プラチナ 結婚指輪【鍛造】サイズ大きめ作り方&サイズ小さめ作り方

結婚指輪を鍛造で作る専門店 ジュエリーコウキ
伝統技法の鍛造リングを製造販売をする宝石店

鍛造(たんぞう)とはリングの素材となるプラチナや
ゴールドを鍛冶作業で鍛えて造る日本伝統技法の1つ
刀を作るような作り方で作る、それが鍛造リングです。

師匠から弟子へ時代を経て受け継がれてきた技術です
全国でも数少ないごく一部の宝飾職人しか作れません。

ジュエリーコウキの二代目で、宝飾職人歴29年の
私、池田も鍛造技術を受け継いだ宝飾職人の1人です。

ジュエリー職人

今、ご覧頂いているブログも私が書いて更新しています
鍛造リングの紹介や鍛造リングの制作工程を書いてます
多くの皆様に鍛造リングの魅力を発信していきます(^^)

それでは本日の鍛造の結婚指輪の制作工程の記事ですが
前回の記事の続きになります。下記のリンクからどうぞ。

結婚指輪のサイズが大きい&サイズが小さい

 

【指輪のサイズが規格外でも作れます】

サイズが28号と、サイズが6号という結婚指輪です
指輪のサイズ差が22号差もあるので一般的に販売を
している普通の店では対応ができないお店もあります。

かなり指輪のサイズが違いますが、当店では手作りで
1つ1つ工房で私が作りますので、どんなにサイズが
大きくても小さくても作れますのでご安心ください!

出来合いの既製品の指輪を販売している店と違います
お客様の指にジャストサイズで指輪を作れるお店です
ちなみに2つの結婚指輪を比べるとこうなります(^ω^)

結婚指輪 大きめ 小さめ

結婚指輪のサイズの大きさの違いが写真で分かります
大きな指輪に小さな指輪が、すっぽり入って◎状態です

ここまでサイズ差があると2本の結婚指輪にデザインを
同じように入れる時に苦労はしますがプロなので大丈夫
2本の結婚指輪のバランスを考えながら手作りをします。

そして、前回のブログで彫金(ちょうきん)作業をして
プラチナリングをヤスリで削ってデザインを作りました
その彫金作業後の結婚指輪の姿がこうなりました(^^)

 

続きを読む

結婚指輪の厚み 平均より分厚い2mm×幅4mm 重厚感を感じるリング

結婚指輪の手作り専門店ジュエリーコウキの池田です
宝飾職人で2代目の私、池田が書く指輪作り日記です

新潟県長岡市にある小さな店舗兼工房で1つ1つ丁寧に地道に
日本伝統技法の鍛造にこだわり指輪を作っている宝飾職人です

普通の手作り指輪とは違って、鍛造(たんぞう)で結婚指輪を
作っている全国的にも珍しい日本伝統技法で制作しております

ジュエリー職人

伝統技法の鍛造については前回の記事で詳しく説明しています

前回の記事はこちらです→伝統技法で鍛造の結婚指輪を作成

前回の記事を簡単におさらいをすると、結婚指輪の素材である
プラチナを鍛冶作業で鍛え上げて強くして指輪の形にしてから
叩き出し模様のデザインを入れて打ち出しリングを作りました

叩き出し リング

鏨(たがね)で何度も重ねて打ち付けた槌目なので珍しいです
模様に奥行と立体感があってまるで3Dみたいなデザインですね

今回の記事では槌目鍛造リングの両側面にミル打ちを入れます
ミル打ちがどうやって指輪に入るのかを見て頂きたいです(^-^)

分厚い結婚指輪×側面にミル打ち

一般的によくあるミル打ちとは小さい球体が繋がるデザインで
小さなミルの球体を光らせてダイヤのように魅せる事が目的で
普通に考えれば、結婚指輪の表面に打ち込むのが当然ですよね

しかーし!ミルを目立たせるのが目的ではなく隠れたお洒落や
デザインのアクセントに使ったり2人にしか分からない意味や
ミル打ちが側面や目立たない所に打ち込まれても良いんです!

発想の転換でミルがこんなにも見え方が変わるんですね(^-^)
という事でミルは結婚指輪の表面にあるのが当たり前という
一般的な固定概念を捨ててデザインをするのも魅力的ですね

 

結婚指輪の厚みが平均より厚い

結婚指輪の厚さが2ミリと分厚いので側面にミル打ちが可能

一般的な結婚指輪の厚みは1.5ミリ~1.8ミリが多くて
2ミリの厚さとなると結婚指輪としては分厚い方になります。

この2ミリという厚みがリングにあるので側面にミル打ちを
打ち込むことができるんですね(厚みが薄いと打てません)
それではミル打ちがどうやって入るのかを見ていきましょう!

指輪 厚み

続きを読む

プラチナ結婚指輪×ミル打ち【鍛造】リング幅が夫婦で違うのも有り!

手作り結婚指輪の専門店、ジュエリーコウキ
新潟県長岡市にある鍛造リングの宝石店です

当店2代目の私、池田が書く指輪作り日記です
日本伝統技法の鍛造を父から継承した宝飾職人

鍛造ハンドメイドのジュエリーがメインなので
日々、制作をしているジュエリーの制作工程や
制作風景などを詳しくアップしています(^ω^)

ジュエリー職人

この前のブログでご紹介をさせて頂いた鍛造の
手作りの結婚指輪~制作工程の続きとなります。

前回はプラチナを溶かして塊にして鍛冶作業で
プラチナを叩いて締めて鍛えながらリングの形
になった所までご紹介しましたがその続きです。

前回の記事はこちら
https://j-kouki.com/wedding-ring-5/

鍛造 結婚指輪 プラチナ

前回のブログでは、結婚指輪のベースとなる
平打ちリングを作るまでをご紹介いたしました

夫婦でリング幅の太さが違います

男性用のプラチナリングの幅の太さが5.5mm
女性用のプラチナリングの幅の太さが3.5mm
結婚指輪の肉厚はミルを打ち込むので同じです

そして今回の記事では、平打ちリングの側面に
ミル打ち(ミルグレイン)を打ち込んでからの
手作り結婚指輪が完成するまでをお伝えします

 

続きを読む

ミル打ちリングの結婚指輪【手作り限定】ミルグレインには珍しい極小粒

手作り結婚指輪&鍛造リングの専門店です
新潟県長岡市にある宝石店・ジュエリーコウキ
当店2代目の私、池田が書く指輪作り日記です

指輪を作り続けて25年になる職人です(^ω^)
プロとして指輪の作り方を記録に残しています
鍛えて作る鍛造リングに超こだわっております!

※のちほど鍛造の詳しい説明をさせて頂きます

 

こちらの記事でご紹介をさせて頂く指輪は
人気のミル打ち結婚指輪をご紹介致します

しかも一般的な大きさのミル打ちではなくて
普通サイズよりも小さい極小のミル打ちです!
まずは、写真で小さいミル打ちをご覧ください

凄く小粒なミルグレインが指輪に入っています
写真を拡大しても、この小ささのミルです(汗)

ミル打ちリング

ミル打ちとは?

ミルグレインとも呼ばれる小さい球体の事です
アンティークのジュエリーに使われていました

見た目が可愛い事から女性に大人気のデザイン
ブライダルリングに使う事が多くなりましたね

出来合いの既製品リングの場合は、機械でミル
を削り出していきますが私は機械は使いません

手作りにこだわるので1粒1粒、手で打ちます
手作りミル打ちの素晴らしさを実感して下さい
それではミル打ち結婚指輪の作り方を書きます。

 

続きを読む

結婚指輪-縁にミル打ち【プラチナ32面カット】幅3.6mm鍛造リング

いつもブログを見て頂きありがとう御座います
手作りの結婚指輪の宝石店・ジュエリーコウキ
2代目、池田が書く指輪作り専門のブログです

本日ご紹介する結婚指輪は手間がかかっています
かなり細かい部分まで手作業にこだわりました!

ミルを打ち込むのですが1つ1つ手打ちなんです
ミル以外にも32面のカットを1つ1つ入れます
かなり繊細かつ計算された結婚指輪です(^ω^)

すでに今回の結婚指輪は完成しておりますので
まずは完成した繊細な結婚指輪をご覧ください。

指輪の素材はプラチナ・光沢
指輪の幅の太さが3.6ミリ
指輪の縁にはミル打ちを一周
32面カットの珍しい結婚指輪

職人の技術をを凝縮したような結婚指輪です(^ω^)
1つのリングにデザインをぎゅっと詰め込みました

こちらの結婚指輪の制作過程をお伝えしたいと思います
それでは指輪作りのブログを最後までご覧くださいませ。

 

続きを読む

インフィニティ結婚指輪【無限大のラインを擦り出す】ミルと艶消しコンビ

いつもご観覧を頂きありがとう御座います
新潟県長岡市の宝石店で、結婚指輪を手作りで
制作しているジュエリーコウキの2代目、池田です

本日も元気に結婚指輪の作り方をアップします!
忙しさで体に疲れが溜まってきましたが心は元気w
強いハート(精神と気持ち)で指輪作りに没頭します

 

さて、前回のブログ記事の続きとなります(^ω^)

インフィニティの結婚指輪を作るという事で、前回は
鍛造編として鍛造をメインとした内容を書きましたが

今回は彫金編として彫金で結婚指輪が完成するまでの
制作工程をアップしますので宜しくお願いいたします!

前回の記事を見ていない方は【鍛造編】をご覧ください
こちらからご覧頂けます → インフィニティ・鍛造編

前回の記事、鍛造編で制作はここまで進みました

dscn2969

鍛金(たんきん)でプラチナを鍛えて造る鍛造
その鍛造作業でインフィニティリングのベースとなる
の形状にして結婚指輪の指定サイズまで伸ばしました

 

続きを読む

インフィニティの結婚指輪を制作 | プラチナを無限大の形に削って作る

いつもご観覧を頂きありがとう御座います
新潟県長岡市の宝石店で、結婚指輪を手作りで
制作しているジュエリーコウキの2代目、池田です

今回の結婚指輪のデザインは「インフィニティ」

インフィニティとは無限や無限大という意味で、
記号ではと表記されています(^ω^)

結婚指輪のインフィニティ、無限大のデザインは
メビウスと同様に、良いイメージで人気があります

 

そして、今からご紹介する結婚指輪のご依頼主様は
彼氏さんが埼玉から、彼女さんが横浜からのご来店を!
わざわざ遠方から当店までお越しいただき超嬉しいです

この仕事をしていて職人冥利に尽きます(涙)
I様、本当にありがとう御座いました<(_ _)>
すでに完成しておりますので先に結婚指輪をご紹介!

dscn3017

マリッジリング本体のラインも曲線での形にして
更に曲線を生かす為に、リングの面も削って全面の
曲線が繋がるように動きを出したマリッジリングです

のフォルムの中にのヒネリも加えたという事です
説明が下手ですが・・・画像を見て頂ければ分かるかとw
それではインフィニティの結婚指輪の制作工程の始まりです

 

続きを読む