^)
結婚指輪の幅の広さが4.0ミリで肉厚のある指輪を作ります

リングに厚さがあると変形にも強くなるメリットもありますし
内側を丸く削って内甲丸に出来るので付け心地も良くなります
まず結婚指輪を作るのに必要なプラチナを溶かす作業からです

プラチナ 溶解

プラチナ溶解(ようかい)

プラチナに限らずゴールドやシルバーも含めて地金類を溶かす
事を溶解(正確に言うと難しい漢字の熔解が正解)と言います

結婚指輪は2本のペアリングですのでペアリングを作るうえで
必要となるプラチナの総重量を計算して割り出して溶かします
作ろうとするリング幅や厚み、デザインで総重量が変わります

続きを読む

純プラチナ結婚指輪 鍛造の製造工程!女性用が細めで男性用が太め

鍛造リングの専門店ジュエリーコウキです
新潟県長岡市の工房で職人が手作りします

鍛造(たんぞう)という製法は日本の伝統技法の1つ
鍛えて造るという意味で鍛錬しながら指輪を作ります。

この技術は昔から受け継がれてきた日本の伝統技術で
代々鍛造技術を継承してきた宝飾職人しか作れません。

近年、鍛造という製法が注目されてきて鍛造の指輪が
増えてきましたがほとんどは鍛造ではなく鍛造風です
鍛造に似せて作る鍛造風は本物の鍛造と全く違います。

ちなみに本物の鍛造で手作りした鍛造リングは全体の
リングの1%未満しか存在しない特別な希少なリング
当店は全国でも数少ない本物の鍛造リング専門店です。

ジュエリー職人

こんにちは(゚Д゚)ノ 池田と申します

私はジュエリーコウキの二代目で宝飾職人歴29年です

私、池田が師匠である父から代々受け継がれてきた鍛造
という技術を継承して工房で1つ1つ手作りしています。

鍛造とは画像のように金槌で地金を叩いて鍛える鍛冶で
手間をかけながら指輪を手作りしていくという製法です。

鍛冶で鍛錬をされた指輪は、密度が増して強靭な指輪に
育ちますので変形や歪みや傷や衝撃に耐えられるんです
鍛えて造る指輪という意味で「鍛造リング」と言います。

 

【純プラチナの結婚指輪】

本日、ご紹介をする鍛造リングは、純プラチナの結婚指輪

一般的にプラチナ結婚指輪といえば ほぼほぼpt900です
配合はプラチナ90% パラジウム10%でpt900になります
しかし純プラチナというのはプラチナ約100%ということ。

純プラチナとは

純プラチナとは純度MAXのプラチナでほぼ100%のこと
ほぼ100%というのはプラチナは純金のように100%が金
のようにはならず 99.5%~99.9%がMAXの値なんです。

これが純プラチナで 刻印として表記すると2通りあります
pt999もしくは pt1000の刻印が標準として使われています
当店の場合は99.5%~のプラチナをpt1000で刻印をします。

プラチナは錆びない

基本的にプラチナは錆びませんので安心して着けられます
特に純度がMAXの純プラチナは不純物が含まれていない
ので肌に優しくて金属アレルギーの方でも安心できますね。

 

【鍛造の結婚指輪×純プラチナ】

早速ですが今回制作をした純プラチナの結婚指輪をご紹介
普通の結婚指輪のデザインではなくてインパクト満点です!

まず目が行くのはリング幅が男性用と女性用で違う所です
結婚指輪はペアリングなので同じ幅のデザインが多いです。

しかし今回は男性用が幅広くて女性用が細いデザインです
男性用リングが6ミリ幅で、女性用リングが3ミリ幅です。

結婚指輪 純プラチナ

純プラチナに槌目を打ち込み
つや消しにしてハートを彫る

リングのフォルムは平甲丸で、つや消しの槌目仕上げです
更に1本1本のリングにハートの片割れが彫ってあります。

2本のリングを合わせるとハートになる所が可愛いですね
ごつく力強く見えるのに可愛い雰囲気もあるデザインです!

こちらのインパクト満点の結婚指輪の制作工程になります
結婚指輪が完成するまでを記事にしましたのでご覧下さい。

続きを読む

ペアリング 純金で手作り【鍛造】華奢で細め 2.5mm ハート&槌目

鍛造リングの専門店ジュエリーコウキです
新潟県長岡市の工房で職人が手作りします

鍛造(たんぞう)という製法は日本の伝統技法の1つ
鍛えて造るという意味で鍛錬しながら指輪を作ります。

この技術は昔から受け継がれてきた日本の伝統技術で
代々鍛造技術を継承してきた宝飾職人しか作れません。

近年、鍛造という製法が注目されてきて鍛造の指輪が
増えてきましたがほとんどは鍛造ではなく鍛造風です
鍛造に似せて作る鍛造風は本物の鍛造と全く違います。

ちなみに本物の鍛造で手作りした鍛造リングは全体の
リングの1%未満しか存在しない特別な希少なリング
当店は全国でも数少ない本物の鍛造リング専門店です。

ジュエリー職人

こんにちは(゚Д゚)ノ 池田と申します

私はジュエリーコウキの二代目で宝飾職人歴29年です

私、池田が師匠である父から代々受け継がれてきた鍛造
という技術を継承して工房で1つ1つ手作りしています。

鍛造とは画像のように金槌で地金を叩いて鍛える鍛冶で
手間をかけながら指輪を手作りしていくという製法です。

鍛冶で鍛錬をされた指輪は、密度が増して強靭な指輪に
育ちますので変形や歪みや傷や衝撃に耐えられるんです
鍛えて造る指輪という意味で「鍛造リング」と言います。

 

純金 ペアリング

純金はk24や24金と表記される純度マックスのゴールド

ゴールドの中のゴールド、まさにゴールドの王様です!
そんなゴールドの王様、純金でペアリングを作りました

純金は相場が高騰していて1本の指輪だけでも高額です
それがペアの2本となれば値段もさらに高くなりますが
値段以上に純金ペアリングはレアで希少価値があります!

純金は純度MAX だから柔らかい

純金は不純物が含まれていない純度MAXのゴールドです
純度が高すぎるので純金はとても柔らかい性質の金です。

柔らかい特性を持つのでジュエリーではあまり見ません
特にリングとなれば歪んだり変形をしてしまうからです。

ジュエリーでよく見るゴールドは、ほぼほぼk18ですが
純金が75%で残り25%が銀や銅なので硬くなるんです
純金に割金をする事で硬くなってジュエリーになります。

しかし!純金そのままでペアリングを作りたいですよね
ご安心下さい!当店が継承している鍛造でペアリングを
作れば市販の既製品の純金リングの数倍は頑丈なんです。

鍛造の詳しい製法の内容は後ほどご説明をいたしますが
まずは完成をした鍛造の純金ペアリングをご覧下さい!

純金 ペアリング

鍛造で作り上げた純金ペアリングです!

リングのフォルムは丸い甲丸(こうまる)という形です
表面がカクカクしていますが槌目(つちめ)という模様。

1本1本の甲丸デザインのセンターにハートの片割れを
彫ってあり2本の指輪を合わせるとハート♡になります。

可愛いハートデザインのペアリングなのですが純金です
純金でハートのペアリングは、ほとんど存在しないです
k18なら可愛いものは沢山ありますが純金は無いですね~

 

続きを読む

【24金 結婚指輪】鍛造ブランドが作る鍛造リング!幅広い5mm×槌目

鍛造リングの専門店ジュエリーコウキです
新潟県長岡市の工房で職人が手作りします

鍛造(たんぞう)という製法は日本の伝統技法の1つ
鍛えて造るという意味で鍛錬しながら指輪を作ります。

この技術は昔から受け継がれてきた日本の伝統技術で
代々鍛造技術を継承してきた宝飾職人しか作れません。

近年、鍛造という製法が注目されてきて鍛造の指輪が
増えてきましたがほとんどは鍛造ではなく鍛造風です
鍛造に似せて作る鍛造風は本物の鍛造と全く違います。

ちなみに本物の鍛造で手作りした鍛造リングは全体の
リングの1%未満しか存在しない特別な希少なリング
当店は全国でも数少ない本物の鍛造リング専門店です。

ジュエリー職人

こんにちは(゚Д゚)ノ 池田と申します

私はジュエリーコウキの二代目で宝飾職人歴29年です

私、池田が師匠である父から代々受け継がれてきた鍛造
という技術を継承して工房で1つ1つ手作りしています。

鍛造とは画像のように金槌で地金を叩いて鍛える鍛冶で
手間をかけながら指輪を手作りしていくという製法です。

鍛冶で鍛錬をされた指輪は、密度が増して強靭な指輪に
育ちますので変形や歪みや傷や衝撃に耐えられるんです
鍛えて造る指輪という意味で「鍛造リング」と言います。

 

【24金 結婚指輪】

本日、ご紹介をする鍛造リングは24金の結婚指輪です
【24金=純金】で純度マックスの最高級のゴールドです。

24金の純金は希少価値が高くて世界的に求められていて
純金相場はとても高くてプラチナ相場の約2倍もします。

そんな最高級24金ゴールドを使って結婚指輪を作ります
しかもリング幅も太くて幅広くて肉厚も分厚い結婚指輪。

もはやインゴットのような最高級の結婚指輪になります
重厚感&重量感がハンパない結婚指輪をまずご覧下さい!

24金 結婚指輪

【結婚指輪 24金 太め】

幅広いですね~結婚指輪の幅が太いです!肉厚も分厚い!

リング幅が5ミリ× 厚みが約2ミリ、規格外のレベルです
24金をここまで凄い重さを使うと金額が相当高くなります。

更に金槌で仕上げる槌目も手打ちで手間が相当かかります
24金の重さも規格外、作りあげる技術も規格外の特注指輪
インパクト満点!正直ここまでの結婚指輪は他に無いですw

結婚指輪 24金

24金は柔らかいので
指輪に向いていない

24金の純金は純度が高いので不純物が含まれておりません
不純物が含まれていないので24金はとても柔らかいんです。

柔らかくて変形しやすくて凹みやすい傷つきやすいという
理由からジュエリー(特に指にする指輪)には向きません。

しかし当店自慢の伝統技法の鍛造で作れば強くなるんです
鍛えて造るという意味で鍛冶で鍛錬をして鍛えて造ります!

そうすれば市販の既製品の数倍も強度が増し強くなります
鍛造で作れば結婚指輪としても安心して着けられるんです
それでは早速、24金の結婚指輪の制作工程をご覧下さい(^-^)

続きを読む

鍛造 結婚指輪×純プラチナ【Pt1000】リング幅3.5mm 槌目マット加工

鍛造の結婚指輪の専門店ジュエリーコウキ
工房で1つ1つ鍛造で指輪を手作りします

鍛造(たんぞう)という製法は日本の伝統技法の1つ
鍛えて造るという意味で鍛錬しながら指輪を作ります。

この技術は昔から受け継がれてきた日本の伝統技術で
代々鍛造技術を継承してきた宝飾職人しか作れません。

近年、鍛造という製法が注目されてきて鍛造の指輪が
増えてきましたがほとんどは鍛造ではなく鍛造風です
鍛造に似せて作る鍛造風は本物の鍛造と全く違います。

ちなみに本物の鍛造で手作りした鍛造リングは全体の
リングの1%未満しか存在しない特別な希少なリング
当店は全国でも数少ない本物の鍛造リング専門店です。

ジュエリー職人

こんにちは(゚Д゚)ノ 池田と申します

私はジュエリーコウキの二代目で宝飾職人歴29年です

私、池田が師匠である父から代々受け継がれてきた鍛造
という技術を継承して工房で1つ1つ手作りしています。

鍛造とは画像のように金槌で地金を叩いて鍛える鍛冶で
手間をかけながら指輪を手作りしていくという製法です。

鍛冶で鍛錬をされた指輪は、密度が増して強靭な指輪に
育ちますので変形や歪みや傷や衝撃に耐えられるんです
鍛えて造る指輪という意味で「鍛造リング」と言います。

 

【純プラチナの結婚指輪】

今回ご紹介をする鍛造の結婚指輪の素材は「純プラチナ」

プラチナで一番多く使われているものがプラチナ900
その次がプラチナ850で、市場に出回っている指輪の

ほとんどがプラチナ900(pt900)を使った指輪なんです
プラチナ850(pt850)の場合はネックレスに使われます。

今回は純度MAXの純プラチナ(pt1000)を使った結婚指輪
純プラチナの結婚指輪は市場で とっても少ないのですが
手作りの鍛造となれば1%以下の超希少な指輪になります。

純プラチナ

純プラチナは柔らかくて加工が難しい

上の画像は純プラチナを溶かしたばかりの貴重な画像です
純プラチナは不純物が含まれていないので柔らかいんです

プラチナ900の場合は純プラチナが90%で残り10%
にパラジウムという素材が含まれるので硬くなるんですね
硬くなるので強度が出て加工もしやすいので多いんですね。

しかし純プラチナは柔らかいので加工が凄く難しいんです
鋳造という機械で作っても柔らかいので指輪に向きません
そんな理由から純プラチナの結婚指輪は少ないということ。

しかし私が受け継いだ鍛造という日本伝統技法なら大丈夫
鍛冶作業で純プラチナを鍛錬するので頑丈に作れるんです

難易度が高く加工をするのが難しいので鍛造の純プラチナ
の結婚指輪は少なくて珍しいということなんですね(^-^)
早速、鍛造で制作した純プラチナの結婚指輪をご覧下さい。

結婚指輪 純プラチナ

続きを読む