純プラチナ結婚指輪 鍛造の製造工程!女性用が細めで男性用が太め

鍛造リングの専門店ジュエリーコウキです
新潟県長岡市の工房で職人が手作りします

鍛造(たんぞう)という製法は日本の伝統技法の1つ
鍛えて造るという意味で鍛錬しながら指輪を作ります。

この技術は昔から受け継がれてきた日本の伝統技術で
代々鍛造技術を継承してきた宝飾職人しか作れません。

近年、鍛造という製法が注目されてきて鍛造の指輪が
増えてきましたがほとんどは鍛造ではなく鍛造風です
鍛造に似せて作る鍛造風は本物の鍛造と全く違います。

ちなみに本物の鍛造で手作りした鍛造リングは全体の
リングの1%未満しか存在しない特別な希少なリング
当店は全国でも数少ない本物の鍛造リング専門店です。

ジュエリー職人

こんにちは(゚Д゚)ノ 池田と申します

私はジュエリーコウキの二代目で宝飾職人歴29年です

私、池田が師匠である父から代々受け継がれてきた鍛造
という技術を継承して工房で1つ1つ手作りしています。

鍛造とは画像のように金槌で地金を叩いて鍛える鍛冶で
手間をかけながら指輪を手作りしていくという製法です。

鍛冶で鍛錬をされた指輪は、密度が増して強靭な指輪に
育ちますので変形や歪みや傷や衝撃に耐えられるんです
鍛えて造る指輪という意味で「鍛造リング」と言います。

 

【純プラチナの結婚指輪】

本日、ご紹介をする鍛造リングは、純プラチナの結婚指輪

一般的にプラチナ結婚指輪といえば ほぼほぼpt900です
配合はプラチナ90% パラジウム10%でpt900になります
しかし純プラチナというのはプラチナ約100%ということ。

純プラチナとは

純プラチナとは純度MAXのプラチナでほぼ100%のこと
ほぼ100%というのはプラチナは純金のように100%が金
のようにはならず 99.5%~99.9%がMAXの値なんです。

これが純プラチナで 刻印として表記すると2通りあります
pt999もしくは pt1000の刻印が標準として使われています
当店の場合は99.5%~のプラチナをpt1000で刻印をします。

プラチナは錆びない

基本的にプラチナは錆びませんので安心して着けられます
特に純度がMAXの純プラチナは不純物が含まれていない
ので肌に優しくて金属アレルギーの方でも安心できますね。

 

【鍛造の結婚指輪×純プラチナ】

早速ですが今回制作をした純プラチナの結婚指輪をご紹介
普通の結婚指輪のデザインではなくてインパクト満点です!

まず目が行くのはリング幅が男性用と女性用で違う所です
結婚指輪はペアリングなので同じ幅のデザインが多いです。

しかし今回は男性用が幅広くて女性用が細いデザインです
男性用リングが6ミリ幅で、女性用リングが3ミリ幅です。

結婚指輪 純プラチナ

純プラチナに槌目を打ち込み
つや消しにしてハートを彫る

リングのフォルムは平甲丸で、つや消しの槌目仕上げです
更に1本1本のリングにハートの片割れが彫ってあります。

2本のリングを合わせるとハートになる所が可愛いですね
ごつく力強く見えるのに可愛い雰囲気もあるデザインです!

こちらのインパクト満点の結婚指輪の制作工程になります
結婚指輪が完成するまでを記事にしましたのでご覧下さい。

続きを読む

ペアリング 純金で手作り【鍛造】華奢で細め 2.5mm ハート&槌目

鍛造リングの専門店ジュエリーコウキです
新潟県長岡市の工房で職人が手作りします

鍛造(たんぞう)という製法は日本の伝統技法の1つ
鍛えて造るという意味で鍛錬しながら指輪を作ります。

この技術は昔から受け継がれてきた日本の伝統技術で
代々鍛造技術を継承してきた宝飾職人しか作れません。

近年、鍛造という製法が注目されてきて鍛造の指輪が
増えてきましたがほとんどは鍛造ではなく鍛造風です
鍛造に似せて作る鍛造風は本物の鍛造と全く違います。

ちなみに本物の鍛造で手作りした鍛造リングは全体の
リングの1%未満しか存在しない特別な希少なリング
当店は全国でも数少ない本物の鍛造リング専門店です。

ジュエリー職人

こんにちは(゚Д゚)ノ 池田と申します

私はジュエリーコウキの二代目で宝飾職人歴29年です

私、池田が師匠である父から代々受け継がれてきた鍛造
という技術を継承して工房で1つ1つ手作りしています。

鍛造とは画像のように金槌で地金を叩いて鍛える鍛冶で
手間をかけながら指輪を手作りしていくという製法です。

鍛冶で鍛錬をされた指輪は、密度が増して強靭な指輪に
育ちますので変形や歪みや傷や衝撃に耐えられるんです
鍛えて造る指輪という意味で「鍛造リング」と言います。

 

純金 ペアリング

純金はk24や24金と表記される純度マックスのゴールド

ゴールドの中のゴールド、まさにゴールドの王様です!
そんなゴールドの王様、純金でペアリングを作りました

純金は相場が高騰していて1本の指輪だけでも高額です
それがペアの2本となれば値段もさらに高くなりますが
値段以上に純金ペアリングはレアで希少価値があります!

純金は純度MAX だから柔らかい

純金は不純物が含まれていない純度MAXのゴールドです
純度が高すぎるので純金はとても柔らかい性質の金です。

柔らかい特性を持つのでジュエリーではあまり見ません
特にリングとなれば歪んだり変形をしてしまうからです。

ジュエリーでよく見るゴールドは、ほぼほぼk18ですが
純金が75%で残り25%が銀や銅なので硬くなるんです
純金に割金をする事で硬くなってジュエリーになります。

しかし!純金そのままでペアリングを作りたいですよね
ご安心下さい!当店が継承している鍛造でペアリングを
作れば市販の既製品の純金リングの数倍は頑丈なんです。

鍛造の詳しい製法の内容は後ほどご説明をいたしますが
まずは完成をした鍛造の純金ペアリングをご覧下さい!

純金 ペアリング

鍛造で作り上げた純金ペアリングです!

リングのフォルムは丸い甲丸(こうまる)という形です
表面がカクカクしていますが槌目(つちめ)という模様。

1本1本の甲丸デザインのセンターにハートの片割れを
彫ってあり2本の指輪を合わせるとハート♡になります。

可愛いハートデザインのペアリングなのですが純金です
純金でハートのペアリングは、ほとんど存在しないです
k18なら可愛いものは沢山ありますが純金は無いですね~

 

続きを読む

【24金 結婚指輪】鍛造ブランドが作る鍛造リング!幅広い5mm×槌目

鍛造リングの専門店ジュエリーコウキです
新潟県長岡市の工房で職人が手作りします

鍛造(たんぞう)という製法は日本の伝統技法の1つ
鍛えて造るという意味で鍛錬しながら指輪を作ります。

この技術は昔から受け継がれてきた日本の伝統技術で
代々鍛造技術を継承してきた宝飾職人しか作れません。

近年、鍛造という製法が注目されてきて鍛造の指輪が
増えてきましたがほとんどは鍛造ではなく鍛造風です
鍛造に似せて作る鍛造風は本物の鍛造と全く違います。

ちなみに本物の鍛造で手作りした鍛造リングは全体の
リングの1%未満しか存在しない特別な希少なリング
当店は全国でも数少ない本物の鍛造リング専門店です。

ジュエリー職人

こんにちは(゚Д゚)ノ 池田と申します

私はジュエリーコウキの二代目で宝飾職人歴29年です

私、池田が師匠である父から代々受け継がれてきた鍛造
という技術を継承して工房で1つ1つ手作りしています。

鍛造とは画像のように金槌で地金を叩いて鍛える鍛冶で
手間をかけながら指輪を手作りしていくという製法です。

鍛冶で鍛錬をされた指輪は、密度が増して強靭な指輪に
育ちますので変形や歪みや傷や衝撃に耐えられるんです
鍛えて造る指輪という意味で「鍛造リング」と言います。

 

【24金 結婚指輪】

本日、ご紹介をする鍛造リングは24金の結婚指輪です
【24金=純金】で純度マックスの最高級のゴールドです。

24金の純金は希少価値が高くて世界的に求められていて
純金相場はとても高くてプラチナ相場の約2倍もします。

そんな最高級24金ゴールドを使って結婚指輪を作ります
しかもリング幅も太くて幅広くて肉厚も分厚い結婚指輪。

もはやインゴットのような最高級の結婚指輪になります
重厚感&重量感がハンパない結婚指輪をまずご覧下さい!

24金 結婚指輪

【結婚指輪 24金 太め】

幅広いですね~結婚指輪の幅が太いです!肉厚も分厚い!

リング幅が5ミリ× 厚みが約2ミリ、規格外のレベルです
24金をここまで凄い重さを使うと金額が相当高くなります。

更に金槌で仕上げる槌目も手打ちで手間が相当かかります
24金の重さも規格外、作りあげる技術も規格外の特注指輪
インパクト満点!正直ここまでの結婚指輪は他に無いですw

結婚指輪 24金

24金は柔らかいので
指輪に向いていない

24金の純金は純度が高いので不純物が含まれておりません
不純物が含まれていないので24金はとても柔らかいんです。

柔らかくて変形しやすくて凹みやすい傷つきやすいという
理由からジュエリー(特に指にする指輪)には向きません。

しかし当店自慢の伝統技法の鍛造で作れば強くなるんです
鍛えて造るという意味で鍛冶で鍛錬をして鍛えて造ります!

そうすれば市販の既製品の数倍も強度が増し強くなります
鍛造で作れば結婚指輪としても安心して着けられるんです
それでは早速、24金の結婚指輪の制作工程をご覧下さい(^-^)

続きを読む

鍛造 結婚指輪×純プラチナ【Pt1000】リング幅3.5mm 槌目マット加工

鍛造の結婚指輪の専門店ジュエリーコウキ
工房で1つ1つ鍛造で指輪を手作りします

鍛造(たんぞう)という製法は日本の伝統技法の1つ
鍛えて造るという意味で鍛錬しながら指輪を作ります。

この技術は昔から受け継がれてきた日本の伝統技術で
代々鍛造技術を継承してきた宝飾職人しか作れません。

近年、鍛造という製法が注目されてきて鍛造の指輪が
増えてきましたがほとんどは鍛造ではなく鍛造風です
鍛造に似せて作る鍛造風は本物の鍛造と全く違います。

ちなみに本物の鍛造で手作りした鍛造リングは全体の
リングの1%未満しか存在しない特別な希少なリング
当店は全国でも数少ない本物の鍛造リング専門店です。

ジュエリー職人

こんにちは(゚Д゚)ノ 池田と申します

私はジュエリーコウキの二代目で宝飾職人歴29年です

私、池田が師匠である父から代々受け継がれてきた鍛造
という技術を継承して工房で1つ1つ手作りしています。

鍛造とは画像のように金槌で地金を叩いて鍛える鍛冶で
手間をかけながら指輪を手作りしていくという製法です。

鍛冶で鍛錬をされた指輪は、密度が増して強靭な指輪に
育ちますので変形や歪みや傷や衝撃に耐えられるんです
鍛えて造る指輪という意味で「鍛造リング」と言います。

 

【純プラチナの結婚指輪】

今回ご紹介をする鍛造の結婚指輪の素材は「純プラチナ」

プラチナで一番多く使われているものがプラチナ900
その次がプラチナ850で、市場に出回っている指輪の

ほとんどがプラチナ900(pt900)を使った指輪なんです
プラチナ850(pt850)の場合はネックレスに使われます。

今回は純度MAXの純プラチナ(pt1000)を使った結婚指輪
純プラチナの結婚指輪は市場で とっても少ないのですが
手作りの鍛造となれば1%以下の超希少な指輪になります。

純プラチナ

純プラチナは柔らかくて加工が難しい

上の画像は純プラチナを溶かしたばかりの貴重な画像です
純プラチナは不純物が含まれていないので柔らかいんです

プラチナ900の場合は純プラチナが90%で残り10%
にパラジウムという素材が含まれるので硬くなるんですね
硬くなるので強度が出て加工もしやすいので多いんですね。

しかし純プラチナは柔らかいので加工が凄く難しいんです
鋳造という機械で作っても柔らかいので指輪に向きません
そんな理由から純プラチナの結婚指輪は少ないということ。

しかし私が受け継いだ鍛造という日本伝統技法なら大丈夫
鍛冶作業で純プラチナを鍛錬するので頑丈に作れるんです

難易度が高く加工をするのが難しいので鍛造の純プラチナ
の結婚指輪は少なくて珍しいということなんですね(^-^)
早速、鍛造で制作した純プラチナの結婚指輪をご覧下さい。

結婚指輪 純プラチナ

続きを読む

純プラチナ×純金 結婚指輪【鍛造】女性がゴールドで男性がプラチナ

鍛造の指輪の専門店ジュエリーコウキです
工房で1つ1つ鍛造で指輪を手作りします

鍛造(たんぞう)という製法は日本の伝統技法の1つ
鍛えて造るという意味で鍛錬しながら指輪を作ります。

この技術は昔から受け継がれてきた日本の伝統技術で
代々鍛造技術を継承してきた宝飾職人しか作れません。

近年、鍛造という製法が注目されて鍛造の結婚指輪が
増えてきましたがほとんどは鍛造ではなく鍛造風です
鍛造に似せて作る鍛造風は本物の鍛造と全く違います。

ちなみに本物の鍛造で手作りをした結婚指輪は全体の
結婚指輪の1%未満しか存在しない特別なリングです
当店は全国でも数少ない本物の鍛造リング専門店です。

ジュエリー職人

こんにちは(゚Д゚)ノ 池田と申します

私はジュエリーコウキの二代目で宝飾職人歴29年です

私、池田が師匠である父から代々受け継がれてきた鍛造
という技術を継承して工房で1つ1つ手作りしています。

鍛造とは画像のように金槌で地金を叩いて鍛える鍛冶で
手間をかけながら指輪を手作りしていくという製法です。

鍛冶で鍛錬をされた指輪は、密度が増して強靭な指輪に
育ちますので変形や歪みや傷や衝撃に耐えられるんです
鍛えて造る指輪という意味で「鍛造リング」と言います。

 

【純金と純プラチナで結婚指輪を作る】

純金と純プラチナの2種類を素材として結婚指輪を制作

結婚指輪を作る素材で1番多いのがプラチナとゴールド
プラチナはpt900、ゴールドはk18 が一般的なのですが、

本日は、大変珍しい純プラチナ(pt1000)と純金(k24)の
2種類の違う素材を使って結婚指輪を作っていきます!

よくあるプラチナとゴールドを1本の結婚指輪に使った
コンビのデザインではなくて女性用と男性用で違います
今回は男性が純プラチナ、女性が純金で指輪を作ります。

※1本のコンビリングはメンテナンスが効かないんです
別々の素材を一緒にして作ると融点(溶ける温度)や
地金の性質が違うので無理が生じて壊れやすいんですね。

純金 純プラチナ

【純金と純プラチナは柔らかい】

純金と純プラチナは純度がMAXなので柔らかいんです
不純物が地金に含まれていないので柔らかいということ。

というのも一般的に結婚指輪で使われているゴールドは
純金ではなくてk18が圧倒的に多いです(k18以下も多い)

純金だけだと柔らかくてリングに向かないので割りがね
として銀や銅を加えて溶かしてk18やk18以下にします
そうすれば地金が硬くなって細工もできるからなんです。

純プラチナも同じで柔らかくてリングに向かないので
割りがねとしてパラジウムを加えて溶かしてpt900に
したりpt900以下にします(一般的にpt900が多いです)

純金と純プラチナは柔らかいので変形するのでリングに
向かないという理由と柔らかいので細工が難しいんです
そのような理由から市販の指輪にはほとんど無いんです。

しかし!日本伝統技法の鍛造は凄いです!柔らかい地金
を鍛冶で鍛錬するので密度が高まって頑丈になるんです
純金でも純プラチナでも安心して結婚指輪を作れます!

 

女性の結婚指輪が純金で
男性の指輪が純プラチナ

今回の鍛造の結婚指輪は男女で素材を別々にしています
女性用の指輪が純金で、男性用の指輪が純プラチナです。

素材の好みもあると思いますので女性が純プラチナでも
良いと思いますし男性が純金でも良いと思います(^-^)

早速ですが純金と純プラチナで作った指輪をご覧下さい
槌目(つちめ)で仕上げたデザインで幅は約3ミリです。

結婚指輪 純金 純プラチナ

【純金&純プラチナ 鍛造の結婚指輪】

品を感じますよね~上品で繊細で清楚な結婚指輪ですね
そう感じる理由は、繊細な槌目を艶消しにしたからです。

ゴールドやプラチナといえばキラッキラに輝いた光沢を
イメージする方が多いと思いますが白い艶消しです(^-^)

艶消しにも色んな種類がありますが白い艶消しは清楚で
上品で落ち着いた雰囲気が出るので繊細な槌目にお勧め。

それでは結婚指輪の制作工程をブログに詳しく書きます
結婚指輪の完成まで書きますので最後までご覧下さい!

続きを読む

鍛造の結婚指輪×鍛造リングの製造工程【匠】プラチナ3mm幅に槌目

鍛造の指輪の専門店ジュエリーコウキです
工房で1つ1つ鍛造で指輪を手作りします

鍛造(たんぞう)という製法は日本の伝統技法の1つ
鍛えて造るという意味で鍛錬しながら指輪を作ります。

この技術は昔から受け継がれてきた日本の伝統技術で
代々鍛造技術を継承してきた宝飾職人しか作れません。

近年、鍛造という製法が注目されて鍛造の結婚指輪が
増えてきましたがほとんどは鍛造ではなく鍛造風です
鍛造に似せて作る鍛造風は本物の鍛造と全く違います。

ちなみに本物の鍛造で手作りをした結婚指輪は全体の
結婚指輪の1%未満しか存在しない特別なリングです
当店は全国でも数少ない本物の鍛造リング専門店です。

ジュエリー職人

こんにちは(゚Д゚)ノ 池田と申します

私はジュエリーコウキの二代目で宝飾職人歴29年です

私、池田が師匠である父から代々受け継がれてきた鍛造
という技術を継承して工房で1つ1つ手作りしています。

鍛造とは画像のように金槌で地金を叩いて鍛える鍛冶で
手間をかけながら指輪を手作りしていくという製法です。

鍛冶で鍛錬をされた指輪は、密度が増して強靭な指輪に
育ちますので変形や歪みや傷や衝撃に耐えられるんです
鍛えて造る指輪という意味で「鍛造リング」と言います。

 

【鍛造リングって何?】

鍛造(たんぞう)を簡単に説明をさせて頂きましたが、
鍛冶で結婚指輪を作っていくので鍛冶がメイン作業です。

これから鍛造の制作工程を詳しく説明をしていきますが
刀を作るように結婚指輪を作っていく日本伝統技法です。

刀を作るときは刀職人さんが鍛冶と火入れで刀を鍛えて
折れにくい頑丈な刀を作っていきますが当店の場合は刀
ではなく指輪で、私は刀職人ではなく宝飾職人です(^-^)

刀を作るように鍛冶と火入れで指輪を作っていくんです
密度が増して強くなるので安心して使える結婚指輪です。

 

【鍛造 プラチナ結婚指輪】

これから鍛造で作り上げる結婚指輪の素材はプラチナです
プラチナを鍛冶で鍛錬しながら結婚指輪を作っていきます。

プラチナは柔らかいので変形しやすかったり歪みやすくて
しかも傷も付きやすいですし凹みなども付きやすいんです。

しかし!鍛造で作り上げられた結婚指輪は市販の出来合い
のプラチナ結婚指輪よりも何倍も頑丈になるので安心です
では早速、鍛造で作るプラチナ結婚指輪の制作工程です!

鍛造で作ったプラチナの
槌目の結婚指輪をご紹介!

まずは完成をした鍛造プラチナ結婚指輪をご紹介致します
こちらの画像の指輪が鍛冶で鍛え上げられた結婚指輪です。

見た目の美しさと力強さのインパクトが半端ないですよね
槌目(つちめ)という金槌で打って仕上げたデザインです。

槌目模様も鍛造と同じく日本伝統技法で日本伝統模様です
金槌で打ちあげて模様を作るので技術とセンスが必要です
昔から伝わる日本の高い技術で作った指輪は凄いんです!

結婚指輪 鍛造 プラチナ

【鍛造リングの製造工程】

画像の鍛造で作った槌目の結婚指輪の制作工程になります
鍛冶でリングの素材となるプラチナを鍛えながら作ります。

これから詳しく作業工程をブログに書いていきますので
こちらの結婚指輪の完成までどうぞご覧下さいませ(^-^)

続きを読む

和の結婚指輪【和風 和柄×和彫り桜】鍛造と槌目にこだわる伝統技法

鍛造の結婚指輪の専門店ジュエリーコウキです
自社工房で1つ1つ鍛造で指輪を手作りします

鍛造(たんぞう)という製法は日本の伝統技法の1つ
鍛えて造るという意味で鍛錬しながら指輪を作ります。

この技術は昔から受け継がれてきた日本の伝統技術で
代々鍛造技術を継承してきた宝飾職人しか作れません。

近年、鍛造という製法が注目されて鍛造の結婚指輪が
増えてきましたがほとんどは鍛造ではなく鍛造風です
鍛造に似せて作る鍛造風は本物の鍛造と全く違います。

ちなみに本物の鍛造で手作りをした結婚指輪は全体の
結婚指輪の1%未満しか存在しない特別なリングです
当店は全国でも数少ない本物の鍛造リング専門店です。

ジュエリー職人

こんにちは (*´Д`)

アラフィフに足を踏み入れた宝飾職人の池田と申しますw
当店ジュエリーコウキの二代目で宝飾職人歴29年です。

私、池田が師匠である父から代々受け継がれてきた鍛造
という技術を継承して工房で1つ1つ手作りしています。

鍛造とは画像のように金槌で地金を叩いて鍛える鍛冶で
手間をかけながら指輪を手作りしていくという製法です。

鍛冶で鍛錬をされた指輪は、密度が増して強靭な指輪に
育ちますので変形や歪みや傷や衝撃に耐えられるんです
鍛えて造る指輪という意味で「鍛造リング」と言います。

 

【結婚指輪 和】

群馬県M様のご依頼で和風の結婚指輪を手作りしました

和風にこだわりたい!和を感じられる結婚指輪をしたい!
日本人という誇りが持てる結婚指輪を一生身に着けたい!

ということで和風というより正真正銘の和を取り入れた
ザ日本を感じられる結婚指輪を作らせていただきました。

私は日本伝統技法の鍛造を継承している数少ない職人で
それだけでも和を代表できるのですが更に和を追求して
和彫りの彫金桜、日本伝統模様の槌目も取り入れました。

日本伝統技術=和の技術を集結した究極の結婚指輪です
まずは完成した和の技術で作った結婚指輪をご覧下さい!

結婚指輪 和彫り

【和彫り 結婚指輪】

まず1つ目の「和」それは、和彫り(わぼり)です
和彫りを継承した彫り職人が手作業で彫っていきます。

白く艶消しを施したプラチナリングの表面に彫ります
鏡面に光ったプラチナリングにも彫る事ができますが
艶消しにする事で彫ったラインが輝いて引き立ちます。

彫り線は、深い部分、浅い部分、太い部分、細い部分、
彫ったラインに強弱を入れる事で躍動感が出るんです
まるで白い紙に墨で描いた水墨画のようになるんです!

和彫りで彫ったモチーフは「桜」日本を代表する花で
桜の花びら、桜の葉、桜の枝など、まるで風景画です。

結婚指輪 和柄

【和柄の槌目 結婚指輪】

そして2つ目の「和」それは、槌目(つちめ)です
槌目とは槌で打つ目という意味で金槌で打つ模様です
槌目模様は日本伝統技法で日本伝統模様でもあります。

今回の和の結婚指輪のデザインは和彫り桜なのですが
リング3分の2に和彫り桜が彫り込まれていて残りの
リング3分の1に槌目模様が打ち込まれているんです。

画像を見て頂けると分かるのですが、和彫りと槌目が
融合しているデザインで難易度が物凄く高くなります。

指輪の表面に和彫り桜を彫って、指輪の反対側の下に
なる部分に槌目を打ち込むので傷が付きにくいんです
槌目模様は金槌で打つ模様なので頑丈になるんですね。

結婚指輪 和風 ブランド

【和の製法 日本伝統具法 鍛造の結婚指輪】

そして3つ目の「和」それは、鍛造(たんぞう)です
鍛造とは地金を鍛えて造るという意味で日本伝統技法。

後ほど画像とともに詳しくご説明をさせて頂きますが
鍛冶作業で地金を鍛錬しながら指輪を作る技法です!
上の画像の金床(かなどこ)と金槌が鍛冶の道具です。

私、池田は師匠である親父から鍛造を継承した職人です
鍛造も槌目もハイレベルなハンマリング技術で作ります
それでは日本の技術を集結して作る指輪制作のスタート!

続きを読む

槌目加工 プラチナ結婚指輪【鍛造】槌目のデザインは打ち方で変わる

鍛造リングの専門店・ジュエリーコウキ
2代目の私、池田が書く指輪作り日記です

宝飾職人として指輪の作り方を徹底的に書きます
手作りで1つ1つ造りあげる鍛造の結婚指輪です
本物の鍛造の結婚指輪は全国でもごくわずかです!

「鍛造リング」とは、この文字を読んだ通りで
地金を鍛えながら指輪を作る事を意味しています
のちほど詳しく鍛造の意味を書きます(^ω^)

本日、ご紹介をさせて頂く記事の内容ですが
槌目の結婚指輪(槌目のマリッジリング)です
※槌目とは金槌で叩いた時に出る模様の事です

槌目加工 結婚指輪

【結婚指輪 槌目デザイン】

槌目模様にも様々なタイプの模様がありますが
今回の結婚指輪に入れる槌目は浅いタイプです

ハンマーの大きさや形、叩く力の入れ具合など
様々な要因が重なって槌目の模様は生まれます

今回は浅い槌目の結婚指輪の作り方を書きます
記事の最後までどうぞよろしくお願い致します。

 

続きを読む

24金 結婚指輪を手作り【鍛造】リング4mm幅の槌目が美しくて上品

手作り結婚指輪の専門店、ジュエリーコウキ
日本の伝統技法の鍛造で結婚指輪を作ります

日本伝統技法の鍛造という製法で指輪を手作り致します
鍛えて造るという意味から鍛造(たんぞう)といいます。

鍛造は古来から受け継がれてきた宝飾職人の技術なので
鍛造技術を継承した宝飾職人しか作ることができません。

時代と共に鍛造技術を継承した宝飾職人が減っています
市場全体の1%以下しか鍛造で作った指輪は存在しません。

鍛造と説明をしている店は全国多々あるのが現状ですが
圧縮だったり一部鍛造だったり鍛造風が蔓延しています
当店のような正式な鍛造は全国でも極めて少ないんです。

 

こんにちは(゚Д゚)ノ

ジュエリーコウキ2代目で宝飾職人の池田と申します
職人歴は29年で鍛造を継承している職人の1人です。

私は二代目になりますが初代になる私の師匠は父です
父は東京で師匠のもとで長年修業をして継承しました
故郷の新潟の長岡に戻って鍛造専門店を開業しました。

父の技術を受け継いだ私が鍛造で指輪を作り上げます
正真正銘の本物の鍛造で作る結婚指輪をご覧ください!

ジュエリー職人

鍛造で作り上げた鍛造指輪をブログで発信しています
日本の伝統技法で本物の鍛造を発信するのが目的です。

他店では真似ができない鍛造製法の制作工程を細かく
紹介する事で他店の鍛造とはレベルが違うという事が
ハッキリと分かると思いますので是非、ご覧ください!

鍛造が注目されるようになってから鍛造風というのが
全国で増えて目立つようになってきましたが鍛造風と
いうのは本物の鍛造ではないのでお気をつけください!

早速、ブログで鍛造で作る結婚指輪を紹介いたします
今回のブログで制作工程を紹介する鍛造の結婚指輪は
すでに完成しておりますので画像をご覧くださいませ。

【結婚指輪 24金】

結婚指輪 24金

どうですか!味わい深い雰囲気が出ている結婚指輪です

表面の凹凸は槌目(つちめ)という日本の伝統模様です
槌目は金槌で叩いた打痕で美しい槌目は技術が必要です。

ゴールドと言えばピッカピカに光ったものが定番ですが
画像のようにマットの艶消しに仕上げるのも美しいです!

24金は純度MAXなので黄金(おうごん)の色なんです
黄金色(こがねいろ)とも呼ばれていて普通の金よりも
濃い色が特徴で、鏡面にしても艶消しにしても綺麗です!

 

24金の結婚指輪を作るなら
日本の鍛造ブランドが安心!

日本伝統技法で日本伝統模様の槌目で仕上げてあります
製法も鍛造で日本伝統技法なので日本の技術が集結です!

24金は金の純度が1番高い混ざりけ無しの純粋な金です
ということで24金は凄く柔らかい金という事になります
柔らか過ぎるのでリングには向いてません(変形や歪み)

しかし日本の職人の技術力は凄いです!柔らかい24金も
じっくりと時間をかけて鍛造で作ると頑丈になるんです!

24金が強く頑丈になる細かい理由は後で説明をしますが
日本の鍛造という製法は世界でも尊敬されている製法で
正真正銘の鍛造は本当に少ないので希少価値が高いです。

ちなみに当店ジュエリーコウキは鍛造を継承しています
鍛造ブランドのジュエリーコウキが作る指輪は本物です!

続きを読む

新潟の長岡で鍛造 結婚指輪を手作り!k18ゴールドに槌目がお洒落

新潟の手作り結婚指輪の専門店ジュエリーコウキ
日本伝統技法の1つ、鍛造で結婚指輪を作ります

鍛造(たんぞう)という日本の伝統技術で結婚指輪を制作
鍛えて造る指輪という意味で鍛造指輪と言われています。

ちなみに出来合いの既製品の結婚指輪は鋳造(ちゅうぞう)
という製法でリングの原型の型に溶かした地金を流して
固めて作る大量生産で、市場の99%以上がこの製法です。

手作りと言っている店でもロウワックスを削って指輪の
原型を作っている店がほとんどでこれも鋳造に入ります。

市場の残り1%以下が鍛造で 宝飾職人が鍛冶で作ります
直接地金(プラチナやゴールド)を鍛えて削って作ります。

手間をかけて鍛冶で鍛練する事で地金の密度が増します
密度が上がった指輪は変形しにくく結婚指輪に最適です。

 

こんにちは(゚Д゚)ノ

ジュエリーコウキ2代目で宝飾職人の池田と申します
職人歴は29年で鍛造を継承している職人の1人です。

鍛造は昔からの技術を受け継いだ宝飾職人しか作れず
全国でも鍛造を継承した宝飾職人は凄く少ないんです。

鍛造で手作りした鍛造指輪をブログで発信しています
鍛造指輪の制作工程や鍛造結婚指輪を紹介しています。

私が鍛造で手作りをした指輪がドラマに使われました
他にも、NHKさんや全国誌からの取材も頂きました

注目して頂いて感謝です!それほど本物の鍛造製法は
少ないのでオファーを頂きましたのでご紹介しますね。

こちらをクリックして頂ければTVドラマに使われた
鍛造の結婚指輪の撮影秘話を詳しくご覧頂けます(^^)

日テレドラマ「知らなくていいコト」

ジュエリー職人

【新潟で鍛造の結婚指輪を手作りできる】

鍛造で作り上げた鍛造指輪をブログで発信しています
日本の伝統技法で本物の鍛造を発信するのが目的です。

他店では真似ができない鍛造製法の制作工程を細かく
紹介する事で他店の鍛造とはレベルが違うという事が
ハッキリと分かると思いますので是非、ご覧ください!

鍛造が注目されるようになってから鍛造風というのが
全国で増えて目立つようになってきましたが鍛造風と
いうのは本物の鍛造ではないのでお気をつけください!

早速、ブログで鍛造で作る結婚指輪を紹介いたします
今回のブログで制作工程を紹介する鍛造の結婚指輪は
すでに完成しておりますので画像をご覧くださいませ。

【結婚指輪 鍛造】

鍛造 ゴールド 結婚指輪

ゴールドを使って鍛造で
手作りした結婚指輪です

こちらが当店が誇る日本伝統技法の鍛造で手作をりした
ゴールド製の結婚指輪ですがインパクトが凄いですよね!

鍛造は基本的にハンマー(金槌)を終始使って作ります
鍛冶作業はハンマーで地金を叩いて作るのがメインです
ハンマーで作る技術を「ハンマリング技術」といいます。

ハンマーと鍛造製法は切っても切り離せないものなので
指輪の仕上げかたもハンマーにこだわった槌目模様です
※槌目(つちめ)とは金槌の打痕を用いたデザインです。

指輪の製法となる鍛造も槌目の技法も日本伝統技法です
昔から伝わる日本の技術で作る和を感じられる指輪です!

鍛造 ゴールド 指輪

金物の町や鍛冶の町で有名な
新潟県で作る鍛造の結婚指輪

新潟県は、もの作りが得意で、もの作りで有名な町です
全国的にモノ作りのイメージが浸透していると思います
新潟の皆様!これは自慢していいです!素晴らしいです!

例えば金物の町で有名な燕などが全国的にも有名ですし
他にも鍛冶場が多い県なので鍛冶でも全国的に有名です。

ジュエリーコウキは新潟県長岡市にある小さい工房です
金物の町で有名な燕三条の隣の町で、同じ中越地区です。

小さい工房ですが伝統技法の鍛造を継承していますので
全国各地から鍛造の結婚指輪の依頼を頂いておりますし

ありがたい事に全国放送の日テレのドラマ「知らなくて
いいコト」に私の作った鍛造の結婚指輪が使われました
それほど正真正銘の鍛造で作る結婚指輪が少ないんです。

田舎の小さい工房で手作りで作る結婚指輪になりますが
品質には絶対的な自信がありますので工程をご覧下さい。

続きを読む