翡翠(Jade)意味とパワーと効果 | 翡翠の硬玉と軟玉の見分け方は難しい

手作りアクセサリーの専門店、ジュエリーコウキです
新潟県長岡市の自社工房でコツコツと手作りをします。

宝飾職人歴25年で当店2代目の私、池田が書くブログです
すべて手作りでジュエリーやアクセサリーを作っています。

代々伝わる技術、鍛造(たんぞう)という技法で指輪を制作
指輪の素材となる地金を鍛冶で鍛錬しながら作る製法です。

鍛造を継承した宝飾職人は全国でも少ないので鍛造という
技法をもっと世の中に広めたくて活動をしています(^-^)

私が書いてるこのブログは、主に鍛造の事を書いています
鍛造リングの紹介や、鍛造のやり方、鍛造リフォームなど
鍛造にまつわる記事が大半ですが、石の事も書いています。

 

仕事柄アクセサリーを作っていると宝石を素材で使います
数えきれないほどの宝石を見てきたのでパワーストーンも
気がついたら大好きになっていて趣味で収集もしています。

今日の記事はパワーストーンについて書きたいと思います
翡翠(ひすい)という宝石で、新潟県の糸魚川でも採れます
私も新潟県人ですので糸魚川で翡翠を探してみたいですね。

今回の記事では、翡翠に関しての情報を書いておりますが
翡翠の勾玉を持っているお客様からのお話しを聞いており
翡翠にまつわるエピソードやヒストリーをご紹介致します
それでは記事の最後までよろしくお願いいたします(^-^)

=================================

 

ジェイド(Jade)は翡翠の総称
翡翠は硬玉と軟玉があります。

日本や中国で古くから親しまれている
翡翠は、実のところ2種類あります。

硬玉(ジュダイト)と軟玉(ネフライト)であり
石の見た目は酷似しているものの、

高度の違いもあれば全く異なる鉱物のため、
価値の高い硬玉(ジュダイト)を区別するために
本翡翠と呼ぶことがあります。

肉眼での区別は、
硬玉である粒状結晶(ジュダイト)であるか
軟玉である繊維結晶(ネフライト)であるかですが、
宝石学の知識や化学分析が必要とされ、
困難と言われています。

パワーストーンとしての価値は、
厳密に区別が付けられていませんが、
硬玉である本翡翠の方が使用方法として歴史は感じられます。

 

【翡翠の意味と歴史】

翡翠はかつて王族や貴族のステータスを表す宝石でした
日本の翡翠産出の歴史は古く、縄文時代にまで遡ります。

中国(東洋)やインカ帝国(中南米)において人気の合った石です。

「豊穣・生命・再生」をもたらす
神聖な石として大切にされてきました。

翡翠の名前の由来は、
翡翠(カワセミ)の羽根の色を連想することから
中国で名付けられ、日本に伝わってきました。

古い時代の中国では神秘的な霊性があると信じられ
金より高い価値を持つ玉(ギョク)として、
神や皇帝との結びつきが強く、
五徳(仁・義・礼・智・信)を高めるとされ、
富豪は正妻に翡翠を、第二夫人にはダイヤを贈っていました。

ネイティブインディアンは、
翡翠に彫刻を施して聖なる護符としています。

Jadeの語源は、スペイン語の“腹痛の石”。

スペイン人がメキシコで腰痛に効くと信じられていた
翡翠を持ち帰り、フランスを経由して
英語圏に持ち込まれた際に変化しました。

続きを読む

フローライトは色によって効果が違う!フローライトの意味とパワー

手作りジュエリーの専門店、ジュエリーコウキです
新潟県長岡市の工房でジュエリーやアクセサリーを
同店2代目で宝飾職人の私、池田が手作りをします。

今現在、ハンドメイド商品や作り方は多々ありますが
ジュエリーコウキで私がしている手作りの製法は鍛造
鍛造(たんぞう)という伝統技法で全国でも少ないです。

鍛えて造るから鍛造と呼ばれていて日本伝統技法です
刀を作るように鍛冶で地金の鍛錬をして作る製造方法。

一部の宝飾職人しか作れない為、技術継承が問われる
絶滅の危機にある製法なので鍛造の魅力や商品を発信
できればと思いブログを定期的に更新しております!

 

ブログでは鍛造に関する内容がほとんどを締めますが
私、個人の趣味でパワーストーンが大好きという事で
パワーストーンについての記事も書いています(゚Д゚)ノ

本日の記事ではフローライトというパワーストーンに
スポットを当てて、石の魅力やパワー、効果などなど
書いていきますので、どうぞよろしくお願い致します。

実際にフローライトのブレスレットをお持ちの方から
ブレスをしてみた感想や体験談なども聞いております
どんなエピソードをお持ちなのか楽しみですね(^-^)

=================================

 

「蛍石」という和名を持つフローライト

淡い色の石として有名ですが、
実は色も効果も多種多様なんです。
今回はそんなフローライトについてご紹介します。

〇フローライトの意味・色

フローライトの語源はラテン語です。
「fluere(流れる)」というラテン語が
由来となっており、フローライトの効能でもあります

和名の「蛍石」というのは、
真っ暗な場所で蛍石を燃やすと、パチパチと
蛍の様に光ったことから名付けられたそうです。

フローライトは硬度が低く、とても割れやすい石です
少しの衝撃で真っ二つに割れてしまうことも
多いですので、取り扱いには十分に注意が必要です。

 

フローライトのカラーの種類

・無色透明
・緑
・紫
・青
・黄色
・灰色
・褐色

など、パワーストーンの中でも多彩です。

また、上記の色で
グラデーションになっている石もあります。

 

〇フローライトの効能・効果

前述の通り、フローライトには
「気の流れを良くする」という効果があります。

そのなめらかな波動は、リラクセーションや瞑想、
癒しなど、心の健康を保つ手助けをしてくれます。

鬱々とした心が晴れ、穏やかな気持ちになり、
集中力が高まったり、新しい発想が生まれたりと、
前向きな気持ちが生まれるのです。

健やかで健康的な思考へと変化されて、物事に対して
ポジティブに考えることが出来るようになります。

思考力が高まるので、物事に冷静に対処で出来たり
仕事や学力向上に対しても効果が発揮できます。

続きを読む

パワーストーン ブレスレットの選び方 | 石の種類や相性で効果が決まる

ハンドメイドアクセサリーの専門店 ジュエリーコウキ
店舗兼工房でアクセサリーやジュエリーを手作りします

当店のメイン商品は、鍛造のブライダルジュエリーです
結婚指輪や婚約指輪、エタニティリングなどを鍛造制作
鍛造(たんぞう)とは、地金を鍛えて造る伝統技法です。

ジュエリーコウキの2代目で宝飾職人である私、池田が
鍛造の指輪を紹介したり、鍛造の制作工程や魅力などを
ブログで書いて鍛造という製造方法を発信しております。

そして、アクセサリーやジュエリーと縁が深い石なども
紹介しております(宝石やパワーストーンのことです)

 

本日の記事は、私が書いたのではなくて同業者の方で
パワーストーンに凄く詳しくて、石のブレスレットを
作っている方が書いてくれた専門的な記事なんですよ。

私、池田は宝飾職人なので地金を扱うプロなんですが
記事を書いて頂いた方はパワーストーンのプロです。

同業者ですが分野が違うので凄く記事が興味深いです
それでは記事の最後までよろしくお願いいたします!

=================================

 

アイギス【Aegis】とは、
ギリシア神話に登場する伝説の防具。

ありとあらゆる邪悪・災厄を払う魔除け
邪気除けの能力を持つとされています。

英語読みは「イージス」そう、イージス艦とは
このアイギスが語源となっているのです。

そんな魔除け、邪気除けの能力を持つ伝説の防具に
なぞらえて自分で意味を理解しながら思いを込めて
パワーストーン ブレスレットの制作を行いました。

 

魔除け、厄除け、邪気除け効果のある
パワーストーンのブレスレットを制作

数あるパワーストーンの中でも随一と称される
魔除け・邪気払い・厄除け石のモリオンを使用し
そんなモリオンとも相性の良いパワーストーン、
スモーキークォーツ・アンバー(琥珀)を使用しました。

魔除けの石でモリオン(黒水晶)が
結構人気があるみたいで唯一魔除けなどの
意味を持つので人気が高いのだと思います。

パワーストーン ブレスレット

またブレスレットトップのポイントなる石には、
ネイティブアクセサリーなどに欠かせない存在の
ターコイズ→人工石も多く出回っていることも
多いみたいですのでそこには注意してください。

自分で選んだのはメーカーに
ちゃんと確認して天然物を使用してもらいました。

曇りのない漆黒の美しさは、このパワーストーンの持つ
迷いの無い信念を象徴するような強さを表しています。

自分自身の中心軸をしっかりと安定させる石で
着実に目標を実現するために地に足を着けた
行動をするよう導いてくれるパワーストーンです。

続きを読む

水晶の種類を紹介【水晶の特徴&効用と魅力】水晶ブレスレットの体験談

手作りアクセサリーの専門店、ジュエリーコウキです
新潟県長岡市に店と工房を構えるジュエリーショップ

同店二代目で宝飾職人歴25年の私、池田が書くブログです
私が工房で鍛造という技法でジュエリーを制作しています。

鍛造(たんぞう)とは伝統技法で代々受け継がれてきた技術
ジュエリーの地金となるプラチナやゴールドを鍛冶で鍛錬
しながら造ることから鍛造といい指輪の場合は鍛造リング。

当店のメイン商品は鍛造で作るブライダルジュエリーです
結婚指輪や婚約指輪、エタニティリングなどを作っており
全国的に珍しい製法なので全国各地からご依頼を頂きます。

 

私が書くこのブログでは、主に鍛造で作ったジュエリーや
鍛造の工程などをご紹介しておりますが、その他にも私が
趣味で情報収集をしているパワーストーンの事も書きます。

宝石やパワーストーンはジュエリーやアクセサリーなどの
素材に使うことも多いので、興味がでて好きになりました
本日は、パワーストーンの中でも定番の水晶のお話しです。

ここからの記事は私が書いたのではなくて、同じ同業者で
宝石店に勤めている方が水晶の記事を書いてくれました
水晶が大好きなので魅力を多くの人に伝えたいそうです!

水晶に関するデータや、パワーストーンとしてのパワーや
効果など実際に付けてみた体験談などを教えて頂きました
それでは記事の最後までどうぞよろしくお願いいたします。

=================================

 

水晶の特徴

一般的に石英(クオーツ)の中でも
無色透明なものを水晶といいます。

古くから水精という呼び方がなされ、
水が結晶化したものという意味があります。

水晶(ロック・クリスタル)は
別名「クリスタルクォーツ」と呼ばれ、
その名前の通り、透き通るような煌めきがあります。

水晶の色の種類について

そんな水晶にも様々な色があり、
主なカラーは次の通りとなります。

ロッククリスタル(白水晶)
ミルキークオー(乳石英)
アメシスト(紫水晶)
ローズクォーツ(紅水晶)
スモーキークォーツ(煙水晶)
シトリン(黄水晶)
レモンクオーツ
タンジェリンクオーツ
などの8つとなります。

 

水晶の魅力

なんといっても水晶には
色や種類によって石言葉が変わるのが魅力的。

あなたが望む目標や目的に
従って身につけたいものを選べます。

例えば、シトリン(黄水晶)なら
「商売運・仕事運・金運・幸運・希望」
などの石言葉があります。

かの有名な紫水晶(アメジスト)は
「誠実・心の平和」などですね。

水晶の知られざる歴史

今はアクセサリーや
占い用品として使われるのですが

世界各地で古くから
宗教的な儀式に用いられてきました。

特に球状に磨かれたものは護符や御神体
占い用の道具としても使用されました。

昔の人は綺麗な石を見ると、
儀式的な祭事に使われるのですね
今でも占い用に使われていますね。

水晶にはこんな効用が!パワーと効果

水晶の石言葉には「清浄・無垢」
という意味があり想像力や洞察力、

ご自身の未知なる
生命力を引き出してくれる効果があります。

人間的成長を助けて
ご自身の霊格も高めてくれることから、
呪術師が好んで身に着けたくらいですからね
スピリチュアルな効果は抜群でしょう。

続きを読む

ガーデンクォーツの意味と効果が凄い!実録ガーデンクォーツのブレスレット

ハンドメイドアクセサリーの専門店・ジュエリーコウキ
同店2代目で宝飾職人の私が書くハンドメイド制作日記

ジュエリーコウキのメインは手作りのブライダルリング
結婚に関わるマリッジリングやエンゲージリングを制作
結婚指輪や婚約指輪を鍛造という技法で造る専門店です。

鍛造(たんぞう)とは、指輪の素材となるプラチナや金
を鍛えて造るという意味で、代々受け継がれてきた製法
刀を作るように鍛冶で鍛錬しながら指輪を作っています。

このブログでは鍛造の魅力や、鍛造のブライダルリング
鍛造の制作方法を発信しておりますがパワーストーンも
個人的に好きで様々なパワーストーンも紹介しています。

本日の記事でもガーデンクォーツというパワーストーン
のデータを紹介しながら、ガーデンクォーツのブレスを
実際にしている方から体験談などお伺いをいたしました
ブログの最後までどうぞよろしくお願いいたします(^-^)

=================================

 

私が紹介するパワーストーンは
ガーデンクォーツという水晶です。

英名はGarden quartz
和名は庭園水晶。

ガーデンクォーツの主な産地はブラジル
成分はSiO2+(クローライト等を含む有機物)

ガーデンクォーツは、
水晶が形成される間に茶色や緑の
鉱物や泥岩を集めながら
結晶化した水晶と言われています。

 

ガーデンクォーツという名前の由来は
水晶の中に鉱物や泥岩が入ったものが、
庭園や景色のように見えるからと言われています。

ガーデンクォーツの中に見える風景は
1つ1つの水晶で異なっていて
林や森や川を想像させてくれます。

ガーデンクォーツは、
同じものは、1つもないことから
個性的な石と言われ、希少性があると思います。

私自身、パワーストーンが好きで
パワーストーンのお店を覗いたりしていましたが
あるお店で買うまではガーデンクォーツを
一度も目にしたことはありませんでした
珍しい石なのだと思います。

 

ガーデンクォーツの色は、
ブラウン系やグリーン系が多いです。

私の持っているガーデンクォーツのブレスレットは
曇っていますが水晶の1つずつが、全く違う表情を
しているのでブレスレットに味を出してくれています。

ガーデンクォーツ ブレスレット

ガーデンクォーツの効果は沢山あります

心の癒し、精神の安定、決断力の向上、
マイナスエネルギーから守る、自然体の自分で入られる、
コミュニケーション力を高める、土地と繋がる力の強化、
他人からの邪気から守ってくれると言われています。

ガーデンクォーツを全く知らなかったので、
ガーデンクォーツの効果も知らなかったのですが
私にピッタリ合うパワーストーンだと思いました。

ガーデンクォーツは、
癒しの石とされているパワーストーンの中でも
特にヒーリング効果が高いと言われていて、日々の
雑念から解放して心に安らぎをもたらすと言われています。

そして、とてもパワーの強い石でありながら、
持つ人を選ばない、癖のない石とも言われています。

誰が持っても、
ガーデンクォーツはその人に自然からの
パワーを与えるパワーストーンと言えます。

 

ガーデンクォーツの浄化方法は
太陽や月の光にあてるのが簡単。

ガーデンクォーツの浄化方法は
他のパワーストーンと一緒で、
とくに難しいことはありません。

クラスターに置く、セージでいぶす、
太陽の光や、月の光にあてることです。

クラスターを購入していれば、毎日使った後に
クラスターの上に置くだけで良いので簡単です。

ガーデンクォーツのブレスレットの浄化は、
太陽光や月光に当てるのが簡単な方法だと思います。

私は、セージでいぶすのは
時間がある時しかやりませんが、
セージでパワーストーンをいぶすと
パワーストーンの力が自分にも伝わって
心地良い気持ちになる気がします。

そして、
ブレスレットなどアクセサリーの場合は、
鎖が切れたら、そのパワーストーンの役目は
終わったことになると思われるので、
新しく石を購入された方が良いと思います。

 

私が、ガーデンクォーツのブレスレットと
出会ったときのエピソードをご紹介します。

ガーデンクォーツのブレスレットを購入したのは、
前から気になっていたパワーストーンのお店でした。

パワーストーンのお店の前を
よく通っていたのですが、
少し高そうな感じのお店だったので
なかなか入れずにいました。

私自身、パワーストーンは好きで
その効果はあると感じているので、
(物事を客観的に見て、分析する方ですが)

パワーストーンのお店を見つけると立ち寄って、
気に入ったものがあると購入していました。

ある日、
このお店になんとなく立ち寄りたくなったので、
お店に入ると、パワーストーンは、
窓ガラス沿いに綺麗に展示されていました。

 

まずは、ブレスレットを浄化する大きめの
クリスタルで気に入りそうなものを探してみました。

いつもは、インスピレーションで、
パワーストーンを選んでいたのですが、
この日は、どれを見ても、これだ!と思えずにいました。

そんな時、お店の店員さんが声をかけてくれて手を触れば
今、必要な石が分かると言われたので、聞いてみました。

店員さんが、手に触れ、その後、
窓ガラス沿いに展示されている石、
1つずつに手をかざして、いくつか選んでくれました。

店員さんが、選んでくれたもの石以外で
気になった石もあったので、その石も含めて、
1つずつ、丁寧に簡単な効果とかを話してくれました。

今、私にどの石が一番合うと思われるのか
話してくれた中で、私が選んだのが、
このガーデンクォーツのブレスレットでした。

ガーデンクォーツ ブレスレット

緑系、ブリー系、紫系が好きなので、店員さんが
一番合うと言ってくれた緑系のブレスレットは、
まさに私の好みの色でした。

手に触ると、その人のパワーが分かり
そのパワーの波動に合う石を
見つけられるとのことでした。

パワーストーンは、いくつも持っているので、
少し知識がありましたが、この石は知らなかったので
本当かなと思いましたが、購入しました。

少し弱っていた時期だったので、パワーストーンに
少し助けてもらえたらという気持ちでした。

 

ガーデンクォーツついては、知らなかったので
パワーストーンに詳しい家族に見せたところ、
珍しい石であること、私には少し強めかもしれないけれど
弱っている状態には良いということでした。

このブレスレットを購入した時は
色々あって疲れていました。

職場で、いつもなら跳ね除けて気にしない
些細なことでも、色々気になっていました。

このガーデンクォーツのブレスレットを購入してからは
何となく職場で小さいことが気にならなくなりました。

ガーデンクォーツは、あまり店頭では
売っていないかもしれませんが、
見つけた時は是非手にとってみて欲しいと思います。

 

=================================

お話しを聞かせて頂いてありがとうございました。

ガーデンクォーツ以外にも水晶は種類が沢山あります
さすがに、全部の種類を把握するのは難しいのですが
水晶系は宝石になるのも含めて本当に人気があります。

その1つが水晶=パワーストーンというイメージです

実際に何かしらの効果があるのか私は判断できません
私はパワーストーンは好きですが宝飾職人になるので
パワーストーンを素材として使う立場で効果までは・・・

しかし効果を感じている人もいるのも事実ですので、
水晶のパワーや効果は否定していませんし、その石を
身につけたことで自分にプラスがあれば良い事です!

実は私も水晶のブレスレットを持っていますw ぶw
効果があるかは別として、水晶の見た目が綺麗なので
太陽に光をあてて水晶を眺めたりして楽しんでいます。

鍛造で作る結婚指輪は、ごく稀で希少価値のある結婚指輪
世界中の全てのジュエリーのうち鍛造で作られたリングは
5パーセント未満と言われるほど鍛造リングは少ないです

その理由は、鍛造リングは地金を金槌で叩いて炎で焼いて
じっくりと時間をかけて地金密度を上げていくという製法
熟練された技術や知識を持った職人のみしか作れない技法
鍛造リングを作る為の専門工具や機材など設備も必要な為

伝統工芸と言われる鍛造リングは日本の宝だと思いますが
受け継ぐ職人が激減しており鍛造リングは衰退しています
だからこそ鍛造技術を受け継いだ私が広めたいと思います

指輪作りの制作日記をご覧頂いて、鍛造技術に納得をして
私の結婚指輪をご購入して頂けると作り手として幸せです。

お気軽にお問い合わせOKですよ(^ω^)
こちらの「お問い合わせ」もしくはメールで
j_kouki_ring@yahoo.co.jp までお願い致します。

結婚指輪の一覧です → ジュエリーコウキ 結婚指輪の一覧
=================================

ミサンガ比較 | 紐糸のミサンガ&パワーストーンのミサンガ | 効果と使い心地

手作りアクセサリーの専門店、ジュエリーコウキです
当店2代目で宝飾職人の私が書く指輪作りの日記です

手作りといいましたが、私が作る指輪は鍛造指輪です
鍛造(たんぞう)とはリングの素材となるゴールドや
プラチナを鍛冶で鍛えてリングを作るので鍛造リング。

金槌で地金を鍛錬して締めていくので密度が増します
密度が上がった地金で作る指輪は変形しにくくて傷も
つきにくいという特性を生み出します。これが鍛造です。

日本伝統技法の1つで、代々受け継いだ宝飾職人しか
造ることができないので全国でも極僅かとなる製法です
私、池田も鍛造を受け継いだ宝飾職人で職人歴25年です。

 

当店のブログは私が書いていますので私の好きなことを
書いていますが主に、鍛造工程や鍛造リングの紹介など
また私が興味のあるパワーストーンやアクセサリーなど
職人目線で書いていますので楽しんで頂けると思います。

本日のブログでは誰もが知っているミサンガについてで
ミサンガに詳しいお客様からお話しをお伺い致しました
私の知識プラス、マニアの方の知識で記事を書きます!

ミサンガにも色んな種類がありますがパワーストーンの
ローズクォーツが付いているミサンガをお持ちのお客様
からお話しをお伺いしましたのでどうぞご覧ください!

=================================

 

ミサンガの記事になりますが、私は紐や糸で編んだ
ミサンガではなくローズクォーツが付いたミサンガ
を持っているので、まずはローズクォーツについて。

クリスタルクォーツを購入しようと思い立った
女性が、たいてい真っ先に手にしてしまうのは、
柔らかく優しい色合いをしたローズクォーツです。

その意味を知っていてもいなくても
ローズクォーツは、
意識に選んでしまうほど女性から好まれる、
代表的なパワーストーンの一つです。

ネガティブなトラウマを優しくなだめる
癒しのエネルギーを持ち、全ての人間関係に
愛の力を向ける事ができるように働きかけ、
恋愛成就に効果を発揮します。

 

【ローズクォーツの歴史】

古くは紀元前7000年前、メソポタミアの時代の遺跡から
ローズクォーツのビーズが発見されており、
古い時代から装飾品としての利用が認められる石です。

古代ギリシャでは、
愛と美の女神アフロディーテの石とされ
エジプトでは美の秘薬として活用され、
中国でも美容目的で使用されていました。

昔から彫刻材料として需要が多く、
カメオなどの装飾品や印章に使用されています。

制約のある一途な愛を貫いた人に、
称号とともに贈られたと言われています。

 

【ローズクォーツの効果と対応する人】

ローズクォーツの効果は、美の象徴・愛と癒しです。

体の疲労を和らげる、自己肯定・自己愛、
心の傷やトラウマを癒す、恋愛成就、人間関係の改善、
優しさ・思いやりの心を高める等の効果を持ちます。

ローズクォーツが対応する人は、
素敵な人との出会いや結婚を望んでいる人です。

透明度の高いローズクォーツは、
癒しのエネルギーを持つことから、
恋愛関係や人間関係で傷ついた人にもお勧めです。

美的感覚を高めることから、
クリエイティブな仕事の人にも合います。

内分泌を良くするため、
アンチエイジングに効果があるとも言われ、
若さや美しさを保ちたい人にも向いています。

 

【ローズクォーツの色・種類】

ピンク、帯紫ピンク、帯灰ピンクなど。

ローズクォーツには不純物含有や結晶が
分散していることから、ヒビやクラックが目立ちます。

しかし極小な含有物を活かした
カボッション・カットによって、
磨かれた石の表面にスターの光沢が見える、
スター・ローズクォーツとなります。

【ローズクォーツの原産地】

ブラジル、マダガスカル、モザンビーク、インドなど

 

【ローズクォーツのお手入れ】
【ローズクォーツの浄化方法】

ローズクォーツは太陽光による退色性があるため
長時間の直射日光は避けます。

塩を使うのも変色の恐れがあります。

主な浄化のやり方は、
月光浴やクラスター上に置くのも良いです。

流水やお香の煙でのクリーニングや浄化も向いています。

【ローズクォーツの石言葉】

愛と癒し、慈愛、優しさ、和やかさ

 

さて、ここからはミサンガのお話しをします
私の持っているローズクォーツが付いている
ミサンガにまつわるエピソードになります!

現在「ミサンガ」は、
流行としてどのようなものでしょうか。

一時期セレクトショップの店頭でも
随分見かけましたが、今は手作り派の間で人気です。

検索してつくり方のページを見ると、
素敵なのでハマりそうな気がしてきます。

自分がミサンガを知ったのは、今から十数年前以上前、
サッカーワールドカップやJリーグが盛り上がってきた頃です。

ディープなファンが身に着けるプリミティブな
感じの紐のアクセサリーという印象が強く、
買いたくなるものではないと長年思っていました。

 

【ミサンガ(miçanga)とは】

今更ながらですが、
ミサンガを簡単に説明しておきます。

ミサンガは、刺繍糸や
ヘンプ糸を使って編まれた組み紐の一種です。

400年前のポルトガルの
「ボンフィン(=美しい結末)」
という教会で作られたお守りが発祥です。

ポルトガル語でミサンガは
ビーズの事を指しているため、
紐の物はミサンガと呼ばないということです。

日本では、
ポルトガル語圏であるブラジルサッカーの影響もあり、
有名な選手のプロミスファッションとしてブームがありました。

紐が自然に切れたら願い事が叶う
という逆ジンクスの意味を持っています。

最近では東日本大震災の際に、
ダンスボーカルユニットのEXILEをはじめとした
企業や個人がチャリティー製作し、
支援のための販売がされたいきさつがあります。

 

【チャリティー・ミサンガ】

一番最初に購入したミサンガは、
ありがちですがチャリティーミサンガでした。

大手ファッションブランドでも製作されていましたが
組み紐の色やボリュームがヘビーな物であったため、
通販でチャリティー販売を行っていたショップから
チャリティーミサンガを購入してみることにしました。

ミサンガ

当時は開店したばかりのあまり知られていない店でしたが、
購入金額が安価ながら全て売上金を寄付という点や、天然石を
使用した明るい印象の良い商品であるったことから選びました。

たしか3種類石の色や紐の色の種類がありましたが
ローズクォーツを使用しているタイプにしました。

【ミサンガの意味や使い方】

ミサンガの色には意味があります。
購入したタイプは、後から確認するとオレンジや黄色、
ピンクやブルーでしたので「希望や友情、平和、
調和、心の癒し」と言ったところです。

ローズクォーツとアクアマリンの
色にも同様の意味が見られます。

身に着ける場所にも意味があり、
自然に切れた時は願いが叶ったということで
捨てなくてはいけないそうです。

 

【まとめ】

購入したミサンガは、
本当に最小限の紐に小さなさざれ石を通した
ささやかな物でしたが、とてもきれいだと思いました。

小さくプリントされた取り扱い説明書も入っており
そうした手間暇をかけているところが
凄いと思ったのを記憶しています。

そのため、身につけずに未だに取って置いてあります。

石としては極小のためパワーストーンとしての効果は
微妙だと思いますが、ミサンガとしてはどうなのでしょうか…。

購入当時も購入後も、
買うのならもっとちゃんとした物を買うべきだと
反省しましたが、今は少し気持ちが変わっています。

大した物でなくても、
石がついているともったいなくて捨てられません。

なぜミサンガが糸で編まれた物ばかりなのかがよくわかります。

購入したショップでは、以前はもっと
大振りな石が沢山付いたミサンガを販売していましたが、
現在はビーズが一つ通してあるデザインになっています。

 

=================================

お話しを聞かせて頂いてありがとうございました。

私も昔、ミサンガをしていた事がありますが思いのほか
糸が丈夫で切れなかったという苦い思い出がありますw
手を洗ったりすると濡れたままで気になったりした事もw

実際にミサンガを使ってみた私個人の見解をお話しします
効果うんぬんは個人差もあると思うので何とも言えません

ただ、パワーストーンには色々な種類があって効果や力が
違うので何もない紐糸よりも石の力はあるのかと思います
ただ、付け心地に関しては糸のほうが楽だと言えますね~

パワーストーンがじゃらじゃら付いていると気になります
邪魔というか、常に石が動くので気になるし重く感じます
その点、糸だけなら邪魔ではないし軽くて気になりません。

しかし!どうしてもパワーストーンのミサンガが良い!
という方は糸に石が通してあるブレスレットや数珠タイプ
のミサンガであれば全然気になりません!(経験済みです)
普通にパワーストーンのブレスレットをしている感じです。

糸タイプのミサンガ、パワーストーン付きのミサンガ
どちらも良い所があるので簡単に比較はできませんので
お好みでミサンガを選んで付けたほうが良いと思います!

鍛造で作る結婚指輪は、ごく稀で希少価値のある結婚指輪
世界中の全てのジュエリーのうち鍛造で作られたリングは
5パーセント未満と言われるほど鍛造リングは少ないです

その理由は、鍛造リングは地金を金槌で叩いて炎で焼いて
じっくりと時間をかけて地金密度を上げていくという製法
熟練された技術や知識を持った職人のみしか作れない技法
鍛造リングを作る為の専門工具や機材など設備も必要な為

伝統工芸と言われる鍛造リングは日本の宝だと思いますが
受け継ぐ職人が激減しており鍛造リングは衰退しています
だからこそ鍛造技術を受け継いだ私が広めたいと思います

指輪作りの制作日記をご覧頂いて、鍛造技術に納得をして
私の結婚指輪をご購入して頂けると作り手として幸せです。

お気軽にお問い合わせOKですよ(^ω^)
こちらの「お問い合わせ」もしくはメールで
j_kouki_ring@yahoo.co.jp までお願い致します。

結婚指輪の一覧です → ジュエリーコウキ 結婚指輪の一覧
=================================

フローライト(蛍石)パワーと効果 | フローライトの簡単ブレスレットの作り方

手作りアクセサリーの専門店、ジュエリーコウキです
当店では完全ハンドメイドでアクセサリーを作ります。

鍛造(たんぞう)という昔から代々受け継がれてきた特殊な
技術で、一部の宝飾職人しか作ることができない製法です。

鍛造の特徴としては、アクセサリーの素材となる地金を
鍛冶で鍛えて締めて造るので、密度が増して強くなります
密度が上がった地金は変形しにくく傷がつきにくいんです。

当店2代目の私も先代から鍛造を受け継いだ宝飾職人です
このブログでは鍛造の工程や鍛造製品を紹介していますが
他にもジュエリーと関わりが深い宝石やパワーストーンも
素材として使う機会が凄く多いことから紹介をしています。

本日の記事はフローライトという石を紹介いたします

フローライトの特徴や、パワーストーンとしての力や効果
そして実際にフローライトを身につけているお客様からの
体験談などお話しをお伺いしてご紹介をしたいと思います。

こちらのお客様の凄いところはペットボトルに付いていた
オマケのフローライトのビーズ(丸玉)をコツコツと貯めて
ご自分でブレスレットを作ったというプロ顔負けの方です。

実際お客様がフローライトのビーズを繋いで手作りをした
ブレスレットの写真もご紹介をしたいと思いますので、
最後までご覧頂きたいと思いますので宜しくお願いします。

=================================

 

クリスタルのような透明感を持ち、
カラフルな色のバリエーションが豊かな
フローライト(蛍石)は、安価なこともあって
身近な加工品で目にする機会が多くなった石です。

【フローライト(Fluorite)の歴史】

フローライトは、和名を蛍石(ほたるいし)と呼ばれ、
結晶の美しさから昔から鉱物標本として人気のあった石です。

その所以は、暗い所で加熱すると発光する性質や
含まれる成分によっては、紫外線をあてたときに
蛍光するものがあるためです。

硬度の低さからジュエリーとしての
加工はあまりされてなかったものの、
19世紀のイギリスのキャッスルトンで産出されていた、
青紫に黄色の縞模様「ブルージョン」は人気のあった宝飾品です。

中世以降のヨーロッパでの記録には、
融剤(金属から不純物を取り除く際に融点を下げる媒介物)
として使用されていたことがわかっています。

現在でもその用途は同じで、
望遠鏡のレンズにも使用されています。

 

【フローライトの持つ意味】

フローライトは、その発光する特性から、
持ち主の発想力を高めてくれる「天才の石」と言われています。

大人になるにつれ固定化される思考パターンや
抑制されがちな感情からの解放に役立ち、
子供の頃のような自由な発想や思考力を高めるとされています。

色によっても特性が多少異なります。
パープル系は明晰性や感受性を高めながら浄化、
ブルー系は脳活性、グリーン系はトラウマ解消などの癒し、

ピンク系は気品と女性らしい魅力を高める、
イエロー系は心身の浄化、レインボーカラーは想像力を高めるなどです。

 

【フローライトの効果や対応する人】

明晰な発想力・思考力・感受性を高めてくれるフローライトは、
発想力を必要とされる創造的な仕事をしている人に向いている石です。

脳や海馬の活性により、
明晰性や記憶力を高めることから、
受験勉強のお守りにも勧められています。

フローライトは癖のない石のため、
他の石と組み合わせて、石の持つ意味を
強化・補強するために使われる場合も多いです。

 

【フローライトのカラーや種類】

フローライトは、
淡く透明度のあるパープル系カラーのイメージがありますが、
その他にも淡いブルー、ブルーグリーン、ピンク、
イエロー、無色透明とバリエーション豊富なカラフルな石です。

一つの石の中に複数の色を持つ
レインボー(バイカラー)フローライトもあります。

【フローライトの産地】

スペイン、モロッコ、中国、アメリカなど
世界中で多く産出されている鉱物です。

【フローライトの石言葉】

繊細・儚い美しさ

 

【フローライトのお手入れ】
【フローライトの保管方法】

フローライトは、硬度が低い石のため
落下や接触など衝撃による破損やヒビ、

表面に擦れ傷がつきやすく、
紫外線(退色)や水にもあまり強くありません。

変質や退色を防ぐために、
塩を使ったり水で洗うのは避け、
直射日光の当たる場所に置くのは避けるべきです。

 

さて、ここからの記事は私とフローライトの
エピソードを皆様にお話ししたいと思います

今ではあまり見かけないコンビニの楽しみに
ペットボトルのオマケがあります。

首掛けの販促品という物で、
2004年前後に全盛期を迎えていたようです。

疎かった私が気づいた時には
多くの貴重な首掛けは手にすることはできず、
今持っているのはほとんどが全盛期が過ぎた頃の物ばかりです。

首掛けとはいえども銘作は、
それより少し前に作られた物が多かったため、
そのことをとても残念に思っています。

【オマケだから良いと思える天然石ビーズ】

天然石ビーズのストラップがついたオマケは、
会社でペットボトル飲料を飲んでいたこともあり
面白がって天然石を集めました。

天然石ビーズとは言っても、半貴石までいかず
あまり状態が良くないホタル石(フローライト)や
アベンチュリン、ホワイトジャスパーやターコイズなどでした。

フローライトのビーズ

ホワイトジャスパーやターコイズは、
おそらく人工石で光を当てて変色させた物や染めが
入っている別の石ではないかと思われましたが、
それでもなかなか面白い物でした。

当時でも渋谷の東急ハンズに行けば、
良質な品が安価に買い放題、今ではネット通販で
1粒売り価格約80円前後で買える位である天然石ビーズです。

昔からこうしたオマケを収集していると、
そのものを購入した方が良いと言われますが、

なんとなく「石との偶然の出会い」を感じ
お茶を飲むついでに天然石を集めていました。

 

【オマケのフローライトのビーズを繋いでみると…。】

オマケでついていた天然石ビーズの中でも、
美しいと思えたのは透明感ある紫のフローライトでした。

不純物が多くくすみもありましたが、
同じものが一つとしてないところが気に入り
買い集めて満足していました。

時間ができた際に、ふと思いついて簡単につないで
ブレスレットにしたり、ストラップにつけたところ

ブレスレットを使うか使わないかはともかく
不器用な自分でも簡単に作ることができました。

スタラップや金具パーツは随分前に購入して持っていた物や、
おまけとして付いていた別の物を外して付け直しをしています。

フローライトのブレス

【オマケで作る手作りの良さ】

オマケで手作りする良さには、
パーツを買いに行かずに済む良さと
制限された範囲内で間に合わせる面白さにあります。

器用でセンスが良い人が作る物でなければ、
本格的な素材のアクセサリーは製品を購入した方が
全ての面において良いと思うことから、遊びはオマケで
できる限りのことをするくらいにとどめています。

それでも紫のフローライトで
作った数珠っぽいブレスレットは、
母の心をキャッチするのに十分な物になりました。
年を取ると、紫が好きになるようです。

 

【フロ-ライトのパワーストーンとしての効果】

自分が持っているフロ-ライトのパワーストーンとしての
はっきりとした効果は、実のところ不明です。

品質が良くないせいかとも思われますが、
単純に自分のスピリチュアル的な感度が低いのでないのかと思います。
ですが、見ていたり飾ったりしていると気持ちが和らぎます。

【フローライト まとめ】

無精者にでもできる、
簡単に糸通して金具止めにするだけの、
オマケを利用したブレス製作でした。

少しでもつくっておくと、
何かの際身につけられるため便利かと思います。

現在はステンレスマグボトルが流行しているため
飲み物は自宅で作って用意し、以前のように
ペットボトルを購入する機会がかなり減ったため、
オマケとの“偶然の出会い”はとても少なくなってしまい残念です。

天然石を利用したオマケ自体も減っているらしく
たまに見かける物も以前ほど魅力的に思えません。

それだけに、今持っているオマケな天然石ビーズは
それなりに出会いであったと思っています。

 

=================================

お話しを聞かせて頂いてありがとうございました。

私はバリバリの宝飾職人ですのでジュエリー制作は得意です
特に地金をメインで使った指輪やペンダントが得意なんです

その他、パールの糸通しもしますし数珠の糸も通しますので
今回のオマケで造るブレスレットに物凄く興味がありました。

オマケの石でここまでのブレスが作れるのかと感心しました
ブレスレットに使ったフローライトの質がどうとかではなく
素人さんが作った感じがしないのが凄くびっくりしました!

フローライトの色が揃っていないのが逆にお洒落ですよね
しかも丸玉の大きさが揃っているのがポイントになっていて
色がバラバラでもグラデーションになって完成度が高いです。

他の種類のオマケの石でも見てみたかったですね(^-^)
確かに買えばすぐ手に入りますが、コツコツと石を揃えて
自分で繋げて作っていく楽しさは贅沢な遊びだと思います!

鍛造で作る結婚指輪は、ごく稀で希少価値のある結婚指輪
世界中の全てのジュエリーのうち鍛造で作られたリングは
5パーセント未満と言われるほど鍛造リングは少ないです

その理由は、鍛造リングは地金を金槌で叩いて炎で焼いて
じっくりと時間をかけて地金密度を上げていくという製法
熟練された技術や知識を持った職人のみしか作れない技法
鍛造リングを作る為の専門工具や機材など設備も必要な為

伝統工芸と言われる鍛造リングは日本の宝だと思いますが
受け継ぐ職人が激減しており鍛造リングは衰退しています
だからこそ鍛造技術を受け継いだ私が広めたいと思います

指輪作りの制作日記をご覧頂いて、鍛造技術に納得をして
私の結婚指輪をご購入して頂けると作り手として幸せです。

お気軽にお問い合わせOKですよ(^ω^)
こちらの「お問い合わせ」もしくはメールで
j_kouki_ring@yahoo.co.jp までお願い致します。

結婚指輪の一覧です → ジュエリーコウキ 結婚指輪の一覧
=================================

パワーストーンで1人気のクリスタルクォーツ(水晶)のエネルギーと効果

ハンドメイドアクセサリーの専門店、ジュエリーコウキ
当店2代目で宝飾職人の私、池田が書く指輪作りブログ

ジュエリーコウキのメイン商品はブライダルジュエリー
結婚指輪や婚約指輪をハンドメイドで制作をしています
鍛造(たんぞう)という伝統技法で造る伝統の指輪です。

当サイトのブログで代々継承されてきた鍛造という製法
で作る指輪を、世の中の多くの人に知って頂きたい!と
いう気持ちから宝飾職人&鍛造職人の私が書いています。

鍛造で作れる宝飾職人は時代とともに減り続けています
悲しいことですが私を含めて全国にごく一部の方々のみ
絶滅危惧種と言いたいくらいに減り続けています(涙)

 

そのような理由からブログで鍛造の魅力を発信し続けて
いくのが私の宿命だと思い鍛造の指輪を発信しています
他にも指輪の素材としてよく使うパワーストーンや宝石
も大好きで昔から興味があるので紹介したいと思います。

本日の記事は、パワーストーンで大人気の水晶をご紹介

クリスタルクォーツという定番中の定番の石です(^-^)
水晶には色々な種類が存在するのですが、今回の水晶は
クリスタルクォーツという透明度の高い水晶をご紹介!

ガラスのように透明で美しく見ていても癒されますね~
そんなクリスタルクォーツの魅力にはまったお客様から
お話しをお伺いしました!実際にクリスタルクォーツを
身につけてみての体験談ですので気になりますね(^-^)

=================================

 

パワーストーンってよく耳にするけど、
一体どんな石なの?って興味がある方って結構いますよね。

パワーストーンとは、宝石の中でも特殊な力が
宿っていると信じられている石のことをいいます。

たくさんのパワーストーンの中でも
私のお気に入りはクリスタルクォーツです
あの深いキラキラした透明感が大好きです。

 

クリスタルは、地球が誕生したと共にできた鉱物です。

古代の人は、神が創造した溶けない水と考えていました
ギリシャ語で「氷」を意味するに名前の通り、溶けない
氷のような透明感と輝きが魅力的なパワーストーンです。

クリスタルとは水晶のことです
クォーツやクリスタル・クォーツなど、
様々な呼び名で呼ばれることもあります。

遠い昔、
祭礼の為に使われていたクリスタルでできたスカルが
マヤ文明の遺跡から発掘されたように、
古代から不思議なパワーが宿ると信じられ、
クリスタルクォーツは人々を魅力してきました。

 

クリスタルクォーツの力は何と言っても
そのすごい強力な浄化力とされています。

マイナスエネルギーから守り、ポジティブで
クリアな状態にしてくれると言われています。

なぜかわからないけど、ネガティブな
感情に悩まされている人におすすめです。

また、開運のエネルギーが強く、
本来の才能を開花させてくれます。

直感力や洞察力を高めるとも言われており
願い事をするならクリスタルクォーツが
一番良いとも言われています。

 

パワーストーンの中ではクリスタルは定番中の定番で
○○水晶、○○クォーツなどよく耳にすると思います

恋愛成就、目的達成、健康祈願などなど、幅広く
願い事をサポートしてくれるクリスタルクォーツ。

透明で、持つ人を選ばない石(水晶)なので、
「基本の石」と言われていたこともあったとか。

また、日本でのクリスタルに関する最古の情報には、
不老長寿の薬としてクリスタルを使っていたとあり、
様々な病気にも水晶は良いとされていたそうです。

現代社会でもクリスタルクォーツは必需品

さまざまな不思議なパワーを秘めた
石として存在してきたクリスタルクォーツですが、
クオーツ時計のように現代社会でも使用されています。

クリスタルクォーツはそれ自体が微細な振動をしており
それによって正確に時を刻むことができるのだそうです。

そういった特性から、現代でも時計をはじめとする
パソコンなどの電子機器にも使われています。

クリスタルクォーツは鉱物の中でも
温度や湿度などにも左右されにくい石なため、
正確な振動が必要な電子機器にピッタリなのですね。

 

パワーストーンは、体内のバランスを
整える効果がある石の種類もあります

クリスタルクォーツだけに限らす、
パワーストーンは何らかの振動があるものなのです。

クリスタルクォーツの場合は、身体の細胞と共鳴して
細胞の周波数を整える作用もあると考えられています。

体内のエネルギーの循環を良くすることによって、
心身のバランスを整える効果があると言われていて、
体調の不調を整えてくれる作用もあると考えられているのです。

固有の波動

この世に存在するすべての物は
パワーストーンに限らず、みんな波動を持っていて、
それぞれが固有の波動を持っているといわれています。

これは、量子力学でも証明されていて
今や宇宙の常識なのです。

そういう意味でも、
パワーストーンを持っていると願いが叶ったり、
何らかの効果を感じるという人の多くが、意図せずとも
宇宙の波動のパワーを受けている可能性がありますね。

 

惹かれるパワーストーンは相性がいい

あなたがきれいだなーと感じる石、
不思議となぜか惹かれてしまう石の多くは、

自分に必要な何らかのエネルギーや
波動を放っている可能性が高いです。

その石を身につけることで、
その石の波動やエネルギーを吸収し、
身にまとうことができるのです。

ヨーロッパでは、波動を使った治療法もあり、
保険適用の医療機関で使用されているものもあるとかで
パワーストーンの力は、これからの医療にも
活かされていく可能性も秘めているといえるでしょう。

自分に合ったパワーストーンが存在する

しかし、実際にパワーストーンの効き目が、
科学的に実証されているわけではありません。

ですから、いくら「効果がある」と聞かされても
考え方や気持ちの持ち方によるものだと
信じられない人もいると思います。

確実に証明することは難しいですから、
自分でパワーストーンを身につけて、
自分の目で確かめることをオススメしたいです。

 

実際にパワーストーンで願いが叶った!
と感じる人がたくさんいることも事実で
ここからは私の体験したエピソードになります。

私も海外旅行へ行った時に、ある手相占いの人に、

「クリスタルクォーツの指輪をはめなさい。
運命の人に出会えます。
クリスタルクォーツがあなたを守ってくれるでしょう。
願い事があればクリスタルの力を借りなさい」と言われ、

半信半疑でクリスタルクォーツの指輪を
買っていつも身に着けていました。

クリスタルクォーツの指輪を
写メで撮ったのですが、まさかのピンボケ(汗)

クリスタルクォーツ 指輪

あれから約10年たち、子供にも恵まれ
ずっと憧れたった海外生活もできました。

もともとクリスタルのピュアな透明感が大好きでしたが
そのことがあってからはますますパワーを感じます。

きっと「この石欲しい!」と思う時が、
パワーストーンから力をもらって、新しいステージに
進むタイミングなのかもしれないですね。

パワーストーンが、
願いを叶える魔法の石というわけではないですが、

パワーストーンを持つことで自分の中にあるエネルギーが
変わって、新しく変化したエネルギーに合った現実が
現れてくるのかもしれないなーと思いました。

私のように、パワーストーンがきっかけとなって
願いが叶うチャンスを授けてくれることもあると思います。

すべてをパワーストーンに頼るというより、
パワーストーンにチャンスを掴むきっかけを
もらうという気持ちでいることが、パワーストーンと
上手につきあっていくコツなのかなと思います
これでクリスタルクォーツと私の体験談は終わります。

 

=================================

お話しを聞かせて頂いてありがとうございました。

クリスタルクォーツは透き通ってて綺麗ですよね(^-^)
種類によっては水晶に色が入っていたり、水晶の中に
針のような模様があったりクォーツは幻想的な石ですね

クリスタルクォーツの価格ですが、ピンキリなんですよ
透明度が高くて不純物もなく、大きければ金額も高いです
逆に透明度が少なくて大きさも小さければ金額も安いです。

例えば、占い師が大きな水晶玉を持っている事があります
あれがもし本物の水晶玉なら希少価値も出るので高いです
私はこの仕事をして25年になりますがテレビで見るような
あんな大きな特大の水晶玉を見たことがありませんw

例えにあげた水晶玉は別にして、ブレスレットによくある
小さい水晶玉が連なったものでも綺麗なものは高いですね

実は私もパワーストーンが好きなのでクリスタルクォーツ
の丸玉を何個も使ったブレスレットがあるんですよ(^-^)

ただ、付けてみて何かしらの効果があった?と聞かれれば
気が付いていないだけかもですが、何もないような気がw
それでも透き通る綺麗な水晶なので見てて癒されています。

鍛造で作る結婚指輪は、ごく稀で希少価値のある結婚指輪
世界中の全てのジュエリーのうち鍛造で作られたリングは
5パーセント未満と言われるほど鍛造リングは少ないです

その理由は、鍛造リングは地金を金槌で叩いて炎で焼いて
じっくりと時間をかけて地金密度を上げていくという製法
熟練された技術や知識を持った職人のみしか作れない技法
鍛造リングを作る為の専門工具や機材など設備も必要な為

伝統工芸と言われる鍛造リングは日本の宝だと思いますが
受け継ぐ職人が激減しており鍛造リングは衰退しています
だからこそ鍛造技術を受け継いだ私が広めたいと思います

指輪作りの制作日記をご覧頂いて、鍛造技術に納得をして
私の結婚指輪をご購入して頂けると作り手として幸せです。

お気軽にお問い合わせOKですよ(^ω^)
こちらの「お問い合わせ」もしくはメールで
j_kouki_ring@yahoo.co.jp までお願い致します。

結婚指輪の一覧です → ジュエリーコウキ 結婚指輪の一覧
=================================

金運アップと商売繁盛の石!タイガーアイ(虎目石)のパワーと効果が凄い!

手作りアクセサリーの専門店・ジュエリーコウキです
当店2代目の宝飾職人である私、池田が書くブログです

宝飾職人のキャリアは25年のベテランのアラフォー職人
鍛造という伝統技法でジュエリーやアクセサリーを制作。

鍛造(たんぞう)とは、地金を鍛えて造る職人の製法で
鍛冶場でジュエリーやアクセサリーの素材となる地金を
鍛冶で鍛錬して制作するという日本伝統工芸の1つです。

ジュエリーコウキは、ブライダルジュエリーをメインで
手作りをしているので結婚指輪や婚約指輪が多いですが
他にもリフォーム&リメイクや修理にも対応しています。

 

こちらのブログでは、私が鍛造で作ったリングの紹介や
鍛造の工程などを書いていますが他にもパワーストーン
にも興味がって大好きなのでそちらの方も書いています。

今回の記事でご紹介をするパワーストーンは虎目石です
別名タイガーアイとも言いますが大人気の石になります
そして実際に、虎目石を身につけているマニアの方から
体験談を聞いておりますので最後までご覧くださいませ。

=================================

 

タイガーアイは、
虎目石ともいわれていて、
金運のお守りとして有名です。

最もポピュラーなのは、
イエロータイガーアイですが、
他にもホークスアイやレッドタイガーアイ、
人工的に変色させた、ブルー、ピンク、オレンジ、
ゴールデン、パープルなどのヴァージョンがあり
組み合わせるととてもきれいです。

タイガーアイの原産地は
南アフリカ、ナミビア、オーストラリアなどで、
パワーストーンの中でも、たくさん算出されているので
偽物が少なく安価でどこでも手に入ります。

パワーストン愛好家には定番中の定番の石で
その効果もたくさんあります。

 

タイガーアイの力と効果は

持つ人に金運や仕事運アップ、商売繁盛、
そして虎の目を連想させることから洞察力アップ、
未来を見通す先見性をもたらし、勇気をもたらす、
勝負運アップ、願望成就、
そして魔除けの効果もあるので人気も高いのです。

そしてホークスアイやレッドタイガーアイ、
石の色ごとに効果もちょっと違うのです。

タイガーアイの浄化

タイガーアイは比較的扱いやすい石なので、
浄化やお手入れ方法も、塩に埋める以外は、
月光浴、日光浴、流水、お香やホワイトセージの煙、
音叉などで行っても大丈夫です。

月光浴の後は、やはりぴかぴかになって、
石がとても美しくなるのがわかります。

 

タイガーアイの石言葉は
富貴、透察能力、洞察力
好奇心、独立心などです。

金運をもたらすために必要な強い意思や
力を持って、不幸を跳ね返し
目標達成する力を持つという意味のように思えます。

色違いのホークスアイ(ファルコンアイ)は、
広い視野と洞察力や判断力を高める効果があり
実務能力をアップしてくれるそうです。

レッドタイガーアイは、
活きたお金の使い方を教えてくれて、
使ったお金が戻ってくる効果もあるそうです。

タイガーアイと相性の良いパワーストーン

タイガーアイと他のパワーストーンとの相性も良く
たとえば同じ金運を呼び寄せる効果といっても、
突然の幸運や金運を招くルチルクオーツと一緒に持つと
お互いを補い合って効果がアップするそうです。

また、金運の効果でも、
貯金の効果があるガーデンクオーツとの相性も良く、
仕事運で得たお金を無駄使いせず貯蓄できるわけですね。

成功を呼ぶターコイズとタイガーアイも、
仕事が成功すると人気のある組み合わせです。

ガーネットは目的に向かって努力をすると
成果に結びつける力をくれる石なので、
タイガーアイとガーネットを一緒に持つと
仕事で確実に誠意化を挙げられるそうです。

魔除けの効果のあるオニキスもタイガーアイの効果と
相まって、困難に負けず成功をもたらすとされています。

 

ここからは、記事を書いた私の体験談
タイガーアイのエピソードを書きます。

私の持っているタイガーアイは、
プレゼント応募で当選して届いたものです。

さざれ石にしては大きめのざくざく2kgほどの
たくさんのタイガーアイさんと、丸玉です
こちらの画像がタイガーアイの丸玉、さざれ石です。

タイガーアイ さざれ石

タイガーアイ 丸玉

パワーストーンに興味を持った最初の頃
もう10年以上前のことになりますすが、

まだ近くにパワーストーンショップがなく、
実際にパワーストーンを見る機会がなかったし、
金銭的にも通販で買いまくるような余裕がなかったのでした。

なので、ネットで色々な情報を集めていただけでしたが、
懸賞プレゼントをたくさん見つけて片っ端から応募したら

なんと、水晶や、シトリン、レイザー水晶に、アメシスト、
ラピスラズリ、水晶丸玉、ルチルクオーツ、ローズクォーツ、
それは色々な種類のパワーストーンが、
続々当選して送られてきたのです。

それも、そのときに興味を持ったり、
欲しいなと思ったパワーストーンばかりでした
ほんとうに、びっくりしましたね。

 

パワーストーンを身につけたリアルな体験談

もちろん、美しいパワーストーンの色や
模様と共に、効果も期待していたのですが、
手に入れた後、不思議なエピソードもいくつかありました。

金縛りのときに守ってくれたムーンストーンとか、
ストレスで胸が苦しくなったときに信じられないパワーが
やってきて、すぐに楽になったパワーストーンもあります。

すべて大事なパワーストーンたちで、いつも、
守ってください、願いを叶えてくださいねと話しかけています。

 

満月の月光浴はタイガーアイが元気になる

満月のときには必ず窓際でタイガーアイに
月光浴してもらいますが本当にピカピカになって
パワーチャージしていることがわかります。

タイガーアイさんは、
瓶に入れて毎日ご機嫌伺いをしているのですが、
最初の頃、信じてもらえるかどうかわかりませんが

「ひとつひとつ解決していきましょう」
という言葉が、頭に入ってきました。

これは本当にびっくりしましたが、
なんだかとても幸せになりました。

タイガーアイさんは、まじで頼れる存在で、
私のために働いてくれるのだと確信した次第です。

 

タイガーアイさんは、
がんばっている私を落ち着かせて、そして慌てないで
浮足立たないようにアドバイスしてくれたのだと思います。

それ以来、タイガーアイさんを手にとっては、
じーっと瞑想したり、ひとつ解決しました、
ありがとうと言いう感じで話しかけています。

大きな願いはまだ叶えてもらえないけど、私がなんとか
がんばって正気でいられるのもタイガーアイさんや
他のパワーストーンさんたちのおかげだと感謝しています。

今は近所にパワーストーンショップもあり
珍しい石も手に入れることが出来て、
パワーストーンへの興味が深まるばかりです。

そのきっかけを与えてくれたのは、
タイガーアイさざれさんたちと、丸玉さんです。

 

=================================

お話しを聞かせて頂いてありがとうございました。

タイガーアイはパワーストーンで本当に人気なんですよね
その理由は、やはり金運アップになるというパワーが関係
しているのと仕事運も上がるというのが人気の理由です!

実は、私もタイガーアイのブレスレットを持っていますw
私のしている仕事は、安定している職業ではないですので
安定して仕事の依頼があるようにとの願いで購入しました。

その効果ですが仕事運がどうなのか気になりますよねw?
タイガーアイの効果かどうか分かりませんが忙しいです!
鍛造という手間のかかる製法なので忙しいだけという話もw

また、それ以外でも石の見た目が綺麗で吸い込まれそうな
とても不思議な色というか模様というか幻想的なんですね
特にタイガーアイの石が沢山連なったブレスはお勧めです!
1つ1つの石が違うので石が沢山あると魅力も倍増します。

タイガーアイのブレスレットを1本持っていても損はない
と私は思います(金運アップの効果はまだ分かりませんw)

鍛造で作る結婚指輪は、ごく稀で希少価値のある結婚指輪
世界中の全てのジュエリーのうち鍛造で作られたリングは
5パーセント未満と言われるほど鍛造リングは少ないです

その理由は、鍛造リングは地金を金槌で叩いて炎で焼いて
じっくりと時間をかけて地金密度を上げていくという製法
熟練された技術や知識を持った職人のみしか作れない技法
鍛造リングを作る為の専門工具や機材など設備も必要な為

伝統工芸と言われる鍛造リングは日本の宝だと思いますが
受け継ぐ職人が激減しており鍛造リングは衰退しています
だからこそ鍛造技術を受け継いだ私が広めたいと思います

指輪作りの制作日記をご覧頂いて、鍛造技術に納得をして
私の結婚指輪をご購入して頂けると作り手として幸せです。

お気軽にお問い合わせOKですよ(^ω^)
こちらの「お問い合わせ」もしくはメールで
j_kouki_ring@yahoo.co.jp までお願い致します。

結婚指輪の一覧です → ジュエリーコウキ 結婚指輪の一覧
=================================

翡翠(ヒスイ)の効果と意味が深い!翡翠の深緑色が持つ不思議なパワー

ハンドメイドジュエリーの専門店 ジュエリーコウキです
当店二代目で宝飾職人の私、池田が書くブログです(^-^)

私は宝飾職人として25年間ずっと指輪を作り続けています
ジュエリーコウキのメイン商品は、鍛造のブライダルリング
結婚指輪や婚約指輪を1つ1つ自分が手作りをしております。

そして、鍛造(たんぞう)で指輪を作ると説明をしましたが
鍛造とはリングの素材であるプラチナやゴールドを鍛錬して
「鍛えながら造るリング」という事で鍛造リングと言います。

このブログでは鍛造のことを多くの人に知って頂きたいので
鍛造工程や鍛造で作ったジュエリーをご紹介しておりますが
ジュエリーと関係が深くて素材でもよく使う宝石についても
多くの人に興味を持っていただきたくて紹介をしております。

パワーストーンとしての意味もある宝石も多々ありますので
石の魅力や面白さなども鍛造と同じくらい知って欲しいです
という事で本日のブログは翡翠(ヒスイ)について書きました。

ヒスイの性質や魅力、パワーストーンとしての効果などです
また、実際にヒスイの指輪を身につけている人の体験談など
情報盛り沢山でお送りしますので最後までご覧くださいませ。

=================================

 

翡翠の石言葉は「長寿、健康、徳」

深い緑、奥深い緑、ヒスイはそんな色です
エメラルドとともに5月の誕生石とされていますが
落ち着いた雰囲気で、高貴なイメージの石です。

一般に硬玉(こうぎょく)ジェイダイト (Jadeite)と
軟玉(なんぎょく)ネフライト (Nephrite)がありますが
宝石としての価値があるのは硬玉のみであり、
軟玉は半貴石として扱われています。

半透明で深みのある柔らかい色合いをもち、
中国や中南米では古代文明が発展した時代から人気のあった石です
時代によっては金よりも価値が高いとされていました。

古来、翡翠はメノウや他の宝石とあわせて
『玉(ぎょく)』という名で呼ばれていました。

 

翡翠の色と意味

『翡翠』ヒスイという言葉はもともとは中国で
鳥のカワセミの名前をさす言葉でしたが、
それはカワセミの羽の色の美しさを石の色になぞらえて
ヒスイと呼ぶようになったのではないかと考えられています。

中国では、装身具や調度品の彫刻の素材としても
ヒスイは多用されており、もともとは色が白っぽく淡いものが
好まれてきましたが、時代が進むにつれて濃い目の奥深い緑
鮮やかな緑色のヒスイが人気となっていたようです。

そんな翡翠の中でもことに色に
深みがあって透明度が高く、美しいものは
『琅玕(ろうかん)』と呼ばれ、珍重されていました。

琅玕は、清朝末期の西大后が大変に好んだということから
インペリアルジェイドとも呼ばれています。

 

翡翠の硬度は約6.5で柔らかいが
石の靭性(じんせい)が強くて
粘り強いので割れにくい特長がある

翡翠は硬度の割りに割れにくく、堅牢であることから
石器時代にも石斧や鏃といった武器の材料とされたり、
呪術の道具や高貴な人物のための装飾品として用いられていました。

日本国内でも翡翠は古代から
日本海側にある糸井川の周辺で産出されております。

縄文時代から5世紀ほどまでヒスイは、
霊力の高い石として祭祀の道具にされたり、
巫女や王族が身につける装身具などに加工されていたようで

勾玉などの形で遺跡から発掘されたり、その時代の名残で、
今でもご神体や依代として由緒ある神社に納められています。

続きを読む