結婚指輪 毎日つけっぱなしが理想!エッジが立っているより丸いのが◎

オーダーメイドの結婚指輪、ジュエリーコウキ
日本伝統技法の鍛造で結婚指輪を手作りします

オーダーメイドの結婚指輪は全国各地に沢山ありますが
鍛造という技術で作るオーダーメイドの結婚指輪は全国
を探してもほとんど存在しない希少価値の高い結婚指輪。

鍛造(たんぞう)という日本伝統技法でリングを作ります
鍛えて造る指輪という事で鍛造リングと言われています。

一般的なオーダーメイドといえばロウ材から指輪の原型
になる型を作って溶かした地金を型に流して作る製法や
セミオーダーのようにデザインを選ぶタイプが主流です。

しかしジュエリーコウキで二代目の私がする製法は鍛造
鍛えて造るという事から鍛冶作業で鍛錬をして作ります
鍛冶で鍛錬された指輪は密度が濃くなり頑丈になります。

 

こんにちは(゚Д゚)ノ

ジュエリーコウキ2代目で宝飾職人の池田と申します
職人歴は28年で鍛造を継承している職人の1人です。

鍛造は昔からの技術を受け継いだ宝飾職人しか作れず
全国でも鍛造を継承した宝飾職人は極めて少人数です。

市場全ての結婚指輪の中で、鍛造のオーダーメイドで
作った結婚指輪は僅か1%未満しか存在しないんです。

鍛造オーダーメイドの指輪をブログで発信しています
鍛造の制作工程や鍛造の結婚指輪をご紹介しています。

ジュエリー職人

指輪作りもブログ更新も私がしております(^-^)

結婚指輪の専門店という事で結婚指輪に関する記事を
書いていますしお客様の体験談もご紹介しております。

先輩カップルさんの結婚指輪にまつわるエピソードを
募集してブログにアップしておりますので結婚指輪に
関する為になる有益な情報を発信をするのが目的です。

先輩カップルさんの実体験を投稿して頂いているので
これから結婚指輪の購入を考えているカップルさんに
参考になるような内容だと思いますのでご覧ください。

※当店で購入されていない方の体験談を募集しました
全国各地のカップルさんの話を聞きたかったからです。

 

本日は、神奈川県A様から投稿を頂いたエピソードです

エピソードのご投稿をして頂いた方は、結婚指輪は毎日
基本ほぼつけっぱなしにしたい!というのが理想なので
日常生活で邪魔にならない結婚指輪を選んだそうです!

そのポイントの中で重視したのがエッジが立ってなくて
指輪の角がなくて丸くて引っ掛かりがないタイプという
こと、そして結婚指輪の重さが軽いという事でした(^-^)

私は指輪を作る宝飾職人ですが、結婚指輪の着け心地は
凄く重要だと思いますのでご投稿者様と同じ意見です!
それでは神奈川県A様のエピソードをご覧くださいませ。

=================================

 

題名

【毎日ずっと着けれらる結婚指輪のポイント】

 

投稿者 神奈川県A様

 

二人とも大きなこだわりはなかったのですが、
必ず毎日身に着ける(基本ほぼつけっぱなし)

ということは必須だったので、
日常使いを一番に考えて選びました。

私たちの結婚指輪の特徴
素材と、デザインと、幅

素材は18Kゴールド、
デザインはシンプルなプレーンストレートで
角が丸いタイプのとてもシンプルなデザインです。

結婚指輪の幅は私は2mm、
夫は4mmのものを選びました。

エッジが立っているタイプにしようかと思っていましたが、
実際の付け心地が角が丸いものの方が
よかったのでこのデザインにしました。

結婚指輪 ゴールド シンプル

結婚指輪を選ぶ時に
重視をしたポイント

家事や仕事やシャワーの時も日常で毎日
ずっとつけっぱなしにすることを考えて、

引っ掛かりがなるべくなく邪魔にならないもの、
指輪自体が軽いということを重視しました。

また、今後ずーっと指輪を付けることを考えて、
歳を重ねても似合うものということも考えました。

ネットで色々な口コミを見たり、
結婚指輪をしている人の手元を
見てみたりということも参考にしました。

結果、私たちはとても
シンプルな結婚指輪を選びました。

結婚指輪の幅はとても迷いましたが、
私も彼も指が細いので、
あまり太いものはあまり似合わなかったので、

女性用、男性用共にもっとも細い幅のものを選びましたが、
結果とても軽く邪魔にならないので良かったかなと思います。

 

続きを読む

結婚指輪1番のポイントは着け心地の良さ!大袈裟でなく一生が決まる

オーダーメイドの結婚指輪、ジュエリーコウキ
日本伝統技法の鍛造で結婚指輪を手作りします

オーダーメイドの結婚指輪は全国各地に沢山ありますが
鍛造という技術で作るオーダーメイドの結婚指輪は全国
を探してもほとんど存在しない希少価値の高い結婚指輪。

鍛造(たんぞう)という日本伝統技法でリングを作ります
鍛えて造る指輪という事で鍛造リングと言われています。

一般的なオーダーメイドといえばロウ材から指輪の原型
になる型を作って溶かした地金を型に流して作る製法や
セミオーダーのようにデザインを選ぶタイプが主流です。

しかしジュエリーコウキで二代目の私がする製法は鍛造
鍛えて造るという事から鍛冶作業で鍛錬をして作ります
鍛冶で鍛錬された指輪は密度が濃くなり頑丈になります。

 

こんにちは(゚Д゚)ノ

ジュエリーコウキ2代目で宝飾職人の池田と申します
職人歴は28年で鍛造を継承している職人の1人です。

鍛造は昔からの技術を受け継いだ宝飾職人しか作れず
全国でも鍛造を継承した宝飾職人は極めて少人数です。

市場全ての結婚指輪の中で、鍛造のオーダーメイドで
作った結婚指輪は僅か1%未満しか存在しないんです。

鍛造オーダーメイドの指輪をブログで発信しています
鍛造の制作工程や鍛造の結婚指輪をご紹介しています。

ジュエリー職人

指輪作りもブログ更新も私がしております(^-^)

結婚指輪の専門店という事で結婚指輪に関する記事を
書いていますしお客様の体験談もご紹介しております。

先輩カップルさんの結婚指輪にまつわるエピソードを
募集してブログにアップしておりますので結婚指輪に
関する為になる有益な情報を発信をするのが目的です。

先輩カップルさんの実体験を投稿して頂いているので
これから結婚指輪の購入を考えているカップルさんに
参考になるような内容だと思いますのでご覧ください。

※当店で購入されていない方の体験談を募集しました
全国各地のカップルさんの話を聞きたかったからです。

 

本日は、愛知県K様から投稿を頂いたエピソードです

こちらのご投稿された方の結婚指輪を選んだポイントは
指輪の着け心地の良さを1番に考えて決めたそうです。

題名にも書きましたが大袈裟ではなくて指輪の着け心地
というのは一生そのままですので着け心地が良い悪いは
指輪をしている以上、一生つきまとう問題になります!

着け心地が良いならば指輪をずっと着けていたいですし
着け心地が悪いならば指輪をするのが苦痛になってきて

ストレスが溜まって結婚指輪をしなくなっていきます(涙)
前者と後者なら前者のほうが絶対に良いと思いますよね!

また海外製より日本製のほうが繊細な造りが目立ちます
結婚指輪の着け心地が良いのも日本製が多いと感じます。

それでは愛知県K様のエピソードをご覧くださいませ。

=================================

 

題名

【結婚指輪は海外製より日本製、そして着け心地】

 

投稿者 愛知県K様

 

私たちはT社の結婚指輪に決めました。

一番の決め手はつけ心地、
そして店員さんの対応の良さでした。

先に結婚式場探しを始めていて、
相談カウンターで指輪選びの相談も一緒にしました。

夫の友人が同じタイミングで結婚指輪を購入していて、
その方からのアドバイスは「日本製が良いと思う」とのこと。

私も夫もブランドにこだわりはなく、
どちらかというと「あんまり高い、派手なものだと
普段使いするのに抵抗があるよね」ということで、
価格とシンプルさで見ていくことにしました。

相談カウンターで紹介されたお店(T社)に
まず行ってみて、まずはデザインの相談から
担当してくれたのは店長さんでした。

 

【一番のポイントは指輪の着け心地の良さ】

私は誕生日にもらった指輪のデザインが気に入っていて、
それと似た感じのもの(ダイヤは斜めに配置、
ピンクゴールド系の色味)が良いかなとリクエストし、
候補をたくさん出してもらいました。

こちらが「ちょっと太い」「これだと細い」
と言うのも逐一汲んでくださり、
写真を撮るのも快く対応してくれました。

また、そのお店の一番のポイントである
つけ心地の良さを味わいました。

指輪の内側が丸く仕上げられているのでエッジが無く、
つけていないような感覚になるほど滑らかです。

私は付け根に対して第二関節が太いのですが、
付け根に合わせたサイズでもすっと入るので驚きました。

夫も、自分で想定していたより3号サイズほど
ダウンしても無理なくつけられることにびっくり。

 

続きを読む

ブランドの結婚指輪は人と必ず被る!ブランド名より指輪の品質が重要

結婚指輪の手作り専門店、ジュエリーコウキ
日本伝統技法の1つ、鍛造で結婚指輪を制作

鍛造(たんぞう)という日本の伝統技術で結婚指輪を制作
鍛えて造る指輪という意味で鍛造指輪と言われています。

ちなみに出来合いの既製品の結婚指輪は鋳造(ちゅうぞう)
という製法でリングの原型の型に溶かした地金を流して
固めて作る大量生産で、市場の99%以上がこの製法です。

手作りと言っている店でもロウワックスを削って指輪の
原型を作っている店がほとんどでこれも鋳造に入ります。

市場の残り1%以下が鍛造で 宝飾職人が鍛冶で作ります
直接地金(プラチナやゴールド)を鍛えて削って作ります。

手間をかけて鍛冶で鍛練する事で地金の密度が増します
密度が上がった指輪は変形しにくく結婚指輪に最適です。

 

こんにちは(゚Д゚)ノ

ジュエリーコウキ2代目で宝飾職人の池田と申します
職人歴は28年で鍛造を継承している職人の1人です。

鍛造は昔からの技術を受け継いだ宝飾職人しか作れず
全国でも鍛造を継承した宝飾職人は凄く少ないんです。

鍛造で手作りした鍛造指輪をブログで発信しています
鍛造指輪の制作工程や鍛造結婚指輪を紹介しています。

ジュエリー職人

指輪作りもブログ更新も私がしております(^-^)

結婚指輪の専門店という事で結婚指輪に関する記事を
書いていますしお客様の体験談もご紹介しております。

先輩カップルさんの結婚指輪にまつわるエピソードを
募集してブログにアップしておりますので結婚指輪に
関する為になる有益な情報を発信をするのが目的です。

先輩カップルさんの実体験を投稿して頂いているので
これから結婚指輪の購入を考えているカップルさんに
参考になるような内容だと思いますのでご覧ください。

※当店で購入されていない方の体験談を募集しました
全国各地のカップルさんの話を聞きたかったからです。

 

本日は、広島県Y様から投稿を頂いたエピソードです

こちらのご投稿を頂いた方は、結婚指輪を選ぶ基準が
ハイブランドが販売をしている結婚指輪との事でした
ブランドの中でも誰もが知っているハイブランドです。

どうしてハイブランドなのか?それは旦那様が指輪の
デザインや品質よりも「ブランド名」を選んだから
というのが結婚指輪を選んだ基準だったそうなんです。

奥様のほうは一生する結婚指輪なのに、選んだ基準が
ブランド名が有名だからという理由にモヤモヤとした
気持ちになってそうです(旦那様主体で選んだため)

実際にハイブランドの結婚指輪をしてみた感想などを
教えて頂きましたのでブランド名で結婚指輪を探して
いるカップルさんには少しは参考になると思います!

それでは広島県Y様のエピソードをご覧くださいませ。

=================================

 

題名

【ハイブランドの結婚指輪をしてみた感想】

 

投稿者 広島県Y様

 

私達が結婚指輪を選んだときは、
主に夫の意見を尊重しました。

夫は、一流ブランドの結婚指輪に憧れを
持っているらしく一流ブランドの中から
候補を決めて選ぶことになりました。

一方、私はブランドには興味はなく、
人と被らないデザインや
一捻り違う結婚指輪に憧れがありました。

ただ、夫がどうしても一流ブランドから
選びたいという希望が強かったので、
そこは夫に譲りました。

一流ブランドの結婚指輪を購入し、
私も最初は満足していました。

どこの結婚指輪を購入したのかと聞かれ、
ブランドネームを言うと「いいね」と

言われることもあったので、
嬉しく感じたこともあったからです。

結婚指輪 ブランド

【ブランドの結婚指輪は人とかぶる】

ただ、今の結婚指輪をつけていて感じたことですが、
一目見ただけではどこのブランドの結婚指輪か
分からなかったり、人とかぶるケースが度々ありました。

その度に、何で私は高いお金を出して、
この結婚指輪を選んだんだろうかと
疑問に思うこともありました。

私達夫婦は、
夫の希望を優先して結婚指輪を選びましたが、

私の希望としては、プラチナのリングに、
ダイヤモンドが入ったデザインが
良いなと購入前から感じていました。

ただ、一流ブランドのショップで
実際に商品を見て驚いたことですが、

 

続きを読む

結婚指輪をオーダーメイドした体験談!意外と相場や値段は高くない

結婚指輪の手作り専門店、ジュエリーコウキ
日本伝統技法の1つ、鍛造で結婚指輪を制作

鍛造(たんぞう)という日本の伝統技術で結婚指輪を制作
鍛えて造る指輪という意味で鍛造指輪と言われています。

ちなみに出来合いの既製品の結婚指輪は鋳造(ちゅうぞう)
という製法でリングの原型の型に溶かした地金を流して
固めて作る大量生産で、市場の99%以上がこの製法です。

手作りと言っている店でもロウワックスを削って指輪の
原型を作っている店がほとんどでこれも鋳造に入ります。

市場の残り1%以下が鍛造で 宝飾職人が鍛冶で作ります
直接地金(プラチナやゴールド)を鍛えて削って作ります。

手間をかけて鍛冶で鍛練する事で地金の密度が増します
密度が上がった指輪は変形しにくく結婚指輪に最適です。

 

こんにちは(゚Д゚)ノ

ジュエリーコウキ2代目で宝飾職人の池田と申します
職人歴は28年で鍛造を継承している職人の1人です。

鍛造は昔からの技術を受け継いだ宝飾職人しか作れず
全国でも鍛造を継承した宝飾職人は凄く少ないんです。

鍛造で手作りした鍛造指輪をブログで発信しています
鍛造指輪の制作工程や鍛造結婚指輪を紹介しています。

ジュエリー職人

指輪作りもブログ更新も私がしております(^-^)

結婚指輪の専門店という事で結婚指輪に関する記事を
書いていますしお客様の体験談もご紹介しております。

先輩カップルさんの結婚指輪にまつわるエピソードを
募集してブログにアップしておりますので結婚指輪に
関する為になる有益な情報を発信をするのが目的です。

先輩カップルさんの実体験を投稿して頂いているので
これから結婚指輪の購入を考えているカップルさんに
参考になるような内容だと思いますのでご覧ください。

※当店で購入されていない方の体験談を募集しました
全国各地のカップルさんの話を聞きたかったからです。

 

本日は、福島県T様から投稿を頂いたエピソードです

こちらの方はオーダーメイドの結婚指輪に魅力を感じ
ていましたが、私達には高根の花なんじゃないのか?

オーダーメイドの指輪は金額が高いんじゃないのか?
オーダーメイドに対しての不安があったそうなんです。

確かに私もご本人の立場ならその気持ちが分かります
オーダーメイドと聞くと高いイメージがありますよね。

当店もオーダーメイドの指輪がメインの専門店ですが
オーダーメイドの価格というのは店によって違います。

制作工程の作り方も違えば、作るのに必要なコストも
違いますし様々な違いが必ず店によってあるからです
そこら辺の説明も記事の最後に説明したいと思います。

それでは福島県T様のエピソードをご覧くださいませ。

=================================

 

題名

【オーダーメイドの結婚指輪 安い?高い?】

 

投稿者 大阪府K様

 

私たちの結婚指輪は、完全オーダーメイドです。

オーダーメイドにはもともと憧れはありましたが、
オーダーメイドは高いんじゃないか?

そのオーダーメイドの結婚指輪に
私たちが釣り合わないんじゃないか?
と思って最初は高根の花と思っていました。

もともとブランドにもそれほど興味もなかったですし、
どこかのブランドの結婚指輪が有名と聞いても

それがどんなものなのか、
どう良いのかがいまいちわからず、

それならオーダーメイドで自分たちらしい
結婚指輪を作れたらいいねと話していました。

 

【結婚指輪のオーダーメイド専門店】

そして私たちが購入した
オーダーメイド専門店との出会いがありました。

最初はなんとなく見に行ってみよう、
進められるようであれば他のお店でも見ていますなどと
言ってもう行かないようにしようなんて話していました。

ところは、店内にいっぽ入ると、
とても静かで穏やかな時間が流れていました。

数名のスタッフの方がいらっしゃいましたが、
私たちを接客してくださった方は、

とても物腰の柔らかい方で丁寧に説明してくださり、
私たちはその日のうちにこのお店いいねとなりました。

 

続きを読む

浮腫みで結婚指輪がキツイ!指輪が抜けなくなる前に外すのが鉄則!

結婚指輪の手作り専門店、ジュエリーコウキ
日本伝統技法の1つ、鍛造で結婚指輪を制作

鍛造(たんぞう)という日本の伝統技術で結婚指輪を制作
鍛えて造る指輪という意味で鍛造指輪と言われています。

ちなみに出来合いの既製品の結婚指輪は鋳造(ちゅうぞう)
という製法でリングの原型の型に溶かした地金を流して
固めて作る大量生産で、市場の99%以上がこの製法です。

手作りと言っている店でもロウワックスを削って指輪の
原型を作っている店がほとんどでこれも鋳造に入ります。

市場の残り1%以下が鍛造で 宝飾職人が鍛冶で作ります
直接地金(プラチナやゴールド)を鍛えて削って作ります。

手間をかけて鍛冶で鍛練する事で地金の密度が増します
密度が上がった指輪は変形しにくく結婚指輪に最適です。

 

こんにちは(゚Д゚)ノ

ジュエリーコウキ2代目で宝飾職人の池田と申します
職人歴は28年で鍛造を継承している職人の1人です。

鍛造は昔からの技術を受け継いだ宝飾職人しか作れず
全国でも鍛造を継承した宝飾職人は凄く少ないんです。

鍛造で手作りした鍛造指輪をブログで発信しています
鍛造指輪の制作工程や鍛造結婚指輪を紹介しています。

ジュエリー職人

指輪作りもブログ更新も私がしております(^-^)

結婚指輪の専門店という事で結婚指輪に関する記事を
書いていますしお客様の体験談もご紹介しております。

先輩カップルさんの結婚指輪にまつわるエピソードを
募集してブログにアップしておりますので結婚指輪に
関する為になる有益な情報を発信をするのが目的です。

先輩カップルさんの実体験を投稿して頂いているので
これから結婚指輪の購入を考えているカップルさんに
参考になるような内容だと思いますのでご覧ください。

※当店で購入されていない方の体験談を募集しました
全国各地のカップルさんの話を聞きたかったからです。

 

本日は、大阪府K様から投稿を頂いたエピソードです

今回ご投稿を頂いた方の結婚指輪選びのエピソードは
リングの素材はプラチナとゴールドのどちらにするか
リングにダイヤモンドを入れるか入れないか、そして

浮腫みやすい体質なので浮腫んだときにどうするのか
など重要ポイントを考えて結婚指輪を選んだそうです。

実際に指が浮腫んで指輪が抜けない!となったことも
あったそうで改善策なども経験から教えて頂きました
それでは大阪府K様のエピソードをご覧くださいませ。

=================================

 

題名

【浮腫みやすい私の結婚指輪はシンプル】

 

投稿者 大阪府K様

 

結婚指輪は私にとっては毎日つけるもので、
夫婦でお揃いで持つことのできる唯一のものです。

そのため選ぶ時はたくさんのお店に足を運び、
とても悩みました。

その結果二人で納得いくものを選ぶことができ、
結婚指輪は今でも一番大切な宝物となっています。

私は婚約指輪にはかなりこだわりがあり、
デザインだけでなくダイヤのカラットやグレードなども
調べていろいろなブランドを見比べて決定しました。

そのめ、結婚指輪はなるべくシンプルで
日常使いができて飽きのこないものを求めていました。

私は女性の中では指が太い方で
そして指が浮腫みやすい体質だったので、

浮腫んだとき指輪が抜けにくくなった事もあったので
そのようなことも考えながら結婚指輪を選びました。

 

【結婚指輪の素材はプラチナかゴールドか】

まず考えたことが、結婚指輪の素材です
日本で一般的な結婚指輪といえばプラチナです。

ただ、見ているとゴールドや
ローズゴールドなどもありました。

プラチナは色はシルバーなので、
主張しすぎず手に馴染む気がします。

ゴールドやローズゴールドは可愛らしい色ですが、
デザインによっては男性がつけると合わないこともあります。

また、アクセサリーをよくする人は
普段どんな色のアクセサリーを使用しているか
そんなことも考えて選ぶのもいいと思いました。

私は夫との兼ね合いもあり、プラチナにしました。

 

続きを読む

【女性必見】男と女-結婚と結婚指輪の価値観の違いと理想を生告白!

結婚指輪の手作り専門店、ジュエリーコウキ
日本伝統技法の1つ、鍛造で結婚指輪を制作

鍛造(たんぞう)という日本の伝統技術で結婚指輪を制作
鍛えて造る指輪という意味で鍛造指輪と言われています。

ちなみに出来合いの既製品の結婚指輪は鋳造(ちゅうぞう)
という製法でリングの原型の型に溶かした地金を流して
固めて作る大量生産で、市場の99%以上がこの製法です。

手作りと言っている店でもロウワックスを削って指輪の
原型を作っている店がほとんどでこれも鋳造に入ります。

市場の残り1%以下が鍛造で 宝飾職人が鍛冶で作ります
直接地金(プラチナやゴールド)を鍛えて削って作ります。

手間をかけて鍛冶で鍛練する事で地金の密度が増します
密度が上がった指輪は変形しにくく結婚指輪に最適です。

 

こんにちは(゚Д゚)ノ

ジュエリーコウキ2代目で宝飾職人の池田と申します
職人歴は28年で鍛造を継承している職人の1人です。

鍛造は昔からの技術を受け継いだ宝飾職人しか作れず
全国でも鍛造を継承した宝飾職人は凄く少ないんです。

鍛造で手作りした鍛造指輪をブログで発信しています
鍛造指輪の制作工程や鍛造結婚指輪を紹介しています。

ジュエリー職人

指輪作りもブログ更新も私がしております(^-^)

結婚指輪の専門店という事で結婚指輪に関する記事を
書いていますしお客様の体験談もご紹介しております。

先輩カップルさんの結婚指輪にまつわるエピソードを
募集してブログにアップしておりますので結婚指輪に
関する為になる有益な情報を発信をするのが目的です。

先輩カップルさんの実体験を投稿して頂いているので
これから結婚指輪の購入を考えているカップルさんに
参考になるような内容だと思いますのでご覧ください。

※当店で購入されていない方の体験談を募集しました
全国各地のカップルさんの話を聞きたかったからです。

 

本日は、静岡県H様から投稿を頂いたエピソードです

体験談のご投稿を頂いた静岡県のH様は男性です(^-^)

という事で男性目線で結婚指輪の選び方をお伺いして
他に男性目線でのプロポーズなども教えて頂きました。

結婚や結婚指輪に対する考え方や価値観、こだわりの
ポイントなど今回は男性目線で語って頂きましたので
女性からみて「男ってそうなんだ~」という内容です。

もちろん個人差が当然ありますし人それぞれですので
あくまで参考としてご覧頂ければと思っております!

それでは静岡県H様のエピソードをご覧くださいませ。

=================================

 

題名

【一生に一度!大切な結婚指輪の選び方】

 

投稿者 静岡県H様

 

紆余曲折を経て、結婚を誓った2人が
一生に一度しか買う(選ぶ)ことのない
大切な買い物が結婚指輪です。

多くの方にとって人生の中でも最も長く
愛用するアクセサリーのひとつではないかと思います。

そんなBIGイベント、
「結婚指輪の選定」にあたって、

私が個人的に大切だと思った
ポイントを皆様にご紹介させていただきます。

 

【結婚指輪選びのポイント】

やはり、なんといっても
「2人で話し合って納得のいくものを購入すること」
が一番大切ではないかなと思います。

基本的に結婚指輪を選ぶ際は、奥様が主導になって、
結婚指輪を決めるご家庭が多い印象ですが、
旦那様にとっても一生に一度の買い物になります。

長く使うものだからこそ、デザインや値段だけでなく、
「着用した時の着け心地」と「購入後のサポート」は
重要な点だと感じました。

その辺を含めて購入を検討することをおすすめいたします。

 

続きを読む

結婚指輪を悩んでいる人に必見!信頼があって長くお付き合いできる店を見つける事

結婚指輪の手作り専門店、ジュエリーコウキ
日本伝統技法の1つ、鍛造で結婚指輪を制作

鍛造(たんぞう)という日本の伝統技術で結婚指輪を制作
鍛えて造る指輪という意味で鍛造指輪と言われています。

ちなみに出来合いの既製品の結婚指輪は鋳造(ちゅうぞう)
という製法でリングの原型の型に溶かした地金を流して
固めて作る大量生産で、市場の99%以上がこの製法です。

手作りと言っている店でもロウワックスを削って指輪の
原型を作っている店がほとんどでこれも鋳造に入ります。

市場の残り1%以下が鍛造で 宝飾職人が鍛冶で作ります
直接地金(プラチナやゴールド)を鍛えて削って作ります。

手間をかけて鍛冶で鍛練する事で地金の密度が増します
密度が上がった指輪は変形しにくく結婚指輪に最適です。

 

こんにちは(゚Д゚)ノ

ジュエリーコウキ2代目で宝飾職人の池田と申します
職人歴は28年で鍛造を継承している職人の1人です。

鍛造は昔からの技術を受け継いだ宝飾職人しか作れず
全国でも鍛造を継承した宝飾職人は凄く少ないんです。

鍛造で手作りした鍛造指輪をブログで発信しています
鍛造指輪の制作工程や鍛造結婚指輪を紹介しています。

ジュエリー職人

指輪作りもブログ更新も私がしております(^-^)

結婚指輪の専門店という事で結婚指輪に関する記事を
書いていますしお客様の体験談もご紹介しております。

先輩カップルさんの結婚指輪にまつわるエピソードを
募集してブログにアップしておりますので結婚指輪に
関する為になる有益な情報を発信をするのが目的です。

先輩カップルさんの実体験を投稿して頂いているので
これから結婚指輪の購入を考えているカップルさんに
参考になるような内容だと思いますのでご覧ください。

※当店で購入されていない方の体験談を募集しました
全国各地のカップルさんの話を聞きたかったからです。

 

本日は、愛知県H様から投稿を頂いたエピソードです

今回ご投稿を頂いた方は、結婚指輪を選ぶポイントを
6つに決めて結婚指輪をこだわって探したそうです!

結婚指輪選びの6つのポイントは記事内でご紹介して
頂いておりますが、1番は結婚指輪を購入するお店が
信頼できて一生付き合いができるかどうかだそうです。

確かに私もそう思います!売りっぱなしのお店よりも
購入後もメンテナンスで安心できたほうが良いですし、

結婚指輪は長くするのでサイズ直しの可能性もあって
サイズ直しが対応できるかどうかは重要ポイントです。

それでは愛知県H様のエピソードをご覧くださいませ。

=================================

 

題名

【結婚指輪は信頼できるお店を探すのがポイント】

 

投稿者 愛知県H様

 

私たちの結婚指輪は、
地元で長く続くオーダーメイドがメインの

ジュエラーさんでデザインし、
作っていただいたものです。

私は、結婚指輪と婚約指輪は重ねて着けられる
ものがいいとひそかに思っていて、

ある程度デザインも好みはあったのですが、
それを伝える前に旦那さんがサプライズプロポーズで
婚約指輪を先に用意してくれていたため、

結婚指輪もそれに合わせて
同じお店でデザインを作ることになりました。

 

【結婚指輪選び 6つのポイント】

結婚指輪選びのポイントは、

・婚約指輪を重ねて着けられるデザイン

・年を重ねても長く着けられるデザイン

・一本でつけても華があるもの

・来歴のしっかりした宝石であること

・ブランドよりデザインが気に入るかどうかが大事

・金額が無理しすぎないものであること

当初はこの辺りを意識して結婚情報誌などを見ていました。

 

続きを読む

結婚指輪が歪んで変形(涙)歪まない変形しにくい指輪は製法で決まる!それは鍛造という製法

結婚指輪の手作り専門店、ジュエリーコウキ
日本伝統技法の1つ、鍛造で結婚指輪を制作

鍛造(たんぞう)という日本の伝統技術で結婚指輪を制作
鍛えて造る指輪という意味で鍛造指輪と言われています。

ちなみに出来合いの既製品の結婚指輪は鋳造(ちゅうぞう)
という製法でリングの原型の型に溶かした地金を流して
固めて作る大量生産で、市場の99%以上がこの製法です。

手作りと言っている店でもロウワックスを削って指輪の
原型を作っている店がほとんどでこれも鋳造に入ります。

市場の残り1%以下が鍛造で 宝飾職人が鍛冶で作ります
直接地金(プラチナやゴールド)を鍛えて削って作ります。

手間をかけて鍛冶で鍛練する事で地金の密度が増します
密度が上がった指輪は変形しにくく結婚指輪に最適です。

 

こんにちは(゚Д゚)ノ

ジュエリーコウキ2代目で宝飾職人の池田と申します
職人歴は28年で鍛造を継承している職人の1人です。

鍛造は昔からの技術を受け継いだ宝飾職人しか作れず
全国でも鍛造を継承した宝飾職人は凄く少ないんです。

鍛造で手作りした鍛造指輪をブログで発信しています
鍛造指輪の制作工程や鍛造結婚指輪を紹介しています。

ジュエリー職人

指輪作りもブログ更新も私がしております(^-^)

結婚指輪の専門店という事で結婚指輪に関する記事を
書いていますしお客様の体験談もご紹介しております。

先輩カップルさんの結婚指輪にまつわるエピソードを
募集してブログにアップしておりますので結婚指輪に
関する為になる有益な情報を発信をするのが目的です。

先輩カップルさんの実体験を投稿して頂いているので
これから結婚指輪の購入を考えているカップルさんに
参考になるような内容だと思いますのでご覧ください。

※当店で購入されていない方の体験談を募集しました
全国各地のカップルさんの話を聞きたかったからです。

 

本日は、兵庫県N様から投稿を頂いたエピソードです

こちらの方は結婚指輪は一生つけるものだから妥協は
しないで、一生使えるデザインにこだわったそうです
そのデザインはメビウス、永遠を意味するリングです。

ただ6年間毎日していたら結婚指輪が歪んでしまって
変形をしたというご自身の体験談も教えて頂きました。

いくら気に入った愛着のあるデザインでも変形したり
歪んだりするというのは本当に悲しい事ですよね(涙)

結婚指輪は毎日する事が多い指輪で日常生活の中でも
しているのでダメージを受けやすいのが事実なんです
家事や仕事で指輪にダメージが蓄積するのが当然です。

変形しにくいリングが良いですよね!それはリングの
製法にあるんです。記事の最後に詳しく説明をします
が当店自慢の鍛造という製法で作れば頑丈になります!

それでは兵庫県N様のエピソードをご覧くださいませ。

=================================

 

題名

【永遠を象徴したメビウスの結婚指輪】

 

投稿者 兵庫県N様

 

結婚指輪は現在の妻と一緒に選びました。

私は男性であんまり
ジュエリーには詳しくありませんでした。
学生の頃もカジュアルな指輪を付けた事がありません。

サプライズで婚約指輪を
渡す男性も世間ではいるようですが、

私は妻と当時付き合っていた時に、彼女から
「婚約指輪と結婚指輪はあなたと一緒に選びたい」
と言われていました。

それは妻の姉のご主人がサプライズで
婚約指輪を贈ったようなのですが、

それが妻の姉の気に入るデザインでなかったうえに、
サイズも違っていたようで、

デザインは諦めたもののサイズだけ直して、
結局手間と費用がかかって散々な経験をしたようです。

 

結婚指輪は一生物!
ずっと使えるデザイン

結婚指輪は一生物なので、
ずーっと付き合えるようなデザインを
選ぶ事がポイントだと妻から教わりました。

そんな事もあって、
結婚指輪は2人で選ぶ事にしました
私もその方が良かったと思っています。

ジュエリーの事は良く分からなかったのですが、
彼女と相談して私も知っている大手の
カジュアルなジュエリーを扱っている企業と、

ダイアモンドの有名な
ジュエリーショップの2社から選ぶ事になりました。

 

続きを読む

結婚指輪を手作りする時の注意点!鋳造は樹脂やロウで指輪の型作り | 鍛造は地金を叩いて削って指輪を作る

結婚指輪の手作り専門店、ジュエリーコウキ
日本伝統技法の1つ、鍛造で結婚指輪を制作

鍛造(たんぞう)という日本の伝統技術で結婚指輪を制作
鍛えて造る指輪という意味で鍛造指輪と言われています。

ちなみに出来合いの既製品の結婚指輪は鋳造(ちゅうぞう)
という製法でリングの原型の型に溶かした地金を流して
固めて作る大量生産で、市場の99%以上がこの製法です。

手作りと言っている店でもロウワックスを削って指輪の
原型を作っている店がほとんどでこれも鋳造に入ります。

市場の残り1%以下が鍛造で 宝飾職人が鍛冶で作ります
直接地金(プラチナやゴールド)を鍛えて削って作ります。

手間をかけて鍛冶で鍛練する事で地金の密度が増します
密度が上がった指輪は変形しにくく結婚指輪に最適です。

 

こんにちは(゚Д゚)ノ

ジュエリーコウキ2代目で宝飾職人の池田と申します
職人歴は28年で鍛造を継承している職人の1人です。

鍛造は昔からの技術を受け継いだ宝飾職人しか作れず
全国でも鍛造を継承した宝飾職人は凄く少ないんです。

鍛造で手作りした鍛造指輪をブログで発信しています
鍛造指輪の制作工程や鍛造結婚指輪を紹介しています。

ジュエリー職人

指輪作りもブログ更新も私がしております(^-^)

結婚指輪の専門店という事で結婚指輪に関する記事を
書いていますしお客様の体験談もご紹介しております。

先輩カップルさんの結婚指輪にまつわるエピソードを
募集してブログにアップしておりますので結婚指輪に
関する為になる有益な情報を発信をするのが目的です。

先輩カップルさんの実体験を投稿して頂いているので
これから結婚指輪の購入を考えているカップルさんに
参考になるような内容だと思いますのでご覧ください。

※当店で購入されていない方の体験談を募集しました
全国各地のカップルさんの話を聞きたかったからです。

 

本日は、愛知県F様から投稿を頂いたエピソードです

こちらの方は、オリジナルのオーダーメイドの指輪が
欲しいということで凄くこだわって作られたそうです。

結婚指輪の手作りやオーダーメイドは人気があります
しかし、あまり知られていませんがオーダーメイドや
手作りは基本は2つの製法から成り立っているんです。

その2つとは、鋳造(ちゅうぞう)と鍛造(たんぞう)

鋳造というのは全ジュエリーの99%以上はこれです
手作りやオーダーメイドでジュエリーの原型となる型
を作るという製法で作った型に地金を流して作ります。

樹脂やロウワックスという材質で原型をつくるので
実際に手作りをするのは原型の型という事になります
そこに溶かした地金を流して固めて作る製法が「鋳造」

「鍛造」は指輪の素材となる地金を塊から鍛冶作業で
叩いて鍛えながら形にしていってヤスリで削る彫金で
ジュエリーを作っていくという完全手作りになります。

ちなみに鍛造は全ジュエリーの1%未満しかないです
本物の鍛造は日本伝統技術なので本当に少ないんです。

今回投稿をして頂いた方のオーダーメイドというのは
鍛造ではなく樹脂で原型を作る鋳造の製法になります。

それでは愛知県F様のエピソードをご覧くださいませ。

=================================

 

題名

【私達の結婚指輪はオーダーメイド】

 

投稿者 愛知県F様

 

私の結婚指輪についてお話しをさせてください。

まず私の結婚指輪ですが
私は世界に1つだけの指輪をつくりました。

その意味はと言うのはすべてオーダーメイドで
作れると言うお店で全て自分でデザインをして
全て自分でつくりました。

 

【世界に1つだけの結婚指輪】

この世界に1つだけの結婚指輪を
作るためにかなりの時間を費やしました。

それはどういうことかというと
まずは全てオリジナルで作れるお店を
探そうと言うことから始めました。

ブランド名は言えませんが世界に1つだけの
オリジナルのフルオーダーの結婚指輪を
作れるお店が家の近くにありました。

そこに何度も足を運び、
まずは結婚指輪のデザインを
何枚も何枚も描いて考えました。

 

続きを読む

結婚指輪はスリムでシンプルが良い!品のあるミル打ちリングに決定

結婚指輪の手作り専門店、ジュエリーコウキ
日本伝統技法の1つ、鍛造で結婚指輪を制作

鍛造(たんぞう)という日本の伝統技術で結婚指輪を制作
鍛えて造る指輪という意味で鍛造指輪と言われています。

ちなみに出来合いの既製品の結婚指輪は鋳造(ちゅうぞう)
という製法でリングの原型の型に溶かした地金を流して
固めて作る大量生産で、市場の99%以上がこの製法です。

手作りと言っている店でもロウワックスを削って指輪の
原型を作っている店がほとんどでこれも鋳造に入ります。

市場の残り1%以下が鍛造で 宝飾職人が鍛冶で作ります
直接地金(プラチナやゴールド)を鍛えて削って作ります。

手間をかけて鍛冶で鍛練する事で地金の密度が増します
密度が上がった指輪は変形しにくく結婚指輪に最適です。

 

こんにちは(゚Д゚)ノ

ジュエリーコウキ2代目で宝飾職人の池田と申します
職人歴は28年で鍛造を継承している職人の1人です。

鍛造は昔からの技術を受け継いだ宝飾職人しか作れず
全国でも鍛造を継承した宝飾職人は凄く少ないんです。

鍛造で手作りした鍛造指輪をブログで発信しています
鍛造指輪の制作工程や鍛造結婚指輪を紹介しています。

ジュエリー職人

指輪作りもブログ更新も私がしております(^-^)

結婚指輪の専門店という事で結婚指輪に関する記事を
書いていますしお客様の体験談もご紹介しております。

先輩カップルさんの結婚指輪にまつわるエピソードを
募集してブログにアップしておりますので結婚指輪に
関する為になる有益な情報を発信をするのが目的です。

先輩カップルさんの実体験を投稿して頂いているので
これから結婚指輪の購入を考えているカップルさんに
参考になるような内容だと思いますのでご覧ください。

※当店で購入されていない方の体験談を募集しました
全国各地のカップルさんの話を聞きたかったからです。

 

本日は、愛知県T様から投稿を頂いたエピソードです

こちらの方は、まず結婚指輪は、いる? いらない?
という結婚指輪を、まずそこから話し合ったそうです。

結果的に結婚指輪は必要ということで決まりましたが
どんな結婚指輪にする?という内容も二人で話し合い
じっくりと考えて決めたそうです(予算やデザイン等)

最終的に決まったのが、シンプルでスリムな結婚指輪。

シンプルの意味は分かるのですが、スリムというのは
細い指輪のことかな?と思っていましたが、どういう
意味でのスリムなのかが凄く気になった内容でしたw

それでは愛知県T様のエピソードをご覧くださいませ。

=================================

 

題名

【結婚指輪 いる? いらない?】

 

投稿者 愛知県T様

 

まず、婚約指輪として妻に好きなブランドの
婚約指輪を買ってありました。

それを前提に、「結婚指輪は必要?」
というところから二人で考えることにしました。

「そんなの当たり前でしょ!!」
と思われる方も多いかもしれませんが、

当時、私達はあまり世間の常識や風潮を顧みずに
「二人で話し合って何事も決めよう」
という決め事がありました。

結論から言うと、結婚指輪は購入しました!(笑)
やはり「二人の愛の証なので、絶対欲しいよね」
という事と、

個人的に「俺は普段付けるリングなんて持ってないし、
そういう意味でも欲しいなぁ…」という思いもありました。実は。

ではまずどうやって結婚指輪を選ぼうか、
二人で条件を色々考えてみました。

 

【結婚指輪を選ぶ3つのポイント】

結婚指輪のデザインや価格など、
お互い好みのギャップなどもありましたが、

意見をすりあわせていくうちに
お互い満足できる条件を3つに絞りました。

一つ目は「普段から身に付けることになるので、
何かにひっかかったり邪魔にならないシンプルな物が良い」

二つ目は私の仕事上の都合で
「結婚指輪はあまり目立たないものである事と、
品のある物である事が必要」

そして三つ目に「価格はあまり気にせずに選びたい、
出来ればそんなに高くなくて良い」事に決めました。

 

ただ、この条件で検討してみても
なかなか選びきれないほど、様々なリングがありました。

ですので、さらに結婚指輪選びの
ポイントとしてお互いに意見を出し合いました。

まず私が考えていた事があり、
それは職場の先輩がしている結婚指輪についてでした。

「スマートで格好いい先輩社員なのだが、
彼がしているリングがとても綺麗で似合っていたので
それに普段から憧れていた」と伝えました。

 

続きを読む